« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月30日 (金)

こいつです。

あきゅらさん、マキオ会長、コメントありがとうございます。
 
あきゅらさん、GASさんのカブ110を試乗したら、とっても速いカブでした。
 
カブをスポーツバイクに変えるpeaky_partsのチューニングパーツを組んだ俺の波怪とは全然違いますね。
 
やっぱり良くも悪くもカブなんですよ。
 
怖いのはGASさんがpeaky_partsのチューニングパーツを組んだ時です。
 
速い実用車と速いスポーツバイクは競った時にその違いが判ります。
 
あきゅらさんもカブ110(JA07)買って、スポーツバイクにしてみませんか?
 
ここからが本題。
 
マキオ会長、その頭の悪い上司がこいつです。
 
 
どうです、如何にもでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時効動画

動画をYouTubeにアップロードする様になってから、かなり時間が経ちます。

走りがヤバくてアップロード後に短期間公開してから非公開にした動画が沢山あります。

交通違反の時効は3年。

アップロードしてから3年経過したヤバくて公開できない走りの動画を最近また公開しています。

それでも、ここ数年で走りがレベルアップしているので、単なるどうってことない走りにしか見えなくなりましたけどね。

カブチューンナップって素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

控訴をやめました。

建設部との示談交渉で損害賠償請求を妨害された事に対する損害賠償請求訴訟の控訴をやめました。

理由は1つ。

決定的な証拠となる影像をスマホの故障で消失させてしまったことです。(消失した当時は、建設部の説明が全部嘘で騙されているのが分からず、それほど重大だという認識はありませんでした。orz )

結局、秋田地方裁判所の判決では訴えは棄却され、被告の判例捏造や虚偽の説明があった事実は無かったことにされてしまいました。

戦うにも武器がない状態です。

その様な状態で裁判で争うのは、自分のモチベーションとエネルギーをごっそり無くしてしまう。

そこで、裁判長がまだこちらの主張を支持している、建設部が情報公開請求を故意に非公開とした事に対する損害賠償請求訴訟に集中して取り組もうと考えました。

その行動の第一段が、被告代理人の主張が全部デタラメだと証明する為に、情報公開請求の際に担当となった広報公聴課職員に言質を取ることでした。

抜き打ちで訪問したことが良かったのか、職員は正直に本当の事を話してくれましたよ。

その後に、この職員はこってり怒られた様ですけどね。

まぁ、そんなの俺が建設部にやられた事に比べたら鼻くそです。

3つの被告を訴えた裁判の内、1つでも勝てば大勝利なのは分かってます。(3つの裁判の内、情報公開請求を故意に非公開された損害賠償請求訴訟が一番事態が重い。)

情報公開制度は、行政の隠ぺい体質を改善する為に設けられた憲法です。

それを堂々と、請求された文書を持ちながら、「存在しない。」と隠ぺいした訳ですから大変なことです。

裁判で俺の請求が認められれば全国ニュースですよ。

建設部もタダでは済みません。

「俺は、建設部の顔に泥を塗るなんて甘いことは言わない。お前達の顔にザックリ深い疵(きず)を負わせてやる。」

俺は、被告との一番最初の裁判で和解勧告を受けた時に、被告代理人湊弁護士と建設部の職員にそう宣言しました。

有言実行してみせます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月29日 (木)

昼から仕事します。

桜華さん、VFR さん、コメントありがとうございます。

桜華さんは、見た目と速さ両方重視ってのは分かります。

本当は、『速いマシンは美しい。』が理想的なんでしょうが、俺はボロっちいマシンが速く走ったら面白いなと思う変わり者ですから。

でも、格好いいに越したことないですね。

VFRさん、これで広報公聴課の職員も立派な隠ぺい体質の公務員になれることでしょう。

また一人のクソを作り上げてしまいました。

やっと雨があがり、午後から仕事ができそうです。

準備書面と証拠影像のCDを裁判所に提出しました。

湊弁護士に致命的な証拠が提出できて嬉しいったらありゃしない。

あんまり嬉しくて、地元の若葉食堂に行って、いつもの焼そば大盛りにかけうどんを食べて、『YAWARA 』のコミックス21~25巻を読んで楽しく食事をしましたよ。

仕事が終わったら波乙に使うパーツを取りにバイク屋に行ってきます。

日曜日は練習頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判所行ってきまーす!

広報公聴課の職員が本当のことを喋ったビテオを持って、裁判所に準備書面を提出しに行ってきます。

今回の裁判で争点となっているのは、何故被告は原告(俺)の情報公開請求が、「保険会社名と担当者名。」になっているのに、「保険会社の担当者名。」と判断したか。

被告の主張は、「俺がそう主張したから。(嘘)」だそうだ。

俺は一切していない。

それを裁判所に提出した被告準備書面で、「情報公開請求した際に対応した職員が請求理由を聞き、それを口頭で被告(建設部用地課職員)に説明して判断した。」とこれまた嘘っぱちの文書を書いた。

だから、当時に担当した広報公聴課職員に直接質問して事実関係を聞いたビテオを撮影し言質を取った。

職員は素直に本当のことを喋ったよ。

おかげで、その後にかなり怒られた様だが。

まぁ、これで湊弁護士大先生もピンチですね。

チェックメイト!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トークの天才

ヤクザとの関係を問題視され、芸能界を引退した島田紳助さんの動画に夢中になってます。

面白い。

テレビでよく見ていた時には、これほどとまで思ってなかったが、引退して数年が経過した今見てみると滅茶苦茶面白い。

ダントツだね。

この人は天才過ぎて調子に乗った典型的な例なんだろうなぁ。

それも天才の宿命なのかも。

羨ましい様な、羨ましくない様な。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

昨日の動画

https://www.youtube.com/watch?v=CCOMP4j4PPI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の動画

 
今日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺、県庁でブチ切れ寸前になる。

被告代理人の湊弁護士の嘘を証明する為に、昨日抜き打ちで情報公開請求時に対応した広報公聴課職員に質問をしてきました。

撮影することは断って質問の回答を撮影。

上司が俺との会見に割り入ってこようとしましたが、「あなたは関係なかったのだから出ていって下さい。」とお断りしました。

撮影は成功して湊弁護士の嘘を証明する証拠の影像が取れました。

前の裁判で大事な証拠影像をスマホを壊した際に消失させて、言い訳できない証拠を無くして敗訴したので、今回はすぐにCD に焼こうとしました。

しかし、スマホが新しく変わってパソコンで再生できない。

面倒くさいので新たに別のカメラで証拠影像を撮影しようと今日県庁に行ったら撮影拒否。

かなり俺の質問に答えた職員は上司から怒られた様です。

質問に答えた職員に変わり、総務課の偉い人が俺に対応します。

なんで撮影拒否なのかと聞くと、「訴訟中だから。」との回答。

「建設部の嘘を証明する為に撮影するのであって、事実を隠ぺいするのですか?」と聞く、「そういうのは裁判でやってくれ。」と言う。

「その裁判で使うからでしょ?」とこちらも言うと、「訴訟中だからできない。」と無限ループ。

警備員が集まってくる事態に。

久し振りに相手が赦しを請うまで痛め付けたいと思いましたよ。

赦さないけど。

「まぁ、前日に撮影した影像があるので、こちらで何とかする。」と俺を取り囲む人に挨拶してから帰りました。

その後、パソコンに詳しい某看板屋さんに相談し、無事CDに焼くことができました。

影像のCDは証拠として裁判所に提出します。

裁判で勝てばボロクソに批判もできます。

今、昨日撮影した影像での会話を文書化しています。

すぐ準備書面にして明日、裁判所に提出しますよ。

ふざけんな県庁!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

波乙トルクアップ作戦

昨日、波乙のパーツが来ました。

まずはリアホイールのスポーク。

それとエアエレメント。

そしてWAVE 110 i用のエアファネルです。

今回、エアエレメントに組む時には整流板は廃止。

金網外しのみを行います。

そしてエアファネルを110 i用に交換。

110 i 用エアファネルは長さが10 ㎝あり、トルクを稼ぐことが可能です。

鬼トルクなオートマのカブにすることが狙いなんです。

それもリアタイヤのトラクションを得る為。

少ないパワーで進む力が増やしてやる。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

証拠集め

俺の請求した文書が存在しながら存在しないとして情報公開請求を非公開とした損害賠償請求の裁判の証拠集めをしています。

被告代理人の主張が全部嘘だと言う証拠を集めです。

今日は、更に証拠を確実なものにする為にまた証拠集め。

びっくりするよぉ。

ぐうの音も出ないほどね。

湊弁護士の苦しむ姿が法廷で見れそうです。

わくわくしますね。

俺は本来は残酷な男です。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月27日 (火)

空冷エンジンの冷却装置について

裁判所に提出する準備書面を書いてて疲れました。

では本題。

カブは空冷エンジンでチューンナップすると発熱量が増えます。

普通はオイルクーラーを装着するみたいだが、直接発熱するシリンダーに近いところから冷やす方が効率的です。

なので、秋田のカブ仲間はビッグフィンを装着してエンジンを冷やしてます。

俺の開発したJA07エンジン用ビッグフィンキットの評価はかなり高いです。

よく、「夏の暑い期間中はビッグフィンは手離せません。」って言う人がいるけど、それは間違い。

チューンナップしたエンジンはノーマルよりもかなり多い発熱量があるので、その分フィンを大きくする必要性があり、それは一年を通してのことです。

秋田のカブ仲間は冬でもビッグフィンを装着したままですよ。

雪道を走ってもスピードダウンする坂道では熱ダレを発生します。

チューンナップしているマシンは尚更です。

なのでチューンナップしてパワーアップしたマシンは一年中ビッグフィン装着で、条件により冷え過ぎを防止する為に防風板でエンジン温度を調整するのが正解。

あと、ビッグフィンを装着していないマシンはどんなにパワーが出ていても、そのパワーを維持できません。

エンジンのパワーアップに夢中になって、熱対策は何もしていないのでは片手落ちエンジンです。

俺の波怪はかなりパワーアップしているので、俺が売っているビッグフィンキットよりもフィンの数を増やして使っていますよ。

また、オイルクーラーでの冷却は思っているよりも冷却されていないことも分かってます。

なので、他の人の弄り方を見ただけで、その人が何を考えて弄っているのかもすぐに分かります。

パワー重視か、格好重視か。

俺は速ければ格好は気にしない質です。

さて、昼飯食ったら出掛けるか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

巧妙な嘘

秋田地方裁判所から湊弁護士の巧妙な嘘が書かれた準備書面が届きました。

かなり頑張って作り上げた創作です。

よって証拠もありません。

こちらは証拠付きで反論文を書きます。

仕事だからって嘘ばっかりついてんじゃねぇよ、腐れ弁護士!

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海老蔵さん、そりゃあ違うよ。

昨日のモトクロス練習で、波乙はリアホイール14インチでないとダメってことが分かった。

17インチで走るにはチェーンテンショナーを新設してチェーンカバーが使えなくなるんだよね。

それだとなるべくノーマルっぽいマシン作りから、かけ離れていく。

カブでモトクロスは難しいや。

ネットのニュースで歌舞伎役者の市川海老蔵さんが、「東京都の環境汚染がヤバい。秋田、青森に比べて。」みたいなことをマスコミに訴えていた。

別に環境汚染について物申すのは良いんだ。

秋田と比較するのはどうかと思うよ。

秋田県は、よく陸の孤島と呼ばれる。

高い山々に囲まれた平野の秋田は、まるで壁に囲まれた要塞。

進撃の巨人に出てくる居住区みたいな感じ。

福島原発の放射能もそんなに入ってこない。

インフルエンザ等の伝染病も一番最後に来る。

そんな秋田県と大都会を比較するには無理があるでしょ。

海老蔵さん、あなた田舎に住める?

無理でしょ。

田舎には田舎の不便があり、都会には都会の不便がある。

他国から流れてくる公害を日本の力で無くすのは不可能にちかいと思うよ。

しかし、あなたが運動家になったら、もしかしたら変わるかも。

そこまで出来ますか?

海老蔵さん、あなたが運動家になって頑張るなら応援します。

海老蔵さんの今後に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月25日 (日)

悪戦苦闘

昨日、波乙の駆動系セッティングをしようとしたら、リアホイールのスポークが6本折れてた。orz

どうしたら今日走れるか一晩考えた。

「ノーマルリアホイール(17インチ)に戻そう。」

リアホイールをスパイクタイヤを履いたノーマルホイールを交換。

減ったスパイクタイヤだが、何とか走れるでしょ。

ドリブンスプロケットはそのまま。(43T )

ウェイトローラーは10 グラムから8グラムに変更。

何とか組んで午後一から若美モトクロスパークで練習。

リアホイールが17インチをなったら走破性が格段に向上したのが、すぐに分かる。

これなら今まで飛べなかった比較的に大きい2連ジャンプも飛べると、すぐにチャレンジ。

すんなりクリアするも、テーブルトップ(台形ジャンプ)でドライブチェーンが簡単に切れる。

チェーンの遊びを増やしても切れる。

あんまり遊びを増やすとチェーンが外れるので、「通常はモトクロスではこれくらいだな。」って遊び量にしたが、いとも簡単に切れやがった。

走破性は魅力的だが、リアホイールは14 インチにしておきます。

上手く行かないものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今まで飛べなかった2連ジャンプ飛んだ。

その代わり、簡単にドライブチェーンが切れる様になりました。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土)

明日は練習。

平社員さん、コメントありがとうございます。

バイク運動会は来月の16日です。

運動会とはいってもエントリーフィーは当たり前に高いし、普通のモトクロスレースです。

但し、走る時間が一律10分プラス2周。

つまりノービス(現在の国内B級)と同じ。

だから上級者には準備運動レベルなんで運動会と言ってるんでしょうね。

暇なら見に来て下さい。

そのバイク運動会に向けて波乙をセッティングして練習してます。

まだ本調子とは言えない走りが悔しいですが、バイク運動会当日までに良いところまで持っていきたいなぁと思ってます。

もう何年ぶりのレースかなぁ。

最近のレースって言えば、10年くらい前にバイク運動会で走った時かな。

ジェベル250XCでCRF250Rをぶっちぎってましたね。

長丁場はマシンが重くて体力が持ちませんでしたけど。

5分だけなら当時、若美モトクロスパークで最速でした。

見てた人と一緒に走った人はびっくりしてましたね。

そのびっくりを今回は波乙でやります。

主催者のバイク屋に言わせると、

「こんなバイクで走るのか?」で一度びっくり。

その走る様を見て2度びっくり。

これはかなりウケるだろうとのことです。

俺、人をびっくりさせるのが大好きなんですよね。

それが常識的に普通じゃないことだが、俺がやると普通になるってのが好き。

常識なんて俺に言わせりゃ、有って無い様なものです。

走る非常識の俺が言うのも何ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妙に調子が良い。

スズリンの強化クラッチスプリングを組んで以来、妙にエンジンの調子が良い。

何て言うか、最速ピストンの必要性を感じないくらい速い。

クラッチの強さでエンジンの調子が変わるものなのか?

俺もこんなケースは初めてだ。

あんまり調子が良いから、今入ってるピストンがへたるまでこのままの仕様にしていようと思う。

調子が良いものは変えないが一番良いからだ。

なので最速ピストンは来年にします。

波乙の方は駆動系のセッティング次第かな。

いやはや予想外です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

炊飯器

朝から請求書を書いてやっと書き終えました。

途中、プリンターインクが無くなって買いに行ったりと時間ばかり経過しましたけどね。

実は、炊飯器が壊れてご飯が炊けなくなりました。

炊飯器を買う前にネットで調べます。

お一人様の炊飯器ならマイコン炊飯器で十分という声が多かったので、K'sデンキでTOSHIBA のマイコン炊飯器を購入。

店頭で売っていた機種もネットで調べてレビューが絶賛だったので迷わず購入した次第です。

今夜の晩飯は、久し振りにベーコンエッグが無性に食べたくなったので、それに決定。

さて、請求書の印刷も終わったので、遅い3時のおやつ(自家製ブルーベリージャムとトースト。)とコーヒー飲んだら請求書を出しに行くかな。

秋になったせいか、食欲が旺盛です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

お次のイベントはバイク運動会。

稲刈りシーズンが終わる頃に、地元の若美モトクロスパークで毎年『バイク運動会』が行われます。

クラス別のモトクロスレースです。

俺が波乙で参加する予定のクラスは、ビギナー&トレール(バイク)クラス。

まぁね、波乙はトレールバイクでもないんですが。

ビギナーの乗るモトクロスマシンとベテランの乗るトレールバイクと混走です。

けして楽なレースではありません。

でも頑張ります。

モトクロスを普通に走れたら、ジャンプの無い雪上レースをやっと走れると思っていますから。

今度の日曜日までに、波乙のドリブンスプロケットをノーマル(38T )に戻して、ウェイトローラーを8グラムにしておきますよ。

一番速い駆動系セッティングをバイク運動会までに見つけて、走り込まないといけません。

目標は優勝です。

ほぼ無理ですけど。

ビギナーとはいえ、モトクロスマシンのポテンシャルはやっぱり別物ですから。

でも頑張ります!(しつこい。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

嬉しかったこと

日曜日にあったカブ&ピースの大潟村カブ・ミーティングで嬉しかったことは、男鹿半島プチツーリングに参加したカブ110 オーナー達が一番最初に俺が実践して公表したエアエレメントの金網外しを行っていたこと。

既にカブ110オーナー達には常識になってるのかな?

俺が金網外しを教える前に2ちゃんねるから広まった吸気系チューンナップは本当に酷かったからねぇ。

金網外しの前にあったチューンナップとは?

エンジンからエアクリーナーボックスに繋がるブリーザーホースを途中でカットするというもの。

確かにエアクリーナーに吸気される空気は増えるが、エアエレメントの通過せずに入るので、砂や埃がそのままエンジンに吸い込まれる。

バカのやるチューンナップだよ、それは。

あと嬉しかったのは、カブ110 PRO のオーナーが、俺の開発したピーキーレバーとエンジンブレーキ強化キットを組んでいたこと。

「全然違いますよ。」と他のカブ110 オーナーに自慢していたことかな。

バイクチューナーとしてバイク冥利につきますね。

これからも頑張ります!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズリンの強化クラッチ

情報公開にはケチくさい俺が珍しくカブ110 (JA07)のチューンナップについて書いちゃうよ。

今朝、北海道のスズリンってバイク屋の試作強化クラッチを組みました。

扱い易さがノーマルクラッチと同等です。

以前に、北海道のスズリンが、MD110(郵政カブ)の中型バイク登録をする為にボアアップした際に、「クラッチが滑ったら大変だから強化クラッチ(スプリング)を作ろうか。」と1つだけ試作した。

結局、脱原付きしたMD110は強化クラッチを組まなくてもクラッチが滑らず(要はパワーはそれほど上がらなかった。)、強化クラッチの試作品だけが店頭に残った。

それを最強ピストンを組んだカブ110 オーナーのGAS さんが自分のマシンに使って、そのままスズリンには結果報告をしないままだった。

スズリンでは、「結果報告しないのは上手く行った証拠。」と判断して強化クラッチを追加で2つ製作。

その内の1つを俺が今朝がた波怪に組んだ訳です。

残りあと1個。

しかし、注文が入れば製作するとのことなので、興味のある方は連絡してみて下さい。

タケガワの強化クラッチはタケガワだけのキットのパワーしか持ちません。

しっかりパワーが出たエンジンでは、「ズルズルズルーッ!」ですよ。

スズリンの強化クラッチはお薦めです。(ちなみにJA07、JA10のクラッチスプリングは共通です。 )

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

希望

平社員さん、GAS さん、コメントありがとうございます。

平社員さん、タンデム走行ですか?

平社員さんみたいに荷物になりきれる人がはたして何人いるかなぁ。

お勧めしませんね。

GAS さん、クラッチを早速注文しました。

今日、届く予定です。

冬までに波怪にも最速ピストンを組みたいなぁと思ってます。

まずは、レース用マシンの波乙(WAVE 110AT改)から採用ですね。

来年のカブ&ピース大潟村カブ・ミーティングでは、俺の波怪を試乗してほしいです。

カブじゃないカブの乗り心地を堪能して下さい。

ここ数年、波怪をチューンナップしていて、沢山のエンジンブローを繰り返した。

改造パーツが少ない故に、自分で改造パーツを作らなくてはならずトライ&エラーのチューンナップを続ける。

今年の春に波怪のクランクが焼き付いて、「もうこれ以上のパワーアップは無理かなぁ。」と思っていた時に最速ピストンを組んだカブ110 に乗って、「これを波怪に組んだら最強じゃん!」と希望が見えた。

フライホイールのマス調整でとんでもなくトルクフルなエンジンにトルクフルな最速ピストンが組合わされば、今まで見えなかった世界が見えてくるかも。

バイクに乗り初めて長い時間が経ったが、乗り始めた頃から欲しかった公道スペシャルバイク。

やっと手に入りそうですね。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

ツルバラとアジサイ

昨日の夕方にツルバラの蔓の固定とアジサイの苗を庭に植えました。

ツルバラの蔓は這わせるワイヤーにタイラップ(結束バンド)で固定。

普通は紐で固定するんですが、高所の作業なのでさっさと終わらせる為にタイラップを使ってます。

来年は車庫の柱に満開のツルバラの花が見れますね。

後で肥料やらなきゃ。

春に白いアジサイの枝を切って苗作りをしてました。

新芽が出てきたのでそろそろ庭に植えます。

植えた場所はイワダレソウ広場の奥。

BBQ場の奥に植えたアジサイの並びです。

5年もすれば立派なアジサイになるでしょう。

しばらくは水やりは欠かせませんね。

春に植えたサツキとツツジに枯れたものがあります。

後で抜いて、来年に新しい苗を植えます。

最近、ホームセンターで食虫植物を販売しています。

ハエトリ草が人気の様ですが、俺はあえてウツボカズラを買いました。

アジサイの苗と一緒に育ててたら、虫を捕る壺みたいなところが1つ増えました。

寒さに弱い植物なので、冬になる前にリビングに移動したいです。

鉢も大きくして植え替えたいのですが、培土の水苔を買わないといけません。

それと寒さ対策に小さな簡易温室を作らないと。

頑張ります!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

最速ピストンは波乙に

日曜日に行われたカブ&ピースの大潟村カブ・ミーティングで、パワーの出るピストンが分かった。

そのピストンを組んだカブ110と俺の波怪とは最高速は同じくらい。

下り坂はラムエアシステムの波怪の方が間違いなく速いと思う。

しかし、俺の波怪は工夫と根性で速くしてあるからエンジンの性格がピーキーなのよ。

なので、現状の波怪、波乙に最速ピストン組めばもっと速く走れる。

とりあえず、レースに使う波乙の方に最速ピストンを先に組みたいと思います。

ずいぶん長く探してたのよ、こんなピストンを。

排気量を125以上にあげて、パワーをどんどん上げていくとノッキングが発生する。

それでも速いんだけどクランクの寿命が数千キロしか持たない。

最速ピストンも最高速付近でノッキングがあったが、あの程度なら十分に使える。

波乙と波怪は同じ腰上でも、ローギアードな波乙はノッキングは皆無です。(最高速を求めると発生する。)

なので何の心配も無しに波乙に組めます。

波怪には、ノーマル比130 %強化クラッチの方を先に組んでおきますよ。

今の波怪の強化クラッチはノーマル比200%のバネレートなのでシフトが固くてギアチェンジに神経を使いますから。

それだけでもっと速く走れそうです。

まぁ、現状の波怪のエンジンでも十分に速いんですけどね。

頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

ハーフのアスリート

なんかぁ、東京オリンピックの代表目指して頑張っているハーフの新体操選手が注目されているとか。

最近のオリンピック日本代表選手にハーフの人が目立ってきたね。

まぁ、国境の枠を越えることは悪くない。

しかし、父親が外国人で母親が日本人の選手が多い感じだが、逆は有名スポーツ選手がいるのかなぁ。

そんな風に思ってたら最強の父親日本人ハーフ選手がいましたよ。

ほら、ハンマー投げの室伏広治選手が。

潜在能力が高過ぎて、某テレビ番組のアスレチック競技で出入り禁止となった室伏広治選手。

その番組の一緒に参加したスポーツ選手から、「次元が違い過ぎて勝てる気がしない。」とまで言われている。

まぁね、俺に言わせてもらえば、肉体の素材でどちらが父親母親でも、心が日本人なら勤勉で努力家に成り易いんではないですか。

責任感も強いと思うし。

日本人の魂にボディーがハイブリット。

これが高性能の証かもよ。

つー、与太話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

morryさんがノーハンド走行の動画を撮ってくれた。

一昨日、俺とneri さん、morryさん、さっとさん、いい爺ライダーさんとで峠を走りに行きました。

最初の峠から上級者向けだったので念のために、「命のスペアはもってるか?」と聞きます。

これは、マンガ『あいつとララバイ』のボンバー(バイク屋)のハゲのおっちゃんが主人公の研二君に、「覚悟して乗れ。」と暗示させるセリフです。

俺も難しいコースを走る時に、そこを初めて走る人に予め注意喚起する訳ですよ。

確かにヤバい場面が何度かありました。

俺はズルい男なので先頭は走りません。

後も走りません。

常に先頭から二番か三番を走ります。

そのポジションが一番安全なので。

まぁね、その代わりスタントマンみたいな走りをするんですけどね。

この日の走りは8割ちかくノーハンド走行で走りました。

俺のすぐ後ろを走るmorryさんがヘルメットカメラを装着していたので、「ノーハンド撮った?」と聞くと、「撮ってますよぉ。」と爽やかな安室奈美恵の元旦那系笑顔で答えます。

その内に動画がアップされるかも知れません。

morryさん曰く、「ピーキーさんのノーハンドで走る姿が何かに似てるだけどぉ。」と言うので、「『アキラ(アニメ映画)』のジョーカー登場シーンを真似てるだけですよ。」と言ったら、「ああ、やっぱり。」とのことでした。

俺、一時期ジョーカーみたいなデブになりたくて無理矢理太ったら膝が痛くなって挫折。

ちょっとマッチョなおっさんで終わってます。

自分の姿は誰かに撮影してもらわないと見れません。

ちょっと楽しみです。

アホにしか見てなかったら、どうしましょう。

またアンチピーキーどもが通報するかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

タケガワはダメだねぇ。

今度のJA07カブ110 用タケガワのボアアップキットは、ピストンの圧縮比を落としてパワーダウン。

強化クラッチは、滑りっぱなし。

他にパーツ無いから仕方なく使ってるが、唯一使い物になるのが、今のところスポーツカムくらいか。

まぁ、今日のカブ・ミーティングのおかげで一番速くなるボアアップキットがどこの製品かよく分かった。

使える強化クラッチは、今後販売予定だという。

あのクラッチは良いよ。

上の2つを波怪に組んだら、暫くは安泰ですなぁ。

また速くなります。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泥の様に眠りたい。

平社員さん、超長さん、桜華さん、コメントありがとうございます。

平社員さん、実際のノーハンド走行はどうでしたか?

少し練習すれば誰でもできます。

超長さん、笑っていただけて幸いです。

自分でも何やってんのかなと思ってました。

桜華さん、今度俺と二人でノーハンド走行やりましょう。

桜華さんならすぐにできますよ。


昨日、カブ&ピースのneri さんと今日行われたカブ&ピース主宰の大潟村ソーラーラインで行われたカブ・ミーティングの参加者さんとでツーリングに行きました。

腕の立つカブ乗りとのツーリングでしたので、上級者向けのテクニカルな峠ばかりを選んで走りましたよ。

峠三昧で走り終えたら波怪のクラッチに異常発生。

またクラッチが滑り出しました。

一旦自宅に戻り、カブ・ミーティング参加者達と前夜祭の飲み会です。

飲んで(俺はノンアルコールビール)騒いで、眠くなって帰宅。

それでも興奮してたのか、ちょっと寝たら目が覚めて二度寝。

そして今朝。

とりあえず、今朝クラッチをバラしてみるとクラッチボルトの締め付けトルクが足りなかった様です。

通常の締め付けトルクの1.5倍のトルクで締め付けておきました。(今日1日走っても大丈夫でした。)

今日の男鹿半島プチ・ツーリングは昨年に続いて、俺の案内で寒風山まで行き、目的地の寒風山ではフリーラン(自分ペースで思い切り走る。)です。

今回のカブ・ミーティングでは、JA 07スーパーカブ110が4台参加。

ノーマル110でバカッ速いライダーがいたり、俺の知らないスーパーカブ110パーツを組んだ人がいて、そのバイクがメチャクチャ速かったりと驚きの連続です。

俺の波怪は工夫と根性で速くしたマシンですが、レース屋が作ったパーツのパワーに驚きました。

そのパーツに俺のpeaky _ parts のパーツが組合わされば無敵のエンジンになりますね。

今でも速いですから。

何より、カブ110 用の強化クラッチスプリングの情報が嬉しかった。

ノーマルクラッチスプリングの130%のバネレートだそうです。

早速、その強化クラッチを販売しているショップに電話してメールからの正式注文をした次第です。

これで使い易くてクラッチも滑らなくなりますね。

来年のカブ&ピースのカブ・ミーティングには、もっと速くなった波怪をお見せ出来るでしょう。

ここ2日楽しすぎて疲れました。

ああ、泥の様に眠りたい!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

おっぱい星人の常識

スーサイド・スクワットのカタナのとっても柔らかそうな胸を見て、おっぱい星人をぶり返してます。

大きな胸が天然物か、寄せて上げた偽物かがおっぱい星人には重要。

目利きなおっぱい星人はすぐに分かります。

素人?でも一目で寄せて上げた胸が分かる方法があります。

それは胸の谷間の形。

胸の谷間がY字になるのが天然物、I 字になるのがメイクアップされた胸。

ちなみに石原さとみさんは後者でした。orz

でも大好き。

井上和香と並ぶ唇が素敵な女性の代表ですから。

俺は唇星人でもあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝からノリノリ

スマホで音楽を聴く習慣がついた俺です。

昨日、泉谷しげるさんの『電光石火に銀の靴』が聴きたくなってダウンロードしました。

格好いいねぇ、古さを感じない新しい音楽に思えます。

だって他にこんなの無いもの。

もう40年ちかく前の曲なんですけどね。

当時、突飛に思える曲は時と共に忘れられ、改めて振り返ると斬新さがよく分かる。

さて、ここからが本題。

波怪の燃料調整がフィードバック機能によって合ってきました。

なんと、工場へ向かう坂道で過去最高の最高速を叩き出した。(今度のエンジンは上り坂が得意な様です。)

ただ、強化クラッチのせいで2速ギアが入り難くなりましたよ。

シフトペダルを肉盛り加工して踏み易くしたシフトペダルに交換してみます。

ステップとの相性が良ければ良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

波怪セッティング

昨日、クランクとクラッチの慣らし運転を終えて、アクセル全開かましたらクラッチがズルズルズルー!

今朝、バイク屋に電話して、俺が捨てた自作強化クラッチはまだあるか聞いたら取っといてくれた。

午前中にバイク屋に強化クラッチを取りに行く。

タケガワの強化クラッチは廃棄だ。

昼から自宅で自作強化クラッチを改良して組んだら、またクラッチがズルズルズルー!

強化クラッチのスプリングの強さにやられたクラッチ調整の部品が変形。

再度ばらして変形を直して組み直し。

今度は大丈夫。

そしたら最高速アタックの時速120キロオーバーでチャタリングの嵐。

フロントホイールを予備に交換。(フロントタイヤをわざと逆履きしてあるから、見ても笑わないで。)

少しマシになったが、相変わらずチャタリング。

リアサスを短めのKYB に交換。

まだ、少しチャタリングがあるがシートの後ろに座って前傾姿勢になるとチャタリングが止まった。

取り外したYSSのハイブリットサスペンションは波乙に組むことにしよう。

エンジンパワーを落として耐久性を上げたおかげで二次減速比が合わなくなって、4速ギアで失速発生。

ドライブスプロケットを1T 下げる。

そしたら今度はインジェクションの燃料調整が合わなくなる。

明日、PGM -F i のフィードバック機能を使う為に100キロほど走る必要がありますね。

夕方から慌てて仕事。

日が暮れてから峠でノーハンド走行。

疲れたけど楽しす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判決時の裁判官の顔

判決を言い渡す時の裁判官の顔は皆同じ。

経済動物(牛とか豚とかの食肉の為の動物)を出荷する日の畜産農家の顔だ。

感情を一切出さず、無表情。

そう気が付いた話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タケガワの強化クラッチは全然ダメ。

波怪に入れたタケガワの強化クラッチは全然使い物にならない。

元の自作強化クラッチに戻します。

以前に俺が強化クラッチの作り方を教えた人が、もっと使い易く改良したそうなので、そのやり方を真似して装着します。

フル加速したらクラッチがズルズルズルーッじゃ話になりません。

期待外れにも程があるなタケガワ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月15日 (木)

ノーハンド走行が役に立った話。

帰宅してから工場で仕事。

夕方にエンジンと俺の慣らし運転を兼ねて、地元の峠と県道をノーハンド走行で走ってみました。

フライホイールのマス調整のおかげで、ノーハンド走行が快適です。

途中、実家から電話がきて、「今日は十五夜だから汁餅(つゆもち)取りに来い。」とのこと。

実家に行ったら、鍋に汁餅が入ってた。orz

タッパじゃないのかよぉ。

しょうがないから、両手で鍋持ってノーハンド走行で自宅まで走りましたよ。

対向車の何とも不思議な顔に俺も苦笑い。

汁餅に刻んだネギ入れて、早速頂きます。

うまー!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

判決

「原告の訴えを棄却します。 裁判費用は原告の負担とする。」

県庁職員の虚偽による示談交渉妨害に対する損害賠償請求訴訟の判決が下り、俺の訴えは棄却されました。

裁判前にどんなに俺が悩んでも判決は変わらないとの考えで、ここ数日は裁判のことは考えない様にしていました。

しかし、判決前に棄却されるイメージトレーニングしていたので、何とか冷静さを保てた次第です。


判決内容の正本を受け取り判決理由を見てみると、これぞ行政訴訟という行政側の都合の悪い事実は全部無視、都合の良いことだけをピックアップした理由でしたよ。

最も大きな敗因は、捏造した判例を説明している映像が消失して裁判所に提出できなかったこと。

それにより、原告の損害賠償請求に意味はあるのかが焦点となり、被告職員2名が上司と部下で意見が違うことで、都合の良い方を裁判所は採用して説明責任を果たしているとしました。

部下は捏造した判例を説明し、上司は最後まで、「我々が過失割合の決定をする立場ではない。」と虚偽の説明をしていたのですが、裁判所はそのどちらの行為も認めませんでした。

まぁ、後で控訴することにして、気持ちを切り換えます。

いつもの傍聴マニラの方も、「ドンマイ。」って感じで俺を見てました。

3つの裁判の内、1つでも勝訴すれば俺の勝ちと考え頑張ります。

俺が俺であるために、これからも裁判は続けますよ。

これから行政訴訟をする人に言っておきます。

行政側に1つでも逃げ道がある裁判は、なかなか容易に勝てません。

それが行政訴訟の現実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクに乗ってて良かった。

大阪のDio さん、コメントありがとうございます。

波怪のフライホイールのマス調整が成功しました。

とにかく乗り易いです。

ご自分でも研究するとチューニングの世界が拡がりますよ。

頑張ってください。


先ほど、波怪が組上がってテスト走行してきました。

バイクに乗ってて良かった。

こんなに乗り易いバイク乗ったことない。

それも、そのバイクを組んだのが自分となると、本当に良かったと思う。

何て言うか、『原付きバイクの軽さとビックバイクのスタビリティ(操縦安定性)。』ですね。

まるで小さなBMW F650GSダカール。

これで胸張ってカブ・ミーティングで参加者に試乗してもらえます。

素晴らしいバイクになりました。

残りの外装を組んだら洗車しなきゃ。

何ヵ月も放置してたから埃だらけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CM ソング

映画『スーサイド・スクワット』の日本版CM ソングが気になって調べてみた。

なんとthe sweet ってバンドの43年前に発表された曲。

凄いな全然古く感じない。

これも流行は一回りしてくるの1つなのか。

すぐにスマホでダウンロードして聴き捲ってます。

この曲をCM ソングに選んだ人は流石だと思った話。

俺は最初、ガンズ・アンド・ローゼズの曲かなと思ってた。

もっと古かったとは。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

エンジン完成

かなりの消耗があったクラッチ関係パーツをほぼ全部交換して、波怪のエンジンが完成しました。

波怪の車体に積んでエンジンを始動してみると、

「なんだこのフリクションが無いみたいに回るエンジンは?」

そんな風に思えるレスポンスを見せました。

壊れそうにない無理のない感じです。

国産250cc のV ツインエンジンみたいな回り方が気持ちいい。

バッテリーが弱くなってたので充電器に掛けて、走るのは明日にします。

静かで速そうなエンジンです。

実際に速いかはお楽しみに。

波乙で試したフライホイールのマス調整が、マニュアルエンジンではどんな具合になるのかドキドキしますね。

波怪には、クルーズコントローラーを取り付けて、クランクとクラッチの慣らし運転はノーハンド運転で行います。

しばらく波怪に乗ってないので、感覚の慣らしも兼ねてです。

良いエンジンになりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンの電気代

バカみたいに暑かった夏。

エアコンを省エネモードの自動運転にして24時間連続運転。

その方が消費する電気代が少ないと聞いて実行しました。

その結果、

7月(6月使用料)の電気代4,148円、8月(7月使用料)の電気代5,200円、9月(8月使用料)の電気代6,330円でした。


2,000円であの天国を得られるとしたら、メチャクチャ得だと思います。

まぁ、消費電力削減として、リビングは窓のカーテン閉めたまま、エアコン室外機を壁から少し離して市販の室外機用日傘を設置。

目玉飛び出るくらいの電気代アップではなかったので助かりました。

やってみないと分からないものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国歌

クリント・イーストウッド監督の映画のDVD を見て、南アフリカの国歌が軍歌でないことに気が付いた。

かつて、世界中の国歌で軍歌じゃないのは『君が代』だけだったほずだが、南アフリカの国歌もそうなんだね。

君が代は400年以上の歴史を持つ歌。

天皇の下で平和が永く続きます様にと願った歌。

そんな歌を教えまいと教科書に君が代のページを糊付けして見せなかった京都の小学校があったね。

南アフリカは、白人と黒人の争いがあって1つの国家に治まった国。

平和を願う歌が国歌に、「戦争はもうたくさん。」という意志を感じる。

戦争反対。

しかし、侵略されたら戦うしかない。

槍と盾は準備するだけで終わってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

腰下組上がった。

波怪の腰下が組上がりました。

明日は腰上を組んでエンジンを車体に乗せて走ります。

トラブルなく走れば良いなぁ。

結局、腰上はタケガワのボアアップキットで行きます。

現在の波怪のエンジン仕様は、

タケガワ125ccボアアップキット&スポーツカム 。

Φ24㎜インジェクション。(純正インジェクションボディ口径拡大、PCX 125バタフライバルブ流用)

フライホイールのマス調整。(エンジンブレーキが利いてトルクフル。)

エアクリーナーボックス加工。(ラムエアシステム仕様)

エアクリーナーエレメント金網取り外し。

バランサー・カムスプロケット。(簡易カムシャフト・バランサー)

アウテックスマフラー。(ロング)

特製7枚ビックフィンキット。

単なるライトチューニングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライホイールの特性変更の秘密

大阪のDio110さん、コメントありがとうございます。

フライホイールのマス調整のやり方は秘密です。

最初は、エンジンブレーキの利きがメインの調整でした。

しかし、最近ではノウハウも蓄積してトルク特性が追加されてます。

やり方は秘密です。

ヒントも教えられません。

企業秘密と勘弁して下さい。

俺のチューニングは秘密事項ばかりです。

自分が苦労して手に入れた技術ですから、この辺はご理解下さい。

ブログに書いたらタケガワやショップが勝手に製品化します。

俺で3件、カブ仲間内でも数件パクられて製品化されました。

しかも、俺の失敗作まで製品化されて、それを知らずにカブ仲間が購入した笑い話まであります。

実用新案や特許は権利の保護をする反面、技術の公開となり、公共のものになり易い。

製品化しないなら、これほど無駄なことはありませんよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バイクに乗る理由

昨晩、ラインで俺の無事を確認するメールがあった。

地元の宮沢海水浴場近くでバイク事故があり、ライダー1名が亡くなった。

宮沢海水浴場の近くの交差点では、国道101号線側が一時停止となり、県道側が優先となる。

あまりその様なケースがないだけに他県から来た人が勘違いして事故になったと思われる。

地元ニュースの発表が、俺と年齢が同じだったことから同級生が心配しての安否確認があった訳だ。

有り難いことです。

バイクは剥き出しで走るから衝突したら危ない。

簡単に死ぬ。

そんな危ない乗り物に何故俺は乗り続けるのか?

それは、俺が『もふぇしょい』だから。

もふぇしょいとは?

すぐに無理する良い格好しいのこと。

危ないことも俺なら平気と気取ってる。

本当は怖くて仕方ないくせに、乗り続ける内にテクニックがついて感覚が麻痺してきた。

勿論、何をどうすれば危ないかも知っている。

だからといって安全を保証されている訳じゃなく、自分では、「ここまでなら大丈夫だろう。」と見極めてるだけ。

怖いと思ったら止めるのが大事。

恐怖は警告。

自分にそれを安全に行えるだけの技能が備わってない証拠。

怖かったら止める。

迷ったら止める。

無理してる様に見えて、実は無理してないがベスト。

俺がバイクに乗る理由は、バイクは本来危ないから。

バカしか乗らないが、本当のバカだとすぐに死ぬ。

不思議な乗り物です。

今回亡くなった宮城県ライダーの方のご冥福をお祈り致します。

話は変わるが『GO !GO!マッドライダー 』を始めてから丸10年となりました。

三日坊主の俺がよく続いたもんです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

吸気系の見直し

波乙にトルクがもっと欲しい。

そこで吸気系の見直しをすることにした。

エアエレメントの自作整流板廃止。

エアファンネル延長。

エアファンネルについては、WAVE 110i純正パーツを流用します。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

38Tドリブンスプロケット

やっと波乙のラップタイムが1分46秒に到達しましたが、はっきり言ってまだ遅い。

波乙でモトクロス練習の動画を撮る様になって、色々研究しているが最初に撮った動画の方がスピードがある様に見える。

そこでもう一度、一番最初に装着していた38Tドリブンスプロケット(ノーマルギア比)にしてみようと思う。

随分回り道してる感じだが、手探り状態でセッティングしているから仕方がない。

かつてホンダがオートマのモトクロスマシンを開発している時もそんな感じだったとレース雑誌に書いてたなぁ。

波乙の駆動系セッティングの黄金比を見つけてやりますよ。

最初のセッティング(ノーマルギア比)がそうだとしたら笑えますけどね。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

緊急事態

波怪の純正エンジンパーツが今日揃うので、シリンダーのボーリングが終わってるか確認の電話を機械屋さんに入れてみた。

「社長は昨日、足に500キロの鉄板落として入院しました。」

シリンダーのボーリングは終わってるか確認してもらったところ、未加工のまま。

他の者でボーリング加工できる者がいるかと聞くと、「うちでは社長だけです。」との返答。

これからボーリングするには日数が掛かるので、ボーリングは諦めて、ネットでタケガワのピストンキットを探すがメーカー(タケガワ)在庫次第との説明。

タケガワでは1ヶ月待ちとの回答をもらっている。

シリンダーとピストンのセットなら在庫ありなので、シリンダー・ピストンキットを注文。

参ったなぁ。

とりあえず、明日は腰下を組み終えて腰上は明後日以降。

いやはや、ギチギチのスケジュールだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベストタイム更新

昨日のモトクロス練習でラップタイムのベストタイムを更新しました。

1分46秒出ました。

それでも遅いんですけどね。

あと、5秒縮まれば胸を張れるタイムです。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サスペンションの充実

波乙でダブルジャンプ、フープスを飛ぶようになってサスペンションを充実させることが今後の課題。

リアサスは、前にも書いたがYSS のハイブリッドサスペンションの変更する。

フロントフォークは、現在の仕様が10㎜カラーを入れて、油面もそれに合わせて10㎜上げている。(フォークオイル量は71cc 。)

あとできることは、フォークオイルの固さを調整すること。

標準オイル番数が10番なのを徐々に上げていき、良い感じの番数を探していく。

番数調整は二種類の固さのオイルをミックスさせる物にします。

エンジンと駆動系のセッティングは、一旦やめてサスペンションを充実。

そして、またエンジンと駆動系のセッティングに戻る。

それを何度も繰り返せば、いつかは限界が見えるでしょう。

その限界を探るチューニングの旅は始まったばかりです。

その限界を超えるのは俺はやりません。

限界一歩手前で止めておく。

それをやっちゃうと違う地獄がまた始まるので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

やっちゃいました。その2

https://www.youtube.com/watch?v=Lr6faQYQTgo&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっちゃいました。

https://www.youtube.com/watch?v=OpsBwDJiS6o&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪のDio110さんへ

大阪のDio110さん、コメントありがとうございます。

返事が遅れて申し訳ない。

フライホイールのバランス(マス)調整は、カムシャフトの特性が反映します。

高回転型カムシャフトになるほど、狙ったエンジン特性(今回はエンジンブレーキが利いてトルクフル。)が大きくなる。

そこで、大きくなり過ぎて乗り憎くなるのを駆動系のセッティングで再調整する訳です。

波乙の場合、専用設計のパーツが多すぎて、どれが流用できるか博打みたいになりますねぇ。

なので、二次減速比とウェイトローラーでのセッティングで対応してます。

ですが、セッティングパーツは多いほど助かるので、検討する価値はありますね。

貴重な情報ありがとうございました。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フープス難しい。

午後からちょっと仕事してから、モトクロス練習。

フープス(昔はウォッシュボードって呼んでた。)の連続ジャンプを1つ目を2つ飛びして、あとは成り行きに任せる飛び方してたんだが、波乙のサスペンションだと破綻するかギリギリだね。

リアサスは今度、YSS のハイブリッドサスペンションに変更するから幾らかマシのなるかも。

もう少し飛び方も考えてみます。

毎回、バイクスタントみたいなライディングだと挫けそうになりますよ。

俺、運を天に任せる様な走りは大嫌いですから。

さて、もう一丁走ろうかな。

太股の筋肉がプルプルしてます。

情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闇鍋

オダズマンさん、コメントありがとうございます。

いやぁ、お会いできなくて残念です。

来年は是非とも会いましょう。

面白い話を沢山用意して伺いますよ。

では、来年。


ナイトライダーの闇鍋楽しかったぁ。

気になる闇鍋の方は、納豆禁止、ミント系禁止で、林檎とサツマイモとキノコ類の豆乳鍋から始まり、途中からカレー鍋、きりたんぽ鍋、うどんとなりました。

キャンプ場到着から飲みっぱなし、食いっぱなしだったので、出るものがガンガン出て忙しかったよ。

翌日朝は松茸ご飯と焼きそばで、やっぱり腹一杯。

いつもの楽しいメンバーで、色んな談義に盛り上がりました。

また来年も行きたいです。

ナイトライダー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

ちょっと疲れた。

秋田道の秋田南インターから、東北道の水沢インターまでノーハンド走行で走ったら腹筋が疲れた。

只今、水沢市のコンビニでソフトクリーム食べて栄養補給。

げっ、このソフトクリームは喉が乾いてしょうがない。

コーラでも飲むかぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スーサイドスクワッド見たよぉ~ん!

今日は岩手のナイトライダー恒例の闇鍋。

その前に仕事してから、御所野の東宝シネマズで話題の映画『スーサイドスクワッド』を見てきました。

いやぁ~、愉快な映画でしたよ。

毎度お馴染みの一番前の席でゲラゲラ笑ってました。

時々出る物事の真理の様な台詞に思わず感心する俺。

見終わって一言言わせてくれ。

なんで、カタナのおっぱいはあんなに柔らかそうなんだ。

あんな柔らかそうなおっぱいは見たことねぇよ。

普段はむっつりスケベの俺が思わず本音を言っちゃいます。

男の目から見たら、完全にハーレークインのエロさを喰っちゃってるじゃないの。

あと、ジョーカーが、歴代ジョーカーの中で最もセクシー。

バットマンとフラッシュがチラッとだけ登場するのも良いね。

主役はあくまでも悪党。

でも、一番の悪党がバットマンってラストがイケてます。

あー、笑った。

| | コメント (0)

見ろ、これが検察だ。

野獣が野に放たれた。

レイプ野郎、高畑雄太が釈放された。

1ヶ月ちかく拘束されて無罪放免。

糞の役にも立たない検察。

奴等は正義の執行人などではない、只の役人。

ホテルで歯ブラシがないと呼びつけて強姦するのが、何故無罪放免なのか?

そこに合意などある訳がない。

古いアラン・ドロンの映画かよ。

あの釈放後の高畑裕太の顔を見たか。

世の中を恨む目を。

「なんだ、これくらいで大騒ぎしやがって!」

目は口ほどにものを言う。

悪意のない性犯罪者。

最悪だろうが。

これから親子で色んな会社への賠償金を払って下さい。

一説には5億円とも言われている賠償金。

それを払うことがお前の罰金だよ。

被害者への賠償も忘れんな。

誰もお前を無罪なんて思ってないから。

「俺はどんなことをしても許される。」なんて認識してるなら、これからが楽しみだな。

地獄を見ろ。

被害者は、刑事事件で裁けなくても、苦しいだろうが頑張って民事裁判で賠償請求するべきだ。

刑事で無罪になった事件でも、民事で有罪になる裁判は幾らでもある。

検察は、何らかの自分達の都合でしか動かない。

被害者の為なんかでは絶対動かない。

最低の役人だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 9日 (金)

クランク交換続き

今日、クランク交換が終わりました。

しかし、エンジンは組み終えてません。

新たに遠心クラッチのパーツがバラバラになってるのが判明してパーツ注文追加です。

来週の月曜日にはパーツが全部揃いますね。

今日は、セルモーター関係のパーツを組んで終わりました。

今回の波怪のエンジン仕様は、波乙よりも排気量が大きいだけにトルク重視です。

もしかしたら波乙よりもモトクロスで速いかも知れません。

1度、ラップタイムを計測してみようかな。

ラップタイムが良ければ雪上レースも2台態勢で行けますね。

俺としては、波乙の方がクローズドコース、波怪の方が公道専用にしたいんですが。

波乙でレースに勝てなければ、波怪を出します。

タイカブの恐ろしさを思い知らせてやる。(意気込みだけです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちっ、

北朝鮮がよぉ、どぉうせ核実験するならよぉ、もっとデカイ爆発させてよぉ、北朝鮮の建物が全部倒壊すれば良いのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ『バッテリー』

アニメ動画サイトで、『バッテリー』を見てて思った。

「何だこの肉体関係のないBL (ボーイズラブ)は。」

登場人物が主人公に恋い焦がれる中学野球男子の物語。(嫉妬あり。)

そういうのが好きな人なら鼻血ブーな設定ですな。

怖いっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食い逃げって本当にいるんだな。

昨日、すき家に行った。

そしたら、食い逃げする奴がいた。

食い逃げって本当にいるんだな。

食い逃げした奴の特徴は、

男性、歳は40~50歳くらい。

色黒、スダレ頭のハゲ。

服装は、サラリーマン風。

乗ってるクルマは、白い新型のホンダ・フィット。

見てて驚いた。

バイト女性店員の困った顔が印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

フライホイールのマス調整

今日の波怪クランク交換で、フライホイールのマス調整をついでに行いました。

フライホイールから取り外していたセルモーターのワンウェイクラッチを取り付けして、フライホイールにワンウェイクラッチを取り付けるボルトの6本の内5本だけ取り付け。

取り付けたボルト5本の内4本に銅ワッシャーを2枚ずつ計8枚を取り付けしました。

エンジンブレーキが思いっきり利いてトルクフルになる仕様です。

現在、波乙と同じ仕様ですね。

滑りやすい路面でグリップする様にしています。

波怪もオフロード&雪道重視のエンジン特性にした訳です。

理由は、俺の体重では体重の軽い人に最高速で勝てないので、コーナーリングスピードだけでも向上させようって作戦ですよ。

詳しいセッティングの仕方は画像無しでは理解できないと思います。

何せ俺は秘密主義ですから、自分のノウハウはもう教えたくないので。

最近のカブ仲間のブログも同じ様です。

せっかく苦労して手に入れたノウハウをタダで公開するのは勿体無い。

しょうがないよ人間だもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジンがガタガタ

クランクケースを割ってみたら消耗品が多くて途中で作業中止。

パーツを発注し、揃うのは明日の夕方。

まだシリンダーのボーリングも終わってないので慌てません。

とりあえずセルモーター交換とフライホイールのワンウェイクラッチの取り付け。

今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クランク交換

これから波怪のクランク交換をしにバイク屋にエンジンを持ち込みします。

カムシャフトはタケガワのままで。

波乙でモトクロスをしてタケガワのカムシャフトが燃費が良いことが判明したからです。

頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

43T ドリブンスプロケット

波乙(WAVE 110AT 改)のドリブンスプロケットを46T から43Tに変更しました。

目的は、アクセルのオンとオフでのドン付き防止です。

ドン付きがコーナーリングを阻害している。

ドリブンスプロケットを変えて、ウェイトローラーを13グラムから10グラムへ変更。

変更後、自宅庭コースでテスト走行。

「うわ、マシンが軽い。」

これが第一印象。

走ってても走り易いです。

問題はラップタイムですね。

ちょっと楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度の波怪エンジンは、

今度の波怪エンジンは、雪道重視エンジン。

ここ数年、カブ仲間のパワーアップ合戦に影響されて、ロードレーサーみたいな仕様にしていました。

波乙でモトクロスやる様になって、得意の雪道には合わない感じになってるなぁと思った次第です。


そこで、


セルモーター復帰。(フライホイールの軽量化の為にスターターギアを取り外してました。)

フライホイールのマス調整。(トラクション向上の為に重くします。)

またまた脱原付き化。(使用するピストンの関係で129cc に。)

油温計キャンセル。(超ビックフィンキット採用で冷却の心配が無くなり、タコメーターがあれば良いと思った。)

自作強化クラッチからタケガワの強化クラッチに変更。(自作強化クラッチが強力過ぎて、色々問題があるので。)

以上になります。

使い易さでパワー不足分を補う仕様ですね。

明日からエンジン修理と仕様変更を始めます。

来週には慣らし運転を終わらせたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 6日 (火)

波怪129cc

波怪のエンジン修理に取りかかってます。

タケガワのボアアップピストンが1ヶ月待ちなので、他のピストンを使って129cc にします。

その際に使用するシリンダーはエンデュランスのボアアップキット用シリンダーを使います。

ボアアップ後のスリーブの余裕が1㎜以上持てるからです。(タケガワは無理。)

ピストンはWAVE 125i のオーバーボアピストン(Φ54.4㎜)です。

圧縮はタケガワのボアアップキットと同等くらいで排気量は4~5cc増し。

しかし、どんな感じに回るかは走らせてみないと分かりません。

今週中にエンジンが完成すると良いのですが、俺は追い込ませないと動かないタイプなんで何とも言えません。

では、機械屋さんへボーリングに出してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかしくないか?

分からねぇんだよな。

なんで家族の為にジャニーズ事務所に残ろうとした木村拓哉さんが批判させて、家族を大事にしなかったことが原因で離婚したと自ら語る山口達也さんがあまり批判されないのか?

俺はどっちかというと山口達也さんみたいな生き方をしてきた。

だから家族を大事にする木村拓哉さんを尊敬するよ。

人間、自分には出来なかったことをする人物は尊敬に値する。

世の中おかしいよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巻数の多いコミックランキングでちょっと思った。

早速だが、巻数の多いコミックランキングから。

1位、こち亀。

2位、ゴルゴ13。

3位、ミナミの帝王。

4位、クッキングパパ。

5位、はじめの一歩。

6位、美味しんぼ。

7位、弐十手物語。

8位、静かなるドン。

9位、あぶさん。

同じく9位、浮浪雲。

1位のこち亀の連載が終わったらしい。

ゴルゴが1位になる前に作者の寿命が心配。

ミナミの帝王は、よく分からない。(この作者が昔書いた少年マンガは面白かった。)

はじめの一歩は、パンチドランカーになって先がない。

おそらく一年くらいで連載終了すると思う。

美味しんぼは、どうだろな。

民間人の食の好みが値段の安いB 級グルメに流れていってるから、美味しんぼの存在がアヤフヤになってる気がする。

弐十手物語は、原作者の寿命が心配。

静かなるドンは、よく分からんが昔の作品ほど面白くないから打ち切りもあるんじゃないの。

あぶさんは、筋書きのないドラマを書いてるだけに予想がつかない。

浮浪雲は、あれは題目のない宗教的悟りのマンガ。

連載が終わったら高齢な読者が気落ちして死ぬ。

10年後のランキングでは、ゴルゴかトップになったまま、その下位総入れ換えしてる気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

せっかくだから

平社員さん、コメントありがとうございます。

平社員さんの見た通りです。

パワーアップして遅くなるのはショックですねぇ。


波乙にタケガワのスポーツカムを入れた。

ラップタイムは落ちてるが、せっかくだからギア比をロングにしてウエイトローラーを軽くしてタイムが上がるか試してみたい。

思いっきりロングにしたら、セッティングの傾向が分かると思う。(46T →34T )

それでも遅い時には先週のセッティングに戻します。

来週の日曜日、再来週の日曜日はイベントでモトクロス練習はなし。

明日から波怪のエンジン修理を開始します。

忙しくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タケガワのスポーツカム

昨日、波乙(WAVE 110AT 改)をタケガワのスポーツカムに変更して走ったら、ラップタイムが2秒落ち。

パワーは出てるがタイムが出ない。

何て言うか、フリクションが大きい。

アクセル開けるとドンっと出るが、アクセル閉じるとガツンと減速してギクシャク。

ノーマルカムの時に感じた車体の軽さが感じない。

重いマシンをただ器用に走らせてる状態。

さっき、ウエイトローラーを13グラムにして自宅庭を試走したが、やはり軽さは戻ってこない。

このまま、タケガワのスポーツカムに拘っても時間の無駄に思えた。

ノーマルカムに戻します。

こっちの方は確実に速い。

波怪(WAVE 110i改)も今度はノーマルカムに戻そうかな。

でもなぁ、ダートとロードは違うからなぁ悩む。

ダートでは、パワーよりも車体の軽さを感じるセッティングは必ずメリットになる。

波乙はノーマルカムに戻し、ウエイトローラーも10グラムに戻す。

リアサスをもっと良い物に変えて走ってみます。

パワーが出てるのに速くない。

これがあるからセッティングは難しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

今日の練習

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラップタイム落ちてた。orz

ダブルジャンプを飛んだのに、ラップタイムが2秒落ちって。orz

タケガワのスポーツカムはトルク感があるのにタイムを落ちてる。

そのカムに合った駆動系セッティングにしなくちゃダメかなぁ。

ドリブンスプロケットを46T から43T に換えて、ウエイトローラーを10グラムから8グラムにしたらどうだろうか?

いやぁ、まさかジャンプしてるのにタイム落ちとは。

ダブルジャンプを2つ飛べば1秒はラップタイムが上がると思ってたんだが。

って、ことは3秒落ちの計算。

タケガワのスポーツカムにしたら、トルクが出て、幾らか燃費も良くなってる。

これで遅いんだから困っちゃうよ。

とりあえず念のためウエイトローラーを重くしてみよ。

13グラムにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブルジャンプ

先週のモトクロス練習のビテオを見て、ふと思った。

「3ヶ所あるダブルジャンプの内、2ヶ所は波乙でも飛べるんじゃないのか?」

タケガワのスポーツカムに変更したら、トルク感もあるし飛んでみよう。

やってみました。

最初に飛んだダブルジャンプは、リアタイヤが二つ目のコブに引っ掛かりながらも何とか飛べます。

次に飛んだダブルジャンプは、フロントフォークがフルストロークして危ういですが何とか飛べました。

まぁ、数回ぶっ飛びそうになりながらも転けずに済んだ。

これはリアサスだけでもダンパーの利いた物に変更する必要がありますね。

YSS 350㎜ハイブリッドサスにでも交換しようかな。

さて、ラップタイムの方はどうなったんだろうか。

後で計測してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自走

今日は、地元の運動会があってモトクロス練習を夕方から行います。

昨晩の無頼のミーティングでは、マラソンランナーがメンバーで増えてまして、話題が田沢湖マラソンと普段のトレーニングになってました。

あのバイクの走りに対する情熱がいつの間にかマラソンに転換されてます。orz

バイクチーム無頼はこれで良いのか?

良いんです。

風を感じて気持ち良ければ。

ライディング・ハイがランナーズ・ハイになっただけですから。

脳内麻薬でラリってるのは同じです。

さて、補強をしたステップを装着し、タケガワのスポーツカムのテストを自宅庭コースで行いました。

トルクが太ってエンジンブレーキがメチャメチャ利く。

これは期待が持てそうですね。

まっ、実際走ってラップタイムを計測しないと分かりませんが。

運動会の表彰式が終わったアナウンスが聞こえてきました。

工場でちょこっと仕事をしてからモトクロス練習を開始します。

今年は暑いなぁ。

昨晩はキャンプで蚊が多くて蚊取り線香と虫除けスプレーが大活躍。

波乙も活躍できるかな。

後で動画をアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

傘貝採ったどぉ~!

一昔に流行った、「⚪⚪⚪採ったどぉ~!」と、思わず言いたくなる様な荒波の中で傘貝を採って来ました。

今、大鍋で煮ています。

春の傘貝とは違い、大粒の傘貝が目について喜んだのもつかの間。

あっという間に大波で全身ずぶ濡れ。

やけくそになって採りました。

大粒の傘貝は、丁度波が叩き付ける場所に貼り付いてますので、濡れるのを気にしてたら採れませんでした。

ゴミバケツ3分の1ほど採って終了です。

それでも、ウチにある大鍋で海水と一緒に2回煮るだけの量があります。

貝から取れた身だけになると大した量にはなりませんが、それでも酒の肴には十分だと思います。

身だけにしてから、1度冷蔵庫で冷やすと美味しくなります。

食べる時は、マヨネーズに味の素を入れて、少々醤油を垂らした物を着けてから食べると、更に美味しいです。

さて、身と貝殻の選別をしないと。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分に合った

朝仕事を終えて、朝御飯を食べてます。

今日の朝御飯は、とうもろこしの煮たやつ。

とうもろこし1本につき、水0.5リットル、塩大さじ1杯の割合で鍋で煮ます。

俺は皮を1枚つけて煮る派です。

男鹿市の広報誌を配る係に今年はなってるので、文字どおり朝飯前に配ってきました。

ビアンキ(自転車)で近所に配るのですが、ギアは固定したままです。

主変則が7段中6段目、副変則が3段中2段目にして走るのが一番苦がない。

昔の変則なしのママチャリみたいに使ってます。

なんか自分に合ったライフスタイルを手に入れた気分ですね。

スマホのヘッドホンから聴こえる懐メロが心地良い。

俺が聴きながら配達した曲は、聖飢魔IIの『エルドラド』です。

デーモン閣下曰く、綺麗に作り過ぎたと反省した曲らしいですが、ファンの間では評価の高い作品です。

懐メロを聞くと、若い頃の気分が蘇ってきますね。

自分を上手く制御出来なくて苦しんでいた時代が懐かしい。

あの時代に戻りたいとは、一切思いませんが。

今が良い。

自分に合った今が。

さてと、夕方から行われる無頼のミーティングで食べる傘貝とつぶ貝を採りに行くかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

ステップ補強のアイデア

ステップをどういう風に補強したら良いか悩んでました。

やっと良いアイデアが。

今日はちょっと作業が無理なので、明日やります。

サイドスタンドの安全装置キャンセルは終わりました。

キタコのキャンセラーがすんなり装着できてラッキーです。(国内モデルのみ適応ということてしたから。)

後からサイドスタンドとタンデムステップステーを取り外します。

ステップ補強のアイデアはホンダのNS 750R (ダートトラックレーサー)の複雑なフレームワークを見て、これは応用出来そうだと思った次第です。

ステップのラバーマウントのラバーが国内で手に入ります。

明日の夕方には入荷予定。

これで日曜日にラップタイム更新できなら最高ですね。

そんなに甘くわないかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後はっと。

波乙のカムシャフトをタケガワのスポーツカムに変更しました。

アクセルを開けた感じはノーマルカムの方がレスポンスが良いですね。

走りの方は走ってみてのお楽しみ。

後はっと。

サイドスタンドの安全装置をキャンセルしてサイドスタンドの取り外し。

タンデムステップのステーは外してみて、格好を見てから取り外すか決めます。

ドライブチェーンも初期伸びが出てると思うので、チェーン調整もしないと。

明日は無頼(俺が所属するバイクグラブ。)のミーティング。

予定では、傘貝とつぶ貝を採って酒のツマミにする予定です。

豚汁も作ると思いましたが、これから秋の鍋っこシーズンになるので、その時にやるってことで。

今日の夕方に傘貝とつぶ貝を採りに行きます。

波が荒れなきゃ良いけどね。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

制裁

夢見る夢子ちゃんには思われたくないので、そう思う理由から書いてく。

今月の15日に、示談交渉において俺の損害賠償請求を妨害された訴訟の判決が出る。

湊弁護士は法廷でついた嘘がバレてる。(その嘘を書面化していたので言い訳できない。)

被告が故意に俺が求める情報を開示せず、そのせいで真の示談交渉相手が誰なのか把握できなかった証明ができた。

その故意を証明する証拠も提出している。

つまり、被告の妨害とそれを弁護する被告代理人は信頼できないことを全て証明している。

俺が負ける要素は無いに等しい。

しかし、行政訴訟って政治力や訳の分からん贔屓が存在するもんだから、民間人同士の裁判とは違う難しさがある。

だから俺の主張の正当性を全て証明できても、勝てる気がしない。

これは行政訴訟をしたことのある人からも聞いた事実。

「なんでこれで負けるんだ?」

多くの行政訴訟をした人の共通した意見だ。

俺が法廷で証人申請書を提出した人も行政訴訟経験者。

しかし、もし勝訴できたら制裁の始まりですよ。

勝訴の判決文を持って、各マスコミを走り回ります。

判決文があるとマスコミの反応は全く違いますからね。

聞くところによると、それこそ『掌反した様に』になるそうです。

俺が制裁する相手は、藤本正人班長(当時)、進藤実課長(当時)、鐙部長(当時)、そして湊弁護士。

佐竹は詫びの仕方次第。

大事にしなくちゃね。

まぁね、勝てなきゃ夢見る夢子ちゃんと言われるので、この辺までにしときましょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

タケガワのスポーツカム

平社員さん、コメントありがとうございます。

ようく知ってますよ、ハーレーに乗りながら女性とエッチする人ですよね。

流石にあれは真似できません。

やりたいとも思いませんけど。


今日の仕事が終わりました。

これから自宅で波乙のカムシャフトをタケガワのスポーツカムに変更します。

波乙でモトクロスコースを走ると常にアクセル全開なので、バルブリフト量が大きいスポーツカムの方が速くなるのではないかと考えたからです。

波乙のノーマルカムとタケガワのスポーツカムはほぼ同形状。

但し、カム山のベース径がスポーツカムの方が小さい。

これでリフト量を稼いでる。

ガソリンをガンガン爆発させて少しでも速くなったら成功ですね。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚いた。

「地元の台風10号被害が大したことなくて良かったなぁ。」と喜んでいたが、お隣の岩手県では9名のお年寄りが亡くなったニュースで驚いた。

今まで被害が無かった地域と安心していたことで避難勧告がされなかったことが原因と言われているが、今まで被害が無ければ被害の予測は不可能でしょうね。

遺族の気持ちを考えればやるせない。

最近の研究で、お酒が薬になる要素は無いことが分かったらしい。

簡単に言うと、お酒を飲んで早死にすることはあっても、長生きすることはないとか。(酒は百薬の長は、そんな気分になるだけってこと?)

まぁね、そもそも自然界存在する物じゃない人工物だからねぇ。

猿酒って、野生の猿が果実を隠して忘れたものが自然発酵して酒化するって聞いたことあるが、本当にそんなのがあるかは分からないしね。

滅多に口に入るものではないことは確か。

お酒を受け付けなくなった自分はちょっと安心。

しかし、ノンアルコールビールのおかげで飲酒の楽しみは擬似的に楽しめてます。

ノンアルコールビールが体に良いか悪いかは知りませんけどね。

まぁね、今日も朝からステーキ食べてる様な俺だから、これから長生きできるかは予測不能です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

七光り

本当に凄い家系の御子息や令嬢は、自分の家族のことを隠すらしい。

「親の七光りなんて隠すのは当たり前。」

これが本物のお金持ち。

と、言うことは、芸能人の二世タレントなんて、所詮は成り上がり者の子供ってことになるんだろうねぇ。

自分の子供の増長を嗜めることなく、問題が起きてから大慌て。

でも、普通は親の持ってる才能が自分には備わっていないことに気付いて問題起こす前に正常になる。

20代の成り上がり者の成金の子供が一番ヤバい。

強姦致傷なんてことする芸能人を見たら、覚醒剤で逮捕されるのは被害者がいない分、随分マシに見えてしまうのは俺だけ?

そう考えれば、海⚪蔵さんは、半グレに凹られてマトモになったラッキーな人物だね。

ついてるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »