« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月31日 (土)

武井壮は国会議員になるべきだ。

武井壮は悟りの天才だ。

自分の体が思った通りに動ける様に日々研究し、努力している。

彼は学生時代に、陸上競技で常にベスト記録を出せるかを研究するためにデータを6年間集めた。

競技の記録は勿論、体の各部の体温、屋内外の湿度と温度、身につけた服装の素材まで詳細にノートに記録した。

そうして、ベストの状態は如何にして作られるかを悟ったのだ。

彼は常に目標を達成する方法を研究し、実行する。

タレントになった理由は、日本中の人から、「あっ、武井壮だ!」と言われたかったんだそうだ。

たしか、とんねるずの細かすぎるモノマネにも登場している。(全然ウケなかったけど。)

タレント活動している熱血漢の元スポーツ選手は沢山いるが、彼ほど理論的に分かり易く物事を説明できる人間はいない。

人間的にも素晴らしい。

彼の言葉は、ただただ生まれてきたことに対する感謝、日本に生まれてきたことへの喜びに満ち溢れてる。

彼が国会議員になったら日本は変われる。

政治家になって、欲にまみれる前に世の中を良くできる感じがする。

彼は絶対に国会議員、いや、総理大臣になるべきだ。

百獣の王から、一国の首相に進化してほしい。

いいか、勘違いするな。

彼はメチャクチャ頭が良い。

英語もペラペラで、アメリカでゴルフの修行していた頃に自分でスポンサーを探した。

ゴルフ場の職員と仲良くなって、金持ちゴルファーを紹介してもらい、タイガー・ウッズの真似(パターによるゴルフボールのリフティングを見せた。)して関心を沸かせ、一緒にプレーして自分の才能の高さを認めてもらった。

実行力と才能の塊。

それが武井壮。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっともっと速く

桜華さん、コメントありがとうございます。

正解です。

キリンが飛んだ場所ですよ。

ライブカメラで見つけて、「あれ、この場所って?」と思ってグーグルアースで調べたらここでした。

カブ乗りのだるま屋ウィリー事件の場所と同様に聖地です。


もっともっと速く走りたい。

速いバイクに乗って速くなるんじゃなく、気に入ったマシンを自分に合わせて上手に走って速くなりたい。

50歳のオッサンの言うセリフじゃないのは分かる。

しかし、俺の思いだ。

この一年でまた上手になった。

昨シーズンの俺は、今の俺にぶっちぎられるだろう。

バイクは体力で乗るものじゃない。

テクニックと頭脳で乗る乗り物だ。

来年の大晦日にはもっともっと速くなりたい。

バイク馬鹿の目標はそれだけですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年を振り返って気分悪い。

今年の大晦日はナマハゲをサボりました。

気分が乗らなくて。

今年一年を振り返って思い出されたのが、県庁職員の嘘の陳述書。

何から何までデタラメの嘘八百。

話したことのない職員まで、「原告は、こんなこと言ってました。」と捏造した。

今、思い出しても砂を噛む思いです。

それだけ形振り構ってられないのは分かります。

俺が追い込んでいる証拠ですが、やるせないなぁ。

一年を振り返って体から力が抜けていく感覚に、「とてもナマハゲなんかできる状態じゃない。」と判断して今回は休みましたよ。

「今に見てろ、必ず思い知らせてやる!」

そう、思いつつ年が明けるのを待ちますわ。

とっても疲れた一年でした。

来年は大逆転ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎年のことなんだが、

師走というくらいだから忙しいはず。

俺はゆっくり自宅の大掃除をしてます。

台所の床の汚れは酷くてマジックリンで汚れ落としをしましたよ。

年末になると、その忙しさからブログ更新が疎かになります。

俺以外はね。

そうすると、年末だけアクセル件数が急に伸びてくる。

まぁ、それでも大したことないくらいだが。

掃除が終わったら、ウチの工場の入り口に正月飾りをつけて、発電機にお餅を載せに行きます。

夕方からはナマハゲかな。

朝にダカールと波乙のエンジンを掛けた。

ダカールと波乙のガソリンにワコーズのフューエルワンを添加してから車体を揺らしてよく混ぜてからエンジン始動。

どちらも難なく始動しました。

しかし、波乙の警告ランプは点きっぱなし。

正月休みに原因を追求します。

秋田県では、大晦日の晩におせち料理を食べて、1月1日になったら年越し蕎麦を食べます。

他県では、大晦日の晩に年越し蕎麦を食べて、1月1日におせち料理を食べるんだとか。

本当かどうかは分かりません。

何故なら他県の人と一緒に正月を過ごしたことないので。

さて、食洗機とルンバとドラム式洗濯機が騒がしい中で昼飯を食べるとするかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

リアルコスプレ

年末はなるべく実家に行こうと晩飯は実家で食べてます。

実家で珍しくテレビ番組を見ていたら、叶姉妹がコミケに買い物にいったニュースが紹介されていた。

叶姉妹がコミケに来たら、コスプレしている人も美味しいとこ全部持っていかれたでしょうね。

叶姉妹、どっから見てもリアル『ワンピース』キャラクターでしょ。

なんか、両手を合わせて拝み出す人達が現れたとか。

凄いな、これ。

次回はジョジョ立ちしてコスプレっぽい服装で来たら良いのに。

規格外のリアルコスプレありがとうございまース!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おそ松さん?

甥っ子(妹の息子・小5)が、お気に入りのトレーナーを買ってきた。

なんと、赤塚不二夫のおそ松君が大人になってニート生活するアニメ『おそ松さん』のキャラクター物だそうだ。

ちょっと興味が湧いたので、アニメ動画サイトで見てみた。

シュール過ぎて俺笑えねぇ。

なんだこの、「働いたら負け。」感は。

赤塚不二夫故人もギャグにしてるし。

笑えない現代風刺を笑い者にするセンスに、オッサンの俺はついていけない。

これ、今の小学生は面白いんだ。

しかも深夜アニメだぜ。

ピーっ音たっぷり出てくるぜ!

そんなアニメの子供用のトレーナーがあるの?

ある意味凄い。

おそ松君は、1期、2期、そして今回が3期目になるのかな。

それだけ愛されたキャラクターなんだろうね。

俺は好きじゃないけど。

バカボン最高!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イメトレ

北海道登別市で行われる雪上レースに向けてイメージトレーニングしてます。

とは、言っても昨シーズンに行われた登別の雪上レースの動画を真剣に見てるだけですけどね。

動画からコース図を書き起こして、コースの空間イメージを頭に焼き付けてます。

初めて行っても、すぐに慣れる様にです。

レースでの心配は2つ。

マシントラブルがないか、そして給油です。

おそらくマシントラブルは大丈夫だと思いますが、波乙は燃料タンクが小さいので途中で必ず1回給油が必要です。

これが痛い。

給油が容易に行える様に、新たに5 リッターの携行缶を購入しました。

作戦を練って、少しでも良い成績が残せる様に頑張ります。

若い頃みたいに、1位かドベかみたいな走りはもうできません。

スムーズな走りを心掛けたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある歌を歌いたい。

昨日の、ライブカメラの映像は、東本昌平さん原作の漫画『キリン』で、主人公のキリンと呼ばれるオッサンがカタナ(スズキのビックバイク)で海に落っこちた場所です。

東名高速の由比パーキングエリアの近くですね。

事故った主人公はカッコ悪いんだけど、生き方がカッコイイ。

あんなオッサンが実際にいたら、単なる変態ですけどね。

この作品は、俳優の大鶴義丹さんが監督となって、珍しく自分を作品に一切登場させずに映画化しました。

湾岸ミッドナイトであれだけ原作レイプした大鶴義丹さんが、原作を忠実に映像化した作品です。

バブルの時代と違って公道を使った撮影で無茶できないのが残念ですが、良い作品だと思います。

唯一の不満は、モヒカンがイケメン過ぎた。

まぁ、良しとしましょう。(何様だよ。)


ある歌を歌いたい。

その歌は、桑名正博さんの『月のあかり』です。

関西地方の人が飲み屋でカラオケの〆に歌う曲だそうで、東北地方の俺には馴染みのない歌です。

桑名正博さんといえば、俺が小学生の頃にヒットした『セクシャルバイオレットNo. 1』を思い出します。

その大ヒットの後に『ダーティヒーロー』って曲を出して、直後に覚醒剤使用で逮捕されてビートたけしの笑い話にされましたけどね。

一時期、俺がバイクスタントを研究した時があって、羽賀研二さん主演の映画『ビーフリー』のビデオをよく見てました。

その映画の敵役で登場していた桑名正博さん。

髭を剃り、イケメンぶりを発揮して実年齢よりもかなり若く見えましたよ。

話を元に戻して、昨日、『月のあかり』を何故だか急に聞きたくなってYouTubeで動画を見た。

動画を見たら、スマホで曲をダウンロードしたくなってダウンロード。

ダウンロードした曲を何度も聞いてるうちに、『この曲覚えたい。いや、覚えなくても、せめてカラオケで上手に歌いたい。』と思った次第です。

素晴らしい曲ですね。

何ていうか、しんみりしてて、心に滲みてくる。

来年の夏くらいに、自宅の庭でドラム缶風呂に入りながら月を見て、この『月のあかり』を口ずさみたいなぁ。

気持ちよさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習したいんだけどね。

平社員さん、コメントありがとうございます。

そうなんですよ。

イベント直前までマシン作りしてることが多いんで。

最高のパフォーマンスを発揮させる為にあれこれやって、ダメになるパターンが多いですね。

でも、今回は間に合ったと思います。

レース頑張ります。


波乙でまた練習したいんだけどね。

雪が降らんのよ。

少し積もっても、その後に雨が降って解けちゃうし。

真山でも行こうかな。

しかしなぁ、林道とモトクロスコースは走り方が違うからなぁ。

林道のコーナーリングはハンドルの切れ角でアクセルを開けるタイミングを図るが、モトクロスコースはコーナーのどの位置でマシンを起こすかで決めてる。(俺の場合。)

でも、全く練習にならん訳じゃないとも思うし。

ここは、俺の経験で、「迷ったらやめる。」にしよう。

その代わり、トリッパー(トライアルのトレーニングマシン)でノーハンドやって体ングすっか。

勿論、雪が積もったら私設モトクロスコースで練習します。

力を抜いて速く走る練習をしたいんで。

目標は、レース後半に速度が上がるペース配分です。

力を抜いてリラックスで頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

聖地?ん?

ここはバイク漫画好きの年配の方には、ある意味聖地みたいな場所です。
何の場所でしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

原因が分かりました。

波乙が発電してない。

原因は、フライホイールカバーのガスケット交換した際に行方不明になったノックピンが悪さして発電コイルをダメにしていた。

急遽、発電コイルを波怪から移植。

多少、加工が必要でしたが、なんとか修理できました。

すぐに波怪の発電コイルを注文。

納期次第では国内のカブ110の発電コイルを流用します。

田沢湖カブ・ミーティングまでに直さないといけないので。

田沢湖カブ・ミーティングまでに波怪のインジェクションにミキシングプレートとパワーナウも追加したいですね。

明日にでも作ろうかな。

頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

充電しなーい!

雪が少し積もったので、雪上レースに向けて波乙で軽く練習しました。

今朝積もった雪は水っぽくない雪なので、かなり走り易く速度も出ます。

40分ほど走ったら、なんか様子が違う。

エンジンを停止したら、今度はセルモーターが回らない。

症状としてはバッテリー切れ(あがり)です。

走行中に充電してない感じ。

私設モトクロスコースから波乙を押して自宅に帰りました。(1.5 キロくらい押したかなぁ。)

帰ってからバッテリーを充電器で充電し、発電コイルからの配線をチェック。

特に問題はない様ですが、念のため配線カプラーとギボシにシリコンスプレーを吹いて電通し易くさせました。(カプラーの端子に少し青錆が浮いてました。)

心配なので、充電後にエンジンを掛けてバイク屋で電気系をチェックし直してもらいます。

まずは、汗だくになって風邪引きしない様に熱い風呂ですね。

レースまでに対策できたら良いなぁ。

波乙は良い感じに走ります。

後は俺の腕次第です。

う~ん。(  -_・)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

認める瞬間

ちょっと、ホロッときた良い話。

今年9月15日に放送されたダウンタウンDXの動画を見て、あの浜田さんが一人の人間を認めて敬語を使う瞬間を見つけた。

芸人なすびさんが、3回のエベレスト登頂に失敗して、4回の挑戦でとうとう登頂に成功。

エベレスト頂上で男泣きをする映像を見た浜田さんが、なすびさんに敬語で質問をする。

同じ芸人には敬語をめったに使わない浜田さんがいきなり敬語なる場面を見て、「こいつ、大したもんやなぁ。」という気持ちが顔に表れてた。

なんか、自分のことじゃないのに嬉しい気分になりました。

凄いな、なすびさん。

3回失敗したら大概の人は諦めるよ。

尊敬します。

しかし、エベレスト頂上以上キツいという伝説の懸賞生活。

「懸賞生活1回やるならエベレスト100回登ります。」

どんだけ辛いんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お疲れ様でした。

SMAPの解散について語りたい。

1ファンの呟きです。

異論もあるかも知れませんが、個人的な見解なので生温かい目で見てください。

SMAPの解散は丁度良い時期だと思います。

昨日、まだ森君がいる頃の動画をみました。

メンバー全員キラキラしてましたね。

これぞアイドルグループって感じです。

一言で言ったら解散はアイドルとしての賞味期限がきたってことでしょうか。

グループのリーダー仲居君の判断についていこうとしたメンバーと、「会社に逆らって生きていける訳ないだろ!」っと冷静に考えた木村君。

俺は、解散はしたが、メンバー全員を会社に残す形にした木村君の選択は正しいと思ってる。

あのままジャニーズが飛び出て、潰されないはずはないからだ。

そして、今後の仕事で木村君以外のメンバーのテレビやラジオの番組名にSMAPは使わない。

会社の指示なのか、メンバー自身が制作会社へ願ったのかは分からない。

しかし、木村君の番組名にSMAPを残すことで、何年か後に再結成の可能性も残せる。

俺は木村君が他のメンバーを救ったと思ってる。

他のメンバーがそれを認めなくても、結果的にそうなってる。

吉本興業の芸人なんかは木村君の判断は正しいと思ってるだろうね。

木村君以外のメンバーは会社の力を見くびってるてね。

木村君は心の中でこう思ってると思う。

「お前らは何を見てきたんだ。」

ジャニーズに刃向かって表舞台から消えた先輩を見てきたろうと。

芸能界で男性アイドルグループを独占しているジャニーズ事務所。

そこに入り込める他の会社は皆無に等しい。

全部、ジャニーズが潰してきたからな。

「あいつら使うなら、うちのグループはそちらでは使わせない。」

例えば、今の嵐を使わせないと言われて、「はい、そうですか結構ですよ。」なんて言ったら、そこのテレビ局にジャニーズのアイドルは誰も出ない。

そして、他局の番組にどんどん出させる。

局全体の人気が落ちるのは確実だ。

これ、アイドルというのが人ではなく、商品としての扱いだったら、とっくの昔に独占禁止法が適用されてるよ。

それくらい、今のジャニーズは凄い。

もう1度言います。

木村君は汚名を受けながらも他のメンバーを救っただけです。

彼の判断は正しい。

本当に漢(おとこ)らしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

本当のことは言わない。

俺が言いたいことは、世の中は本当のことを言わないものだという話。

バイクのテクニック本は沢山あるけど、役に立つテクニックは何も書いてません。

テクニックを真面目に書いて、書いた本人よりも速くなったら困るのか、それとも本にできるほどライディングを理解してないのか?

この辺が、「名選手、名監督にならず。」の由来なのかも知れませんね。

しかし、最近のプロ野球の監督は理論的だと思います。

福島県で若年層の甲状腺癌が増えてます。

しかし、福島県の医学界は原発事故との関連を否定しています。

言えませんよね。

原発事故前と後とで発症の割合が明らかに増加しているのに認めません。

科学的なことを普段は重視するが、ここでは違います。

国からの指示か、それとも国からの圧力を恐れてか。

自分が癌になったら、いの一番に医学界が効果を認めなかった丸山ワクチンを高い金出して打つくせに。

都合の悪いことを行政や業界が嘘や捏造で隠すことは悪いことです。

しかし、罪を問えない。

たとえ告訴されても検察庁も問題なしとする。

だから嘘のつき放題。

真実と現実は違うという主張と共に。

認めないことで秩序を守ってつもりなんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いきなり挫折

腹へって辛いので、いきなり八時間ダイエットを挫折しました。

今までやってたダイエットでも、食事が我慢できない度合いが半端ない。

これは精神的に良くないのでやめました。

他のダイエットするわ。

かーっ、ダメだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

神改造と魔改造

neri さんのブログ『カブ&ピース』で久しぶりにエンジンパワーアップの記事が更新された。

キャブレターのスライドバルブの改造で、ガソリンの霧化を促進するとか。

ならば負けじと俺もインジェクションでガソリンの霧化を促進させる改造をします。

ミキシングプレートの追加です。

実は、以前に自作でインジェクションのバタフライバルブをΦ18.5 からΦ22に口径アップさせた時には、ミキシングプレート(インジェクターが噴射したガソリンをぶつけて撹拌させる板)やパワーナウ(後付け整流板)が追加されてました。

現在使っているインジェクションは、PCX125のバタフライバルブを使ってΦ24に口径アップしたから、パワー的にはもう十分だろうとミキシングプレートやパワーナウの追加はしてませんでした。

そんな手抜きをする様では、俺もまだまだですね。

とりあえず波怪のインジェクションにミキシングプレートとパワーナウを追加しますよ。

忘れかけてたテクニックを思い出させてくれたneri さんに感謝します。

カブ110系エンジンはまだ速くなる。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しい知らせ

平社員さん、コメントありがとうございます。

そうですねぇ、証人尋問では質問に答えられずに黙り込ませるのが一番有効です。

黙り込む証人に、「裁判長、質問は以上です。」とキッパリ打ち切ると相手側の信用性を無くせる。

そうできる様に頑張ります!


夕方のニュースで、俺の裁判を担当している裁判長が、別の行政裁判で、行政側の不正支出を認めて一部支出の返還を求める判決を出しました。

この調子で俺の裁判でも嘘と捏造の県庁に不正を認めてほしいものです。

とにかく悪質な情報公開の非公開決定に賠償判決を下してください。

隠れているものを表に出す。

それがあなたの名前の意味なのですから。

その名にかけて不正を暴いてもらいたい。

宜しくお願い致します。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙涙

GEOに行って新作ビデオを色々見てたら、バチッと目に留まったのが衝撃的なタイトル。

いつもは新作ビデオを見て、そのビデオが旧作品になって借り賃が安くなってから借りる。

しかし、その作品は別だった。

「見たい、とにかく見たい。」

すぐに借りました。

その作品の名は、『帰ってきたヒトラー』です。

自宅に帰って即見たよ。

涙が出てきた。

何で?何で?何で?

痛快なのに涙が出る。

信念を演じる俳優が本物のヒトラーに見える。

素晴らしい作品です。

批判する人はいるかも知れないが、見てから批判してね。

ただただ凄いです。

恐怖を感じるほどに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LINEニュース((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

今年で50歳になりました。

俺みたいなバイクの下手くそな奴がよく生き残ったわ。

俺がバイク(最初はモトクロスから)を始めたのは、バイクで死にたくなかったから。

鈍感で運動オンチな俺は、訓練しないと簡単にバイクで死ぬのは目に見えていた。

そこで戸塚ヨットスクールみたいな根性がいるモトクロスチームに外弟子として入門。

そこのチームでは、あっという間に転倒キングになり、『全開バカ』と呼ばれた。

モトクロスコースで崖から何度落っこちたことか。

おかげでマシンのハンドルは30分で1本消費した。

なので、練習日にはスペアでハンドル2本用意。

訓練の甲斐あって、公道ではほとんど転倒はありません。(雨天の新品鉄板では転けましたけどね。)

雪道でも8年走って4回くらいしか転けてないですね。(3回はポテッって感じで、1回だけ大転倒。)

思いっきり転けたのは、昨シーズンに新しい走り方を模索中にズバッと転けました。

おかげで、雪道走行に何が必要で、何がいけないかハッキリ分かりましたよ。

来月行われる田沢湖カブ・ミーティングの雪道安全運転講習会では、転けずに速く走るテクニックを教えます。

とにかく、長生きして長くバイクに乗りたかった。

ここから本題。

早朝から焼き肉にノンアルビールで満腹にして、そろそろ会社関係の支払いしなきゃと小切手切ってたらスマホが充電完了。

LINEのお知らせが沢山入ってるなと思ったら、LINEニュースで訃報のニュースが山ほどあったよ。

今月に入ってからの各界の有名人の訃報をここぞとばかり並べられちゃったから、命根性汚い俺はゲンナリさ。

宇多田ヒカルは、「痛めつけなくても、この身はいずれ亡びるものだから甘えてナンボ。」と歌った。

常に俺も死について意識と覚悟はしている。

しかし、それでも訃報は辛いのな。

たとえ、会ったことない人物だとしても。

命あってのバイク。

お金あっての贅沢な娯楽。

快楽あっての趣味。

今風に語れば、「ノーバイク、ノーライフ。」ですか?(*`・ω・)ゞ

宇多田ヒカルじゃないが、「甘えてナンボ。」が人生の喜びなのかもね。

平成の歌姫は、哲学者なのではなく、歌の神様が舞い降りる巫女なのかも。

フレーズに自分の意識以上のものがあることってあるでしょクリエイターなら。

造り上げたものに、然り気無く人間の真理が織り混ぜてあるみたいな。

まさに神憑り的な作品。

死を知り、生を知る。

長生きしたいわぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

八時間ダイエット

最近、体重か増してきた。

明らかに運動量が減っている証拠。

雪が降らないから除雪がなーい。

こいつは食事制限が必要かぁー!

つー、訳で八時間ダイエットなるものをやることにした。

ミーハーだなぁ、俺。

これは前回の食事から八時間以上経過してから食事をするというもの。

1日の生活には睡眠時間があるので、全体的な食事回数は減ることになるというダイエット方法。

そうなると、朝の8時に食事したら次の食事は午後4時か。

そしたら、その次は深夜12時。

これ、かえって辛いな。

まずは試しにやってみよう。

暇だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

噂のフューエルワンを買ってみた。

最近、某有名バイク屋ユーチューバーが、「添加剤でハッキリ効果が確認できたのはコレだけ。」と言ったせいで、バイクやクルマのホームページを立ち上げている人達が一斉にその検証動画を紹介していった。

その添加剤がワコーズのフューエルワン。

ガソリンに混ぜる燃料添加剤です。

波怪も来年で8年目?かな。

燃料系に汚れや詰まりがあるかも知れない。

燃焼室も少しはキレイになるそうなので、使ってみます。

ネットの情報では、三回に分けて使用すると良いとか。

300cc のボトルなので波怪だと燃料タンクに入れるとなると30cc (1%以下で添加。)×3回で90 cc 。

波乙にも余裕で使えるな。

まずは波怪から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジオライン注文

雪上レースに向けてモンベルのジオライン(下着)を注文しました。

実は、昨日の夕方に雪がちらつく中を工場の冬囲いをしました。

ヒートテックの極暖を着て。

そしたら、作業で汗をかいた後に寒さが襲ってきた。

めちゃめちゃ寒い。

「これかぁ、冬山登山でヒートテックは自殺行為と言われる訳わぁ!」

自宅に帰ってすぐに風呂に入りましたよ。

なので、汗をかいても寒くないジオラインの購入です。

極地用とかいうやつを注文。

ヒートテックは普段着ですね。

雪道ツーリングもジオラインにセーターを着て、上着は防寒ライディングウェア。

いやぁ、盲点でしたわ。

寒い暑いは寿命が縮みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波乙始動。( ≧∀≦)ノ!

波乙のセルモーターがやっと回りました。

回らない原因は俺。orz

実は、フライホイールのバランス調整でフライホイール・カバーのガスケットを切ってしまい、液体パッキンで間に合わせた。

0.5 ミリのガスケットが無くなったことでセルモーターの力を伝えるギアのクリアランスが無くなってギアを固着させていたんですね。

ギアがガッチリ固着したせいでスターターギアが回せませんでした。

バッテリーも寿命だったので弱り目に祟り目です。

知り合いの自動車修理工場から0.5 ミリのガスケット用紙を購入し、急遽ガスケットを製作しました。

波怪用ガスケットはあるんですが、波乙用ガスケットは取り付けボルト間の1ヶ所だけが違う。

そこで波怪用ガスケットをベースに1ヶ所だけ変更してみました。

レース前に正月休みがあるので、それまでにトラブルが全部出しきってもらわないと困りますね。

バッテリーは新品に交換。

取り付け後に充電器で初期充電をしています。

冬場は初期充電をしないと寿命に影響するので。

練習もしたいのですが、なにせ雪が皆無なもんで。

まずは一安心、一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反対尋問

来年1月23日に秋田地方裁判所で行われる証人尋問で、被告側証人に対する反対尋問の質問を昨晩作成しました。

被告側証人が裁判所に提出した陳述書には捏造された事実を記載しています。

当然、証人尋問での証言も虚偽となるはずです。

そこで証言の偽証罪を証明する内容の質問を考えました。

まずは証人が嘘を言わなくてはならない質問(尋問)をし、その後でその証言が辻褄の合わなくなる質問を問い掛ける予定です。

偽証罪って罰金十万円取られるだけで、刑事罰はありません。

しかし、嘘の証言を見逃す訳にはいきませんから。

たっぷり冷たい汗をかかせてやりますよ。

証言台でたっぷり恥をかかせてやる。

ちなみに証人は、広報公聴課職員 岩出翔太と建設部道路課職員 讃岐祐樹の2名です。

頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

なんなんだ!

札幌は50年ぶりの大雪とか。

なのに、秋田ときたら雪がない。

素晴らしく暖冬。

さぁ、午後から工場閉めに行こう。

冬囲いだ。(今頃になって。)

どうかしてるぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超極暖

今回の冬は一段と暖かい。

超暖冬。

除雪の仕事なんて無いなーい!

バイクで走るのにも雪が無いからタイヤのスパイクピンが減っちゃうよ。

しかし、バイクに乗ってるライダーは暖かい方が快適です。

今年は、ユニクロで超極暖のヒートテックが発売されました。

えぇ、えぇ、買いましたとも。

なるべく薄着で暖かいウェアを着たいもの。

本当は何万円も出せば、もっと良いのがあるんだけども、やはりコストパフォーマンスに長けたユニクロが魅力的です。

出来れば超極暖にもロングスリーブの製品が欲しかったなぁ。

極暖にはロングスリーブがあって、これがバイクに乗った時に助かるのよ。

屋内だと暑く感じるくらいだけどね。

ヒートテックの2枚重ねなんてやってみるかな。

極暖ロングスリーブの上に超極暖着て、その上にアウトドアウェアとライディングウェア。

なんか超暖かそう。

誰かヒートテックの2枚重ねをやってる人いないかなぁ。

調べてみます。


追記。

調べてみました。

ヒートテックの重ね着はアリだそうです。

しかし、問題が。

汗をかくと乾きが悪くて下手すりゃ死ぬ場合も。

冬山登山とかですけどね。

雪道ツーリングとかで、あまり汗をかかない(運動量が少ない)場合は最高のパフォーマンスを発揮します。

大汗をかく運動後に乾きの悪さから寒さが襲ってくるとか。

冬場のスポーツにはやめとけってことですね。

冬場のスポーツにはモンベルのジオラインだそうです。

ヒートテックの1.5 倍の値段でした。

超極暖買ったばっかりなのに。orz

雪上レース用にモンベルのジオラインの購入を考えてますよ。

参ったなぁ。

追追記。

冷静に考えてみりゃ、雪上レースした後で着替えれば問題ないよね。

汗をかいてる時は暖かいが、運動量が少なくなると困るんだから。(なので、登山だと登った後の下りで地獄になるそうです。)

汗をかいてる時はレース中。

体が冷えるレース後に着替えで解決だ。

うん、ヒートテックでいくわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お早うさん。

バイオハザードのローラを見てきたよ。

んーっ、地が出る前にゾンビに殺されてた。

思ったのは、ハリウッドの役者はデカ過ぎ。

ローラがチビに見えるんだもの。

でも、美人だなとは思ったね。

喋らなければ最高の森泉よりも美人だ。

1度、森泉にメーテルと森雪のコスプレしてほしい。

俺、あの手の顔が好きなんだわ。

バイオハザード面白いねぇ。

マッドマックス怒りのデスロード以来、連続の戦闘シーンが当たり前になりました。

今回のバイオハザードは、かなりマッドマックスの影響を受けてます。

情報多すぎて頭がパニックはしませんが、理解の範囲内でストーリーが繋がってるので見ていて楽しい。

納得のいく最終回を見た思いで満足しました。

良い作品です。

俺ごときが言えることではありませんがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

進化したスパイクタイヤを作りたい。

今シーズン、波怪に履かせたリアタイヤは、新品スパイクタイヤでオフロードタイヤにスパイクピンを打ち込んだフルピンと言われる物。

最近、モトクロスタイヤにスタッドレス加工をやったりして、雪道のグリップを向上させています。

そこで考えついたのが、オフロードタイヤにスパイクピンの打ち込みとスタッドレス加工の両方を施したらどうだろうか。

広めのブロックにピンを打ち込み、その回りに軽くサイプ(切れ目)を入れてスタッドレス化。

剛性不足でスパイクピンが抜けない程度に、ピンから離してサイプを入れてやれば良い感じにならないかな。

来シーズンはそれを挑戦します。

スタッドレス・スパイクタイヤ。(略してSST 。)

ベースとなるオフロードタイヤを探さなきゃな。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに映画館で映画が見たい。

バイオハザードの新作映画が見たいです。

目的はローラの演技力が凄いらしいから。

俺、思うんだけどローラって普段からローラを演じてる気がするんだよね。

常にローラというキャラクターを演じてる。

それも演技力が高過ぎて自分でもどれが本当の自分が分からないくらいに。

それを確かめるには、バイオハザードでの演技力を見たら分かる。

人間って映画に出ても地は隠せない。

普段と全く別人になれるには普段も演技してなきゃ。

よく、演奏家やスポーツ選手が普段と顔つきが変わるのは集中力のせい。

その集中してる姿と普段のギャップが別人に思える。

しかし、演技力で普段と180度真逆のキャラクターになりきるとなると話は別です。

これはガラスの仮面の世界ですよ。

普段テレビで見せてくれるローラ。

映画で女戦闘員を演じるローラ。

もしも、それが使い分けられるのなら、普段のローラも演技です。

彼女はもしかしたら、イチローに続く日本からきた伝説の人になるかも知れない。

怪物女優として。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火事

年末なのに火事で家や店舗、仕事場を失う人がいると思うと気の毒でならない。

正月を安心して過ごせないのは辛いよね。

新潟県糸魚川市の大火事は、近年希に見る火事による災害だ。

消火栓や消防車が充実した現代でもあれだけの火事になるんだから、木造建築が主流だった昭和ならもっと酷いことになっていただろう。

人は安心したい生き物であり、安心を得るために努力する。

お金を稼ぎたい。→生活力に安心が持てる。

家族がほしい。→単独での生活に不安を持ちたくない。

家がほしい。→自分を居場所を確保したい。

安心とは、平穏ではない。

安心とは、ゆとり(余裕)だ。

それを失う怖さ。

想像以上に厳しいと思う。

俺が、そんな立場になったら、あの名台詞を必ず言うだろう。

「同情するなら金をくれ!」

あれこそ真実の心の叫びだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水抜き剤

真冬に走るキャブレターのバイクには欠かせない水抜き剤。
 
アイシングによるキャブレター内部の凍結防止には欠かせないものだ。
 
最近、インジェクションでも本当は必要なんじゃないかと思う場面に出会う。
 
ガソリンが残りちょっとって時にPGM-Fiの警告ランプが点灯するんだよね。
 
走りは変わらんのだが、何分にも気持ち悪い。
 
そこで今シーズンから水抜き剤をちょくちょく使っていこうと思っている。
 
水抜き剤の効果を実証した動画を見つけたので紹介します。
 
 
どうやら水抜き剤って水もとりあえず燃える様にする薬剤みたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

だったら、何で書いたの?

県庁との裁判で、被告代理人の湊弁護士は捏造した情報公開システムを準備書面に記載して裁判所に提出した。

そのシステムは、県庁に情報公開請求する場合に担当職員が請求理由を請求者から聞き取りをし、その請求理由を請求された部署に説明する。

そして、その説明により担当部署は請求された文書を特定するとか。

しかし、俺が情報公開請求する際に担当した職員に聞いたら、「請求理由も聞いてないし、請求理由を請求される部署に話した覚えもない。」と答えた。

その時の映像をDVD にして、証拠として裁判所に提出。

そしたら、湊弁護士は慌てて、「請求理由を聞いて判断したとか言ってない。」と否定した。

だったら、何で書いたの?

そういうシステムがあるのに、担当職員は何で請求理由を聞かずに、その請求理由を伝えないのか。

だって嘘だもん。

全部デタラメ。

いつものことです。

昔は弁護士なんて偉い先生とか思ってたが、実際に相手してみたら、嘘八百の物書きだと分かったよ。

息するみたいに嘘を吐き、それを真実の様に文書化する。

国認定の詐欺師。

糞が。


追記。

裁判の証人尋問で使いたい言葉をメモするのが面倒で、ブログに書いてます。

同じ様な内容を何度か書くのはその為です。

すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色い救急車の伝説

黄色い救急車とは?

頭がおかしいくなった人を収容する病院からやってくる、頭のおかしい人回収部隊。

都市伝説の1つに数えられているが、都市伝説でもなんでもない。

本当にあるから。

俺が若い頃に近所に頭のおかしい男がいた。

その男は体が大柄で力も強かった。

そいつの親が、農家の仕事を手伝わせる為に病院から男を無理矢理退院させる。

退院して数日が経ち、嫁に行ってた妹家族が久しぶりに実家に遊びにきた。

幸せに満ち溢れる妹家族を見て、その日の晩に男がブチ切れて親、妹家族を道連れに死のうとしたらしい。

男の殺意を感じた妹旦那が警察に通報しようとすると、それを親は止め、あるところに電話をする。

すると、ワンボックスカーに乗った男達数人がやって来て、暴れる男の首もとに棒みたいな長いスタンガンを当てて気絶させて、さっさと男を回収していった。

この当時、スタンガンは国内では一般的に流通しておらず、病院関係者が独自に輸入していたのかも知れない。

それ以降、その男の姿を見た者はいない。

ちょっと切ない話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

また波乙エンジン始動せず。

波乙のバッテリーが怪しいなぁと思ってたら、やっぱり終わってた(寿命)。

寒くなってから何度が充電してみたが、すぐに上がっちゃう。

そこでバイク屋さんに相談。

バイク屋の言うことにゃ、「年末だからネット通販の方が安くて早い。」そうです。

波乙のバッテリー『YTZ 4V 』をネットで注文。

なんかトラブルが続くなぁ。

雪上レース当日に、「エンジン掛からない!」だけは勘弁してくれ。

時間と金と手間はしこたま掛かってるんだから。

モトクロッサーとタメに走るカブだぞ。

しかも、重さはモトクロッサーの250 cc よりも重く、パワーは85 ccの半分で。

俺の魔改造がなければ不可能だよ。

常識はずれが俺の生きる道です。

ちなみに常識なんか当てにならんから。

常識に本物ってあんまり無いんだよね。

本物とは?

欠点が全く無く、利点だけが存在する状態。

欠点の無い常識なんて数えるほどですよ。

本物でないものは、いずれ時が来れば変わるんです。

時代に左右されない。

それが本当の常識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来だなぁ。

とうとう日本でもモヒカンの強盗がハンマーで襲ってくる時代になった。

自衛手段も考える世の中になってきたのか?

まぁね、年末近いから強盗、泥棒が増えるのは毎年のことです。

人間は安心したい。

お金が手元にあればひとまず安心できる。

はした金でも。

被害額が僅か数千円の強盗殺人もあるんだから。

気を付けていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖カブ・ミーティング2017

真冬の田沢湖原付きツーリングからだと10 年以上(元々、地元のバイク屋さんのイベントでした。)、俺が引き継いで7年、そして、カブ・ミーティングになって4回目となる田沢湖ツーリング。

今シーズンの田沢湖カブ・ミーティング(雪道安全運転講習会 )は、来年1月29日(日)に開催します。

集合場所はいつもの辰子像前の土産物屋駐車場です。

集合時間は午前10時。

タイヤはスタッドレスタイヤやスノーチェーンでもok ですが、スパイクタイヤ推奨です。

キャブ車のカブは、必ずガソリンに水抜剤を添加してください。(アイシングによるキャブレター凍結防止。)

カブなら雪道なんて怖くない。

一年中、同じく走れる。

強い、強すぎるだろカブ!

つー、訳で今シーズンも宜しくお願いします。( `・ω・´)ノ ヨロシクー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

2個1セルモーター

波乙のセルモーターを直したら、今度は波怪のセルモーターがダメになった。

波乙のセルモーターはモーターの歯車がダメ。

波怪のセルモーターはセルモーター本体がダメ。

そこで、2個1にしてセルモーターを復活させようと思う。

まぁ、ちゃんと動くかはやってみないと分かりませんけどね。

波乙はセルモーターじゃないとエンジンが掛かりません。

波怪はキックでもちゃんと掛かる。

波乙のキックは何が悪いのかなぁ。

ちゃんとクランキングはしてるみたいだけど。

不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の神様は血縁を好む。

神事を行う場所には、そこに祀られてる神様が居て、その神様を祀る一族がいる。

自分達が祀る神様に先祖代々仕えている訳です。

神社の宮司さんは、お祓いなんかをしますが、けして霊能力がある訳ではないらしい。

祀る神様に御願いするだけで、神様が困ってる人を救う。

但し、神様に御願いをする人は先祖代々祀ってる人の血族でなくてはならない。

後継ぎが女性なら婿をもらい、その子供に男子が生まれれば安泰。

なんで血族でなければならないのか?

これも信頼関係だと思うよ。

先祖代々仕えることで、自分の存在を第一に考える人間がいたら、御願いも聞いてやりたくなるじゃん。

日本には、恐ろしい魔物も大事に祀れば、その地域を護る神様になると考えられている。

なので、よそ者には悪いことが起こるから近づくなって神社もある。

地元で怖がられてる石碑で、普段は立ち入り禁止にされていてもお供え物を供える人がいたりする。

神様には最大限の敬意を持つことは良いことだ。

その敬意を積み重ねてきた血族を神様は好むのだ。

つまり、霊能力と神社のお祓いはまた別物ってことです。

しかも、霊能力がある人を神社ではよく思わないとか。

色々あるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同調

貴重な真冬の晴れ模様なので、工場で仕事してます。

真冬の作業はキツいですが、何とかやってますよ。

今日の仕事は早めに終わりました。

日が暮れない内にやりたいことがあったので。

俺と波怪エンジンブレーキの同調です。

ライダー(運転手)である俺の感覚と波怪のエンジンブレーキを合わせようってことです。

そんな訳で、いつものフライホイールのバランス調整。

今回のセッティングは銅ワッシャーを3枚、3枚、3枚、1枚にしました。

使っている銅ワッシャーの枚数は前回と同じです。(前回のセッティングは、3枚、3枚、2枚、2枚。)

セッティング後にテスト走行。

俺の求めてるエンジンブレーキの利きになりました。

何も気を使わずに減速が出来ます。

あまりに良い感じなので、波乙の方も同様の仕様にセッティングしました。

アクセルを戻すだけで自然な感じで減速し、ブレーキを利かせる際には過不足がない。

まさにベストセッティングですね。

今シーズンはもうフライホイールのセッティングはやりません。

この仕様でいきます。

この先、ずっとこのままの可能性もありますね。

良い感じのセッティングに大満足です。d(゚∀゚)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

ちょっと気になる。

波怪にはスズリンの強化クラッチスプリング(ノーマル比130 %)が入ってる。

扱い易くて良いのだが、アクセル全開で4速に入れる時に、「ニュル。」って感じで1秒だけ滑るんだよね。

そこで、タケガワのクラッチカラー(クラッチ強化用パーツ)を組もうかな思ってます。

ノーマルクラッチスプリングだと、このカラーを使っても波怪のパワーだと滑るだよね。

ズルズルズルーって。

スズリンのスプリングにタケガワのカラーを組み合わせればイケるかも。

作業は暇見てやります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィードバック機能って凄い

平社員さん、コメントありがとうございます。

楽しんでますよう。

爺になってもバイクが上手くなるのは面白いですから。

若い頃は、バイクスタント的な技が出来る方がカッコいいと思ってましたが、今はただ走るのが上手いだけで十分だと思ってます。

心境の変化か、年齢によるものかは分かりませんがね。


天気が良いんで、ツーリングとはならず仕事しました。

久しぶりに朝から夕方まで。

工場まで波怪で行くと、

「ん、エンジンブレーキが昨日よりも利く?」

どうやら、土日に波怪を走らせたらPGM-F i のフィードバック機能でセッティングが変わったみたい。(最高速も120キロオーバーだし。)

もう少し利いても良いかなと思いましたが、しばらくこれで走ります。

なんか、とっても乗り易いんで。

波乙の方は試しにエンジンブレーキをもっと利く仕様にします。

その方が楽なので。

問題は雪が降らない暖冬ってことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

再検討

毎年、中学時代の同級生とやるプチ同窓会には、バイクで行くことにしてます。

まだまだ元気なところを見せて、「俺達はまだやれる。」って気持ちさせる為です。

昨年はダカール、その前の年、またその前の年、そして今年は波怪で行きました。

スパイクタイヤのおかげです。

昨晩走ってみて、もう少しエンジンブレーキが利いたらいいなぁと思いましたよ。

そこで、フライホイールに取り付けたウェイト(銅ワッシャー)の組合せを変えてみようと思います。

詳しくは教えられませんが、昨日の組合せは、銅ワッシャーが3枚、3枚、2枚、2枚の順でした。

これを3枚、3枚、3枚、1枚にしてみようと思います。

波怪で具合が良ければ波乙も同様に変更です。

ベストセッティングが出せたら幸せですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生を面白くするのはイベントですね。

毎年行うイベント。

これは絶対やろうと思うことで生活に張り合いが持てます。

地方行事だったり、個人的なことだったり、趣味仲間との決め事だったり。

目標を定めて、それに向かって頑張るのは良いことです。

先月、女子高生から、「最近、やる気が出ないんですよねぇ。」と打ち明けられた。

この女子高生は秋田県の空手の選手で、今の自分に疑問を持ってる。

そこで、「まぁ、おっさんの言うことだから当てになるかは別として、サボっても良いから続ける事が武道は大事だと思うよ。」とアドバイスしました。

「武道はね、始めたら一生やるものと思わないとダメだよ。途中でやめるとろくなことにならない。これは本当だから。」

空手を中途半端にやめて、ただの暴れん坊になった俺が言うんだから間違いない。

俺が言うと安い言葉になるかも知れんが、『継続は力なり。』ですよ。

続けるためにイベント(試合)に参加する目標を作る。

最低限これはやると自分で決める。

そう決めることで続けられるんです。

苦労を楽しめ。

頑張んな女子高生。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サタデーナイト

昨日は毎年やってるプチ同窓会。

仲の良い中学時代の同級生の野郎6人で忘年会。

一次会の居酒屋、二次会のスナック。

腹一杯食って飲んで、馬鹿話で盛り上がりました。(スナックで食べたお店のママの誕生日ケーキ美味かったなぁ。)

プチ同窓会は蕎麦屋で〆。

盛りそば2皿を食べてました。

その後で知り合いのバイク仲間の店に一年ぶりに行きましたよ。

そしたら、後からきた女性が、このブログのファンでした。

ブログを見たら茶髪のDQN オヤジを想像していたらしく、「こんなに物事を論理的で丁寧に分析する人だなんて思いもしなかった。」だそうです。orz

なんか、相当俺の話が面白かったみたいで朝4時までバイクの話をしてましたよ。

「明日、今日教わったことを必ずメモします。」

その女性は、そう言ってバイク練習に励むそうです。

練習してください。

バイクは、天才が3年やそこらでできることを凡人は一生掛かってやるのが良い。

大事なのは結果じゃなく、過程です。

素人の僻みに聞こえるかも知れませんが。

最後の店を出る前にラーメンをご馳走になりました。

美味かったなぁ。

久しぶりの食欲全開。

最高ですね!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

モトクロス練習後

今日も昼から雪上モトクロス練習。

タイヤが少しマシになっただけ推進力が違います。

ただ、アクセル全開にできるのが、バランスを取りながら走れる僅か数秒間だけに辛い。(ぐにゃぐにゃ曲がった轍にハンドルを取られるので。)

シーズン始めの雪質はべちゃっとしてて抵抗があるだけに、真っ直ぐ走るのも精一杯の状態です。

雨天時のモトクロスと同じですね。

泥だらけになるか、雪まみれになるかの違いだけです。

非常に難しい。

雨天時の走りは、ハンドルに覆い被らさない様に、意識的に胸を張って走らなければなりません。

この姿勢の維持も結構キツいです。

でも、安定します。

ステップになるべく両足を載せて走らないとマシンも安定しません。

ですが、ステップに載せたままだとバランスが崩れた時のリカバリーができない。

なので、バランスが崩れてマシンが倒れた方の足をチョンと着いては、すぐにステップに載せて、また倒れたら倒れた方の足をチョンと着いて、また載せるの繰り返し。

忙しいたらありゃしない。\(~ロ\)(/ロ~)/

コーナーはアクセル全開で回らないとストレートで失速します。

視線は遠くで次のコーナーが理想的。

とにかくマシンを直立させて左右のバランスを取りながらアクセルを開けないと真っ直ぐ走れない。

今日は40分走って、体が言うこと聞かなくなったので練習終了。

これ以上は、怪我の元と判断しました。

練習後に、波乙、波怪のフライホイールのウェイトを変更しました。

トルク感を減らしてエンジンブレーキを利かせる仕様です。

銅ワッシャーを2枚外して、ウェイト10 枚にしました。

波乙でウェイトを外す前と外した後で自宅テストコースを試走。

トルクが減った分、トラクションは明らかに落ちました。

しかし、エンジン回転が軽くエンジンブレーキも利いてスムーズに走れます。

悪くないですが、欲を言うと変更前と変更後の中間くらいが良いですね。

しかし、この仕様で1度練習してみないと何とも言えません。

走り易さを取るか、トラクションを取るか、はたまた両方を取るか。

両方を取ると中途半端になる可能性もあります。

やっぱり長時間走らせてみないことには分かりませんね。

頑張ります!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

風強い

平社員さん、コメントありがとうございます。

あれってガス欠なんですかね。

まぁ、若い頃とは随分違ってきてますね。

ああ、妖怪爺って呼ばれてぇ。


波怪でちょこっと走った。

風強くて流されそうだが、そんな時は風上側の足を下ろして走ると安心です。

これ、追い風ならメチャクチャスピード出そうだな。

走って分かったのは、エンジンブレーキが弱過ぎること。

フライホイールのウェイトのバランスを変更しよう。

今度はウェイト銅ワッシャー12枚から10枚に減らして様子見です。(上手くいったら波乙も同じ仕様に変更。)

昼から波乙でモトクロス練習。

上手く走るか心配です。

スタッドレス加工のモトクロスタイヤの実力は如何に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

ちょこっと練習

波乙をモトクロスタイヤに交換する前に、もう一回スタッドレスタイヤで練習。

昨日より進まない。

根性で5周回りましたが、あんまり意味のない練習でしたね。

しかし、このままではダメだということはハッキリ分かりました。

夕方にスタッドレス加工したモトクロスタイヤに交換。

とはいえ、まだリアホイールに組んだだけです。(明日、スポークを張ってから車体に装着。)

ついでに、オーバークールの症状が出ていたのでビックフィンキットを外しました。

今シーズンは波怪もビックフィンキットを外して走ります。

その代わり、防風板を一切使いません。

インジェクションはアイシングの心配がなく、キャブ車みたいにトラブルが皆無ですから。

パワーアップで普段の熱量が多い分、真冬なら防風板無しでビックフィンもいらないだろうと判断しました。

真冬でも、速度の乗らない登りの坂道は熱ダレが起こります。

なので、尚更防風板はいらない。

まぁ、トラブルが発生したら、その時に対策法を、考えるってことで。

明日はモトクロスタイヤで練習します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3倍サイプ

昨晩、波乙に装着するカブ用モトクロスタイヤをスタッドレス加工したが、朝方に本物のスタッドレスタイヤと比較してみた。
 
サイプ(切れ目)の数が全然足りない。orz
 
急遽、サイプの数を3倍に増やしました。
 
Photo
細いカッターナイフで切れ目を入れたので切り口がピタッと閉じてますが、何回か走行したら、ハッキリと切れ目が分かる様になると思います。
 
結構、力仕事なんで手にマメができて破けましたよ。
 
まだ両手の指が痺れてます。
 
さて、走りの方はどう変わりますかね。
 
ちなみにフロントタイヤはスタッドレスタイヤのままです。
 
経験上、接地面積が広い四角い形状のスタッドレスタイヤの方が雪道ではコントロールし易いです。
 
勢いがついてくるとソリみたいに雪面を浮こうとするんだよね。
 
そうすると抵抗が減って速度が乗りやすい。
 
なので、フロントはスタッドレスタイヤで、リアがスタッドレス加工を施したモトクロスタイヤということで。
 
波怪はフロントが市販スパイクタイヤのピン増しで、リアがカブ用オフロードタイヤのフルピン仕様スパイクタイヤ。
 
やはり、フロントは四角いタイヤです。
 
参考までに。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体がオーバーヒート

昨日の練習疲れで早く寝たんだが、疲れが抜けず朝になかなか起きれなかった。

しかも、脱水症状を起こして喉が異常に乾くのに起きれない。

このままじゃ、どうにかなってしまうと危機感を感じて頑張って起きて、冷蔵庫の冷やした水を飲む。

飲んだ瞬間に体に水分が行き渡るのが分かり、途端に全身から汗が吹き出す。

体が冷えてきたな思ったら、次に寒気が襲ってきたよ。

これじゃあダメだと、横になって休んでます。

どうにか平常に戻ってきました。

こんなに酷い脱水症状は生まれて初めてです。

寝る前にアルコールを飲んで脱水症状が起きるのは知ってますが、俺が昨晩飲んだのはノンアルコールビールです。

アルコールが入ってないのにも係わらず脱水症状になるってヤバくないですか?

ロートルになってきた証拠ですね。

頭を切り換えて注意しないと。

若い頃は体力はあるが、テクニックがない。

ベテランになると、体力はないが、テクニックはある。

上手く行かないもんです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

スタッドレス加工

Photo_2
ティムソン(中国製)のカブ用モトクロスタイヤを雪上レースに向けてスタッドレス加工しました。
 
なんてことありません。
 
カッターで小さなブロックにサイプ(切れ目)を入れただけです。
 
ブロックが小さい分、ブロックの真ん中からカット。
 
この加工をやらないよりは確実に効果はあるそうですが、問題は本家スタッドレスタイヤ よりも雪道の推進力が高いかですね。
 
圧雪だとスタッドレスタイヤの方が良さそうです。
 
レース当日のコース条件次第かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドーパミン全開!

Photo
波乙のセルモーターを交換。
 
取り外したセルモーターはギアの歯がキレイに削れてました。
 
自分とこのモトクロスコースで新雪の上を30分走行し、その後でパワーショベルでコースを転圧してから再度走行。
 
雪がちょっと深いと走行に難があるスタッドレスタイヤ 。
 
この場合、モトクロスタイヤにサイプ(切れ目)を入れた方が進めるのかな?
 
一本、それ用のモトクロスタイヤを作ってみたいですね。
 
モトクロス走行で楽しんだ後、波怪に乗り換えて晩飯を食べに行きました。
 
重いフライホイールが大変に具合が良くて走り易い。
 
リアホイールに履いた新品フルピンのスパイクタイヤが凄くて、全然滑りませんね。
 
速く走れて当たり前の世界です。
 
ドーパミン全開で王様気分でしたよ。
 
楽しい一日です。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

俺ん中で一番。

俺ん中で一番格好いいマイケル・ジャクソンは、ジャクソンズ時代の、「off the waii 」って曲を歌ってたマイケル・ジャクソン。

俺が中学生だった頃だ。

当時、マイケル・ジャクソンがスズキのラブってスクーターのCM に出演してて、この曲が流れる中でナイキの赤いディスコシューズを履いて踊ってた。

まだ、整形は団子鼻を直しただけだったな。

腰の位置がメチャクチャ高くてビックリしたっけ。(短足な俺には尚更驚き。)

数日前に、当時の映像の動画を見つけてリピートして何度も見てますよ。

やっぱり俺ん中では最高に格好いい。

サビの部分が空耳で、「そうじゃない!」って聞こえるのが印象的です。

懐メロですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本はモナコになるべきだ。

日本でカジノをやるなら一つ注文がある。

モナコ公国みたいに、自国の人間がカジノでのギャンブルを禁止にしてくれ。

俺は日本人が大金を擦っちまって自殺する姿を見たくない。

カジノはその華やかさから興奮の度合いが半端ない。

気が付いたら全財産を無くす奴も出てくる。

海外のカジノでは、よくある話らしいから。

ギャンブルでの収益は日本人からじゃなく、外国人から得てください。

モナコ公国も日本と同じで治安の良い国。

真似するなら、モナコ公国を参考にしてください。

やるならそれが無難です。

モナコ公国のカジノは国営ですから。

公営ギャンブルでカジノをやるならモデルはモナコが妥当です。

まぁね、政治家が自分でやりたいからじゃないの?

破産すりゃいいのに。

バカが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オスプレイの不時着事故について

米軍のオスプレイが不時着っつーか、墜落だな。

墜落事故が多いことが前々から指摘されていたオスプレイ。

いくら日本政府が、「危なくありません。」と説明しても実際に落ちてるんじゃ仕方がない。

この事態を解決する方法は一つだけ。

日本人が米軍の作ったものに手直しをしようとすると波が立つ。

そこでだ、オスプレイを1機もらってコピーじゃなく、徹底的に分析して日本製のオスプレイを作れば良い。

欠点や高い運転技術の必要な点を改善して、簡単な操作でちゃんと飛ぶオスプレイを作ってやれ。

そしたら本家の米軍が、「どうしたらそんなに凄くなっちゃうの?」って日本の技術を導入しようとするから。

これは今に始まったことじゃない。

日本の技術は、藍を青に変える力。

やがて、日本製の技術が投入された米軍オスプレイの墜落事故が減る。

これぞクールジャパンだろ。

最後は日本製。

我が国の科学技術は世界一イイイイイイイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

波怪準備完了

スズキのムニエル美味かったぁ。

波怪にスパイクタイヤを履かせた鉄リアホイールを装着。

ドライブスプロケットも13Tに変更。(1T落とし。)

チョコレート色に塗られたリアホイールが良いですね。

ギア比の変更とスパイクタイヤの抵抗でインジェクションのセッティングが合うまで100キロほど走る必要があります。

1日走ったら調子が良くなるんだけど、最近出不精だからなぁ。

波乙のセルモーターは明後日交換予定。

練習しなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やる気ねぇ。

家でボーっとしてます。

昨晩に作ったハマチのカルパッチョの味を思い出して反芻してます。

今日のブランチは簡単なバターライスで済ませました。

今夜はスズキのムニエルを作ります。

実は、知り合いの漁師さんが、鰰漁で網を海に仕掛けたのはいいが、鰰のいる海の層よりも深いところに仕掛けて肝心の鰰が捕れずに他の魚が捕れたとか。

その外道扱いにされた魚をもらって食べてます。

ここ数日、県庁との裁判を振り返り思ったことがあります。

役人と話す時は必ずICレコーダーが必要不可欠だなと。

奴らは嘘しか言いません。

こちらが言わないことも言ったと言います。

役人と弁護士は嘘をつくのが仕事なんだなと。

裁判で複数の県庁職員の偽りや捏造を嘘だと証明するのには物凄いエネルギーが必要です。

根性が要ります。

大変な作業です。

魂が削られます。

でも頑張ります!

それしかありません!

執念だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

矛盾見っけ。

自分が裁判所に提出した反論文(準備書面)を見直していたら、被告の決定的な主張の矛盾を見つけた。

被告の主張はこうだ。

「原告(俺)は、保険会社と直接交渉するために保険会社の担当者を特定しようとした。」

「原告の情報公開請求は、本件事故の過失割合を決定及び調査をした保険会社名と担当者名とある。」

「この請求により、保険会社名については被告と保険会社の損害賠償特約書(契約書)て開示して、担当者名については過失割合を決定した保険会社の社員と特定できる文書は存在しないので非公開とした。」

「ちなみに見解書(保険会社の過失割合の見解を書いた文書)に署名捺印してある人物は、保険会社の連絡員であり、過失割合を決定した社員とは違う。」

「だから、見解書は原告が請求した文書ではない。」

俺は、「ん?」と思った。

つまり、被告は、「過失割合を決定した保険会社。」と「過失割合を決定した担当者。」がそれぞれ書かれている文書を探したことになる。

通常、損害賠償保険で被害者が保険会社に交渉をしようとした場合、加害者と接触した保険会社の社員に話を持ち掛けないか。

俺がもし本当に保険会社と直接交渉をしようする時には、示談交渉のために被告と接触した連絡員に話を持ち掛ける。

そしたら、見解書には連絡員が書かれているのだから、見解書を開示されるべきだ。

過失割合を決定した社員は、見解は出すが示談交渉には別の担当者がいるかも知れないのだから、「交渉は別の人がする。」と言われればそれまで。

見解を出す人、被害者と交渉する人が必ずしも同じとか限らないのである。

俺は次の裁判で被告に質問するよ。

「通常、保険会社と交渉しようとする場合、加害者と接触した保険会社社員に連絡を取ろうとするものだが、どうしてそれが連絡員はダメだと判断したのですか? 過失割合を決めた社員でなければ交渉はできないとする理由を教えてください。」

「なぜ、原告の請求を過失割合を決定及び調査した保険会社名と示談交渉において被告と接触した担当者(連絡員)と判断しなかったんですか?」

答えなんかある訳ないよ。

自分の都合で勝手なこと言ってるだけだもの。

言えるもんなら言ってみろ!

今日の夕方に、この矛盾のことについて書いた準備書面の訂正版を裁判所に提出しました。

フーッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

証人尋問が楽しみです。

今やってる裁判で、被告が嘘の情報公開システムを書面で裁判所に提出しました。

請求者の請求理由を担当職員が聞き、請求される部署に教えることになっているとの捏造した内容です。

実際は、請求者が申請書に請求内容を書いて、担当職員が請求される部署に提出するだけ。

後日に、俺が担当職員から「請求理由も聞いてないし、請求がされた部署に話したこともない。そんな事実はない。」とした言質(証言)を取り、その映像のDVD と反訳文を証拠にして反論文を提出しました。


そしたら、口頭弁論で被告代理人の湊弁護士が、「請求理由を聞いて(請求された文書を)判断したとは言ってない。」と慌てて裁判長に訂正しました。

そして、今度は担当した被告職員に陳述書を書かせ、「保険会社と直接交渉したい。」との経緯を俺が話したとする捏造した事実を記載した文書を作成し、裁判所に提出しました。

これは経緯でも何でもなく、「聞いていない。」と証言した請求理由そのものです。

理由とは、その様になった訳であり、経緯は、いきさつです。

「保険会社と直接交渉したい。」は、その様になった訳であって、明らかにいきさつなどではありません。

被告の詭弁でしかない。

まぁ、本当の請求理由は、示談交渉時にされた被告の説明の真偽を確かめるためでしたけどね。

裁判では嘘の証言をすると罰せられます。

もしも、仮に被告が提出した情報公開システムが本当なら、この担当職員は平然と職務怠慢をする人物となり、その様な人物の書いた陳述書や証言に信頼性はないと主張してやりますよ。

そして、俺は反対尋問で嘘の陳述書を書いた2名の被告証人に対して、俺が本当に言ったのかと質問します。

言ったと証言したら、それは虚偽の証言です。

俺は辻褄の合わない被告の証言を指摘して、その虚偽を証明しますよ。

そのための質問を用意しています。

針の蓆(むしろ)を準備してね。

やられたら、やり返す。

これは絶対事項だ。

このブログを見てるんだろ湊弁護士。

楽しみに待ってろ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

セルモーターが原因っぽい。

平社員さん、CZ- i110乗りさん、コメントありがとうございます。

平社員さん、流石にバットを縦に振ってホームランは悪球打ちの男岩木だけですよ。

CZ- i 110 乗りさん、オカルトって意外に身近なものですよね。

零感(霊感ゼロ)な人でも感じるくらいヤバい場所が男鹿半島には結構あります。

富士の樹海ほどではありませんが。

古い屋敷だと先祖の霊ってパターンが多いですが、引っ越してきた家だと怖い思いをする場合もありますね。

俺は古いアパートが怖いです。


波乙のセルモーターを回すと派手な音がするにもかかわらずクランキングが弱い感じがする。

クランキングが弱いと点火火花も小さく少なくなるのは当たり前。

セルモーターの限界がきてるのかも。

波怪からセルモーター借りてみるかな。

パワーを求めて高圧縮仕様で今までやってきたから、いつ寿命になっても何ら不思議じゃない。

注文しなきゃなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波乙始動せず。

波乙の調子がおかしい。

エンジンがなかなか始動せずにバッテリーあがり。

一晩バッテリーを充電したが始動せず。

またバッテリーあがり。

スパークプラグかなと思い、スパークプラグを外してセルモーターを回すと途中で点火が止まる。

なんで?

訳分からん!

しょうがないので波怪のリアホイールにスパイクタイヤを組んでます。

参ったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年半に亘る争いで知ったこと。

県庁が管理する道路での工事の不手際から俺が怪我をして、その責任を争って早2年半。

県庁との闘いで俺が知ったのは行政と司法の闇でした。

工事の責任を問う裁判は上告までしましたが棄却敗訴。

仙台高等裁判所から棄却判決の通知だけがいきなり送られて終わり。(日本の裁判は三審制なので、スタートが簡易裁判所だと高等裁判所で終わり。)

秋田県の裁判所では、県庁の管理する道路での工事の不備により発生した事故は、裁判で全て訴えを棄却されています。

そういう慣例が存在することを裁判長が和解勧告の際に説明してくれました。

「被告(県庁)が和解案(工事で事故は起こすなの命令書発令。)を受け入れたら、次回(俺の裁判から後)の裁判から判決が出せる様になる。あなた(俺)には、その足掛かりになってほしい。」

しかし、県庁は2ヶ月に亘って裁判長が熱心に説得するも和解案を蹴った。(基本的に和解勧告は裁判長が何らかの理由で判決を出したくない時に行われます。)

その結果、棄却。

上告しても棄却。

県庁の不法行為も検察庁に告訴しました。

秋田地方検察庁では、行政の活動で多少の嘘や捏造は問題ないという判断でした。

検事からの回答は録音されることを警戒し、身体検査されましたよ。

検察庁が出した不起訴処分を不服として、秋田地方裁判所に付審判請求して捜査のやり直しを申請しましたが、捜査をする弁護士(裁判所選出)からは何も聞かれずに、「不起訴は妥当でした。」との通知が裁判所から届きました。

秋田県検察審査会にも異議申し立てを申請しましたが、裁判所と同様に、「不起訴妥当。」と通知だけが届きました。

付審判請求で公務員の不法行為が、「不起訴処分が妥当。」もしくは、「問題ない。」とされるケースが多すぎて設立されたのが検察審査会。

それでも、実際上改善はされていません。

何故か?

裁判所(刑事部)と検察庁はバディ(相棒)の関係。

検察庁の判断を裁判所は丸飲みです。

検察審査会は検察庁組織の機関。

11人の一般人を無作為に選出し、その第3者達に不起訴処分は妥当であったかを判断させます。

表向きは。

内情は、100名ほど無作為に選出し、その中から11 人を検察庁が選びます。

選出基準は未公表です。

不起訴処分が妥当ではなかったとして起訴されるパーセンテージは、付審判請求が10000分の1(0.01%)、検察審査会が1000分の1(0.1%)です。

しかも、公務員の暴力や性犯罪、金銭の横領がやっと認められるだけで嘘や捏造などの行為は犯罪とは認められません。

裁判所に民事で県庁の不法行為に対する損害賠償請求訴訟を起こしましたが、完全無欠な証拠が揃わない限り行政側の勝訴になります。

つまり、不法行為など無かったことになります。

示談交渉時の映像の3本内、県庁と保険会社の嘘の取り決めを説明され、捏造した判例で示談を強要している映像をバックアップせずにいたら、スマホを壊した際にそのシーンを撮影した1本を消失させてしまい、裁判で証拠として提出できませんでした。

裁判所からは、「その様な不法行為の事実は無かった。」と棄却判決。

こちらは肝心の不法行為を撮影した映像を消失させてしまった以上、訴訟の請求理由である不法行為の立件は不可能と判断して控訴は諦めました。

そして、今やってる裁判が、県庁の示談交渉時の説明の真偽を確かめるために情報公開請求しましたが、県庁は請求された文書を所有しながら、「存在しない。」として非公開にしたことに対する損害賠償請求訴訟です。

請求した文書は後から出てきました。

こちらは完璧かは分かりませんが、県庁の不法行為を証明する数々の証拠を裁判所に提出しました。

しかも、裁判長は工事の責任を問う裁判で和解勧告を蹴られた裁判官です。

正直な話、これだけの証拠が揃って、裁判長が県庁を快く思ってなくても勝てるか分からないのが行政訴訟。

裁判長の性根次第で簡単にどうにでもなる。

行政側に有利な判決を出した方が無難な裁判官生活を送れるのは間違いない。

裁判官も役人です。

行政訴訟をした複数の原告に行政訴訟について質問したら、全員が、「どんなに証拠が揃っても理不尽な判決が出された。」と言っていました。

そして、「行政訴訟で勝ったケースは、裁判官の気まぐれなのかも知れない。」と。

つまり、行政訴訟において勝訴するには裁判官の、「公平な裁判をする。」という強い意思が不可欠ということです。

この2年半は、ベテラン弁護士が俺に言った、「行政相手に裁判して勝てるわけない!」の意味がよく分かった年月でしたよ。

ベストは尽くしました。

それでもどうなるか分かりません。

まだまだ頑張ります!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

明日は練習しよう。

明日は雪の予報。

波乙で雪のモトクロスコースを走って練習します。

来年1月8日の登別の雪上レースはジャンプが結構あるコース。

モトクロスコースを走るのが一番練習になる。

1ヶ月ぶりの練習だから無理せず頑張ります。

ナメナメ走行で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリーあがり

波乙のアイドル・エア・コントロールバルブを交換して、エンジンを始動しようとしたらセルモーターが回らない。

波乙はキックも付いてるが、ボアアップして以来、キックで掛かったことがない。

仕方ないのでバッテリー充電します。

波怪のリアホイールもリム交換が終わりました。

明日、仕事がなければスパイクタイヤを組んで装着ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔の味に戻ってた。(о´∀`о)

今から30年前にロッテリアでリブサンドポークを食べたら、「世の中にこんな美味いもんがあるんだ。」と驚いた。

それから数年後にリブサンドポークが販売終了に。

またそれから数年後にリブサンドポーク復活。

しかし、スパイシーな味に拘り過ぎて、以前のジューシーさと甘味がない別物になってた。

今日の夕方に何となく、ロッテリアに行ってリブサンドポークを注文。

自宅で食べてみたら、昔の味に戻ってた。

「ああ、懐かしい味だ。」

生きてて良かった。

また食べたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

バットを横に振ってみた。

今日、嬉しいことがありました。
 
雨ん中、クルマの運転が楽しくて、気が付いたら目的地を通り越してた。
 
Uターンして戻る途中にバッティングセンターがあって、生まれてこのかたバットを殆ど縦にしか振ったことのない俺がバッティングセンターに行っちゃいましたよ。
 
30年ぶりのバッティングセンターです。
 
20歳の頃に少しだけ付き合ってた女性がバッティングセンター好きで、バンバン速い球をいとも簡単に打ち返す人でした。
 
その人の誘いで一回だけバッティングセンターに行ったことがあっただけ。
 
店主にプレイの仕方を教わり、いざ挑戦。
 
Photo
その結果、2ゲーム目でホームラン賞。
 
気持ちよかったわぁ。
 
ホームラン賞の中身は4回プレイできるカードでした。
 
また行きます。
 
バットも本来の使い方をすると爽快ですね。
 
足元で倒れる奴もいないし。
 
ちょっとバッティングを研究してみようかな。
 
ビギナーズラックって怖い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

YouTubeで

何度も同じ話を記事にするのは申し訳なく思う。

「そしたら止めろよ。」と言われても仕方がない。

リビングの壁からラップ音が酷い。

神棚に御供えする回数を増やしたら、以前に比べてかなり静かになった。

しかしだねぇ、俺があることをしてると、また激しく鳴り出すんだよ。

そのあることとは?

YouTubeでオカルト系動画を連続で見てる時。

見るのをやめるとピタリと止む。

不思議だねぇ。

まぁね、自宅の中で写真を撮っても変なもの写らないだけまだマシだよ。

最初の嫁の実家なんか、家の中で写真撮る度にオープが写る。

長男が生まれたばかりの頃は、天井の端を見つめて満面の笑みで微笑んでるし、数々のおかしな現象が現れる中、終いにはドッペルゲンガーも出たことある曰く付き。

あれに比べたら平和だわ。

あっ、これ冗談じゃないんで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

アイドル・エア・コントロールバルブ

波乙の警告ランプが点滅する。

長い点滅が2回、短いのが9回。

これは、アイドル・エア・コントロールバルブの不調のサイン。

前に1度応急修理したが、やっぱり交換が必要みたいなので注文しました。

原因は配線カプラー内の端子の不良。

アイドル・エア・コントロールバルブにカプラーを最初に射し込んだんタイホンダの人間が、エアクリーナーボックスと配線カプラーが接触するのも構わずに無理矢理射し込んだせいだと思われる。

今回は、応急修理でアイドル・エア・コントロールバルブの取り付け位置の角度を調整してエアクリーナーボックスとの接触を無くし、端子の修理をして一時的に直ったが再発した訳です。

国内のスーパーカブと共通部品なので二日で届く予定。

これが共通部品じゃないと、下手すれば3ヶ月待ちだよ。

ホッとしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初スタッドレスタイヤ

雪が積もったので、ゴミの回収日なこともあり、波乙でちょこっと走ってみた。(ゴミ捨てしに。)

ゴミ捨て後に自宅の庭でテスト走行。

なんと、人生初のバイクでスタッドレスタイヤ雪道走行。

今までスパイクタイヤでしか走ったことないんだよね。

前後のタイヤが四角いタイヤなので、フルピンスパイクタイヤをリアホイールに履かせてる波怪とは勝手が違います。

まず、マシンを直立させないと加速しません。

これは如何にマシンを直立させて走るか、直立させる時間を多くするかが重要になってきます。

気になるブレーキングも、凍結した道はおそらくしっかり止まれないと思いますが、それ以外ならスパイクタイヤと互角に走れそうです。

シーズン初めの湿っぽい雪道でこれだけ走れるんだから、スタッドレスタイヤもバカにしたもんじゃないね。

まぁ、これで公道を三桁の速度で走る勇気はありませんが。

それをやるならスパイクタイヤでないと。(出しても止まれない?)

雪上レースでは、少しでもタイヤがグリップする様にノルウェー製のスプレー式タイヤチェーン『スノー・グリップ』なるケミカル品を買いました。

おまじない代わりに使います。

でも、ドラックレースとかでも、この手のケミカルでスタート時のグリップを向上させるのは常識(4輪)です。

バイクでは見たことないけど。

軽いバイクだと使っても、そんなに差が出ないのかも知れませんが、あくまで御守りです。

さて、効果の程は?

楽しみです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

ラーメン屋の一番欲しかった美味いラーメンを食べてきた。

皆さんは知ってますか?

ラーメン店で一番美味しいラーメンは、開店して一番最初に提供されるラーメンだということを。

それは何故かというと簡単な話です。

麺を茹でるお湯が新しいから。

何度も麺が茹でられたお湯は、どうしても先に茹でた麺の苦味が残るので、最初に茹でられた麺と食べ比べると食べた後のスッキリ感がまるで違う。

今日は、男鹿市船越の大吉ラーメンで開店一番のラーメン(醤油チャーシュー大盛り)を食べてきました。

やっぱり美味さが全然違いますね。

食べ終えて会計しようとしたら、財布が空っぽで焦りましたよ。

顔馴染みなんで、一度ラーメン店を出て銀行のATM へ。

試しに開店直後ラーメンを食べてみてください。

いつも食べてるラーメンよりも美味しさが倍増してますから。

ああ、美味かったぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備書面(9)

裁判所に訴状を合わせると10冊目の書面を提出してきました。

被告の主張に矛盾があり、しかも被告の主張する言い訳が本件裁判とは全く無関係なことに気が付いたからです。

それを文書化して準備書面(9)として提出しました。

まぁね、被告の嘘の主張を覆す証拠を俺が提出する度に、嘘に嘘を重ねた書面を裁判所に提出する被告。

しかし、嘘なので一切具体的な証拠はありません。

それに対して、証拠の書面、ビデオ、被告が以前に書いた嘘を書面とその嘘を証明する証拠書面を次々と裁判所に提出する俺。

あとは裁判長の考え次第です。

判決は裁判長の考え1つでなんとでもなるのが行政訴訟。

これだけは俺の力の及ぶところではない。

裁判所長の良心を信じるしかありません。

懲りずに頑張ります!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

今流行の腹筋運動を試してみた。

運動不足になり易い季節。

腹筋がだぶつくのが嫌なので、腹筋運動をしてみた。

プランクポーズだっけ?

かなりキツいので短時間を回数重ねてやってます。

電子レンジでコーヒー沸かしてる時とか、ご飯温めてる時とかに。

なんと、体重は変化しませんがズボンのベルトが弛んでズボンが落ちてくる。

気のせいか、腹筋も上の方から割れてきた。

カニの腹みたいにとか、製氷器の氷みたいとかにはならなくても良いから、スッキリした腰回りになりたいです。

腹が出ると、アメリカンバイクしか似合わなくなるんだよね。

カブ乗りでオフ車乗りの俺には堪えられません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パワー食われるなぁ。

昨日の波怪テスト走行では、フロントのみスパイクタイヤを装着して走った。

フロントのみでもパワーが食われるなぁ。

前後が夏タイヤだと4速で120 キロオーバーするのに、昨日は4速でスピードダウン。

手持ちに現在装着してるドライブスプロケット14T より1 T 低い13 T が無かった。

早速、注文しました。

リアホイールのリム組み換えとスポーク交換してスパイクタイヤ履かせたら、ドライブスプロケットをついでに交換しますよ。

昨日のテスト走行での加速は楽しかった。

何て言うか、重いフライホイールが回ってるのがよく分かる。

エンジン特性が面白くてね、まるでディーゼルエンジンのトルクと2サイクルエンジンのエンジンブレーキ。

シフトチェンジが苦になりません。

こいつを雪道で走らせたら笑いが止まらなくなりそうです。(о´∀`о)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

予想に反して

波怪のマス調整とファンネル延長、ついでにオイル交換をした後にテスト走行してみました。

予想外な結果に。

最高速がダウン。

しかし、加速がメチャクチャ凄い。

2速で80キロ、3速で110 キロ、4速でスピードダウン。

明らかにギア比がロング過ぎ。

ギア比がロングなのに加速が良いって楽しみなエンジンです。

ドライブスプロケットを1T 下げよう。

毎シーズン雪道走行ではドライブスプロケットを1T 下げてるから丁度良いや。

最高速の方はエンジンの回転リミッターのせいで今シーズンも120 キロ前後かな。

しかし、到達時間はかなり短縮してると思います。

これでPGM-F i の学習が終われば、もっと調子も上がるでしょう。

いいぞう。

ちなみにエンジンブレーキが2サイクル並みになりました。

すぐに慣れると思いますし、ギア比がショートになれば今よりも利くと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訂正文

裁判所に提出した自分の準備書面に間違いを発見し、訂正後に裁判所へ再提出しました。

勘違いから、とんちんかんな反論を書いてしまい、慌てて直した次第です。

まぁ、裁判所には他の用事もあったので丁度良かった。

ちょっと疲れたので、一休みしたら波怪のファンネル交換とフライホイールのマス調整をやります。

ついでにオイル交換も。

テスト走行もやってみます。

オートマの波乙と違って、どんな感じになるか楽しみです。

素晴らしい効果を期待しつつ、冷静に判断したいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

波怪チューンナップ

明日は雨の予報。

仕事はお休みで波怪のチューンナップを行います。

ファンネル交換とフライホイールのマス調整。

ファンネルはWAVE 110 i の純正パーツ。(高回転型エンジン特性からトルク型に変更。)

マス調整は波乙で具合の良かった銅ワッシャー12 枚仕様。

時間があればリアホイールのリムとスポーク交換して、スパイクタイヤ装着ですね。

ギア比はマス調整後に行います。

上手くいけば夏場と同じギア比でイケるかも。

今年は雪道130キロを目指しますよ。

昨年までは軽量フライホイール仕様でしたが、現在はトラクションと最高速の向上を目的にフライホイールを重くしてます。

昨シーズンまでは追い風で120キロが限界でしたが、重いフライホイールなら最高速も伸びるハズです。

昨シーズンまで毎年撮っている波怪爆走動画ですが、今年の1月に撮った動画はかなりの速度が出てるので非公開にしてます。

山の中で撮った動画は公開してますが、さすがに街中の動画はヤバいっす。

だって走ってるクルマが、まるで止まって見えるんだもの。

たまに一人で見て楽しんでます。

今年も撮りますが、アンチピーキーが通報すると嫌なので公開はしません。

山の中の動画で勘弁してください。m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑った!

今日、北海道で廃線になる鉄道を見に沢山の鉄道ファンが集まった。

NHKニュースのインタビューで、小学生に廃線になることをどう思うか聞いたら、「残念です。」という回答した。

なんかさぁ、何十年も鉄道に夢中な中年とかなら納得するんだが、小学生が悔いる様に答えたことがおかしくてねぇ。

昨日といい、今日といい、最近の小学生は大人びてるなぁ。

カマキリの卵持って、野山走り回ってた俺とは全然違うなぁ。

笑った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚いちゃった。

昨日の昼、土崎港のファミマに昼飯を買いに行った。

唐揚げ弁当とノンアルコールビールをバケットに入れてレジの前に並ぶと、レジに小学生がいる。

ファミマの制服着て。

「えっ?マジに小学生が働いてるの。」

横に指導してる店員がいるが、違和感ありありでした。

体験学習?

家族経営?

俺も小学生の時に実家の土建屋手伝ってたが、今時小学生を働かせるなんて。

ビックリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

狂い咲きデス・ロード

平社員さん、桜華さん、CZ-i 110 さん、コメントありがとうございます。

平社員さん、返事が遅れてすみません。

やはり、雪上レースには軽トラに積んで行きます。

桜華さん、このヘルメットはかなりキテます。

走って嬉しいですが、バイクから降りると恥ずかしくなるのが難点ですね。

CZ-i 110さん、こちらの冬はラバーステップでないと凍ってステップから足が落ちます。

なので、夏場と冬場でステップを変えています。

アルミステップが格好いいですよね。


メチャクチャ天気が良いので、午後から仕事をほっぽりだしてバイクに乗りました。

しかし、仕事は夕方に終わらせる予定なので、ショート・ツーリングです。

男鹿半島1周して、なるべくコーナーの多いので道を選びます。

そうすると旧道ばかり走ることになりますが、クルマが少なくて気持ち良く飛ばせました。

今度の冬はダカールにスパイクタイヤを履かせて走らないので、ダカールは今年最後のツーリングですね。

さて、新ヘルメットの具合を確かめるべく、近未来バイオレンス映画みたいなスタイルで走ってみた。(画像は恥ずかしいのでありません。)

ベルの新ヘルメットとマッドマックス2レプリカの革ジャン(製品名ウォリアータイプ。)にアーミーパンツの組合わせです。

これでドイツ車(BMW )のダカールに乗ると、旧ドイツの特殊攻撃隊のイメージです。

見た目はヤバそうですが、すれ違うバイクのライダーは嬉しそうにピースサインを送ってくれましたよ。

実は、今日の午前中にクルマで峠を攻めた時に、ブレーキのキャパに合わせた運転を思いつきました。

これが大変に具合が良い。

ダカールも本気で走るとブレーキが負ける感じなので、ブレーキを合わせた走りをすると、楽しさが増すことに驚きです。

ペース的にも本気走りと大差はなく、むしろ楽な分だけストレートでアクセルが開けられます。

また少しだけ上手くなれました。

ダカールの走り納めには最高のツーリングでしたね。

さて、仕事すっか。

追記。

ブレーキのキャパが高ければ高いほど、高い速度が維持できるみたいです。

ブレーキのキャパに合わせるのは、何も難しくありませんでした。

ストレートのアクセルを抜くタイミングがちょっと早くなるだけです。

それだけで、あんなスムーズな走りができるなんて。

目から鱗が二三枚落ちた気分です。

感動的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

凄い、凄過ぎる。

波乙のフライホイールをマス調整しました。

凄い、凄過ぎる。

物凄いトラクション。

地面をグッと掴んで走るこの感じは、今まで経験した事のないものです。

雨で濡れた草の上をアスファルトを走る様に加速します。

これ、絶対に良い。

波怪も同じ仕様にしよう。

気になったエンジンブレーキの利きも自然で良いね。

素晴らしい成果だ。

チューンナップやって良かったぁー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ヘルメット

Photo_2

これです。

これに合うゴーグルも購入しました。

う~ん、近未来的。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

波乙今日完成予定

昼に秋田コマツが発電機の修理に来るので、ちょこっと工場で仕事して、自宅に帰ってから男鹿市の広報誌を近所に配って、それから波乙にステップバーを装着。

波乙のステップバーは、ラバーマウントなのでエンジン下のステップ取り付け部への負担が少ない。

その代わり、ラバーの消耗が激しいのでラバーを交換。

ステップバーにはシャシーブラック塗装して、一応錆止めを施してある。

波乙に装着後に、ステップラバーを取り付け。

ラバーの接着剤にはセメダインのスーパーX のブラック(黒色)を使ってます。

よく使われるセメダインのG 17だと、俺の使い方ではすぐにステップラバーが外れちゃうんだよね。

ちなみに波乙のステップは、足載せ位置が低く改造されてます。

ステップ位置が低い方が、滑りやすい路面でのコントロールが良く、バランスを崩した時の足出しリカバリーが容易です。

ステップ位置が低いと路面との接地もありますが、雪道用タイヤは基本的に四角いタイヤなので、バンク(傾け)させずに曲がるのが常識です。

体重移動とハンドルを切ることで上手く倒さずに曲がらないといけません。

簡単に曲がる方法はあるんですが、毎年冬に行われる田沢湖カブ・ミーティングに参加した人にしか教えられません。

田沢湖カブ・ミーティングでは雪道安全運転講習会を開催しています。

興味のある方は、カブにスパイクタイヤ履かせて根性で来てください。

毎年、テクニックがアップデートされていて、昨シーズンまでは転けずに走る方法を教えていましたが、今度は速く走る方法にステップアップします。

おっと、話が逸れた。

午後からは波乙のフライホイールのマス調整。

またフライホイールを重くします。

HONDAのHRCとかでは、タングステンという重くて高価な金属を使用してフライホイールを重くするんですが、一般人の俺は銅ワッシャーとクロモリのボルトを使います。

今回は前回使用した銅ワッシャー8枚に4枚追加して、銅ワッシャーの増やす分だけ長いボルトで固定します。

銅ワッシャーで、ボルト頭が突き出る分、ボルト頭の低くなってるクロモリボルトを探しました。

これで銅ワッシャー12枚、長くしたボルト4本の延長した分だけ重くなります。

俺のライディングとの相性もあるので、後から要セッティングですね。

頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オジヤになりました。

昨晩、大鍋で作った鍋料理が美味くて、一気に食べてしまいました。

今朝はそのお汁をオジヤにして食べてます。

ポン酢で食べる鍋料理って美味いよなぁ。

キリタンポ鍋は俺の感覚ではご飯って感じだが、ポン酢で食べる鍋料理はオカズって感じ。

ビール(ノンアルコール)を飲むなら、ポン酢で食べる鍋料理が良い。

鍋最高ッスな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

バイクとギャンブルの共通性

バイクとギャンブルは非常に似ている。

バイクやギャンブルを始めるきっかけ自体がほぼ同じ。

リスク・テイキング=危険を冒したい。

センセーション・シーキング=興奮を求めたい。

ノベリティー・シーキング=新規のものに惹かれる。

そして、強い刺激によって報酬系神経伝達物質ドーパミンが脳から放出されて興奮する。

俺は生まれて初めてバイクに乗った時は、興奮して三日眠れなかった。

その強い刺激から、簡単にドーパミンが異常に放出する体質になるらしい。

これもギャンブルと同じ。

つまり、俺が言いたいことは、バイクはギャンブルと同じく刺激疾患という精神病。

バイクを止めたければ、精神科に行ってドーパミンを抑える統合失調症の薬をもらって飲んだらいい。

俺はやなこったが。

俺の場合、ギャンブルなんかよりバイクの方が刺激が何倍も強い。

こんな面白いことあっかよ。

但し、ギャンブルとは違って賭けるのは命だがね。

生き残ることができたらやってることも変化してゆく。

もっと速くから、もっと上手く、そして自分の措かれている状況をコントロールできる悦びになり、刺激の強いビックバイクよりも、コントロールできる自分に合ったバイクに乗りたくなる。

俺のダカール、波怪、波乙はコントロールが容易なバイク。

バイクと自分のテクニックが丁度良い。

俺はバイクの速さよりも強さ(環境の変化で速度域が変化しない。)を求める様になった。

バイクで死にたくない。

死にたくなければ上手くなるしかない。

一生涯掛けてもっと上手くなりたいです。

命懸けです。

以上、精神科の偉い先生の話から気が付いたことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事無かれ主義

今年の流行語大賞が、「神ってる。」になりました。

あーっ?そんなの聞いたことないぞ。

今年、最も使われた流行語は、『ゲス』だろうに。

褒められた事じゃないから選ばれなかったのも分かるが、まるでタブー扱いになってる。

誰が何と言おうが、真の今年の流行語大賞は、間違いなく『ゲス』です。

臭いものには蓋する日本人。

それは良くいえば、恥を知ってる。

悪くいえば、事無かれ主義。

ゲスいよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ本気で

そろそろ本気で波乙、波怪を雪道仕様にしたいと思います。

今日の昼に雪上レースに行くフェリーのチケットを買いました。

苫小牧から登別まで二時間ほどで行けるとの話だったので、レース当日の早朝に苫小牧に着く便で行きます。

なので自宅出発は前日の午後4時です。

塗装した波怪の鉄リムを引き取りに行きました。

その時にバイクチューンナップの話で、俺の開発したカムシャフト・バランサー機能付きカム・スプロケット(製品名はバランサー・カムスプロケット。)をカムシャフトとのダイナミックバランスをピッタリ合わせたらどうかということになりました。

なので、今まではカムシャフトの肉抜きをして回転時の応力を減らしていましたが、今度は応力ゼロを目指してウェイトを付けます。

カムスプロケットには焼き入れが施されているので、どの様にウェイトを付けるかが過大ですが、おそらくボルトオンで付くウェイトを新たに製作することになるかも。

カムシャフトはタケガワのスポーツカムシャフトに限定します。

タケガワのスポーツカムシャフトは、純正カムシャフトよりも燃費も良く、パワーも出るので純正カムシャフトに合わせるメリットが少ないからです。

これが完成したら、キレッキレのコーナーリングが出来そうですね。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄リムの塗装終わりました。

友人をお願いしていた波怪の鉄リムの塗装が終わりました。

鉄リムにした理由は安いアルミリムだと、スポークがリムの変形から緩み易いからです。

それならば重くても剛性の高い鉄リムの方が良いと思ったからです。

しかし、近年の雪不足で秋田県では、除雪作業の予算を余らしてはダメだと融雪剤を大量に撒くので鉄リムでは錆びてしまいます。

そこで、塗装した訳です。

カラーはコーヒー色。

なんとなく決めました。

スポークも新品張り替えしてフルピンスパイクタイヤを履かせますよ。

今度の冬の積雪が気になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋料理

今夜は絶対に鍋料理が食べたいと思ってます。

白菜とブロッコリーと豚肉の鍋です。

ポン酢で食べるつもりです。

楽しみだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »