« 新たなチューンナップ | トップページ | 昨日のキャブレター・セッティング »

2017年7月18日 (火)

雪百ビックフィンキット

雪百(XR100R)のエンジンを冷却するビックフィンキットを自作しています。

前回まで冷却フィンは6枚でした。(放熱面積は、2サイクルエンジンのフィン12枚相当。)

今回は7枚に増やしてます。

今日走った後に、燃料タンクとビックフィンのクリアランスを確認したら、あと1枚追加できそうです。

ただ、一旦外してフィンを固定してるボルトを5㎜長くしないといけません。

ビックフィンキットを装着してから、アイドリングが安定してます。

ビックフィンキット無しでは、アイドリングもしません。

しかも、熱ダレでエンジン停止が一回起きて、その後に普通に走るという症状が必ず出ます。

アイドリングができる。= 熱ダレしてない。

練習して、途中からパワーが無くなるのは熱ダレではなく、エア・フィルターの詰まりです。

夏場はスペアのエア・フィルターが必須ですね。

若い頃、協和オートランドにでっかい2連ジャンプがあって、俺はジャンプが得意だったからレーサーマシンは勿論のこと、原付きバイクのCRM50でも2連ジャンプを飛べた。

しかし、夏場のレースで油断してエア・フィルターを交換しなかったら、2連ジャンプで失速して墜落で大怪我。

そのまま現役引退へ。

体が完全に復活するまで10年掛かりました。

怪我はこりごりです。

|

« 新たなチューンナップ | トップページ | 昨日のキャブレター・セッティング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/71168484

この記事へのトラックバック一覧です: 雪百ビックフィンキット:

« 新たなチューンナップ | トップページ | 昨日のキャブレター・セッティング »