« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月31日 (月)

夕方からバラすか。

夕方から雪百のエンジンを開けてみます。

腰下だけの破損なら良いのですが、開けて見なくては分かりません。

思わず蓋をしたくなったりして。

亡くなった叔父が司法解剖医でした。

代々医者の家系で患者の治療の合間に、地元の警察の依頼で遺体の解剖をやっていました。

叔父は、遺体の解剖はパパッとやるそうですが、患者の手術もパパッとやって晩飯に焼肉の人でしたね。

プロだわ。

俺は元々、バイクの整備が好きじゃない。

バイクに乗ってる俺が好きという人間。

チューンナップや整備をするのは、自分が納得できる走りがしたいから仕方なくです。

俺は整備のプロじゃない。

ただ、プロもできない(やらない)ことを簡単にしちゃう素人です。

単なるバカと思って結構、そうやってバカにするプロを驚かすことができるのもバカだけですから。

保安部品の付いた入門用バイクをライトチューンでレーサーマシンと同等に走らせる。

こんな無鉄砲なことするのもバカならでは。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロー対策

桜華さん、コメントありがとうございます。

ご指摘の通り、強化バルブスプリングにしなかったのが原因だと思われます。

ヨシムラのステージ1・ハイカムはスタンダードスプリング指定でしたので交換をしませんでした。

しかし、よく考えてみれば、そのカムシャフトはカムシャフト・バランサー可して、フライホイールもバランサー可して、マフラーはメガホン・オープンエンドにしてました。

最後にキャブレターを口径アップの魔改造したことで、スタンダードスプリングのキャパを軽く超えてしまったんだと思います。

今まで、走行中ではなくキャブレター・セッティング後にアクセルを少し煽っただけで壊れたのは今回が初めてでした。

バルブサージングによる吸気バルブのピストン衝突は、何年ぶりかな。

それだけにキャブレターの魔改造に効果があったということですね。

良くても悪くても変化の無いチューンナップに効果は無い。

今回は、変化があり過ぎてエンジンが驚いたと。

腰下が壊れてなきゃ良いのだが・・・

吸気バルブ君は、スピードの神の下へ召されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

今日の動画

本当に調子良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吸気バルブもげた。

午後から雪百のキャブレター・セッティング。

昨日の晩にメインジェットを98番から100番に交換。

今日走ったら調子が良い。

「セッティングはこのままでも良さそうだな。」

そう思ったが、このセッティングで良いか確かめる為にメインジェットを102番に交換して、エンジン始動。

アクセルを軽く煽ったら、「ヴァーン!シーン。」

突然エンジンが止まった。

スパークプラグを外したら、プラグ穴から吸気バルブが丸見え状態。

あらら、バルブがもげてら。

故障がこれだけだと良いのだが・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

草刈り日和

昨日の夕方から庭の草刈りをしてます。

プラッターネオのおかげで楽チンですが、無駄に庭が広いもんだから、今朝から二時間やっても終わりません。orz

昼前に若美モトクロスパークの草刈りをやりましたが、草刈りコードが終わっちゃって30分で終了。

それでも通常の草刈り機よりも倍は速い。

午後からキャブレターの口径アップした雪百(XR100R)のキャブレター・セッティングをします。

草刈りで疲れてるんで、練習よりもセッティングを重視。

でも、DNAフィルターに交換の際には、吸気口も拡大するんで、あんまり意味無い。

あくまでも、口径アップの効果を確かめる為のセッティングです。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

プラッターネオ

プラッターネオという草刈り機の回転刃を購入しました。

素晴らしい!

エキサイティング!

仕上がり最高!

草刈りの腕は農家の人には遠く及ばない俺ですが、プラッターネオで草刈りするとプロ級の仕事ができる。

まるで電動バリカンで頭を刈るみたいにキレイに刈れる。

草刈り機特有のチュイーンっていう硬いものを間違って切った時の反動が無い。

自宅の庭の野芝を刈ったら、芝刈機の様な仕上がりで、はっきり言って芝刈機よりもずっと楽。

素晴らしい。

とにかく素晴らしい。

刈った後の庭の見てニヤリ。(^ー^)

だって、考えてみてよ。

草刈り機で仕上がりが芝刈機だよ。

しかも、操作が簡単楽チン。

俺が買ったのは、直径40㎝のプラッターネオ。

通常の回転刃よりもかなり大きい。

でも楽。

興奮した!

夢中になって草刈りしたよ。

これは安い買い物でした。

明日は早起きして続きをやるぞ。

二時間刈って、まだ半分。

明日は、若美モトクロスパークの草刈りも頼まれてる。

ちゃっちゃと刈って、雪百のキャブレター・セッティングしなきゃな。

その後で仕事だ。

忙しいッス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何でも

物事は何でも長続きさせるには、ある程度の自己陶酔が必要なんだよね。

ブログとかでも、俺がたまに、「どうだぁ、イェーイ!」的な記事を書くのもこれ。

カラオケってさ、やると、あっという間に時間が経つでしょ。

カラオケは簡単に自己陶酔ができる。

ドラえもんのジャイアン・リサイクルで、ジャイアンが気持ちよく歌って、歌ってるジャイアンは時間が短く感じてる。

聞いてる人は地獄だろうが。

でも、ネットとかって嫌ならアクセスしなきゃ済む。

拒絶するもよし、笑うもよし、感心するのもよし、反面教師するもよし。

これがブログ。

俺のブログはかなり腹割った話を書いてる。

まぁ、これも俺の自己陶酔なのかもね。

毎日、排泄する様に溜まった思いを書き捨ててます。

ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェノサイド

今朝、車庫に行ったら、小さな蜂がブンブン沢山飛んでる。

電柱で作った車庫に穴を開けて、巣を作ってた。

今晩、蜂が寝静まった頃に巣穴をガムテープで蓋して、殺虫剤を流し込みます。

ゴメンよ蜂。

でも、俺の生活圏を脅かしてるのはお前達だから許してくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライホイール

エンデューロレースの世界では、トライアル同様フライホイールのマス(質量)調整が当たり前になっています。

フライホイールを重くすることで、エンジンのピックアップを遅くして滑り易い路面でのトラクションを確保しながら、疲れ難いエンジン特性にする為です。

しかし、同じオフロードでもスプリントレースであるモトクロスでは反対にフライホイールは軽くします。

モトクロスでは短時間での競り合いに勝てる様にエンジンのピックアップを上げて、次のコーナーへの加速が勝利への鍵となるからです。

昨日、ネットで見つけたホンダのCRF150Rのフライホイールなんか肉抜きだらけでしたよ。

じゃ、重くするのと、軽くするの、どっちが良いの?

モトクロスでは、雨天時のレースで速いライダーほど、わざと高いギアを使ってエンジン回転を抑えてトラクションを稼ぎます。

これに近い状態を人工的に作るのが重いフライホイールです。

でもね、もしもピックアップが良いのに重いフライホイールがあったらどうでしょうか?

重いフライホイールはトラクションを生みます。

ゆっくり回転の上がるエンジンのピックアップはそれほど重要に思えません。

これが重くてピックアップの良いフライホイールを作ってみて感じた感想です。

エンジンのピックアップと、フライホイールのトルクによるトラクションは、丁度良い塩梅(具合)が必ずあります。

「ここだぁ!」ってアクセルを開けたのにエンジンのピックアップがついて来なかったら、絶妙なタイミングを失ってしまいます。

俺の新発明『バランサー・フライホイール』は、ピックアップの良さを失わずにエンジンのトルクを増幅される。

ただ、構造が簡単過ぎて、「えっ、これで?」と思うかも知れません。

でも、そのメカニズムの理屈が分かれば、「なるほど!」となるはずです。

この『バランサー・フライホイール』は簡単な構造故に、ほぼ裏技としか思えないでしょうね。

長年、フライホイールとエンジンクランクの関係を見詰めてきた結果です。

エンジンのピックアップを落とさず、トルクを増やし、トラクションを生む、しかも。シングルエンジン特有の余計な振動を軽減させる。

おまけに燃費も良くなった。

画期的な発明。

だけど構造が簡単過ぎて、誰にでも真似されそうで発表できない。

だから自分だけ楽しむしかない。

今から20年前にピーキーレバーを開発しました。

完全無欠のパワーレバーです。(以前に、カブ110用でヤフオクで出品し、購入者さんから絶賛されています。 )

構造が簡単です。

問題は製造方法。

大企業なら、ハンドルレバーを生産できるでしょう。

個人ではノーマルハンドルレバーを改造するしかない。

初めは手作業でレバーを削って作ってました。

開発から20年経った今では、どんなハンドルレバーでも僅か数分で簡単にピーキーレバーに改造できる方法を見つけました。

これも簡単過ぎて教えられない。

墓まで持っていきますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

夕方

夕方に佐川急便が来て、草刈り機の回転刃とDRCのワイドフットペグを持ってきた。

草刈り機の回転刃は後日に装着することにして、フットペグの方を雪百(XR100R)に装着。

可倒式のスプリングをカットする必要と若干の調整がありましたが、何とか付けられました。

ついでに、口径アップしたキャブレターのメインジェットを変更します。

始めにエンジンを掛けて、吹け具合を1度見てからメインジェットを1サイズアップ。

硬質な感じだったエンジンの吹け上がりがマイルドになりました。

これがピッタリかは、走ってみないと分かりません。

しかし、明らかにメインジェットが薄い状態よりは良いでしょう。

雪百には、この後にDNAフィルターが来ます。

火災防止のパンチングメッシュが全く無いエアフィルターです。

これを装着したら、またメインジェットが上がりますね。

エンジンパワーは、エンジンにより多くガソリンを送り、キレイに燃やして(爆発させて)、スムーズに出してやる。

まずは、ガソリンをいっぱい食わすことから。

まぁ、ギャル曽根みたいに爆食いされるのも困りますが。

最近まで、波怪(WAVE110i改)がそうでした。orz

俺の新発明『バランサー・フライホイール』で改善されましたけどね。

よっしゃ、よっしゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なるほど!

最近、「なるほど!」と感心した言葉。

「世の中には、手を差し伸べるだけ無駄な人間がいる。」

その通り。

そんな人間が多く住んでるって言うか、ほとんどそれなのが韓国人だよ。

これ、俺の体験からも間違いない。

奴らの得意技は、何と言っても『恩を仇で返す。』だもの。

滅べと思ってもゴキブリ駆除よりも難しいから、せめて俺の目の届かないところで共食いしてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野生種のアジサイ

昨年に地元の山で発見した綺麗なアジサイの野生種を自宅の庭で殖やそうとして失敗しました。

昨年失敗した原因は、培土に化学肥料を入れたのがダメだった。

アジサイは養分が多いとダメらしい。

養分の無い培土で作って殖やした他のアジサイは今年花を咲かせています。

葉っぱのままの方が多いですが。

鉢でかなり大きくしてから庭に植えた方が良さそうですね。

昨年植えた、ホームセンターで売れ残りだったアジサイも立派に咲いてます。

今年こそ、和服みたいな野生種の綺麗なアジサイを殖やします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必ず見ろ!八幡平最速のカブ動画

https://www.youtube.com/watch?v=ln7KclDXKbU

ちなみに言っておくが、カブの中で最速じゃないから、八幡平で走るバイクの中で最速。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

またちょっとだけ大人仕様

雪百(XR100R)をまたちょっとだけ大人仕様にします。

重い大人が子供用入門バイクに乗るには、色々とマシンを強化しなくてはなりません。

今まで変更した箇所は、ハンドル、前後のサスペンション、シフトペダル、クラッチ、エンジンのパワーアップでした。

次に変更するのはフットペグです。

つまり、ワイドなステップにします。

細いステップでジャンプすると、それなりに足裏に衝撃が走ります。

思ったよりも価格が高い製品か、安くてチープな製品しか無かったのですが、数日前にヤフオクでDRC社の立派なフットペグがお手頃価格で出品されているのを見つけたので落札。

明日か、明後日には届くと思います。

ところが、今度の日曜日も雨の予報。

魔改造したキャブレターのセッティングがしたかったので、ウチのコーナーリング練習場で明日の夕方にセッティングをします。

最近は、日曜日に思いっきり練習するので平日は練習は休み。

体が持ちません。

そのせいか、日曜日が来るのが毎週楽しみで楽しみで。

自分の研究成果が分かるのは嬉しいもんです。

雪百のエンジン・チューンナップのほとんどが自分だけのオリジナルチューン。

しかも、確実に速くなってる。

凄い面白い。

どんどん速くなれ雪百!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこの

これから仕事行くのに波怪(WAVE110i改 )のエンジンを掛けに庭に出た。

ふと、庭のBBQ場横のテーブルとイスに目をやると、ピンクの可愛らしい花が周りに咲いていた。

何、勝手に咲いてるんだよ。

て、言うか、一体どこの桃源郷だよ。

種を蒔いてもいないのに。

タンポポも去年より増えてるし。

新型の草刈り機の回転刃が届いたら、みんな刈ってやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年ぶりにニラキムチ作ろ。

数日前に収穫したプランターのニラが冷蔵庫に入ってます。

収穫した初日にニラタマ丼を作って、「あとはニラのお浸しにでもするか。」と思ってましたが、急にニラキムチが食べたくなりました。

材料は冷蔵庫にそろってます。

よし、作ろう。

ただ、ニラキムチを作る際に注意が一つ。

ニンニクを利かせ過ぎると、食べた次の日に朝立ちが酷くて日が覚める。

だから、ニンニクはほどほどに入れないと。

ニンニクを多くするとメチャクチャ美味いんですけどね。

ニラの量を見て、足りなかったら庭で野生化したニラも収穫するか。

そういえば、もうすぐ庭に植えたミョウガも収穫できるな。

そうめんや稲庭うどんにミョウガを入れたら美味いんだよね。

近々、ドラム缶風呂もまたやりたい。

楽しみだわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

所詮は秋田県庁出身

エボルさん、コメントありがとうございます。

早速ですが、コメントの返事を記事にさせてもらいます。

佐竹知事は秋田県庁職員を経て、秋田県内の建設会社経営者達をパトロンにして秋田市長から秋田県知事になった人間です。

俺も佐竹知事の後援会パーティーに出席したことがありました。

パーティーはいきなり酒盛りから始まります。

乾杯の瞬間から聞こえる、「おらぁー!佐竹酒注げ酒!」、「佐竹、こっちもだぁー!」と怒号に似た建設会社社長達の佐竹酒注げコール。

まるで太鼓持ちの様に背中を丸め、お酌をして回る佐竹知事。

何のドラマだよと思ったほどですよ。(ほとんどVシネマ。 )

秋田県だけではないと思いますが、秋田県庁に知事は立場が強い、知事には建設会社経営者が強い、建設会社経営者には秋田県庁が強いの三竦み状態。(ジャンケンかよ!)

これで秋田の建設業界が成り立っています。

今回、知事が宮城県にゴルフに行って、帰れなかった理由は一つ。

彼は意外にもカーマニアだったのです。

秋田県知事になった彼はポルシェを購入しようとしたが、周りからスポーツカーならせめて国産車にした方が良いと諭され日産のフェアレディを購入。

インターネットで秋田市内のスポーツカークラブにメールを送り、自分からメンバーにしてくださいと言った人。

愛車のフェアレディには、知事という仕事からは想像もつかないド派手なホイールが組まれてるとか。

愛車で宮城までゴルフに行って、一杯やっちゃったから秋田に帰れない。

カーマニアの彼が愛車を置いて、自分だけ秋田帰るなんて頭がある訳はありません。

元々、自分が偉いんだと思ってる秋田県庁職員出身の知事ですよ。

自分勝手が許されると思ってる。

だから秋田県庁職員お得意の虚偽と捏造で誤魔化そうとしたが、途中からバレたら取り返しがつかないと、宮城県に行った理由と帰れなかった理由を訂正した。

公務ではなく、私用とね。

俺と秋田県庁が裁判した時と全く一緒。

つまり、佐竹知事が県庁職員だった時代から、虚偽と捏造は脈々と県庁職員に受け継がれている。

糞の親方はやっぱり糞。

「おらぁー!さだげさげつげぇー!(聞いた感じは全て濁音。)」

威厳も何にもありゃしない。

嘘つき秋田県知事。

虚偽と捏造は秋田県庁の伝統です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ~あ、

昼休みにラジオから流れる奥田民生が唄う吉田拓郎の曲にじーんとなっちゃって、吉田拓郎の原曲をスマホにダウロード。

あ~あ、とうとう俺も吉田拓郎の詩が心に響く歳になったんだなぁ。

吉田拓郎なんて、子供の頃にテレビの『ひらけ!ポンキッキ』で見た『看板の歌』しか知らなかったのに。

吉田拓郎の曲なんかよう、アメリカのカントリーソングのパクりだろう。

だけど、日本人の感性で浪花節風味にしちゃってさ。

そんな曲に心奪われるなんて。orz

午前中までノーハンドでバイクかっ飛ばしながら、ヘビメタ歌ってたんだぜ俺。

参ったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型

庭の手入れをしばらく放置してたら、黄色いタンポポが沢山咲いてた。orz

庭が広いので、実家からいつも自走式の草刈り機を借りてたんだが、いちいち借りに行くのも面倒臭い。

何とかウチにあるホンダのハイパー草刈り機で、もっと楽に草が刈れないものだろうか?

調べたらありました。

掃除機みたいに押して刈れる回転刃が売ってましたよ。

しかも、刈り幅が40㎝。

これならちゃっちゃと刈れるでしょう。

値段もそれなりだが、自走式の草刈り機を買うこと考えたら安い、安い。

見てろよタンポポ。

刈ってやるぜ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

DNA!DNA!DNA!DNA !

ヨーヘイさん、名無しさん、コメントありがとうございます。

ヨーヘイさん、その製品でXR100R用はフィルターだけらしく、金網自体はノーマル使用しなければならないのでDNAフィルターにしました。

キャブレターの魔改造とダブル効果を狙ってます。

名無しさん、キャブレターに逆流するからバックファイヤーですよね。

前に書いた記事ではちゃんと書いてましたが、それでもたまに間違えます。

改めて訂正させていただきました。

ありがとうございました。m(__)m


てな訳で、DNAフィルターをバイク屋さんに注文してきました。

DNAフィルターはK&Nフィルターよりも、ずっと後からできた製品なので改良が加えられているみたいですね。

この2つの製品の吸入効率を比較した動画があって、DNAの方が性能は上でした。

しかし、オフロードで使う場合は走った後にどちらも早期のメンテナンスが必要です。

吸い込む土埃の量が半端ないですから。

エアクリーナー・ボックスに隠れてる分だけ注意しないと意味が無くなります。

本当はヨシムラのボアアップキットの方を購入しようと思ったのですが、先々週に協和オートランドでヨーヘイさんと会った時に、「ピーキーさんの弄ったキャブレターは凄かった!」と言われて、「あれ?そういえば俺ってキャブレターをフル改造できたんだっけな。」と思い出した次第です。

そこで、過去に自分のやったキャブレター・チューンナップをもう一度思い出して、今回やってみました。

魔改造したキャブレターを雪百(XR100R)に組んでみて、「やっぱ、俺の弄ったキャブレターは凄いや。」と思わず自画自賛しちゃいましたよ。(テヘペロ。)

だって、マジ凄いのよ。

エンジンがピューッて回転するんだもん。

これにDNAフィルターに交換したら、純正エアフィルターの抵抗が無くなって、もっと凄くなるのよ。(要セッティング。)

自分で言うのもバカみたいだが、簡単な工具3つでキャブレターを別物にできるのって聞いたことないでしょ。

シングルエンジンのシングルキャブレターについては、同調の必要が無いから手作業でメチャクチャ弄れる。

まさに魔改造ってくらいにね。

これは日曜日が楽しみだ。

若美モトクロスパークに来る人達は、来る度に少しずつ速くなる入門用バイク(XR100R)を見て気持ち悪くなるだろうな。

まぁ、それが面白くてやってるんだけど。

チューンナップは止められまへんなぁ。(似非関西弁。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

DNA!DNA!DNA!

平社員さん、コメントありがとうございます。

「覚えてろよ!」

これ、先月に言いました。

山形の走るかたぎやミーティングでニンジャ1000に峠で後ろにビタ付けされたのが悔しくて、別れ際に叫んでましたよ。

俺、完全に悪役だな。


K&Nフィルターを購入しようとしたら、同じタイプのエアフィルターが販売されてました。

DNAフィルターです。

予備も含めて2個注文し、洗浄液と専用オイルも注文。

DNAフィルターはよく知りませんが、後から出た製品ということでK&Nフィルターよりも良くなってるかも知れません。

期待してます。

キャブレター口径アップと火災防止の金網が無いエアフィルター。

「これでエンジン回るんじゃね。」的な期待をね。

そうなったら良いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアクリーナーの金網

雪百のキャブレターの口径を上げることで、エンジン回転が滑らかになりました。

でも、問題はこれだけではありません。

そうです、エアクリーナーの金網です。

バックファイヤーによるエア・フィルターの火災防止の為に付いてる金網。(パンチングメッシュ。)

これがかなりの馬力を損失させている。

モトクロスマシンでもこの金網は付いていて、この金網を外してパワーアップさせる為に、不燃性のエアフィルターが販売させれています。

残念ながらXR100R用はラインナップにありません。

しかーし、ご心配なく。

XR100RのK&Nフィルターがあります。

これは燃えません。

ただ、赤いフィルターオイルが使っていて薄く白くなってきた瞬間に、細かい埃を大量に吸入します。

赤い内は大丈夫なんですがね。

なんたって、K&Nフィルターはダートトラックレースの必需品ですから、本来埃に強い製品です。

俺もXR630Rアルベーカー・スペシャルに乗っている時は使ってました。

上記の埃を 大量に吸入するのは、その当時の体験です。

早期の洗浄と専用オイルの注油が大事ですね。

雪百にK&Nフィルターを使えばパワーアップですよ。

ヨシムラのボアアップキットより先に、こっちを購入した方がいいね。

予備も含めて2個買おう。

これで、また一歩野望に近づいた。(バカ。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤッター! ヽ(´∀`≡´∀`)ノ

長年の悩みが解消しました。

秋田県でカブなんかに乗ってると、とんでもないバカっ速なカブ乗りに遭遇します。

只今、絶賛増殖中です。

ええ、カブ&ピースの檀家さん達ですよ。

そんなカブと一緒に走るとなると、必然的に高圧縮エンジンを作ることになる訳ですよ。

そうすると、ノッキングがカリカリカリカリ起こってクランクが消耗品となります。

長持ちして30000キロ。

短くて6000キロ。(俺。)

速さと寿命を秤にかけてる状態です。

今年も暑くなって、カリカリカリカリが発生してきました。

そこで、何とかしたいとSTPのオクタンブースターというオクタン価を 上げる添加剤を使ってみました。

エネオスのハイオクガソリンに添加。

ノッキングがピタッと止まって、気持ちいつもよりも速くなってる。

( ≧∀≦)ノ!

ヽ(´∀`≡´∀`)ノ

.+:。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。:+.

素晴らしい!

まるで頻尿が治まったお年寄りの様な有り様です。

嬉しくて、嬉しくて。

カブ&ピースの檀家さん、北海道のGASさん、ハングアウトの鍛造ピストンの愛好者さん、絶対にお薦めです。

1本買えば60literのガソリンに使えます。

これで安心してアクセルが開けれる。

嬉しー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔改造完了

昨日の夕方から雪百(XR100R)のキャブレターを魔改造してました。

キャブレターの口径拡大と、キャブレター内壁に引っ掻き疵を付ける加工、そしてキャブレターの前後のジョイント部分に溝を付ける加工を施します。

引っ掻き疵を付ける加工は、キャブレター内壁の角を滑らかにし、キャブレター内壁を流れる空気や混合気が内壁へ張り付くことを防止します。

キャブレターの前後のジョイント部分に溝を付ける加工は、ジョイント部分の段差による抵抗を減らし、溝に入った空気や混合気がベアリングの役目をして吸入をスムーズにします。

今まで何度も試したオリジナルのチューンナップです。

ハッキリ言って見た目がグロいです。

完成まで風呂に入らず(臭い。)飯を食べるのも忘れ、「こんなもんだろう。」となったのが深夜3時半。

パーツクリーナーが無かったので、水道の水でアルミの削りカスを洗い流し、フロート室のドレンボルトを抜いて内部に入った水を出した。(出てこなかったけど。)

雪百に完成したキャブレターを装着。

エンジンを始動すると、いつもより軽く回る。

あーっ、鼻づまり(呼吸困難)だったんだなぁ。

つまり、チューンナップされたエンジン本体が要求する空気をキャブレターが満足に供給できなかった。

キャブレターの口径を手作業のボーリングで拡大したことで、エンジンの求める空気をやっと送り込めることができた訳です。

細かいキャブレター・セッティングは次の日曜日に出しますね。

エアクリーナー・ボックスの吸気ダクトを排除し、インナーパーツの加工で燃焼効率を上げるだけではダメだったが、キャブレターの口径を今回拡大したことで排気系チューンナップと帳尻が合ったと。

めでたし、めでたし。

走ってるとこの動画を見ると、アクセル全開の加速時に、「バババババッ!」ってエンジンが吹け切らないシーンがある。

この原因がこれでした。

でもなぁ、ボアアップで排気量上げたら、また同じ様にならないかな?

なったらなったで、その時考えるか。

エアクリーナー・ボックスの吸気口を拡大、または増設して。

また一歩野望に近づいた。(アホか。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

トラクション、トラクション、トラクション!

オフロードや雪道をバイクで飛ばしてると大事なのがトラクション。

タイヤが地面を掴んで離さないのがトラクション(駆動力)だ。

普通はタイヤのグリップでトラクションは決まる。

しかし、タイヤだけじゃダメなんだ。

エンジン特性と路面との相性。

オフロードバイクにシングルエンジンやツインエンジンが多いのは、車体が軽くなるだけじゃなく、エンジンの生むパルスが地面を掴み易いから。

そのシングルエンジンやツインエンジンでも、トラクションの強いエンジンとそうでないエンジンがある。

市販車や市販レーサーは、まだまだトラクションのことを考えて作られてはいない。

反対に、バイクメーカーのレース部門では、トラクションを生むエンジンを作る為に躍起になっている。

トラクションが少ないエンジンでは本気でアクセルを開けられないからだ。

その為に、エンジンから車体、タイヤは勿論、サスペンションの取り付け位置まで拘って作られている。

俺も雪道を走る様になって、初めてフライホイールのマス調整に興味を持った。

ドラックレースでは、スタート時のライダーの体勢でトラクションを作り出す。

だから、スタート時のライダーは上体が立っている。

上体の掛かる加速Gが背骨を伝わってシートからリアサスを強く地面に押し付けるのだ。

これはドラックレース以外のバイクレースのスタートにも使える。

最近のモトクロスのスタートでも使われてるね。

元はドラックレースの本場アメリカのライダーからだから。

ホンダがそのアメリカでダートトラックレース(オーバルコースをぐるぐる回るバイクレース。)に参戦した際に、このトラクションを理解できなかった

天才ライダーのフレディー・スペンサーが天才過ぎて、トラクションを言葉で上手くホンダのメカニック達に伝えられなかったという話もあるが。

「パワーがあるのにパワーがない。」じゃ、伝わるものも伝わらないよ。

困ったホンダは、ダートトラックのチャンピオンだったライダーに大金払ってダートトラックに勝てる方法を教えてもらった。

それがマス(質量)調整だった。

クランクやフライホイールの重量を変えて、トラクションとトルク、そして最高速を得るチューンナップ。

俺はそのマス調整を発展させて、レスポンスを落とさずにトラクションとトルクを得て、おまけにエンジンの振動を減らし、燃費まで良くしちゃった。

波怪(WAVE110i改)は今まで燃費がとっても悪かった。

しかし、バランサー・フライホイールを作ったら、燃費が信じられないくらい良くなった。

もう、携行缶は要らない。

トランクボックスに3リットルの携行缶を2つ積んで、シート下のトランクボックスにも0.5リットルの携行缶を常時積んでいた波怪。

今では、シート下の携行缶だけ積んでますよ。

雪百も燃料満タンで丸一日モトクロスコースで走っても大丈夫になりました。

バランサー・フライホイールにする前は、午前中に走って、午後には予備タンでしたがね。

雪百は昨日の練習で、ほとんどタイヤが滑りませんでした。

明らかにバランサー・フライホイールのウェイトを増量した成果です。

マシンはぐいぐい前に進む。

コーナーリングも安定して、リアタイヤが横に出ません。

何故、エンデューロライダーがフライホイールのマス調整をするのかが、よく分かます。

モトクロスだって、ワークスのマシンはマス調整は全部やってるよ。

希少金属をふんだんに使って。

俺の雪百は真鍮製で十分でした。

元々、フライホイールは大きいし。

今度の冬は、波乙(WAVE110AT改)で雪道を走ります。

最高速は時速90キロに設定してます。(波怪から30キロ落ち。 )

その代わり、90キロまでは思いきり速く走れる仕様を目指します。

雪道は波乙。

雪上レースは雪百。

想像するだけでワクワクしちゃう。

頑張ります!
 


追記。

トラクションの効果をよく理解できない人の為に分かり易く説明すると、昨日の動画で10歳の少年が乗ったRM85は28馬力。

俺の雪百はチューンナップしてるとはいえ、排気量はノーマルだから12馬力程度だろう。

28馬力と12馬力でも、対等に走れる。

これ、腕だけじゃ無理ね。

なんなって、パワー差が2倍以上だもの。

場合によっちゃあ、3倍、4倍、5倍のパワー差でもライダー(自分と相手)次第で追い付けるかも。

トラクションって、それだけ大事ってことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔からの口癖

昨日、またもや昔からの口癖が出た。

「次来るまでに速くしておくから。」

改造マニアならではの口癖です。

先々週の休みも協和オートランドで練習して、双子の男の子にぶっちぎられたら、思わず、「次来るまでに速くしておくから。」の口癖がでました。

あれこれ30年くらい言ってるのかな。

これに対する返事は大体決まっていて、「もう十分だって。」です。

要は、俺が納得できるか、できないか。

納得できたら、途中で止める時もあります。

勿論、目標を達成することも。

良いんでないの、たった1度の人生だもの。

今、不倫疑惑で夫婦の仲が最悪と言われる船越英一郎さんが、嫁の連れ子の長男に言った言葉が素敵でした。

「ただ生きてるだけに生きるな。夢の為に生きろ。」

その通りっちゃ、その通りなんだが、なかなか面と向かって言えない言葉ですよね。

これで頑張って一芸だけでも光るものが身に付けられたら素晴らしいと思います。

人生を成功するか、しないかは別として。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

PD22を魔改造するよ。

パワーが欲しい!

雪百(XR100R)には、入門用バイクとしてのリミッターがある。

それを少しずつ解除していかなくては。

排気側は解除した。(メガホン・オープンエンド装着。)

吸気側は、吸気ダクトを撤去して、キャブレターのインナーパーツを改造して燃焼効率を上げている。

これから行う予定の魔改造は、キャブレターのボアを拡大し、キャブレター本体の内部壁面に細かい溝を付ける加工です。

キャブレターを外して、内部見た人は、「げぇ、何だこれ?」と思うと思います。

でも、速くなるんです。

しかし、問題もあります。

XR100Rのエア・フィルターにはバックファイヤーによる火災防止にパンチングメッシュの金網と細い針金を編んだ金網が二重になっています。(バックファイヤーは本来、キャブレター側に火を噴く現象、マフラーから火を噴くのはアフターファイヤー。よく勘違いされる。)

細い針金は良いのですが、パンチングメッシュの方が吸気抵抗になっている。

バックファイヤーが発生する原因は、エンジン回転を無視したシフトダウン。

つまり、シフトチェンジが下手だと起こる。

ベテランライダーなら皆無です。

このパンチングメッシュをなんとか除去したい。

これが出来れば吸気側のリミッターは全て解除されたことになります。

大改造か、作り直すか。

面倒だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

今日の動画 ラスト

https://www.youtube.com/watch?v=YPYfpyLyzfw&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の動画 続き

https://www.youtube.com/watch?v=Br63rCiWh4M&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の動画

https://www.youtube.com/watch?v=0-_lSbEoOHk&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしょうかな。だけど・・・

次のレースまでに更にチューンナップしようと思います。

やるとしたらキャブレターのチューンナップ。

雪百のPD22のボアをヤスリで削って拡大してやります。

この後に、115ccへボアアップするとなると、またキャブレター・セッティングが必要になる。

一緒にやってセッティングを1回で済ますか、それともチューンナップの効果を実感する為にそれぞれセッティングをするか。

趣味の世界は面倒くさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の技術は世界一イイイイ!

ネットで調べてたら、世界一回るハンドスピナーは日本製らしいですね。

しかも、まだ発売されてない。

8月3日発売で、お値段が17800円だそうです。

何と、12分回るそうですよ。

名前が『サターンスピナー』。

別に欲しくはありませんが。

俺的には、世界一を目指して作られた物よりも、偶然に凄い物が生まれた方が素晴らしく思える。

ゴルゴ13が注文する様なスペシャルなライフルよりも、ソビエトの工場で偶然できた大変に調子の良い既製のAK47ですよ。

そう考えると、近所のスーパーで、「俺が一番回るんだよ。」とアピールしてきた俺のハンドスピナーが愛しい。

で、そんな愛しい俺のハンドスピナーに愛情を注ごうと思います。

沢山回す為に脱脂ばかりしてたら、「キュルキュルキュル!」っと音がしてきた。

潤滑剤無しの方が回るのは分かっているが、何か良い潤滑剤は無いものか?

調べてたら、『レボリューションBB 』という潤滑剤が良いらしい。

YouTubeで、「ハンドスピナーに評判の潤滑剤『ベルハンマー』を使ったら回るようになんだろ。」とやった人がいて、全然回らなくなった動画がありました。

他にも同じ様に色んな潤滑剤を試して、やっぱり回らなくなった動画が数多くアップされています。

しかーし、1つだけ使って回る時間が増えた潤滑剤がありました。

それが『レボリューションBB 』。

小指ほどの内容量で千円を超える潤滑剤。

ベアリングを脱脂してから、レボリューションBB を1滴から2滴注油後にベアリングを回転させて、回転した熱で気化されると被膜が形成される仕組みだそうです。

これは試す価値ありと、早速注文しました。(バカだねー。)

レボリューションBBを買った人のレビューを見てみると、ハンドスピナーに使った人のほとんどが好評価でした。

ただ、一人だけが、「元々回るハンドスピナーに使ったら回る時間が減った。脱脂したら直った。」というのがありました。

俺のハンドスピナーは今まで回った最高時間が7分。

それから5~6分くらい回るので、調子は落ちて行くばかり。

そこで、性能維持の観点からの購入となりました。

これもチューンナップになるのかな。

ハンドスピナーをすると妙に落ち着く。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

レース中止!

昨日からの災害レベルの雨で協和オートランドのコースが流れてしまい、レースを中止にするとの連絡が入りました。

コース手前にあるコンビニで朝飯を買って、朝のお通じをした後の連絡でした。

県南からの参加者は自宅が洪水で浸水したとか、しないとか。

遠くからの参加者に逸早く連絡が来た様です。

まぁ、どしゃ降りの雨の中のレースは気が引けるからねぇ。

コースに向かう途中に、TOYOTAのアイシスが妙に絡んできてバトルの末にぶっちぎってやりました。

目の前に大きな水溜まりがあって、失速してる横をオーバーテイクされたりと、なかなかエキサイティングなバトルでしたよ。

こっちはスズキのキャリーだし。(母の愛車。)

これが親父のホンダ・アクティーだったら、速過ぎてバトルにならんかったと思うけど。(軽トラならアクティー最強説。)

レース前にレースしてしまうのが俺らしい。

てな訳で、ただ自宅に戻るのもシャクだとと思って、マクドナルドで美味しい紅茶のシフォンケーキを食べながらカプチーノ飲んで、このブログを更新してます。

主催者側のヨーヘイさんから連絡をもらった時に、「せっかくセッティングも出してたのに。」と言われましたが、いえいえ、早めに連絡をもらえただけで有り難い。

レースは九月のオートランド第3戦に持ち越されました。

それまでに、雪百(XR100R)のチューンナップを進めて、出場できるレースを増やしたいですね。

見た目ノーマルのままで。

次までにボアアップかなぁ。(ヨシムラのキットで115 cc 。)

足回りの性能アップをすると見た目ノーマルにならないから、レースではジャンプを思いきり飛べずにナメナメ走行ですけどね。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何だこの雨。

朝早くから物凄い大雨。

波乱の予感がします。

まぁ、なるようになるさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

やっと完成。

ケイボウさん、コメントありがとうございます。

ハーレーはとっくにテーパーベアリングをフロントホイールに使っているんですね。

俺の考えも満更嘘ではないと安心しました。

CRF150Rクラスのマシンに合いそうなテーパーベアリングは有りますが、XR100Rにはサイズが大きくて使えないみたいです。

残念!


雪百が日が暮れる寸前に完成しました。

完成が遅れた原因は、キルスイッチ。

悩んだあげく、キルスイッチの配線を点火コイル側に付けて正常にエンジンストップできました。

キーボックス側に付けたら、キーオフの時にしかキルスイッチが作動しない。

しかも、キー側でエンジンストップができなくなるという面倒くさいことになる。

点火コイル側に付けることでキーでも、キルスイッチでもエンジンストップが可能です。

配線の仕方にも問題があったみたいですが、モトクロスマシンのキルスイッチは基本的に点火コイル側にキルスイッチを付けるみたいですから、かえって良かったと思ってます。

あと、テスト走行しました。

完成直前にマルコム・スミス・レーシングのXR100R用強化シフトペダルが到着。

シフトペダルを交換。(武川の鍛造アルミ・シフトペダルはモトクロスだとガタが出てくる。)

ゼッケンも貼り付け完了。

問題は、フロントホイールの重くしたウェイト。

どんな感じになったか、田んぼ道を激走してテスト。

レスポンスは以前と変わらず、トルク感とトラクションは向上してます。

エンジンの振動はシングル・エンジンのパルスだけ。

不快な振動は皆無です。

対策して装着したとはいえ、重くしたウェイトが遠心力で外れなきゃ良いなぁ。

多分大丈夫だと思うけど。

一応は取り付けボルトに耐熱用ネジ止め剤を塗ってます。

何かさぁ、これで速く走れなきゃ俺が下手なだけだなと思えますよ。

まぁ、ビギナー&トレールのクラスでは、ビギナーとは名前だけの競技ライセンスを取ってないベテラン・ライダーもいるので油断はできません。

何度も言いますが、最高でパワーが雪百の4倍のマシンと混走ですからねぇ。

それでもやるから面白いんですが。

力まず頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

調子に乗って。

もっと確実に簡単に装着できるフライホイールのウェイトは出来ないものか考えました。

すぐにアイデアが浮かびました。

ドーパミンが出てる時ってそんなもんです。

次々とアイデアが浮かんでくる。

人はこれを覚醒と呼ぶ。

飯も食わなくても苦痛じゃない状態。

ドーパミンはナチュラルな麻薬だもの。

雪百は公道仕様にする為に、エイプのフライホイールが使われています。

そのエイプのフライホイールに簡単に装着できるウェイト形状を思い付きました。

場合によっては、XR100Rのノーマルフライホイールにも装着できるウェイトも簡単に作れます。

ドーパミンって凄い。

ラリラリですね。

これはラリから覚めた時の反動が怖いんで、遅い昼飯食べて、昼寝して雪百を完成させますよ。

今日は雨で仕事はお休みだから余裕です。

さて、神棚の神様と一緒に昼飯食うかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドスピナーを回して気が付いた。

ハンドスピナーをくるくる回して気が付いた。

ハンドスピナーの向きを横から縦にしたり、逆に縦から横にしたりすると回転軸に抵抗感が大きく出る。(遠心力による応力とは別に。)

これさぁ、バイクでも同じ事が起こってるんじゃないの?

特にフロントホイールは、向きが変わるからライダーが気が付かないだけで、かなりの抵抗が発生しているのかも知れない。

そこで、従来のベアリングではなく、テーパーベアリング(ステアリングに使う奴。)をホイールのハブに使える様にしたらどうだろうか。

テーパーベアリングをハブの左右に使えば、縦方向の荷重にも、横方向の荷重にも対応できる。

シャープな切り返しやスタビリティー(操縦安定性)が向上しないかな。

やってみる価値はあると思う。

色々調べてみますね。

あと、不燃性の紙があれば、抜けが良くて超静かなマフラーサイレンサーも作れることが分かってます。

問題はそんな排気ガスの熱に対応できる不燃性の紙がないこと。

技術が進んでそんな紙ができたなら、俺はその紙を使って超静かなマフラーを作ります。

いつか、そんな時が来れば良いなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

欲望の赴くままに。

桜華さん、コメントありがとうございます。

マシンは最高です!(XR100Rとしては。)

あとは、俺の腕と運次第ですね。

頑張ります!


午前中にカブ&ピースのneriさんとこ行って、ハンドスピナー用真鍮製ウェイトを バランサー・フライホイール用に加工してもらいました。

超お友達価格で。(ありがとうございました。m(__)m)

本当は、明日のレース後に試すつもりでしたが、ウェイトの出来の良さに、「早く試してみたい!」と我慢できなくなり雪百のフライホイールに装着。

エンジンを回してレスポンスを見ると、ウェイトで重くなった分だけアクセル開け始めのレスポンスが鈍い。

これはウェイトの重さが直接の原因ではなく、キャブレターのセッティングが重くなったフライホイールと合ってないだけ。

すぐにジェットニードルの段数を0.5段薄い方に振ってやりました。

そしたら、レスポンスはウェイト増量前と変わらず、そればかりかエンジンの不快な振動は更に減り(シングルエンジンのパルスは残ってます。)、力量感は明らかに上がっています。

これならいきなり本番でも良いな。

「公式練習もあるし、ダメならすぐに戻せるしね。 」

と、安易な気持ちでいっぱいになりました。

午後から、キルスイッチの不具合を発見したので、それを直して整備を終わらせますよ。

こんなの誰も乗ったこと無いだろう。

俺が初めて作ったんだから。

これでちゃんと走れなきゃ、それは俺の腕が悪いだけだ。

まぁ、気負わずに落ち着いて走りますよ。

どうせ、アドレナリンで興奮するんだから7分の力で走ってるつもりでも実はフルパワーだったりするからね。

冷静に、冷静に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神の手も借りたい。

昨日の夕方に、雪百(XR100R)のジェネレーターカバー(ドライブスプロケットカバーと一体。)を雨天の泥詰まり防止にカットしました。

キレイにスカッと削りましたよ。

その削っている最中に、宅急便がハンドスピナーの真鍮製ウェイトを届けに来た。

この真鍮製ウェイトは、雪百のバランサー・フライホイール用に加工します。

俺は旋盤を持ってないので、カブ&ピースのneriさんとこへお願いしますよ。

以前は機械屋さんに頼んでましたが、最近はもっぱらneriさんに頼んでます。

何ていうか、仕事の美しさがあるんだよね。

これはもって生まれたセンス。

努力でも補えない。

センスってさ、製品の当たり外れと同じ。

例えば、ハンドスピナーだって最初から長くくるくる回る奴もあれば、そうでないのもある。

しかし、考え方によっては才能は、その個体に合った使い方で変わる。

ハンドスピナーとしては、長くくるくる回る方が偉いだろうが、3分しか回らないハンドスピナーがあったとしたらカップ麺のタイマーとして使える。

待ち時間の暇潰しにも最適。

才能なんてそんなもの。

華やかな世界で活躍する才能のあれば、底辺で世の中を支える才能もある。

話は元に戻って、真鍮製ウェイトをフライホイールに使うに当たって、その重さ故に走行中に脱落したりしない取り付けが必要だ。

その為には、ウェイトの重さが少し減っても、ガッチリ取り付ける事が大事。

取り付けボルトは今まで使用した物を使います。

強度的にそれが良いと判断しました。

問題は、今までのボルトに合わせてウェイトを加工しなくてはならない事です。

今現在使ってるウェイト(50円玉2枚)の2.5倍の重さになります。

ボルトを長くして装着すると、ボルトに掛かる負担が大き過ぎます。

その負担を減らす形状にするつもりですよ。

エンデューロ(オフロード耐久レース)では、フライホイールに円盤状のウェイトを使います。

しかし、それではトラクション(駆動力)やトルクが向上してもエンジンのレスポンスは確実に落ちる。

バランサー・フライホイールはレスポンスを落とさずにトラクションとトルクを向上させ、シングルエンジン特有の振動も減らせる画期的なマス(質量)調整です。

凄い発明ですが、その仕組みが簡単過ぎて、すぐに真似されそうなので秘密にしてます。

俺のバイクチューニングは、今すぐ簡単に出来るお手軽チューンナップで性能アップが特徴ですから。

ライトチューンの鑑みたいなもんです。

俺だけが出来るチューンナップにしておきたいのが本音です。

さて、朝イチでウェイトを持っていって、午後から雪百を完成させるか。(外装取り付けとゼッケン貼り付け。)

加工したウェイト取り付けはレース後ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

レース前最後の最後チューニング

明後日のレースは雨天になりそう。

そこでドライブスプロケットカバーをガバッと削って泥吐けを良くします。

レースのレギュレーションでも多分okなはず。

あとは、フロントフェンダーとリアフェンダーの裏側にシリコンスプレーを吹いて、泥の付着防止だな。

頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏場のチューニング

昨日買ったハンドスピナーが7分回ってから回転が鈍くなった。(両手回し。右手回しは6分。)

慣らし運転が終わって、削れたベアリングのカスが出てきたかな?

ベアリングをパーツクリーナーで洗浄したら調子が戻った。

波怪(WAVE125i改)が夏場のせいか、加速中に2秒程度ノッキングが出る時がある。

チームAKITAの連中は揃いも揃って、高圧縮エンジンだから仕方がないっちゃ仕方がない。

俺の波怪もベースガスケット2枚使用しても、まだノッキングが出る。

元々、組まれてる鍛造ピストンがレース用ガソリン(オクタン価110 。ハイオクは100 。レギュラーは95~98。 )を想定して開発されてた物だけに仕方がない。

しかし、インジェクションの波怪は、フィードバック機能で燃費を良くする為に勝手に燃料調整を薄くするので、吸排気チューニングをすると夏場にノッキングを発生させる。(混合気が多く入って圧縮が上がる為。)

エンジンの冷却が悪い時もノッキングが発生するが、波怪は8枚ビックフィンキットが装着されていて冷却はバッチリ。

困った末に、「待てよ、レース用ガソリンを想定してるなら、オクタン価を上げてやれば良いや。」と思い付いた。

レース用ガソリンはドラム缶で買わないと持ってこれない。(丙種危険物の免許はあるので、200リットルまでは貯蔵ok! )

しかも値段が高い。

圧縮を落として発生するノッキング程度ならオクタン価ブースター(添加剤)で止まるんじゃないのか?

てな訳で、STPのオクタン価ブースターを注文してみました。

御守りとして使ってみます。

あと、雪百(XR100R)にはシールチェーンを使った方が良い様に思う。

メンテナンスやチェーン外れのことを考えてもシールチェーンの優位が大きい。

良いシールチェーンは、ノンシールチェーンよりも駆動ロスが少ないと言うしね。

たしか、neriさんも藪漕ぎ用のカブはシールチェーンを使ってるんだよね。

モトクロスではノンシールチェーンが一般的だが、パワーの少ない雪百だけに、かえって恩恵の方が多いと思う。

これも御守りとして使います。

潤滑不足でチェーンが減って伸びる。

チェーンが伸びるのは、チェーンが減って隙間が大きくなるから。

ならば、潤滑不足に不安が少ないシールチェーンの方が良い。

チェーンガイドの無い雪百にはチェーンが伸び難いシールチェーンが有効だ。

なんか、また一歩野望に近づいたって感じだなぁ。( ≧∀≦)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪百整備

雪百(XR100R)の整備とチューニングしてます。

レース参加で、もしもの時にエンジン停止がすぐ可能な様にキルスイッチを装着。

今回はすんなり停止。

スパークプラグの熱価を1つ下げて6番に変更。

始動性が上がり、レスポンスは最高!

後でゼッケンを貼らなきゃ。

ゼッケンは13番。

昔から不吉な番号に縁がある俺。

これが何回目の13番だろうか?

ドライブチェーンを洗ってから注油して、チェーンの遊び調整しないとな。

XR100Rにはチェーンガイドがついてない。

その為か、チェーンの遊びは少な目(25~35㎜)で、チェーンサイズは428サイズで太目。

レース当日は雨みたいだから35㎜にセットしとく。

今んところ、雪百はめちゃくちゃ調子が良いです。

バランサー・カムシャフト化したヨシムラのハイカムは、とても良く回ります。

協和オートランドは上り坂がキツいですが、パワーが無い分スムーズな走りと下り坂で勝負します。

雨のレースはマシンの軽さも武器になりますしね。

良いレースが出来たらいいな。

今日も一生懸命仕事するぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

ハンドスピナーの当たりを買ってみた。

名のあるユーチューバーが沢山動画をアップしているハンドスピナーという物を買ってみた。

ハンドスピナーとは、ただくるくる回るだけの玩具。

噂では、ストレス解消に良いらしい。

どうせ買うなら、よく回る奴が欲しいので、色々調べてみた。

国産のハンドスピナーが小型のベアリングを使って、よく回るとか、新品でもすぐにベアリングを脱脂した方がよく回るとか、同じ製品でも当たり外れがあるとか。

近所のスーパーで、国産のハンドスピナー『フィンガースピナー(製品名)』が売っていたので、店頭に飾ってある奴を全部回して観察。

そしたら、一番最初に回したハンドスピナーが一番最後まで回るという、『俺がナンバーワン!』アピール。

それを買って、自宅でパッケージから出したら、すぐにベアリングをパーツクリーナーで脱脂。

ベアリングが乾いてから、回転時間を計測。

なんと、いきなり3分41秒を記録。

しかも、軽く回したつもりで3分超え。

たしか、有名ユーチューバーが同じ製品を回して2分半くらいしか回らないとか騒いでたんだよね。(謳い文句は3分回転するとかだったからな。)

何にでも当たり外れがあるから、買う前に試さないと。

これはハマるわ。


追記。

左手だけで回して、(親指と人差し指で掴み、薬指で弾いて回す。)2分50秒。

右手だけでは、4分5秒をマーク。

これもウェイト調整すれば8分くらい回るんだろうか?

やってみてー!

追追記。

右手だけで、とうとう5分6秒をマーク。

当たりのハンドスピナー凄い。

ごめんなさい、追追追記。

やったぜ!5分56秒。(右手のみ。)

面白いー!

晩飯を食べるのも忘れて夢中にくるくる。

6分超えたぁー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェイト

雪百のバランサー・フライホイールに付けたウェイトは50円玉。

この50円玉の代わりに、良いウェイトがないか探してました。

ありましたよ、最近流行りのハンドスピナーの替えウェイト(真鍮製)が。

なんと、このウェイトに交換すると回転時間8分超えするそうですよ。

1個22.5グラムあります。

このウェイトで50円玉5枚分の重量です。 (現在、雪百にはウェイト設置1ヵ所につき2枚使用。)

フライホイールに装着するには加工が必要ですが、困った時の神頼みで、またneriさんに作ってもらいますよ。

実際に装着してみて、どんな具合か試したいですね。

ホンダのHRCだと、タングステンとかクロームモリブデンなんて金属を使うんでしょうが、一般人には縁遠い金属ですから。

かえってチタンとかの方が一般的になりました。(昔は夢の金属だったのに。orz )

チタンはね、アスファルトの擦ると派手な火花が散るので有名。

バブルの時代はF1カーのアンダーガードに使われていて、燃料満タンだと路面に擦れてオレンジ色の火花が空中に舞ってましたね。

チタンの粉末を打ち上げ花火に使うこともあるそうですが、やっぱりオレンジ色なんだろうか?

話は元に戻って、誰も見たことない、乗ったことない雪上モトクロスマシンを作ってやります。

頑張れ俺!

負けるな俺!

俺がワンマン・ワークスだ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レース前、最後のチューニング。

雪百(XR100R)のキャブレター・セッティングが終わり、夏場の熱ダレ対策案として8枚ビックフィンキットを装着。(結構大変。)

残るは、スパークプラグのセッティング。

雪百の個体差なのか、それともビックフィンキットのせいかは分からないが、スパークプラグがくすぶり気味。

パワーが出るキャブレター・セッティングになっても、それは変わりません。

そこで熱価を下げたいと思います。

XR100Rのスパークプラグの熱価は7番です。

それを6番にします。

あれだけエンジンが回って速くなったのにプラグがくすぶるって。orz

まぁね、プラグの焼けを見て熱価を上下させるのは当たり前だが、今まで上げることはあっても下げることは少ない。

カブの場合は、不思議な事に標準6番プラグが一年中快適で速く走れる。

波怪(WAVE110i改)で、あれだけチューンナップされてぶん回されるエンジンで大丈夫なら、雪百も大丈夫でしょ。(波怪は純正スパークプラグ使用。)

レース当日は雨天みたいだし、タイミング的に丁度良いかもね。

うーっ、何かオラ緊張してきたぞ。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

8枚ビックフィンキット完成!

日曜日のレースに向けて、雪百の8枚ビックフィンキットが完成しました。

これで放熱面積は2サイクルエンジンのシリンダーヘッド・フィン16 枚分相当です。

配線やワイヤー、燃料タンクに干渉しない様にフィンの形状を加工するのに手間取りました。

フィンを1枚増やすのに、丸々二時間半ほど掛かりましたよ。

でも、苦労しただけあって納得の完成度でした。

改良もしたので、これからはビックフィンキットの脱着と装着に要する時間は半分。

まぁ、そうそう外すこともないですが。

次回はボアアップする時かな。

ボアアップする時には、オイルクーラー用のオイルラインがシリンダーにあるので、新型のオイルクーラーを開発します。

コンパクトで、効果が確実で、壊れにくい物にしますよ。

前から従来型のオイルクーラーは、何故ラジエターみたいなコアがないとダメなのか不思議でした。(ホンダはフィンの物があります。)

まぁね、ビックフィンキットがあればオイルクーラーは要らないのだけれど、せっかくオイルラインが付いてるシリンダーなら使わないと。

また見たことも、聞いたこともない物を作りますよ。

俺はマジック・チューナーだから。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強走行

波怪(WAVE110i改)が毎朝、上り坂でノッキングを起こす。

これは気合いを入れなくては。

てな訳で、昨日の夕方にキツい下り坂でエンジンをバカ回ししてみました。

これをやると燃料調整がフィードバック機能で濃くセッティングされるからです。

久しぶりだなぁ。

これをやる坂道は、下り坂でエンジンの回転リミッターが作動しないギア比の調整にも使っています。

経験上、ここで回転リミッターが利かなければ、秋田県内の下り坂では作動しませんね。

秋田風防の中にスッポリと頭を入れて、左手はエアクリーナーの吸気導入口を塞ぎます。

これで自作ラムエア・システムの効果が高くなるからです。

下り坂の全開アタックでメーター読み140キロオーバー。

実測で130キロいくか、いかないかくらいでしょうね。(フロントタイヤサイズはワンサイズアップしてます。)

勉強走行のおかげで、今朝はノッキングは起きませんでした。

しかし、エンジンの調子が上がって、上り坂で回転リミッターが作動する様になりました。orz

3速でメーター読み120キロでリミッター作動。(いつもは115キロしか出ない。 )

4速だと失速する坂道なので、回転リミッターを利かせたまま走るしかありません。

回転リミッターの意地悪。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

風流?

仕事を終えて工場を出ようとしたら、ウグイスの鳴き声が。

普通は風流に感じるんだろうが、鳴いてるウグイスが元気良過ぎて五月蝿い。

発情期で、「可愛い雌プリーズ!」なのかな?

気持ちは分かるが焦らない方がいいぞ。

慌ててスカ引くと、俺みたいにあっという間にバツ2だぞ。

まぁね、鳥は浮気上等のやりっ放しが多いみたいだからな。

まぁ、頑張りな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日のキャブレター・セッティング

昨日の雪百(XR100R)のキャブレター・セッティングが何とか終わって一安心。

キャブレター・セッティングする前に、インジェクションで今まで楽してたから、キャブレター・セッティングについて勉強し直そうとneriさんとこ行ったついでに聞いてみた。

「neriさんはキャブレター・セッティングする時、下(スロー系)から合わせる?それとも上(メインジェット)から合わせる?」

neriさんの答えは、下からでした。

やっぱりそうかぁと雪百のセッティングもスロー系、ジェットニードル、メインジェットの順でやります。

セッティング前に、バランサー・カムシャフト化したヨシムラのハイカムの慣らし運転を兼ねて試走。

何気に速い。

ジャンプで飛び過ぎるし、硬いサスペンションとの相性が良い。

試走が終わってスロー系セッティング。

すぐにジェットニードルを薄い方に振る。

調子が悪い。

逆に濃くする。

試走して良い感じ。

メインジェットを上げる。

上げれば上げるほど力量感が増えるが、シフトアップするタイミングが遅れる。

あーだ、こーだ、とやって思い切ってメインジェットを下げてみた。

レスポンスは最高。

エンジンの回転と軽い。

しかし、試走すると息尽きを起こす。

セッティング前のメインジェットよりもワンサイズ小さくしただけで、この状態なことからメインジェットはセッティング前よりもワンサイズ大きいくらいが妥当だと理解した。

メインジェットを100番(セッティング前は98番。)にしてジェットニードル段数をセッティング。

セッティング前よりも1段濃くすることで好調になる。

コーナー立ち上がりスピードが上がったことで、オーバースピードでコーナー進入してコーナー外に飛び出して肝を冷やしたのは内緒だ。(内緒になってない。)

アクセルを煽ると、下手なレーサーマシン以上のレスポンスと爆音が出る雪百。

カムシャフトとフライホイールをバランサー化して、エンジンの回転抵抗を軽減する。

これを簡単に説明すると、普段着からスポーツウェアに着替えてランニングシューズに履き替えたのと同じ。

まぁね、普段着がジャージでクロックス履いてる人は大して変わらないでしょうが。

つまり、臨戦態勢にしたってことですね。

俺のここ数年のチューンナップは全部これ。

これが一番壊れなくて気持ちよく走れるからだ。

理解できる人は少ないかも知れないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪百ビックフィンキット

雪百(XR100R)のエンジンを冷却するビックフィンキットを自作しています。

前回まで冷却フィンは6枚でした。(放熱面積は、2サイクルエンジンのフィン12枚相当。)

今回は7枚に増やしてます。

今日走った後に、燃料タンクとビックフィンのクリアランスを確認したら、あと1枚追加できそうです。

ただ、一旦外してフィンを固定してるボルトを5㎜長くしないといけません。

ビックフィンキットを装着してから、アイドリングが安定してます。

ビックフィンキット無しでは、アイドリングもしません。

しかも、熱ダレでエンジン停止が一回起きて、その後に普通に走るという症状が必ず出ます。

アイドリングができる。= 熱ダレしてない。

練習して、途中からパワーが無くなるのは熱ダレではなく、エア・フィルターの詰まりです。

夏場はスペアのエア・フィルターが必須ですね。

若い頃、協和オートランドにでっかい2連ジャンプがあって、俺はジャンプが得意だったからレーサーマシンは勿論のこと、原付きバイクのCRM50でも2連ジャンプを飛べた。

しかし、夏場のレースで油断してエア・フィルターを交換しなかったら、2連ジャンプで失速して墜落で大怪我。

そのまま現役引退へ。

体が完全に復活するまで10年掛かりました。

怪我はこりごりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

新たなチューンナップ

午後から若美モトクロスパーク(休日走行可)で雪百のキャブレター・セッティングをしました。

走ってはキャブレターをばらし、ばらしては走って三時間半掛けて、やっと納得のいくセッティングが出せました。

メインジェットが98番➡100番。

ジェットニードルは、1段濃い方に。

こう書くと簡単ですが、何度も何度も確かめた結果がこれでした。

これで、若美モトクロスの大きなテーブルトップ・ジャンプも飛び越えられそうですが、ミスった時のダメージが大きいので、いざって時以外は勝負しません。

大してタイムアップも無いので。

今日、何度もキャブレターをばらしてる内に、あることに気付きました。

雪百のキャブレター(ケイヒンPD22)をアクセル全開にすると、キャブレターのボア上部端から1.5㎜ほどスライドバルブが奥に入る。

これ、スライドバルブの上部を削らなくても、キャブレターのボア上部端を1.5㎜拡大できるってことだ。

つまり、口径22㎜相当(ボアが真円ではなく、長円のため。)から、ちょっとだけ大きくできる。

スライドバルブの上部を削れば、それ以上の拡大も可能。

まぁ、口径23㎜相当を目指して、ボアを拡大しますかね。

加工するのはレース後。

本当はチョークバルブの軸も削りたい気分。

あと、キャブレターの内部壁面に筋を入れる加工もしたいなぁ。

これが意外に利く。

ただ、これやると魔改造っぽくて嫌なんだよな。

外からは見えないけど。

久しぶりにやるかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日

先週に行くはずだった診察に忙しくて行けなかった俺。

波怪(WAVE 110 i 改)で今朝、病院に行ったら休診日でした。orz

何?今日は祭日か。orz

ただ戻るのが嫌だったので、病院の食堂でカツカレー食べてきた。orz

その後に、秋田市のカブ&ピースに行って、頼んでおいたチェンジペダルの嵩上げキットを引き取りに。

クルマが多かった国道をノーハンドで流しながら、ゆっくり帰ってきましたよ。

昼飯食べたら、前々から買っておいたツルバラ3本を庭に植えて家庭菜園に枝豆の種を蒔いたら、雪百の整備とキャブレター・セッティングだな。

夕方に明日の仕事段取りしておくか。

昨日、今年初めての庭のブルーベリーを食べました。

めちゃくちゃ美味かった。

今年もブルーベリージャムを作ろうっと。

来年は苺の水耕栽培に挑戦だ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年7月16日 (日)

やっちゃおうかな。

バランサー・カムシャフト化、バランサー・フライホイール、キャブレターのチューンナップ、エア・クリーナーボックスの吸気ダクト撤去、メガホン・オープンエンド、ビックフィンキットでパワーアップした雪百(XR100R)。

汚れたエア・フィルターを新品交換したら、素晴らしいレスポンス。

キャブレター・セッティングを合わせたら物凄くよく走ることだろう。

ただ、俺も歳だから楽したい。

いっそのことボアアップしようかな。

ヨシムラのハイカムをバランサー・カムシャフト化したら、良いとこ行くかも知れない。

これにヨシムラのボアアップキットでボアアップしたら間違いない。

腕次第でレーサーと同等に走れる。

まぁね、腕が同等なら負けますけどね。

パワーアップする度に、硬く感じられたサスペンションが気にならなくなったのも確かです。

パワーアップすれば、するほど普通に走る雪百。

秋に開催される若美モトクロスパークのバイク運動会までにボアアップをやっちゃいますか。

県外からのお客さんに雪百の実力を見せたいですね。

頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週レースなのに。

今日の雨が酷過ぎて雪百(XR100R)のキャブレター・セッティング中止。orz

レースまでの数日でキャブレター・セッティング終わらせなきゃ。

キャブレター・セッティング前にエア・フィルター交換しました。

外したエア・フィルターは、洗ってフィルターオイルを塗ってレース前に交換しますよ。

参ったなぁ。

エア・フィルター交換して、エアクリーナー・ボックス内を清掃。

エンジン始動してアクセルを開けると、超レスポンス。

これでキャブレター・セッティングしたら、どうなるの?

キャブレター・セッティングは、コーナーリング練習コースで行います。

ストレートの伸びは


私設モトクロスコースでチェック。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

普通に面白い。

桜華さん、コメントありがとうございます。

怪我も無く、破損はウインカーくらいでした。

ロータリー故障の修理で日射病寸前になってヤバかったくらいですね。

ご心配ありがとうございました。m(__)m


パワーレンジャー観ましたよぉ。

最近のヒーローものでは、スッキリ終わってハッピーエンドが最高でした。

地元期待のスポーツ選手だったレッドがバカやって前科者になったり、ピンクがSNSで友達の恥態を晒してハブられたりしてて、如何にも現代っぽい内容でした。

意外に感動したし、同じ逆輸入でも人類なんかどうでもいい世界に突入したクルマが巨大ロボットになる例の映画(あえて名前は言わない。)よりはずっと良かった。

この後で公開になる映画で期待するのはワンダーウーマンだなぁ。

あれは、ここ数年でよく使われた言い方をすると、『美し過ぎるヒーロー。』ですね。

本当に観てて厭きない。

楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死ぬかと思った!

平社員さん、コメントありがとうございます。

そうですか、それは期待できますね。

これから御所野の東宝シネマズに向かいます。


雪百には、エイプ100の電送系が入ってて公道仕様(保安部品有り。)になってます。

レースをやるに当たって、キルスイッチを付けたいと公道仕様を作ったバイク屋に相談したところ、「CR(ホンダのレーサー)のキルスイッチで大丈夫。 」とのことだったのでCRのキルスイッチを装着してみました。

エンジンを始動し、暖気運転が終わってからエンジン停止にキルスイッチを押すと、「ビリビリビリビリ!」っと感電。

アース側にキルスイッチを繋いで、再度エンジン始動して、エンジン停止とキルスイッチを押すと、「ビリビリビリビリ!」とまたもや感電。

死ぬかと思った。

たしか、レーサーと市販車とはキルスイッチの方式が違うんだよね。

バイク屋さんの嘘つき!

二十数年ぶりにキルスイッチで感電したわ。

さて、全身に電気が走ったことで俺もマッドライダーに変身(変態)するか。

パワーレンジャー観てきまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パワーレンジャー観に行くよ。

10年くらい前に、アメリカで戦隊シリーズのリメイクを知った。

「なんだこれは?!」って衝撃を受けたよ。

そのパワーレンジャーが劇場で映画として逆輸入される。

今日公開なんで夜に観に行くよ。

期待よりも観たさ優先の映画です。

仕事が忙しいから、疲れて劇場で爆睡してたりしてな。

仕事頑張ります!

夕方に雪百(XR100R)ビックフィンを完成させなきゃ。

昨日も忙しくて自宅に着いて晩飯食べたら爆睡してた。orz

明日は雪百のキャブレター・セッティングだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

トラブル満載

段差のある土にトラクターで耕してたら、ロータリーを固定してるピンが外れてトラクターが土手の方に寄せられて横転。

「これは横転するわ。」

と、前もって耐衝撃防御体勢。

横転後にすぐエンジンを止めて故障防止。

ホイールローダーで横転したトラクターを釣り上げ、ロータリーの修理をして、午後一に来るお客さんに積み込み。

やっと昼飯と思いきや、食欲ない。

コーラを飲んで水分と糖分だけ補給。

ちょっと食欲が出てきました。

トラブっても冷静に動けるのは、バイクで普段にバカやってるせいでしょうね。

訓練とまではいかないまでも。

昼飯を軽く食べたら、仕事に行きます。

夕方に雪百(XR100R)のビックフィンを完成させなきゃ。

頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

ビックフィン装着で苦労してます。

雪百(XR100R)にバランサー・カムシャフト化したヨシムラのハイカムを組みました。

しかし、熱ダレ防止のビックフィンキットのフィン枚数を6枚から8枚にしようとしたら苦労してます。

付きそうで付かない。

フィンの加工もしましたが、どうしてもダメです。

工夫して、簡単装着できる様に細工しますよ。

おっ、アイデアが浮かんできたー!(゚∀゚ 三 ゚∀゚)

明日完成予定です。

今度の日曜日は若美モトクロスパークで、慣らし運転とキャブレター・セッティングだな。

楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘つき検察庁

秋田地方検察庁からの簡易書留で不起訴通知が送られてきた。

今回の担当検事だった嘉手苅拓也検事に不起訴理由を聞いてみた。

「犯罪ではないと判断した。」

そこで俺は犯罪ではないとした理由を聞いた。

答えれない。

ちゃんと捜査したのかを確かめる為に秋田県庁職員の誰を捜査したのか聞いてみた。

答えれない。

民事裁判で違法行為が認められた経緯から、明らかに故意に事実とは違う事を公文書に記載しているのに、何故罪にならないのか説明してくれと聞いた。

答えれない。

全て「捜査の事はお答えできない。」だと。

俺は、「捜査がちゃんと行われたなら説明できるはずですが?」と聞いた。

答えれない。

「答えれないって言うことは捜査してないってことですね。」と聞いた。

答えれない。

全く捜査しないで、最初から捜査する気もなく不起訴にした秋田地方検察庁。

今回も理由にならない理由で不起訴ですよ、皆さん。

「私達は例え相手が総理大臣だろうと違法行為は許さない!」

以前に、最高検察庁の人は俺にこう言った。

やっぱり検察庁は口だけですね。

過去に、田中角栄は起訴して逮捕したが、地方公務員の役人は逮捕しない。

総理大臣よりも地方公務員の方が格上ですかぁ?

語るに落ちる検察庁。

恥を知れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

ヨシムラのハイカムを改造するよ。

桜華さん、マキオ会長、コメントありがとうございます。

桜華さん、変態です。

まぁ、クルマに欲情してマフラーにチンチン突っ込む欧米人には敵わないですが。

マキオ会長、モトクロスもやってみると面白いですね。

若い頃よりも純粋に楽しんでます。

オフロードをパワーのない小さなバイクで速く走るのは若い頃から得意だったので、得意なことをやってるだけなんですがね。

俺の私設モトクロスコースを使ってカブクロスでもやりますか?

neriさん達もオフロード好きになってるし。(藪コギだけど。)

フルコースとコーナーリング練習コースと2つありますから、皆で走りたいですね。


今夜、ヨシムラのハイカムを加工してバランサー・カムシャフトにします。

天下のヨシムラの製品に手を掛けるのは、ヨシムラファンにしてみれば御法度ですが、俺はアホの子なんで関係ないです。(アニメ『アホガール』は笑える。)

まぁね、そのアホに裁判に負けた秋田県庁と湊弁護士は恥さらしですが。

ハッキリ言って、ドキドキしますよ。

中空構造のハイカムをバランサー・カムシャフト化したらどれだけ回るのかを考えると背中がゾクゾクします。

俺も立派なド変態だわ。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

検察庁の判断

昼飯を食べるために自宅に帰ったら、秋田地方検察庁からの書類の不在通知がポストに入ってた。

見なくても中身は分かる。

秋田県庁との裁判で秋田県庁の違法行為が認められたのを受け、秋田地方検察庁に虚偽公文書作成罪で告訴して不起訴になった事件の再捜査を依頼したが、なんだかんだ理由を付けて不起訴にするってことだろう。

検察庁も所詮は、国という名の役人が組織する帝国の味方。

俺の告訴が通ったら、それこそ大変な事になる。

今まで虚偽や捏造しても罪に問われなかった役人が起訴されたら、次々と罪に問われる役人が出てくるからな。

これを罪にしたら、なし崩しになるもの。

役人の虚偽や捏造はやり放題。

これが日本の実情です。

役人にとって美徳とは、全て無かったことにすること。

神の教えを説いた『十戒』というのがある。

これには十の人の罪が出てくる。

その中に、「汝、隣人を騙すなかれ。」ってのがある。

つまり、役人は人としてダメな職業だってことだ。

役人だから赦される。

バカか。

無責任な集団の総称が役人だよ。

これは間違いない。

現にそうしてるじゃないか。

神が赦さないことは、俺も赦さない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

黒いカムシャフト

ネット通販で購入したヨシムラのハイカムが届きました。

しっかり肉抜きされた中空構造の黒いカムシャフトです。

これを雪百に組む前にバランサー・カムシャフト化します。

完成された製品に手を掛ける時は、少し躊躇しちゃいますね。

でもやります。

中空構造のカムシャフトをバランサー・カムシャフト化したらバカ回りしそうじゃないですか?

バカ回りしたら、した時で点火系をチューンナップして回るのが苦にならないエンジンにしますよ。

このカムで、『鬼に金棒。』になったら良いな。

装着には、カムシャフトホルダーとかを削る必要があるそうですが、流れ的に丁度良い。

カムシャフト削って、ホルダー削って、組むだけです。

ついでにビックフィンキットのフィン追加して熱ダレ防止。

先日に組んだバランサー・フライホイールの影響でキャブレター・セッティングが崩れました。

ヨシムラのハイカム組んでから、纏めてセッティングします。

一体どうなるか楽しみですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フープス

タランティーノ監督の映画『デス・プルーフ』のエンディングテーマ曲を聴きながらブログを書いてます。

昨日一日休んだことで、やっと復活しました。

気分が良いので、久しぶりに波怪(WAVE110i改)で通勤しましたよ。

フロントブレーキのオーバーホールが終わったので安心して走れます。

バランサー・フライホイールのおかげで、ハンドルが伝わる振動が感じられません。

回転が上がるほどエンジンの回転がスムーズです。

嬉しいなぁ。

こんなカブ、何処にも無いよ。(多分。)

昨年からモトクロスに復帰して、すっかりフープス(洗濯板状の細かいジャンプ。)が苦手になりました。

何とか良い方法はないかYouTubeの動画を観て研究。

現代では、フープスはアクセル全開で駆け抜けないと、ハイレベルなレースでは勝てないと言われています。

そこまでは無理そうなので、若い頃みたいに安定して走りたいなと。

雪百(XR100R)のサスペンションの性能不足を補う為に、ジャンプの際にフロントフォークの反動を使って楽にクリアする走り方を覚えました。(ありがとうYouTube。)

感覚的にはウィリーする時の準備動作と同じでしたね。

これをフープスで使えないかなぁとやってみたら、速くはないがスムーズに走れる。

これならフープスの初めのジャンプを2つ飛びして、後は流れに任せられる。

先日の協和オートランドでは、最後の方で最初を2つ飛び、後は1つずつナメる走り方ができました。

フロントフォークの反動と抜重でクリアする方法で安定して走れます。

これ以上の走り方は、俺の腕とマシンの性能で無理がある。

まぁ、この走り方で出来るだけ速く走れる方法を考えますよ。

苦手が無くなって良かった。

今後の協和オートランドでの課題は、アクセルの開けが足りないコーナーで、如何に楽に開けられるか。

アクセル全開のタイミングやコーナーのライン取りがまだ分かっていないですね。

他の速いライダーの走りを研究しなきゃ。

先日に走った時に、25年ぶりの協和オートランドを走った感想を聞かれました。

「とっても親切なコースになったね。昔は崖が沢山あったから、気に入らない奴は皆崖から落とせたのに。」

若い頃のダーティーな俺がポロッと出ちゃいました。

実力の足りない分を作戦で補う。

卑怯だわ、俺。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

PC20キャブレター

ヨーヘイさん、桜華さん、コメントありがとうございます。

ヨーヘイさん、そうでした。

体調どうなりましたか?

俺は昨日頑張り過ぎて、あまりの疲労感に今日は仕事をサボりました。

良いんだよ、明日その分頑張るから。(いい加減。)

ありがとうございました。

桜華さん、ボアアップが一番トルクが出るのは分かりますが、ノーマル排気量にハイカムを組んだらどうなるか試したいと思ってます。

とうとう俺も縦型エンジンを弄る様になりました。

レーサーマシンに負けないXR100Rを作ります!


昨日、協和オートランドに走りに行った時に、何故か俺の弄ったマシンが妙に速いって話題になった。

原因は、モトクロスの後輩にあげたPC20キャブレター。

このキャブレターを装着したミニモト(CRF50 )がとにかく良く走ったらしい。

あのキャブレターのボア(口径)はΦ22㎜相当に上げられている。

キャブレターのボアの上部を拡大して、拡大した分だけスライドバルブの上部を削って合わせてます。

スライドバルブは、ジュン・インターナショナルのRAYバルブ。

ニードルとメインジェットは自作バクダンキット化。

レスポンスを良くする為に重要だったのが、エア・スクリュー。

PC20キャブレターはスロージェットが35番です。

これは最小番数でこれよりも小さい番数はありません。

ホンダ横型エンジンにPC20を装着すると、スロージェットがまだ大きくて、アイドリングが安定しない。

そこで、エア・スクリューの先端からの尖り具合を鋭角にして、アイドリング時の空気量を増やしてます。

そうして帳尻を合わせると、気持ち良く走れるPC20キャブレターの出来上がり。

まぁ、そのPC20キャブレターを作ってから8年も経過しました。

今、雪百(XR100R)についてる純正キャブレターPD22は、それ以上に改良されています。

あと、やるとすればエアクリーナーボックスの改造かな。

これはハイカム組んでセッティングが出せてからやろうと思う。

キャブレターの改造の良い所は、自由なところ。

こうでなきゃダメって言うなら、キャブレターは皆同じになる。

でも、キャブレターって種類が多くて数えられないほどあるよね。

つまり、決まりがない。

決まりがないなら、どんなキャブレターを作ったり、改造したりしてもokってこと。

俺もPC20キャブレターは何度か改造して、失敗もしている。

そうして作ったキャブレターが過大な評価に繋がった様です。

でも、今の俺はキャブレターよりもインジェクション派だから。

キャブレターはセッティングが大変で。

まぁ、楽しいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨシムラのハイカム

ヨーヘイさん、コメントありがとうございます。

大人が子供に負けた時、素直に悔しがるのは大人の務めだと思います。

負けた大人は戒めになり、子供も奮起しますしね。

スカした大人はカッコ悪い。


昨晩、ヨシムラのハイカムを注文しました。

大した値段ではないですが、レース前にキャブレター・セッティングが必要なチューンナップは良い感じがしません。

ヨシムラのステージ1ハイカムは、ホンダ縦型エンジン用ハイカムに高回転型ハイカムが多いに中、トルク型のハイカムと言われてます。

オフロード走行には向いているハイカムらしいです。

ヨシムラのハイカムを組むに当たっては、カムシャフトホルダーの加工が必要とか。

どんだけカム山が高いんだ。

ハイカム組んだら、熱ダレ防止にビックフィンキットの放熱板の枚数を追加します。

6枚から9枚になるのかな。

練習してると後半でパワーが落ちてるのがハッキリ分かります。

まぁ、練習だから良いんですけどね。

バランサー・フライホイールに装着でキャブレター・セッティングが少し変わりました。

完全にセッティングした訳ではなかったので、ハイカムを入れたついでにセッティングをきちっと出します。

目標は、協和オートランドの上り坂を一気に走れるエンジンです。

あと、7月28日のレースにエントリーしました。

ゼッケンは13番です。(偶然。)

俺のモトクロス現役時代のアダ名はジェイソンでした。

13日の金曜日のジェイソンが由来です。

『絶対に死なない奴。』という意味でした。

そんなクマムシみたいに言われても。orz

頑張ります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

今日の動画 ②

https://www.youtube.com/watch?v=p7ziE9WgsOU&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の動画 ①

https://www.youtube.com/watch?v=wQVvM1tcaKM&feature=youtu.be

| | コメント (1) | トラックバック (0)

悔しいです!

協和オートランドで駐車場の草刈りをすること1時間半。

その後に雪百(XR100R)で練習開始。

今日は、午後から仕事なんで誰よりも多く走りました。

途中、ジュニア85 ccクラスの双子にぶっちぎられました。

今日来た大人には抜かれなかったのに。orz

悔しいです!

後から聞いたら、東北ジュニアクラスの速いメンバーだって分かりました。

だけど悔しいです!

次回はヨシムラのハイカムをバランサー・カムシャフト化してから組んで、ちょっと速くします。

あと、リアタイヤもオートランド特有の硬い路面と柔らかい路面の両方に利きそうなタイヤに変えます。

このままじゃダメだ。

見てた人からは、「XR100R、凄い速いじゃん!」と言われましたが、悔しくて嬉しくない!

まぁ、俺の出場するクラスは『ビギナー&トレール』だがそんなこと言ってられない。

少しは彼らと絡んで走れるくらいになりたいな。

悔しいです!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

バランサー・フライホイールで驚いたこと。

元々、バランサーとしての機能を期待して開発したので、振動が減ったのは大して驚いてない。

驚きは燃費の良さ。

波怪でいつも御所野まで行くと、帰りは秋田市内で給油か、もしくは減速して低燃費走行をしなくてはいけない。

ところがどうだ、バランサー・フライホイールは行きも帰りも全開走行でガソリンが余ってる。

しかもエンプティーになってない。

これは今までに無かったこと。

素晴らしいね。

速くなって、ぶっ飛ばしても燃費が良い。

これを技術の進歩と言わず何と言う。

墓場まで持っていくが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪百試乗会

明日、雪百を乗りたいって人が数名いたのでプチ試乗会をやりたいと思います。

どでしてけれ!(びっくりしてください。)

ケッケッケッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪百のチューンナップ打ち止め

桜華さん、平社員さん、コメントありがとうございます。

桜華さん、クラッチは強化してます。

クラッチ強化の際にフィルターはチェックして清掃しました。

バッチリです。( ´∀` )b

平社員さん、そうなんですよぉ。

今回はその話です。


雪百(XR100R)のチューンナップの打ち止めをどこにするか?

悩みに悩んだ末、ボアアップ無し、ポート研磨、圧縮比アップで終了することに決めました。

やるのは早くても来月以降ですね。

キャブレター・セッティングが面倒なのでやるとしたら、先に述べたチューンナップを一度にやってセッティングします。

ポート研磨は、困った時の神頼み、neriさんからやってもらいますよ。

ポート研磨も書道と同じでセンスがものを言うからね。

ノーマルのパーツの改良で速くする。

これなら、俺のチューンナップの実力が分かり易い。

もう、全然別物です。(*´・ω・`)b。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラッチが滑る。

昨晩、御所野の東宝シネマズに『ジョン・ウィック2:チャプター2』を観に行きました。(とっても愉快な映画でしたよ。)

アキラの金田レプリカの革ジャン着て、波怪(WAVE110i改)に乗って。

ちょっと恥ずかしい。(///∇///)

バランサー・フライホイールは快調そのもの。

と、言いたいところですがパワーが上がって、クラッチが滑り出しました。

強化スプリングを入れているにも関わらず。

タケガワのクラッチ強化用スペーサーを追加して対策しようかと考えてます。

強化スプリングはノーマルの130% 強化。

これでも滑るって。

燃費も良くなってる。

恐るべしバランサー・フライホイール!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

欲が出てきた。

昨日の夕方に雪百でバランサー・フライホイールのテスト走行したら、素晴らしく良かった。

一夜明けて、俺の心の中がザワザワする。

何だろうこれ?

間もなく夕方になろうとしているが、感情のざわつきの原因が分かったよ。

こんなに良くなったんだから、ボアアップやハイカム入れたら化け物になるんじゃないか?

やってみたい気持ちと、よせっていう気持ちが葛藤してる。

たしかにボアアップしてハイカム入れたら楽に走れるのは間違いない。

ストレートで休めるもの。

パワーがないと常に路面にパワーが喰われない様に走らなければならない。

その苦労が軽減される。(よりハイスピードを求めれば違うが。)

悩むわぁ。

ボアアップやハイカム入れる時にはポートも弄るよ。

場合によっては、ビックフィンキットのフィン枚数も増やさないと。

どこら辺が丁度良いか分かりません。

もう何十年もチューンナップをしてるけど。

チューンナップは欲との戦いでもある。

一時の快感を選ぶか、長い安心を望むか。

う~ん。(-_-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バランサー・フライホイール その3

波怪(WAVE110i改)もバランサー・フライホイールにしました。

乗った感じは実に良い。

振動は減ってます。

電動モーターみたいです。(流石はインジェクション。)

しばらく走ればフィードバック機能で、もっと良くなるでしょう。

現状でも、加速が良い。

今のところ、最高速は変わらないですが。

明日、今まで放置してたフロントブレーキのオーバーホールをします。

速くなってるのにブレーキがヤバいんじゃ命に関わる。

カブ仲間のマシンに比べれば最高速では負けるかも知れませんが、他は勝るとも劣ることはないと思います。

とにかくシャープな走りができます。

快適この上無い。

良いマシンになりました。

感無量ですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

バランサー・フライホイール その2

明日、午前中に波怪(WAVE110i改)のオイル交換ついでにフライホイールをバランサー化します。

波怪のフライホイールのウェイトは簡単に装着できるので、銅ワッシャーのウェイトとちょっと長めの焼き入れボルトで装着します。

ウェイトを付ける箇所は秘密。(毎度のことですが。)

いずれ、ダカール(F650GS)と波乙(WAVE110AT改)もフライホイールをバランサー化したいですね。

どうなるかな波怪。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウホッ!

夕方から雪百のテスト走行。

昨日、トラクターで耕したコースはフワフワでなかなか前に進み難い。

何度も同じラインを通り、踏み固めていきます。

夢中になって走りましたよ。

物凄いトルク感。

冗談抜きで原付きのトルクじゃない。

200cc並みのトルクです。

グイグイって感じじゃなく、ゴンゴンって感じですね。

しかも、大変に走り易い。

太いトルク感が邪魔にならず、リズムな乗って走れます。

感動的です。

不思議なことに排気音がでかくなりました。

小さいのに凶暴なブルドックみたい。

カウガウ言ってます。(マジで。)

これは頼もしいわ。

日曜日の協和オートランドが楽しみですね。

ヨーヘイ君に乗ってもらおうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バランサー・フライホイール

二日前、雪百(XR100R)エンジン回転が上がれば上がるほど振動が小さくなっていくマス調整を施した。

このチューンナップで、フライホイールをバランサー化したことになる。

名付けて、『バランサー・フライホイール』です。(そのまんま。)

俺のチューンナップの1つ、『バランサー・カムスプロケット』もエンジン回転が上がれば上がるほど振動が減る。(雪百はカムシャフト自体をバランサー化。)

とは言っても全く振動が無くなる訳ではない。

本当に2サイクルエンジンみたいな感じ。

なんて言うの、エンジンが回れば回るほどエンジン回転が澄んでいくって、2サイクルエンジンのバイクに乗ってた人は分かるよね。

そして、トルクフルで登り坂に強くなってます。

ガソリン燃焼で得たトルク感とは違って、自然な感じのトルク感です。

しかも、回転上昇後半でモリモリ出てくる。

まるでバルブ可変システムみたい。

楽しめるエンジンになりました。

これで排気量上げたら凄いだろうな。

まだ上げないけど。

夕方にコーナーリング練習コースを試しに走ります。

セッティングの余地があるかも知れませんね。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントをくれた皆さんへ。

コメントをくれた皆さん、ありがとうございます。

クロ1100さん、日本企業のプライドはエベレストの如く高いですよ。

大昔、ホンダがヨシムラにレースマシンのチューンナップを依頼していた時代に、突然ホンダがヨシムラへのパーツ提供を停止したそうです。

POPヨシムラが本田宗一郎に抗議に行き、話を聞いた 本田宗一郎が部下に、「何故そんなことをする!」と怒って部下から理由を聞きました。

理由は簡単、メーカーのプライドですよ。

理由を聞いた本田宗一郎は部下の悔しい思いを知り、ヨシムラへのチューンナップの依頼を止め、後にHRCとなる部門を作る切っ掛けとなりました。

ヨシムラの様な実力のある会社でもその扱いですからねぇ。

俺みたいなどこの馬の骨とも分からない人間なら尚更でしょうね。(笑)

桜華さん、「お金を貰うからプロ。」 その認識がないのが甘えです。

プロの責任は商売では当然。

自分の体を売り物にするならプロ意識を持て。

たとえ犯罪でも。

そんな感じです。


疑問さん、お久しぶりです。

大人が子供にしちゃいけないことの代名詞である性的行為。

俗に言う『淫らな行為』とは最後までやっちゃったことですからね。

反社会的な人間がやったならともかく、市会議員で市民から選ばれた代表の一人がやったことですから。

一生表舞台から消えてくれと思ってます。

「せめて大人を相手しろよ変態が!」って感じです。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

練習コース整備

フライホイールのマス調整が成功したので、久しぶりにコーナーリング練習コースを走りたくなりました。

自宅裏に家庭菜園を作るので自宅へトラクターで行った帰り道に、コーナーリング練習コースのコース上だけをトラクターで軽く耕しました。

ヨーロッパのモトクロス場では、砂地のコースはトラクターで耕して整備してることが分かったからです。

これなら、コースの草刈りも整地も一気にできます。

コースを2周耕して完了。

ギャップも轍も平らに均されました。

明日、雪百(XR100R)でちょっぴり練習します。

どれくらい速くなってるか楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また頭がおかしい話をするよ。

どっかの市議会議員が中学1年生の女子に三万円渡してやっちゃって、それがバレても議員をやめないと言っている。

悪さはバレた時点で終わりだよ。

さっさと辞職しろ!

ここまでは普通の話。

俺、思うんだ。

中学1年生だろうとお金を受け取ったらプロだろう。

プロがお客の情報をぺらぺら喋ったらダメだろうが。

これだから箱(店)に所属してない奴はダメだ。

たとえ小学生だろうが、幼稚園児だろうが、お金を取ったら違法行為でも仁義は通せよ。

これな、子供のやったことだからって被害者扱いしてる奴らが悪い。

補導、悪質なら鑑別所や少年院に入れろ。

そんなつもりじゃなかったのにって言うなら強姦で訴えろよ。

そうじゃなきゃ商売でやってるんだから。

子供だから甘くするな。

売春婦に歳は関係ない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

寝不足です。

クロ1100さん、コメントありがとうございます。

質問に対しての返答ですが、俺の場合はドライブチェーンはホンダCRF150R(スモールホイール)の純正パーツを切って使ってます。

これが使ってみて一番良かったからです。

ドライブスプロケットは、NSR50等と同じです。

ドリブンスプロケットは、カブ110(JA07)と同じです。

スプロケット類はタケガワの製品を使ってます。

ブレーキパットは、国内モデルに共通部品はありません。

なのでエンデュランスから代理店を通して購入していますが、エンデュランスではタイカブを購入したお客でないとパーツを供給してくれません。

一度、タイカブを同じく扱っているリバーサイドに相談してみてはどうでしょうか?

タイからパーツ番号さえ分かればタイカブ純正部品を輸入してくれる業者もありますが、手間を考えるとタイカブを扱っているショップから購入した方が割安ですよ。

宜しくお願いします。


昨日の雪百(XR100R)のフライホイール・マス(質量)調整が大成功して、素晴らしい効果を発揮しました。

興奮して夜寝れなかった。

これ、特許を取ったら大儲けだと思うかも知れませんがそうはいかない。

日本では、バイクメーカーやパーツメーカーに売り込もうとしても採用されることはほぼ無いからです。

なんでって?

面子があるからですよ。

どっかの偉い大学の研究者が考案したものなら採用もされ易いですが、俺みたいな単なる街の走り屋が考案した物を採用したら、「普段、お前ら何を研究してるんだ。」と経営者から思われる。

ヤマハに発明を売り込んだ時に一番最初に言われた言葉は、「あなたはどこかの研究所の方ですか?」でした。

権威のない人間の考案は採用されることはありません。

もし、素人が考えた発明を採用することがあったら、それは物作り王国である日本の会社として最大の屈辱です。

昔、ピーキーレバーを考案してバイクメーカーやパーツメーカーを売り込みました。

どこも採用してくれず、(ガルルってオフロードバイク雑誌では効果を絶賛されたけど。)一社だけ採用を検討するとしたシマノは、「あなたの権利(実用新案)が失効してから同じ物を作っても文句を言わないなら採用を検討しても良い。」という契約書にサインさせておきながら不採用。

実用新案の期限で権利が失効してからシマノは、ピーキーレバーの形状を真似たロードバイク用ハンドルレバーを製品化して、世界の常識にしてしまった。

俺には1円も入ってきません。

しかし、契約書にサインしてるから文句も言えない。

発明の世界では、権利が失効した瞬間に、それは単なる一般常識になるんです。

俺がバランサー・カムスプロケットを開発して製品化したら、タケガワがモンキー4バルブヘッドのカムスプロケットをバランサー・カムスプロケットに似せて(実用新案の権利は同じ。)、こっそり販売しています。

訴えようとしたら、別の目的でカムスプロケットをバランサー化した特許を日立の子会社が持ってて、訴えるには権利の主張が弱いとなり、俺の実用新案の権利の範囲を限定して日立の子会社の特許とは別の物とした事があります。

大企業の恐ろしさを体感して、日本では、製造から販売、そして宣伝までできないと売れないと思いました。

まぁ、一般の人もメーカーの販売するパーツなら購入しますが、俺みたいな頭のネジがどっか行ってる奴の考案したパーツはなかなか買いませんね。

使ってみたら凄いのに。

数は少ないですが、俺の考案したパーツを購入してくれた人達からは好評の声を聞いて満足してます。

秋田県庁との裁判以来、俺がヤフオクで販売してるパーツが売れなくなり、現在は販売をやめてます。

頭のおかしいクレーマーと思われたのでしょうね。

素人が行政裁判で秋田県庁に勝訴できたのも、俺の発明で今までとは違う準備書面の書き方を考案したからです。

準備書面を俺の主張のプレゼンテーションと考え、自分の主張のコピーを考えてタイトルを付け、訴えたい主張を箇条書きにし、その主張の説明と秋田県庁の主張の矛盾点を説明しました。

従来の弁護士の準備書面とは真逆の書き方です。

裁判官だって人間だ。

絶対分かり易い、読み易い
方が良い。

その結果が勝訴。

俺の発明は効果は確か。

だけど売れない。

ならば、自分だけ楽しもう。

そう決めたんです。

俺が求めてる性能を他者は求めない。

それが俺の結論でした。

良い夢を見たと思ってますよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

大発見!

桜華さん、コメントありがとうございます。

同型エンジンで走れる場所の合わせて仕様が変わるのはよくあることですね。

TZR250とTDR250、NSR50とCRM50、なんてのはフライホイールと発電系統が変わってました。

フライホイールはそれだけ使用目的によって重要な部品なんですね。

今回はそんなフライホイールの改良についてです。


夕方までにフライホイールをマス調整用フライホイールに交換しました。

実はトラブル発生で交換に時間が掛かりました。

夕暮れ時からフライホイールのウェイト・セッティングを開始。

全部で7種類の組み合わせを試してみて、驚くべき結果に。

実は期待してなかったB案が、予想以上の効果を発揮して、エンジン回る、トルクがある、振動が減る、という素晴らしい結果です。

トルク感だけなら、もっと良い組み合わせがあったのですが、レスポンスに問題があった。

色々試して、最終選考にA案(当初のレスポンスを落とさずにトルクアップする仕様。)とB案 (同じく、レスポンスを落とさずにトルクアップして振動を減らせる仕様。)が残り、振動が減って高回転までよく回るB案に決定しました。

最後にウェイトが外れない様に、耐熱用ネジ止め剤をボルトに塗り、しっかりボルトを締めて、カバーで蓋して完成。

これ、波怪(WAVE110i改)と波乙(WAVE110AT改)のフライホイールもこの仕様に変更します。

シングルエンジンの振動をフライホイールで減らせる方法を発見して大喜びです。

フライホイールをバランサー代わりにするなんて俺くらいしか考えないでしょう。

しかも、フライホイール自体の回転バランスを崩さずに。

カムシャフト・バランサーに続いて、フライホイールでエンジンの回転抵抗を減らせました。

空ぶかしするとヤバいくらいに回ります。

後で動画にしますよ。

お楽しみに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マス調整テスト(予定)

今日、雪百(XR100R)にマス調整用のフライホイールを装着します。

ウェイトを変えれる仕様なんで、色々試してみますよ。

意外なことが判る可能性がありますね。

昔、地面の酸性度を測定したことがありました。

自分の認識では、表土が一番酸性度が高くて、地中に掘り進むに従って中性に近づくと思ってた。

測定結果は真逆でした。

地中に掘り進むほど酸性度が強くなってた。

やってみて判ることって多い。

どんなに情報化社会になっても、分からないことは山ほどある。

バイクがどんなに進化しても、生物と同じで環境(バイクの場合は使い方。)に合わせて様々な仕様が求められる。

雪百の目指すものは、とにかくスリッピーな路面をスムーズに速く走れるか?

これに限ります。

その為のマス調整。

果たして結果は如何に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

平社員さんへ

平社員さん、コメントありがとうございます。

いやぁ、偶然ですね。

ただ1つ言わせてください。

他のクルマを煽るのは下手くそな証拠です。

俺、生まれてこのかた、他のクルマを煽ったことありません。

煽る暇があったら、即抜きます。

煽るのは抜くテクニックが無いから煽るんです。

俺がそんな人間ではないのは、平社員さんもよく知ってますよね。

甥っ子に、「嘘はいけないよ。」と優しく言ってください。

あと、少しでもぶつけたら裁判と告訴で地獄に落とします。

若い頃みたいに半殺しなんて中途半端なことはしませんよ。(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

久しぶりの公道バトル

雪百(XR100R)のフライホイールのマス(質量)調整が完成しました。

フライホイールの加工は秋田市のバイク屋さんで密かに行われ、その帰り道での話。

帰り道で雨の中をぶっ飛ばす赤いユーノスロードスター(初期モデル、クルマはよく分からん。)を発見。

軽く抜くと、おーっ、ついてくる、ついてくる。

前のクルマで減速すると、なんと幅寄せで脅かそうとする。

アホか、実際に本気でクルマをぶつけてくる奴なんか自分以外に見たことねぇよ。

その後、俺が前のクルマをブンブン抜く度に何とか追いつこうと必死のユーノス。

市街地に入ってクルマが混み出す。

思わずにやける俺。

俺のバックミラーから消してやりました。

その程度の腕じゃ、俺に張り合うにはあと30年早いな。

久しぶりの公道バトルで自分がどんな人間か思い出したよ。

そうだ、俺はマッドライダーだったんだ。

俺の狂気に勝ってみろ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヨシムラのピストン

昨日の練習動画を見てたら、上りがキツいなぁと思う。

フライホイールのマス調整で少しは改善できると思うが、根本的にパワー不足は否めない。

ボアアップは年内はしないつもりだが、レースで悔しい思いをしたら気が変わるかも。

まぁ、買うとしたらヨシムラの鍛造ピストンのボアアップキットだろうね。

ついでにハイカムの交換か。

キャブレターのセッティングが面倒臭いなぁ。

キャブレターは大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライホイール仕様変更

フライホイールのマス調整を行うに当たって、仕様変更を容易にするカスタマイズを施そうと思います。

当初の予定のマス調整の仕様が失敗に終わった場合に、ちゃっちゃと別の仕様(アイデアB案)に移行させます。

B案はクランクのバランサーを兼ねるマス調整です。

これは期待してません。

これもダメなら、今までやってきた通常(俺的に)のマス調整をするだけです。

フライホイールは結構高い買い物でしたので、無駄にしたくありません。

転んでもタダでは起きないのが俺。

何かを得ないと。

今日中にフライホイールを完成させますよ。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

協和オートランドを走ってみて

桜華さん、コメントありがとうございます。
 
昔に比べて傾斜は緩くなったそうですが、雨天時は大変ですね。
 
ノーマル状態のXR100Rなら戻って来るのが精一杯だと思います。
 
協和オートランドに行く前に雪百(XR100R )のキャブレター調整。
 
スロージェットを35番から38番に変更。
 
アクセル急開でエンストが発生するので、ジェットニードルを0.5段薄い方に振る。
 
アクセル急開でもエンストは無くなり、レスポンスが良い。
 
エアスクリューを1回転と4分の3に調整。
 
アイドリングも安定しました。
Photo
 
協和オートランドに午前10時半に到着。
 
3セット走って、体力の限界を感じる前に退散しました。
 
楽しく終わらないと練習が辛くなりますもんね。
 
根性で速くなれるなら苦労はしません。
Photo_2
 
フライホイールのマス調整をしないと坂の上りが大変です。
 
明日、新品フライホイールにウェイトを取り付けるボルト穴を開けます。
 
開ける箇所、ウェイト代わりの50円玉の枚数は秘密です。
 
効果がどの程度になるかは分かりません。
 
使い物になるかも分かりません。
 
やってみて分かることです。
 
今日みたいな協和オートランドの坂道を途中でシフトダウン無しで上り切れたら良いなと思ってますよ。
 
今年は雪百(XR100R )のボアアップはしません。
 
あとやってもポート研磨と圧縮比アップ程度です。
 
来年、レーサー85クラスで走るには排気量を100cc以上150cc以下にしないといけません。
 
ボアアップしても115ccくらいでしょう。
 
熱ダレの問題がありますから。
 
それともハイコンプ(高圧縮比)110ccくらいになるピストンでも探そうかな。
 
それも面白いなぁ。
 
とりあえずマス調整頑張って良い感じに仕上げますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

協和オートランド動画

https://www.youtube.com/watch?v=hgfdTNxHUB0&t=337s

https://www.youtube.com/watch?v=LX0H9y7rFLU&feature=youtu.be

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

胡蝶蘭

花は良いですね。

心が洗われます。

ホームセンターで売れ残りの胡蝶蘭がありました。

買おうか悩んでたら、「勉強しますよ。」の言葉で購入。

キッチンに飾ってますよ。

自宅庭に野芝と西洋芝を植えてます。

しかし、芝が生えない場所があります。

そこにシロツメクサ(クローバー)の種を蒔こうかな。

勝手に生えたシロツメクサもありますから、種を撒いたら勝手に育つと思います。

紫陽花も何種類か買いました。

大きくなったら株を増やしてやります。

花は良いです。

俺の糞みたいな人生に安らぎを与えてくれますよ。

ツルバラも増やさないと。

花は良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4分の1世紀ぶり

明日、4分の1世紀ぶりに協和オートランドに走りに行きます。

若い頃は得意なコースでした。

昔のコースとは全然変わってますね。

楽しく走れるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »