« ワサビ納豆ご飯 | トップページ | 暗殺の科学 »

2017年2月22日 (水)

天下りの問題点

役人の天下りってさ、元々の役所の職場を退職して新たに別の役所に配属されることだっけ?

俺も詳しいこと知らんが、天下りの問題点って何よ?

多分、労働対価が異常におかしいことに国民は憤慨してるんだと思うんだ。

額に汗して働いている国民が稼いだ税金を、役人が天下り後に大して役に立ってるか分からん仕事で給料に変えられてる訳じゃん。

しかも、その給料が民間と比較してべらぼうに高いときたら、そりゃ、「この税金泥棒が!」となるわな。

中には、月に二回出るか出ないかの仕事で、零細企業の経営者よりも高い給料を貰ってる。

まるで、破格の恩給か年金だ。

これ、言ってみりゃ、役人の大掛かりな詐欺行為だよね。

懲戒処分とかじゃなく、犯罪として刑法で裁かれるべきなんじゃないのか。

なっ、やっぱり公務員って特権階級だろ。

これ、国民は取り締まりできないんだぜ。

それをやるべき検察庁なんか絶対に捕まえない。

秋田県庁を告訴してよく分かったよ。

天下りする役人なんて、自分達がいなくちゃ国が回らないことを逆手に取って調子こいてる寄生虫だ。

天下り先では、いない方がかえって業務が進むだろうな。

元SMAPの稲垣吾郎さんが悪役を名演した『13人の刺客』の言ったセリフで、「政(まつりごと)は、政をする人のみに都合よく、民百姓は黙って下僕になっていればよい。」がそのまま該当する。

次に国会議員を選ぶ時は候補者に、「役人の天下りで税金の無駄遣いを止めさせる!」とマニフェストに書いてる人だけ投票しようぜ。

たとえ、それが共産党でも何も言わない奴より一万倍マシだ。

日本には、役人の不法を戒める為にある組織は幾つかあるが、どこも全く機能していない。

これが美しいはずの日本の現実。

 

|

« ワサビ納豆ご飯 | トップページ | 暗殺の科学 »

コメント

天下りは問題ですよ。
官僚が退職して民間になかば強制的に再就職出来るのが天下りです。
これによる問題は、まず退職金の二重取り。
官民癒着問題。
官僚が民間に移籍してパイプになるので、強固な癒着が起きます。
天下った先でいきなり重要ポストに配属されたりするので、生え抜きの職員が出世出来なくなるという問題もあります。
天下りは百害有って一利無しです。
流石はお役人。
保身の為には何でもしますねぇ。

投稿: 桜華 | 2017年2月23日 (木) 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/69689796

この記事へのトラックバック一覧です: 天下りの問題点:

« ワサビ納豆ご飯 | トップページ | 暗殺の科学 »