« 初体験 | トップページ | 秋田の現実 »

2017年6月 3日 (土)

臭いものには蓋の現実

秋田県庁が俺の請求した文書を保有しながら非公開としたのは違法だと裁判所が認めた。

しかし、地元メディアはそれを報じない。

唯一、朝日新聞だけが小さく報じてくれた。(感謝します。)

詩織さんのレイプ事件も本人が顔出ししてやっと騒がれ出した。

首相担当記者の性犯罪はヤバいと検察庁は不起訴処分。

詩織さんは検察審査会に異議申し立てを申請。

あれ、最高検察庁の人は俺にこう言ってませんでしたか?

「我々は、たとえ相手が総理大臣だろうと違法行為は許さない!」

映画『無限の住人』の万次じゃないが、「なんだ口だけか。」と言いたい。

所詮、検察庁も役人。

仕事で犯罪を取り締まってるだけで、正義感なんてない。

今回の事件は被害者の詩織さんが強い人だったから、世の中の不条理を許せなかったから、ここまでやってる。

この人は、普段は酒がとても強いそうだ。

その人が一杯二杯飲んだくらいで立てなくなるには、デートレイプドラックの様な薬を使わなきゃ無理でしょ。

つまりだ、計画的犯行なのは間違いない。

それも無視する検察庁。

いいかい皆さん。

いつかはあんたの番が来るかも知れない。

嫁さんや娘がレイプされて、その相手が権力者でレイプが揉み消される。

これ、許せる?

この事件を許せるなら、韓国に竹島なんかくれてやれ。

自分の身内が蹂躙されるのを黙って見てるなんて、どこの奴隷だよ。

奴隷根性は脱ぎ捨てろ。

俺達は役人を養う為に存在する経済動物(牛、豚、鶏などの家畜。)じゃない!

|

« 初体験 | トップページ | 秋田の現実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/70751702

この記事へのトラックバック一覧です: 臭いものには蓋の現実:

« 初体験 | トップページ | 秋田の現実 »