« バカ忙しい! | トップページ | 起きれなかった。orz »

2017年3月21日 (火)

パワーアップの代償

波怪(WAVE110i改)の腰上交換とチェンジロッドの修理をお願いしたバイク屋さんに、「悪いところ一通り見てください。」と言ったら、なかなか修理から上がってこない。

バイク屋に問い合わせすると、

セルモーターの受け側ギア破損。

交換したばかりのセルモーターのギア破損。

クラッチハウジングの異常な摩耗。

それらが見つかった。

高圧縮比によるパワーアップ(かなり控えめにしたのだが。)で、エンジン内部の負担が大きい様です。

体重80キロの男を時速120キロオーバーさせるカブのエンジンですから、パワーは出てるんだもんなぁ。

俺が発売してるpeaky_partsのカブ110フルチューンキットは排気量109ccのままで速く、そして乗り易くします。

エンジンの負担を減らしてノーマル排気量で、ボアアップ車両と同等の速さにするキットです。

耐久性は一切落ちません。

しかし、俺の波怪は、フルチューンされた鉄カブ(排気量115~148cc 、車体重量20キロ軽い。 )に対抗する為に排気量上げました。

最高で148cc 。

普段は125cc。

現在は120ccに落とそうとしてます。

体重60キロのライバルに、体重80キロの俺。

おそらく、俺の波怪は相当なパワーが出ているはずです。(あくまでカブとして。)

そうりゃあ、逝くとこ逝くわ。

排気量を落としても、それは変わらんだろうなぁ。

まぁ、原付きバイクなんでクルマのチューンナップに比べたら、はるかに安いもんです。

|

« バカ忙しい! | トップページ | 起きれなかった。orz »

コメント

1馬力一万円と言われてた頃が懐かしいですねぇ
車は本当にチューンするとお金掛かりますからね。

投稿: 桜華 | 2017年3月21日 (火) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/69999672

この記事へのトラックバック一覧です: パワーアップの代償:

« バカ忙しい! | トップページ | 起きれなかった。orz »