« 英才教育のあり方 | トップページ | 感謝 »

2017年9月 4日 (月)

昔の着地

俺の雪百(XR100R)を見て皆が言うのよ、「まだフレームは逝ってないな。」と。

逆に逝ってしまったプロリンクのことを、「普通はそんなとこ逝かねぇ。」と言う。(前後のホイールも逝ってます。)

これな、俺のジャンプの着地が昔の着地のやり方だから。

俺のジャンプの着地はリアタイヤから落ちて、フロントがその後に落ちる。

ジャンプの着地の衝撃を前に逃がすアウトドアモトクロスのやり方。

ジャンプしたは良いが、着地地点は平地ってことが多いからだ。

今はアウトドアでも着地地点に下り坂を選んだり、作ったりする。

若美モトクロスパークの大テーブルトップジャンプは、着地地点の下り坂の傾斜を緩くしてるから衝撃が凄い。

なので、リアからフロントへ衝撃を移すもんだから、最初に衝撃を受けるリアサスのプロリンクが逝って、フレームはまだ大丈夫となる。

何かさぁ、来る人来る人、皆が雪百のフレームをチェックするんだよ。

フロントタイヤが開いてきてないかをね。(フレームが逝くとフロントフォークが寝てくる。)

フレーム逝くの期待されてる?

期待に添えなくて御免ね、御免ねー!

|

« 英才教育のあり方 | トップページ | 感謝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/71610431

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の着地:

« 英才教育のあり方 | トップページ | 感謝 »