« 今の心境 | トップページ | 眞子様ご婚約 »

2017年5月16日 (火)

相変わらずの鬼レスポンス

さっきまで雪百(XR100R大人&公道仕様)のカムシャフト・バランサーを製作していました。

率直に言うと大成功です。

今回は、今までのカム・スプロケットをカムシャフトバランサーにするのとは違い、カムシャフト本体をカムシャフト・バランサーにしています。

製作の内容は秘密。

製作後に簡単なテストをして、2つのカム山とのバランスが取れているか見ました。

カムシャフトを回転されると、一定の場所で止まりません。

通常は2つのカムのある側が下になりますが、上になったり、下になったり、右になったり、左になったりします。

おおよそバランスは取れている様です。

勘で作ったわりには良い感じ。

製作したカムシャフト・バランサーの効果をハッキリさせる為に、予定した圧縮比アップはやめることにしました。(途中で面倒くさくなった?)

カムシャフトを組んで、シリンダーヘッド・カバーの上に自作ビックフィンキットを装着。

エンジンを始動すると、物凄いレスポンス。

「あっ、完全にキャブレター・セッティングと合わなくなってるわ。」

カムシャフトバランサーにする前に合っていたキャブレター・セッティングでは、カムシャフト・バランサーにした後のレスポンスに対応できていません。

アクセルを一気に全開にすると息つきが起こります。

エンジン内部の抵抗が減ったことで合わなくなった様です。

インジェクションなら勝手に合ってくれるんですがね。

おそらく、ニードルジェット段数を濃くすれば合うと思います。

0.5段か、1 段か?

今度の日曜日が待ち遠しいですね。

カムシャフト・バランサー の次はフライホイールのマス調整です。

希望のエンジン特性は、コーナー立ち上がりのレスポンスが良くなり、それでいてトルクフルでトラクションが良い。

ご都合主義みたいですが、それをやらないと速くはなりません。

頑張ります!

|

« 今の心境 | トップページ | 眞子様ご婚約 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/70583093

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらずの鬼レスポンス:

« 今の心境 | トップページ | 眞子様ご婚約 »