« 名無し | トップページ | 雪百のバネ類強化 »

2017年4月18日 (火)

嫌々キャブ・セッティング

さっきまで嫌々雪百(XR100R)のスロー調整をやってました。
 
キャブレターを弄るのは8年ぶり。
 
波怪(WAVE110i改)を購入して以来、インジェクションのセッティングしかしてませんでした。
 
実はカブ&ピースのneriさんから、雪百のスライドバルブにタンブル加工を施してもらいました。
Photo
スライドバルブ下の窪みに丸みが付けられています。
 
この加工で、ニードルジャットから吹き上げるガソリンが撹拌されて燃焼効率が向上し、エンジンのトルクが太くなる。
 
早速、雪百のPE22キャブレターに装着してエンジン始動。
 
アイドリングがいつもよりも下がり、エンジンの回転に硬さが出てきました。
 
とりあえずアクセル開け始めのレスポンスが悪くなったのをエア・スクリューとアイドル・スクリューを調整してセッィング。
 
neriさんの話では、ガソリンが濃い症状になるとのことなので、アイドル・スクリューでアイドリングを上げてから、エア・スクリューを緩めて空気を多くいれます。
 
あとは実走してからですね。
 
ジェット・ニードルも薄くする必要があるそうです。(0.5段下げる。)
 
いーっ、キャブレター面倒くせぇー!

|

« 名無し | トップページ | 雪百のバネ類強化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/70301717

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌々キャブ・セッティング:

« 名無し | トップページ | 雪百のバネ類強化 »