« 秋田県政は江戸時代 | トップページ | ヤバイ »

2016年11月 4日 (金)

郵便屋さんとお話

昨日、波乙に履かせるか市販スタッドレスタイヤが届きました。

郵便スタッドレスタイヤとの違いは、タイヤ端のブロックに縦のサイプ(切れ目)が入っているがどうか。

市販スタッドレスには入ってません。

カッターでサイプを入れちゃおうかな。

でもまぁ、ポテンシャルを把握してからでも遅くないか。

いつも給油しているガソリンスタンドで郵便配達の郵便屋さんと話をしました。

地元の郵便屋さんではダンロップの郵政スタッドレスタイヤではなく、安い韓国製スタッドレスタイヤを使っていて、全然グリップしないとか。

「やっぱりダンロップ最高ですよねぇ。」

これが郵便屋さんの意見です。

やはりスタッドレスは有名ブランドじゃないとダメですね。

今回購入したスタッドレスタイヤは、波乙に組むWAVE 125 i 純正ホイールにビートストッパーを装着してから履かせます。

頑張ります!

|

« 秋田県政は江戸時代 | トップページ | ヤバイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/68247391

この記事へのトラックバック一覧です: 郵便屋さんとお話:

« 秋田県政は江戸時代 | トップページ | ヤバイ »