« ヨシムラのハイカム | トップページ | フープス »

2017年7月10日 (月)

PC20キャブレター

ヨーヘイさん、桜華さん、コメントありがとうございます。

ヨーヘイさん、そうでした。

体調どうなりましたか?

俺は昨日頑張り過ぎて、あまりの疲労感に今日は仕事をサボりました。

良いんだよ、明日その分頑張るから。(いい加減。)

ありがとうございました。

桜華さん、ボアアップが一番トルクが出るのは分かりますが、ノーマル排気量にハイカムを組んだらどうなるか試したいと思ってます。

とうとう俺も縦型エンジンを弄る様になりました。

レーサーマシンに負けないXR100Rを作ります!


昨日、協和オートランドに走りに行った時に、何故か俺の弄ったマシンが妙に速いって話題になった。

原因は、モトクロスの後輩にあげたPC20キャブレター。

このキャブレターを装着したミニモト(CRF50 )がとにかく良く走ったらしい。

あのキャブレターのボア(口径)はΦ22㎜相当に上げられている。

キャブレターのボアの上部を拡大して、拡大した分だけスライドバルブの上部を削って合わせてます。

スライドバルブは、ジュン・インターナショナルのRAYバルブ。

ニードルとメインジェットは自作バクダンキット化。

レスポンスを良くする為に重要だったのが、エア・スクリュー。

PC20キャブレターはスロージェットが35番です。

これは最小番数でこれよりも小さい番数はありません。

ホンダ横型エンジンにPC20を装着すると、スロージェットがまだ大きくて、アイドリングが安定しない。

そこで、エア・スクリューの先端からの尖り具合を鋭角にして、アイドリング時の空気量を増やしてます。

そうして帳尻を合わせると、気持ち良く走れるPC20キャブレターの出来上がり。

まぁ、そのPC20キャブレターを作ってから8年も経過しました。

今、雪百(XR100R)についてる純正キャブレターPD22は、それ以上に改良されています。

あと、やるとすればエアクリーナーボックスの改造かな。

これはハイカム組んでセッティングが出せてからやろうと思う。

キャブレターの改造の良い所は、自由なところ。

こうでなきゃダメって言うなら、キャブレターは皆同じになる。

でも、キャブレターって種類が多くて数えられないほどあるよね。

つまり、決まりがない。

決まりがないなら、どんなキャブレターを作ったり、改造したりしてもokってこと。

俺もPC20キャブレターは何度か改造して、失敗もしている。

そうして作ったキャブレターが過大な評価に繋がった様です。

でも、今の俺はキャブレターよりもインジェクション派だから。

キャブレターはセッティングが大変で。

まぁ、楽しいけどね。

|

« ヨシムラのハイカム | トップページ | フープス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/71102754

この記事へのトラックバック一覧です: PC20キャブレター :

« ヨシムラのハイカム | トップページ | フープス »