« フライホイールのウェイト素材変更 | トップページ | モトクロスタイヤで走ってみた。 »

2016年7月22日 (金)

湊弁護士を恫喝した話。

本人尋問での出来事。

裁判官の尋問が終わった後、湊弁護士が俺に尋問する。

毒にも薬にも成らない尋問を繰り返す湊弁護士。

俺に探られて悪いことなど何もないからねぇ。

突っ込めば突っ込むほど被告の非道が俺の口から出てくるだけだもの。

でも、腹が立ったので裁判官に、「被告の犯罪を隠蔽する為に虚偽の反論を準備書面に書き、虚偽の主張をした被告代理人を信じるんですか? 」と言い、「(虚偽であった)保険会社からきたのは計算書ではなく、あくまで計算根拠の参考資料というのなら、ここに出せるものなら出してみろ!」と湊弁護士に向かって恫喝しました。

これで湊弁護士は黙りです。

その後、裁判官にちょっと嗜めらましたけどね。

見ていた傍聴人は面白かったでしょう。(被告側傍聴人を除く。)

裁判で原告に怒られる被告弁護人が笑える。

これも湊弁護士が自ら招いた自爆です。

まさか後から俺が見解書と計算書を手に入れるとは思わなかっただろうね。

俺を嘗め過ぎです。

さて、9月の判決はどうなるか。

神のみぞ知る。

|

« フライホイールのウェイト素材変更 | トップページ | モトクロスタイヤで走ってみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/66630030

この記事へのトラックバック一覧です: 湊弁護士を恫喝した話。:

« フライホイールのウェイト素材変更 | トップページ | モトクロスタイヤで走ってみた。 »