« 天才に成りきれなかった男の話 | トップページ | 強化インジェクター変更 »

2016年10月23日 (日)

波乙今後のチューンナップ

波乙のフライホイールをもっと重くしようと考えてます。

波乙のフライホイールには、内径6㎜の銅製ワッシャーが計8枚装着されている。

それにもう4枚追加したい。

しかし、問題が。

まず1つは、ボルトの頭。

フライホイールのスターターギアを留めているボルトは低頭ボルトで、通常のボルトの頭の高さが6 ㎜だとすると4 ㎜しかない。

しかし、ボルト1本につき、ワッシャーを3枚重ねるとなると3㎜ボルトの頭が突き出て、発電コイルと接触してしまう恐れがある。

あと1つの問題は、ボルトのネジ長さ。

3㎜ワッシャーが追加されることで、通常よりも締め付け部分が3㎜短くなる。(純正ボルトのネジ長は14㎜)

そこで、モノタロウの沢山あるボルトの中から、純正ボルトよりも更に低頭で、長いボルトを購入。

ボルト頭の高さは3.3㎜、ネジ長は16 ㎜のボルトです。

ボルト頭が低い分、ボルトを舐め易くなるので、純正ボルトと同じくヘキサゴンボルトになります。

このボルトを組むことで、銅製ワッシャー1枚分と2㎜長くなったネジ山の分だけ重くなりますね。

フライホイールのバランスを調整することをマス調整と呼びます。

なぜ、その様なことをするのか簡単に説明すると、エンジン回転に弾みを付ける為です。

細い枝を振り回すのと、バットを振り回すとじゃ、勢いが違うでしょ。

エンジンに勢いをつけて推進力を向上させる事が狙い。

バイク運動会では、パワーで負けてる分を、それでカバーしました。

上手く行けば良いのですが。

|

« 天才に成りきれなかった男の話 | トップページ | 強化インジェクター変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/68075999

この記事へのトラックバック一覧です: 波乙今後のチューンナップ:

« 天才に成りきれなかった男の話 | トップページ | 強化インジェクター変更 »