« 同調 | トップページ | 2個1セルモーター »

2016年12月20日 (火)

日本の神様は血縁を好む。

神事を行う場所には、そこに祀られてる神様が居て、その神様を祀る一族がいる。

自分達が祀る神様に先祖代々仕えている訳です。

神社の宮司さんは、お祓いなんかをしますが、けして霊能力がある訳ではないらしい。

祀る神様に御願いするだけで、神様が困ってる人を救う。

但し、神様に御願いをする人は先祖代々祀ってる人の血族でなくてはならない。

後継ぎが女性なら婿をもらい、その子供に男子が生まれれば安泰。

なんで血族でなければならないのか?

これも信頼関係だと思うよ。

先祖代々仕えることで、自分の存在を第一に考える人間がいたら、御願いも聞いてやりたくなるじゃん。

日本には、恐ろしい魔物も大事に祀れば、その地域を護る神様になると考えられている。

なので、よそ者には悪いことが起こるから近づくなって神社もある。

地元で怖がられてる石碑で、普段は立ち入り禁止にされていてもお供え物を供える人がいたりする。

神様には最大限の敬意を持つことは良いことだ。

その敬意を積み重ねてきた血族を神様は好むのだ。

つまり、霊能力と神社のお祓いはまた別物ってことです。

しかも、霊能力がある人を神社ではよく思わないとか。

色々あるんでしょうね。

|

« 同調 | トップページ | 2個1セルモーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/68920141

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の神様は血縁を好む。:

« 同調 | トップページ | 2個1セルモーター »