« カップ焼きそばのかやく | トップページ | 今日は弁護士へ »

2017年4月27日 (木)

XR100Rに自作バクダンキット

雪百(大人&公道仕様)のPD22キャブレターに自作バクダンキットを製作しました。

メインジェットのネジ側の穴にドリルでテーパーをつけました。

そして、ジェットニードルの先端を平らに成形。

パワーナウ(整流板)は、チョークバルブがあるので装着は無理と判断して断念。

自作バクダンキット製作後 、スライドバルブのタンブル加工と同様にガスが濃いめの症状。

スロー系とジェットニードルのクリップ段数をセッティング。

クリップ段数を1段下げると吹け上がりが軽くなり、高回転域が力強い。

実際の走行がどの程度変化したか楽しみです。

ビックフィンキットの方は、カブ110系エンジンとはシリンダーヘッドの取り付けボルトの形状と仕組みが全然違う。

すぐには装着は無理ですね。

何とか装着する為のアイデアを考えてみます。

次回は点火系チューンナップをやります。

追記。

おっと、忘れてた。

チュークバルブのバタフライバルブを固定してるボルトを超低頭の物と交換しました。

これでボルト頭の出っ張りが半分の高さに。

幾らか吸入抵抗が減ったと思います。

|

« カップ焼きそばのかやく | トップページ | 今日は弁護士へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/70398042

この記事へのトラックバック一覧です: XR100Rに自作バクダンキット:

« カップ焼きそばのかやく | トップページ | 今日は弁護士へ »