« 有言実行できるか? | トップページ | やっとこ仕事 »

2017年1月27日 (金)

ありがとうな。

昨日の深夜、除雪の仕事で秋田市添川の排雪場に行く途中、全方に異変を感じてダンプのライトをアップ目にした。

すると、白いリックサックを背負った小さな婆さんが路上に倒れてる。

近づいてみると、意識はハッキリしているが、なんか様子がおかしい。

「すぐそばの老人ホームから逃げてきた呆け老人かな?」

悪い意味で大人になった俺は、対向車のダンプに注意を呼び掛け、電話で仕事仲間に注意喚起して、肝心の婆さんは放置。

排雪場で雪を捨て、さっき婆さんがいた所に差し掛かると一台のダンプがハザード出して停まってた。

婆さんを保護したらしい。

その後、排雪場で保護したダンプの運転手(若い)に話を聞いてみると、「秋田赤十字病院から来るらしいが、本人はタクシーを呼んでくれと言ったが、警察に保護してもらった。」とのこと。

俺は、「お前、良い奴だな。助かったよ、ありがとう。」と運転手に感謝した。

若い頃の俺なら、同じことをできたと思う。

でも、最近は秋田県庁の奴等に善人の顔して嘘八百やられたから、あまり人間を信じたくないし関わりたくない。

仕事の仲間は仕事の効率化の為にコミュニケーションは最大限するが、他は無理。

若い頃はひねくれながらも気持ちは真っ直ぐだが、今は誰にでも無関心を貫いてます。

愛しているのは自分だけです。

人でなしですね。

|

« 有言実行できるか? | トップページ | やっとこ仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/69391123

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうな。:

« 有言実行できるか? | トップページ | やっとこ仕事 »