« 仕事速い! | トップページ | 秋田県情報公開条令 »

2016年7月16日 (土)

しばらく裁判のことは

裁判のことを忘れたい。

しかし、裁判をやめるわけではない。

ちょっと、気持ちをリセットしたいだけ。

県庁の職権濫用についての損害賠償請求の判決は、ほっといても出る。

余計なことを考えるだけ損なのだ。

判決は再来月。

来月も新しい裁判が始まる。

情報公開請求をして、請求した文書があるにもかかわらず、「文書が存在しないので非公開。」とされたことについての損害賠償請求だ。

この裁判は、司法の試金石とも言える裁判です。

情報公開制度で最もやってはいけないことをしたことに、裁判所はどれだけの認識なのかがハッキリと示されるからだ。

「国民の知る権利なんてこの程度。」

とするのか、それとも、

「これは許されることではない。」

とするのか。

言い方は悪いが、国民の知る権利の値段が付けられる裁判なのだ。

秋田地方裁判所の倫理観と一般人の倫理観とのズレは?

楽しみですね。

でも、しばらく裁判は忘れたい。

|

« 仕事速い! | トップページ | 秋田県情報公開条令 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/66532728

この記事へのトラックバック一覧です: しばらく裁判のことは:

« 仕事速い! | トップページ | 秋田県情報公開条令 »