« 怨み節 | トップページ | 弁護士という仕事 »

2017年6月14日 (水)

もうちょっと

さっき、ケイヒン丸大メインジェットが届いた。

番数は102番と105番。

とは言っても、これから自作バクダンキット加工と自作ジェットファンネル加工を施すのでガソリンの流量は2サイズ程度上がる。

現在の雪百(XR100R)のエンジン・チューンナップは、エアクリーナー吸気ダクト撤去、マフラーバッフル撤去、テーパー・オープンエンドをマフラー装着、CD22キャブレターのニードルをバクダンキット化、クランク内圧調整バルブ、そして自作カムシャフト・バランサー。

やってることはライトチューンです。

しかし、フルチューン・エンジンと遜色ない走りが可能です。

これにフライホイールのマス調整がこの後に追加されます。

レーシングクランクと同様の効果が期待できますよ。

フライホイールを弄る前に、キャブレター・セッティングを終わらせたいんだよね。

だから、マス調整は保留にしてます。

明日、加工した102番メインジェットを組んでから実走して、ジェットニードル段数を調整します。

キャブレター・セッティングが決まれば始動性が良くなります。

今のところ、始動性が今一つ。

明日で決まれば良いなぁ。

|

« 怨み節 | トップページ | 弁護士という仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/70862705

この記事へのトラックバック一覧です: もうちょっと:

« 怨み節 | トップページ | 弁護士という仕事 »