« 選挙に行きました。 | トップページ | 雪百クランク内圧調整 »

2017年4月10日 (月)

カムシャフト・バランサー

カムシャフトは、そのカム山によりバイブレーターと同じく震動を発生させる。

しかし、シリンダーヘッドに納められていることにより、その震動に気付く人は皆無である。

その震動は、カムシャフト・バランサーで減らした時に初めて気が付くほど。

俺はカムシャフトの延長上にあるカム・スプロケットをカム山とは180度反対を重くすることで震動を減らした。

カムシャフトの震動を減らすとどうなるか?

エンジンレスポンスの向上。

若干のパワーアップ。

エンジン震動の軽減。

セルフステア(自動操舵)の向上。(操縦安定性の向上。)

要は、走りが快適になる。

カムシャフト・バランサーは市販車改造クラスのレースでは、レギュレーション違反です。

それくらい効果が高い。

今回はカムシャフトにも手を加えて、カム山とのバランスを取りたいと考えている。

上手くいけばカムシャフトの震動はゼロにできるそうです。

まぁね、実際に試さないとダメですが。

最初にカムシャフトを加工して、次にカム・スプロケットを加工して、様子を見ながらバランスを取るしかない。

治具を作れば、加工しながらチェックできるんだろうけどね。

頑張ります!

|

« 選挙に行きました。 | トップページ | 雪百クランク内圧調整 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/70211368

この記事へのトラックバック一覧です: カムシャフト・バランサー:

« 選挙に行きました。 | トップページ | 雪百クランク内圧調整 »