« 男鹿のワカメ | トップページ | お見苦しい文章ですみません。 »

2017年3月17日 (金)

ワイヤレスヘッドホン

山の中で一人で仕事してると音楽でも聴かないと、しんみりし過ぎていけません。

なのでスマホにイヤホン差し込んで音楽を聴いてました。

しかし、コードの煩わしさがあって、イヤホンが紛失したことからワイヤレスヘッドホンに切り替えた。

良いですね、ワイヤレスは。

嬉しいなって、思わず新しく曲をダウンロードしましたよ。

ダウンロードした曲は、『アンインストール』です。

アニメ『ぼくらの』のオープニング曲でした。

この曲を聴くと分かるのですが、人間の諦めと覚悟の歌です。

今の俺にはピッタリの曲。

秋田県庁と3年近く裁判して、「なんで俺がこんな酷い目に合うんだ。」といつも思ってたよ。

本当に苦しくてさ、何度やめようかと思ったことか。

でもさぁ、苦しんでる内に秋田県庁はこんなこと酷いことを何十年もやってきたんだろうなぁと思ったら、腹が立ってきたんだ。

秋田県庁の言うことは、何から何まで嘘なんだぜ。

その嘘を隠す為に更に嘘をつく。

嘘に嘘を塗り固めて嘘でコーティングだ。

終いには、捏造された情報公開システムまで作り出して、被告職員に嘘の陳述書まで書かせて裁判所に提出した。

そう思ってたら、俺しかやる奴いないのなら、俺がやらなくちゃダメなんだろなと思う様になったよ。

そして、今月に行われた口頭弁論の前に、俺は裁判所に証拠として、このブログの記事を提出した。

提出したのは、事故から情報公開請求が非公開にされ、情報公開審査会に異議申し立てするまでの3ヶ月間の記事。

90頁ほどの文書です。

このブログの記事から言えることは3つ。

俺の情報公開請求した理由が、秋田県庁が主張している保険会社との直接交渉ではないということ。

秋田県庁は当初から俺には対して不誠実な態度を取り続けているということ。

そして、秋田県庁の情報公開担当の職員 自らが、県庁に不利益がある文書は公開されないと明言していることでした。

裁判では、長期に亘って書かれた日記にはある程度の証拠能力があると認められているそうです。

証拠として認められるならば、このブログは決定的な証拠と言えます。

ブログについて裁判長が、「その日記に書かれていることは本当かね?」と俺に尋問しました。

それに対しての俺は「多少、話を面白くするため表現に誇張はあるかも知れませんが、被告(秋田県庁)について書かれたことは全て真実です。」と答えた。

実は、被告代理人がこのブログのことを裁判に持ち出すまで、ブログが証拠となることを見落としていました。

被告(秋田県庁)がブログを出してきた以上、被告に都合のよい記事だけピックアップされたのでは堪らないと、こちらから裁判に関わる記事を全て提出した次第です。

真面目な話、やれることは全てやりました。

被告職員に突撃して、証拠となる言質を撮影してDVDにもしました。

証人尋問の反対尋問で、被告証人の嘘も証明しました。

思い付くことは全部やったつもりです。

本当に精一杯やりました。

これで、今度の判決で勝とうが負けようが悔いはありません。

負けたら控訴しますけど。

被告の主張を全て否定する証拠は出してる訳ですから。

今の俺に取ってヘッドホンから聴く音楽は精神安定剤みたいなもんですね。

|

« 男鹿のワカメ | トップページ | お見苦しい文章ですみません。 »

コメント

最初に対応したの県庁職員の対応に

[俺の人生、間違っていたのかもしれない。]

の言葉がわたくしは忘れられません。

それが全てではないかと思います。

投稿: たけなお | 2017年3月18日 (土) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/69955447

この記事へのトラックバック一覧です: ワイヤレスヘッドホン:

« 男鹿のワカメ | トップページ | お見苦しい文章ですみません。 »