« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

相変わらず凄いわ

被告の準備書面を見ました。

相変わらず湊弁護士の言い訳は凄いね。

今までの裁判においての俺の発言を都合よく解釈して、被告の判断は妥当であって不法ではないと主張している。

でも、俺は事実を述べるだけでいい。

曲解は矛盾が必ず出てくるので。

ただ、こちらも言葉を選ばないと誤解を生むからね。

まだ、被告の主張の半分しか反論を書いてません。

午後中に用事があったので。

準備書面に反論を全部書いたら、こちらの主張も盛り込みます。

今夜までに下書き書いて、明日の午前中に清書。

明日の午後に裁判所に提出します。

秋田県庁から国民の知る権利を守るために頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹が減っては戦はできぬ。

これから秋田地方裁判所に提出する準備書面を作成します。
 
あんな糞野郎達(秋田県庁)に屈したくない。
 
昨晩から胃がキリキリ痛みます。
 
掌から汗が出て止まりません。
 
裁判は本当に時間と体力と精神力が必要です。
 
昨日の晩飯の残り(しょっつるパスタ)を食べて戦闘を開始しますよ。
 
頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

ハヤシレーシングのホイール

愛車日産ティーダラティオが雪でスタックしたのを見て、ちゃんとした4WD車に乗り換えようかなと思った。

スバルのクルマに。

でも、やめた。

このクルマは乗り心地は5ナンバー車(661cc ~2000cc )で最高レベル。

ネットでは、「乗り心地だけなら5ナンバーのシーマ 。」と呼ばれるほどです。

足回りも必要十分。

乗り換えをやめたことで、前からラティオに履かせたかったハヤシレーシングのアルミホイールを買おうかなと思ってます。

同じバイクチームのマキオ会長が家族でBBQしに来た時に、日産ラシーンにハヤシのホイールを履かせてた。

何て言うかなぁ、ちょっと古いクルマにハヤシのホイールがメチャクチャ似合うのよ。

最近では、旧車風ドレスアップというらしい。

ラティオも10年以上前のクルマだから似合うと思う。

予定としては、17インチホイールを履かせるつもりです。

同じく旧車風ドレスアップでは、ハヤシのホイールと人気を二分するRSワタナベのホイールよりは安いので。

17インチのハヤシホイールと15インチのワタナベホイールが同じ値段くらい。

やっぱり最初に惚れたハヤシホイールでしょ。

俺、基本的にクルマはフルノーマル派なんだけど、ハヤシホイールは本当に格好いいと思う。

ホイールだけ見ると古臭いホイールなんだけどね。

夏タイヤに履き替えの時期に注文します。

楽しみだ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだ見てない。

まだ、被告の準備書面を見ていません。

明日中に見て、明後日辺りに反論の準備書面を裁判所に提出します。

裁判ってさ、原告側に立証責任がある。

自分の主張が事実だと立証する責任と、被告の主張が嘘だと立証する責任がある。

特に被告が嘘八百並べた時に、かなりのエネルギーを損失するのよ。

がっぽり持っていかれる。

「また、この嘘を嘘だと証明しなきゃいけないのか。」

毎回、ゾッとする。

前回に行われた被告側証人尋問では、道路課の讃岐佑樹と広報公聴課の岩出翔太の二人が、証人尋問前に提出した陳述書で嘘八百をずらずら並べたんで数日間鬱に襲われた。

しかし、裁判長の、「証人尋問まで2ヶ月ありますから、それまでに反対尋問をしっかり準備してください。」との言葉で救われて、証人尋問までに反対尋問をしっかり纏めることができました。

それでも、1ヶ月は鬱にならない様に放置していたけどね。

その間に雪上レースしたりして、気分がリフレッシュしたんで証人尋問の反対尋問では、被告証人の陳述が全てデタラメと証明できました。

今夜はゆっくりノンアンコールビールで晩酌して、明日から反論文を書きます。

そして、法廷でこちらの準備書面を渡してやりますよ。

いつも被告がやるやり方で。

次の口頭弁論は3月3日午後3時から。

油断せずに被告の主張を論破してやります。

頑張ります!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

急遽、裁判所へ

秋田地方裁判所からの電話で、「被告(秋田県庁)の準備書面を取りに来れる?」との連絡が入った。

被告は毎回に亘り、出廷ギリギリに準備書面を裁判所に提出して、こちらが反論の準備書面を提出できない様にしている。

今回は、不思議なことに裁判所から、まだ日数がある内に連絡が入った。

いつもは無いのに。

酷い時には、出廷の日に裁判所で渡されたこともあったからなぁ。(秋田県簡易裁判所、秋田地方裁判所。)

被告の汚い作戦に対して気を使った?

まさかね、出廷までに届かない恐れがあるからだろう。

裁判所もそろそろ決着をつけたいはず。

被告準備書面を見て、反論文を提出するか考えます。

俺にとってはラッキーですね。

勝つためにどんな汚い手も平気で使う湊弁護士。(被告代理人、現・秋田県法テラス所長。)

毎度毎度、文書に嘘ばっかり書いてるんじゃねぇよ!

噓言ってナンボが弁護士の仕事。

貴方を見てよく分かりました。

いやぁ、弁護士の鑑だわ。

さて、行きますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼女戦記ってさ、

幼女戦記のエンディング曲をダウンロードして、その歌詞を知ってビックリ!

こんなの聴いて喜んでた俺は平和ボケだ。

アニメも回を重ねる度に戦闘シーンが激しくなる。

これ、戦争だから敵味方お互いに殺し合うのを観てる訳だよね。

観ていて楽しいが、なんか人間としてこれで良いのかって疑問が出てくる。

あれだよ、レイプ物のAV ビデオ観てる時と似ていて、本能と倫理観がせめぎ合う。

まぁね、俺はレイプ物のAV 観たからって実際にやろうなんて全然思わない。(これ観て本当にやろうと思うのは、朝鮮人と同レベルだ。)

でも、世の男性がレイプ物のビデオを観て興奮するのは、悲しいことに性的本能が存在するから。

幼女戦記を観た時も、闘争本能と倫理観がせめぎ合う。

「あくまでアニメ(絵空事)だから。」って、頭の中で解決させる必要があるね。

人間は、良いことも悪いこともするから人間。

でも、現実の戦争はまっぴらゴメンです。

平和ボケできる日本万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今になって同情の声

佐川急便の運転手ぶちギレ報道が切っ掛けとなったかは分からないが、佐川急便はインターネット通販の普及によって仕事量に限界向かえてAmazonの配達をやめた。

同業者からは、「他人事ではない、気持ちがよく分かる。」との声もあったそうだ。

しかし、やってはいけないことをしたのだから、口に出して世間に訴えることは避けた。

そして、佐川急便がやめたAmazonの仕事はヤマト運輸へ。

今度はヤマト運輸が悲鳴を出している。

やはり、嬉しい悲鳴ではなく、「もう限界。」の悲痛の叫び。

これも時代の変化によるものだから、それに合わせていくしかない。

仕事があるのは羨ましいと思えるかも知れないが、あり過ぎるのは苦痛でしかない。

期間の短い苦痛なら我慢もできよう。

しかし、まだまだインターネット通販は増えてゆく。

現場は地獄か、はたまた戦場か?

ヤマト運輸さん、佐川急便に少し手伝ってもらいましょうよ。

元々、あんたのところ仕事だから助けてってお願いしましょ。

日本人なら助け合いなんて難しい話ではないと思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

マッドマックスなパトカー

ネットで日本最速のパトカーが話題になってます。

トヨタ マークX のスーパーチャージャー仕様だそうです。

ただ、「時速260キロまでついてこられた。」とツイートされたってことは、この最速パトカーをぶっちぎったってこと?

いきなりぶっちぎられてんじゃん。

それも逆に凄いな。

そんなパトカーをぶっちぎるのは日産GTR?カワサキH2R?

もし、H2Rだったらトウカッターの雪辱をしたことになっちゃうね。

凄い時代になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山へ海へ

雪百(XR100R)でパワーショベルのある私設モトクロスコースへ向かった。

途中で積雪が深すぎてUターン。

別の道を通り、私設モトクロスコースに進入。

やっぱり積雪が深すぎて 30メートル進んでUターン。

雪百をウチの工場の入口脇に停め、歩いてパワーショベルまで行く。

キャタピラって凄いな。

難なく雪の中を走れるもんな。

工場にパワーショベルを入れて、雪百に給油するためにガソリンスタンドへ。

ガソリンスタンドで満タンにしたら、雪の道を走りたくなった。

県道には雪がないので寒風山へ。

途中の林道が具合よく除雪されてて雪が残ってる。

寒風山を抜けて真山へ。

真山へたどり着くと、崖崩れの為に自衛隊関係者以外立入禁止の看板が。

真山登頂を諦めて別の雪道を探す。

ある程度除雪されて雪が残ってる林道を走ったが物足りない。

五里合海水浴場へ向かい、五里合海水浴場から宮沢海水浴場までの林道を走り宮沢海水浴場に到着。

考えてみると、雪百に履かせたリアタイヤはサンド(砂辺)用タイヤ。

砂浜を思いっきり走った。

気持ちいいくらい進むね。

さすがマッド&サンド用。

海辺は雪がなく、快適にオフロードを楽しめました。

雪がちらついて寒かったけど。

山の山頂では寒さでアイドリングしなくなったが、アイシングの症状がそれほど酷くないのが良かった。

来シーズン冬までにキャブレターにキャブヒーター着けなきゃな。

久しぶりにライディングで脳内麻薬が出ましたよ。

気持ち良かったっす。

バイクはやっぱり良いわぁ。

脳内麻薬は歳取るのを忘れちゃうね。

いつまで経っても楽しさが変わらないもの。

何て言うの、1つのことに集中して、それ以外のことを全く考えないのが最高。

のめり込むことの素晴らしさ。

楽しかったぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たなる挑戦

さっき、雪百(XR100R)で自宅庭の雪の中を走ったら、ちゃんと走れる。

オールラウンドタイヤじゃ全く走れなかったのに。

それも、一番雪の深い場所で積雪40㎝を越えていてもだ。

リアタイヤをマッド&サンドに交換しただけで、これほど走破性が上がるとはビックリだね。

ノーマルマフラーの吹け具合で雪の上を進む時のトラクションも悪くない。

ふと思った。

「1年目は大きなパーツ交換をせずにどれだけ速くできるか試してみたい。」

元々、そうしたことは俺の得意分野。

見た目ノーマルでバカ速いマシンを作ろう。

そしたら、マシンが良くても俺が速く見えるし。(セコい。)

さてと、雪に埋もれた私設モトクロスコースに置いてあるパワーショベルを移動しに行くか。

少し時間があったらモトクロスコースも走ってみよう。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

やめておく

今度の裁判について詳しい記事を書いてたら、「これ秋田県庁の関係者に見られたらまずいな。」と思って削除しました。

ヤバい、ヤバい。

下手に対抗策を準備されたんじゃ、また裁判が長くなる。

次で何とか終わりにしたいね。

そして、今年は良い年にしたい。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍛造ピストン

訳あって、欲しかった鍛造ピストンが手に入ることになりました。

訳は聞かないで。

チェンジロッド修理に必要な腰下のパーツは既に揃ってます。

あとは、鍛造ピストンを含む腰上のパーツを揃えるだけです。

夕方にでもパーツ代金を振り込みますよ。

凄いエンジンが作れそうです。

目標は日本で一番速いJA07エンジン。

あくまで目標です。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼畜の歌

そろそろ、本業の準備と裁判の準備しないとな。

来週月曜辺りに、裁判所から被告の嘘と捏造満載で書かれた準備書面が送られてくるだろう。

もう、どんな嘘が書かれても動揺しません。

こちらには証拠と裁判で被告の嘘を証明した実績がありますから。

ここからが本題。

昨日の深夜にアニメ『幼女戦記』を見た。

ふと、幼女戦記のエンディング曲がau のLISMOで販売されてないかなと調べてみる。

ありました。

すかさずダウンロード。

とりあえず1回フルコースで聴いてみよう。

おっ、どうせ聴くなら歌詞の内容もチェックだ。

つー訳で、歌詞を見ながらエンディング曲を聴く。

ドン引きした。

なんだ、この鬼畜な内容の歌詞は。orz

こんなんで喜んでた俺は平和ボケだ。

この曲は、きっと鬼が作詞したに違いない。

そうでなければ大作家だよ。

なんていうかな、曲はホップだが歌詞の内容はサイコパスを描いてる。

とっても、「うわぁ~」な曲でした。

歌が早口なんで、歌詞の意味が頭の中に入ってこなかったから良かったけど、これで喜んでたんだから完全に平和ボケですね。

それだけ日本は平和なんだなぁ~。

日本は頭の良い人が多くて、第二次世界大戦になる前に、いずれ戦争は人間同士でやるのではなく機械と機械が戦う時代が来ると考えられていた。

肉弾戦なんて現代の戦闘において最低の手段だと。

そう考えいた人間は戦争を止めさせる為に2・26事件を起こして日本軍から消えた。

今現在、この人達が思い描いた戦争を躍起になって先進国が軍事開発している。

敵の居場所はドローンが探査、安全な所でスイッチポン、離れた敵がドカーン!

鉄砲の残った弾丸を気にしつつ突撃なんて、今の戦争ではない。

ちなみに武田鉄矢さんの鉄矢って、戦争に行ったお父さんが南方で武器の補給が少ないことに苦しんだから、せめて息子の時代には鉄砲の弾に困らない様にという願いを込めて『鉄矢(鉄砲の弾)』と名付けたそうだ。

頭の良い軍人が戦争を阻止しようとして、残った頭の悪い軍人がその様な事態を招いた。

やっぱり戦争はやってはいけない。

しかし、最近そう言ってられない風潮が出てきた。

これは全て韓国のバカ野郎のせい。

一応同盟国なのに、背中から撃たれてる気分にさせてくれる韓国が軍事増強の必要性を考えさせるのだ。

この『幼女戦記』というアニメがこれほど受け入れられるのも平和な時代が続いたことと、同盟国で隣国の韓国が色々やらかしてくれていることが原因。

日本が飛ぶ鳥を落とす様なバブル時代なら絶対に受け入れられなかったと思う。

今の日本じゃ、北朝鮮よりも韓国の方が敵に思えるからな。

もしも、韓国と戦争になったら、このアニメ『幼女戦記』のエンディング曲が兵士達の間で歌かれることだろう。

徹底的、貫徹、粉砕を合言葉に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

スチームパンク

スチームパンクってジャンルを知って衝撃を受けました。Σ(-`Д´-;)

お洒落だわぁ。

ちょっと、この世界について調べてみます。

格好いいわぁ。

なんていうか、レトロっぽいけど古さを感じないところが良いわぁ。

とりあえず、GEO行って『スチームボーイ』ってアニメ借りてきて観てみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原子力

ここ数年で、再生エネルギー開発の流れに乗って風力発電と太陽光発電をよく見る様になりました。

福島の原発事故で、放射能はこりごりと思い知らされましたが、最近は福島原発の放射能について政府やマスコミはまるで風化したみたいに語りません。

これを臭いものに蓋をすると考えるか、柔軟性のある前向きな姿勢と考えるか。

おそらく両方なんだろうな。

考えてみてよ。

日本人が初めて触れた原子力って広島と長崎の原爆なんだよ。

福島の原発事故で、放射能に対して耐性を持つにはヨウ素が良いと言われてたのは、広島と長崎の被爆で長崎の被爆者の方が広島に比べて放射能障害が少なかったことからだ。

長崎の人々は原爆が投下されたその年に昆布が豊漁で、昆布を普段から沢山食べて体にヨウ素を取り入れていたことが、その後の調査から分かった。

日本人にとって原子力は、原爆という恐ろしい経験から始まった。

そして、日本人はその膨大なエネルギーを発生する原子力を経済に利用しようと考えた。

ヤバいエネルギーを完全に密閉できれば、クリーンエネルギーになるのではないか。

そんな夢を日本人は見た。

俺達なら何とかできるだろうと。

日本に次々と原子力発電所が建設された時代、テレビでは手塚治虫原作の『鉄腕アトム』がアニメで放送された。

俺らのヒーローの名はアトム。(原子力の英語アトミックから名付けられた。)

その妹はウラン。

そう、未来のロボットは恐ろしい原子力を完全に制御できている想定で描かれている。

そうすることが未来のテクノロジーなのだと誰もが思った。

しかし、それから半世紀経って突き付けられた現実が原発事故。

日本人はその失敗も乗り越えようとしている。

原発事故の原因となった東日本大震災の津波で沢山の人が亡くなった。

原発事故で亡くなった人は、事故復旧に尽力した人のみ。

政府は発表してないが、今も福島原発から放射される放射能に侵されて人々の体に異常が出るのはこれから。

いや、もう出てきてる。

福島県民の甲状腺癌になる人の比率が他県に比べて20倍になっているとか。

放射能に耐性をつけるために、ヨウ素を予め体に取り入れておこう。

核分裂で放出されたヨウ素は放射線を出してDNA を傷つける。

何故、食品から摂取するヨウ素で放射能に対する耐性が出来るのか?

原発から出るヨウ素は不安定な状態で人体の甲状腺に蓄積される。

甲状腺に蓄積されるヨウ素はある量に達するとそれ以上蓄積されることはない。

食品から摂取できるヨウ素は安定して状態なので人体に害はないから、先に食品からの安全なヨウ素を取り入れて後から入る危険なヨウ素の蓄積を防ぐ。

これから成長期の子供にはヨウ素が多く含ませる食品を食べさせてほしい。

きぎみ昆布がダントツの含有量で、ほしひじき、カットわかめ、焼き海苔がそれに続く。

サプリメントだと過剰摂取による健康障害を引き起こすことがあるので、あくまで食品から取ってください。

日本の未来の為に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

覚悟とは諦めることなり。

先日に暗殺された正男君。(金正男)

以前は中国のボディーガードがついていた。

ところが中国のボディーガードが正男君の警護するをやめちゃって、突然いなくなったらしい。

中国にどんな意図があったかは分からない。

正男君はボディーガードがいなくなっても、生活のリズムを崩さなかった。

父親の遺した隠し財産を使い、毎日楽しく暮らしてた。

暗殺される寸前までそれは変わらなかった。

俺はね、正男君の顔が晴れ晴れとした表情をしてることに気付いたんだ。

暗殺される数日前に撮られた写真は、タレントの小堺一機さんによく似た優しい顔。

とても命を狙われている人間の顔に思えない。

俺、この顔知ってるよ。

死を覚悟した顔。

生にすがり付くことを諦めた顔。

俺も生まれて50年も経つとさぁ、病気やなんかで自分の死を間もなく迎える人を何人も見てきた。

なんかねぇ、天使みたいな表情をするんだよね。

死を覚悟した人って、皆良い人になる。

俺、朝鮮人は嫌いだけど正男君は憎めないなぁ。

将軍様になれなかった王子様。

祖父や父親に愛されながら後継者になれなかった長男。

争いを好まなかった優しい男。

御冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役人の使い方

桜華さん、コメントありがとうございます。

ああ、権力を使って民間へ再就職するのが天下りですか。

それなら分かります。

天下りとは違うかも知れませんが、似た様な話なら俺も実際に見ました。

その事を少し書きます。

俺は昔、訳あって産業廃棄物処理場に就職した。

そこの会社には、常務と呼ばれる元県庁出身の人がいた。

たまにしか会社には来なかったが。

産業廃棄物処理場ってのは、時々役所から抜き打ちで調べにくる。

法律に反した処理をしていないか、環境を汚染していないかをチェックする。

その会社では焼却灰を埋める為の設備は当時は備わっておらず、違法な埋め立て処分をしていた。(焼却灰にダイオキシンが発生しない様に燃焼温度は気をつけての話。 現在は、埋め立てする設備が整ってる。)

なので、その埋め立て処分の日に役人が来たら大騒ぎ。

そこで常務の力で前もって役人が調査に来る日を調べておく。

勿論、それに合わせ違法な埋め立て処理をする日をずらしたりする。

役人が来る日には、常務がお出迎え。

「分かってるな、お前ら?」

という目で調査に来た役人を見ていた。

ところがこの常務、経営に関しての発言が段々目障りになってきたのか会社にほとんど呼ばれなくなった。

代わりに、もう一人元県庁職員の男が入社してきた。

この人は、県庁では中間管理職だったのか、それとも性格なのか、会社の経営に関して一切余計なことは言わない。

しかも、真面目に仕事をしようとする。

今まで常務がやっていた仕事を全て代わりにこなす様になった。

かといって常務は退社した訳ではない。

給料は支払われている。

俺の何倍もの給料を。

世の中にはルールがあって、そのルールに添って監視する役人がいれば、どうしてもルールに添ってやってると利益が減る、もしくは仕事ができなくなる会社がある。

それならば偉い元役人を連れてきて、調べに来る役人を黙らせる方がまだいいのだ。

これが俺が知ってる役人の使い方。

他にも色んなのがあるだろね。

大企業の社長にもなった叔父がいるが、(現在は退職して田舎生活を満喫してます。)今度と聞いてみよう。

面白い話が聞けたらいいなぁ。

| | コメント (0)

旭日旗

旭日旗。

韓国人が最も嫌う旧日本海軍の軍旗である。

現在では、海上自衛隊の旗となっている。

日本の船が国籍を示すのは日章旗(日の丸)だ。

親日のタイでは、露店なんかで旭日旗が店のマークとして使われることが多い。

それ見た韓国人は怒り狂う。

何故それほど韓国人は怒るのか?

これも韓国人特有の奴隷根性からくるものだ。

韓国は強い者に媚び、弱いものに攻撃する性質を持っている。

別に日本が弱い訳ではなく、大人しいだけ。

あなたの周りにもいるでしょ、普段大人しいのにキレると怖い人。

俺もその一人だし。

まぁ、滅多にキレないが。

話は元に戻って、朝鮮は永きに亘って中国の属国になるしかなかった。

これが力のない朝鮮人の生きる術であった。

日本から豊臣秀吉の命により、船に乗り朝鮮出兵した日本の武将達。

日本の侍は強かった。

武器の性能面でも日本の刀は朝鮮の刀よりも斬れた。

それまでの朝鮮人の刀は真っ直ぐな剣だったが、その後に日本の刀を模して作られたという。

中国の応援もあり、朝鮮の兵が日本に何とか対向できる様になった頃に太閤秀吉から日本に帰れとの命が下る。

朝鮮軍、中国軍と一時休戦協定を結び、日本の侍達が帰ろうと船に乗った時に朝鮮人は攻撃を仕掛けてきた。

それ見て呆れた中国は一切手を出さずに見ているだけ。

怒った島津の侍が朝鮮の将軍を惨殺。(韓国では、この殺された将軍は韓国を守ろうとした英雄とされている。韓国の英雄のほとんどが卑怯者なことからも、その民族性が伺える。)

約束もろくに守れない朝鮮人を武士の風上にも置けんと怒りながら日本に帰ってきた。

昔から朝鮮人は変わってない。

そして、日本人は海を渡ってくる度にその強さを朝鮮人に思い知らせる。

先の戦争で日本から渡ってくる船には、旭日旗が掲げられていた。

つまり、日本からくる強い奴のトレードマークが旭日旗。

日本から自分達を制圧しに来る者のシンボルマーク。

ここで、ちょっと考えてもらいたい。

永きに亘り朝鮮を苦しめた中国を何故朝鮮人は恨まないのか?

恨んでるんだよ。

だけど中国とは地続きだから、その気になればすぐに攻めてこられる。

だから、船に乗って来るしかない日本に自分達の怒りをぶつけてる。

しかし、それは反面、「もし、日本が攻めて来たら。」との不安の裏返しに過ぎない。

アメリカがいる限り日本は韓国には攻撃しない。

攻撃しない相手なら何でもできるだろ。

これが韓国人の浅はかな考え。

民度の低さが分かるだろ。

世界中の色んな人種と友達になっても、韓国人とは友達になってはいけない。

最後に韓国人は必ず裏切る。(これは俺の実体験でもある。)

そして、また知ることになるのだ日本の恐ろしさを。

目に物見せてやれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

暗殺の科学

北の将軍様の腹違いの兄(正男君)が暗殺された。

今まで何度も暗殺されかかったが、正男君は派手な生活を一向に変えなかった。

とても命を狙われている人間の態度ではない。

しかも、今まで自分を警護していた中国のボディーガードもいなくなったのにだ。

おそらく覚悟していたのだろう。

人間、諦めると楽になるそうだから。

昨年、正男君は将軍様に手紙を書いた。

「私と息子を殺さないでほしい。」

その手紙を出した時期がある時期と重なる。

アメリカが密かに将軍様の暗殺計画を企てているという情報がネットに飛び交った時期だ。

正男君は、もし将軍様がアメリカに自分が殺されたことを想定して、その後の候補者に正男君とその息子が選ばれることを恐れると考えたのではないのか?

まぁ、アメリカがオサマビン・ラビィン氏を殺したみたいに堂々と暗殺すると暗殺とは言われないがね。

今の将軍様って、子供が生まれたばかりだっけ?

あれ、違ったかな。

将軍様の奥さんって元KARAのジオンさんにそっくりなんだよな。

将軍様は、いずれ正男君を必ず殺してやると思っていたはずだ。

中国のボディーガードが消え、やるなら今がチャンスと実行したんだろうね。

暗殺ってさ、政治的な目的があったり、国や機関レベルの思惑で殺すから暗殺ってことになるのかな。

日本の初代総理大臣である伊藤博文を暗殺した韓国人は、たった一丁の拳銃で伊藤博文を含め5人殺してる。

7発しか弾が入らない拳銃で合計13発発射したそうだ。(ハリウッド映画かよ。)

どう考えても複数犯なのに単独犯とされ、韓国では英雄扱い。

更に不思議なことに、その拳銃は韓国ではなかなか手に入らないベルギー製の拳銃。

この暗殺があった時期に、そのベルギー製の拳銃を大量に買い付けた人物がいる。

旧ソ連のレーニン。

レーニンは伊藤博文が邪魔だった。

要は、韓国人が祖国を救った英雄と崇め奉る人間は、旧ソ連の使い走りってこと。

やっぱり奴隷民族なんだよ韓国人は。

しかも、その英雄の撃った拳銃の弾丸は伊藤博文には当たってない。

韓国の英雄が撃った弾には、殺傷力を上げるために弾丸の先に十字の切り込みが彫られていた。

その弾丸は伊藤博文ではなく、護衛の一人の体から1発だけ発見されている。

つまりだ、レーニンの命を受け、腕利きの殺し屋が伊藤博文を殺し、韓国の英雄はその犯人に仕立て上げられた。

どっかで聞いた話に似てないか?

ケネディ暗殺だよ。

真犯人は別にいる。

今回の正男君暗殺も、逮捕されたマレーシア女性は当て馬で、仕組んだ真犯人は北からの殺し屋。

本来暗殺とは、命令した人物が誰か分からなくしなくては何の意味もない。

アメリカが余計に将軍様を殺したくなるだけ。

暗殺は時代を超えて伝染する。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下りの問題点

役人の天下りってさ、元々の役所の職場を退職して新たに別の役所に配属されることだっけ?

俺も詳しいこと知らんが、天下りの問題点って何よ?

多分、労働対価が異常におかしいことに国民は憤慨してるんだと思うんだ。

額に汗して働いている国民が稼いだ税金を、役人が天下り後に大して役に立ってるか分からん仕事で給料に変えられてる訳じゃん。

しかも、その給料が民間と比較してべらぼうに高いときたら、そりゃ、「この税金泥棒が!」となるわな。

中には、月に二回出るか出ないかの仕事で、零細企業の経営者よりも高い給料を貰ってる。

まるで、破格の恩給か年金だ。

これ、言ってみりゃ、役人の大掛かりな詐欺行為だよね。

懲戒処分とかじゃなく、犯罪として刑法で裁かれるべきなんじゃないのか。

なっ、やっぱり公務員って特権階級だろ。

これ、国民は取り締まりできないんだぜ。

それをやるべき検察庁なんか絶対に捕まえない。

秋田県庁を告訴してよく分かったよ。

天下りする役人なんて、自分達がいなくちゃ国が回らないことを逆手に取って調子こいてる寄生虫だ。

天下り先では、いない方がかえって業務が進むだろうな。

元SMAPの稲垣吾郎さんが悪役を名演した『13人の刺客』の言ったセリフで、「政(まつりごと)は、政をする人のみに都合よく、民百姓は黙って下僕になっていればよい。」がそのまま該当する。

次に国会議員を選ぶ時は候補者に、「役人の天下りで税金の無駄遣いを止めさせる!」とマニフェストに書いてる人だけ投票しようぜ。

たとえ、それが共産党でも何も言わない奴より一万倍マシだ。

日本には、役人の不法を戒める為にある組織は幾つかあるが、どこも全く機能していない。

これが美しいはずの日本の現実。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ワサビ納豆ご飯

納豆ご飯を食べようとしたら、カラシの代わりにワサビを入れたら美味いかなと思って、ネット検索してみた。

なんか美味いらしい。

やってみた。

「美味い。普通に美味い。」

良いな、これ。

次からこれだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武田鉄矢さんという人

武田鉄矢というと金八先生を思い出します。

俺はあのテレビドラマは見たこと無かったが。

どっちかっていうと赤い狐と緑の狸だな。

この武田鉄矢さんという人、テレビやラジオで豊富な知識を活かして色んなことを教えてくれます。

しかし、武田鉄矢さんが話すことで、実生活で役に立つ話は立ち小便の仕方くらい。(お世話になってます。)

それは何故か?

文化人の著作を沢山見てその感想を述べてるだけなんだよね。

でも、それが面白い。

やってることが学校の先生なのよ。

教職ってさ、世の中のこと全部分かってる訳じゃないから、やっぱり勉強してから生徒に話すしかない。

ただ、その武田鉄矢さんが物凄く意味深で的確な言葉を吐いた。

「韓国の人は、日本を恨むことをやめたら韓国人じゃなくなる。」

これは武田鉄矢さん本人の言葉だと思ってる。

成る程と思ったよ。

皆さん、認識を改めましょう。

世界中の国々で日本人を恨むのが韓国人。

皆さんいいですかぁ、もう一度言います。(金八先生風)

日本人を恨んでナンボが韓国人。

武田鉄矢の名言だわ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

悩んでます。

また愛車ティーダ・ラティオが庭でスタック(タイヤ埋没)してます。

あと、もう少しで道に出られたのに。

一応、4WD (補助モーター式)のはずなんだが。

故障したのかFF (前輪駆動)になってる。

頭にきたんで、ちゃんとした4WD のクルマを買おうかと悩んでます。

前から欲しかったクルマがありました。

中古車情報みたら不人気車になってました。

俺は格好いいと思うんだが。

新車の価格に比べたら、信じられない安値が付けられてる。

嘘だろ。

ちょっと落ち着こう。

俺さぁ、スバルの水平対向エンジンって乗ったことないのよ。

雪国で一度スバルの4WD に乗ったら他が乗れなくなるっていうよね。

だけど俺、呪われてないかなぁ。

俺の親父はバカだから、若い頃に実家の近所でスバルのレオーネ4WD の新車試乗会をやってたんだって。

ウチの親父はバカだから、「これかい?レースで活躍中のクルマって?」とスバルのセールスマンに聞いたらしい。

「はい、そうですよ。レースで大活躍です。」と答えたセールスマン。

ウチの親父はバカだから、こう言った。

「じゃあ、このクルマもレース(WRCラリー)みたいにジャンプしても壊れないのかい?」

セールスマンは大丈夫と答えた。

ウチの親父はバカだから、試乗した数分後にジャンプして車体をくの字に曲げたレオーネが完成した。orz

「お前が大丈夫って言ったんだからな。」とバカ親父はそのまま帰ってきたそうだ。

これ実話だから。

しかも、そのレオーネをくの字に曲げた場所って俺の自宅のすぐそばなんだよね。

スバルに祟られてなければ良いがなぁ。

神様、どうかレオーネの怨霊が出ません様に。m(__)m

親の報いが子に報い。

ウチのバカ親父のせいで気が引けます。

でも、俺が始めて買って乗ったクルマはスバルの軽トラだったから大丈夫か。

真面目に購入を考えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜の晩飯は

実家からお米とミカンとサキイカと煎餅を貰いました。

ミカンは冷蔵庫で冷凍ミカンに。

煎餅は速攻で食べました。

サキイカは?

サキイカで晩飯のおかずが作れないかとネット検索してみると意外に多くの料理があって、その中で『サキイカの炒め物』という料理を見つけた。(サキイカ料理人気ランキング3位です。)

サキイカを一時間ほど水に浸してからザルで水を切り、砂糖とみりんと醤油を調味料にしてフライパンで炒めます。

完成したら佃煮みたいですね。

今夜の晩飯は、サキイカ丼です。

冷蔵庫にはママカリもあるんですがね。

どんな味なんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タモリという文化

俺、コミュニケーション障害ではないが、自分が好きなんで相手に構わず好きなこと喋る癖がある。

お客として相手してくれる人は何とも思わないが、そうでない人には申し訳ないと思うので、伝え方の本とか心理術の本見て勉強してます。

安い頭なんで、1冊から1つだけでも覚えれたら御の字だと思ってる。

頭を通して、必要なものがあったら必ずそれが引っ掛かるはずだから。

何も覚えてないということは、自分にとって必要がなかっただけだと。

ホリエモンさんみたいな頭脳明晰なら全部頭に入って良いんだろうが、俺にはそんな能力はない。

正直、俺の能力てのは、納得できる答えを探すまでやってみることだけなんだよね。

かつて、九州の天才と呼ばれた人がいました。

それが笑いの天才タモリさんです。

天才と呼ばれる人は、他人からそう評価される人をいう。

天才は自分を天才とは言わない。

人からそう言われて、喜ばれるから頑張る人が天才だ。

話を戻して、コミュニケーションの勉強に『タモリさんに学ぶ雑談の技術』という本を読んだ時に、話の上手い人は相手に話させて会話のリレーを楽しむ能力が長けているのだと思った。

タモリさんはそれが物凄く上手い。

話のネタをサーブして相手が返しやすい所に打ち込み、たとえ相手が飛んでもない所に返しても、徹底して相手が返しやすい所にまた打ち込む。

しかも、会話のリレーは加速し、どんどんリレーのペースが速くなる。

そうすると会話が止まらない。

相手もいくらでも気持ちよく返せるからタモリさんを好きになってゆく。

しかし、会話を続かせるためには豊富な知識が必要です。

知識ってのは本や新聞、インターネットでも手に入るが、人の話を聞く能力も無ければ3次元の情報にはならない。

ここら辺がコミュニケーション能力なんだろうな。

会話って端的にいうとセックスに似てるんだよ。

自分の気持ちよさだけ求めると相手は喜ばない。

いつまでも長く続ける為にはお互いに相手が気持ちよくなることを考えなくてはならない。

自分の気持ち良さだけを考える人には、ハードルが高い儀式と言える。

俺も人のこと言えないが。

漫画家の赤塚不二夫先生が亡くなった時に、弔辞をタモリさんが読んだ。

真っ白く何も書かれていない紙を持ち、さもそれに文章が書かれているかの様に弔辞を述べるタモリさん。

最後の言葉は感動的であった。

「私もあなたの作品の1つです。」

赤塚不二夫先生が漫画で描いたキャラクターを、そのまま具現化した実在の人物がタモリという人間であると自ら宣言した。

日本では漫画は文化であり、そのキャラクターもまた文化だ。

赤塚不二夫先生のナンセンスギャグを具現化した人間がタモリさんなら、タモリさんも立派な文化です。

タモリさんは、リクエストされた無理難題を面白おかしく真似(形態模写)することが得意だ。

それが多くの文化人に認められタレントになることを奨められた。

そのタモリさんを最も応援した人物が赤塚不二夫先生だった。

九州の天才と呼ばれ、東京でお笑いタレントとして成功してからも沢山の人を楽しませたタモリさん。

この人がいなくなったら日本はつまらなくなるだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのトースト

平社員さん、コメントありがとうございます。

波怪のエンジンが気持ちよく回るのは、メカニカルロスを今までとは全く別の方法で減らしているからです。

今までに見たことない新しい方法なので、なかなか理解されません。

俺の波怪を乗った人はよく分かるでしょう。

まるじさんも先日の練習会の時に波怪に乗って衝撃を受けた感じでした。(派手なパフォーマンスのせいもあると思いますが。)

乗り易い。

これにカブは尽きるんです。

なんたってカブの開発者がそうしたバイクですから。

俺は乗り易くする為にエンジンやライダーの受けるストレスを減らすチューニングをしただけです。

別次元のチューンナップは理解されるまで、まだまだ時間が掛かりそうですね。


お米を切らしてトーストを食べてます。

実は、丁度良かった。

数日前に作った梅干しジャムが予定よりもかなり早く完成したからです。

ブルーベリーなら完成まで1ヶ月は掛かるのですが(煮込まずに作る方法で。)、梅干しは果肉が軟らかいせいか、砂糖と馴染むのがすぐでした。

今、二皿目の梅干しジャムトーストを食べるとこです。

百円ショップに行って、小さい瓶容器を買ってきて梅干しジャムを小分けしたいですね。

他の人に是非食べてほしいから。

梅干しをくれた知り合いのお婆さんにあげたいな。

あなたの梅干しはこんなに美味しい。

感謝の意味も込めて。

なんて独りよがりなんだ。

バカみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいアイデア

波怪のインジェクションの凄い奴を作ろうとして、Φ24バタフライバルブ確保のためにPCX125のインジェクションをオークションで落札した。

新しく作るインジェクションには、整流板とミクシングプレート(噴射されたガソリンをぶつけて撹拌させる板。)を装着し、口径を24 ㎜に拡げるつもりだった。

ところが、まだ作ってない。

整流板とミクシングプレート自体は口径22のインジェクションで試して成果を確認している。

なんか、同じことするのがつまらないんだよね。

そこでミクシングプレートに変わる撹拌方法を考えてみた。

実は、炒飯を作って食べた皿とスプーンを洗おうとして水道の蛇口を捻ったら、蛇口から出た水がスプーンの窪みにぶつかって派手に拡散した。

「これだ。撹拌じゃなく拡散させよう!」

今度は、ミクシングプレートで撹拌させて空気と混ぜるのではなく、拡散させて空気取り込んでもらう。

この拡散という方法は、最近のロードレース用マシンのインジェクションのインジェクターが、空気を取り入れるファンネルの外からガソリンを噴射していることからも有効なのが分かる。

波怪のインジェクターはインジェクションに付いていて、噴射したガソリンはインジェクションの内壁にぶつかる。

そこに窪みをつけたら良いのではないか?

エンジンのチェンジロッドが折れて交換が必要だから、そのついでにインジェクション内壁に窪みを付けてやりますよ。

これならハンドドリルで軽く揉むだけ。

イケるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

一夜限定公開

悪魔のテクニック『3速オートマ運転』の動画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

120 cc ボアアップキット

波怪のチェンジロッド交換のついでにハングアウトってショップの120ccボアアップキットを組もうとパーツの問合せをしました。(今現在の波怪はタケガワ125cc。)

しかし、ハングアウトでは現在パーツでの販売を止めているそうです。

ハングアウトで組んだエンジンみたいに調子が良くならないことが多いことから、パーツの評価が悪くなることに堪えられないからだとか。

気持ちはよく分かります。

俺のpeaky _ parts のカブ110 フルチューンキットでパーツをまとめて販売する切っ掛けもそうでした。

調子が悪いエンジンが振動が酷くて、それを抑えるために振動が減るバランサー・カムスプロケットを組まれて、「効果がない。」とされたこともあります。

振動の原因は明らかに燃料調整が合ってないことから発生していて、それを改善しない限りバランサー・カムスプロケットを組んでも振動は減りません。

しかも、エンジンの負担やロスを減らすことでパワーアップするキットなので全てのパーツが揃って始めて本当の実力を発揮します。

調子が良いエンジンをより調子良く。

これがフルチューンキットです。

ハングアウトのボアアップキットも安くない値段だけに、大したパワーアップが望めないとなると文句も出ますよね。

今はエンジン持ち込みか、マシン持ち込みでのボアアップしかやってないと言うことなので、予約してもらいました。

二ヶ月待ちだそうです。

チェンジロッドの修理が終わってから車体ごと持ち込みしたいと思います。

波怪を持ち込んだ時が楽しみですね。

「なんじゃこりゃあ!」

多分。そう思うことでしょう。

人を驚かせるのが三度の飯より好きな俺にまた楽しみができました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

乞食の国

言わずと知れた韓国のことである。

この国が乞食の国だと証明する証拠を見つけた。

その証拠がこれ。

『嘘も繰り返せば真実になる。』

『泣く子供は餅を一個余計に貰える。』

これは韓国の諺。

民族の民度の高さを示す諺。

つまり、こんな諺が存在して、それを実践する民族がいるっていう事実。

乞食は癌細胞と同じ。

切るか死滅させるしかない。

癌末期になって、共存して死を迎えるなんて真っ平ゴメンだ。

乞食は食い物無ければ糞まで食う。

国交断絶してみな、すぐに北朝鮮と一緒になるよ。

その時は、「良かったね、悲願が叶って。」と祝福しようぜ。

サッカーワールドカップの対日本戦で北日本大震災後の「震災おめでとう!」の垂れ幕は一生忘れない。

これだけは韓国人を真似して一生忘れない。

いいか、日本人は韓国に震災が起きても援助はするな。

恩が仇に変わって返ってくるだけだ。

もう一度、言うよ。

韓国に天災、震災、テロ、戦争で被害があっても、けして援助してはならない。

癌細胞に栄養素与えてどうなる。

困るのは日本だ。

ここまで言って分からん奴は、自分の家族を殺した犯人を死刑にさせまいと頑張る弁護士くらい頭がおかしい。

なぁに、韓国を全無視するだけで良いのだ。

簡単なもんだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

出光のオイル

映画『海賊と呼ばれた男』を観てきました。

映画のモデルになったのは出光興産の創業者。

戦時中、満州鉄道に凍らない潤滑油を売ったのは有名なエピソードです。

出光興産の潤滑油は脱蝋装置という機械で蝋分(ワックス)を取り除いています。

この蝋分が氷点下でオイルを凍らせる。

元々凍り難いオイルを選び、そこから更に蝋分を取り除くことで氷点下30度程度なら全く凍らない潤滑油を作り出せる。

南極探険隊の雪上車にも出光興産の潤滑油が使われていました。

来季の冬には出光のバイク用オイルを使ってみたいな。

若い頃、最初に働いた職場が出光興産のマークを飾ってる東京のガソリンスタンドでした。

経営者が出光興産の株主らしく、出光興産の業績に惚れて取り引きを始めた人です。

出光興産本社直営ガソリンスタンドで1週間ほど研修も体験しましたよ。

小泉今日子さんがマネージャーの運転する金色アコードでやって来て、50 ㎝くらい近くで挨拶したんだよね。

背も小さかったけど、顔がもっと小さいからテレビだと小さい見えない。

おっと、話が脱線したな。

さっき紹介した脱蝋装置のことも、この経営者から教わりました。

出光興産は機械加工を行う工場で使われる切削油や機械油の評判が良い。

やはり、それも脱蝋装置で蝋分を取り除かれているせいです。

機械の暖気運転に要する時間が短く、精度を求められる加工で要求する値に合わせ易い。

ガソリンスタンドで売られる潤滑油にはアポロ(アポロン)のマーク。

機械加工に使われている潤滑油にはダフニーのマーク。

共にギリシャ神話の登場人物です。

どんな思いが込められているかは分かりませんが、神の子の名前を付ける価値はあるってことでしょう。

話は映画『海賊と呼ばれた男』に戻りますが、出光興産の逸話にイランからの原油買い付けあります。

イギリスに支配されていたイランが独立し、それまでイギリスに取り上げられていた原油を自由に売る権利を持ちました。

しかし、イギリス海軍がイランに原油を買い付けにくるタンカーを拿捕したり、攻撃を加えると脅迫します。

出光興産のタンカーはイギリス海軍の軍艦を出し抜き、イランの原油はイランに所有権があり、イギリスに文句を言われる筋合いはないと主張しました。

その功績がイランで評価され、イランでは日本ブームが起きたそうです。

イラン人で日本に因んだ名前を付けるのが流行ったそうですよ。

当時、イランの人からすれば日本の出光興産は英雄です。

出光興産が一番最初に買い付けたからこそ、イギリスは手が出せなくなった。

そして、イランの石油が世界中に自由に売れる様になった。

切っ掛けはいつも日本。

でもまぁ、岡田准一主演の映画はハズレ無しですね。

目から大粒の汗が出っぱなし。

また日本が好きになりました。

力のある者に媚びない生き方。

勉強になりました。

役に立てれるかは知らんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道楽効果

平社員さん、コメントありがとうございます。

そうですか、道楽買いましたか。

皆良い顔してたでしょう。

来年は平社員さんも是非参加してください。


そのバイク雑誌『道楽』で田沢湖カブ・ミーティングが取り上げられたせいか、見知らぬ人から挨拶される様になりました。

赤いタイカブにオレンジ色のレインウエアで、「おお、あれは道楽で見た奴だ!」とか思うのか反応してくれます。

今日は映画観た帰りに交差点で信号待ちしてたら、茶色の10 t ダンプの運転手からホーンを鳴らされ、これ見よがしに手を振られました。

まるで珍獣を見たみたいに。

田沢湖カブ・ミーティングでは、俺以外の参加者は皆さんカブなので見分けがつきませんが、俺の波怪はすぐに分かりますからね。

まぁ、喜ばれるのも一時だけです。

でも嬉しく思います。

さて、春には波怪がもう少し速くなります。

鍛造ピストンは値段高いけど、仕事でちょっと稼いだから注文しちゃうよ。

諭吉が何枚か飛ぶけど頑張ったもん良いよね。

しかし、チェンジロッドが折れるって聞いたことない故障です。

部品の品質が落ちたかなぁ。

ちょっと考えられないですね。

ホンダらしくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貴重な体験

映画『海賊と呼ばれた男』を観てきました。

波怪で。

映画を観に行く時は、なるべくバイクで行くと決めてます。(デートは除く。)

快調に走ってたら、シフトペダルがない!

シフトチェンジのロッドがペダルの付け根から折れてました。

映画に行くのを諦めようかと思いましたが、悪魔のテクニックを使うことにしましたよ。

その悪魔のテクニックとは?

カブに乗ってるお年寄りが使う伝説のテクニック『3速オートマ運転』です。

つまり、ギアは3速固定で全て走るというクラッチにとても過酷な運転です。

これをやったのは、波怪が鉄板で転けた例の事件以来。

やってみたら、波乙の峠仕様よりも速かった。

最高速は同じだけど、加速はまだ波怪の方が速い。

まぁ、クラッチを労って速度が上がるまでは加減しますけどね。

途中からシャクリ(車体を上下に揺すり半クラに近い状態を無理矢理作るテクニック。)を使ったら大分マシになりましたけどね。

3速オートマ運転をやってみたら、意外な事実が分かりました。

波怪と波乙にはタケガワのスポーツカムを使ってます。

波乙にタケガワのスポーツカムを入れた際に、燃費が驚くほど向上しました。

モトクロス仕様のギア比なので、峠仕様に比べて超ショートです。

今回、3速オートマ運転だと時速80~100キロでエンジン回転数は8000~10000回転です。

あっ、ちなみに他のクルマの流れに合わせて走ってます。

雪が消えて、皆さんここぞとばかりにアクセル踏んでますので。

いつもの4速に入れて7000~8000回転で走るよりも2割ほど燃費が上がってます。(燃料メーター上。)

いつもは燃料メーターの針がエンプティーぎりぎりになるところが、メーター上半分からちょっと越えたくらいに。

いつもツーリングで使う時速90キロ程度なら3速で8000回転 からリミッターが作動する10000回転まで回した方が燃費が良い。

つまり、タケガワのスポーツカムは回し気味で走ると燃費が良くなるという事実。

長年タケガワのスポーツカムを使ってきましたが、今になって知りました。orz

話は変わりますが、どうせエンジンを割ることになるのでピストンを鍛造ピストン120ccにします。

昨年に大潟村ソーラーラインで行われたカブ&ピースのカブ・ミーティングで、この鍛造ピストンを使ったカブ110に乗る機会がありました。

かなり良い感じに走ります。

このピストンを使った波怪に乗ってみたいなと思ったほどです。

春にはエンジンを新規開店させますよ。

結果をお楽しみに。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

床屋に行くと、「髭の形が良いねぇ、一度伸ばしてみたら?」とやく言われる。

若い頃、無精髭を伸ばしたことがある。

そしたら、モトクロスの師匠に、「お前は何時からそんなに偉くなったんだ!」と怒られた。

それから30年髭は伸ばさないつもりでした。

一度だけ、大人になってからグレて伸ばしたんだけど、それを悲観した先輩に、「もう一回モトクロスをやろうよ。」と言われてバイクの世界に戻ってきた。

それ以降、髭は伸ばさないでいます。

床屋さんに言われると伸ばしたくなる時もありますが、あの時に言われた、「お前は何時からそんなに偉くなったんだ!」を思い出しますね。

昨年から、またモトクロスを始めました。

高校生の頃にモトクロスを教えてくれた人もモトクロスをまた始めてました。

この人の憧れの人が、モトクロスの師匠です。

その師匠に憧れて、スーパーマリオみたいな髭を生やしてます。

本当にそっくりです。

二人の師匠に少しでも近づくために、モトクロスを俺なりに真面目にやりたいな。

目標は、あくまで登別雪上レース優勝。

何年掛かるか分からないし、一生無理かも。

マニアックな小規模レースですが、雪上レースの難しさは本物です。

出不精の俺にまだ燃えるものがありました。

雪百(XR100R)で頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎年すること。

毎年、波怪の雪道動画を撮影してます。

毎年、同じ場所を走ることで波怪の速さの比較ができるからです。

動画を撮る様になった当初は大した速さではなかったのですが、数年前からちょっと速過ぎる感じがしてYouTubeに数日公開してから未公開にしています。

昨年は、秋田県庁との裁判でアンチピーキーが増えたのでYouTubeには記録としてアップロードしていますが、公開はしていません。

動画をダウンロードされて、通報されると嫌なので。

まぁ、速度的には大したことないので赤キップもらうくらいですがね。

それでも、他のクルマとの速度差がかなりあるので気が引けます。

今年の撮影はまだしてません。

このまましなくても波怪は速くなってます。

しかし、昨年よりもチューンナップが進んでますから、できれば撮影したいなぁ。

天候次第ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正男君の夢

毒殺されたとされる金正男。

彼は親日家でヤクザ映画が好きだった。

背中には日本風の刺青があるとか。(未確認。)

次長課長の河本にモノマネされてましたね。

彼がもし、北朝鮮指導者の後継者だったら北朝鮮は一気に民主化したと思う。

そして、彼は初代大統領になったはずだ。

北朝鮮の悪いところを外の世界から見てるからなぁ。

そうすると、都合が悪い人や国があるんだろうね。

今の将軍様にもしもの事があれば、首のすげ替えにされる正男君。

腹違いの弟である現将軍様は、代わりがいたんではおちおち枕を高くして眠れやしない。

いつかは殺してやろうと思っていたが、とうとうその時がきた。

もしも、もしも仮に正男君が将軍様になったら、韓国を飛び越えて日本に近づくことだろう。

日本人拉致問題も何の得にもならんと解決させていたことだろうよ。

あの世で憧れの高倉健さんや菅原文太と出会えることを願ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

道楽vol.16

平社員さん、マキオ会長、コメントありがとうございます。

平社員さん、今回発売中の道楽はヤバい走り屋が普通のバイク乗りのふりして特集されてます。

ぜひ、買ってください!

マキオ会長、買いましたか。

マキオ会長が一番雑誌向けの格好してて憧れますわ。

田沢湖カブ・ミーティングの楽しさが伝わる良い記事でした。

つー訳で、道楽って雑誌はバイク乗りとして特化した人間が取材を受けてますね。

アンダーグラウンドな世界で自らの存在を誇示する人達です。

ヤバいです。

何がヤバいって?

言えません。

俺から言わせてもらうと、

「お前ら、素顔晒して大丈夫か?」

ですね。

まぁ、俺も人のこと言えないけど。

俺の場合、捨てるものなど自宅の鍵とバイクくらいだから気にしてませんが。

道楽は、アウトローライダー見本市。

それとも、現在は過激なことを卒業したOB ってことなんですかねぇ。

皆さん、いい大人になったってことで。

めでたし、めでたし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

祝盃

ノンアルコールビールで祝盃を挙げてます。

何があったって?

ポッカリと胸に穴が空いた様な気分でした。

自宅の鍵、クルマの鍵、ダンプカーのスペアキー(2t 、4t 。)、工場入口の鍵が纏めて紛失してました。

今朝に帰宅して、自宅に入ろうとしたら鍵がない!

ダンプカーの運転席にもない。

慌てて落とした場所に探しに行こうと思ったが、仕事の疲労でとりあえず眠ることに。

自宅には、この様な事態を想定して秘密の場所に自宅のスペアキーを隠して在ります。

そして、目が覚めたら昼。

さて、鍵を探しに行こうかとダンプカーの暖気運転をして、何気なく運転席のシートの真下を見たら有りましたよ鍵が。

天にも昇る様な気分になり、和室の神棚に手を合われて感謝。

冷蔵庫からノンアルコールビールを取り出して祝盃です。

もし、見つからずに鍵を新たに作るとしたら数万円掛かったでしょう。

良かったよ、本当に良かった。

一時はどうなることかと思った。

次から鍵を絶対に無くさない対策を考えます。

いやぁ、本当に良かった。

神様、仏様、御先祖様、お爺ちゃん、お婆ちゃん、ありがとうございました。

我、安堵す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

こ、これは!

セブンイレブンでスターバックスの『さくらラズベリーミルク』というドリンクを買った。

一口飲んでみると、

「こ、これは!」

口一杯に拡がる便所の芳香剤の香り。

しかし、不味くはない。

ただ、(比較的に)高いお金を出して飲む価値があるかは好みで分かれる。

俺はあまり好きではないだけ。

これだけ変なのに不味くはないのだから、流石はスターバックスだと思う。

| | コメント (0)

感謝

徹夜で除雪の仕事をして、危ないと思うこともあります。

無事に帰ってきたことに感謝しております。

無理はいけません。

マイペースを崩さずに、危険を感じたら対策も。

死んだら何にもならん。

今夜で今期の仕事も終わりでしょう。

春はもうすぐ。

秋田県庁との裁判も。

あと一回したら判決だな。

今年の春は騒がしくなりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

田沢湖カブ・ミーティング2017が雑誌に掲載されました。

バイク雑誌『道楽vol.16』に田沢湖カブ・ミーティングが掲載されました。

参加した皆が楽しそうにカラー3頁で誌面を飾ってます。

興味ある方は見てください。

できれば買ってくれるといいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

言葉がない

パワハラとかモラハラとか、色んなハラスメントがあるが、行政が国民に対して嘘や捏造の不誠実な態度を取り、それが裁判になると次々と嘘や捏造を重ねる行為をなんと言えばいいのか?

言葉がない。

欧米なら言葉があるのかな。

例え法廷で勝ったからといって、それで何か変わるわけでもない。

しかし、やられたことは事実だ。

行政は自らの非を絶対に認めない。

認めないがそれが事実だと認めさせるには裁判に勝つしかない。

行政訴訟は、原告の主張に聞く耳を立てる裁判長がいるかに掛かってる。

裁判は行われても、全ての証拠が完璧に揃ってないと棄却される。

全て証拠が完璧に揃うなんて、まずあり得ない。

行政が自分を騙そうとするなんて普通は考えないからね。

秋田県庁は初めからおかしかった。

だからスマホで示談交渉を撮影した。

残念なことに撮影した映像の3本の内、1本をスマホの故障で消失させてしまった。

秋田県庁との裁判が進むにつれて分かる事実。

消失した映像が最も重要なものだった。

その証拠がないことで秋田県庁の不法行為は簡単に無いことにされたよ。

はっきり言おう、行政訴訟は裁判長次第。

俺は行政が行うハラスメントには屈したくない。

後世の為にも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜鍋

人間、必要な栄養素が欲しくなると、「あーっ、○○○食べたい!」となりますね。

昨日は牛乳がそれでした。

イライラしてカルシウムが足りなかったせいでしょうか?

今朝は、「野菜鍋を腹一杯食べたい!」となりました。

早速、昼御飯までに作ります。

魚介味(出汁は煮干しとツナと鰹節と鰰の魚醤です。)で野菜を煮込みます。

味付けは超薄味。

食べる時はポン酢に浸けて食べたいから。

野菜を鍋の蓋が閉まらなくなるくらい入れました。

最近、除雪の仕事でコンビニで買う食事が増えたので、野菜が欲しくなったんでしょうね。

今朝の俺には、野菜鍋か物凄い御馳走に思えます。

あっ、しまった。

ノンアルコールビールがない!

我慢するかぁ。

今日の仕事は夕方から。

それまでマッタリしてますよ。

ただ、運転前にダンプのグリースアップしたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

下書き

実は、昨日書いた記事『司法と行政の闇1~4&まとめ』と今日書いた『身体検査』は雑誌に掲載される原稿の下書きです。

これがパソコンから見るネットじゃなく、全国誌の記事になったら面白いと思いませんか?

日本の法律、行政、司法を全面的に批判して、それが全て体験談だという。

建前的に作られた組織や制度。

それに何の意味がある。

その全く意味のないものに使われる税金。

俺達は税金を払うだけが取り柄の公務員の家畜じゃない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時々思う

時々自分でも思う。

俺は頭がおかしいんじゃないかと。

そして、自分で自分が恐くなる。

正気になった時に心底反省する。

しばらくはこれで普通に過ごせる。

でも、また何かの拍子におかしくなる。

それの繰り返し。

歳と共に回数はかなり減ったけどね。

自分にビビる、ビビリバビデブ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身体検査

秋田地方検察庁でさ、秋田県庁職員を告訴して不起訴処分にした時に、本来なら不起訴処分した理由を告訴人に伝えなければならない。

秋田地方検察庁の神田検事は、俺が理由を聞くまで知らんぷりを決めた。

俺が不起訴処分の理由を聞くために秋田地方検察庁に行くと、神田検事の他に職員数名が俺を身体検査。

IC レコーダーで録音やスマホで撮影されることを恐れた。

隠さなきゃならない理由ってなんだよ。

それもそのはず、全て俺の告訴通りだが問題ないとしたからだ。

公務員の嘘や捏造は直接的な実害ないからと。

俺が後から検察庁は不法行為の事実を確認していると言っても証拠を取らせない構えだ。

最高検察庁に苦情を言ったら、「私達は例え相手が総理大臣でも不法行為は許さない!」だとよ。

とんだ正義の味方だよ。

鼻で笑ってやった。

総理大臣どころか地方公務員の不法行為も目を瞑るのにな。

公務員てのは特権階級だとよく分かりました。

これじゃあ捕まらんわ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛丼食べたい。

今日も早朝から除雪の仕事。

うっかり財布の中身を足すのを忘れてしまった。

朝飯抜きで仕事してます。

昼にATMでお金を下ろしてから吉野屋にダッシュしますよ。

さっきからお腹がぐうぐう鳴ってる。

最高に美味しい牛丼が食べれそうですね。

楽しみだぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは何とも

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

こちらからは何ともとしか言えません。

例えるなら、受験して合格発表しない内に、「俺、合格した。」とは言わないでしょう。

第3者の判断で争われるだけに、如何に自分に対して有利に物事が運んでいても安心なんてできません。

いつだって『勝負は蓋を開けてみないと分からない。』ですね。

ただ、言えることは秋田県庁側が自分達の主張を何一つ証明できていないということです。

秋田県庁は、俺の発言から請求された文書を判断したとしていますが、それがいつの何という発言かも。

被告が偽の情報公開システムを書面で裁判所に提出した直後に、俺はそれは嘘だと分かる言質を広報公聴課・岩出翔太から取り、DVDと反訳文にして裁判所に提出しました。

嘘の情報公開システムが捏造である証拠が裁判所に提出されたことによって、慌てた被告代理人の湊弁護士は、「それで判断したとは言っていない。」と自らの主張を覆した。

証人尋問でも、「その様な情報公開システムは本当に存在するのか?」の俺の問いに、「ありません。」と答えた岩出翔太。

裁判で被告側証人になった道路課・讃岐祐樹及び広報公聴課・岩出翔太に嘘の陳述書を書かせ裁判所に提出し、その嘘を証言台において俺の反対尋問から嘘とはっきりさせられた二人。

ちょっとバカ過ぎました。

それでも、「勝てる。」とはとても言えません。

判決が下されるまで安心は全くできない。

行政訴訟は本当に難しい。

結果予想はしても口に出せないとしか言えませんね。

ただ、裁判長は判決を早く出したがっているとだけ言っておきましょう。

宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

司法と行政の闇 まとめ

要するに、公務員にモラルを求めるのは、とっても難しいって話でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

司法と行政の闇4

地方公務員法というものがある。

地方公務員はこうあるべき、公務員としての義務を果たせとする法律だ。

もちろん、この法律にも懲戒処分などの罰則がある。

公務員として、相応しくない行為が行われた場合についての法律は存在しているのだが、いったい誰がそれを取り締まるのか?

県民が行わなくていけない。

しかも、何の強制力もない。

県議会議院や知事に、苦情や相談を申し立てて県議会で問題にしてもらわないといけない。

しかし、実情はなかなか動きません。

俺が地元の県議会議員に相談したら、問題の建設部に脅されて帰ってきた。

しかも、後から俺がどんな人物か、その県議会議員の事務所に調べに来たという。

体のいい圧力だ。

佐竹知事は秋田県庁出身。

俺が苦情を公開質問状として告発しても、問題を起こした建設部にただ怒るだけ。

「お前達が何とかしろ。」

それで終わり。

県議会議院も、問題視してくれる議員がいなければ議会で審議されることもない。

マスコミ等で既にニュースとなった問題なら興味も出るだろうが、話を聞いて終わりが関の山です。

それも、議員によっぽどのコネがないと話もまともに聞いてもらえません。

なので、公務員の公務員らしからぬ振舞いに対して、よほどの力を持った人物でしか戒めることはできない。

つまり、俺の様な一個人が、「この様な公務員として問題のある行為は如何なものか?」と騒いでも、公務員は何も変わらない。

やはり、マスコミなどで世間が騒がない限り何の変化もない。

マスコミに取り上げてもらうには、民事訴訟で公務員の行いに問題があると損害賠償が認められない内はどうにもならないのだ。

公務員を直接処分できるのは、その上司だけ。

公務員は公務員の味方です。

公務員が存在する様になってから、それは変わりません。

法律、行政、司法と色んな組織に公務員の問題行動を戒めるための機関はあるが、実際に役に立っている、機能している機関はゼロに等しい。

これが俺が秋田県庁との戦いで知った真実です。

分別のある民族と呼ばれる日本人。

でもそれは、ことなかれ主義を美徳としているだけではないのか?

俺はそう感じた。

己の立場を守るために県民に平気で嘘をつく秋田県庁。

俺は絶対に許さない。

必ず後悔させてやる!

まぁ、仮に後悔させることが出来たとしても秋田県庁は反省しないだろうがな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

ごめんなさいね。

過去の経験から、いきなり清書せずにブログ記事を書いてます。

文章がおかしいのは、徐々に直すスタイルなので勘弁してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法と行政の闇3

秋田県庁と裁判が始まった。

道路工事の事故に関して被告(秋田県庁)の瑕疵を問う裁判だ。

実は、裁判所の判決には地域差が存在する。

全国の裁判所の判決は全て同じではない。

特に秋田県では悪い慣例があって、道路工事に関する事故で行政側の責任を一切認めていない。

過去の道路工事の不備から発生した交通事故の裁判で、秋田県庁の責任は全て認められず棄却判決に終わっている。

行政側の責任は無いとする判決だけが下されるのだ。

幸運なことに、俺と秋田県庁との裁判を担当した裁判長は、俺の主張を認めて和解勧告を出した。

俺には損害賠償請求を諦めろ。

秋田県庁には、「今後、道路工事での事故防止に努めよ。」という命令書を出す。

この和解勧告を秋田県庁が受け入れることで、また似た様な事故が発生した場合に、次には他県の裁判所と同様にちゃんと判決が出せるとの説明を裁判長から受けた。

つまり、秋田県庁は事故防止の努力を怠ったと判断されることになると。

考えられるかい?

よその県では行政側の責任をちゃんと審議して、秋田県では全て被害者側の運転ミスや前方不注意などで片付けられてしまう事実を。

裁判長は何度も秋田県庁に和解勧告を受け入れる様に説得した。

しかし、今まで全ての裁判で行政側の責任を認めていない情況を秋田県庁が良しとしない訳がない。

当然、秋田県庁が和解勧告を受け入れることはなく、判決が下されることとなる。

「原告の訴えを棄却する。」

裁判長も人間だ。

自分の提案した最良の判断を無下にされたら面白いハズはない。

棄却判決は俺も悔しかったが、裁判長も悔しかったと思う。

そして、その裁判長は、俺が訴えた『情報公開請求で請求した文書を有しながら存在しないとして非公開決定したことに対する損害賠償請求訴訟』の裁判長でもある。

もう、秋田県庁の嘘は通用しない。

この裁判は初めから秋田県庁に対して厳しい態度が取られた。

口頭弁論、証人尋問と青ざめる秋田県庁。


今の俺は、裁判長が今の姿勢を崩さないことを祈るばかりです。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法と行政の闇2

情報公開審査会は、請求内容を変えることで、「見解書(俺が請求した文書)に署名捺印した人物は連絡員であって、事故の過失割合を決定し、調査をした人物ではないので、過失割合及び調査をした人物を特定する文書は存在しないとして、非公開は妥当であった。」とする独自の理論で俺の異議申し立てを棄却した。

通常、保険会社の担当者とは、保険会社から事故の内容を確認するために加害者側に接触する人物をいう。

秋田県庁が主張する連絡員こそ担当者。

過失割合を決めた云々ではない。

秋田県庁は見解書(請求時には文書名は分からず。)を俺に公開したくなかった。

何故なら、見解書には秋田県庁の過失をしっかり認めてはいるが、過失割合の決定に関しては何の根拠もなく決定されているのが一目で分かるからだ。

過失割合に関して見解書の記述は僅か二行の簡単なものであった。

つまり、見解書の過失割合については信頼性に乏しく、秋田県庁の意向に添った判断であったことが容易に分かる。

俺は秋田県庁の不誠実かつ、不法な行為に対して裁判で争うことにした。

しかし、情報が圧倒的に足りない。

裁判するに当たって、始めに秋田県行政相談室と人権相談センターに相談することにした。(情報公開請求はこの後に行う。)

秋田県庁内にある秋田県行政相談室に苦情を申し立てた。

ところが、秋田県行政相談室の調査には強制力はなく、俺同様に嘘と捏造を伝えられて終わった。

法務局の人権相談センターにも相談して調査を依頼した。

しかし、ここでの調査も強制力はなく、秋田県庁は自らに不都合な情報を一切教えなかった。

俺は秋田県庁の不法行為に対して告訴をした。

示談交渉時に説明された保険会社及び建設会社の本来の契約とは違う嘘の説明、公文書に嘘の記載をしてまで情報公開を拒んだ虚偽公文書作成の罪でだ。

秋田地方検察庁はなかなか捜査を始めなかった。

その訳は後で分かる。

俺は捜査をさせるために、仙台高等検察庁と最高検察庁に苦情を申し立てた。

捜査はようやく開始され、その結果、俺が告訴した内容が全て事実と認められた。

しかし、秋田地方検察庁の判断は、「問題ない。」だった。

つまり、行政において多少の嘘や捏造は罪にはならない。

暴力や詐欺とは違い、直接的な被害がないという認識からだ。

行政において嘘と捏造はやり放題という現実。

初めから検挙できないと決まっている捜査をやりたがるはずはない。

俺は秋田県庁職員の不起訴処分が不服で、秋田地方裁判所に付審判請求を行い、秋田県検察審査会には異議申し立てをした。

付審判請求とは、裁判所が任命する弁護士に再度捜査をさせて容疑者の不起訴が妥当であったかを調べる。

ところが、裁判所の刑事部と検察庁とはバディの関係で、検察庁の決定を刑事部はほぼ丸飲み。

但し、検察庁の様に、「問題なし。」では問題があるので、「その様な不法行為の事実は無かった。」とされた。

検察審査会は、元々は付審判請求では公務員の犯罪をなかなか認めずに終わる事が多かったことから作られた制度だが、実情は検察庁の決定を支持する組織となっている。

ある弁護士が匿名でインターネット上への告発によると、検察審査会の仕組みも出来レースと言ってよい。

検察審査会は、不作為に選んだ民間人11人に検察庁の判断が妥当であったかを審議させる制度。

しかし、中身はそうではなかった。

不作為に選んだ100名の民間人から検察庁が選らんだ11人に検察庁の判断が妥当であったかを審議させる。

この11名の選定については非公開となっている。

検察庁が審査する人物に公務員を選べば結果は分かりきっている。 

通常、付審判請求も検察審査会も、請求者や異議申し立て人が話を聞いてほしいと請求すれば、捜査や審査の前に話を聞くのだが、秋田県ではどちらからも、「話を聞きたい。」とは言われずに、いきなり請求や異議申し立てに対して棄却決定の通知書が送られて終わったよ。

ちなみに、付審判請求で公務員の犯罪が認められる確率は10000分の1。

検察審査会で公務員の犯罪が認められる確率は1000分の1である。


続く。

| | コメント (0)

司法と行政の闇

間もなく3年目になる秋田県庁との戦い。

道路工事の不備から俺が事故に遭い、秋田県庁に道路工事の危険を申告すると嘘と捏造のオンパレードが始まった。

示談交渉では、秋田県庁が契約する保険会社について嘘の説明。

秋田県庁と契約する建設会社については、第3者に損害を与えた場合に建設会社か賠償することになっていたが、「建設会社が賠償することはない。」とこれまた嘘。

おかしい話だと、保険会社と建設会社の契約書を情報公開請求するとすぐに嘘が判明したよ。

保険会社が秋田県庁に提出した事故に関しての文書を情報公開請求したら、「そんな文書は存在しない。」と嘘の公文書まで作って非公開とした。

この非公開決定について、情報公開審査会に異議申し立てしたら、ここから出来レースが始まる。

審議する前に俺が情報公開請求した内容を、「事故の過失割合を決定し、調査をした保険会社名と担当者名。」から、「事故の過失割合を決定し、調査をした保険会社の担当者。」に変えろと言う。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

今日も人助け

排雪でダンプに乗ってると、雪で滑って路肩の雪に突っ込んで道を塞ぐクルマが多くいます。

今日も1台。

大学生くらいの女性が軽自動車で前から雪に刺さってました。

何人かの男性が押して脱出させようといましたが動きません。

俺も参加しました。

まず運転席の女性の窓を開けさせます。

こちらの指事が聞こえる様にです。

ギアは既にバックに入ってます。

女性に、「アクセルをバンバンバンと煽ってください。」と指事。

アクセルを踏んだだけの状態だと駆動タイヤはグリップしません。
 
むしろ、アクセルを開けてから閉じた時の方がグリップします。

開いた窓の柱に手を掛けてクルマを押すと即時に脱出。

俺はすぐに声を掛ける。

「はい、ストップ!ハンドル切って前に出て。」

女性が、「ありがとうございました。」と言うが、あえて返事はしない。

ここで返事をすると、他の脱出に関わった人達に悪いからね。

俺一人の力じゃないから。

最後に、「気を付けて行って。」とだけ声を掛けましたよ。

一緒にクルマ押した品川ナンバーのアクセラのドライバーが思わず、「流石!」と呟いた。

地元民の手際の良さに感心したのかね。

秋田の冬にはよくある風景です。

| | コメント (0)

酷い雪だ。

除雪の仕事で秋田市へ。

除雪現場にたどり着くまでの道が除雪されてないから、いつもよりも時間が掛かる。

大きなクルマに乗ってるだけに周りに気を配らないと、事故の元です。

駆け引き、駆け引き。

何とか待ち合わせ時間に間に合った。

たどり着くまでに、道端に刺さったクルマが3台。

その内1台は完全放置状態。

ああならない様に気を付けて頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年2月11日 (土)

土鍋補修

昨晩に鍋焼うどんを作って土鍋の底のヒビが目立ってきたのに気付いた。

そこで土鍋の底の補修っていうか、ヒビ割れ対策します。

お米の磨ぎ汁を土鍋に入れて煮ます。

沸騰したらコンロの火を止めて土鍋が冷えるのを待ちます。

土鍋が冷えたら水で軽く流して終了。

お粥を煮るのも良いそうです。

いっそのこと、磨ぎ汁煮た後にお粥を作ろうかな。

よし、今夜の晩飯はお粥だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事が入りそうです。

ここ2日の雪で除雪の仕事が入りそうです。

仕事仲間から連絡がありました。

秋田市が一斉除雪を決めた様です。

予算が無くて我慢させてましたが、我慢も限界なんでしょうね。

明日の朝から稼働になると思います。

朝早く起きて、ダンプが出れる様に雪掻きしなきゃ。

今年は雪百を買った分だけ稼がないとね。

レースの活動費も掛かるし。

十数年ぶりにモトクロスウェアも購入したいし。

頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

冬眠中

朝起きて、「焼肉食べたい。」と朝から焼肉。

野菜もちゃんと取ってるよ。

昨夜11時まで動画サイトに『幼女戦記』第6話がアップさせるのを待って、それ観てから就寝。

焼肉食べながらセクハラ訴訟の映画観て、途中で気持ち悪くなったんで幼女戦記を口直しにまた観る。

3回くらい続けて観て、『昭和元禄落語心中』第6話を見てから、また幼女戦記を3回観た。

2日前に買った肉の本を読みふけて、「次は八幡平ポークが食べたいなぁ。」と思った。(秋田市まで行かないと。)

何となく、まるじさんが日曜日の練習会で転倒した動画を観て、「俺って、トラブルとか危険な時に笑ってるよな。」と思い、「あれ、そんなに歌なかったっけ?」と気になる。

「ああ、あれだ。」

そう思ってYouTubeで筋肉少女帯の『バトル野郎 100万人の兄貴』を観る。

「♪生まれながらの性(サガ)で、断末魔の時さえ、心で笑う男、戦うかこの俺と君は♪」

たしか、この歌と映画に登場する悪役の皆さんがピンチに笑ってるのを観て、いつの間に俺もそうなってた。

宇多田ひかるの歌でも、「♪悪い予感がするとワクワクするね♪」って歌詞が好き。

ビビって動けなくなるくらいなら笑ってやり過ごすくらいでないと。

恐怖に勝るのは狂気のみ。

実体験でどれだけ味わったことか。

俺がバイクで走って笑ってる時は、100 %ヤバそうな時。

それが不思議に愉快に感じる。

よく考えるとドM ですね。

さて、コーヒー飲みながら、コンビニで買った本『ナチュラルな暮らしの知恵』でも読みますか。

本って良いよな。

| | コメント (0)

2017年2月10日 (金)

改造する

マキオ会長、まるじさん、桜華さん、コメントありがとうございます。

マキオ会長、人と走る時には格好つけるのは良いことでし、見習いたい。

年取ると結構どうでもよくなるので。

今年の集会は、また傘貝のつまみを沢山作りますね。

まるじさん、体よりも心のダメージが大きかったのが見て分かりました。

まるじさん、一度身に付けたスピードを捨てることは俺には無理。

マシンの速さも実力の内です。

フルピンスパイクに戻しましょうよ。

桜華さん、ガキの内は皆バカして当たり前。

ただ大人が限度を教えてやらなきゃ。

何の権利があって?

日本を愛してるからだよ。

マッドマックスのレプリカ革ジャンを改造します。

右肩のプロテクターの位置を少し変更して、スパイク(尖った鋲)を打ちます。

見るからに悪者に。

これは新しいヘルメットに合わせるのが目的。

まぁ、軽いコスプレです。

波怪(WAVE 110 i 改)はインジェクションに新しい改良を加えます。

今現在、波怪に装着しているインジェクションは口径がΦ24になってます。(ノーマルはΦ18.5 )

新しいインジェクションは口径は同じΦ24ですが、インジェクション本体の前後に整流板が付けられ、バタフライバルブは薄型に。

インジェクションの内壁にはサンドブラストで細かい凸凹が付けられる。

波怪のチューンナップは、これで完成。

完成に8年掛かりました。

今年は雪百(XR100R)の方に力を入れます。

目標は、CRF150Rと同レベルで走れるマシンにすること。

来年の雪上レースで表彰台に上がることです。

レースにもなるべく参加しますが、MFJのライセンスが失効しているので、参加するならライセンス無しで参加できるレースになるかな。

峠は波怪。

林道は波乙。

モトクロスは雪百。

キャンプツーリングはダカール。

気が付いたらバイクが増えてる。

もう、増やさんもんね。

このまま増えたら、今まで買ったバイクが70台を超えちゃうよ。

今気付いたが、雪百が丁度70台目でした。

買ったバイクは全部改造してます。

バブル景気の時のクセが抜けないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋焼うどん

銀行行って税金払って、コンビニのレジの姉ちゃんからかって、また別のコンビニで立ち読みしてたら鍋焼うどんが無性に食べたくなった。

コンビニで鍋焼うどんの材料を買う。

4tダンプに燃料を給油しにガソリンスタンドへ。

さぁ、自宅に帰るぞとダンプを庭に入れると乗り入れ口でまさかのスタック(埋まる)。

電線に注意して荷台を上げ 、リアタイヤ前後の雪を取り除いて県道にバック。

荷台を下ろし、県道から勢いを付けて、いつも停めてる位置に何とか駐車。

雪掻きに要する時間よりも、スタックした時のリカバリーに要する時間は何十分の一。

バカらしくて雪掻きなんかやってられっか。

とっ、強がってみせる。

さてと、銀行の帰りにGEOに行って、実話の訴訟を題材にした映画を2本借りてきた。

県庁との戦いで何か参考になるかと思ってね。

楽しみが尽きないな。

お腹がさっきからぐ~ぐ~鳴ってます。

少し早いが晩飯作るか。

大きな土鍋でお一人様の鍋焼うどん。

ビバひとり。

最近、マジでそう思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春まで放置

「車庫からクルマ出せるかなぁ。」と挑戦。

出た瞬間に埋まった。(4WD)

前にも後ろにも1㎜も動かない。

面倒くさいから春まで放置することにした。

今日も4t ダンプで用事を済ませる。

いっそのこと4WDの背の高いクルマに乗り換えるかな。

でも、今のクルマは気に入ってる。

乗ってて気持ちいいからね。

見た目は只のセダンだけど。

雪掻きしたら良いのだが、事故から自宅前の県道に出るまで20メートルも雪掻きすると思うと面倒です。

雪の深さも40㎝以上あるし。

精神が怠け者になってるなぁ。

まぁ、冬の仕事のない時は冬眠の時期と思ってるもんね。

こんだけ積もったなら除雪の仕事があってもよさそうだが、担当してる秋田市は雪が少ない。

ここ数年とはちょっと違う感じ。

いつもなら自宅のある地元よりも秋田市の方が多いのに。

さて、銀行行って税金払いに行ってくるか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

人間は神話の時代から何も学んでない。

人間は戒めを昔話や神話、諺や石碑に刻んで後世に伝えようとした。

バベルの塔という神話がある。

神に近づこうと空高く築かれたバベルの塔が神の怒りを買い、バベルの塔は崩れ人々は世界に散らばった。

中国の諺は実話を元に作られている。

その中でも有名なのが、矛盾という諺。

どんな盾(たて)でも貫ける槍と、どんな槍からも身を守る盾を同時に売っていた商人に、商人から説明を聞いていたお客が商人に質問した。

「この槍でその盾を突いたらどうなんの?」

これが矛盾って諺(単語)の起源。

タイタニックって豪華客船がイギリスで建造された。

「これだけの船が沈む訳がない。」

タイタニックを見た人々は口々に言った。

しかし、沈没した。

旧日本軍の戦艦大和もそう。

東北大震災の時、津波で流された新興住宅地には、「これより先に家を建ててはいけない。」と書かれた石碑があった。

過去の津波被害から予測される被害を防ごうと先人が建てた石碑は全くの無駄に終わった。

福島原発では、原発の安全性を世に訴える為に原発の模型を作った。

大地震で原発の周りの家屋が倒壊する中でも原発はびくともしないとする模型だ。

現実はご存じの通り。

最近は、まるで無かったことの様に扱われる福島原発事故。

何故この様な矛盾が繰り返されるのか?

カルマ(業)?

違うね。

人間の欲がそうさせる。

欲はある意味向上心とも言える。

しかし、愛を忘れて欲に溺れた時に人は最悪という事態を思い知る。

俺が何を言いたいのかと言うとな、

世の中本物(完璧なもの)ってのは、そんなにないってこと。

大丈夫って言われてるものは案外そうではないこと。

自分が得することだけ考えてる人間達が、権力を持つと必ずバチが当たるってこと。

神は見てる。

俺も見てる。

そして、あなたも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

少年法は適用年令を引き下げろ。

選挙権の年令が引き下げられた。

これは建前上、「自分で物事を判断できる年令だから。」とされ、最近の若者は早熟だが精神的にはどうなの?

自民党が端的に投票数を増やす為に安易に設けた制度ではないと信じたい。

多分、違うだろうが。

選挙権の適用年令が下げられ、自分で物事を判断できるとしたのなら、少年法も適用年令を下げるべきだ。

まだ二十歳にならないことを良いことに、少年法が適用されている内に凶悪事件を起こす『駆け込み無差別犯罪』が増えている。

平和ボケになって自分で修羅場を作るバカ野郎。

気持ちは分かる。

俺もそうだったから。

しかし、俺はやりたい事があって、刑務所の中では絶対できないから一生懸命我慢した。

体から溢れるアレは一体何なのか?

何の実力も無いくせにプライドだけが高くなるアレは?

まるで韓国人。

少年法の適用年令引き下げ反対者は少年院に入った人か、良い格好しいだろ。

人間、罰を重たくすれば、ある程度は犯罪防止になるはずです。

本当のバカじゃなければね。

それでもやる奴は、刑務所出てからネットで身バレして監視される人生で苦しんでくれ。

酒鬼薔薇やコンクリート殺人事件の犯人達みたいに。

まぁ、適用外なら二人殺せば死刑は確実だがな。

最後に付け加えとく。

少年法の適用年令を下げて一番感謝することになるのは、犯罪を犯しそうな当の少年少女だよ。

大人になって、「あの時にバカやらないで良かった。(ホッ。)」と絶対に思うから。

俺がそうだもの。

憑き物が取れたって、これのことだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ディズニーアニメ『モアナと伝説の海』笑った!

ディズニーアニメの新作『モアナと伝説の海』がビックリだ。

何がビックリって、主人公の少女モアナに声優がそっくり過ぎ。

そのままじゃん。

湘南爆走族の主人公・江口洋助を俳優の江口洋介さんがやるみたいなインパクト。

今後が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凄いぞサンド&マッド用タイヤ

リアタイヤにサンド&マッド用タイヤを組みました。

肝心の深い雪の走破性は?

自宅の周りに深さ20~40㎝の雪が積もってます。

ギアを2速で アクセルを煽りながらリアタイヤに加重するとグイグイと進んで行きます。

交換前のオールラウンドタイヤとは全然違う。

オールラウンドタイヤが進めない所も何とか進みます。

こりゃ凄いや。

マシンも軽いからライディングで体に掛かる負担もかなり少な目だ。

思わずフライホイールのマス調整(重量バランス調整)をやりたくなるね。

エンジンの正確は、トラクションは掛かるけど、エンジンブレーキはノーマルと変わらない仕様だな。

雪上レースは、公道走りと違って速度が出ないからエンジンブレーキがノーマルよりも利くと邪魔になることが分かったからね。

エンジンブレーキを利かせなきゃ、トラクションだけを掛ける仕様は比較的にセッティングが楽です。

問題はフライホイールに装着するウェイトをどうするか。

また発明しなきゃ。

頑張ります!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅干しジャム

梅干しジュースが美味しくて、もう半分に減りました。

梅干しジュースを作る時に使った梅干しと同じ量の梅干しが残ってます。

今度は長く楽しみたいので梅干しジャムを作ることにしました。

塩抜きのために梅干しを洗ってから、二日ほど水に入れて冷蔵庫に保管。

そこからはグラニュー糖と酢を加えて煮込むんですが、今回は煮込まずに作る方法で作ります。

こうして作ると、食感が物凄く良い。

ブルーベリーのジャムを作った時は、「全然違うわ。」と感心したほどです。

火を使わない分、容器や梅干しを潰すスプーンなどは食洗機で熱処理しないと雑菌でヤバいことになる恐れが。

久し振りに朝食をトーストにしたいな。

完成は1ヶ月後です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪百弄り

雪百(XR100R)を雪に埋もれる駐輪場から出しました。

雪の中を走るにも前に進みません。

サンド&マッドのタイヤ交換しなきゃ。

ハンドルレバー(ブレーキ&クラッチ)も操作し難い。

ピーキーレバーに改造だ。

先にピーキーレバーに改造。

これでよし。

あとはリアホイールを外してタイヤ交換だ。

ちょっと疲れたんでコーヒー飲んでからタイヤ交換します。

私設モトクロスコースに雪上コースでも作るかな。

悩みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

1年掛けて雪辱する。

正月明けに北海道登別で行われた雪上レースに参加した。

今まで経験したことのない凍った路面に、マシン選択のミスを思い知らされた。

車体重量の重いタイカブでは、とても勝てないと思った。

結果は惨敗、7位。

走るだけで精一杯だった。

表彰式で表彰台を見つめながら雪辱を誓ったよ。

そこで、地元に帰った次の日に優勝者のマシンと同じXR100Rを購入。

優勝者のマシンにはリアタイヤに古いスノータイヤを履かせていたが、パドルタイヤ(砂浜専用タイヤ)やスノーモービルのクローラ(キャタピラー)みたいなタイヤトレッドを持つサンド&マッド(砂と泥専用タイヤ)を購入。

キャブレターには、アイシング防止のキャブヒーター(35W )に特注品のアダプター(以前に製作したもの。)を用意している。

もう、今年の冬はレースに参加するのは諦めた。

秋田県庁との裁判が気掛かりで集中できないからだ。

そこで、もう1年掛けて準備します。

マシンにも慣れたいし、チューンナップもしたい。

納得できるレースができるまで頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春待つ人

そろそろ中途半端な冬に厭きてきた俺です。

午後から税理士の所に行かなくちゃいけないので、風呂に入ってスッキリしてから行くことにしました。

ちょっぴり春気分で梅の入浴剤を湯船に入れ、じっくりと温まります。

風呂から上がったら、昨晩に作った梅干しのジュース。

毎年、知り合いのおばあさんから貰う梅干しが恐ろしく大きい。

なので、毎年ジュースにして飲んでます。

味は小梅ちゃんキャンディに似せてます。

味付けはグラニュー糖にちょっぴりウィスキー。

1度沸騰させてアルコールを飛ばすと小梅ちゃんキャンディそっくりな味のジュースが出来上がり。(木のヘラで潰した果肉とシソはザルで濾します。)

今日は二日ぶりに自宅から出ます。

帰りに日用品の買い物しなきゃ。

さてと、買うものをメモと。

さっき、風呂で髪を洗いながら思った。

俺らしい人生ってなんだろうと。

好きなものを食べ、好きなだけバイクに乗り、言いたいこと言って、やりたい様に生きながら1日の無事を自分の信じてる神様に感謝する。

そして、基本的には犯罪はしない。(不可抗力は除く。)

これだな。

今年の春は忙しそうだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉ぴ~。

水曜日はLISMOの最新アニメ主題歌の更新日。

待ちに待ったアニメ『幼女戦記』のオーブニング曲『jingo jungle』が販売されました。

嬉々としてダウンロード。

なんと、3分55秒もあった。

また聴いてない歌詞が嬉しい。

さて、バカみたいにリピートして聴き込むかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

人類進化ベット

昨年の4月に寝具メーカーのイワタが『人類進化ベット』というチンパンジーの寝床を参考したベットを発表した。

「欲しい。」

そう思った俺は、すぐにイワタにメールで問い合わせた。

返事はまだ発売予定なし。

ガックリした俺は、それならば俺が作ってやると思った。

ベットマットはビーズソファーを使おう。(三万円くらい。)

ベットは自作だな。

できれば秋田杉なんかで作りたい。

年取ったら、睡眠が大事だって常々思う。

深い眠りがどれだけ素晴らしいか。

安眠にお金を掛けたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田県庁の在日化

俺が秋田県庁を相手に戦ってきて2年が経ちました。

早いもんですね、2年が短く感じます。

県庁と裁判で、裁判所に提出した準備書面と証拠書面、DVDは、カバンが重くて大変。

手提げカバン3つがパンパンですよ。(3つの裁判でカバンを分けてる。)

しかも、今も嘘と捏造が続いています。

まるで韓国人を相手にしている様です。

飽きもせず、次々出てくる嘘と捏造。

証人尋問させりゃあ、自分のついた嘘を何一つ誤魔化せない。

しかも、支離滅裂な話を厚顔無恥で誇らしげに語るときた。(広報公聴課・岩出翔太、道路課・讃岐佑樹。)

秋田空港に韓国便があったけど、それを躍起になって勧めていた佐竹知事。

あっ、道理で。

中身が同じだからだね。

秋田県内の学校に修学旅行に韓国を勧めて、補助金まで出したんだっけ。

あーっ、誰でもいいからぶん殴りたい気分ですよ。

ぶん殴りませんけどね。

思うだけなら、何だって自由だ。

昔、尊敬する先輩に、「なんでそんなに好い人なんですか?」とバカみたいな質問をしたことがある。

そしたら、その先輩、「心の中では、何人殺してるか分からんよ。」と答えた。

その日以来、善人面して目の笑ってない奴は気を付けてる。

県庁で俺との示談交渉を任された建設部用地課の進藤実課長(当時)が正にそれだった。

最後の最後まで嘘嘘嘘。

捏造した判例を説明したり、情報公開請求で請求された文書を故意に公開しなかった同じく用地課の藤本正人班長(当時。今は他の部署で課長に昇進。)は、今回の裁判で俺が勝ったら地方公務員法で懲戒処分になるだろう。

まぁ、しなくても、するまで問題にするけどよ。

秋田県庁はまるで韓国人。

最初から最後まで嘘ばっか。

在日韓国人の人、秋田県庁前にビッチ姫(慰安婦像)を設置してくれ。

あいつらには、お似合いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブとは?

スーパーカブの歌がビーチ・ボーイズにあるってんで、スマホに『リトルホンダ』って曲をダウンロードしました。

俺も一応、カブ・ミーティングを主催してるんで、カブの魅力をちょっぴり語りたい。

カブをデザインしたのは、ホンダの工業デザイナー第一号の木村譲三郎(故人)です。

スーパーカブは長い歴史の中で何度もマイナーチェンジを繰り返して、たった1度だけフルモデルチェンジしました。

その車両がスーパーカブ110(JA07)でした。

開発担当したホンダの社員がスーパーカブ110 を作る際に、木村譲三郎さんに、「カブとは?」と質問したそうです。

木村譲三郎さんは、こう応えたそうです。

『全て手の内に入るのがカブ。』

そう、それ。

それがカブの魅力。

常にライダーのコントロール下に置けるのがカブなんです。

なので、コントロールし易くするチューンナップが最もカブに相応しい。

Peaky_ parts では、ヤフオクでスーパーカブ110 (JA07)用にフルチューンキットを販売してます。

炎天下でも、雨でも、雪道でも、走り易くなるpeaky_ parts のフルチューンキット(定価二万円)。

あと残り僅かです。

お買い上げは御早めに。

あれ、いつの間にか宣伝になってる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

アクセル全開がバトルの合図

https://www.youtube.com/watch?v=_9fHl4OWxJI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オートレースとダートラ

公営ギャンブルのオートレースとダートトラックレースは元は同じ競技だった。

それが、日本で公営ギャンブルとして、「埃が立つのは良くない。」とアスファルトで走る様になったのがオートレース。

俺の波怪は、オートレースのエンジンブレーキのセッティングを応用して、オートレースがクランクでエンジンブレーキを変更するのに対して、俺の波怪はクランクと同軸にあるフライホイールでエンジンブレーキを調整している。

それを昨年からダートトラックのトラクションのセッティングを参考にして、ダートトラックがクランクのマス調整(重量バランス)でトラクションを調整するのに対して、俺の波怪はフライホイールでマス調整している。

これを行うことでどうなるか?

前後のブレーキを掛けれない凍結路面のコーナーリングで、アクセルコントロールで速度調整が可能になる。

これが可能になることでタイヤのトラクションを常に掛けながらコーナーリングできる。


ニーグリップによる車体への加重も必要ですけどね。

こんなことまでやってるは、公道メインで走ってる奴で俺だけでしょう。

ちなみにこんなセッティングができるカブはフライホイールの仕組み上、スーパーカブ110系のエンジンだけです。

フライホイールのマス調整には、銅ワッシャーを使ってます。

以前は、ステンレスワッシャーを使ってましたが、重い銅ワッシャーの方が効果が大きかった。

俺になぁ、もう少しライディングのセンスがあるのなら、もっと上手く走れるんだが今が精一杯。

まぁ、死ぬまでにじっくり上手くなってやります。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動きは小さく

マキオ会長、コメントありがとうございます。

返事が遅れてすみません。(すっかり忘れてました。)

マキオ会長、リアタイヤ新品にするだけで安定感のある暴れる君ライディングになったみたいですね。

俺もマキオ会長を見習って、雪道走る時のウェアを格好つけようかな。

ここ数年、同じオレンジの雨ガッパだし。

やっぱり、マキオ会長は無頼(俺が所属するチーム)の看板だわ。


昨日の練習会で、カブを乗る時の自分のライディングスタイルを確立した俺。

ダカール(F650GS)でも同じ乗り方するだろな。

あれはでっかいカブみたいなもんだから。

俺のライディングフォームは、なるべく小さく動きを少なく。

とにかく効率的に走る。

コーナーも立ち上がり重視だし、それに合わせてエンジン特性も変えてる。

カブってさ、燃料タンクがないからニーグリップできないと思ってませんか?

カブはシートでニーグリップするのよ。

ニーグリップがないと、素晴らしく曲乗りになっちゃう。

安定感が希薄になって、ライダーの運動神経任せになる。

とても、人並みの運動神経しか持ち合わせていない俺には怖くて真似できない。

若い頃は、バイクスタントやってたんで何とかしたんでしょうが、今は無理です。(訓練してないから。)

運動神経の良いマキオ会長とかは、器用に纏めてマシンが振られ様が平気に走りますが、同じ乗り方は俺には無理。

まるじさんとマキオ会長は乗り方のタイプが似ているのですが決定的な違いがあって、マキオ会長の乗り方はヤバくなる一歩手前で引く。

ここら辺が公道メインで走ってた人。

俺もそうで、ペースが上がるとそれに合わせて前を走る車両との車間距離を開けるんだよね。

だから前でトラブルが起こっても、何とかギリ間に合う。

俺の場合、考えて走る癖があるので、体よりも脳が疲れます。

走った後で糖分が欲しくなるのはそのせいです。

下手くそは下手くそなりに考えて走って人並みですよ。

さて、そろそろ雪百(XR100R)も弄らなきゃ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

山田工業所の中華鍋で炒飯を作ってみた。

タイトル通りです。

作ってみました。

気持ちフワッとした食べ応えになりました。

中華鍋の油慣らしを終わらせて、取っ手に乾いた布巾を
巻いて使うなど、ネットで調べなければ分からなかった儀式を全て終わらせてから作った炒飯に違いはあったのか?

それがフワッとした食べ応え。

その程度。

されど、その程度で済まされない違い。

俺のモットーは、「ちょっとの違いが大違い。」ですからね。

いつもよりも少し美味しい。

それだけで満足です。

プロ料理人じゃないんだから。

あーっ、ノンアルコールビールが美味い。( ゚Д゚)ウマー

次は、冬が終わってからBBQシーズンまでに、焼き肉用の石盤を買いたいなぁ。

石焼きの焼き肉って美味しいって噂ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるじ評価

まるじさんに波怪を乗ってもらった。

波怪の感想は、

「フロントが安定してて、とても乗り易い。トルクがある。」

誰でも乗り易いビッチなエンジン特性と後腐れのない車体作り。

ライダーとの一体化が第一。

それが波怪。

メカニックのプロのまるじさんに誉められたよ。

嬉しッス。

今度、雪百(XR100R )のチューンナップが終わったら、また試乗してください。

ピーキーのチューンナップは乗り易くして速く走れるマシンを作る。

それじゃないと怖くてアクセル開けれませんよ。

まるじさん、ありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

練習動画2

https://www.youtube.com/watch?v=OtlvZIc9QaQ

リアサスのセッティング変更後にトラクションが抜ける症状に苦しむまるじさん。

次回は復調してるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習動画

https://www.youtube.com/watch?v=OoLLZjkC2X0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習会

約1年ぶりの雪道練習会です。

今日はまるじさんと二人で練習。

撮影班はneri さん。

路面の雪が1度融けてから凍っているのでガチガチで気を使います。

まるじさんはリアサスのセッティングを試行錯誤の真っ最中でトラクションが抜ける症状に悩まされている様子。

以前のセッティングに戻した方が無難との見解でした。

自信喪失しているまるじさんに、俺の波怪を貸して乗せてみた。

そしたら、戻ってくるなり、「おら、下手でながったぁ。いがったぁ。(俺、下手でなかった、良かった。)」とにんまり。

正直言うとね、俺の波怪にまるじさんが乗ったら俺より速いよ。

俺はというと、カブ独自のニーグリップ走行を開発中で、やっと最後に完成しました。

これで365日、同じライディングフォームで走れます。

カブに乗り始めた当初から、夏と冬でライディングフォームが違うことが気に入らなかった。

もう、これで同じ足出しスタイル。

しかも、楽に曲がる。

タイヤが滑らず、滑ってもリカバリーできる。

タイヤは異性と同じで、安心したり、気を抜いたりした時に裏切られる。

信頼してても、信じきらない。

これが大事。

コントロールの域から出さない走りです。

まぁね、そんなの天才ライダーのどんな時も何とかしちゃうライディングセンスの前には、お遊戯みたいなもんですが。

でも、先週の田沢湖カブ・ミーティングで転けた甲斐がありました。

あとで動画をアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

明日は

明日は雪百(XR100R)のリアタイヤをマッド&サンドに換えて少し走ってみよう。

田沢湖カブ・ミーティングが終わって、少しだけ燃え尽き症候群っぽくなってる。

そのせいか、バイクに乗りたくなくて、裁判所に提出した準備書面の出来が良かった。

分かり易く、伝えたいことがハッキリした文書に仕上がったからね。

新潟県小国町の雪上レースにでも出ようかなと、小国町のホームページを見たら、「今年も雪不足で雪上エンデューロは中止となりました。」と表記されてた。orz

北海道の雪上レースにもう1回参加するか、それとも1年掛けて準備をして、また来年に登別のレースで雪辱するか。(雪辱って言葉は雪って文字が入ってるだけに何となく良いね。)

まぁ、少し様子を見よう。

どうも裁判が片付かないと、そっちの方にエネルギーが取られちゃうよ。

今回の裁判は負ける気しない。

でも、必ず勝てる保証はない。

行政訴訟の難しさをこの2年で思い知ったからね。

裁判は、真実を全部知った上で訴えないと主張が途中で変わることになる。

裁判では、原告にとって、それがネックとなる。

但し、秋田県庁との裁判の場合は、一切の情報開示がされずに裁判所の命令で初めて知らされた情報も多かった。

前回までの2回の裁判で、やっと秋田県庁のした不法行為の全貌が分かり、やっと今回の裁判で公平に裁いてもらえそうです。

裁判が解決したら、今年のバイクライフは楽しいだろうなぁ。(勝ったら勝ったで県庁への攻撃開始ですが。)

雪百をライトチューンで、CRF150Rと同等に走れる様にしたいです。

ナンバー付きの公道仕様で。

何たって軽いですもの。

波乙よりも40キロ軽い。

思いきりジャンプしてもチェーンが切れない。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画化するだろな。

今朝もアニメ『幼女戦記』を朝から6回も観ています。

なんだろうな、この面白さは。

原作の小説は知らんが、コミックスは既に100万部数の売上げを突破したとか。

俺も本屋に買いに行ったら 、最新刊の3巻はあったが1巻と2巻は売り切れだそうだ。

今朝観た第5話は、かなり力が入っていたみたいでオープニングとエンディングの曲なし。

途切れなく主人公が指揮する部隊がどの様にして結成され、初陣を飾ったかが描かれている。

闇夜に光る主人公の青い瞳が怖いくらいに美しい。

俺は言いたい。

アニメ『幼女戦記』はアニメ界のマッドマックスだ。

おそらく、遅かれ早かれ劇場映画化されると思う。

そして、世界中の人が怯え出す。

「日本は軍国主義になろうとしているのか?」

これは社会現象にまでなるかも。

余計な心配かも知れんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

でっかい乗用車

庭が雪に覆われて車庫からクルマが出せない。

1度チャレンジしたが、雪が深すぎて途中でスタック。

何とか車庫には戻すことはできたが、雪掻きするのは面倒なので、庭の乗り入れ口に置いてある4t ダンプを足にしている。

昨日は、銀行と税理士さんとこにダンプでGO !

今日は裁判所にダンプでGO !

今日なんかクラウンとマジなバトルして圧勝。

俺はね、混んでる道とコーナーがとっても得意なのよ。

ダンプなめんな。

そうそう、乗ってるのがダンプなんで、ファッションもダンプに合わせてワークスタイルにしたら、裁判所の守衛さんにガン見されました。

俺の顔見て、「あっ、いつも来る人だな。」と安心したみたいですが。(ご苦労様です。)

過去に色んな格好で裁判所に行きましたが、ワークスタイルで行くと交通違反の判決を受ける人と間違われ易いです。

俺を見る守衛さんの顔が、「なんでお前こっちに来た?」って語ってるんだもの。

裁判所にダンプに乗って準備書面を持ってくる人なんて俺くらいだろうね。

さて、今回裁判所に提出した証拠がどの様に判断されるか楽しみにです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糠漬けしたい

漬物作りしたくて、糠漬けに挑戦したいな。

冷蔵庫で作る糠漬けです。

冷蔵庫だと、糠を混ぜるのか1週間に1回で済むとか。

俺もついに漬物作りに挑戦かぁ。

俺の亡くなった祖母も、母も料理上手。

特に漬物は定評がある。

俺も美味しい漬物を作って自分で食べたいです。

母曰く、「本当に美味い漬物はお金が掛かる。割りに合わんから商売なんかにならないよ。」だそうだ。

まぁ、大量生産できる企業なら話は別みたいですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全員俺

映画『葛城事件』を観ました。

見た感想は、

「これ、全員俺だ。」

登場する葛城一家の男性がどいつもこいつも、いつかの俺。

傍若無人の父。

コミュ障の兄。

平凡な人生が嫌でしょうがないクセに何の取り柄もない弟。

どれもこれも見覚えがある。

まぁ、俺は2度の結婚の失敗でかなり更正できたが。

失敗はけして失敗そのものでは終わらない。

成功への第一歩。

それが分かっただけ俺の人生も有意義だと感じました。

人生に行き詰まった人は、是非観てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンストメーカーさんにお願い

靴擦れ防止に靴下の長さに切ったパンストを靴下よりも先に履いてから靴下を履くと良いそうです。

元々はアメリカ兵の中で使われる裏技とか。

スポーツ選手には良いかもね。

特にサッカーとか、マラソンランナーとか。

そこでだ、パンストメーカーさん、靴擦れ防止用に靴下サイズのパンストを販売してくれ。

それたら意外と売れるかもよ。

俺もモトクロスやる時に使うだろうしね。(夏場は靴擦れ多し。)

だって、考えてみてくれ。

靴下サイズに切ったはいいが、残った方は何に使えばいいのか?

勿体ないもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッチ姫(慰安婦像)の罠

韓国の日本大使館前に設置されたビッチ姫(慰安婦像)だが、あれが北朝鮮の思惑が関与しているかも知れない。

ビッチ姫を設置した市民団体名には、『民族統一』という意味がある。

なんで民族統一?

日本を徹底的に怒らせて、韓国への援助を無くすことで国力を弱らせ、いずれは北朝鮮が民族統一のために動き出すのか。

まぁ、韓国の国力が弱まれば、隣の北朝鮮は嬉しく思うのは間違いない。

端的に将軍様を喜ばせるだけのことなのかも知れないが。

俺としては、勝手にやってくれ。

所詮は海の向こうの話。

対岸の火事でしかない。

日本中、この考えで良いと思うよ。

相手にしてメリットのある民族ではないから。

俺の好きなK- POPアイドルグループの動画がYouTubeで見れるだけでいい。

韓流ブームの時に少し話題になったアイドルグループが今も好きです。

だって、エロいんだもの。

あのお色気は日本人には出せない。

流石は慰安婦の国。

ちなみに当時の慰安婦って給料制だからね。

やめたきゃ、やめれたそうだし、でも稼ぎがよかったから病気にでもならなきゃ誰もやめなかった。

つーことは、慰安婦は風俗産業でしかない。

奴隷じゃない、商品だっただけ。

当時の日本の兵隊は感謝していたと思うよ。

韓国は今も料金の二重請求したいだけ。

つまりはボッタクリです。

海乱鬼なめんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田工業所の中華鍋

昨晩、作った炒飯が妙に美味くって、「炒飯って安く作れて美味しいから経済的かも。」と思った。

そして今日、前から欲しかった憧れの山田工業所の中華鍋をAmazonで注文しました。

Amazonは佐川急便が撤退したので、クロネコヤマトがパンク状態とか。

通常配達よりも少し遅れる可能性があるそうですが、気にしません。

なんたって山田工業所の中華鍋だもの。

これ、どういうことかと説明すると、

料理の腕が大したことない俺でも、そこそこ美味しい炒飯が作れる様になるかも知れない。

プロ料理人は鬼に金棒。

俺レベルならヤンキーに金属バットかな。

ちょっぴりマシな味に。

本当にそうなるかは、来てからのお楽しみです。

しかも、値段も安めだし。

お気に入りのテフロンのフライパンやチタンの包丁と同様に大事に使いたいですね。


| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

準備書面書き終えた。

おそらく今回の裁判で最後になるであろう準備書面を書き終えました。

裁判所に提出する証拠の有効性からもイケると思います。

提出については、以前なら早くして良いことないだろと考えてましたが、ここまできたら変わらんだろうと判断しています。

俺としては、早く判決をもらって佐竹知事の知事再選を阻止したい考えです。

佐竹知事は県庁出身。

何度も建設部に怒りに行ったらしいですが、解決に向けては何もしていません。

おそらく、「お前らで何とかしろ!」とのスタンスで終わっているに過ぎないと思います。

県民を甘く見るな、このチュウブタガレ!(脳卒中野郎)

お前にも針の莚を用意してやる。

秋田県の皆さん、佐竹は県民の味方ではありません。

県庁の味方です。

県民は、自分達が養う家畜扱いです。

彼が知事になってやったことを思い出してください。

彼がやったことで思い出せるのは、ロシアのプーチン大統領に秋田犬を贈ったことくらいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だらだら

今日も、ようじょしぇんきごっこ。

ひさしぶりにカップ麺のうどんを食べた。

一手間加えて美味しくなったが、カップ麺らしくなくなった分、本物のうどんの偽物に思えて腹立たしい。

これなら普通に10分どん兵衛にした方がよかった。(どこが普通だ。)

お米を研ぐ時に今まできっちり研いでたのに、美味しくお米を炊く時はあまり研いではいけないらしい。

なんて、無駄なことしてたんだ。

どっちにしろ、味の違いは分からんけど。

雪が大した降らんから除雪の仕事がない。

いっぱい降ってと願うと、他人の迷惑を望んでるみたいで気が引ける。

でも、がっちり降ってほしい。

家が埋まるくらいに。

俺の自宅の庭は雪に埋まって乗用車が出せません。

4WD だけど。

他所で除雪しても、自宅の除雪はしません。

春になれば融けるもの。

またモノタロウのファックスを家電が受信したよ。

買いたくもないもの勧められてもなぁ。

かと言ってモノタロウの品揃えには文句はない。

モノタロウ様様だ。

ああ、裁判所に提出する準備書面をまた書かなきゃ。

湊弁護士の糞が土俵際でまた無駄な抵抗して。

まぁね、その方が余計に県庁の悪質さを裁判官に訴えられる。

その分、俺が勝訴した時の衝撃は大きいだろ。

暇だから丁度良いか。

ようじょしぇんきごっこ。

それはマッチポンプな独り言が延々と続く世界。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

やっと見れます。

以前から見たかった映画『葛城事件』のDVD をGEOから借りてきました。

これで、やっと見れます。

サブタイトルってのが、「2度と見たくない映画」らしいですが、俺の2度と見たくない映画はSFコメディ映画?『バットテイスト』です。

見ていて吐き気に教われ、過去2回最後まで見ようと頑張りましたが無理でした。

さて、葛城事件はどうですかね。

後で感想をボソッと書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »