« 司法と行政の闇 まとめ | トップページ | 牛丼食べたい。 »

2017年2月15日 (水)

それは何とも

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

こちらからは何ともとしか言えません。

例えるなら、受験して合格発表しない内に、「俺、合格した。」とは言わないでしょう。

第3者の判断で争われるだけに、如何に自分に対して有利に物事が運んでいても安心なんてできません。

いつだって『勝負は蓋を開けてみないと分からない。』ですね。

ただ、言えることは秋田県庁側が自分達の主張を何一つ証明できていないということです。

秋田県庁は、俺の発言から請求された文書を判断したとしていますが、それがいつの何という発言かも。

被告が偽の情報公開システムを書面で裁判所に提出した直後に、俺はそれは嘘だと分かる言質を広報公聴課・岩出翔太から取り、DVDと反訳文にして裁判所に提出しました。

嘘の情報公開システムが捏造である証拠が裁判所に提出されたことによって、慌てた被告代理人の湊弁護士は、「それで判断したとは言っていない。」と自らの主張を覆した。

証人尋問でも、「その様な情報公開システムは本当に存在するのか?」の俺の問いに、「ありません。」と答えた岩出翔太。

裁判で被告側証人になった道路課・讃岐祐樹及び広報公聴課・岩出翔太に嘘の陳述書を書かせ裁判所に提出し、その嘘を証言台において俺の反対尋問から嘘とはっきりさせられた二人。

ちょっとバカ過ぎました。

それでも、「勝てる。」とはとても言えません。

判決が下されるまで安心は全くできない。

行政訴訟は本当に難しい。

結果予想はしても口に出せないとしか言えませんね。

ただ、裁判長は判決を早く出したがっているとだけ言っておきましょう。

宜しくお願いします。

|

« 司法と行政の闇 まとめ | トップページ | 牛丼食べたい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/69605584

この記事へのトラックバック一覧です: それは何とも:

« 司法と行政の闇 まとめ | トップページ | 牛丼食べたい。 »