« オートマに向いているライン取り | トップページ | 129ccボアアップについて »

2016年7月21日 (木)

フライホイールのバランス変更

現在、波乙はエンジンブレーキが利いてトルクフル仕様。

それをもっとエンジンブレーキが利いて、もっとトルクフル仕様にしなくてはいけません。

これをフライホイールのバランス変更でやる。

明日、波乙を右側に倒してフライホイールカバーを外す。

そうしないとカブ110系エンジンはエンジンオイルがボタボタ溢れてしまうからだ。

とりあえず明日はウェイト代わりのステンレスワッシャーを2枚追加します。

色々やってみて、最終的に希望に近い仕様にしたいな。

本当はタングステンのワッシャーが欲しいんだけど、市販品が無いから特注になるんだよね。

タングステンって重さは鉛よりも重く金に近い。

まぁ、他にも手はあるんだよね。

フライホイールのスターターギアと取り付けボルトを重くしたい方の逆側を軽いアルミボルトに変えるとか。

その時にはボルトの焼き付き防止の耐熱グリスをネジ部に塗らないといけない。

アクセル戻すだけで前後ブレーキを掛けなくて済むくらい利くエンジンブレーキが欲しい。

そうすると、プアーなフロントサスの負担を減らせる。

頑張ってみます。

|

« オートマに向いているライン取り | トップページ | 129ccボアアップについて »

コメント

先日はお世話になりました。
オイルありがとうございました!

トルク型かつエンブレをしっかり効かせたいのであれば
フライホイール重量を2割増し(雰囲気でw)以上にすることと
カムのオーバーラップを0度(ゼロ)にすること。
頭打ち感とエンブレは強くなります(笑)

TL125/TLR200/RS200~等はゼロが基本でした。
いずれもフラマスが非常に大きいエンジンです。

投稿: | 2016年7月21日 (木) 09時03分

    
     ↑

名前入れ忘れw

まるじでした。

    

投稿: まるじ | 2016年7月21日 (木) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/66606421

この記事へのトラックバック一覧です: フライホイールのバランス変更:

« オートマに向いているライン取り | トップページ | 129ccボアアップについて »