« (o’∀`)♪ヒャッホー! | トップページ | 覆す »

2017年6月18日 (日)

これまでの雪百(XR100R)チューンナップ

新しい朝が来た、希望の朝だ、喜びに胸を開け、おっぱいボイーン!

っと、朝からお下劣な俺です。

はい、早起きしたのでハイテンションです。

今日の午後から若美モトクロスパークを雪百で走ります。

午前中はお仕事。

やっとカムシャフト・バランサー新設後にキャブレター・セッティングが煮詰まってきました。

雪百のこれまでのチューンナップは、

足回りの強化。

ハンドル位置を前に変更。

強化クラッチスプリング。

エアクリーナーボックスの吸気ダクト撤去。

マフラーのサイレンサーバッフル撤去。

PD22キャブレター・チョークのバタフライバルブ取り付けボルトの低頭化。(吸気抵抗軽減。)

スライドバルブ下部をタンブルバルブ加工。(ガソリン攪拌で燃焼効率アップ。)

自作バクダンキット加工でジェットニードルの先端を平面に。(ガソリン攪拌で燃焼効率アップ。)

メインジェットの取り付けネジ部側の穴をテーパー化。(ガソリンを拡散させて燃焼効率アップ。)

メインジェットの吸い込み側の穴をテーパー化。(ガソリンの流速を上げて燃焼効率アップ。)

ニードルジェットをCSPノズル(カブ&ピース・スペシャルノズル)に交換。(マニホールド壁面のガソリン張り付き防止。)

カムシャフトを加工してカムシャフト・バランサー化。(レスポンス向上、エンジン震動軽減、パワーアップ。)

マフラーに特製メガホン・オープンエンド装着。(マフラーの吸い込みを良くしてトルクアップ。)

タイヤは、フロントがマッド用、リアがマッド&サンド用。

今後は、フライホイールのマス調整と圧縮比アップを予定してます。

結構弄ったなぁ。

おっと、忘れてた。

熱ダレ防止のビックフィンキットの存在を。

負圧式ビックフィンで冷却効率アップ。

ビックフィンキット無しでは、モトクロスコースを本気で5周走ると熱ダレでエンジンストップしますが、ビックフィンキットのおかげで熱ダレは起こりません。

これが一番凄い。

しかも、見た目はノーマル然。

俺はまるで魔法使いだな。

魔法とは、科学です。

ここまでやっても、キャブレター・セッティングが合ってないと糞なんだけどね。

|

« (o’∀`)♪ヒャッホー! | トップページ | 覆す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/70894678

この記事へのトラックバック一覧です: これまでの雪百(XR100R)チューンナップ:

« (o’∀`)♪ヒャッホー! | トップページ | 覆す »