« カムシャフト・バランサー | トップページ | 強化スプリング »

2017年4月10日 (月)

雪百クランク内圧調整

シングルエンジンはクランクの内圧の影響を受けやすい。

そこでクランクのブリーザーホースにワンウェイバルブを接続して、ピストンが下がった時にクランク内から出た空気がピストンが上がった時にクランク内に戻らない様にして、クランクの内圧を常に負圧にしておく必要がある。

そうすることでエンジンは高回転域での負担が減る。

しかも、シフトダウン時にシングルエンジンによく見られるリアタイヤのロックが無くなる。

エンジンの負担が減るいうことは、壊れ難くなることを意味する。

雪百はクランクケースのブリーザーホースは以前の縦型エンジンよりも太くなったが、途中にチャンバー室があり、そこからは以前と同様に細くなっている。

そこにワンウェイバルブを割り込ませるとクランク内圧調整バルブの役目を果たす。

クランク内圧調整バルブは買うと高いが、ワンウェイバルブを流用すると何百円の世界。

性能に大した差はない。

今日の昼に雪百にキタコ製のワンウェイバルブを取り付けた。

ただ、キタコのワンウェイバルブの品質が以前の製品よりも落ちている気がする。

次回からはキジマ製にします。

しかし、キジマ製のワンウェイバルブをチェックすると高い確率でハズレがあるんだよね。

そのハズレは返品しているが。

日本製だからと安心できない時代になりました。

アジアの片隅で作っているのでしょうか?

さて、雪百のクランク内圧調整はどんな具合になったかな。

|

« カムシャフト・バランサー | トップページ | 強化スプリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/70214264

この記事へのトラックバック一覧です: 雪百クランク内圧調整:

« カムシャフト・バランサー | トップページ | 強化スプリング »