« 髭 | トップページ | 道楽効果 »

2017年2月19日 (日)

貴重な体験

映画『海賊と呼ばれた男』を観てきました。

波怪で。

映画を観に行く時は、なるべくバイクで行くと決めてます。(デートは除く。)

快調に走ってたら、シフトペダルがない!

シフトチェンジのロッドがペダルの付け根から折れてました。

映画に行くのを諦めようかと思いましたが、悪魔のテクニックを使うことにしましたよ。

その悪魔のテクニックとは?

カブに乗ってるお年寄りが使う伝説のテクニック『3速オートマ運転』です。

つまり、ギアは3速固定で全て走るというクラッチにとても過酷な運転です。

これをやったのは、波怪が鉄板で転けた例の事件以来。

やってみたら、波乙の峠仕様よりも速かった。

最高速は同じだけど、加速はまだ波怪の方が速い。

まぁ、クラッチを労って速度が上がるまでは加減しますけどね。

途中からシャクリ(車体を上下に揺すり半クラに近い状態を無理矢理作るテクニック。)を使ったら大分マシになりましたけどね。

3速オートマ運転をやってみたら、意外な事実が分かりました。

波怪と波乙にはタケガワのスポーツカムを使ってます。

波乙にタケガワのスポーツカムを入れた際に、燃費が驚くほど向上しました。

モトクロス仕様のギア比なので、峠仕様に比べて超ショートです。

今回、3速オートマ運転だと時速80~100キロでエンジン回転数は8000~10000回転です。

あっ、ちなみに他のクルマの流れに合わせて走ってます。

雪が消えて、皆さんここぞとばかりにアクセル踏んでますので。

いつもの4速に入れて7000~8000回転で走るよりも2割ほど燃費が上がってます。(燃料メーター上。)

いつもは燃料メーターの針がエンプティーぎりぎりになるところが、メーター上半分からちょっと越えたくらいに。

いつもツーリングで使う時速90キロ程度なら3速で8000回転 からリミッターが作動する10000回転まで回した方が燃費が良い。

つまり、タケガワのスポーツカムは回し気味で走ると燃費が良くなるという事実。

長年タケガワのスポーツカムを使ってきましたが、今になって知りました。orz

話は変わりますが、どうせエンジンを割ることになるのでピストンを鍛造ピストン120ccにします。

昨年に大潟村ソーラーラインで行われたカブ&ピースのカブ・ミーティングで、この鍛造ピストンを使ったカブ110に乗る機会がありました。

かなり良い感じに走ります。

このピストンを使った波怪に乗ってみたいなと思ったほどです。

春にはエンジンを新規開店させますよ。

結果をお楽しみに。

 


|

« 髭 | トップページ | 道楽効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/69657323

この記事へのトラックバック一覧です: 貴重な体験:

« 髭 | トップページ | 道楽効果 »