« 雪百ビックフィンキット | トップページ | 風流? »

2017年7月18日 (火)

昨日のキャブレター・セッティング

昨日の雪百(XR100R)のキャブレター・セッティングが何とか終わって一安心。

キャブレター・セッティングする前に、インジェクションで今まで楽してたから、キャブレター・セッティングについて勉強し直そうとneriさんとこ行ったついでに聞いてみた。

「neriさんはキャブレター・セッティングする時、下(スロー系)から合わせる?それとも上(メインジェット)から合わせる?」

neriさんの答えは、下からでした。

やっぱりそうかぁと雪百のセッティングもスロー系、ジェットニードル、メインジェットの順でやります。

セッティング前に、バランサー・カムシャフト化したヨシムラのハイカムの慣らし運転を兼ねて試走。

何気に速い。

ジャンプで飛び過ぎるし、硬いサスペンションとの相性が良い。

試走が終わってスロー系セッティング。

すぐにジェットニードルを薄い方に振る。

調子が悪い。

逆に濃くする。

試走して良い感じ。

メインジェットを上げる。

上げれば上げるほど力量感が増えるが、シフトアップするタイミングが遅れる。

あーだ、こーだ、とやって思い切ってメインジェットを下げてみた。

レスポンスは最高。

エンジンの回転と軽い。

しかし、試走すると息尽きを起こす。

セッティング前のメインジェットよりもワンサイズ小さくしただけで、この状態なことからメインジェットはセッティング前よりもワンサイズ大きいくらいが妥当だと理解した。

メインジェットを100番(セッティング前は98番。)にしてジェットニードル段数をセッティング。

セッティング前よりも1段濃くすることで好調になる。

コーナー立ち上がりスピードが上がったことで、オーバースピードでコーナー進入してコーナー外に飛び出して肝を冷やしたのは内緒だ。(内緒になってない。)

アクセルを煽ると、下手なレーサーマシン以上のレスポンスと爆音が出る雪百。

カムシャフトとフライホイールをバランサー化して、エンジンの回転抵抗を軽減する。

これを簡単に説明すると、普段着からスポーツウェアに着替えてランニングシューズに履き替えたのと同じ。

まぁね、普段着がジャージでクロックス履いてる人は大して変わらないでしょうが。

つまり、臨戦態勢にしたってことですね。

俺のここ数年のチューンナップは全部これ。

これが一番壊れなくて気持ちよく走れるからだ。

理解できる人は少ないかも知れないけど。

|

« 雪百ビックフィンキット | トップページ | 風流? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/71171560

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のキャブレター・セッティング:

« 雪百ビックフィンキット | トップページ | 風流? »