« カブ110系エンジンのチューンナップについて | トップページ | 次回は »

2016年6月12日 (日)

気になる。

WAVE110iとWAVE110ATとでは、同一のカム山形状でありながら耐久性をアップさせているのがWAVE110ATのカムシャフト。

そして気になるパーツがもう1つ。

シリンダーヘッドを締めるボルトの平ワッシャー。

カブ110やWAVE110iでは、カムスプロケット側が平ワッシャーが2枚で、オイルライン側が上下が繋がったプレートになってる。

しかし、WAVE110ATでは一枚物のプレートになっていて上下左右が全て繋がっている。

シリンダーヘッドの押さえが一体化している分、強度が高くなっていた。

WAVE110ATのカムシャフトとシリンダーヘッドの取り付けプレートで、JA07エンジンの信頼性がかなり向上しているのだろうね。

俺の波怪は、シリンダーヘッドはそっくりWAVE110ATのものが入ってます。

ポートの形状もストレートで、まるでレーサーのエンジンみたいなんだよ。(それでも遅い。)

カムシャフトだけはタケガワですが、いずれこれも交換しますよ。

これからは壊れず速い仕様を探してPeaky_partsの製品作りに役立てていきます。

JA07のチューンナップパーツメーカーとしてね。

JA10はやりません。

何故か興味が湧かないんです。

話は変わりますが、昨日もドラム缶風呂に入りました。

そしたら、また謎の発光体を発見。

やはり、移動しながら白いフラッシュを2回光らせて消えました。

なんだろうね。

明らかに飛行機とは違う。

人工衛星でもない。

不思議だ。

|

« カブ110系エンジンのチューンナップについて | トップページ | 次回は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/65983853

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる。:

« カブ110系エンジンのチューンナップについて | トップページ | 次回は »