« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月30日 (土)

諦めも悟りの一つ

俺、基本的に風呂に入る時は半身浴。

日本ってさ、溺死が他国に比べて格段に多いのよ。

何故かは分かる通り、風呂に入る習慣があるから。

特にお年寄りと酔っ払いの浴室や温泉での溺死が多い。

なので、半身浴なら溺死の危険を減らせるかと思ってやってる訳だ。

まぁ、半身浴の方がのぼせ難いってものあるが。

独り暮らしなんで、浴室で溺れて死ぬなんて淋しいじゃないのっと、今の今まで思ってた。

ふと、考えた。

死ぬ時の苦しみや痛みに大差はあるのか?

家族に看取られてるのと孤独死には、死ぬ瞬間に、「こっちの方が良い。」って考えてる余裕はあるのか?

家族と暮らしてても、家族がいない時に死んだら孤独死と大して変わらないんじゃないのか?

そう考えたら、家族と看取られて死ぬのも、独りで死ぬのも、何ら違いがない様に思えてきた。

死を恐れることは悪い事ではない。

死を恐れない奴は早死にする。

ただ、死を恐れ過ぎると何もできない。

悪魔の様に繊細に、天使の様に大胆に生きるしか手はない。

人生は一度きり、死も一度きり。(輪廻転生が存在しなければ。)

どんな死に方も、死に直面した瞬間には違いはない。

俺はそう悟った。

同時にどんなに気を付けても人生最大の嫌なことは必ず訪れると。

これからも体に気を付けて、思いっきり遊んで、遊んだ合間に仕事して生き抜いてやる。

ジョージ秋山さんの漫画『はぐれ雲』が長い連載を終えた。

あんな生き方してみよう。

ちょっとだけでも良いから。

デデン!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

重い腰

明日の前に雪百(XR100R)の整備をしたいがやる気がない。

雨が降ると俺のアクティブ・スイッチがOFFに

とりあえず、明日走る前にオイル交換と、ステアリングのロックナットを増し締め、ホイールのスポークの増し締めをしなきゃ。

エアフィルターは先週交換したんで、練習後にエアフィルターを交換して、プロリンクのグリースアップをします。

カブ&ピースの林道ツーリングが来月に行われるみたいなんで、今回はカブ以外の車両もokとのこと。

来月8日のバイク運動会が終わったら、保安部品を取り付けて整備しなきゃな。

タイヤが勿体無いから、お古のモトクロスタイヤに交換しよう。

レースにはブロック山の高いモトクロスタイヤで、公道を走る林道ツーリングにはお古のモトクロスタイヤ。

バイク運動会が終わったら、雪百でトライアルみたいな事にもチャレンジしたいですね。

すべては雪上レースで優勝する為。

北海道から優勝トロフィーを本州に。

北海道はオフロードの本場になりましたが、そこに街乗り専門の俺が今年から参戦。

レースのコースが予想と全然違って、車高の低い波乙(WAVE110AT改)では悪戦苦闘。

雪百に乗り換えて再度挑戦です。

優勝まで三年計画なんで焦らず頑張ります。

来年の雪上レースまでに新型のバランサー・フライホイールを完成させますよ。

トラクションがガンガン掛かるヤツをね。

さて、午後からツナギに着替えて雪百弄るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

もしも、

アメリカのトランプ大統領がもしも北朝鮮へ向けてミサイル発射スイッチを押すことになるなら、ぜひやってもらいたいことがある。

スイッチを押す瞬間に、「バルス!」と叫んでくれ。

なーんて、下らない妄想をしてみました。

宮崎駿さん、引退したら業績悪化で慌てて現役復帰。

誰も言わないが、後継者を信じてないのか、それとも後継者を育ててなかったのかな。

ワンマン経営の結果?

どっちにしろ、復帰するのは後継者が育つのを阻害する。

老害だよ。

良い後継者を育てるには、早い時期に隠居して、後継者のやることを後ろから応援する姿勢が大事。

バカな経営者ほどなかなか隠居しないで、会社がどうしようもなく傾いてから隠居する。

バルスは誰かがするんじゃなくて、自分でそうしてるからそうなる。

ねぇ、将軍様。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

口癖

久しぶりにアニメ動画サイトで『俺物語』を観た。

そして気付いた。

俺がここ一、二年言ってる口癖が『俺物語』でよく出てくるセリフだってことを。

「大丈夫だ。」

「大丈夫だよ。」

俺物語を観る前は、そんなこと言ったことなかった。

どんだけアニメ好きだよ。

日本に生まれて良かったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また無花果植えた。

雨で仕事はお休み。

昨日の夕方に無花果(いちじく)の苗を庭に植えました。

2ヶ月前にホームセンターの売れ残りを購入。

涼しくなったら植えようと、植える時に使う黒墨土(くろぼくど)を用意してました。

植えた場所は、車庫の側にある家庭菜園跡地。

秋は雨がよく降るので植えた後の世話が楽です。

この無花果でウチに植えた無花果は2本目。

2番目の嫁だった人が無花果って花が咲かないから縁起が悪いと植えるのに反対してたんだよね。

俺が迷信を迷信と知ってても実行してるとバカにするクセに。

その迷信とは、霊柩車を見た時に親指を隠さないと親の死に目に会えなくなるっていうやつ。

迷信だって知ってるんだよ。

たださ、バイクなんか乗ってると事故って親よりも先に死ぬ可能性がある。

親の死に目に会えないってのは、親よりも先に死ぬっていうのが本来の意味。

なので、「絶対に親よりも先には死なない。それが俺の親孝行だ。」と思ってる。

そんな訳だから霊柩車を見る度に、「俺は親よりも先には死なない!」と毎回誓いを立てて親指を隠してる。

そんな俺が無花果は出世しないなんて信じるか。

まぁ、出世したいとは思わないけどね。

できるだけ長生きして、楽しく生きて行きたい。

ただそれだけ。

無花果の甘露煮は最高に美味い。

生きてる内に食べれるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

髪を伸ばしてます。

生まれてきてから半世紀。

昨年の夏に同窓会がありました。

同窓生を見て、「なんだこの爺とババアは。」と思ったけど、俺も爺なんだよね。

禿げたり、白髪になった同窓生を見てたら、もう一度髪を伸ばしたくなった。

秋田県庁との裁判も一応の決着が着いた感じなので、黒髪の長髪でワイルドな感じになりたいなぁと。

昨晩、若い頃に憧れた映画「ウォリアーズ(バイオレンス青春映画)」って作品中で使われてた、『ウォリアーズ』の革のベストのレプリカが販売されてました。

欲しいなぁ。

ただ、作品中でウォリアーズのメンバーは上半身裸にチームお揃いの革のベストだけ着てるんだよね。

弛んだ体じゃ似合わない。

ライザップするかな。

一体、どんな50歳だよ。

せめて、ベストの下にタンクトップでも着るかぁ。

追記。

余談ですが、俺が昔に作ったモトクロスチームの名前も『ウォリアーズ』でした。

元々は、『戦う漢(おとこ)逹』ってチーム名を先輩が付けてたんだけど、それを俺がウォリアーズ(戦士)って変更した訳です。

最終的にはチーム内から国際A級ライダーが出るくらいになりましたが、俺が腰をやっちゃって早々にリタイアしたので関係ないっちゃ関係ない。

しかし、国際A級になった後輩は、俺のクレージーな走りを見なきゃモトクロスを真剣にやろうと思わなかったって言うし、後輩のお父さんは、後輩がA 級になれたのは俺のおかげって本気で思ってたから、俺のクレージーさも人の役に立ったってことかなぁ。

俺のクレージーな走りをわざわざ見に来るファンがいたからね。

なので、当時のアダ名はピーキーじゃなくて、ジェイソンでした。

ぶっ飛んで、見てた観客が死んだと思って、レースの係員がタンカを持ってこようとすると、ムクッと起き上がって何事もなかったかの様にまた走り出すことから付けられたアダ名でした。

ああ、黒歴史だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うん、つまらん。

ダラダラ能書きたれる動画を撮るのもつまらんので、今日でやめます。

まぁ、俺のチューンナップってこんなことするってことだけ分かってもらえれば。

高性能マフラーを静かにするサイレンサーのアイデアとか、アクセル全開のまま車線変更できるタイヤ選択とか、色々紹介しようと思いましたが、「誰がそんなことやるんだ。」と思ったらねぇ。

ちなみに、アクセル全開のまま楽に車線変更ができるバイクは、2サイクルの神様と言われた故・柳沢雄三さんが開発したバイクと俺が改造したバイクだけです。

静かなサイレンサーはレース用マフラーを公道で使う際には必要なテクニックだし、アクセル全開のままで車線変更できるのはパトカーや白バイに追われた時に振り切る為のチューンナップ。

もうね、やってることが暴走族だわ。

半世紀何をやってたんだ俺は。

反省記の間違いだろ。

しばらく、大人しくしよ。

昨日のネットで話題になった、暴走車に怒って蹴りを入れるおじさんの話があったけど、俺が若い頃はバイクに乗ってて、対向車でも気に入らなかったら、こっちから近づいてバンバン蹴りを入れてたからね。

但し、空手の足刀蹴りって蹴り方じゃないと足を持っていかれて危険だ。(蹴られた方は、バイクを引っ掻けたと思って、そのまま逃げちゃう。)

そんな、恥ずかしい過去を思い出して、「俺って本当にバカだったなぁ。」と落ち込みました。

俺の人生九割九分黒歴史。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ピーキー流キャブレターのチューンナップ動画

https://www.youtube.com/watch?v=vqk9ZolZTik&feature=youtu.be

| | コメント (1) | トラックバック (0)

秘密主義

俺は、自分が考えたアイデアや発明が表に出ることを嫌ってる。

このブログで画像が極端に少ないのもそのせいです。

他人が得して、自分の苦労が水の泡になるのが納得いかないからね。


そういえば、俺の東京にいるモトクロスの師匠も同じことを言ってたなぁ。

そんな俺が、キャブレターのチューンナップを動画にして公開するなんて。

たぶん、生きてる内に世の中に爪痕くらいは残したいのかな。

人間、いつ死んでも良い様に精一杯生きよう。

自分なりに全開で。

てな訳で、キャブレターのチューンナップについての動画を撮影しました。

長いです。

面白いかどうかは分かりません。

見たい人は見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

明日の動画は

明日の動画はキャブレターの改造の仕方について。

秋田県のミニモトをやってた一部のライダーには、俺が改造したキャブレターは凄いって評判でした。

なので、キャブレターの改造について語ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルハンマー凄い。

この間の日曜日、若美モトクロスパークを雪百(XR100R)で走って気が付いた。

「フープス(洗濯板状の凸凹)を思いっきり走っても安定してる。」

これは今までにはなかったこと。

おそらく、消耗したプロリンクのパーツを交換して、ベルハンマーのグリースを使ったのが利いてるだと思う。

ローラーベアリングを使ってないプロリンクには、ベルハンマーは有効なのだろう。

協和オートランドでは、サスがよく動いて良いなとは思ったが、これほど変わってるとは思わなかったよ。

雪百は、ステアリングのベアリングをボールベアリングからテーパーローラーベアリングに変えていて、少しロックナットが弛んできたから、締め直す際にはベルハンマーのグリースをベアリングに塗ってやろう。

足回りが1クラスも2クラスも上がった感じ。

11月にはYSSの教化リアショックが届くから、更にポテンシャルアップだ。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神裁判長 2

県警の捜査結果は間違いとして、民事裁判で運転者に賠償を命じた齊籐裁判長。

これって、実は大変なことなのよ。

何でか?

亡くなった女子中学生が赤信号を無視して轢かれたというのが県警の判断。

つまり、刑事裁判では事故の原因は死んだ女子中学生とされた訳だ。

それが民事裁判では、「いや、死んだ女子中学生が赤信号を無視するのは不自然で、むしろ運転者の暴走が原因。」と事故原因の認識を改めた。

刑事と民事で判決が違う。

これが裁判所の不思議なところ。

それは刑事と民事では裁判の仕組みが違うから。

刑事裁判は、警察や検察が捜査し、裁判で無実になりそうな事件は初めから起訴しない。

起訴=有罪ってこと。

つまり、捜査結果を刑事裁判では、ほぼ丸飲みする。

民事は、原告が被告の瑕疵を証明する立証責任があるが、言い逃れのできない証拠があれば勝訴が可能で、被告に賠償を求められる。

刑事と民事で判決が違うってのは、警察や検察が手心を加えたり、贔屓することがあるからなのよ。

捕まったのが役人や有力者の家族だった場合は特にね。

刑事裁判では組織の力に太刀打ちできないケースがほとんど。

しかし、民事はそうではない。

裁判官の腹次第。

組織に媚び売る裁判官はダメ。

齊籐裁判長はそうではない立派な人物だった。

そんな人が存在するだけで幸運です。

漢だねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田県庁ネガティブキャンペーン

齊籐裁判長が己の正義を貫いてる様に、俺も自分の信じる正義を貫こうと思う。

俺と秋田県庁の3年を超える戦いを記事にしたバイク雑誌『道楽』のピーキー・レポートを印刷して、色んな人に配ってるよ。

リアルでドラマティックな話が意外にウケてます。

その内、秋田駅でも配ろうかな。

佐竹(バカ知事)を黒革の豪勢な椅子から引き摺り下ろしてやる!

俺はなぁ、学はねぇが知恵はあるんだよ。

吠え面かかせてやるぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インジェクションの動画

インジェクションの話。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

神裁判長

全国ネットのニュースで、秋田地裁が県警の捜査結果を否定して、「女子中学生は赤信号を横断していなかった。」と約4500万円の賠償を認めた。

裁判長は齊籐顕(さいとうあきら)裁判官。

俺と秋田県庁との裁判でも、俺に勝訴判決を下した人だ。(秋田県庁に情報公開請求した際、請求した文書を隠蔽した損害賠償請求訴訟。)

俺が道路工事の不備から俺が怪我した事故の損害賠償請求訴訟で秋田県庁を訴えた裁判では、齊籐裁判長は和解勧告を出した。

しかし、秋田県庁はそれを蹴った。

その結果、この裁判では俺に棄却判決が下る。

秋田地裁には悪い慣例があって、道路工事の不備から発生した事故の裁判で、秋田県庁の瑕疵を一切認めていない。

齊籐裁判長は、その悪い慣例によって棄却判決を出したくなかった。

だからこそ、和解勧告をした。

凄くよく考えて作られた和解案を無下にされたのも悔しかったことだろう。

この齊籐裁判長、俺がたった一人で秋田県庁のやった不正を調査して全てを明るみにし、立ち向かっていく姿を見て、かなり影響を受けたみたいだ。

齊籐裁判長は俺に、「世の中には白黒はっきり付けないで灰色に済ますこともあるんだよ。」と言ってたんだぜ。

齊籐裁判長は、この裁判を切っ掛けに行政や司法の不正を認める判決を次々と下していく。

俺が知ってるだけで、ここ一年の裁判で四件目。(俺の裁判も含む。)

俺に和解勧告した際には、「この和解は秋田県の為になる。」と言っていた齊籐裁判長。

秋田地裁に赴任中に、とことん秋田県の為になることをしようと思ってる様だ。(齊籐裁判長は関西弁。)

俺さぁ、名前負けする人は山ほど見てるが、その名の通りの人物は生まれて初めて見たよ。

齊籐の齊という字は、均す、一律にする(他と同じにする。)という意味がある。

顕という字は、位の高い人、隠れているものを表に出すという意味がある。

つまり、今までなら隠蔽されて陰に隠れていたことを裁判によって表に出しているのだ。

行政に不利な判決をどんどん出す裁判官は、もう出世できないと思う。

それでも真実を表に出して、正義を貫く裁判官がここ秋田に存在する。

これを神裁判長と言わずして誰を言う。

この記事は、涙と感動と感謝なくしては書けない。

俺は今、猛烈に感動している。

男泣きだ。

齊籐顕裁判長は秋田県の恩人です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラクションシート

今朝、ステップの説明動画を撮ってる時に、「ああっ、俺って新型シートの発明もしてたんだっけ。」と気付いた。

開発して実際に製作してテスト。

このシートは加速Gがトラクションに変換されるシート。

ドラッグレース(ゼロヨン競技)の研究をして、(ライセンスを取得して、ドラッグレースの仕組みを実際に調べた。)比較的に短期間で完成した。

しかし、欠点があった。

上半身に受けた加速Gをシートがトラクションに変換するので、強烈なGでお尻が痛くなる。

この欠点を補うアイデアを昼に思い付いたよ。

これ、雪百(XR100R)用に作ろう。

そしたら、雪の コースでリアタイヤのトラクションが倍増する。

良いぞう!

雪百は凄いマシンになりそうだ。

これでレースで勝てなかったら俺が単に下手なだけ。

まぁ、カブ&ピースのneriさんもそうだが、俺って腕の差はマシンで埋めるタイプだから自分が下手って諦めがつく。

3年で上手くなる計画だから焦りません。

何せ、モトクロスのブランクは20年以上ですから。

でも、「昔より上手くなったね。」って言われます。

ただ、「走りから狂気が消えた。」とも言われます。

だって、痛いの嫌いだもん。

全身に数えきれない傷痕がある俺です。

ゴルゴ13と俺と、どっちが傷痕の数が多いかな?

最近、モトクロスで下手くそマーク(親指付け根につく擦り傷)は無くなりました。

少しはマシな走りができる様になったんだと思います。

嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬肥ゆる秋

エボルさん、コメントありがとうございます。

ステップ形状の改善点って、なかなか理解できないものです。

でもね、レバーもそうですが、人間の体に合わせた物って使えば全然違うって分かります。

俺が弄ったバイクに乗った人は一様に、「凄く乗り易い。」と口々に言います。

当たり前ですよ。

人間の動きにバイクを合わせてるんですから。

俺はこれを『フィッティング・カスタム』と名付けてます。

馬肥ゆる秋です。

丙午(ひのえうま)生まれの俺は、とうとう体重が80キロになりました。

でも、太ったと言うよりも体が大きくなったって感じです。

モトクロスをやって、体が鍛えられて飯が美味い。

毎週日曜日が楽しみです。

モトクロスがこんなに面白かったなんて、この歳にならなきゃ分かりませんでした。

今日、工場の機械のトラブルで仕事ができません。

暇なんで、新型のバランサー・フライホイールの設計図を引きました。

手書きの簡単な図面ですが。

フライホイールをバランサー化して、尚且つ最大限のマス(質量)調整でトルクを稼ぐセッティングです。

それでもレスポンスは悪くならず、むしろ高回転までスムーズに回る仕組みです。

馬力アップ、エンジンの振動を減らし、トラクション(駆動力)を向上させ、燃費も良い。

画期的なのに、構造は恐ろしく単純。

ここまで来るのに10年は掛かってるからね。

俺はバイクに乗るのは下手だった。

バイク整備も下手だった。

その代わり、ライトチューンは得意。

これも一芸だな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予告

何かさぁ、毎日バイクについての文句ばっかり言ってるみたいで心苦しいけど、バイクについて、「こうしてくれ!」って事は結構あるのよ。

明日は、「インジェクションの原付きを改造マニアはなぜ避けるのか?」って動画をアップします。

俺のインジェクションバイクのセッティングについての理論も言っちゃうよ。

お楽しみに。( ゚д゚)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステップは糞って動画

またまたバイクメーカー批判です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

明日の動画

明日は、バイクのステップは糞って話をします。

お楽しみに。( ゚д゚)ノ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新型バランサー・フライホイール

俺が開発したバランサー・フライホイール。

本業が暇になったら特許を取得するつもりです。

今回は国際特許も取るつもり。

雪百(XR100R)、波改(WAVE110i改)にはバランサー・フライホイールが使われてます。

フライホイールが重くなってトラクション(駆動力。路面を掴まえる力。)が向上してます。

フライホイールが重くなってるのに、エンジンのレスポンスは良くなっている。

重くなったフライホイールが高い回転数で回るので、パワーが向上します。

エンジンの振動が減り、燃費も良くなりました。

欠点は今のところ見付かりません。

このバランサー・フライホイールを更に効果を上げる為に、一体どんな形状がベストなのかを模索してました。

それが2日前にあるマークを見て、「これだ!」と思い付いた。

そのマークとは?

秘密だよ~ん!

知り合いの機械屋さんに試作品を作ってもらいます。

まずは設計図を引かなきゃ。

材料は真鍮。

まぁ、作れるか、作れないかは要相談ですね。

今夜辺りに設計図を書くかな。

気を付けないといけないのは企業にアイデアを盗まれないこと。(実用新案取得済み)

バランサー・カムスプロケットは某メーカーに盗まれました。

そのメーカーは俺の発明の効果を分かってると判断して、バランサー・フライホイールの特許取得した際には売り込みに行きます。

最近のバイクはシングルエンジンが増えました。

バランサー・フライホイールの需要もある筈です。

まぁね、ピーキーレバーを開発した時には、バイクメーカー、パーツメーカーから全無視されました。

シマノに売り込んだらアイデアだけパクられて、俺の権利(実用新案)が切れたら、いきなりロードバイク用レバーとして全世界で発売されたよ。

俺には1円も入ってこなかったけど。

形として残っただけでも良しとしよう。

俺はいずれ、チューンナップパーツのメーカーになりたい。

皆、速くて乗り易いバイクに乗りたいだろ?

街の走り屋がカブで培った技術をレースの世界にフィードバック。

イカすやん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カムシャフトはバイブレーターだった動画

https://www.youtube.com/watch?v=Gkar76REvBU&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

今日の若美モトクロスパーク

コース改修につき、10月8日のバイク運動会参加予定の方は動画でコースの様子を観てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドルレバーは間違ってる。

https://www.youtube.com/watch?v=KZxLNpl6-6U&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラッチ切りアクセル全開半クラッチ

モトクロスでは、昔から、「クラッチは第2のアクセルだ!」と言われてきました。

その意味が、やっとこの歳(50歳)で分かりました。

クラッチをアクセルにするには、ブレーキング後のコーナー進入でクラッチを切り、アクセル全開してから半クラッチでコーナーを立ち上がらないといけない。

確かに、これをやると速い。

今日の練習で、かなり感じか掴めてきました。

しかし、疲れてダラダラ惰性で練習しても体は覚えてくれません。

一旦、仕事に戻り(遊びの合間に仕事してる?)、 仕事が終わってから、俺の私設コーナーリング練習コースで一人で、『クラッチ切りアクセル全開半クラッチ』を練習しました。

ポイントはクラッチ切りしてアクセル全開のタイミング。

予想通り、ブレーキングが終わって、ハンドルを切り始める瞬間が最も良い感じでした。

これ、今度のレースはイケるかも。

若美モトクロスパークの常連からは、俺の雪百(XR100R)が速さの基準になってるみたい。

レーサー85ccクラスのライダーは、「あれ(雪百)に負けたらダメ。」ってことになってるらしい。

よし、いずれ抜いてやる。

頑張ります!

追記。

撮影したビデオでラップタイムを計測しました。

ベストラップが1分38秒54で約2秒短縮。

クラッチ切りアクセル全開半クラッチを完全マスターすればあと3秒は短縮できそうですね。

ビデオを観たら、ちゃんとやれてるコーナーはほとんど無かったから。

来週の練習が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドルレバーについての動画をアップします。

桜華さん、コメントありがとうございます。

弾丸を作った人がいるんですか。

それは凄いな。

自衛隊出身の人が、「今の銃って、怖がらなきゃ誰でも当てられる。」って言ってました。

ドラマでよくある銃の撃ち合いなんてあり得ないそうです。

先に撃った方がほとんど勝つそうですよ。

やっぱ、銃は怖いわ。


今日、ハンドルレバーについての動画をアップするつもりです。

バイクのハンドルレバーは、バイクが誕生してから100年経ってますが、間違ったまま進化しました。

それを今日、「バイクメーカーはバカ。」と証明します。

俺みたいなチンピラ・ライダーが気付いたことを、気付くどころか無駄なことしてるとね。

ホンダのCRF250Rのハンドルレバーなんて、操作性を向上するために、わざわざリンク式の突起を使ってマスターシリンダーのピストンを押してる。

あれは無駄。

俺が20年前に開発したピーキーレバーは、この世で唯一の完璧なハンドルレバーです。

まぁ、間違ったレバーでも操作は普通にできるので、問題ないっちゃ、問題ない。

但し、ピーキーレバーに慣れちゃったライダーは、「こりゃ、使い物にならん。」となります。(実体験。)

昔、関東に拠点を置いて全日本モトクロス選手権を参戦している後輩にピーキーレバーを作ってやりました。

当初は、「うん、なんか良い感じ。」程度の評価でしたが、レース中にピーキーレバーを折ってしまい、途中からノーマルレバーに交換。

そしたら、あまりに違いが大き過ぎてレースどころではなくなったそうです。

慌てて地元にいる俺に、「あのレバーをまた作ってくれ!」と頼みに来ました。

たしか、スペア分も作ったかな。

当時は、1本製作するのに3時間掛かりました。(削ったり、磨いたりしたんで。)

今は、良い製作方法が見付かって5分程度で作れます。(それは秘密。)

まぁ、ノーマルレバーでも慣れたらいいだけなんで。

繊細なコントロールは難しくなりますが。

詳しくは動画で。

お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

コース整備

午後から若美モトクロスパークのコース整備を行いました。

大テーブルトップジャンプの手前のジャンプを2連ジャンプに改修。

大テーブルトップジャンプの形も整形して改修。

最後にゴールのテーブルトップも整形して改修。

これで数年ぶりに改修されたコースが走れます。

明日、コースを走る人は慣れるまで気を付けて走ってください。

特に2連ジャンプは。

明日の俺は、雪道走行用の走り方で
走ります。

特にブレーキングが違います。

丁寧に、丁寧に。

それが雪道の走り方。

それに、最近覚えたトレールラン(轍走行)をミックス。

おそらく、コーナースピードが上がることでしょう。

なんで初めからこれをやらなかったんだろう。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大発明

冬の間に、負圧式ビックフィン、カムシャフト・バランサー、バランサー・フライホイールの特許を取得します。

そんなことを仕事をしながら考えてたら、本業の製品を如何に低コストで、より高品質な製品を少ない手間で作る方法を発見した。

発明は最初に必ず発見から始まる。

長年苦労していた生産方法をどんどん進化させて、素晴らしい方法を思い付いた。

俺はライトチューンの天才だ!

なーんて、一人喜びしています。

親父、お袋、やったよ俺。

再来年のウチの製品を買った人はびっくりするだろう。

凄い、凄過ぎる俺。

アドレナリンMAXになってるので興奮しています。(スミマセン。m(__)m)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呟きたい!

おはようございます。

「今のK- popで一番いい女は日本人。」

呟けた。

昨日の夕方、突然に、「KARAの『STEP』が聞きたい! 」とスマホで曲をダウンロードして、バカみたいにリピートで聞きました。

俺的には、この曲がKARAの曲で一番です。

この曲が流行ってた頃は、嫌韓じゃなかったな俺。

この頃は、まだ韓国人を人間として見てた。

今では、亜人扱いですよ。

性悪星の宇宙人でもいいけど。

どんなに朝鮮人が嫌いでも、良いものは良いと言える男でありたい。

性奴隷の定義とは、性交渉で金品を貰っていないこと。

つまり、強制的にタダで性交渉すること。

これは、悪質な強姦。

太平洋戦争では、日本軍は売春婦を募集してお金を払ってしてたよな。

慰安婦は性奴隷じゃない。

これを性奴隷と呼べる人間のは、韓国人女性に売春をさせてた韓国人だけ。

自国の女性を奴隷扱いしてるのは同じ韓国人。

ベトナム戦争で韓国軍がやらかした事こそ、韓国人が騒いでる性奴隷そのもの。

あと、金に目が眩んで自ら性奴隷だったと名乗る韓国ババアは死ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

コース造り

10月8日に若美モトクロスパークで行われるバイク運動会を前に、コース整備と役物(ジャンプ等のセクション)の変更をお手伝いすることにしました。

明日の午後から二時間ほど、ウチの会社のパワーショベルをコースに持ち込んでコース整備します。

なんか、例のテーブルトップジャンプが危険なので、手前にあるジャンプを2連ジャンプにするそうです。

若美モトクロスパークが出来る前は、ウチの会社の土地でモトクロスレースをやってたので、コースは俺が好き勝手に作ってました。(日本で初めて国際A級ライダーによるフリースタイル・モトクロスのショーが開催されたのはここです。フリースタイル・モトクロスの聖地? )

オープンエリア(オフロード解放区)を意識したコースにしてましたよ。

なので、排気量の大きい方が面白い。

でも、そんなコースで国際A級ライダーが、ハイカム組んでマフラー変えただけのXR100Rでレーサーマシンを全員ぶっちぎり。

目玉どこー!状態です。

俺もそんなライダーになってみたいもんだ。

せめてマシンはフルチューンでも。

頑張って良いコースを造ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダカールのカムシャフト・バランサー化

昨晩、ヤフオクでF650GSに流用できる同系エンジン用ハイカムが出品されていた。

これをダカールに使っても、回転リミッターがあるので大した意味はない。

しかし、カムシャフトの造形が分かった。

これはカムシャフト・バランサー化できる。

また、F650GSのエンジンも出品されていた。

ヘッドから異音がするのでメンテナンスが必要と、ご丁寧にヘッドカバーを外して、カムシャフトとカムスプロケットの様子を画像で説明していた。

うん、カム山以外はハイカムと同形状だ。

今朝、バイク屋に電話して、カムシャフト・バランサー化する際に、カムシャフト・バランサー化に必要な部品等の手配をどうしたらいいか相談。

ばらしてから手配する方向に決定。

作業はいつでもokだが、前日に連絡してから持ち込むことになりました。

ついでに、バランサー・フライホイール化ができるかをチェックします。

日本で唯一のカムシャフト・バランサー&バランサー・フライホイール搭載のダカールになりますね。

部品の手配の際には、エア・フィルターも注文しよう。

面白いことになりそうです。

アニメ『アホガール』を観て、これからの自分の生き方を決めました。

思い付くままに、好きなだけやりたいことに(法と秩序になるべく従い)やります。

カムシャフト・バランサーとバランサー・フライホイールの特許も取得します。

そして製品化。

手始めはXR100R系エンジンから。

Peaky_partsの復活です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バブル景気

現在は、バブル景気が崩壊して不景気だとされている。

でも、見てるとバブル景気はまだまだあるね。

ユーチューバーの信じられない月収。

そして、バイク絶版車の高値取り引き。

もう、バカみたい。

まぁ、需要があるからなんだけどね。

特にバイク絶版車は、土地取り引きみたいにカワサキのバイクが一等地扱い。

流行りだから、そんなもんなのか。

古いバイクを否定する訳じゃない。

度が過ぎると言ってる。

若い年代のライダーが絶版車に乗り、年寄りライダーが新型車に乗る逆転現象。

これ、人間に例えたら熟女好きだよ。

まぁいいや。

人の性癖に難癖つけるのは好かんから。

ただ一言。

頑張って乗ってください。

意味は乗れば分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

昔聞いた話

俺が若い頃、元ヤクザだった人がボソッと呟いた。

「技術大国日本は、ピストルなんて小さな町工場でも作れる。その気になれば素人でも作れる。だが、肝心のピストルの弾が作れない。だから買うしかない。」

何で俺にそんなこと言うのかと思ったよ。

発射薬と言われる火薬の製造が難しいらしい。

でも、火縄銃なら作れそうだよね。(作らないけど。)

まぁ、手の利く知り合いが遊びで下手なピストルよりも威力のある連射式空気銃を作って、その威力にビビってすぐに壊した。

遊びの域を超えるとダメだろ。

どうせ作るなら、ドラえもんの空気砲みたいなの作れよ。

暴漢避けの催涙スプレーの代わりに、暴漢を吹き飛ばしてる内に逃げれる様にすれば良い。

でも、変態さんが本当に怖いのは、ピンみたいに細いハイヒールで頭を叩かれるのが一番怖いんだとか。

下手すれば死ぬそうですよ。

叩いた瞬間に、「カポーン!」と鳴って頭蓋骨陥没。

考えただけでも怖いわ。

これ、全部昔聞いた話。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

波乙復活計画

波怪(WAVE110i改)がカブ&ピース・ミーティングで不調になった。

すぐに修理と思ったが、気が変わったよ。

波怪の修理は後回しにして、雪道用に波乙(WAVE110AT改)を復活させないと。

波乙は、今年の春に、これまたカブ&ピース林道ツーリングで地獄の様な藪コギ・トレッキングをして、ブレーキペダル破損&紛失、ステップバーが轍通過で破損とスッチャカメッチャカに。

来年の1月末に行う予定の田沢湖カブ・ミーティングには例年は波怪で参加していたが、今年から波乙で参加します。

他の参加者が特注スパイクタイヤをやめちゃったので、パワーロスの多い波怪に特注スパイクタイヤの組み合わせが同じくらいの速度域で丁度良いかなと思ったからです。

速いが市販スパイクタイヤのカブに、遅いが特注スパイクタイヤをぶつける訳ですよ。

つまり、波乙が速いのはコーナーだけって事です。

面白いことになると思いますよ。

まぁ、色々と細工しますけどね。(ウッシッシ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最も危険な最高速度記録競技

映画『世界最速のインディアン』で有名になっ最高速度記録競技。

数ある最高速度記録競技の中で、最も危険なものはボートによる最高速度記録競技だそうです。(ちなみに最も安全な最高速度記録は高速列車とジェットコースターの記録。)

なんと、死亡率85%だとか。

ボート世界最速速度記録は500キロを超えている。

時速300マイル(480キロ)が大台と言われているそうです。

しかも、この記録は、かなり昔にボートにジェットエンジンを搭載して作られた記録だが、未だに破られていない。

とにかく危険な競技らしい。

危険な競技といえば、バイクの世界ではマン島TTレースで毎年参加するライダーが亡くなっているが、このレースを廃止しようという風にはならない。

スピードは、人間の能力と科学技術の融合と結晶。

人間は愚かな生き物で、夢に向かって挑戦する者を口に出してバカにはせず、成功すれば自分のことの様に誉め、失敗すれば、「ほら、見たことか。」と批判する卑怯な生き物。

愚か者になりたくないなら、ただ傍観するしかないのだ。   

またまた話は変わって、愚か者といえばディズニーランドでミ○キーマウスの中には人が入ってるって言っちゃう人達。

これをメディアで公言した石橋貴明さんは、一生ディズニーリゾート関係には出入り禁止。

あと、「ディズニーランドで隠れてエッチなことしちゃったぁ。」ってSNSでの公言は、すぐに削除され、余りにも悪質な場合は損害賠償請求がなることも有るとか無いとか。

つまり、夢を壊す行為は愚かなことだとされている。

そして、夢を売ってる人達を怒らすのが、人間の世界では最も危険な事なのかも知れないね。

夢は大事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

枝豆地獄

今夜の晩飯は枝豆と豚肉ステーキで晩酌の予定でした。

ところがどっこい。

枝豆が思っていた以上に豊作で、大鍋で2回煮ましたよ。

しかも、家庭菜園には、まだこれの3倍は残ってる。

ということは、あと3回枝豆を採って2回ずつ煮なきゃいけない。(計6回。)

煮たら冷凍して保存しておこう。

今日煮たのでも枝豆で腹一杯を2回やれそうな感じ。

明日からのは、全部冷凍保存しよう。

さてと、煮た枝豆が冷えたら乾杯だ。

実家に電話したら、実家の畑の枝豆が全然ダメだったそうで、今日収穫したくらいの量をお裾分けすることにした。

枝のまま持ってきてとの事なんで、明日30本ほど抜いたら、そのまま実家に持っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝豆天国

そろそろ家庭菜園の枝豆が食べ頃になってると思う。

大鍋で煮て、今夜は豚肉ステーキと一緒に酒盛りだ。(ノンアルコールビール。)

ご飯もしっかり食べるよ。

昨日なんか、食事中にメガ盛りのご飯食べたのにお腹がグーグー鳴って、カップラーメンを食べ直した。

その後で、バタピーとスナックでノンアルコールビール飲んで、やっとお腹一杯だよ。

まるで冬眠前の熊だな。

体型はゴリラだけど。

アニメ『アホガール』が最終回を向かえて寂しい俺です。

2期目があることを祈る。

あれは、見ててサッパリするアニメ。

精神の安定に良い。

アホになることも必要だなと気付かされたよ。

何にも考えないと言うよりも、やりたいことに夢中に取り組むという姿勢が痛快だ。

遊んでる合間に仕事してるみたいな俺には、ぴったりな作品です。

心が病むと、俺は爆弾みたいな男になるからな。

もう、そんな人間には絶対に戻りたくない。

アホ、バカ、低能、上等だよ。

なぁ、アホに裁判で負けた弁護士さんよぉ。

アホはある意味無敵だよな。

ハッハー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

装備

昨年からモトクロスに復帰してます。

とは言っても、モトクロスに毛が生えた程度のことしかやってません。

雪上レースに参加して勝てるくらいになりたいと思ってますが、ブランクと勝手の違いから難儀してますよ。

波乙(WAVE110AT改)は、最低地上高の低さから雪に埋もれて前に進めず、雪百(XR100R)は俺が思っていた以上に車体が弱かった。

まぁ、そこは乗り方でカバーしなくちゃ。

来年の雪上レースには雪百で出場しますが、雪上レースではモトクロスよりもエンデューロに近い感じですね。

体力もそこそこついてきましたが、それでも自信がありません。

まだまだ何かが足りない。

何でしょう?

走り込んで答えを見付けなくては。

夕方に、若美モトクロスパークで来月行われるバイク運動会のエントリーをしてきます。

ゼッケンは協和オートランドのレースから持ち越しの13番。

来年の雪上レースにも、ゼッケン13でエントリーしたいですね。

なんか、俺にとってはラッキーナンバーみたいなんで。

バイク運動会では優勝したいなぁ。

帰宅したら雪百のエア・フィルターを交換しなきゃな。

日曜のカブ・ミーティングにも雪百を持っていったら、「乗っていい?」って人が多くて、良いバイクだと誉めてもらえました。

良いバイクですよう、そうでないと勝てませんから。

マシンは完成しました。

あとは俺の腕次第。

頑張れ俺!

頑張る俺!

頼りになるのは俺だけだ!

追記。

タイトルと内容が伴わないは、「そういえば、レースでブレストガードとか、ウェストベルトとか、膝カップとか、普通は装備して走るんだよなぁ。」って、趣旨の話を書こうとして、全然別の事を書いたためです。

ヤバいな、痴呆の始まりか?

気を付けます。m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ更新

最近、カブ仲間のブログ更新が頻繁にありません。

飽きたのかなぁ。

まぁね、SNSは沢山あるからブログって形が流行遅れになってるのかも。

俺はバカなんで同じことするのに何の苦もありません。

ゲームの最初のステージをぐるぐる回ってても、本人が楽しきゃ良いんだよ。

それが、この歳になって分かった。

人は人、俺は俺。

飽きっぽい俺が、よく続くと自分でも感心してる。

考えなきゃならないことは、この世に山ほどあるからブログを書くのに困りません。

これからも御贔屓に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3回カブ&ピース カブ・ミーティング

ぼんずさん、JA07の糞ガキさん、桜華さん、けいさん、コメントありがとうございます。

ぼんずさん、あれで調子が悪いんですよ。

調子が良ければ、そのまま乗って逃げたくなります。

フェラーリみたいなカブです。

JA07の糞ガキさん、 ピーキーキットを組めば乗り易くて速くて良い感じになりますよ。

効果はレース(モトクロス)で実証してます。

カブでモトクロスマシンを抜ける性能です。

乗り易くなければ絶対に無理ですから。

最初はボアアップ無しで楽しむのも面白いです。

それが一番良いかも知れませんね。

ビッグフィンキット、フロントフォーク強化カラー、バランサー・スプロケット、エンジンブレーキ強化キット(ステージ3)、トルクアップ・ガスケット、そしてピーキーレバー。

どれも幻のチューンナップキットです。

桜華さん、イベント目前のマシン不調が毎年続いてます。

このままじゃ恒例化しちゃいますね。

断ち切らねば。

けいさん、今回は飛ばし屋が揃ってましたんで、気持ちよく走れました。

少数精鋭なツーリングは、カブの実力を思う存分に発揮できます。

カブに離されるビックバイクに聞きたいですね。

「ねぇ、カブにぶっちぎられるって、どんな気持ち?(嫌な奴だな。)」


バイク雑誌『道楽』の編集長・ジェームズさんから、「第3回カブ&ピース カブ・ミーティングの取材に行けないので、写真撮って送ってください。」とのメールをもらった。

主催者のneriさんから了解を得て、記事にすることに。

写真撮影は毎年、ミーティング風景を撮影してもらってる若ベンさんにお願いしました。(ありがとうございました。m(__)m)

今年の男鹿半島プチツーリングは、飛ばし屋のカブ乗りだけが参加の名乗りを上げたんで、フリーラン(速度自由区間)をあえて設けないことに。

峠になれば勝手にバンバン飛ばすから、流れに置いてかれるなよって感じ。

山形の『走るかたぎや』方式です。(分からない人はググること。)

昨年までは寒風山が最終目的地でしたが、今回は寒風山経由の入道崎ゴールです。

面白いことに、コーナーの感じが変わる度に俺の後方を走るカブの形が変わる。

各々が得意なコーナーを持ってて、「ここは俺が!」って前に出てくる。

まぁ、波怪(WAVE110i改)が調子が良い内は視界から消えてやりましたけどね。(秋田のカブ乗りには、いつものことです。)

昨日、若ベンさんが写真のSDカードを持って来てくれたんで、道楽のジェームズさんにメールで送信。

ついでにミーティングの内容を短く道楽風に書いた紹介文も送信。(レポーター気分。)

あっ、そうそう、今回のミーティングには青森県の朝日新聞の記者も取材に来ましたよ。

見て、乗って、競って、楽しめるカブ・ミーティングに驚きを隠せなかったみたいですね。

やっぱり秋田のカブ・ミーティングは、田沢湖カブ・ミーティング(俺主催。)もそうですが、異質に見えるみたいです。

でも、4輪のミーティングなんかでは普通のことなんですが。

そして今日。

っていうか、さっき。

ジェームズさんからの電話で、「写真が足りない。」との連絡が。(27枚送ったが。)

選んで送ったので、残りも送ることになりました。

ミーティングの紹介は、10月8日発売の『道楽vol.20』でお楽しみください。

詳しいことは道楽で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

芽が出た。

今朝起きて、キッチンな置いてある胡蝶蘭を見たら、可愛い芽が出てた。

黄色い花の胡蝶蘭で、ホームセンターの売れ残りを安く購入。

気に入って、大事に育てています。

来年は茎が2つになりますね。

胡蝶蘭の栽培は難しいと聞いています。

素人ながら上手く育てられたなぁと思っていますよ。

いつかは大きな鉢に植え替えができるくらい大きく育てたい。

花は安らぎをくれますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

○○風

カブ&ピースのカブ・ミーティングに参加する際は、必ずコスプレをしています。

第1回は、映画『クローズ ZERO 』の革ジャン暴走族風のファッションで参加。

第2回は、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のファッションで。

そして第3回となる今回は、このブログをよく観る人ならご存知のアニメ『AKIRA 』の金田風ファッションです。

さて、来年はどんなコスプレか?

今から考えとかなきゃ。

波怪の修理の方が先だろって思うんですがね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

敵に塩

毎年、プチ男鹿半島ツーリングに参加するカブ110(JA07)乗りがいて、ノーマル(エアフィルターの金網だけは外してる。)で良い感じに走るんだよ。

他のメンバーは鉄カブのフルチューンだから凄いね 。

そこで、この彼に俺のpeaky_partsカブ110フルチューンキットを進呈した。

ラムエア・システムのエアクリーナーカバーもつけて。

「これにエンデュランスのボアアップキットを組んだら、下り坂は俺の波怪より速くなるよ。」

ライバルを自分で作るのも一興。

北海道のGASさんのカブ110は速いから要らないでしょう。(ソーラーラインでぶっちぎられたからね。)

来年は本調子の波怪で迎撃しますよ。

では、負けた時のお約束。

「覚えてろよ!」

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

原因不明

第3回カブ&ピース カブ・ミーティングに参加する為に朝起きて波怪(WAVE110i改)のエンジンを始動しようとしたらエンジンが掛からない。

慌ててプラグ交換。

何とかエンジンは掛かったが調子が悪い。

何で?

今年もプチ男鹿半島ツーリングを担当しているので、俺が案内しなきゃならないのに、こう調子が悪くっちゃ話にならない。

開会式が終わって、波怪のエンジンを掛けると、不思議な事に調子が良くなった。

開会式の後で毎年恒例のパレードランを終えて、プチ男鹿半島ツーリング開始。

今回も腕に覚えのあるカブ乗りが勢揃い。

今年は、あえてフリーラン(速度自由区間)を設けずに走りました。

だって、もう参加者も慣れたもんで、峠になれば勝手にフリーランだもの。

今回のプチ男鹿半島ツーリングは、男鹿半島旧道を通って寒風山経由の入道崎行き。

箱根の峠並みにコーナーを楽しんだ。

まぁね、帰り道で波怪がまた調子が悪くなったけど、下り坂のバカ走りで何とか誤魔化しましたよ。

大潟村ソーラーラインでは、マトモに走らなかったけど。(115キロで精一杯。 )

おかげで北海道から来たGASさんにぶっちぎられた。(同じシリンダーとピストン使用。)

昨日までの好調なら絶対に負けなかったのに。orz

これもまたバイクライフの一つだな。

まぁ、プチ男鹿半島ツーリングでは、波怪の韋駄天ぶりを発揮できたから良しとしよう。

原因はなんだろ?

急にだぜ。

長いバイクライフでこんなのは初めて。

昨日、140キロ出したのがダメだっかなぁ。

それでも入道崎では130キロ出てたんだがなぁ。

あと少しって所で絶不調に。

1度エンジンを開けてみるかぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

次で全国ニュース

おそらく、11月8日の仙台高等裁判所秋田支部の判決では秋田県庁の控訴棄却となる筈です。

被告の秋田県庁側は自らの主張を全く証明できてませんから。

それに対して俺の方は、全てにおいて証明しています。

これで棄却されなきゃ、仙台高等裁判所は糞だ。

行政に媚び売る糞裁判所。

控訴棄却となれば、恥知らずな秋田県庁は最高裁判所に上告する筈です。

そして上告も棄却されます。

これだけ恥ずかしいことすれば、やっと全国ニュースになりますね。

国民の代表的な権利『国民の知る権利』を踏みにじる行為が最高裁で認定されることになりますから。

公務員が最もやってはイケない、情報の隠蔽が全国のマスコミにやっと流れる。

これもマスコミが無視するなら、日本のジャーナリズムは格好だけ。

芸能人とか、政治家の不始末だけを騒ぎ立てるだけの存在ですよ。

最高裁で勝ったら、東京のNHKに勝訴のニュースを伝えます。

秋田のNHKは全力無視でした。

秋田県内で秋田県庁の不始末をやらかしたニュースはご法度ですからね。

結局、秋田県内では朝日新聞だけが秋田県庁の不始末をニュースにしてくれました。

秋田魁新報は、「明日のニュースになります。」と言っておきながら、最終的には上司のボツ決定です。

昔からのことなので、気にしてません。

義理の弟が秋田魁新報の記者だったので、よく話に聞いてましたから。

俺は秋田県の為になる裁判をしました。

裁判長がそう言ってくれたので、そうなのでしょう。

しかし、秋田県庁は裁判長が出した和解案を蹴った。

秋田県の為になることは秋田県庁の為にならないという判断の基に。

つまり、秋田県庁は秋田県民の為に働いてるふりをしてる寄生虫です。

虫下しの薬が必要です。

俺がその薬を投与してやるよ。

ここまで来たらね。

佐竹、お前と会える日を楽しみなにしてるぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋だなぁ。

桜華さん、コメントありがとうございます。

かなり、キャブ・セッティングには拘りました。

良い感じになったでしょ。

明日のカブ・ミーティングには来てくださいね。

原付バイクならokみたいになったので。

待ってます!


昨日、仕事が終わってから夕飯食べ終わった瞬間に疲れてソファーにパタン。

深夜に寒くて目を覚まし、毛布をかけてソファーで二度寝。

劇場映画の様な超大作の夢を見て疲れました。

目が覚めたら、もう昼。

昼ご飯に薩摩芋で作ったスイートポテトをコーヒーで食べて、食後に男鹿梨をデザートに。

寒さが膝にキテるので、七分長のズボン下を履きます。

若い頃に怪我した両膝が痛み出すと、「秋だなぁ。」と思いましたよ。

食事で秋を感じるよりも、膝の痛みで秋を感じる俺です。

これで来年の梅雨明けまでズボン下は手放せません。

体は大事にしなきゃ。

今更ですが。

明日はカブ&ピースの大潟村ソーラーラインで開催されるカブ・ミーティングがあります。

今回のミーティングで、俺がネットで売ってたカブ110 (JA07 )用フルチューン・キットを景品に提供しようと思います。

ついでにラムエア・システムのエアクリーナー・カバーも付けます。

目玉は、進化したエンジンブレーキ強化キット。(ステージ3バージョン。)

これで、カブが完全にスポーツバイクに生まれ変わる。

シフトチェンジが別物です。

まぁ、欲しい人がいなけりゃ、また来年の景品だ。

欲しいか、欲しくないかは、俺の波怪を乗って決めてください。

人には好みというものがあるので。

では、明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

世紀末原付バイク伝説

世紀末原付バイク伝説。

何てこたぁない、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観て以来、俺の愛車である波怪(WAVE110i改)をマッドマックス的なバイクをしようとして早2年。

なりましたよ、マッドマックスの世界そのまんまのラットなタイカブに。

でも、悪役達のバイクみたいに原形を留めない感じじゃなくて、長い間走ってることでこうなりましたって感じを目指しました。

近くで見ると、キチャナイです。

でも、キチッと整備はしてます。

ただ、タメコーターが死んでます。

3速インジケーターのランプが切れてます。

別に走りには事欠かないので放置。

午前中に波怪の整備か終わりました。

クラッチ交換をしようと思ったのですが、クラッチ板が減ってる様子がないので、クラッチが若干パワーに負けてるんだと思います。

波怪のクラッチスプリングは、テンションがノーマルの130%に強化されてますが、それでもアクセル全開でシフトアップすると、「ニュルッ。」っと滑ります。

そこで強化スプリングに武川のクラッチ強化用カラーを追加しました。(これだけ使用した時は、クラッチがズルズル滑って役に立たなかった。)

クラッチ強化用カラー追加後に庭を少し走らせてみましたが、シフトタッチに変化はない様です。

以前は裏技で、ノーマルクラッチスプリングを2枚使ってたので、シフトタッチが硬くて仕方がなかった。

クラッチは全く滑らなかったけど。

130%強化のスプリングを組んだら、全開シフトアップの時に少し滑るけど、最高速はアップしたんだよね。

クラッチスプリングが強過ぎてもパワーロスってあるんだと分かったよ。

今回のカラー追加で、シフトタッチの良さを維持しつつ、クラッチが全く滑らなくなれば良いなと思ってます。

クラッチ強化のついでに、高圧縮仕様エンジンにはよくあるシリンダーヘッドの弛みを直しました。

スタッドボルトを締め直して、シリンダーヘッドのナットをトルクレンチで数回に分けて締めます。

シリンダーヘッドからの排気洩れは無くなったみたいですね。

タコメーター直そうかな。

配線が1本切れてるだけだからなぁ。

暇があったらやります。

午前中サボった分、午後から仕事を頑張らなきゃ。

8㎜のT形レンチが紛失して、ホームセンターに買いに行ったんで、時間が掛かったんだよな。

どこいったんだろ?

30年使ったのに。

惜しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スロー系ウィリー

昨日、突然にスロー系ウィリーのやり方を思い出した。

感覚的な記憶が甦ってきたと言う方が正しいかも。

記憶の引き出しが何かの切っ掛けで急に開いた感じ。

ダカールでやってみた。

フロントファークを縮めた反動でアクセル半開でウィリー。

フロントが良い感じの角度に来たらアクセルを戻す。

バイクスタント用にセッティングされたバイク(ギア比変更、アイドリング2000回転にセット。)なら、後はアクセルを開けずにリアブレーキを使って角度を維持する。

しかし、ダカールはノーマルのままなので、アクセルを戻してから、アクセルをちょっと開けながら煽るしかない。

スロー系とは言うものの、1速のギア比のロングなダカールだと、止まりそうな速度は難しい。

おまけにアクセル煽ってるし。

あとは練習して、どれだけ速度を落とせるか、持続時間を長くできるかだ。

今まで乗ったどのバイクよりもウィリーがやり難いダカール。

でも、大きな車体なんで結構な迫力があります。

トランクボックスも付いたままだしね。

少しずつ昔みたいに走れたらいいな。

でも 、なんで記憶が戻ったんだろ?

日曜日のレースの影響かなぁ。

まぁ、バイクを壊さない程度に、たまに練習しますよ。

ダカールはBMWでの歴史の中で一番ポップなバイクで貴重ですから。

大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

クレイジークレーマー

新たなるイベントを発動しようと考えてます。

秋田県庁との裁判で、被告代理人を勤めた秋田県法テラスの所長様で在らせられる湊弁護士は、法廷で自らが主張した架空の情報公開システムが捏造であったことが露見して秋田県庁を敗訴に追い込んだ。

しかも、秋田県庁職員に虚偽の陳述書を書かせて証人に仕立て上げ、法廷で陳述書の記載された内容が捏造で、証人尋問でも嘘がバレてしまうという失態を犯させた。

これは弁護士としてどうなのよ。

虚偽や捏造しても裁判で勝てば良いのだという姿勢は。

秋田県弁護士会に懲戒請求したいと思う。

しかし、湊弁護士は秋田県の弁護士の顔とも言える存在。

おそらく、何らかの理由を捏造し、懲戒処分は行われないことだろう。

なので、そうなったら秋田県弁護士会を裁判所に訴えたいと思います。

弁護士の総本山である日本弁護士会を相手に裁判ですよ。

秋田県庁でクレイジークレーマーと呼ばれてる俺らしい発案でしょ。

悪いことは悪いと弁護士が言えないんじゃ、弁護士は口の上手い詐欺師と何ら変わらん。

うっひょーっ、これは楽しみだわ。

裁判の素人が弁護士達を訴える。

凄いね、まるで象に挑む蟻さんだ。

まぁ、湊弁護士がやったことは裁判記録に明記されてるので、証拠は十分です。

秋田県弁護士会は得意の嘘で裁判官を騙してください。

俺は、「騙されるな!」と叫び続けます。

人生って退屈しないわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この歳になって。

オギャアと生まれて半世紀。

この歳になってモトクロスが本当に楽しいと思える様になった。

若い頃は、同じとこをぐるぐる回ってると厭きてきたんだよね。

だから林道ばっかり行ってた。

でも、よくよく考えてみると、同じ林道を何回も何回も走ってた。

厭きるまで。

若い頃、バイクの運転で純粋に速くなろうと思ってなかったかも。

ウィリーとかの曲乗りばっかり練習してたからな。

今は、残された時間を使って少しでも上手くなって速く走りたいと思ってる。

カブに乗って身に付けた能力をモトクロスを活かしたい。

素直になったな俺。

今度の日曜日に向けて波怪の整備をしなきゃ。(日曜日は晴れの予報。)

大潟村カブ・ミーティングでは、JA07(インジェクション丸目カブ110)の人が沢山来るといいな。

プレゼントもしたいし。

なんか、ワクワクする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

ぶり返し

裁判の準備、レースの準備、レース、裁判と仕事の合間に何かと大変でした。

自宅に帰った瞬間に、パタッと倒れた。

ヤバいと思い、リビングのソファーで休んでます。

酷い頭痛と倦怠感で動けない。

とりあえずご飯だけは食べないと。

はーっ、疲れた。

ちょっとだけ休みます。

明日の朝には元気になってたらいいなぁ。

目が回る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台高裁第一回口頭弁論

仙台高等裁判所秋田支部で秋田県庁との第一回口頭弁論が終わりました。

湊弁護士を含め秋田県庁から9人が雁首揃えて来ましたよ。

裁判は簡単な確認をしただけで10分で終わりました。

判決は今年の11 月8日午後1時15分に言い渡されます。

裁判長から、「判決は別に法廷に来なくても郵送されます。」との連絡がありました。

どうしようかな。

あとで考えよ。

おそらく負けることはありません。

秋田県庁側があんなグダグダな裁判をして勝てるんだったら裁判なんて何の意味もない。

茶番劇だよ。

いや、ギャグだね。

湊弁護士は、法廷に来てから俺が月曜日に裁判所に提出した準備書面を見てしょっぱい面してたよ。

それはそうだろう、自分の失敗をあれだけの並べて書かれてるんだから。

この裁判が終わったら、次はお前の懲戒請求だ。

楽しみに待ってろ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良い天気だなぁ。

まさに秋晴れという感じの天気です。

食欲も旺盛になって、ウェイトオーバーが気になるこの頃。

午前中に仕事して、午後から裁判所に行きます。

北の将軍様は『北風と太陽』という昔話を知っててやってるんだろうね。

クールだわぁ。

数日前に秋田県内で地震がありました。

「北朝鮮からのミサイル攻撃か?」と思った人もかなりいたみたいよ。

地震速報がすぐに出て安心したけど。

日曜日に協和オートランドで行われたレースから、どうやったらもっと速く走れるかを考えてます。

コーナーリング速度を落とし過ぎてるのかも知れないと思ってますよ。

コーナーリングでブレーキングを開始してから、ブレーキを軽くリリースしてコーナー進入するのですが、この時に完全にリリースしているから、安心して曲がるためにコーナーリング速度をかなり落として曲がってる気がする。

次回から自分のコーナーリング理論に従って、忠実にコーナーを曲がってみます。

マシンが速くなると、つい楽な走り方になっちゃうんだよね。

楽して走るとかえって疲れることになるんだが、苦しいとそうしてしまう。

雪百(XR100R)のチューンナップは完了したと思ってます。

あとは乗り手である俺のポテンシャルアップが必要です。

テクニック向上に年齢は関係ありません。

テクニックが向上したら、楽に走れるんだから。

生きてる内に少しでも上手くなって速く走りたい。

自分が好きなエリアで。

仕事も裁判もバイクも全力です!

どうせ、大した能力があるわけでなし。

他の人の2倍頑張って、やっと一人前ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

明日は裁判です。

明日は午後から仙台高等裁判所秋田支部にて秋田県庁との裁判があります。

おそらく、第一回口頭弁論で終わることになると思います。

被告が新たに捏造した証拠を提出しない限りは。

まぁ、裁判官が行政に贔屓するよっぽどなバカ野郎でなければ、あれだけのポカをやった秋田県庁の訴えは棄却される筈です。

明日の裁判が終わったら、次は大潟村のカブ・ミーティングの為に波怪の整備をしなきゃ。

今年の男鹿半島プチツーリングは旧道を選んで走って入道崎へ行きます。

日本海らしい風景をお楽しみください。

カブにぴったりな峠道が楽しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪百のトラクション

よーへいさん、コメントありがとうございます。

タイヤからレースの動画まで、何から何までお世話になりっぱなしで感謝の言葉もありません。

長年カブに乗って走り屋やってると、マシンのハンディって眼中に無くなるんですよね。

もっと良い勝負がしたいです。

次のバイク運動会も頑張りますよぉ。


先日のレースで、俺の走ってるところを見た人から、「全然滑ってないね。ぐいぐい前に行く感じ。」と教えてもらいました。

雪百(XR100R)は雪上レース出場を目的に製作しているので、スリッピーな路面でのトラクションを最も重視しています。

特にタイヤとフライホイールのマス(質量)調整が利いてますね。

ただ残念なのは、俺の高い速度を維持できる能力が低いって事です。

下り坂でもっとギアを上げてアクセルを開けられるはずですが、楽に走れるギアを思わず選択してしまいました。

コーナーのライン取りも速いが疲れるラインを避けて、楽に走れるラインを選んで走ってました。

ここら辺は、自分の能力をよく知ってると考えるべきなんでしょうね。

まだまだ雪百を速く走らせるスキルが全然足りません。

俺は体で覚えるのが苦手です。

でも、人真似は得意な方です。

速いライダーの走り方をもっと研究して、雪百に合う走らせ方を覚えたい。

グリップ走行を超えた新たな走らせ方の模索が必要ですね。

頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

大物気分

裁判所に行ったら、仙台高等裁判所の担当官が自らの名前を告げて優しく受付してくれました。

以前に来た時には、「何しに来たんだこいつは?」って睨んでたんですがね。(怖かったぁ。)

裁判所に準備書面を提出した帰りに、秋田県庁の文書課に秋田県庁との裁判で秋田県庁の虚偽と捏造が露見した内容の記事が掲載されているバイク雑誌『道楽 vol.19 』の入った封筒を佐竹知事宛に渡しました。

すると、俺の顔を見た瞬間に文書課の課長が直立して、何やら説明を始めます。

「あのですね、一般的な話なんですが、ここでは知事宛に送られてくる文書を整理して持っていくのですが、配った後のことは分かりません。」とのこと。

俺はすぐに、「佐竹知事が俺に謝罪する際に、ここで渡した雑誌を見たかを確認します。もし、見てないとの答えでしたら、秋田県庁はそんな所だと公になるだけです。」

建設部のバカやった巻き添えは御免だって感じがひしひしと伝わりましたよ。

なんか、俺が秋田県庁に行くと、総務課の課長は飛んできて、「何しに来た!」って叫びにくるし、流石はクレイジークレーマーと呼ばれることはあるな。

笑っちゃう。

どんどん奴等の立場を悪くしてやるよ。

楽しみに待ってなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一夜明けて

朝起きたら腰が痛い。

寝ているベットとの相性なのかも知れないが最悪です。

湿布を貼って、飲み薬を飲みました。

今朝、借りていた軽トラを実家に戻した際に、「レースどうだった?」と母から聞かれた。

「うん、何とか3位だったよ。」と答えたら、「お前も歳だもんね。」と言われました。

凹んだ。orz

今日は、明後日の裁判に向けて、午前中に仙台高等裁判所秋田支部に提出する準備書面の書き終えてから裁判所に行きます。

さっき、準備書面の清書が終わりました。

残るは証拠説明文です。

久しぶりに書くので結構大変ですね。

そればっかりやってるプロじゃないもんな。

素人が行政訴訟で一流弁護士を相手に勝訴。

行政側が相当なバカをやらかさなければ、こうはなりません。

敗訴した秋田県庁の控訴理由もデタラメの言い訳に過ぎない。

バカやった秋田県庁には、それなりの制裁をしないと。

さて、コーヒー飲んだら頑張るかぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

ビギナー&トレール動画 (1ヒート目)

よーへんさんが1ヒート目を撮影してくれてました。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビギナー&トレール動画(2ヒート目)

ヘルメットカメラ動画

https://www.youtube.com/watch?v=Tv5epKWP-iQ&feature=youtu.be

よーへいさん撮影動画(サンクス!)

https://www.youtube.com/watch?v=vyha2TOPQlI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悔しいです。

協和オートランドで行われたモトクロス大会。

アップダウンの激しいコースです

ビギナー&トレールクラスに雪百(XR100R)で出場し、1ヒート、2ヒート共に3位。(総合3位。)

1ヒート目は、スタート1周目に前のマシンと接触し転倒。

そこから走ってる内に前のマシンが次々と自滅して3位でゴール。(転倒の際にカメラが泥にまみれて撮影できず。)

2ヒートは2位まで上がりましたが、後方から追い上げたマシンに抜かれ3位でゴールです。

まだまだですね。

俺以外は全員レーサーマシンとはいえ、イケそうな気がしたんだけどな。

一緒に走ったライダーにスタートラインで、「速いですね。」って言われたから、「うん、改造してからね。」と答えたんですがキョトンとされました。

何か違う?

次回のレースは10月8日の若美モトクロスパークで開催されるバイク運動会です。

今度は平地のコースなのでピンピン(1位、1位。)を目指して頑張ります!

後で2ヒート目の動画を貼りますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

目が回るー!

協和オートランドで明日行われるレースに備えて、雪百(XR100R)を軽トラに載せました。

ライダーの装備品はまだ準備してません。

来週の水曜日に行われる秋田県庁との裁判で仙台高等裁判所秋田支部に提出する準備書面を書いているからです。

やっと準備書面の下書きが終わり、証拠書面を印刷しました。

残るは証拠説明文を書いて、準備書面と共に清書するだけです。

提出は月曜日。

ついでに佐竹んとこに寄って揺さぶりを掛けてきますよ。

最近、秋田県庁の知り合いから情報で、県庁内での俺の呼び名が変わったそうです。(本当かどうか知らんが。)

なんか、モンスタークレーマーからクレイジークレーマーになったとか。

なんかビルとか昇りそうな呼び名だなぁ。

もう、何でもいいよ。

勝手に何とでも呼ぶがいいさ。

どうせ秋田県庁のことだから、高等裁判所の裁判で俺が勝ったら最高裁に上告して、「係争中です。」ってまた逃げるんだろ。

絶対に逃さないよ。

クレイジークレーマー舐めんな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

段取り良く

名無しのゴンベさん、よーへいさん、コメントありがとうございます。

名無しのゴンベさん、うん、獣の論理ですね。

世の中の裏側から見ればよく分かることもあるんでしょう。

北朝鮮はロシアや中国には敵意を持ちません。

何故だか分かりますか?

国が陸続きだからですよ。

陸続きの強国は怖いんです。

陸続きは怖くて、離れた強国はすぐに攻めて来ないだろうと計算してる。

所詮は朝鮮人の下衆な考えです。

よーへいさん、タイヤありがとうございました。

日曜のレースに早速使わせてもらいました。

マシントラブルが無ければ良い勝負ができそうです。

頑張ります!


イベントがいっぱいあれば、やることもいっぱいです。

仕事も佳境に入ってます。

ここは段取り良く立ち回って上手くこなして行くしかない。

焦るな、焦りは禁物。

7割の力で動いて、残り3割で状況を把握しろ。

落ち着け、落ち着け。

お前ならやれる、俺ならやれる。

最後の最後で頼りになるのは自分だけ。

うん、大丈夫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

プチ馴らし運転

昨日、整備が終わった雪百(XR100R)。

新品になったパーツの馴らし運転と試走を兼ねて工場まで通勤してみました。

クラッチの遊びが気になりました。

足回りの新品パーツとベルハンマーの相乗効果でとっても良い感じです。

ステアリングのテーパーベアリングも異常はない。

ジャンプした時のガタツキはまだ分かりません。

前後のタイヤも交換して、若干いつもより目線が上です。

しかし、全体的にシャキッとした感じになりました。

雪百のリフレッシュで気分晴れ晴れ。

なんか緊張してきたな。

仕事して忘れよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケンシロウの父、ジャギになる。

舞台『北斗の拳 世紀末ザコ伝説』は名も無きザコ(やられキャラ)が主役という物語。

この舞台にはケンシロウやユリア、ラオウなどのメインキャラクターは出ない。

唯一登場するのはケンシロウの兄、ジャギのみ。

このジャギ役を格闘家の角田信朗さんが演じる。

マッチョなジャギ様は並の俳優ではビシュアル的に無理。

角田信朗さんは、大の北斗の拳ファン。

ケンシロウの様に強くなりたいと願い、今でも鍛練を欠かさない。

あまりにも熱狂的ファン過ぎて、自分の子供にケンシロウ、ユリアと名付けたほどだ。

原作の北斗の拳では、ジャギはとても重要な存在。

なにせ、世紀末という倫理観のない世界で甘さを捨てきれないケンシロウを強くしたのはジャギなのだ。

ジャギが南斗聖拳の達人シンに、「ケンシロウの様な甘い人間ではこの世紀末は生き残れない。いずれ、お前の愛するユリアは誰かに奪われ蹂躙されることになる。」と、本当のことを言ってシンにユリアを奪わせた。

なーんも間違ってない。

まぁ、やり方は汚いけどね。

ケンシロウはユリアをシンに奪われ、強くなって帰ってきた。

ケンシロウを強くしたのはジャキ。

話は変わるが、この舞台『北斗の拳 世紀末ザコ伝説』で角田信朗さんは芸能活動復帰となる。

SNSで同じ所属事務所である吉本興行の売れっ子タレント松本人志さんとの確執を訴えたせいで、「お前の勘違いだろ!」と炎上し、芸能活動をしばらく休止していた。

でもね、体育会系の世界で生きてきた角田さんが勘違いで確執を感じるものだろうか?

それは何らかのイジメに近いものが無ければ感じないはずだ。

松本人志さんといえば、体を鍛えてマッチョになったことで話題になった人。

ベンチプレスで135キロを上げるという。

ウェイトトレーニングを本格的に始める前は、サンドバッグを購入してキックボクシングなんかもやってたらしい。

俺が想像するに、松本人志さんは角田さんの強さに対して嫉妬みたいなものがあったんじゃないかな。

今までは全く違う世界の人だった角田さんが、強さを求めて体を鍛え出したらライバルに思えてきたとか。

それなら納得がいくと思う。

それほど真剣に鍛えた結果がベンチプレス135キロ。

もしかしたら、松本人志さんを強くしたのは角田さんなのかも知れないね。

平成ジャギ伝説だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

なんじゃこりゃ

なんじゃこりゃ。

ガリガリ君梨がメチャクチャ美味いぜ。

1本食べたら、また1本食べたくなる。

これ期間限定物かも知れないから、売ってる内に沢山買っとこ。

安いし。

日本はスナック菓子もアイスキャンディも美味しさは世界一だと思う。

日本には更にツマミってのもある。

まるで現代のガンダーラだな。

よしよし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

整備完了しました。(おそらく)

雪百の整備が終わりました。

もうすぐ終わるとなると、「あっ、あれもやりたい。 おっ、これもやっとこう。」となって、ずるずると時間が経ってしまいます。

納得できるレベルに達したって感じですね。

メカニックとしては素人に毛が生えた程度の俺ですから多くは望みません。

俺のチューンナップは発明であって、メカニックがコツコツと積み上げてゆくモノとは違います。

無駄や効率の悪い所を根本的に改善する発明です。

おかげで12000回転で作動する回転リミッターが、軽くアクセルを開けるだけで、あっという間に利いてしまいます。

こりゃ、回転リミッターが無いとすぐにぶっ壊れるな。

それくらい軽く回るエンジン。

これ、いずれはギア比をロングにして雪道最高速仕様にしたら面白いだろうなぁ。

でも、やらない。

今度から雪道は波乙だけで走ります。

さて、レースの準備ができたから、明日から秋田県庁との裁判の準備をしなきゃ。

やることいっぱい、イベントいっぱい、楽しみいっぱい。

俺は大食漢で腹いっぱい。

ちなみに今夜の晩飯は桃豚しょうが焼き丼特盛だ。

ノンアルビールも美味いぜ、プッハー!

来週からは大潟村カブ・ミーティングに参加する為に波怪の整備だ。

頑張るッス!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ベルハンマー

雪百のプロリンク修理後に、ベルハンマーのグリースを使ってみた。

スイングアーム、プロリンク、リアホイール・アスクルシャフト。

組んでからリアサスを縮めて上下動させてみると、新車の動きが戻ってきた。

リアサスのスプリングを強化してるんだけど、強化前みたいによく動く。

ベアリング無しのプロリンクが、ベアリング有りのプロリンクみたいに動いてる。

まぁ、実際に乗ってみないと良くなったかは分からないがね。

悪くなることは無いでしょ。

後はクラッチ交換があと少しで終わります。(今、コーヒーブレイク中。)

レースで気持ち良く走れたらいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロリンク修理

昨日から雪百(XR100R)の整備を初めてます。

ステアリングのベアリングをボールベアリングからテーパーベアリングに変更。

ベアリングの厚みで出た分、ステアリングのロックナットが半分ちょっとしかネジ山が掛からなくなったけど。

まぁ、こんなもんなんでしょう。

今日はプロリンクを修理してから、ベルハンマーのグリースを使います。

ちょっと柔らかいグリースで心配ですが、そこは大丈夫なんだと信じて使いますよ。

プロリンク修理の後は、クラッチ交換。

これが終われば整備完了です。

昨日、エアフィルターをスペアに交換しました。

使ったDNAエアフィルターを同タイプ(ガーゼ系湿式)のエアフィルターのK&Nエアフィルターの洗浄液で洗いました。(以前に買った残りです。)

洗浄液に浸けた瞬間、「ワサッ!」っと大量の砂と土埃が下に落ちた。

これだけの量の土埃を濾せるDNAエアフィルターの性能に驚いたよ。

洗ったらフィルターは干して乾いてから、フィルターオイルを塗って、またスペアに。

ガーゼ系湿式エアフィルターはフィルターオイルが命。

乾燥してフィルターオイルの効果が薄くなる事があるから、気配りが必要です。

ちょっと昔、ダートトラッカー・スタイルのバイクが流行った時期がありました。

キャブレターには誇らしげにK&Nエアフィルター。

でもね、大概のバイクがフィルターオイルが乾いて効果が無くなってる。

つまり、土埃吸い放題。

エアフィルターの意味無し。

ロードバイクでK&Nエアフィルターを使っている人も、そんな人が結構いる。

フィルターオイルが乾いたエアフィルターは只の網です。

折角、高性能なエアフィルターを使ってるんだから勿体無い。

メチャクチャ良いですよDNAエアフィルター。

お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先制攻撃準備完了?

北朝鮮が開発した核兵器が広島型原爆の10倍の威力があると発表された。

これが事実なら、専門家がはっきり断言できるだけのことを北朝鮮が成し得た事となる。

それが事実でないなら、考えられる事はアメリカお得意の情報操作による先制攻撃準備だ。

以前にも大量破壊兵器があるからと他国を攻撃して、戦争が終わってから実は調べたらありませんでしたってのがあったよね。

「私はやりたくないが、やらなきゃやられるから。」

このスタイルがアメリカ。

西部劇そのまんま。

流石はビリー・ザ・キッドの国。

味方につけたら頼もしい。

敵になったら怖いよな。

日本は我慢の国。

我慢して、我慢して、最後にブチキレる民族性がある。

これは過去の歴史で分かってる。

アメリカに続いて日本がキレたらどうなるかな。

金星にロケット飛ばして戻らせるよりも、北朝鮮にミサイル飛ばす方が簡単だって分かんないかな将軍様は。

戦争まで秒読みですね。

自衛隊の方々、アメリカ軍のサポートをまた宜しく。

とりあえず完璧な後方支援から。

頼んまっせ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

雨降って

雨降って仕事終了。

午後から雪百の整備をします。

段取りとしては、

スポーク調整。

エアフィルター交換。

オイル交換&クラッチ交換。

ステアリングベアリングをテーパーベアリングに変更。

リアタイヤをマッド&サンド用に交換。

プロリンク修理。

今日辺りにはベルハンマーのグリースが届きそうです。

プロリンクにはベルハンマーを使いますが、ステアリングには使いません。

かえってトルク管理が難しくなりそうで。

レースとなると、どんなバイクでもお金が掛かりますね。

最初の内は特に。

今度から壊さない様に気を付けようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聴き惚れる

数日前、吉野屋で牛カルビ定食大盛りと牛トロ丼大盛り(持ち帰りで牛丼大盛り)を食べてたら、有線放送から聴こえた曲がカッコよくてさ、「あれ、この曲聴いたことあるぞ。」と思って何の曲が探してみた。

アニメのオープニング曲でした。

曲名は、『英雄 運命の詩』だそうで、詳しいことは知らないがダウンロードして、毎日1曲リピートで聴いてますよ。

この曲が使われてるアニメも最近観る様にしてます。

お気に入りのキャラ『フランケン・シュタインのバーサーカー』が死んじゃって残念ですが。

俺の嫁認定したいくらい。(キモッ。)

アニメの内容を観てると、ストーリーに物凄い違和感を感じる。

やってる事が呪いを掛ける時のやり方なんだよね。

強い者を戦わせて、生き残った者を重用(寵愛?)する。

最近のアニメは過激だわぁ。

反対に『アホガール』は平和で良いね。

日本のアニメは最高だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インプレッション

自分で作った物を自分で誉めると自画自賛と言われちゃう。

でも、長年掛かって得た成果を自慢して何が悪いと思う自分もいる。

ピーキーレバーを思い付くまでに3年、バランサー・カムスプロケットは1年、キャブレター魔改造にもかなりの時間が掛かり、バランサー・フライホイールは10年掛かった。

まぁ、どれをやってもキャブレター・セッティングがダメだと皆ダメだけとね。

この間の日曜に協和オートランドで俺の弄った雪百(XR100R)をよーへいさんに試乗してもらった。

よーへいさんは国内A級ライダーで、小さいバイクの運転は得意なんで仲間内から、「よーへいはでっかいバイクよりも小さいバイクを乗ってる方が上手い。」と言われてる人。

以前はレースでTTR125Rに乗って活躍したとか。

俺のド根性ライディングとは違って、現代的なライディングをする。

そんな人なら雪百のインプレッションに適任でしょう。

タイミング悪く、クラッチが減って滑り気味だったが我慢して乗ってもらう。

コースを走り、戻ってきた感想は?

「エンジンが良いね。パワーはある。俺がこれに乗ってレースに出たいくらい。」

だそうです。(やったー!)

超抜群なエンジンを目指して作った甲斐がありました。

明日は天気が悪いそうなので、雪百の整備に時間を回して、今日一日は頑張って仕事します。

整備に必要なパーツはベルハンマーのグリース以外は全部揃いました。

レース当日の天気が心配ですが、楽しく走れる様に頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

鬼の様にカレーうどんが食べたい。

昨日、久しぶりに実家で母の作ったカレーライスを食べた。

昔から食べ慣れたカレーライスだが、元の味が美味しいから大盛りで2杯食べたよ。

それから何故かスイッチが入っちゃって、昼にもカレー。(朝飯は最近取ってない。)

そして、今夜の晩ごはんに無性にカレーうどんが食べたい!

大きな鍋でカレーうどんを作ってます。

煮干しで出汁を取って作りますよ。

出汁以外は八百長料理ですがね。

さて、出来たかな。

明日は仕事を朝からびっちりやる日なので、栄養を付けときます。

では、いただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本職にSOS

雪百の社外のアルミリムを純正と同じスポークの組み方をすると、長い方のスポークがかなり余る。

何度やってもダメ。

自転車屋で、バイク屋で、クルマ屋をやってる本職にSOSしました。

「うん、俺が後でやっとく。」

30分後。

「出来たよぉー!」

なんか、通常の組み方だと絶対に合わなかったそうですが、違う組み方で合わせたとか。

「自転車に比べればバイクのスポーク張りは余裕。」

流石だわぁ。

別の組み方ってどうやったんだろ。

写真にとって保存しとこ。

餅は餅屋って言うけど餅屋なんか見たことねぇ。

困った時の本職ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝

コメントをくれた桜華さん、たかはしさん、ありがとうございます。

モトクロスタイヤをくれたよーへいさん、ありがとうございます。

桜華さん、CRM50に縦型積むとフレームの一部カットして補強を入れなくてはなりません。

あのスタイルが気に入っているので、走り方を変えて対応しますよ。

たかはしさん、改めて情報提供感謝いたします。

オービス乱立時代に突入するかも知れませんね。

世知辛い世の中だなぁ。

只でさえ財布の紐をほどきたくないのにね。

知ってる道しか飛ばさない作戦だな。

よーへいさん、タイヤを3本頂きましてありがとうございました。

早速、フロントタイヤを使わせてもらいます。

ホイールのリム交換でちょっとてこずってますが、頑張って組みますよ。

やったー!

これでフロントタイヤがバリ山だー!

リアも新品を入れるから、登坂で苦しまなくて済みそう。

クラッチ交換も必要なんで、頑張って組みます。

俺、バイク弄るのあんまり好きじゃないのよ。

他よりも速く走りたかったり、見てる人をびっくりさせたいから弄ってる。

気分はびっくり箱を作るイタズラ坊主です。

落とし穴はいけません。

あれはやり過ぎです。

北朝鮮のミサイルと同じで人を傷付ける。

当たれば死ぬ。

やられた人がやり返すのも考えて欲しいね。

トランプ大統領、はっきり言ってやれば良いのに。

「そのペンシルロケットみたいなのをミサイルと言うのか? ははっ、笑う。 俺が黒人のぺニスみたいな太いミサイルを御見舞いしてやるぜ!」

これでトランプ大統領は漢になれる。

大統領再選は別として。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

昔の着地

俺の雪百(XR100R)を見て皆が言うのよ、「まだフレームは逝ってないな。」と。

逆に逝ってしまったプロリンクのことを、「普通はそんなとこ逝かねぇ。」と言う。(前後のホイールも逝ってます。)

これな、俺のジャンプの着地が昔の着地のやり方だから。

俺のジャンプの着地はリアタイヤから落ちて、フロントがその後に落ちる。

ジャンプの着地の衝撃を前に逃がすアウトドアモトクロスのやり方。

ジャンプしたは良いが、着地地点は平地ってことが多いからだ。

今はアウトドアでも着地地点に下り坂を選んだり、作ったりする。

若美モトクロスパークの大テーブルトップジャンプは、着地地点の下り坂の傾斜を緩くしてるから衝撃が凄い。

なので、リアからフロントへ衝撃を移すもんだから、最初に衝撃を受けるリアサスのプロリンクが逝って、フレームはまだ大丈夫となる。

何かさぁ、来る人来る人、皆が雪百のフレームをチェックするんだよ。

フロントタイヤが開いてきてないかをね。(フレームが逝くとフロントフォークが寝てくる。)

フレーム逝くの期待されてる?

期待に添えなくて御免ね、御免ねー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英才教育のあり方

昨日、協和オートランドで練習したんだけど、バイクを置いてる駐車場の横にミニモト(50ccモトクロスバイク )用コースがあって、ヤマハの50ccで練習している幼児がいた。

俺は目を奪われたよ。

それは見事なスタンディグフォームだった。

勿論、コーナーではシートに座るが。

その子が練習から戻ってくると、隣のトランポにお母さんとお父さんが待ってた。

俺は思わず、「坊や、スタンディグ上手だねぇ。おじいさんびっくりしたよ。」と戻ってきた子供に声を掛けた。

後で聞いたら、お父さんはモトクロス国際A級だとか。

別にお父さんが凄いからって訳ではない 。

何が大事か分かって教えてるだなぁと感心しただけ。

功夫(カンフー)って言葉がある。

今では中国拳法のことを言うが、元々は鍛練を積んだ成果という意味。

この鍛練を積んだ時間が長いほど実力と胆力(たんりき。胆が座っている様。)が身に付く。

既にその子は、年齢からは考えられないクールな雰囲気を纏っていた。

基礎って大事なんだよ。

スタンディグを自然に身に付けると、スタンディグが苦にならない。

モトクロスは本当に疲れるスポーツ。

休む暇はジャンプして空中を飛んでる時だけと言われている。

最近では、そのジャンプも速く走る為に休んでない。

ライダーは苦しくなると、スタンディグが上手くやれなくなるのよ。

スタンディグが上手くやれなくなると、ギャップを速く通過できない。

それは遅くなるってことでレースで勝てない。

だから、小さい頃から長い時間を掛けて、最も必要な底力をつけてゆく。

栄光に近道はないんだよ。

その栄光も必ず掴めるとは限らない。

しかし、鍛練しないと絶対に勝てない。

名門モトクロスチームなんかはスパルタでも有名で、ほぼ昔の軍隊。

久しぶりに良いものを見せてもらった気分です。

昨日は楽しかったなぁ。

大変だったけど。

頑張れ少年、おっちゃんも頑張るよ。

いつか俺とレースしような。

その時はぶっちぎられるんだろうなぁ。orz


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

ガタガタ動画4

今日の練習で覚えた事。
轍の左コーナーはリアブレーキで速度制御。
轍の右コーナーはアクセルを煽って速度制御。
コーナーのアクセル全開はクラッチを完全に切ってから開ける。
硬いギャップは下半身の抜重でショックを逃がす。(トラクションも抜けるがケースバイケース。)
大変に有意義な練習でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガタガタ動画3

https://www.youtube.com/watch?v=h8y-Se8otw8&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガタガタ動画2

https://www.youtube.com/watch?v=m8jjZKcnSLU&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガタガタ動画

https://www.youtube.com/watch?v=YBUmU_a_hp0&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガタガタ

朝に仕事して、協和オートランドの超ガタガタコースを30分くらい本気で走ったら、動画を録ってない事に気付いて、休んでからもう2回走ったら体が言うこと聞かない。

そこから転倒のオンパレード。

「何とかしなきゃ。」と思いながら、限界まで走ったら脳内麻薬が回って良いアイデアが浮かんだ。

4つほどテクニックを覚えました。

今日はコースを本気で走ってる人は、俺を含めて2名くらいでしたね。

それほど酷いコース状況でした。(後で動画をアップします。)

練習後に工場に戻って仕事。

トラクターと重機に乗ってる時に、背中の三角筋が痙攣してつってる、つってる。(痛い、痛い。)

仕事がキツいと、また脳内麻薬が。

凄い気持ちいい。

体も精神も限界ギリギリで最高にラリってます。

ナチュラルハイ!飛びます!飛びます!

よし、最後の作業をするぞ。

ハッハー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜だよ、こんちくしよう!

朝に無頼のたかはし君が顔出ししてくれたのでバカ談義してから、インスタントコーヒーを電子レンジで作って、その間に食洗機の洗い終わった食器を食器棚に並べて、使った食器を食洗機に入れる。

ご飯を炊いて、コーヒー飲んだら工場に行って少し仕事してから協和オートランドへ向かいます。

来週はやることいっぱい。

裁判所に提出する準備書面書いて、佐竹知事に先月号のバイク雑誌『道楽』を贈って、請求書書いて提出して、雪百(XR100R)の整備を完全にしなきゃ。

自分の力量で無理なくこなすだけですが。

今日は動画が上手く撮れるかな。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

秋ミョウガとアクセル全開

昼に何を食べようかなと悩んだら、素麺を食べることにした。

つけ汁に刻んだミョウガを入れる。

野生種のミョウガは夏に芽が出る。

その芽を食べるのだが、自宅庭に生えるミョウガは野生種ではない秋ミョウガ。

文字通り秋に芽を出すミョウガです。

収穫したミョウガをしっかり洗ってから刻んで、ワサビと一緒につけ汁に入れると、ピリッとした味がダブルで襲ってきます。

冗談抜きで今日食べた素麺は、今まで生きてて一番美味かった。

あんまり美味しくて、いつもは麺を食べ終えた後に棄てているつけ汁まで飲み干しましたよ。

蕎麦湯じゃないのにね。

ミョウガの素麺を食べた終えた時に、モトクロスのコーナーリングでアクセル全開のタイミングは何時が良いのか仮説ができました。

おそらく、スタンディグ(立って)でブレーキングを終え、シッティング(座る)の移行する瞬間だと思います。

クラッチが切れているので、そこから半クラで駆動力を調整しながら加速。

そのタイミングが唯一、コーナーをアクセル全開で入っていけるタイミングだと考えました。

明日は答え合わせですね。

間違ってたらご免なさい。 m(_ _)m

練習初めは、ゆっくり走ってアクセル全開のタイミングを身に付けなきゃ。

ゆっくりやって出来ないことは、速く走って絶対出来ない。

全開で走るだけが練習じゃない。

全開で走る為にゆっくり走る。

問題は、それをいつまで我慢できるか。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラップタイムの伸び

先週、雪百で若美モトクロスパークのフルコースを走って、ラップタイムがベストタイムより1秒短縮したが、パワーアップのわりに伸びない感じがした。

実は、リアタイヤをマッド&サンド(泥・砂路面用)用から純正ノーマルタイヤに戻したんだよね。

減ってブロックが低くなってきたので。

バイク屋さんに聞いたら、「あのタイヤは進まないよ。」との事。

新品マッド&サンド用タイヤを注文しました。

今まで履いてたやつは減ってるので、レースには新品タイヤで挑みます。

明日はノーマルタイヤで練習ですが、一生懸命走りますよ。

協和オートランドのフープスを練習したいので。

あと、コーナーリングの走り方を変えます。

今までやったことのない走り方です。

どうなりますかね。

とりあえず頑張るだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全然違った。

雪百(XR100R)のプロリンクが破損していたので、破損した部品と曲がったボルトを注文しました。

バイク屋さんに笑われたよ。

「普通はそんなとこ逝かない。」ってね。

XR100Rの後継モデルのCRF125Fのプロリンクがベアリング化されてる様なので、バイク屋さんに有ったCRF 125Fのプロリンク部品の寸法を測定。

幅が全然違った。

各位置関係は同寸だが、CRF125Fの方が幅が20㎜ほど広い。

加工して何とかなる感じではないので、大人しくXR100Rの純正パーツを注文しました。

しかーし、そのまま組むのも癪なので、ベルハンマーのグリースを使おうと思ってます。

「ベアリング式のリンクサスにベルハンマーのグリースを使ったが違いが分からない。」とのレビューかあったが、ベアリング使ってるリンクサスで違いが分かったら、逆にベアリングの意味が無いでしょ。

ベアリングを使ってないリンクサスだから効果が高くなる気がするんだよね。

元々、ベルハンマーって食品製造機械に使うことを想定して開発されていて、人の口に間違って入っても大丈夫な様になってる。

食品製造機械って、ベアリングを使われてない軸受けもあって、そういう所に使う為に開発された物だと思う。

ベアリング無しのリンクサスなら、違いが分かるかも知れない。

注文したベルハンマーのグリースは、ベルハンマー原液10%配合の物です。(他に5%配合がある。)

さて、効果のほどは如何に。

ちょっと楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

衝撃!

桜華さん、たかはしさん、コメントありがとうございます。

桜華さん、高圧縮仕様のエンジンなので、仕方がないっちゃ仕方がない。

諦めてます。

まだまだ若いな俺も。

ひょっ子だ。

たかはしさん、移動式オービスは導入されてるんですか。

そうなんだ。

驚きですね。

知らないとこ走る時はゆっくり走ろ。

やっぱり俺は地元ぐるぐるが性に合ってる。


XR100Rで大人が本気でジャンプをしてはいけない。

チェーンガイドを新設しようとして外したスイングアーム。

知り合いの鉄工所が忙しくて、取り付けは今は無理とのことなので、外したスイングアームを元に戻すことにした。

ついでにプロリンクのグリースアップをしようとしてばらしたら、もう大変さ。

リンクとスイングアームを繋ぐ部分のボルトがジャンプの衝撃で曲がり、曲がったボルトがカラーと受け側の鋳物を割ってた。

パーツ交換はすぐには無理なので、グリースを塗って無理矢理組みました。orz

明日、パーツ注文します。

まぁね、ホイールのリムが曲がり、スポークが折れちゃう衝撃だもの。

それくらい何の不思議もない。

皆俺が悪いのだ。

でかいジャンプはマジ飛びしてはいけない。

低く軽く飛んで、さっさと着地して再加速しなくちゃダメだ。

フレームはまだ大丈夫みたいだが、フロントのホイールは歪んで真円になってない。

チューブが入ってるから何とか丸くはなってるが。orz

おまけにステアリングのベアリングはガタついてる。(こっちはテーパーベアリングに交換予定。)

明日、午前中を使って整備って言うか、修理します。

CRM50は、その点丈夫だったなぁ。

でも、良い勉強になりました。

無茶はいけない。

やってること自体が無茶なんだから、抑えるところは抑えて。

大人になるって難しいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

考える。

ここ数日、仕事中にヘッドホンで音楽を聴くのを控えてます。

色々と物思いに耽りたくて。

何故俺はチューンナップをするのか?

バイクを弄るのは好きではないくせに。

考えた結果、「自分だけ速く走りたいから。」と理由が分かった。

仕事のこと、秋田県庁との裁判のこと、自宅のガーデニングのこと、新しい夢のこと。

バイクに乗りたかった高校生の頃、「俺はこんなライダー(走り屋)になりたい。」と夢に描いたことは実現しました。

描いた夢のレベルが低いって言えばそれだけの話ですが。

これから描く夢はちょっとだけ壮大です。

恥ずかしくてブログには書けません。

夢は叶うと、そこからがまたスタートライン。

キリがないというより、終わりがない。

生きてる限りは。

人生は相変わらず大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝もカボチャの煮物

今朝もカボチャの煮物を作ってます。

今日は鍋の前で見張ってますよ。

昨日、鍋を焦がしたので重曹で焦げを落とそうとしましたが、重曹が無かったのでベーキングパウダーで代用しました。

あんまり落ちなかったので食洗機をかけたら落ちた。(ちょっと残ってるけど。)

おっと、そろそろコンロの火を止めなきゃ。

火を止めてから、しばらく放置。

粗熱を取ってから食べることにします。

今日は上手く作れた様です。

コーヒーと一緒にいただきます。

食べたら仕事に行く前に、雪百(XR100R)のステップにゴムシートを挟んでクッション効果を出さないと。

良いゴムシートが見つかりました。

今日は天気が良いぜ。

飯も美味い。

流石がは、『天高く馬肥ゆる秋。』だなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »