« 野菜鍋 | トップページ | 田沢湖カブ・ミーティング2017が雑誌に掲載されました。 »

2017年2月16日 (木)

言葉がない

パワハラとかモラハラとか、色んなハラスメントがあるが、行政が国民に対して嘘や捏造の不誠実な態度を取り、それが裁判になると次々と嘘や捏造を重ねる行為をなんと言えばいいのか?

言葉がない。

欧米なら言葉があるのかな。

例え法廷で勝ったからといって、それで何か変わるわけでもない。

しかし、やられたことは事実だ。

行政は自らの非を絶対に認めない。

認めないがそれが事実だと認めさせるには裁判に勝つしかない。

行政訴訟は、原告の主張に聞く耳を立てる裁判長がいるかに掛かってる。

裁判は行われても、全ての証拠が完璧に揃ってないと棄却される。

全て証拠が完璧に揃うなんて、まずあり得ない。

行政が自分を騙そうとするなんて普通は考えないからね。

秋田県庁は初めからおかしかった。

だからスマホで示談交渉を撮影した。

残念なことに撮影した映像の3本の内、1本をスマホの故障で消失させてしまった。

秋田県庁との裁判が進むにつれて分かる事実。

消失した映像が最も重要なものだった。

その証拠がないことで秋田県庁の不法行為は簡単に無いことにされたよ。

はっきり言おう、行政訴訟は裁判長次第。

俺は行政が行うハラスメントには屈したくない。

後世の為にも

|

« 野菜鍋 | トップページ | 田沢湖カブ・ミーティング2017が雑誌に掲載されました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/69622052

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉がない:

« 野菜鍋 | トップページ | 田沢湖カブ・ミーティング2017が雑誌に掲載されました。 »