« 裁判長 | トップページ | ゼッケン作ったよ。 »

2016年10月14日 (金)

疲れたぁ。でも頑張る!

第2回口頭弁論は緊張感があって、とても疲れました。

何故って?

被告代理人湊弁護士の主張を否定する証拠を提出したら、「被告は情報公開請求で原告から請求理由を聞き、建設職員が原告の意図を把握して請求を判断したということはない。」と準備書面での説明を覆した。

そして、陳述書を提出し、「こういう経緯で判断しました。」と主張を変えた。

つまり、俺が命綱を切ったら、新たに命綱をもう1本作って飛び移りやがったのだ。

裁判長はその事にはあえて触れずに、提出した書面が前と後で主張が変わってる箇所に、「どうしてか?」と質問する。

まぁ、上手く誤魔化して、その場はかわした様ですが。

てな訳で口頭弁論がもう1回行われます。

その次は判決になるだろうとの裁判長の言葉です。

被告は、次回に俺に損害はないとする書面を出すそうです。

裁判長は、俺にそれに対しての陳述書の提出を勧めました。

被告は後から集めたこれまでの裁判で使われた証拠を使い、上手く創作して証拠にしようとしています。

俺の損害は無いとする主張は、もし俺が勝訴してその金額で被告の不法の度合いが明確化されるのを恐れているのでしょうか?

今の俺に出来ることは、被告の提出した書面を慎重にじっくり読んで反論文を書くことです。

俺がどれだけ苦しんだかを訴えないといけません。

早ければ年内に判決です。

全国的にも情報公開請求についての訴訟で原告勝訴は数少ない。

しかも、損害賠償額を大きく認めた判決は更に少ない。

どの様な判決になるかは想像もつきません。

ただ、事の大きさだけが重くのし掛かってきます。

勝っても負けても正直恐ろしい。

今までの裁判で、こんなに緊張感のあるやり取りは初めてでした。

情けないですが、今日の裁判は本当に疲れた。

|

« 裁判長 | トップページ | ゼッケン作ったよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/67947360

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れたぁ。でも頑張る!:

« 裁判長 | トップページ | ゼッケン作ったよ。 »