« 診察 | トップページ | 今年の大賞は本当に面白い。 »

2017年4月 4日 (火)

暴力とは?

暴力。

本来ならやってはいけない事の代名詞。

しかし、その悪意があるなしに関わらず、許す許さないの定義がとてもいい加減で適当。

正当防衛という言葉がある。

実はこの言葉は職務で暴力を使う際に、やり過ぎた時の都合の良い言い訳。

一般の人には本来無縁のものだ。

子供の世界での暴力は、イジメとかと言われるが、大人はとかく、「子供のやったことで目くじら立てて。」と擁護する。

暴力が犯罪なら、なぜ教師は黙認するのか?

暴力とは、立場によってどうでもいい事。

だからと言って警官の前で人を殴ってはダメだよ。

俺は何度かあるけど。

覚えてるのは、峠で新潟運輸のトラックがダンプカーを追い越して、対向車の俺はそれを避ける為にガードレールと接触。

ダンプカーがクラクションで俺が事故したことを教えたが、そのまま逃走する新潟運輸。

俺はUターンして、取っ捕まえて警察につき出した。

そしたら、逃げようと抵抗するのを取り押さえたのを暴力だとか騒ぎ出したらブチキレて殴ったよ。

そしたら、警官がその新潟運輸の運転手を怒ったけどな。

「あんたねぇ、下手したらこの人死んでるんだよ!」

不問になった。

他には、俺が赤いカブに乗ってたら、俺に抜かれたホンダのフィットが幅寄せ。

頭にきたから、こちらからぶつかりに行った。

慌てて避けるフィット。

フィットが前に出て、ブレーキを掛けて追突させようとするんで、信号で止まってる時に窓を開けさせてぶん殴った。

そのあと、警察呼んでつき出したよ。

「あなた、あの人殴ったの?」

警官が聞いてきた。

「下手したら殺されるとこだったのよ?普通、そんなことされたら捕まえる為に殴らないか?泥棒を捕まえる時にお巡りさんは警棒で殴らないで捕まえられるの?」と俺。

黙る警官。

不問となった。

暴力が罪なんて相手によるんだよ。

酷いことをされたら抗うのは人間の権利だ。

|

« 診察 | トップページ | 今年の大賞は本当に面白い。 »

コメント

正当防衛じゃなくて、過剰防衛なんじゃないの?

投稿: | 2017年4月 5日 (水) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/70154194

この記事へのトラックバック一覧です: 暴力とは?:

« 診察 | トップページ | 今年の大賞は本当に面白い。 »