« 今日の練習 | トップページ | せっかくだから »

2016年9月 5日 (月)

タケガワのスポーツカム

昨日、波乙(WAVE 110AT 改)をタケガワのスポーツカムに変更して走ったら、ラップタイムが2秒落ち。

パワーは出てるがタイムが出ない。

何て言うか、フリクションが大きい。

アクセル開けるとドンっと出るが、アクセル閉じるとガツンと減速してギクシャク。

ノーマルカムの時に感じた車体の軽さが感じない。

重いマシンをただ器用に走らせてる状態。

さっき、ウエイトローラーを13グラムにして自宅庭を試走したが、やはり軽さは戻ってこない。

このまま、タケガワのスポーツカムに拘っても時間の無駄に思えた。

ノーマルカムに戻します。

こっちの方は確実に速い。

波怪(WAVE 110i改)も今度はノーマルカムに戻そうかな。

でもなぁ、ダートとロードは違うからなぁ悩む。

ダートでは、パワーよりも車体の軽さを感じるセッティングは必ずメリットになる。

波乙はノーマルカムに戻し、ウエイトローラーも10グラムに戻す。

リアサスをもっと良い物に変えて走ってみます。

パワーが出てるのに速くない。

これがあるからセッティングは難しい。

|

« 今日の練習 | トップページ | せっかくだから »

コメント

ピーキーさん初めまして。
大阪でDio110を弄ってる者です。

ブログで紹介されていたフライホイールのバランス変化での点火タイミンング変更とカムスプロケットバランサーをやらせてもらってます。

タケガワのスポーツカムでエンジンブレーキが効きすぎなんでしょうか?
回転が落ちながら変速が進むのと変速中の振動が増えるのがデメリットになりますが、18×12や18×13のWRを使えば変速中の速度域に限りエンブレを弱く出来ます。

デメリットが大きくなりますが刻印がGFM80のプーリーに、タイカブATに組めるか分かりませんがベアリングスライダーを組み合わせると全くエンブレを効かなくする事も可能です。

参考になれば幸いです。

投稿: 大阪のDio110 | 2016年9月 6日 (火) 05時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/67348258

この記事へのトラックバック一覧です: タケガワのスポーツカム:

« 今日の練習 | トップページ | せっかくだから »