« 俺が役人に反骨心を持った訳 | トップページ | 雪百トレーニングコース »

2017年5月29日 (月)

雪百で通勤

インジェクションを弄る様になってから、キャブレターのセッティングが下手になってます。

「これがブランクというやつか。」

っと、シャーみたいなことを言ってみた。

まぁね、インジェクションもサブコンをチマチマとセッティングするなら難しいんだが、俺はノーマルコンピューの働きを生かす方法を取ってるもんで。

雪百(XR100R)のチューンナップが進むにつれてキャブレター・セッティングが難しくなってきた。

そこで、できるだけ雪百に乗って、セッティングの方向性を確かめようって腹です。

チマチマとキャブレターのセッティングを変えて、良い方向を追い込もうと思ってますよ。

セッティングは、仮説からセッティング変更、試走、結果による修正、仮説を立てる、の繰り返し。

「おっ、調子が良いな。」で終わらせると、それが本当にベストか分からない。

秋田県庁との裁判でも同じことをしました。

性格がしつこくないと、本当にベストな状態には出来ません。

これで頭がもっと優秀なら、俺も立派な技術者とか弁護士になれたんだろうな。

俺は知恵はあっても、頭が悪いからローテクなことしか出来ません。

しつこさはイコール執念です。

雪百を速くして、俺も速くなりたい。

|

« 俺が役人に反骨心を持った訳 | トップページ | 雪百トレーニングコース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/70704475

この記事へのトラックバック一覧です: 雪百で通勤:

« 俺が役人に反骨心を持った訳 | トップページ | 雪百トレーニングコース »