« 昨晩 | トップページ | 決めた!! »

2017年8月 1日 (火)

エンジン開けてみた。

仕事を終えて日が暮れてから雪百のエンジンを開けてみた。

灯油タンク小屋(元自転車置場)にランタンをかざしてシリンダーヘッドを外したら、ピストンにガチン!と吸気バルブが当たった痕がありました。

ピストンは使えそうですが、気持ち悪いので交換ですね。

シリンダーヘッドの燃焼室の破損具合をチェックしたかったのですが、XR100Rってエンジンを下ろさないとシリンダーヘッドがフレームに当たって完全に外れない。orz

明日、改めてエンジンを下ろして外します。

せっかくエンジンを下ろして、腰上をバラすんだからチューンナップもしちゃいましょう。

バルブスプリングはキタコの強化バルブスプリングに。

ベースガスケットは0.5㎜から0.3㎜にして圧縮比アップ。(但し、ガソリンはハイオク仕様。)

シリンダーヘッドが無事なら、カブ&ピースのneriさんとこへ持っていってポートを拡大してもらいます。(毎度のゴッドハンド頼り。)

エアクリーナーボックスの吸気口拡大と増設。

悩みどころは、新品の純正ピストンを組むか、ヨシムラのボアアップキットを組んでしまうか。(ボアアップキットを組むなら圧縮比アップはなし。)

この際だから一気にって、気持ちもあります。

一晩考えてみます。

ボアアップキット組んだらチューンナップも終わりに近づくな。

う~ん、悩むぅー。


|

« 昨晩 | トップページ | 決めた!! »

コメント

縦型エンジンは分解時のクリアランス微妙なんですよねぇ
エンジンハンガーのリヤ側下のボルト一本だけ残して、エンジンを前傾させてもヘッド外れませんでしたか?
エイプ号は最初エンジンおろして分解整備してましたが、最終的には前記の方法でエンジン下ろさずシリンダーとかヘッド外してました。
ピストンの上下する速度は毎秒20m以上にもなるので、見た目損傷少なそうでもダメージは大きいはずなので勿体ないですけどピストン再利用は私も止めた方が無難だと思います。
私もニューマシンエンジンチューニング中なんで、終わったらまた一緒に走りたいですね。

投稿: 桜華 | 2017年8月 1日 (火) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/71303726

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン開けてみた。:

« 昨晩 | トップページ | 決めた!! »