« 昨日のバトル | トップページ | 原作超えてね? »

2017年3月10日 (金)

裁判員制度の意味のなさ

ムカつくから、あんまり長く書かない。

またまた、裁判所(刑事部)が強姦殺人の凶悪犯罪者を無期懲役にしたよ。

一審の裁判員の判断は死刑だったのに。

何も意味ない。

もう、やめろ裁判員制度なんて。

前は、覚醒剤打った通り魔が人を2名殺したのに、「心神喪失だから無期懲役。」だとよ。

これも一審では、裁判員は死刑以外ないと判断していた。

覚醒剤打たないで2名殺せば死刑で、打って2名殺せば無期懲役?

おかしくないか?

何が責任能力だ!

まるで酒飲んでレイプしたら無罪って言ってるのと同じだろうが。

覚醒剤も無礼講ってか?

覚醒剤打って罪が軽くなるなら、全員打つわ。

おかしい、おかしい。

絶対におかしい。

|

« 昨日のバトル | トップページ | 原作超えてね? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/69873130

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度の意味のなさ:

« 昨日のバトル | トップページ | 原作超えてね? »