« 正月良いわぁ。 | トップページ | モスバーガー食べに行こう! »

2017年1月 3日 (火)

波乙

あきゅらさん、コメントありがとうございます。

明けましておめでとうです。( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

ハーフウェットで滑る理由の一番は、コーナー進入でアクセルを閉じるタイミングが遅く、コーナーでもアクセルを開けるタイミングが早いのが原因です。

コーナー奥までアクセルを開けるのは、コーナーリング速度が落ち過ぎることが多いので、それをカバーしようとアクセルを早めに開けてしまう。

そうすると、車体がまだ向きを変え、慣性を遠心力に変換している最中に駆動力が掛かってスリップを発生します。

スリップ防止ならアクセルをハンドルが切り終わるまで開けないのがベスト。

しかし、地面がしっかりしてるターマック(舗装路)では、ハンドル切り始めから切り終わるまでの中間地点からアクセルを開けれます。

雪道や雨天のオフロードでこれをやると、地面がえぐれてスリップしちゃうんですよね。

そこら辺は案配を見てください。

今年もよろしく。m(__)m


では本題。

波乙(WAVE110 AT改)を購入して早3年。

タイカブ総代理店のエンデュランスに程度の良い中古があると知って、購入したら新車が届いた。

売れ残りを中古として処分したかったらしい。

なんでそんなに売れ残ったか?

メチャクチャ遅いから。

呆れるくらい遅かった。

速度的にはスーパーカブ70くらいかな。

しかし、乗ってる時の楽しさは、それ以下。

最高速はやっとメーター読みで80 キロ。

実測は間違いなく、それ以下。

加速は話にならない。

これ、女性が普段の通勤に使うなら最高でしょう。

走りを求めたら最低です。

でもね、俺はオートマのバイクが欲しかった。

徹底的にチューンナップして、スーパーカブ110 のノーマル並に速くした。

それだと仲間内でビリッケツ。

足りない分はテクニックと根性でカバー。

そうこうしてる内に、無理なパワーアップ(高圧縮比)が祟りクランクが逝く。

その後、波乙は波怪の部品取りとなる。

1年近く放置してました。

そして昨年の今頃、雪上レースに出たいと思って波乙をオフロードマシンにすることを決めた。

春にはエンジンを直し、足回りをチューンナップ。

エンジンも圧縮比を落とし、代わりにインジェクションの口径をΦ22からΦ24にアップ。

シリンダーヘッドのポート拡大はカブ&ピースのneriさんにお願いした。(ポート拡大は経験よりもセンスが問題。)

モトクロスコースで走行すると、トラブルの連続。

壊れる度に対策の改造を施した。

昨年末に、私設モトクロスコースで雪上テスト。

後輪がスタッドレスタイヤだと、雪質を選んでしまうことが分かりました。

そこで、ティムソンのスーパーカブ用モトクロスタイヤにスタッドレス加工を施して雪質を選ばないタイヤを制作しました。

かなり走破性は高いタイヤです。

エンジンブレーキも自分の感覚に合わせて、フライホイールのマス調整を行い、疲れないで走り易い特性にできました。

これで安心と思いきや、冬になると決まって警告ランプが点きはじめます。

PGM-F i の警告ランプは故障箇所を教えますが、なかなか直りません。

警告ランプ無視でも良いのですが、何せ気持ち悪い。

モトクロスコースでは波乙はかなり速いです。

コーナーリング速度は、モトクロスマシンもびっくりするほど。

昨年の秋に行われたバイク運動会(モトクロスレース)では、モトクロスマシン相手にパスしたのは全てコーナーです。

レースは、パンクとチェーン切れで成績はパッとしませんでしたけどね。

トラブル無しなら相当速い原付きバイクです。

レースでは、スタンド、サイドスタンド、ライト、ウィンカーなどの装備はそのままで走ってます。

ナンバーもそのままです。

原付きバイク、街乗り仕様、ライダーはおっさん。

これでモトクロスするんでからマッド(狂気)意外の何でもない。

これで勝ちたい。

マッドライダーは我が道を行く。


|

« 正月良いわぁ。 | トップページ | モスバーガー食べに行こう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/69098060

この記事へのトラックバック一覧です: 波乙:

« 正月良いわぁ。 | トップページ | モスバーガー食べに行こう! »