« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

湊弁護士の懲戒請求

天気が悪くて気分が乗らないので、仕事もせずに秋田県庁の被告代理人を務めた湊弁護士(秋田県法テラス所長)の懲戒請求書を作成しています。
 
さっき、書き終えましたが、湊弁護士の悪行の証拠を含めればB4のプリント用紙が100枚近くになりました。
 
請求書面だけなら5枚程度ですが。
 
湊弁護士という奴は、秋田県庁の情報公開請求についての損害賠償請求訴訟において、架空の情報公開システムを捏造し、秋田県庁職員を証人に仕立てて虚偽(嘘っぱち)の陳述書を作成させて裁判所に提出したとんでもない男。
 
こいつは法廷で、「弁護士の仕事は依頼人を勝たせるために、どんな虚偽の主張や証拠の捏造もする。」と言ってるのも同然のことを平気でやる。
 
まぁ、それが裁判所に全部バレて、俺みたいな裁判の素人に負けたんですけどね。
 
秋田県弁護士が彼を擁護して懲戒請求を退けたら、「弁護士の仕事は依頼人を勝たせるために、どんな虚偽の主張や証拠の捏造もする。」と弁護士会自体が認めることになる。
 
まぁ、現実にはその通りなんだけどね。
 
弁護士は国公認の詐欺師だ。
 
そうじゃないなら弁護士会は態度で示せ!
 
追記。
 
さっき、証拠の判決文(秋田地方裁判所、仙台高等裁判所秋田支部)を入れたら提出書類の枚数が余裕で100枚突破。
 
また、プリント用紙買わなきゃなんねぇ。
 
憎い奴を暴力を使わずに懲らしめるのは大変だ。
 
ねぇ、日馬富士さん。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠い

昨晩、夜遅くまでバランサー・フライホイールの特許書類を訂正してました。

これが専門家ならパッパと書けるんでしょうが、素人ですから時間ばかりが経過します。

何とか、弁理士さんから指摘されたところは訂正が終わりました。

次回までに図面の下書きも全て描いて、okが出たら清書します。

何度も何度も書類読んで、不足や辻褄の合わない部分がないかチェックして、それでも後から訂正が出る。

機械の専門家ではないが特許の専門家である特許庁の人に、書類に書かれた文章だけで、この発明はどんな物なのか全て理解させなければいけない。

小説を読んで物語の情景が思い浮かぶ様に、発明について書いた書類を読んで、発明の目的、効果、どうすればそうなるのかを思い描ける様にしなくてはダメだ。

難しい。

そして、リアリティも必要だとか。

現実に存在する印象が無ければ、特許を与える気にならないんだとか。

まぁ、慌てずに頑張るのみです。

やってることは大したことない発明ですが、その効果には目を見張るものがある。

この自信が俺を勇気づける。

バランサー・フライホイールは、バランサーによる出力低下がない、すぐ簡単にできる、バランサーによるエンジンの重量増加や大型化がない、単気筒エンジンの高回転化が可能、エンジントルクの増加、燃費向上、エンジンレスポンスの向上、そして振動の軽減。

今までのバランサーとは、別次元のバランサーです。

レースでは、何倍もパワーが違うマシンと同等以上に走れました。(友人にこの話をしたら、「そりゃあ、お前が速いからだろ。」と言われましたが、腕だけじゃ無理だから。)

唯一、発明の効果で近いのは、シマ・バランサー・システムくらいかな。

構造は全く別だけど。

来年の春には特許出願したいです。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人でなし

自分が酷く残酷なことをする夢をみて、びっくりして目が覚めた。

何だろな、これ。

夢で良かったとホッとしつつ、自分が怒りで我を忘れることがある人間と思い出す。

人は親に似る。

長男長女は特に似て、次男次女はあんまり似ないとか。

今まで生き残ってきた親のコピーの様な子供と、それとは違う性質の子供を作って環境の変化で行き難くなっても、どちらかが生き残る為ではないかって話を聞いたことがある。

親に言わせると、先祖の悪い所を全部受け継いだのが俺らしい。orz

まぁ、親族に一人ぐらいはいるバカ野郎が俺ですね。

残りの人生、面白おかしく派手に生きてやりますよ。

最後の時が来るまでの悪あがきです。

生命線が手の甲まで伸びてる俺ですけどね。

波乱万丈上等です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

よく考えてみたら

日馬富士の引退が決まった今日、よくこの事件について考えてみた。

相撲協会は貴乃花親方が理事でありながら協会に報告しないことに対して憤りを感じている。

だけどさぁ、これは貴乃花親方の相撲協会が暴力事件を隠蔽する傾向があることを見越した内部告発で、わざわざ協会に、「これから鳥取県警に被害届を出しに行きます。」なんて言う訳ないじゃん。

これ、相撲協会って企業に対する内部告発だから、警察の捜査に任せて余計なこと言わないのが正解。

そりゃあ、企業である相撲協会にしてみりゃ 非難轟々だろうね。

最近もあったでしょ大企業の内部告発による不正発覚が。

ことなかれ主義は、企業にとって腐敗の温床なんだろうな。

秋田県庁も同じだよ。

佐竹、早く詫びるか辞めるか返事しろ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メインジェット交換

雪百(XR100R)のメインジェットを110番から108番に変更。

吹け上がりが良いね。

日曜日に実際に走ってみてどうか。

もう少し絞ってみても良さそうな気もするが、テストして判断します。

マディな路面との相性もありますし。

ギア比をちょっとだけロングにしたことで、トラクションが上がりました。

ギア比をロングにすると、基本的にメインジェットは番数が下がります。

エンジンのガソリン要求が減るからです。

しかし、季節は冬。

気温が下がるとエンジンはガソリンを要求します。

その辺を考えると、やっぱり走って決めないと。

またタイムアタックしなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと分かった。

俺さぁ、日馬富士の暴行事件で、やけにビール瓶で殴ったか、そうでないかに拘るなぁと思ってた。

その訳がやっと分かったよ。

殺意があると思われたくないんだな。

ビール瓶で殴ってもビール瓶は割れません。

ビール瓶は割ったことある人なら分かるが、相当に硬いものにぶつけないと割れない。

人の頭ではまず割れません。

映画やドラマのビール瓶が景気よく割れるのは、あれが飴細工で作られた物だから。

力士がビール瓶で本気で殴ってごらん、一般人なら即死ですよ。

被害者の貴ノ岩は、頭の頭頂部を10針医療用ホチキスで縫ってます。

頭頂部へ上からビール瓶を振り落としたら、普段の態度を戒める為なんて理屈が通じなくなる。

日馬富士に殺意があったか、それを否定するためにビール瓶ではないとしているに過ぎない。

殴られた貴ノ岩が何で殴られたか分からないなら、目撃者の証言が頼りです。

しかしね、何で殴ろうが刃物じゃなく、打撃で頭が10針縫うって、かなりの衝撃が無ければ無理ですよ。

しかも、一方的に無抵抗の人間を。

横綱も地に落ちました。

それを何とか事を納めようと右往左往する相撲協会も最低です。

貴乃花親方のモンゴル人嫌いも分かる気がする。

嫌韓の次は嫌モンですかね。

ジンギス・ハンの息子が日本に攻めて来た時に、通称『神風』という嵐が吹いてモンゴル人の船は沈没。

日本は侵略されずに済んだ。

モンゴル人が力士となって、相撲という日本の文化を侵略しようとした時、貴乃花親方が『神風』となってそれを阻止している。

モンゴル人力士からは相撲協会に、「貴乃花親方の巡業部長をやめさせろ!俺達はそうしないと巡業したくない。」訴えたとか。

嫌われてるんだもの仕方がない。

しかし 、貴ノ岩はモンゴル人でありながら貴乃花親方に弟子入りが認められた。

他のモンゴル人力士とは違うと見えたのだろうか?

この事件はモンゴル人同士の内輪揉めじゃない、日本とモンゴルの問題。

国際問題だよ。

大袈裟じゃなくて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

説明がつきません。

はげかっぱさん、コメントありがとうございます。

中国人が性病を持ち込んでるって話は聞いています。

福岡県の風俗店に中国人観光客が大勢来ていることで感染広がったという説ですが、それだけでは説明がつかない気がします。

もし、それだけで増えるなら政府は風俗店を潰して、国営の風俗店を作って管理する必要が出ますね。

法律を改正して、性病感染に厳しくするとか。

まず、風俗店で性病予防が無ければ従業員が一番の被害になる。

風俗店では、コンドーム無しのプレイが当然なんですかねぇ。(怖いなぁ、怖いなぁ。)

俺は風俗店に行ったことありませんので、よく分かりません。

全然とは言いませんが興味がない。

そうなんですか?

性病に感染した従業員を働かせることはお客からの損害賠償の対象にもなります。

男性が性病に感染した風俗嬢とプレイして感染し、配偶者や恋人に感染だけならば、こんな風に一気に増えるものですかねぇ。

半世紀前の性病予防の知識もよく分からない、コンドームも今ほど普及してない時代のレベルまでなるものでしょうか?

俺は切っ掛けは中国人かも知れないが、最近まで性病が減っていたのに、性的なプレイの情報やネットの出会い系サイト、そして女性のセックスに対する考え方が違ってきたと思います。

性に対しておおらかと言えばおかしい。

女性が性に対して積極的になって、複数の男性と行為する様になったことが最も説明がつくと思いますよ

男性が風俗店で感染し、配偶者や恋人に感染させるだけなく、感染させられた配偶者や恋人が他に感染させるから爆発的に増えた。

俺はそう考えてます。

まずはコンドームを使えと。

原因ははげかっぱさんと同様に中国人のせいだと思います。

ですが、そこから先は日本人の責任。

金を払って病気もらって、配偶者や恋人に移して、その配偶者や恋人が他の相手に移して。

あーっ、不倫と浮気は文化だわ。

性病歴史博物館だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最初から決まってた。

日馬富士の引退が決まりそうです。

貴乃花親方が鳥取県警に被害届を出した時に、この結果は決まっていたと思った。

横綱審議会や相撲協会が日馬富士を擁護しようが、刑事事件には全く関係ないので。

巡業中に貴乃花親方と貴ノ岩が沈黙を守ったことで、マスコミがかなり世間を騒がしたが、これも警察の捜査が終わればガセネタかそうでないか一目瞭然。

問題は白鵬。

本当に日馬富士が酒に酔って暴走した結果なんですか?

あなたも一枚噛んでたんじゃないんですか?

相撲界でのモンゴル力士の結束を磐石なものにするためにやったことじゃないのですか?

親方でもないのに内弟子がいることがおかしいでしょ?

あえて、批判もあると思いますが、あなたのやってることは相撲じゃない、むしろプロレスにちかい。

日本の相撲界から分裂して、モンゴル力士を引き連れて自分の団体を作れば良いでしょ。

力道山がやったように。

結局、やってることが朝青龍と同じでしたね。

人種の壁ってやつですか?

日本人の感覚だとついていけない。

さてと、はたしてこれで終わるんですかね?

もう1発何かが爆発しないことを祈ります。

もはや、相撲は歴史と格式のある暴力自慢と化しました。

横綱は強さだけじゃなれない訳じゃない。

とにかく強ければなれちゃう。

これで証明できましたね。

威厳も何もあったもんじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい走り方を試してみた。

元全日本モトクロスV9チャンピオンの東福寺保男さんがXR100Rで走っている動画を観て、クラッチ切りアクセル全開半クラをもっと上手くできないかと考えた。

そこで、ハンドルを切って曲がるのではなく、バイクを倒して曲がるスタイルで走ってみようと思う。

今まではハンドルを切る瞬間にクラッチ切りアクセル全開半クラをやっていたが、今度はバイクを倒す瞬間にクラッチ切りアクセル全開半クラをやってみた。

今日の昼にダカールで秋田県庁に行き、帰りに男鹿半島の峠へ。

良い感じに走れます。

コーナーの寝かし込みでは、ハンドルは真っ直ぐのままなので、クラッチ切りでのアクセル全開があまり怖くない。

おかげでコーナー脱出速度が一気に速くなりました。

但し、コーナー前半を直線的に走ることになるので、コーナー後半は積極的に旋回をさせる必要があります。

これ、慣れたら相当速く走れそう。

また少し速くなれました。

下手は下手なりに速くなるしかない。

嬉しいです。

今度は雪百(XR100R)でテストだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

通りすがりさんへ

何か、俺を秋田県庁で見かけた人からのクレームです。
 
まずは見てください。
 
 

あの叫んでたのアナタかぁ~(笑)

 

自分、裏の旅券券窓口に用事で来てたんだけど、どこのクレーマーが来たのか呆れて見てた(笑)
何やってもいいけれど、人の迷惑考えて。
窓口や建物内は、お年寄りや小さいお子さん、妊婦さん、ペースメーカー付けた人も居ない訳じゃないんだから。

 

あの態度は、ハッキリ言って損してるかも。

 

アナタの言い分もあるかもしれないけれど50歳ですね?それくらいの分別つきますよね?
そんなに大きな声出したければ、人に迷惑掛からないとこでやって下さい。
一応裁判で判決(勝訴)出たんでしょ?(笑)

 

しかし、県庁職員もこんなクレーマー相手にしなきゃいけないなんて、因果な商売だね。
このクレーマーも、一応秋田県民だから対応しなきゃいけないし(笑)

 

アナタは、いい歳してるんだから、感情くらい抑えるすべを身につけて欲しいです。

 

ただ単に最近良く目にする、感情が抑えられない「老害」ってことかな。
だから、まともに相手にしてくれないんじゃないかなと。

 

以上終わり。

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

不快な思いをした様ですので、謹んでお詫び申し上げます。

クレームとは、「困ってます。」という心の叫びと常日頃からブログに書いてます。

私もクレーマー、あなたもクレーマー。

しかしながら、私には秋田県庁職員の行いで実損が発生しています。

何人もの秋田県庁職員から嘘の説明をされ、真実を知るため、自らの受けた被害を証明するために3年半という時間が掛かりました。

クレームをあなたは単なる嫌がれせやいちゃもんの様に語っていますが、あなたが私と同じ立場なら、はたして冷静でいられますか?

道路工事の不備から怪我をし、「この工事は危険だ。」と県庁建設部に訴えたら損害を補償するという。

示談交渉に入ったら、「保険会社が過失割合の決定をしていて、秋田県庁は過失割合についてはノータッチ。」と説明されるが、実際には秋田県庁と保険会社の契約で、「保険会社の指導を仰ぎながら被害者と秋田県庁とで話し合ってください。」となっていた。

一方的に被害者の私が悪いとされ、「一体どこの保険会社がそんなことを言っているのか?」と聞くと、「契約で言えない。(嘘。)」と情報開示拒否。

「じゃあ、保険屋と話ができないなら工事を請け負った建設会社に損害賠償してもらう。」と私が言うと、「建設会社が損害賠償することはない。(嘘。秋田県庁との契約で第三者に損害を与えた場合は建設会社が賠償することになってる。) 建設会社名も契約で言えない。(嘘。そんな契約はない。)」と交渉にならない。

そして、示談交渉の説明されたことが、どれが本当で、どれが嘘か調べる為に情報公開請求すると、請求された文書があるにも関わらず、「その様な文書は存在しません。」と嘘の公文書を作成して情報開示を拒否。

情報公開審査会に異議申し立てしたら、文書の隠蔽を擁護して、監査の役目を果たさず。

裁判で秋田県庁の違法行為を訴えるも、秋田県庁の反論は嘘の主張と捏造した証拠のてんこ盛り。

事故に対しての損害賠償請求訴訟では、秋田地方裁判所には悪い慣例(裁判長が遠回しに教えてくれた。)で訴えの棄却しかできないからと、裁判長が和解勧告をするが秋田県庁は和解を拒否。

結局は棄却判決に。

示談交渉での嘘の説明に対する損害賠償請求訴訟は、私のミスで示談交渉時の映像を撮影したスマホを壊して、嘘の説明をしている部分の映像が消失。(バックアップを取っていなかった。)

違法行為の決定的証拠がないまま、苦しい裁判を続けて訴えを棄却され敗訴。

私が調査の為に請求した文書を、「存在しない。」と隠蔽したことに対する損害賠償請求訴訟では、秋田県庁側の主張を証明する証拠は捏造。

後から立てた被告側証人(当時・道路課讃岐祐樹、広報広聴課岩出翔太)が裁判所に提出した陳述書は全て嘘で、それが事実と言わんばかりに沢山の秋田県庁幹部職員の署名捺印がされていた。

この裁判は私が秋田県庁の主張が嘘である証拠を提出し、反対尋問で被告証人の提出した陳述書が事実でないことを証明して私が勝訴を勝ち取った。

そしたら、秋田県庁は県議会で問題となることを避ける為に控訴。(係争中として逃げるため。)

仙台高等裁判所秋田支部の判決は控訴棄却で私が勝訴。

最高裁の上告期限が過ぎたので、秋田県庁にメールで、「どうするの?詫びる気ある?」と聞くと無視。(後に着信拒否される。)

そこで秋田県庁に直接出向き、どうするのか聞きに行った次第です。

ここまで3年半掛かりました。

3年半待ったのです。

少しは声も高くなるというものですよ。

これがあなたなら冷静にいられるんでしょうね。

大したお方だ。

あっぱれ、あっぱれ。

金玉がよっぱど大きいか、それとも最初から付いてないのか。

どうでもいいや、自分の子供がいじめに遭っても冷静に対処できる人格者なのでしょう。

所詮、あなたは抗うことも、争うことも、思わず叫びたくなることもなく、死んでゆく人間なんだよ。

そのまま大人しく死んでいってください。

私が唯一叫んだのは、「お前、何度も俺と会ってるだろうが!」の一言だけ。

しかも、近くには当事者以外は誰も居ず、声も少し荒げる程度でしたよ。

あなたは嘘を言ってますね。

秋田県庁と一緒です。

もしかして、県庁職員ですか?

ああ、どうりで。

秋田県庁はやっぱり糞だわ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半世紀前に逆戻り

性病の梅毒患者が44年ぶりに5千人を超えたそうだが、これは何を意味するのか?
 
浮気、不倫、避妊薬での性交、妊娠の心配のない器官での性行為が増えてるってこと。
 
まるでアダルトビデオを真似る様に生殖行為とはかけ離れた行為を繰り返す。
 
過去5年で、結婚して生まれた赤ん坊が梅毒で5人死んだとか。
 
旦那が他から感染し嫁に移しても、嫁が他から感染し旦那に移しても、その先は地獄。
 
親族からの絶縁、離婚裁判、慰謝料請求、結婚前からの浮気と判明したら結婚詐欺で刑事告訴もあり得る。
 
マジで。
 
快楽を貪るなら結婚したもの同士だけでやりなよ。
 
ヤリマンとヤりチンでやらかして感染を増やすのも問題。
 
性病を移された相手に損害賠償請求訴訟することも可能だが、それがHIVとかだったら、「もうすぐ死ぬのに何やっての?」って笑われるよ。
 
梅毒だって特効薬に対する耐性ができて、いつ不治の病になるか分からない。
 
自業自得って言われない様に自分の身は自分で守ろうぜ。
 
ヤリマン、ヤリチン、皆死ね!
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ダメ出し

明日、秋田県庁の行政相談室に苦情申立てして、秋田県弁護士会に湊弁護士の懲戒請求をしようと思ったが、明日は無理になった。
 
バランサー・フライホイールの特許取得で、弁理士から書類のダメ出しのオンパレード。
 
自信をボッキリ折られて、帰ってきました。
 
しかし、確実に前進はしている。
 
今日明日掛けて、注意されたことを忘れない内に訂正します。
 
特許申請は一発勝負。
 
申請した後に間違いが分かっても訂正できません。
 
なので、弁理士から太鼓判を押されるまで頑張るだけです。
 
頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝言ゲームは毒が混ざる。

例の貴ノ岩が暴行された事件で、暴行された当日よりも前に貴ノ岩が、「俺達の時代だ。」と語ったことがモンゴル横綱達に、「あなた達の時代は終わった。」と言っていたこととして伝わったとか。

俺も覚えがあるなぁ、そんなこと。

人はね、面白おかしくするために、わざと毒を入れて伝える人がいるんだよ。

俺の体験談だが、俺が以前勤めた会社で社長が俺に仕事のやり方を教えてくれた。

数年後、お客の一人が、「ここの社長もあんたらと同じ仕事をすることがあるのか?」と聞かれて、「はい、仕事のことを何も知らないで入社した俺に、手取り足取りして仕事を教えてくれました。 おかげで俺をはじめ、ここの社員は皆、仕事が上手く出来る様になりました。」と社長に対しての感謝の気持ちを入れて話した。

すると、翌日に専務(社長の奥さん)から呼び出し。

「社長が、(社員全員が上手くなって)うちの会社で一番仕事が下手だとお客に言ったそうだが、どういうこと!」

と、激怒される。

それは違うと事情を全て話すと、何とか納得してくれたがね。

社長に感謝している話が、社長をこけにしている話に刷り変わる。

ひねくれてものを捉える人の発言を、発言元の人間が責任を問われるなんておかしいだろ。

誤解でぶん殴られたことが男なら一度や二度あるが、大怪我させるのは別問題。

同郷のモンゴル出身でも、相撲部屋(所属)の違う人物に凶器を使って思いきり殴れるものだろうか?

最初から、「いつかやってやる!」って気持ちがあったからやれることだろ。

愚連隊か!

横綱になった増長と、同じ力士でもランクが1つ違えば神様という体育会系の甘えがあったんじゃないの。

貴ノ岩が同年代の力士と切磋琢磨するために話した奮起の発言が、伝言ゲームで悪意のある発言に変わる。

問題は、誰がそう伝えたのか?

ことの原因はそいつだから。

相撲協会は捜査のプロじゃない。

警察はまず、そいつが誰なのかから調査するべきだ。

事件の発端と経緯、そして当日の状況。

目撃者の証言。

人間って恐ろしいね。

マスコミも同様。

ひねくれた記者が毒を混ぜ混んで、面白おかしく記事にする。

そこで、混乱が起こる。

あまりに酷い記事は、いずれ訴えられるだろう。

名誉毀損でね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当にまだまだでした。

ここ数日、何度も何度も、東福寺レーシングの動画を観てます。

東福寺保男さんがXR100Rでぶっちぎりの走りを見せる動画です。

自分の走りと何が違うのか?

ちょっと分かりました。

アクセルの開ける量、そのタイミングの早さ、どうしたらそんなに開けられるのかが分かった気がします。

怖いのを無理する自体、自分のライディングに不備があり、怖さはその警告アラームです。

自分のライディングの不備が何であるか分かれば、それを改善することで全く怖さが無くなります。

危険が無くなるからです。

バイクやクルマで最もやってはいけないのは、『根性走り』です。

若い頃の俺は、テクニックも何も無かった。

だから、せめてアクセルの開けっぷりだけは誰にも負けないと頑張った。

当然、走りは根性走り。

走る度に神風アタックですよ。

今思えば、

「よく生きてるな俺。」

運が良いのか?

守護霊が凄いのか?

とりあえず、こうして生きて、自分を見詰めることができる。

俺はラッキーだと、つくづく思う次第です。

元々、俺が今やっているコーナーリングの『クラッチ切りアクセル全開半クラ』は、若い頃に見た東福寺さんのテクニックを真似たもの。

その東福寺さんが、何故ああも簡単にクラッチを切ってアクセル全開でコーナーに進入できるのか?

その答えが見付かりました。

次の練習で答え合わせしないと。

正解か、不正解か。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふざけろ!

【北朝鮮船漂着】佐竹敬久・秋田県知事「捜査の機会を逃がした」 北朝鮮船行方不明で県警を批判 。
 
ふざけろ!お前に他の組織を批判する資格はない。
秋田県庁の内部も監督不行き届きしてるお前にな。
カツラを脱いで頭を下げて詫びろ。
この禿野郎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

桜華さんへ2

桜華さん、コメントありがとうございます。
 
スタンディングスティルはスタンディングスティルの運動神経。
 
ウィリーはウィリーの運動神経です。
 
技一つ一つ新しい運動神経を構築しなければなりません。
 
応用も利きません。
 
全く別物です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今更ながら返事が届いた。

夕方、今まで沈黙を守っていた秋田県庁からメールが届いた。
 
秋田県庁ホームページ『知事への手紙』に送った、「一体どうすんの?」の返事だ。
 
こんな感じ。
 
 
 この度はお手紙をお寄せいただき、ありがとうございます。
 お寄せいただいた御意見については、担当部局を通じ回答を差し上げるよう、
現在検討しておりますので、お待ちくださるようお願い申し上げます。
 
 平成29年11月27日
 
         秋田県総務部広報広聴課長
 
 
□「知事への手紙」の担当
  秋田県総務部広報広聴課 情報公開・文書指導班
               専門員 田村 巖
               専門員 渡辺 広之進
                 電話番号   018-860-1083
                 ファックス 018-860-1072
                 Eメール  chizieno@mail2.pref.akita.jp
 
 
今更遅いっつーの。
 
追加のメールを送ろうとしたら、俺からのメールを着信拒否設定しといて、よく言うぜ。
 
どの面下げて言ってんだ?
 
死ねば良いのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ったら

工場でぷるぷる震えながら仕事をしています。

仕事が終わって帰る前に買い物行って、自宅に帰ったら雪百(XR100R)のメインジェットを交換して、特許関係の書類を書き直します。

俺が参考にした書き方の形式が古いそうで、今風の形式に手直しです。

明日は、秋田県庁第2庁舎に行って、特許取得のアドバイスを受けに弁理士さんとこへ。

明後日は、秋田県庁の行政相談室に苦情申請。

その帰りに秋田県弁護士会に、湊弁護士(秋田県法テラス所長)の懲戒請求を申請します。

やることいっぱいなのに、やる気が今一つ。

帰ったら、熱い風呂に入ってリフレッシュだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜華さんへ

桜華さん、コメントありがとうございます。

オフロード車に関しては車重が軽いので、ギア比でウィリーできる、できないは関係ないです。

たしかに、デカロケ(バカでっかいドリブンスプロケット)で楽にやれます。

テコの原理でね。

俺はデカロケ否定派です。

スロー系ウィリーは、K点で急に速度が低くなります。

とりあえずK点まで行けば、「ギア比何それ?」ですよ。

全ては、ゆっくりK点を維持して走れる運動神経システムが完成するかですよ。

早くて3ヶ月から半年。

あと、スロー系ウィリーは、「ジャンッ!」と上げて、K 点に到達してる頃にはアクセル全閉で、少しだけアクセルを煽りつつ走ります。

ビックバイクはアイドリングを前もって上げておいて、アクセルオフでもK点以上の角度なら走れる様にします。

俺がスロー系ウィリーを先に勧めるのは、ハイスピードウィリーから練習すると怪我の元になるからですよ。

先に大怪我し難いスロー系でなれたら、ハイスピードウィリーは簡単です。

何故なら、スロー系ウィリーはハイスピードウィリーの何倍も難しいので。

とにかく練習、練習、また練習。

仕事終わりに三時間。

俺は県外に出稼ぎに行って、冬も練習してました。

リアブレーキの利きは、あまり関係ないですね。

バイクスタント用のリア・ハンドブレーキが開発された当初は、スロー系ウィリーのゆっくり走ることを想定していたので、ウィリーの調整程度しかできませんでしたよ。

ヤバいと思ったら、リアブレーキ、クラッチ切り、アクセル全閉、全部使ってください。

頑張って!

追記。

あと、ニーグリップについての質問ですが、シートの上にちょこんと乗ってるだけです。

ウィリーにニーグリップは必要ありません。

ニーグリップが必要ならコンボ技なんて一生できませんよ。

ライダーは、だだ乗ってるだけの状態で、全神経はウィリーのコントロールに集中です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

晴れた!

晴れた!

仕事しなきゃ!

筋肉痛で動けません!

鎮痛剤飲んでも動けません。

でも、仕事しないと。

歳を感じる。

無理しない。

あと、15分寝よ。

怠惰だなあ。

ニート化。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

今日の動画

今日一日で一番速く走れた時の動画です。
 
マッドは何度走っても速く走るのが難しい。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

泥かっぺ

午後から若美モトクロスパークで練習してきました。

キャブレター・セッティングをしようと思ったのですが、マシンが泥かっぺ(泥だらけ)でキャブレターの分解をできる状態じゃなかった。

なので、今日は走行練習と割り切って走りましたよ。

1回、走行中にコース脇の排水路に落ちて、「エンジン止めたら上がれなくなる!」っと、エンジン全開のまま脱出して、ずぶ濡れに。orz

おかげで常に走ってないと寒いので、練習に身が入る、身が入る。

良い練習になりました。

今日の練習でコーナー立ち上がりのクラッチワークがかなり上手くなった気がします。

キャブレターの調子ですが、エアクリーナーの吸気口が狭くなったことで、少しガソリンが濃くなったのか、それとも、スライドバルブが全開になる様になったことでそうなったのかは分かりません。

とりあえずメインジェットを絞ってみて様子見です。

キャブレターの口径が上がり、それがスライドバルブ全開になることで、かなりエンジンのトルクが上がった感じがします。

マッドなコースのほとんどを4速ギアで走り、5速ギアはあえて捨てて走った方が楽でしたね。

あと、ジャンプで抜重して踏み切ると低く飛んで、着地後の加速が良くなった感じです。

YouTubeで見つけた動画で、東福寺レーシングのメンバーがXR100Rでレースしてる動画がありました。

全然俺と走り方が違う。

全員、全日本モトクロスライダーだからノーマルのXR100Rが速いこと、速いこと。

驚きの一言。

初めてこの動画を観た時は、ポカーンと口を開けてしまいましたよ。

何て言うか、マシンに対して、特に足回りに優しく走ってます。

優勝はチーム監督の東福寺さん。(参加メンバーで一番体が大きい。XR100Rに乗ると、まるでサーカスの熊。)

ぶっちぎりです。

たった2周のレースで、2位に5秒以上の大差をつけてました。

この人、引退して何十年経ってるんだよ。

流石、全日本チャンピオン9連覇の覇者だった人だ。

毎日、その動画を目を皿にして見ています。

俺の脳に焼き付ける為に。

俺の教科書ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪百完成(仮)

正午丁度に雪百(XR100R)が完成(仮)しました。

午後からセッティングを兼ねた練習です。

今まで雪百に装着したケイヒンPD24加速ポンプ付きキャブレターのスライドバルブが全開にならず、アクセルワイヤーを二股ワイヤーから1本ワイヤーに変更してスライドバルブが全開になりました。(加速ポンプはキャンセル。)

今回は、エアクリーナーボックスの吸気口も変更して、アイシング防止にエンジンからの温かい空気を吸入できる様にしましたよ。

今まで使っていたエアクリーナーカバーに増設した吸気口は廃止。

新しくエアクリーナーカバーを購入し、温かい空気を吸入する吸気口と同じ口径の穴をカバーに開けます。

吸気口の口径はΦ38で、カブ110(JA07)の樹脂製チェーンカバーのチェーン張り点検窓の蓋と同じ寸法です。

その蓋を使って、冬場はエアクリーナーカバー側に蓋をし、春になったら温かい空気を吸入する吸気口に蓋を移します。

吸気口の切り替えですね。

少し吸気口の口径が小さくなったことで、キャブレターのガソリンが濃くなった感じがします。

温かい空気が吸入し易い様に、マフラーのエキパイにはアルミ板で作ったカバーを装着。

キャブヒーターには、スズキ純正パーツの35Wキャブヒーターとサーモスイッチ(低温でスイッチオン。)をキャブレターに取り付けています。

ヘッドライトのアップ目(ハイ)でキャブヒーターの電源オン。

さてと、昼御飯を食べて昼寝をしたら練習だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逃げ道塞ぐ

桜華さん、はげかっぱさん、コメントありがとうございます。

このブログは、俺が勝訴した裁判では、インターネットに公開された秋田県庁とのやり取りを表す記録として証拠に成りました。

こうしてインターネットに残すことで、皆さんも証人になるのです。

『知事への手紙』からのメールも、現実には知事が見る前にストップされて握り潰されています。

知事に届く前に、「これはいい、これは悪い。」と検閲されていたのです。

まるで、やってることが共産国ですよ。

つまり、佐竹のハゲ野郎は殿様の様に悪い話は耳に届きません。

秋田県では知事はお飾りです。

初めからこうなることはある程度予測できました。

そこで、内容証明書を送ります。

内容証明書とは、送り先に確かにこの内容の通知を送りましたと郵便局が証人になってくれる制度です。

文字数等の規制はありますが、これも裁判の際の決定的証拠となります。

知らない、受け取ってない、言い逃れできません。

いいですか秋田県の皆さん、秋田県庁とは魔物が棲む宮殿ですよ。

俺はモンスターハンターかっつーの。

人間なら人間らしくしろと言いたい。

どんどん悪どいことをする度に、俺の武器が増えてくる。

頑張って秋田県庁。

次の裁判は国家賠償が認められるから。

俺の訴えにはお前らと違って一切の嘘がないからな。

ケッケッケ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新兵器?

秋田県庁が俺に対して謝罪するのに辺り、また自分に都合がいい様にいい加減な内容の提案を必ずする筈です。
 
それが奴らには普通のことですから。
 
今まで、それにどんなに苦しめられたことか。
 
そこで言った言わない等のトラブルを避けるためにソニーの超高性能ICレコーダーを購入しました。
 
結構な値段しますね。(流石ソニー。)
 
もちろん、ふざけたことをのうのうと言ってきたらYouTubeで公開しますし、損害賠償請求訴訟も起こします。
 
秋田県庁の違法行為に対しての県民の改善要望を無視したと。
 
その証拠確保の為です。
 
俺の要望は、
 
佐竹のカツラ禿野郎(秋田県知事)の口頭&書面による謝罪。
 
建設部鐙(あぶみ)部長の謝罪。
 
違法行為をした職員(元建設部道路課・讃岐祐樹、元広報広聴課・岩出翔太)の処分。(裁判所にも虚偽の陳述書を提出し、法廷での証人尋問で虚偽が全部バレた。)
 
情報公開審査会の有識者の解任。
 
秋田魁新聞での県民への謝罪と改善表明。
 
これくらいしないと秋田県庁は変わりません。
 
人間はズルい生き物ですか、そのズルさを無くす方法が1つだけあります。
 
それは徹底的に痛めつける(制裁する)ことです。
 
これをしなければバカ野郎どもは絶対に反省はしない。
 
今現在、如何にバカ野郎達が反省してないかの証拠をお見せします。
 
秋田県庁のホームページ『知事への手紙』で、佐竹知事に今回の件に対する要望をメールで送ろうとしたら、
 
Photo
 
Photo_2
 
出ましたー!着信拒否でーす!
 
昨日まではちゃんと送信できました。
 
どうですか皆さん、これが秋田県庁の実態ですよ。
 
屑屑屑屑。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

熱くなったYouTube動画

見応えあったわぁ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後から練習

今日、アクセルワイヤーが届いたので、明日の午前中にキャブレターを組みます。

アクセル全開になった雪百(XR100R)はどんな感じになるのだろうか?

キャブレター・セッティングも兼ねて午後から若美モトクロスパークで練習しますよ。

あんまり寒くなければ良いな。

練習開始時にキャブヒーターは使わず、不調になったらキャブヒーター作動。

久しぶりだから、ちゃんと走れるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追撃!

昨日、秋田県庁を出て、秋田県弁護士会へ向かった。

秋田県庁の代理人を務めた湊喜美男弁護士の懲戒請求の為だ。

秋田県庁との裁判で数々の虚偽を捏造し、あまりに酷いので以前にも懲戒請求している。

しかし、前回は肝心の裁判で敗訴だったから負け犬の遠吠え扱いされて訴えは棄却。

今回は、湊弁護士が偽の情報公開システムを捏造し書面で裁判所に提出。

後日にあった証人尋問で、秋田県庁広報公聴課の岩出翔太に、「その様なシステムは本当に存在するのか?」と尋問すると、「ありません。」という回答。

これで捏造が法廷でバレた。

しかも、道路課の讃岐祐樹と広報公聴課岩出翔太に嘘の陳述書を書かせ裁判所に提出。

この陳述書の嘘も俺の反対尋問で全てバレた。

裁判で勝つ為に公然と事実と違うことを捏造する。

これが弁護士。

しかし、そうやって勝った裁判ならまだしも、それが全てバレて負けたなら懲戒処分してもらおうじゃないの。

そこで、秋田県弁護士会から、もう一度懲戒請求について詳しく聞きに行った訳さ。

前回は若い職員が簡単に説明して終わった。

今回は、色々こちらも突っ込んで質問した。

その結果、懲戒請求も裁判と同じく3審制、弁護士会は進んで調査せずに(懲戒請求する)請求者の提出した文書と証拠だけで審議する。

俺が、「明らかな懲戒処分に値する証拠が有るのにも関わらず、最後まで湊弁護士を弁護士会が擁護した判断を下した時は、俺が日本弁護士会を裁判所に訴えてもいい?」と聞くと、「私には分かりません。」だそうです。

まぁ、訴えますよ。

弁護士は法廷で嘘をつくのが仕事と認めるならね。

日本弁護士会を裁判の素人が訴えてやりますよ。

何回でも奇跡を起こしてやります。

その為なら鬼でも、悪魔でも、神にでもなってやろうじゃないの。

なぁ、俺って頭おかしいだろ?

てな感じで、秋田県弁護士会を出て、仙台高等裁判所秋田支部へ向かった。

仙台高等裁判所で裁判記録をコピー。

岩出翔太と讃岐祐樹の証言記録を主に集めた。

言い逃れができない証拠が存在する。

これで弁護士会を相手に裁判ができる。

秋田でNo.1の弁護士である湊喜美男(秋田県法テラス所長)に俺は勝った。

間違った常識は俺がぶっ壊す!

追記。

さっき、湊弁護士事務所から手紙が届いた。

利子を含めた慰謝料11,594円を支払うから銀行の口座番号を教えろとさ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

続きは明日。

地元の寿司店から寿司3人前を買って一人で食す。
 
今日は俺の勝訴が完全に確定した日。
 
秋田県庁が上告を諦めたからだ。
 
今日、仙台高等裁判所秋田支部に用事があって行ってきた。
 
裁判記録の一部を観覧及び複写する為だ。
 
高等裁判所の職員にその上司が聞く。
 
上司 「何の裁判記録だ?」
 
職員 「秋田県庁の情報公開請求に対する損害賠償請求事件です。」
 
上司 「ああ、あの完全勝訴した件な。」
 
俺は一部容認勝訴だと思っていたが、判例(最高裁判所による判決の前例)で、情報公開請求に対する損害賠償請求訴訟では国家賠償を認めていない。
 
なので、違法と認める判決だけで完全勝訴ということになるらしい。
 
仙台高等裁判所では俺の完全勝訴と認められてる。
 
慰謝料はたった1万円だけどな。
 
精神的苦痛に対する慰謝料がたった1万円。
 
秋田県人の知る権利やっすっ。
 
とんでもなく安い。
 
しかし、俺は勝った!
 
秋田県庁に勝った!
 
今夜はアルコール入りのビールで乾杯。
 
酔って詳しいことを間違えずにブログ記事を書く自信がないので、続きは明日書きます。
 
観覧ありがとうございました。
 
 
追記。
 
今日、佐竹知事の秘密情報が俺に入ってきた。
 
それは、
 
佐竹の頭はカツラだよ。
 
早く謝れ、この禿!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐竹の敬様さんへ

佐竹の敬様さん、コメントありがとうございます。

あっ、間違ってましたね。

教えてもらえて嬉しいです。( ´∀`)

スマホの文字変換でミスに気付きませんでした。

あと、ネットニュースでは、俺が書いた内容でしたので、その様に書いたまでです。

地元のニュースとネットの全国ニュースでは情報にタイムラグがあるみたいですね。

記事の内容の間違いも、あくまで俺の考えを述べたまでです。

まぁ、所詮はブログです。

裁判所に提出する書面とは違います。

しかし、間違いを教えてもらえて大変にありがたい。

俺は自分の間違いも真摯に受け止めて、記事の訂正はしてません。

間違いを認めて、後の記事で謝罪。

恥も記録として、しっかり残す。

俺は秋田県庁とは違います。

勿論、情報媒体として大掛かりにやってる訳でもありません。

でも、詫びることの重要性は知ってるつもりです。

一般人なら当然ですよ。

秋田県庁では違うらしいですが。

本当にありがとうございました。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反撃!

お待たせしました。

昨日で最高裁判所への上告期限が過ぎました。

秋田県庁に何度もどうするかメールを送りましたが一切返事がありません。

なので秋田県庁へ実際に行ってみました。

受け付けに事情を話し、広報広報課の職員が来て、「あのどちら様でしょうか?」と俺に聞く。

「なぁーにー!お前、何度も俺と会ってるだろうがぁー!」と怒ってみる。

実は、俺とすぐに分からない様に、以前と全く違う格好で県庁を訪れている。

以前は、どこの探検家だよって完全アウトドアルックか、ライダースファッション。

今回は、オーバーオールを着て、スーパーマリオスタイル。

コミカルな格好で、県庁職員を怒鳴り付けたら面白いでしょ。

途端にキョドる職員。

俺がどこの誰かを話して、誰が俺と話をつけるか急いで聞いてこいと、また怒鳴る。

しばらくして、県庁の最上階、建設部に案内された。

建設部の職員が俺と話し合い。

秋田県建設部参事(兼)道路課長・石川浩司(いしかわひろし)とその部下2名が俺の話を聞く。

話した内容は、「秋田県庁のホームページからどうするか何度も聞いたが返事がない。上告したなら、「上告しました。」と返事を返せ。」

石川浩司の回答は、「上告はしません。」であった。

俺 「だったら何で返事しない?」

石川 「・・・・・」

何も答え様としないので、それから30分ほど裁判も含めて3年半に亘り、俺が秋田県庁からされた違法行為を建設部職員全員に聴こえる様に大声で叫ぶ。

俺から恨み節を散々聞かされた石川ら3名が、無の境地に達して我慢しようとするのが表情から読み取れた。

誰がそうさせるかと質問、「で、いつになったら佐竹は俺に謝罪するのか? こちらとしては口頭と文書での謝罪を求める。勿論、建設部部長の謝罪も当然だ。 あと、情報公開審査会の有識者は解任な。 監査としての役割を果たしてないんだから当たり前だよな? 」

石川 「分かりました。 こちらとしては会議して、どうするか決めさせてもらいます。」

俺 「で、期限はいつにする?」

石川 「・・・・・・」

俺 「早く決めろ!」

石川 「少々お待ちください。」

慌てて石川は席を立って奥に行き、何やら相談している。

数分後。

石川 「12月6日までに回答いたします。」

俺 「おう、分かった。 じゃ、待ってるからな。」

建設部入り口の自動ドアの前に立ち止まり、建設部の職員一人一人を睨み付けてから帰った。

さてと、県庁はこれで良いと。

次は、秋田県弁護士会だな。

続く。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

突撃!

秋田県庁に怒鳴り込んでみた。

詳細は後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難民受け入れは反対。

秋田県の本庄マリーナに北朝鮮から船で逃げたきた8人が漂着した。

現在、警察の取り調べ受けてるらしいが北朝鮮に強制送還したら死刑は確実なので、韓国に送り込んだら良い。

受け入れは反対。

世界中の人が気付き始めた。

「コリアンに関わる国は皆不幸になる。」

このブログに朝鮮人のことはもう書かないと書いたが、緊急事態なので俺の意見だけは述べておく。

アメリカが北朝鮮を攻撃したら、北朝鮮から沢山の難民がやって来る。

日本は難民を受け入れるべきではない。

難民を受け入れた欧州は皆一様におかしくなった。

日本がこれからも日本で在るために難民は受け入れてはいけない。

日本にいる在日朝鮮人のほとんどが密航してきた人達とその子孫。

強制的に連れてきた朝鮮人は日本政府が責任を持って帰国させた。(帰国を拒否した人を除く。)

大体、「強制的に連れてこられて酷い目にあった。」というなら何故帰国しないってことになる。。

つまり今現在、日本にいる朝鮮人のほとんどが勝手に日本にきた奴等なのだ。

日本政府の許可を取らずに来る人間が日本の法律を守る訳がない。

最初から犯罪なのだから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

形勢逆転

何てこたぁない、日馬富士の暴行事件についての世論の話。

当初、マスコミに無言を通している貴乃花親方を批判するマスコミやその他諸々の人々が多かった。

しかし、世の中ってさ、賛成派、反対派、傍観派の3つに分かれていて、中でも傍観している人達は世論の流れを見ている。

連日の貴乃花親方を批判するコメントが多いのを見て、「それは違うだろ!」って意見が次第に増えてきた背景には、傍観派が状況を把握したか、弱い立場の被害者側を応援したくなってきたからだと思う。

被害者側が刑事事件化して、警察や検察による強制捜査を望んでいるのだから、相撲協会は手が出せない。

そこで、あの手この手で情報を欲しがるマスコミに貴乃花親方の批判を流す。

しかしね、それは警察の捜査を甘くみてるよ。

余計なことすると結局は自分の首を絞める。

貴乃花親方はそれを知ってるから無言なのだ。

警察が強制捜査をして、検察が立件して起訴されるってことは、98%の確率で裁判所が犯罪を認められることになる。

警察と検察はバディ(相棒)、検察と裁判所刑事部もバディ。

これが冤罪の原因にもなるが、違法行為を見逃さないシステムとなってる。

役人の犯罪には糞の役にも立たないがね。(役人の職務に関しての違法行為が認められることはほぼ無い。ここは相撲協会と似ている。)

しかし、民間人の犯罪には厳しい。

貴乃花親方は、今までの相撲協会が行ってきた隠蔽体質で失った信用を取り戻そうとしている。

相撲協会は、今までの隠蔽体質で失った信用が時と共に回復したと思って、これ以上信用を落とさない為に躍起になっている。

果たして、未来を見据えたら、どちらが正解なんでしょうね。

そこで、俺は言う。

経験上、信念のある貴乃花親方が最後には勝つと思うし、勝ってもらいたい。

同じく多勢に無勢、秋田県庁との戦い(裁判)で勝った俺としては。

一般常識では、相手が悪かろうが良かろうが、殴った方の負けですよ。

本当に相撲を愛しているのは誰?

弟子に厳しく、自分にはもっと厳しい貴乃花親方?

酒に酔って目下の者に暴行を加える日馬富士?

土俵で自分のミスを認めずに軍配に異議を申し立てる白鵬?

「なんで先に相談しなかった。」と被害者側を処分しようとする相撲協会理事長?

バカじゃないなら分かるよね。

日馬富士は汚れた英雄だ。


追記。

話は変わりますが、先日に下された俺と秋田県庁と裁判で、仙台高等裁判所秋田支部は秋田県庁の控訴を棄却し、俺の勝訴が確定した。

そして昨日、最高裁判所への上告期限を迎えた。

秋田県庁は上告したのか?

俺からのアプローチを完全無視するのか?

完全無視するなら、新たに裁判するしかない。

最後まで徹底的にやるって、そういうことだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

水本マフラーについて

桜華さん、コメントありがとうございます。

返事が遅れてすみません。

フロントフォークがK点に達したらアクセルを瞬時に絞ってください。

そうしないとコントロールできません。

つまり、そうしないと直角ウィリーは無理です。

頑張ってください。

水本マフラーを雪百(XR100R)に付けて、「低速トルクが太ってパワーあるなぁ!」と思ってたら、コース走行のラップタイムが落ちてた。orz

これについてカブ&ピースのneriさんに聞いたら、「トルクが出てコーナーリング中にパワーあるなぁと感じるマフラーと、コーナーリング中はパワーを感じないけど高回転で回るマフラーだと、間違いなく高回転回るマフラーの方がラップタイムは速い。(経験談)」との話でした。

しかし、こう続けます。

「エンジンの仕様を変えて、それが水本マフラーに合えばラップタイムが上がることもある。」

条件次第で良くなる可能性もあるってことですね。

neriさんは、こうも言った。

「ツーリングや街乗りをメインに使うことを考えれば、一番に俺は水本マフラーを奨めます。」だそうです。

とにかく乗り易い、楽なんだそうです。

俺もそう思います。

俺も今まで水本マフラーを付けたバイクに乗ってて楽だったんだよね。(水本マフラーは雪百に付けたマフラーで4本目。)

実は水本マフラーを改造して、高回転回る仕様にする発明も以前に考えてる。

実際にそうして改造した水本マフラーを使って走ってましたから。(WAVE110i改で。)

雪百に付いてる水本マフラーも改造しちゃおうかな。

簡単にやれるし。

これは宿題にしておこう。

どうしても、やらなければならなくなったらやる。

ラップタイムの向上が頭打ちになった時に試してみよう。

チューンナップって、アイデアと改造する勇気と実体験の蓄積が必要ですね。

伊達に年食ってる訳じゃない?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

PD24加速ポンプ付きキャブレター改

たまには画像なんてものを貼ってみるか。
 
カブ&ピースからスライドバルブとニードルジェットを改造したPD24加速ポンプ付きキャブレターを引き取りました。(俺のチューンナップではないので内容は企業秘密。)
 
Pd243
 
これが純国産ケイヒンPD24加速ポンプ付きキャブレターです。
 
既にデッドストックになってるキャブレターで、貴重な一品を惜しげもなく改造します。
 
Pd242
 
キャブレターから吸い出されたガソリンの境界層剥離(速い流速により圧力が発生して流体が逆流現象を起こす現象。)を防止するために、キャブレターの内壁に細かい傷をつけました。
 
開口部の面取りを行い、マニホールドの段差による抵抗を少なくする加工をしています。
 
ちなみにキャブレターの上部に装着されているのはキャブヒーター(35W)です。
 
Pd24
 
吸気側の開口部も面取り。
 
明日は、ジェットニードルの先端を落として平らにする自作バクダンキット加工を施します。
 
 
詳しくは、こちらのPD22キャブレターの改造動画を観てもらえたら。
 
チューンナップはいつも楽しいわぁ。
 
気分だけはマッドサイエンティスト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綾瀬はるかの恋愛映画面白い説

女優の綾瀬はるかさんの恋愛映画は面白い。

まるでラブコメのマンガ。

どっちかって言うとギャグ路線。

しかも、少女マンガによくあるパターンの、お相手がセレブかエリート。

コミックがそのまま映画になっても嫌みがない感じ。

これが綾瀬はるかさんの持ち味なんだろうね。

昔、妹に、「お前はサラサラな女になれ。」と言ったことがある。

まさに、今の綾瀬はるかさんみたいなタイプになれって。

その当時なら、原田知世さんかな。(イメージです。)

綾瀬はるかさん主演の恋愛作品に対して俺がどうのこうの言うことはありませんが、観てて飽きない。

まぁ、映画館で観るんじゃなく、いつものYouTubeですけどね。

違法アップロードは悪いことですが、その恩恵で俺は楽しめてる。

俺の認識では違法アップロードした人は義賊だと思ってますよ。

そして、それ観て喜ぶ俺は底辺。

悪いのはよく分かってます。

しかし、観てしまう。

いつもお世話になってます。

ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

沈黙の秋田県庁

SEX依存症だと噂のあるスティーブン・セガールの映画ではありません。

秋田県庁のホームページから知事へメールを送りました。

内容を簡単に言うと、「俺と裁判して俺が勝ったけど、詫びる気ないの?」です。

メールを送ってから休みを挟んで5日経ちました。

秋田県庁の方でも考慮しかねるんでしょう。

今まで秋田県庁自体が訴えられて負けたことが無かった訳ですから。

最高裁に上告するつもりなら、「係争中につき、お答えできません。」とか言うんでしょうが、上告して負けたら全国ニュースで笑い者になるし、上告しないと秋田県庁自らの罪を認めるしかない。

つもり、どっちも嫌ってことですね。

腹黒い人間が向かい合って、皆で相談してください。

雨降ったら、こっちから出向いてみるかな。

「一体どうなってんの?」って。

さてと、もう一度メールを送るか。

佐竹、早く詫びろ。

建設部鐙部長、お前もだ。

情報公開審査会の有識者は全員解任。

当然だろ、監査として役に立ってねぇんだから。

税金から出てる報酬も返せ。

追記。

秋田県庁のホームページ『知事への手紙』からメールを送りました。

「俺と裁判して俺が勝ったけど、詫びる気あるの?」

もう、かしこまってメールなんか書きません。

相手は、どぶでけし(超ズルい)野郎達ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜はキャブレターチューンナップ。

昨日、カブ&ピースのneriさんとこにPD24加速ポンプ付きキャブレターのスライドバルブ・タンブル加工、CSP(カブ&ピース・スペシャル)ノズル製作を依頼した。

多分、夕方までに完成してると思うので仕事が終わったら引き取りに行きます。

持ち帰ったら、ジェットニードルのバクダンキット加工と境界層剥離防止の内壁加工、キャブレターの開口部の面取り加工をします。

これでチューンナップは完了。

あとはセッティングだけです。

楽しみだなぁ。


追記。

neriさんに、「今日の夕方までに出来るよね?」と聞いたら、「何とも言えない。」との回答。

色々と忙しいみたい。

まぁ、明日でも良いので、キッチリ作ってください。

俺さぁ、バイクのチューンナップする様になって30年やってるけど、もしかしてチューンナップ・ジャンキーなのかな。

ふと、そんなことを思いました。

今更ながら。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

増燃君

雪百(XR100R)に装着したPD24加速ポンプ付きキャブレターの加速ポンプをキャンセルすることで、1つ思い付いた。

カブ仲間の間では、『増燃君』というキツい坂道でノッキングが発生した際にガソリンを増量する装置を取り付けている。

仕組みは簡単で、暖気運転で燃料増量タイプのキャブレターのチョークレバー、加速ポンプ付きキャブレターの加速ポンプを手元で任意に作動させる。

俺も増燃君を付けよう。

ネットでイタリアのマグラ製のチョークレバーが売ってたので注文。

それにワイヤーを付けて加速ポンプを任意で動かします。

協和オートランドみたいなアップダウンの激しいモトクロスコースでは有効かも知れない。

ノッキングこそ起こらないが、かなりキツいからね。

まぁ、バランサー・フライホイールでフライホイールをかなり重くしたら楽になったけど。

バランサー・フライホイールの特長は、フライホイールを重くして慣性エネルギーを大きくしても、エンジンのレスポンスが落ちるどころか向上すること。

普通は不可能です。

バランサー・フライホイールはそれができます。

フライホイールのマス(質量)調整は、ホンダがかなりレースでやってましたが、エンジンレスポンスはどうだったんでしょうね。

フライホイールは重くするとエンジンのトルクは増します。

リアタイヤ(駆動輪)のトラクションも良くなります。

しかし、エンジンのレスポンスは緩慢になる。

タイトなコースでのレースには向きません。

バランサー・フライホイールには向き不向きがありません。

フライホイールが重いのにメチャクチャなくらいエンジンが吹ける。

雪百のフライホイールをバランサー・フライホイール化して、純正キャブレターを改造して、ちょこっと口径を大きくしたら、空吹かしでエンジンが回り過ぎて吸気バルブが簡単に曲がったよ。

慌ててバルブスプリングを強化して、回転リミッターを付けた。(12000回転作動。)

自分で作って一番驚いたのは俺自身。

「こうなるんじゃないかなぁ。」とある程度予想はしていたが、予想を上回っていた。

小排気量なのに、とっても頼もしくなるんだよ。

それがバランサー・フライホイールです。

もちろん、バランサーと付くだけあってエンジンの震動も減ります。

ホンダさん、俺が特許取ったら買ってくれ。

多分、バランサー・フライホイールの凄さをよく分かるのはあなた方だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぁ、仕事だ。

晴れた!

仕事がやれる!

待ってたよぉ。

長かったぁ。

電子レンジがコーヒー沸いたと叫んでる。

目覚めのコーヒー1杯。

さて、行くか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

PD24改造

夕方にカブ&ピースに行って、PD24加速ポンプ付きキャブレターの改造を依頼しました。

お願いしたのは、スライドバルブのタンブル加工とCSPノズル製作です。

この2つで、かなり燃焼効率が良くなります。

カブ&ピースのneriさんが何やらブレーキレバーの改造をやってました。

思った具合にならないみたいで、「それなら、そこのカブに付いてるキタコのレバーが、ピーキーレバーと同じ形状だから使ってみたら。」と進言してみた。

キタコのカブ用パワーレバーは、握り部の形状が凸状に曲がっていて俺の開発したピーキーレバーと一緒。

この形状は指の第1関節からレバーが離れません。
 

キタコがわざとそう作ったのかと思ったが、カブ用パワーレバーだけがそうだったから、単なる偶然でしたね。

neriさんは、トライアルのステアケース(切り立ってるセクション。)を通過する時に、人指し指でブレーキレバーの操作をするが、握る際に人指し指がずれない様にしたかったとか。

キタコのパワーレバーに交換したら、「これで良いかも知れない。」とのことでした。

ライダー同士でお互いのノウハウを交換できるって良いですよね。

neriさんはトライアルを始めるまで、ウィリーはしたこと無かったそうです。

何でか分かりますか?

それは、バイクを速く走らせることに長けていたからですよ。

そこそこ速いけど、特に速い訳じゃない人がウィリーを得意とする傾向がありますね。

俺もその一人でしたから。

まぁ、neriさんと一緒に走る様になって、少しは速くなりましたけど。

今では、ウィリーよりもコーナーリングの方が好きです。

今回、改造依頼したPD24は、下手なフラットバルブキャブレターよりもパワーがあって扱い易く、セッティングも楽にできると思います。

そうそう、加速ポンプをキャンセルすることに関してneriさんに相談したら、俺がコーナーリングでやってる『クラッチ切りアクセル全開半クラ』で走る場合は、クラッチを切っているからエンジンがすぐに吹け上がるので問題ないのではないかとの話でした。

言われてみれば、そうだよね。

流石はneriさんだ、頼りになるわ。

バイクは幾つになっても面白い。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横綱の暴行事件

日馬富士の暴行事件だが、現行犯なら留置所に勾留されるが、一時は加害者と被害者で無かったことの様にされたから逮捕とはならなかった。

警察も相手が横綱で、後ろに日本大相撲協会が控えてるから後援者の力と国民の反応を警戒して、事情聴取だけで終わらせている。

警察と検察に日本大相撲協会の方から色々と手が回ってると思うよ。

日本大相撲協会は、被害者・貴ノ岩の親方である貴乃花親方が場所中の管理責任者であったにも関わらず、協会に報告せずに被害届けを出したことを理由に、「監督不行き届きだった。」として責任を取らせる意向だ。

これさ、単なる報復でしょ。

協会に報告したら握り潰されるのがオチだよね。

だから、被害届けを出してから報告した。

相撲人気が盛り上がりを見せてるから、横綱の不法を許して、それがまたバレたら国民の相撲に対する不信感は過去最悪になる。

貴乃花親方の目指すのは、大相撲の健全化。

八百長しない、弟子をリンチで殺さない、暴力を振らない、酒飲んで暴れない、これ当たり前のことよ。

横綱はもっと自分に厳しくあれ。

昭和の時代、北朝鮮出身の力士がいた。

とても強く、将来は横綱と期待されたが、生活面での破天荒さを親方に指摘され逆ギレして廃業。

アメリカのプロレスリングを日本に持ち込み、戦後の大スターに。

でも、結局は酒飲んでヤクザといざこざを起こして、トイレで腹を刺された。

しかし、これは直接の死因じゃない。

腹の接合手術の後に、寿司やビールを散々飲み食いして死んだ。

これ、誰だか分かるでしょ。

屈強な肉体には健全な精神は宿り難い。

特に外国人出身の力士は。

貴乃花親方は相撲の未来を見据えてる。

ちなみに元横綱の若乃花は見た目と違い気が短い。

ヤクザと揉めて新幹線を止めたこともある。

しかし、暴行事件等のスキャンダルはない。

お兄ちゃんが相撲界から出ていって、一番ホッとしてるのは貴乃花親方じゃないの。

強い者ほど優しく。

貴乃花親方は相撲界の高倉健さんだよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってみようか。

雪百(XR100R)をPD24加速ポンプ付きから純正改キャブレターに戻そうかと思ってた。

しかーし、全開にならないPD24と純正改造のアクセル全開は、スライドバルブが同程度の開口。

つまり、現状でもパワーはボチボチある。

そこで、やっぱりこのままPD24を使おうと考え直した。

ダメならすぐに戻せるし。

キャブヒーターの方も利きが良くなる様に仕様を変更。

取り付け位置問題も解決しました。

アクセルワイヤーは分岐ワイヤーを廃止して、1本ワイヤーにします。

CR85Rのアクセルワイヤーを注文。

どうせ、キャブレター・セッティング が必要になるならと、キャブレター本体もチューンナップします。

スライドバルブにタンブル加工、ニードルジェットをCSPノズル、あとは俺独自の改造を加えますよ。

純正改と全く同じ内容です。

何とか、ストレートの速さをCR85Rと同レベルまで持っていきたいな。

これからは、ぐずぐず悩むよりも、『案ずるよりも産むが易し。』で行きますよ。

面白いことになってきた。

だってさ、「加速ポンプ付きキャブレターにしたら速くなったなぁ。」と思ってたら、実はスライドバルブが全開になってなかった。

だったら全開になったら、もっと速くなるんだよ。

速くなる可能性があるなら試さなきゃ。

俺の雪百は、本格モトクロスマシンに勝てる入門用バイクだもんね。

人を驚かせるのは本当に楽しい。(悪いことは除く。)

ピーキーはビックリマンでーす。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙人の改造

テレビアニメ『いぬやしき』は面白いなぁ。

宇宙人の乗るUFOがうっかり事故を起こして、事故発覚を怖れた宇宙人が、事故で死んだ高齢者と高校生を改造して甦らせた。

この二人は、これから一体どうなるってストーリー。

実はさ、このパターンは映画やマンガでよく使われる。

マンガでは、俺の知ってるのは手塚治虫先生の『アトムキャット』と鳥山明先生の『ドクタースランプ』だね。

江口寿先生の読み切りマンガ『桜が咲いた』では、宇宙人と合体したなぁ。

アトムキャットでは、鉄腕アトムのコミックが大好きな男の子とペットの猫が、UFOとぶつかって猫だけが死んだ。

慌てた宇宙人は、一緒にいた男の子の記憶を元に猫を生き返らすと、猫にアトムの能力が備わっていたって話。

ドクタースランプは、せんべいさんとみどり先生の息子のターボ君をうっかりUFOで轢いちゃった宇宙人が、大慌てでターボ君を生き返らせると、超能力が使える頭の賢い天才児になっちゃうって話。

「俺もそんな能力欲しい。」

と、思う人もいるかと思うが、俺は真っ平御免だ。

UFOは見るもんで、乗ったり、ぶつかったりは嫌だからね。

ここ数年よくUFO見てる俺です。

見てるだけで良い。

宇宙人は怖いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

ウィリーの科学

桜華さん、コメントありがとうございます。

加速ポンプは、加速時だけの効果ですが、スライドバルブは最終的なエンジンパワーが違います。

アクセル全開にならないなら意味ないです。

加速ポンプが無くてもセッティングは出せます。

カブ仲間で同じキャブレターを使っている人がいますが、加速ポンプはキャンセルしてました。

加速ポンプ無しの国産PD24キャブレターは絶版です。

俺も加速ポンプをキャンセルして使ってみますよ。

モアパワー!


桜華さんからウィリーについての質問があったのですが、俺はシッティング(シートに座った状態)とウィリーバーを使ってやるウィリーしかできません。

なのでステップに立ってやるウィリーは練習したことないのでできません。

ステップに立ってやるのはフロントアップくらいですね。

トライアルに長い距離、長い時間やるウィリーは必要ありません。

トレーニングとしてやる人はいる様ですが。

なので、シッティングウィリーのコツを教えます。

フロントアップは簡単です。

ハンドルを下に押してフロントフォークを縮め、反動で伸びる瞬間にアクセルを開けるだけです。

俺はその時ハンドルは引っ張らないし、上体もウィリーすると自然に反るので後ろに反らしません。

ひっくり返るので。

上体は垂直のまま、ハンドルを胸に付ける様な気持ちで腕に力を入れずに引くだけで。

次に、フロントフォークの高さを基準にウィリーの角度を探ります。

K点(それ以上はひっくり返る位置) は大体、フロントフォーク水平よりも少し上くらいです。

水平になるくらいまでフロントアップを練習してリアブレーキで落とす練習をすれば、危ない時に咄嗟にリアブレーキを踏める運動神経を形成する練習になります。

それができてから長くやるウィリーの練習に移行してください。

順番が逆だと、必ずバイクを壊します。

しかも、壊滅的に壊します。

公道で人に見せるウィリーでなければ、スロー系(低いギアでゆっくり進む)ウィリーをやりましょう。

アクセル一定でK点付近よりちょっと上の角度で走り、 上がり過ぎたらリアブレーキを軽く利かせ、Kよりちょっと上にまた戻す感じです。

これができたらシフトアップしてハイスピードロングウィリーも簡単です。

練習は誰もいない広場で。

1日最低3時間、半年くらいやればロングウィリー(シフトアップ無し)ができる筈です。

スタンディングでのウィリーは膝を入れて、ハンドルを少し下に押すと、フロントフォークの反動が得られやすいです。

ここら辺はYouTubeで勉強してください。

俺はトライアルは素人なので。

ここでウィリーの格言。

『フロントフォークの反動を使えば、フロントタイヤは簡単に浮く。』

頑張ってください。

最後に言いますが、人間は10才から後に覚えたことは、やらなくなるとすぐにできなくなります。

身に付けたテクニックの維持が最も難しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ショックだぁ。

雪百(XR100R)に装着し、セッティングも出ていたケイヒンPD24加速ポンプ付きキャブレターですが、重大な欠陥が発見されました。

アクセル全開でスライドバルブが全開にならない。

原因も何とか見付かりました。

原因は、

加速ポンプ作動に必要な二股アクセルワイヤーの二股に分岐する箇所のストロークが足りなくてアクセル全開になりません。

問題は、アクセルワイヤーを1本ワイヤーにして加速ポンプを殺してアクセル全開出来る様にするか。

それとも、レースで使った純正改PD22キャブレターに戻すかです。

確実性の高いのは純正改PD22キャブレターを使うこと。

モトクロスコースでのラップタイムは純正改の方がまだ速いです。

マシントラブル防止のために純正改に戻しますね。

純正改はキャブヒーターが簡単に付けられるのでアイシング対策もバッチリだし、キャブレター本体の大きさも小さいからキャブレターもすぐに温まる。

ショックだなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

新ライディングウェア

俺がモトクロスをやる時のウェアは厚い綿ツナギ。

レース現役を引退してから、普段と同じ格好で走るのが好きになった。

仕事で着てるのが布ツナギだからね。

薄いと、すぐに破れるので厚い生地のツナギを着てる。

夏用の薄いツナギだとビリビリになって、とっても恥ずかしい姿になることもあるからね。

しかし、夏場で厚い綿ツナギは、やっぱり暑いのよ。

なんか、良い手はないかなぁと思ってたら、直線だけのモトクロスレースってのがあって、デニムのオーバーオールにモトクロスジャージを着たライダーが走っていた。

「これだ、これなら涼しいかも知れない。」

はい、デッキーズのデニム地オーバーオールを買いました。

後でモトクロスジャージも買います。

何よりトイレがツナギより楽かも。

昨年から布ツナギでモトクロス場を走って、レースで結構目立ってるせいか、「ああ、あの人だ。」と認識してもらえます。

地元で俺のこと知らない世代のモトクロスライダーは、「なんだよ、モトクロスウェア持ってないのか?」と思ってたみたい。

ありませーん!

みんな捨てちゃいましたー!

布ツナギでモトクロス場に来て、布ツナギで走って、布ツナギで表彰台に立って、布ツナギで帰ってゆく。

しかも、自走で。

田舎のモトクロスライダーらしいと思いませんか?

来年からはオーバーオールです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能面女子の花子さん

桜華さん、私ですさん、コメントありがとうございます。

桜華さん、日馬富士は廃業するべきです。

暴行傷害の罰金は10万くらいかな。

ヒッチメンバーの方は、元々がCRV用のヒッチメンバーなんで改造が必要みたいですね。

ハードエンデューロコースが完成したら、一緒に走りましょう。

来年は鳥海エンデューロレースに参戦します。

私ですさん、指摘ありがとうございました。

自分で『セクション』と書いてるつもりでしたが、見落としてました。

数年前にも、エクストリームバイクのことをエキストリームバイクと書いてたことがあったなぁ。(遠い目。(  ̄- ̄))

江戸っ子じゃねぇし。

最近、面白いマンガないかなぁと物色しています。

アニメ化する様な作品は間違いなく面白い。

製作側もバカじゃなくなって、原作通りに描く方が失敗しないと分かってきたみたいですね。

セブンイレブンで『能面女子の花子さん』というコミックを見つけました。

表紙の異彩に目を奪われてレジへ。

メル・ギブソン主演の『ブラッド・ファーザー』を観た後に読んでます。

ちなみに、『ブラッド・ファーザー』は閉塞感全開の底辺映画でした。

俺にはウケるが一般的にはどうですかねって作品です。

メル・ギブソン監督作品の戦争映画があるそうなので、次はそれを観ます。

話は元に戻って、普段に能面着用の女子高校生のマンガなんですが、面白いです。

何が面白いって、能面に隠された素顔を想像しつつ、気がつくと能面を着けた姿が好きになっているという不思議な魅力があります。

能面の顔って、人形の様に人に非ずなところも有りながら人間の顔を表現してる。

つまり、2 .5次元なんだよ。

それが変態チックに思えるのに、作品自体は学園青春コメディ。

とにかく不思議な作品です。

これ、アニメ化しないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライブカメラ

俺ね、毎日の様に田沢湖のライブカメラを見るんだよ。

金ぴか辰子姫像が見られるライブカメラ。

毎年、田沢湖カブ・ミーティングを主催してるからか、集合場所の辰子姫像前の路面状況が気になるんだよね。

日が暮れてからライブカメラをチェックしたら雪が薄く積もってる。

ああ、またやって来たぜ俺のシーズンが。

急いで雪百、波乙を仕上げなきゃ。

特に波乙もバランサー・フライホイール化したら気持ちいい走りができそうです。

明日は雪百のアイシング対策を終わらせて、波乙に取り掛かれる様にしないと。

テンションアゲアゲだぁー!(ノ゜ー゜)ノ(ノ゜ー゜)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メル・ギブソン、ヘル(地獄)・ギブソン

メル・ギブソン主演映画のDVDをGEOで発見!

ヒャホー!

メル・ギブソンだよ、メル・ギブソン!

「子作り大好き、暴力最高!」のメル・ギブソンだよ。

えーっと、タイトルは何だっけ?

そう、『ブラッド・ファーザー』だ。

今から見るぞ。(ドキドキドキドキ。)

お願いだ、俺のマッドを呼び覚ましてくれ!

人間は怒りや狂喜がある時は憂鬱にならん。

急に冬になって憂鬱だよ。

楽しみだぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷静に考えて

雪でトライアル練習会が中止になったので、バランサー・フライホイールの特許書類に手直しを加えてました。

なんかさぁ、日馬富士の暴行事件で貴乃花親方を悪くいってるネット記事やニュースは何なの?

仮にだよ、暴行された貴ノ岩が実は悪い奴で、それを怒って殴っても、殴った奴が悪いってのが法律。

どんなに侮辱されようが、殴ったら最後。

後から後から新事実とか言って、日馬富士を擁護するかの様な意見が出てくるが、酒乱の男と、そうでない人間のどちらが信じられるかってことでしょ。

酒乱って最悪だよ。

普段は聖人の様な人物でも、酒を飲んだら悪魔の様になるからね。

俺の実体験だ。

詳しくは言えないが、普段の聖人ぶりを見て信じられないくらいに屑になる。

被害者側が多くを語らないのは、暴行に対する判断を警察、検察、裁判所に委せることで、日本大相撲協会の介入を防ぐためだ。

やっちゃった方、特に大事になったら困る白鵬なんかは、嘘を言いたくなるのも人情。

マスコミも、被害者側が無言だとニュースにならんから、事態の収拾を試みる側の多弁を全部書き捲る。

(間違ってる)常識なんて信じない俺が言うのもなんだが、一般的に理由がどうであれ、殴って暴行した方が負け。

貴乃花親方は、親方が(愛の鞭として)殴るならともかく、他の部屋の人間、しかも横綱となった人間が飲食店で人を殴るなんて許せる訳ないだろ。

しかも、勝手に握手して和解とか何を言ってるんだと。

力を売り物にしている人間が、むやみやたらにその力を使っちゃダメと貴乃花親方は考えてる筈だ。

相撲はそんな安いものじゃないと。

日本の宝である貴乃花と、モンゴル出身の酒乱野郎のどちらを支持するか。

冷静に考えてみてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

吸気口

雪百のエアクリーナー・ボックスの前方に吸気口を増設しました。

アイシング防止に、シリンダーからの温かい空気を吸入する為です。

エアクリーナー・カバーにもデッカイ吸気クリーナーが開いてます。

そこでエアクリーナー・カバーを新品に交換。

新品のカバーに、増設した吸気口と同じ径の吸気口を開けます。

実は、波乙(WAVE110AT改)のチェーンカバーがプラスチック製で、そのカバーにはチェーンの張り点検窓の蓋が付いてきます。

その蓋を流用して、冬はエアクリーナー・カバー側に蓋をして、夏場はエアクリーナー・ボックス前方の吸気口に蓋を移すシステムします。

昔のクルマはキャブレター車でしたから、冬場と夏場でエアクリーナー・ボックスの吸気の切り替えレバーがありました。

冬場はエンジンルームの温かい空気を吸入し、夏場は外気を近い空気を吸入する仕組みです。

これと同じことを雪百で行います。

キャブヒーター併用で。

これならアイシングは皆無になるでしょうね。

何でそこまでやるのか?

アイシングを体験してみなさい、あれは辛いやら情けないやら、無理して走ればエンジンが壊れる。

事故を除けば、バイクライフで最悪の部類ですよ。

パンクはパンク修理すれば直るが、アイシングはほとんど治らない。

おっさんが一生懸命これから走るのにアイシングでは勝負になりません。

しかも、アウェイでのレースとなれば、マシンだけでも最高じゃないと。

雪百を最高の雪上レースマシンにするのが俺の目標です。

今月中に完成させようっと。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暇なので

暇なので、秋田県庁のホームページから、県政に対する意見を知事に伝えるメール『知事への手紙』でメールを送った。

メールの内容は、

「先日、県の情報公開請求に対する損害賠償請求訴訟で、仙台高等裁判所は秋田県庁の控訴を棄却しました。 この件について、知事本人のお考えを聞きたいのですが、「係争中につき、ご返事は差し控えさせていただきます。」と、また逃げるのでしょうか?」

裁判の内容から、上告しても万に一つも認められることは無いと思うよ。

さて、秋田県庁の返事は如何に。

上告して、「係争中につき、云々。」ってまたバカの一つ覚えみたいにやるのかね。


さてと、モノタロウからホールソーが届いたから、日が暮れるまでに雪百(XR100R)のエアクリーナー・ボックスに吸気口を増設するか。

秋田県庁からの返事が楽しみです。( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判をするということは。

雨で仕事ができましぇーん。

てな訳でリビングで相変わらずヒッキーしてます。

俺の名はピーキー。

調子に乗ると昔の2サイクルエンジンみたい手がつけられないからピーキーだ。

ヒッキーとは呼ばないでくれ。

なんて訳の分からんことを書き込む。

末期だな。

ここからが本題。

大阪府立高の三年生女子が、地毛が茶色にも関わらず、「髪を染めている。」とされ、学校での活動に支障が出て不登校になったことに対する損害賠償請求訴訟。

裁判って、物凄く面倒くさい。

本人訴訟は更に面倒くさい。

訴えられた側の反論はほぼ虚偽や捏造で、それを、「これは嘘ですよぉ!」って証明するのはもっと面倒くさい。

弁護士頼んで裁判すると、楽にはなるがお金が掛かる。

裁判に強い弁護士なら良いが、裁判で負けたら大損だ。

時間も掛かる。

短いもので半年。

長いものは恐ろしく長いそうだ。

俺が秋田県庁とやった3つの裁判で最短で半年。

最長で1年半だった。

辛かったよぉ。

でも、何でそこまでやれるか分かるかい?

信念だよ。

「俺は悪くない、間違ってない。相手が全部悪い。」

そう信じることでやれる。

信念が揺らいでたら、途中で挫折だ。

大阪の女子高生と親御さんが裁判に踏み切れたのは、女子高生の地毛が茶色であるのが間違いないから。

学校側が訴訟になって、慌てて後から、「髪の根本が黒かった。」とマスコミに発表したが、これで女子高生側はかえって有利になった。

普段、髪に隠れてる揉み上げの1部を剃って、新たに生えた髪を証拠として裁判所に提出すればいい。


剃っている映像DVDと新たに生えた揉み上げの写真を付けて。

これで学校側のデマカセが暴露される。

信念ってさ、真実が無ければ維持できないものなのよ。

貯金通帳があっても、預金額少なければ余裕が無いのと一緒。

つまり、信念には真実が沢山詰まってるから崩れない。

「裁判しよう。」って気になって、裁判に踏み切れる。

この裁判は早めに決着がつくと思うよ。

地毛が茶髪なら、裁判官も、「学校側は地毛が黒髪だって判断したのは間違いだよね、茶髪は黒髪に染めるという校則は存在しない。女子高生への指導に重大な過失があった。」となる筈だ。

何より、訴えられた大阪府は、大阪府庁自体の瑕疵がある訳じゃないので、裁判で敗訴しても控訴しない。

俺の裁判の場合は、俺の勝訴が秋田県庁自体の違法行為を認めることになるから全力で抵抗さ。

敗訴したらすぐに控訴。

高等裁判所が秋田県庁の控訴を棄却したから、今度は上告するんじゃないの。

2つ目の裁判までは経験不足から失敗の連続だったが、内容は悪くなかった。

裁判官も薄々真実は分かっているが、裁判は原告、被告の裁判所に提出した書類と証拠でほぼ決まるからなぁ。

真実なんて二の次だから。

秋田県庁の提出した証拠は全部捏造だったよ。

裁判の素人も3年もやると、慣れてきて相手の動きを逆手に取ることを覚える。

それで3つ目の裁判では勝てた。

バイク雑誌を使って秋田県庁の違法行為を公表したのも効いた。

裁判をするには、物凄いエネルギーが必要です。

ここ3年間、雨が降ったら裁判所に提出する書類を書くか、証拠を集めてました。

サラリーマンじゃ本人訴訟(自分で全部やる裁判。)はキツい。

役人はそうでもないそうですよ。

秋田県庁との示談交渉で嘘八百の説明をし、捏造した架空の判例を作った現・調査統計課の藤本正人課長(当時・用地課班長)は、自分のバイク事故で本人訴訟したそうですから。(愛車はホンダCBR1000Rだったかな。 )

役人は暇なんですね。

お天気商売の俺と同じだわ。

裁判には、最低タウンページ1冊くらいの書類と証拠文書を提出しなきゃいけない。

時間に余裕が無いとできるもんしゃない。

だから通常は弁護士が必要となる。

さてと、そろそろ昼に食べる味噌汁が煮えてきたから終わらすか。

裁判はね、原告と被告のどちらかが嘘つき。

でも、嘘つきって嘘を信じ込ませるのが上手い。

詐欺師と同じ。

俺は詐欺師じゃない、只の走り屋だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

ネットリンチへの報復

テレビアニメ『いぬやしき』第6話での話。

連続殺人がバレた高校生が、ネットリンチで母親を自殺に追い込まれた。

報復として父親宅に取材するマスコミの一団を特殊能力で全員抹殺。

同じく、特殊能力でネットで母親宅の住所と名前を晒したネラーを全員抹殺。

正直な気持ちを言うと、不謹慎だと思うが気持ち良かった。

痛快だと言っていいかも。

でも、絵空事だからって断っておく。

空想で何百人、何万人を殺そうが所詮は実害のないオナニー。

まるで、ネットリンチにあった人の気持ちを代弁してるみたいなストーリー。

よく匿名をいいことに攻撃する輩には、全然面白くないだろうね。

インターネットはね、間違いが常識みたいに語られている。

そして、語った奴に本当のことを言って間違いを指摘すると攻撃してくる。

仲間に協力を求めてネットリンチ。

あーでもない、こーでもないとあら探しして人格否定。

このブログも、過去に何回も炎上して『火だるまブログ』なんて言われたくらい。

本当のことを言って何が悪い。

俺も間違った情報を書き込むことがあるが、その間違いを指摘されたら事実を確認して、「間違いでしたか、すみません。m(__)m」と、謝ると共に指摘してくれた人に感謝するよ。

批判するなら、せめてしっかりした反論をしてくれや。

反論も言わずに批判するのは、「俺の頭は中身空っぽでーす。」と自ら言ってるのと同じだ。

『いぬやしき』は、凄いアニメだよ。

動画サイトで世界中に配信されて、ネットリンチ野郎に警告してくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間違ってるぞ!

子供無し世帯に増税案を政府は考えてるとか。

晩婚化で、子供が欲しくてもできない夫婦が、保険のきかない不妊治療にどれだけお金が掛かると思ってるんだ。

それを増税とか、バカか。

訳あって子供を望めない夫婦への配慮はどうなる。

政府の役人が増税に成功すれば出世できるのはバレてんだよ。

増税することで、相対的に税金の収益が上がるかと言ったらそうではない。

税金が上がれば、人は財布の紐を解かない、緩めない。

かえってお金を使わない。

消費税で入ってくるお金が減る。

増税の意味がない。

これは必ず悪法となる。

役人は何を考えてる。

子供がいない夫婦は、その分贅沢してるとでも言うのか?

贅沢してるなら、消費税で国にお金が入るだろ。

単なる二重取りだ。

世界中から笑われるぞ。

胸を張って、この増税案を出せるなら発案者名を出してみろ。

老害みたいなことしてんじゃねえよ。

死ね!

「1年間限定で消費税を半分にします。」 そうしたら増税なんかしなくても、駆け込み需要で消費税での収益が増えるわ、バカが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しい!

やった!晴れたよ、仕事がやれる。

辛かったぁ。

昨晩なんか、霙が降ってたからね。

いやーっ、良かった、良かった。_(^^;)ゞ

相撲界は心と体も真に強い力士のしか残さないというのが普通かも知れないが、だからってビール瓶で頭を殴らんでも。

俺なんかガラスのハートだからダッシュで逃げるわ。

相撲界には昔から、「くらわす時は頭と腹はやめろ。」って暗黙の了解があるとか。

掟と言っていいかも知れない。

つまり、弟子への愛の鞭と虐待の境界線がそれだった。

日馬富士に後輩への愛情なんかねーんだよ。

白鵬まで、日馬富士を擁護する発言をするようになったしな。

以前に、相撲部屋から逃げた弟子を連れ戻してリンチした事件があったね。

その時は頭と腹を思いっきり攻撃して、その弟子は亡くなった。

しかも、この殺人を誤魔化す為に、「火葬までこちらが手配する。」と言って証拠隠滅まで図った。

マフィアかよ。

さて、日頃は自分に甘く、自分のルールには厳しい俺は仕事するかぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

ご飯に塩

よく、贅沢三昧した後は、「明日からご飯に塩だよ。」なんて言うらしいが、家から出ない内にオカズがもう少しで無くなる。

冗談でご飯に塩をやってみるか。

コンビニで塩おにぎりが売ってて、結構美味かったからな。

冷や飯に天然塩をふりかけて食べてみた。

美味い!

冷や飯で食べると甘みの出る秋田コマチのご飯と相まって天然塩がメチャクチャ美味く感じる。

これ、真面目に美味いぞ。

おかわりしよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和時代の相撲部屋

これが許される時代でした。(;゚Д゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だらだら生きております。

天気が悪いと仕事ができない。

しかし、このままでは何もできない。

そこで、天気が悪くてもできることをやろうと思う。

今年の生産はもう無理そうだから、来年のことを考えよう。

天気が悪いと本当にやる気がなくなる。

対策を考えなきゃ。

今度の冬は大雪になる気配。

色々準備しなくては。

とりあえず明日は家から出るぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

手直し

雪百(XR100R)の手直しをしています。

マフラーのサイレンサーが排気圧でズレるのを防止する細工をして、キャブレターのニードルジェット段数を変更してガスを濃くします。

後でキャブヒーターの配線も引きます。

問題は、キャブレターに暖かい空気を吸わせる為に、エアクリーナー・ボックスの前方に吸気口を開けたいのですが、夏場にはΦ34の穴を蓋で塞ぐ予定です。

綺麗な穴を開ける為に、ホルソーで開けますよ。

雪が降る前にアイシング対策を施さないとね。

明日は、バイクトレーラーを牽引できる様にラティオを整備工場に持っていきますよ。

2ヶ月後のレースに向けて頑張ります!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

相撲ギャング

桜華さん、コメントありがとうございます。

もう1つ相撲ネタを。

実は、朝青龍が引退してから、モンゴル出身力士の結束が強くなりました。

モンゴル出身として誇りを持つ、日本に帰化はしないという流れです。

現在、モンゴル人力士のトップの白鵬がそれ。

日本大相撲協会は、日本国籍以外の力士が親方になることを許していません。

白鵬は帰化はしない。

しかし、モンゴル出身の若手力士3名を内弟子として世話しています。

親方になれない人間が親方風を吹かせてと批判されていますが、これは日本の大相撲にモンゴル勢の一派を確立して勢力拡大を目指しているに過ぎません。

その最中に、酒乱の日馬富士が暴行事件を起こした。

日馬富士がブチ切れて暴行した経緯は、酔っぱらった日馬富士が日頃の態度についてモンゴル出身の後輩に指導という形式で悪態をついた。

それに頭にきた貴ノ岩が、「あんたの時代はもう終わってる。」とボソッと呟いたとか。

それを聞いて思わずビール瓶で殴打した。

この事件はある意味、日本人には良かったかも知れません。

便利な世の中になり、日本人の体力は落ちるばかり。

その日本に、中世から変わらない生活を続けて体力があるモンゴル人がやって来て、日本の大相撲で相撲ギャングとも言える一派を形成するなんてことになったら、波乱の幕開けです。

相撲はね、炬燵の蜜柑と同じく、日本を感じる大事な文化。

プロレスみたいなショーとは違います。

プロレスはアメリカから入ってきた素晴らしいエンターテイメントですが、日本の文化ではない。

大相撲は競技。

プロレスはイベント(ショー)。

同じ肉体の強さに表現するものですが、相撲は元々は神事からきたものです。

つまり、風習だ。

そこにモンゴルの風が好き勝手に吹く様では、相撲が別のものに変わってします。

文化は時代と共に変化はします。

しかし、大元の意味から外れるのは日本人は好みません。

相撲は日本人にとって、神事であり、祭りであり、誇りです。

日本人は比較的に人種差別が少ないと言われています。

それは日本に迷惑を掛けない人間に対してです。

余りにも酷いと日本人も怒ります。

朝青龍の時と同じです。

日馬富士の次が白鵬にならないことを祈ります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大虎

桜華さん、まるじさん、(^-^)さん、コメントありがとうございます。

桜華さん、トライアルコースと言うよりは、トライアル的なハードエンデューロといった感じにしたいと思ってます。

鳥海町のエンデューロにも丸太がジャンジャン使われてるみたいなので、その練習も兼ねてです。

完成したら走りに来てください。

まるじさん、始めに簡単なものから作ってみて、徐々に大物と思ってます。

今度、色々セクションについて教えてください。

(^-^)さん、全然かっこよくないです。

3回秋田県庁を訴えて、やっと最後の最後に勝訴しました。

裁判所の仕組みは役人に都合よく出来てますが、裁判官個人の人間性で少し判決が変わる様です。

公平性のある裁判官と出会えて運が良かったとしか思えません。

ラッキーでした。


ここからが本題。

日馬富士の暴力事件。

刑事事件になってるので、あえて事件と言わせてもらいます。

日本人は不思議に酒の上での犯罪を甘く見ます。

日本の裁判は性犯罪と飲酒して起こした犯罪に対して寛容でした。

戦前は夜這いの風習がある地域が多かったことからか、レイプ被害女性と加害者が夫婦になれば解決じゃんみたいな判決もありました。

飲酒しての犯罪も、シラフではなかったと判決が甘くなりました。

被害者にしてみれば、飲酒しようが、しまいが、やられたことは変わりません。

先日、軽い交通違反で逃げたクルマが、逃走途中に当て逃げして事件となりました。

当て逃げがなければ、追跡したパトカーも、「これ以上追えば、事故防止の観点で危険。」と判断して追跡を止めますが、追跡してすぐに事故を起こしたら事件として扱わなくてはいけなくなります。

あと、しつこいくらいの、「前のクルマ止まりなさい。」のマイクでの呼び掛けは日本特有のものです。

決まり事というのもありますが、「お前に言ってるだ。」という意思表示をすることで、「俺だと思わなかった。」という言い訳防止もあります。

この事件では運転者の逮捕後に、薬物か飲酒がなかったかが注目されました。

シラフの様でしたね。

薬物なら罪は重くなりますが、飲酒なら罪が軽くなるのか?

いいえ!クルマの運転者の飲酒は悪質と判断されて、罪が重くなる時代です。

それならば、酒の上での暴行事件も同様に扱われるべきです。

飲酒で人が変わるのは、精神病です。

アルコールで隠れている人格が表れて別人格になる多重人格です。

しかも、何かのスイッチで大暴れします。

そして、何かのスイッチで急にシラフに戻ることも可能な人も存在する。

酒を飲むととことん自分に甘くなる人間が、酒癖が悪いと言われる人の本性です。

俺は酔っぱらうとセクハラおやじになるそうです。(肉体的接触は無し。)

あと、物を壊すこともありました。(旅館の壁に頭突きをして大穴を開けたそうです。(-_-;))

なので、正体が無くなる飲酒はしません。

最近は、体質の変化からノンアルコールの方が良いです。

「幾ら飲んでも酔わないビールなんて最高!」と思ってます。

自分が酒癖悪いと分かって尚飲酒をするのは、その先の結果を甘く見ている証拠です。

酒を飲まなきゃ良い人なら飲まなきゃ良い。

結局飲むなら、それはただの屑野郎なだけです。

日馬富士の事件は、やられた相手も強い力士だから全治2週間で済みましたが、一般人なら集中治療室からまだ出れません。

下手すればとっくに死んでます。

力士がビール瓶で頭をフルスイングですよ。

映画みたいに、「パン!」とは割れずに、「ゴン!」って音が響いたとか。

日馬富士の事件について俺は批判できる人間ではない。

しかし、意味も度合いが違い過ぎるでしょ。

さて、日本大相撲協会は、どう収拾をつけるのか?

鳥取地方検察庁は日馬富士を起訴するのか?

見物ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

貴乃花親方の革命

横綱・日馬富士関が前頭・貴ノ岩関を暴行した問題で、貴ノ岩関の師匠である貴乃花親方は日本大相撲協会の事情聴取に対して、「鳥取県警に被害届を提出済みである。」と報告したとか。

これ、凄いことだよ。

大相撲では、俗にいう『可愛がり』とかいう虐待が横行し、それが力士の精神を鍛えるとか言い訳してきた。

これが悪の連鎖となり、やられた弟弟子が兄弟子になると新たに弟弟子に暴行を加える。

体育会系にはよくあること。

しかし、馴れ合いは不要だが、謂れのない言いがかりで暴行は今の時代には合わない。

スパルタ式教育は、短時間で一人前にしないといけない場合に取られる最終手段。

世界中の軍隊が用いる野蛮な教育方法。

自衛隊員の自殺が多いのもこれが原因。

自衛隊員の知り合いから聞いた話じゃ、紅白戦で模擬戦やって、敵チームの捕虜になったらチンポの先にススキの棒を入れられたってよ。

そして、野球の世界が軍隊みたいな教育なのも、これに関係している。

野球はベースボールで、敵国(アメリカ)のスポーツ。

戦時中に何とか継続できる様に、軍隊式教育法で選手達を鍛えて、「野球選手は戦地でも使い物になる。」と思わせることで生き残りを図った。

その結果、今も人気スポーツだ。

その名残が今の高校野球に根強く残っている。

実はモトクロスの世界にもある。

しかし、厳しくされるのは才能ある選手のみなので、その点は救われている。

名門チームは軍隊だった。

今は知らんけど。

話を元に戻して、体育会系の後輩虐待は嫁姑問題と同じで、頭の良い嫁は姑から苛められても、息子が嫁をもらい姑になっても苛める様な糞姑にはならない。

頭の悪い嫁は、苛められた記憶を元に息子の嫁を苛め抜く。

大相撲の場合、出稽古や実力主義による上下関係で他の部屋(所属)関係なく暴行などがある。

「やられたくなければ強くなれ。」

これが解決法となっている。

でも、貴乃花親方は頭が良いから、それが許せない。

力士=頭が悪い、と思われるな。

まさにこれ。

部屋で預かっている他人の大事な息子さんを、自分の管理が甘いばっかりに他の部屋の者から暴行を受けるなんてあってはならない。

しかも、横綱は人格者でなくてはならない。

下の者が粗相をして戒めるならともかく、横綱自身が暴行なんて、『平成の大横綱』と呼ばれた貴乃花親方から見れば、「それが横綱のすることか!」と憤慨することだろう。

態度が悪くて大相撲をクビになった朝青龍、今回の日馬富士、共にモンゴル出身横綱。

日本の科学技術で、遺伝子を組み替えしても良いから外国人力士よりも強い日本人力士の誕生を望みます。(これは例えばの話。)

大相撲は暴力組織じゃない。

強さに憧れる弱き者のヒーローじゃなきゃ。

そうでしょ、貴乃花親方。

追記。

殴られた鷹ノ岩関もモンゴル出身者だったのね。

国に帰ってやってくれるかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

くっさ。

納豆味噌汁を作ってみた。

美味しかったので、残った納豆味噌汁で猫まんまを食べることに。

冷えた味噌汁にご飯を入れて電子レンジでチン。

異臭が拡がる。

頭痛がしてきた。

臭さを和らげる為に生姜のチューブを投下。

混ぜてみる。

余計に臭い。

食べてみる。

美味くも不味くもない。

どっちかっていうと不味い寄り?

食べてる内に慣れてきた。

ヤバい、だんだん美味しく感じてきた。

多めに投下した生姜で舌が痺れる。

なんか、久々のヤバい飯。

でも、腹減ってるから普通に食える自分が怖い。

ああ、もう残りちょっと。

食事をするって言うよりも、「食べきる!」っていう達成感が優先になってる気がする。

反動から今夜の晩飯は洋食にしたい。

パスタか、デミグラスハンバーグの上に目玉焼きを載せたい。

いかん、変な汗が出てきた。(-_-;)

食事をした時の発汗作用とは別な汗が。

何とか完食。

あーっ、麦茶が美味い!

こんなに麦茶が美味しく感じたのは、生まれて初めて。

納豆味噌汁猫まんま恐るべし!orz

口直しに三色トリノアイスと甘いミルクティだな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

練習サボった。

今日もスタンディングウィリーの練習をしようかなと思いましたが、サボりました。

昼休みもろくに取らずに仕事してたら疲れちゃった。

無理して練習すると、練習が嫌になって逆効果になります。

練習を楽しくやることが長続きの秘訣。

とりあえず今日はお休み。

あーっ、眠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上告について調べてみた。

先日、仙台高等裁判所秋田支部が秋田県庁の控訴を棄却して俺の勝訴が確定した。

秋田県庁はこの判決を不服として上告するのかが気になるところ。

そこで上告について少し調べてみた。

そしたら驚いたよ。

最高裁判所で口頭弁論(法廷で裁判官が上告人と被上告人の主張を聞く。)はほとんど行われない。

上告しても、そのほとんどが、「上告理由を満たしてしない。」と棄却されるそうだ。

弁護士は、弁護士になってから1度でも最高裁判所の法廷に立てたら一生の誉れだとか。

それほど最高裁判所での裁判は少ない様だ。

つーことは、秋田県庁が上告してもビビることはないってことですね。

あれだけ秋田県庁の主張が虚偽と捏造だったと法廷でバレたんですから、上告しても棄却されて終了。

新たに恥を重ねて終わりです。

そこで終わりにしませんが。

上告してくんないかなぁ。

そしたら、今度は全国版のニュースになるからな。

今日辺り、朝日新聞の記者が秋田県庁に取材に行くでしょう。

バカの一つ覚えみたいに、「上告するので係争中につき、その件に関してはお答えできません。」って、また言うんだろうね。

佐竹(バカ知事)さん、次はゴルフに行って酒を飲んで、秋田県内の大雨での災害時に戻れなかったのとは訳が違いますよ。(全国ニュースになりました。)

県民の知る権利を無視して、法廷にまで虚偽と捏造を持ち込んだ罪は重いよ。

その薄くなった頭を丸めてもらおうかい。

これからどんどん恥をかいてもらいます。

秋田県人が佐竹が無能と認識するまで。

さて、次はどんな手で攻めようかな。

クレージークレーマー(秋田県庁職員の俺に対する呼び名。)の進撃に終わりはない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

丸太セクシャン

私設モトクロス場に丸太(木の電柱)を運びました。

とりあえず3本。

後でコースに設置して、以前から作ってる6連ジャンプの仕上げが途中だったので完成させます。

丸太セクシャンで練習して、上手になった次のセクシャンを作る感じに進めます。

でないと、「ピーキー、通過できませーん!」っと泣きが入ること間違いなし。

無理せず、じっくり作りますよ。

私設モトクロス場の横に大きな側溝が5つありました。

細い側溝は1つですが、工場の方にもう1つあります。

古タイヤもいっぱいあるので、どんなセクシャンを作るか考えなくては。

問題は、俺の腕と雪百(XR100R)の耐久性ですね。

マシンが壊れないコースにしないと。

頑張ります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

予定変更

よく考えてみたら、コーナリング練習場をハードエンデューロ仕様のコースにするよりも、私設モトクロス場の方をハードエンデューロ仕様にした方が後々に使い道があるかも知れない。

私設モトクロス場の方が広いから、その一部にセクシャンを密集させよう。

丸太、側溝、タイヤをとりあえず置こうか。

最近、6連ジャンプも作ったことだし。

重機もあるし、簡単に作れそうです。

何より、水溜まりができ難い場所だから良いよね。

よっしゃー!

雪が積もったら、一人雪上ハードエンデューロ大会だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

嬉しかったこと

昨年からモトクロスをまた始めました。

昨年は波乙(WAVE110AT改)で走って、今年から雪百(XR100R)です。

9月のレースで3位、先月のバイク運動会で優勝。

俺のモトクロス現役時代を知らない人からは、「アイツは誰?何?」って感じだが、知ってる人は、「相変わらずだな。」って言ってます。

ただ、嬉しかったことに、「何か、昔より速くなってね?」という声も。

無理せず、丁寧に走ってるだけなんですけどね。

経験と知識の量は何倍にもなりましたが。

もっと、もっと速くなりたいな。

老獪って言葉がピッタリなライダーになりたいです。

あっ、間違えた。

老練って呼ばれる様になりたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そっくり過ぎて笑う。

マイティ・ソーの新作で、ソーの弟で裏切り王子のロキの俳優と、その日本語吹き替えの声優がそっくり過ぎて笑う。
 
顔が似てると声質も似てるの?
 
1508402979823
 
左がロキ役のトム・ヒドルストン。
 
右が吹き替えをする平川大輔さん。
 
似てるー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタンディングでフロントアップ。

はやぶさんさん、コメントありがとうございます。

返事の順番が変わりましたが、忘れていた訳ではありませんよ。

ネットの世界は嘘や間違いも多いですが、こうして間違いを指摘してくださる方がいるので助かります。

あの国は、あからさまがどうも好きって言うか、空気が読めない人が多いみたいですね。

とにかく相手にしてもらいたいんでしょう。

白い目で冷ややかに見守ってやりましょうよ。

関わりたくないし。

雪百のドリブンスプロケットを交換し、スタンディングでフロントアップの練習。

自宅の庭でやっていたが、夢中になると近所迷惑なので、少し離れた田んぼ道で練習。

シートに座ったウィリーは得意だったが、スタンディングのウィリーはウィリーバーに足を掛けてやるのしかやったことがない。

ウィリーバーがあれば楽チンだか、トライアルはバイクスタントじゃなくて、難所の通過が目的の競技。

膝を入れてフロントフォークを縮ませ、フロントフォークが伸びるのと合わせる様にアクセルを開きクラッチを繋げる。

すると、どうしてもフロントが浮いた際にシートに座ってしまいます。

シートに座ったシッティングウィリー状態にならない様にしなきゃ。

でも、練習する気になれば、毎日やれる環境に俺はいるんだよね。

モトクロス練習場も作るし、トライアル練習場も作れる。

これで俺にもっとライディングのセンスが有ればなぁ。

俺みたいな子供の頃に運動オンチな人物は、運動神経を研ぎ澄ます訓練を止めるとすぐに元に戻っちゃう。

やらなくなると、脳が、「もう必要ないから。」って、運動のシステムは削除する。

もしかしたら、脳の奥の引き出しに仕舞っておいた運動システムが残っていて、練習を続ける内に引っ張り出されるかも。

若い頃にTLM50でスタンディングのウィリーが少しやれたんだけどね。

毎日スタンディングとスタンディングのフロントアップを少しずつ練習するか。

キャブレターのセッティングも、スタンディングのフロントアップする際に息つきの症状が出るから、ジェットニードルをもっと濃くしてみよう。

ギア比の方は、こんなもんかなと思いました。

明日、木の電柱をコーナリング練習場に運んでハードエンデューロ練習場に改築だ。

コース製作の画像だけはブログに貼ります。

アンチピーキーに嘘つきって言われない様に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トライアル練習場を作ろう!

最近は、オフロードバイクの世界も過激になって超ハードエンデューロなんてレースが存在します。

オフロードの耐久レースとトライアルが混ざった様なレースです。

面白いレースですね。

バイクのトレーニングには丁度良いかも。

私設コーナリング練習場にステアケースや丸太を敷いてハードエンデューロ的にしようかなと思ってますよ。

コンクリート側溝もあるし、丸太(木の電柱)もあるし、石も山んなかから調達できそうだし、廃タイヤのセクシャンも作れる。

なんか、虎の穴の特訓施設みたいで笑える。

まずは丸太から設置するか。

一番簡単だし。

バイクは面白いや。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ギア比変更

雪百(XR100R)のドリブンスプロケットを51Tから49Tに変更してみます。

午後からスプロケット交換して試走&練習。

キャブレターのセッティングも変わるかも。

ギア比(二次減速比)がロングになるほどガソリンは薄くしないといけなくなります。

とりあえず走ってみてですね。

今回やるギア比変更は、リアタイヤのトラクションの向上が主な目的です。

トライアル練習で1速ギアを使って走ると、スリッピーな路面でタイヤが咬みません。

1速でスリップ、2速だとギア比が少し高い。

トライアルに使える様なギア比の方が、雪上レースでも有効なのかも知れないという判断です。

何でも物は試しですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございまーす!

勝訴のお祝いのコメントをくださった皆さんありがとうございます。

平社員さん、まさに人生で一番美味いビールでした。

こんなビールを何度も飲んでみたいですね。

勝利は酒を美味くする。

バイク運動会後のレース優勝の美酒(レース賞品の発泡酒)も美味かった。

今年は最高です。

czi110 乗りさん、お久しぶりでーす!

お元気してましたか。

秋田県庁の違法が完全に認められ、今回は原審(秋田地方裁判所の判決)よりも厳しい判断がされました。

苦労した甲斐がありました。

俺の人生面白いな。

桜華さん、これからが本番です。

秋田県庁は俺が佐竹(知事)の送った秋田県庁の違法行為の記事が掲載された『道楽』をおそらく廃棄しています。

秋田県庁文書課の課長が、「私達はちゃんと配達してますからね。」と念を押す様に言い訳したのが、その証拠です。

知事に近い部署というよりも、秋田県庁内では力の強い建設部が知事に見せまいとやっているのでしょう。

秋田県庁の違法行為が全国の人々の目に触れても、そんなこと何も知らない知事が気の毒ですよ。

罪を認めないほど事態が酷くなることを秋田県庁の奴等は知らない。

何故なら、今まで1度も秋田県庁自体が訴えられた裁判で敗訴したことがなかったからです。

つまり、秋田県庁の違法行為は公に認められたことが無かった。

そこに俺の様なクレージーが、あの手この手で外堀を埋めて逃げられなくしました。

これからは内堀も埋めてやります。

監査委員として機能してない情報公開審査会の有識者の解任。

情報公開で違法行為をした職員の処分及び上司の処分。

佐竹(バカ知事)の文書及び口頭での謝罪を求めます。

その段取りを今進めてますよ。

拒否したら、その時はその時です。

名無しですみませんさん、優しい御言葉感謝致します。

これからも秋田県庁の動向に注目してください。

きっと、同じ人間かと思えない行動を取るでしょう。

クールな顔して人権侵害。

それが秋田県庁です。

芝刈機家さん、外国でのお仕事は大変でしょう。

すぐにホームシックになる俺には、それだけで偉大に思えます。

まだ、頂を目指して7合目付近ですかね。

秋田県庁が上告したら、また1年掛かります。

何せ、「係争中につき・・・」が得意な人達ですから。

でも、今回の勝訴を素直に喜んでいます。

王手は掛けてますからね。


応援してくれている全国の皆さん、『GO! GO!マッドライダー』をこれからも宜しくお願いします。m(__)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

チョメチョメD

午前中にスマホにダウンロードした『Gravity』をヘッドホンで聴きながら、秋田市の朝日新聞社ビルに向かっていると、昭和男鹿インター前の道路を物凄いスピードで走ってるパジェロがいた。

「これは・・・」

と思い、俺がパジェロの後方に付く。

飛ばしてるのに、後ろに付かれるとプライドが傷付くんだよね。

この後はバトルに必ずなると思ってたら、交差点の信号が青に変わった瞬間にパジェロが鬼ダッシュ。

本当は別ルートで向かう予定だったが、折角のバトルのお誘いに乗ることにした。

速度計が俺のラティオの最高速を指そうとしている時に、前方のクルマで速度が落ちる。

俺は、遥か向こうの対向車の様子を把握して、追い越しのプランを立てた。

「3台目の対向車が来る前に加速して、3代目の対向車がパジェロとすれ違った瞬間に追い越しを開始する。」

このプランの通り、追い越しを実行。

パジェロとその前のクルマをすんなりパス。

その後は雨と強風の中をアクセル全開。

途中でパジェロが諦めた。

しかし、その先でクルマが渋滞し始めると、また息を吹き返した様にフル加速を開始するパジェロ。

俺はね、俺にバトルで負けた奴が2度と俺とバトルをしようと思わなくなるまでやるのよ。

渋滞するクルマを抜くプランを立てて、そのプランの通りに実行。

バックミラーから消し去るどころか、目の前から消えてやりました。

ヘッドホンから聴こえる『Gravity』の曲が、俺の気分を盛り上げる。

ぶっちぎったところでクールダウンして、100円ショップのセリアへ。

目的はスマホの音楽が響くスマホスタンド&スピーカー。(定価100円)

これでヘッドホンせずにスマホの音楽を楽しめます。

しかも、スピーカーの電源要らず。

屋根が半分のドーム状の入れ物にスマホを入れると、スマホの音が反響する。

セリアから朝日新聞社までは、それを使って『Gravity』を聴きながらクルージング。

朝日新聞社のビルは暴漢による襲撃防止で入口にテレビカメラとインターホンがあります。

Okをもらうまで自動ドアは開きません。

俺が開けゴマのセリフを喋る。

「秋田県庁との裁判にまた勝ったので新聞記事にしてください。」

以前に担当していた方が不在だったので、受付の女性に事情を話して判決文と資料を渡す。

この時にびっくりしたのよ。

受付の女性が別れた最初の嫁さんの若い頃に瓜二つで心臓が止まるかと思った。

しかし、どう考えても年齢が若いから他人の空似とすぐに分かったけどね。

まったく、心臓に悪いったら、ありゃしない。

おそらく、来週の記事になると思います。

これは、単に記事にしてもらう為ではありません。

秋田県庁が懲りもせず、最高裁判所に上告した際に、俺がまたまた勝訴したら全国版のニュースにしてもらう為です。

秋田県庁の無様なところを全国の人々に知ってもらう。

秋田県庁は情報公開請求で隠蔽するのが当たり前という卑怯者集団と認識してもらう為です。

事実そうなので。

佐竹(バカ知事)が俺に詫びるまで、俺の攻撃は終わりません。

追記。

改めて仙台高等裁判所の判決文を読むと、原審(秋田地方裁判所の判決)は判決が甘いと、ほぼ全文を訂正しています。

つまり、秋田県庁の影響力のある秋田地方裁判所の判決よりも厳しい判断がされた訳です。

原審の判決文とは違って、何度も違法という言葉が書かれています。

それだけ秋田県庁の情報隠蔽は悪質だったんですね。

ざまみろ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメソングの面白い話。

昔、『らきすた』っていう女子高生達を主役にしたアニメがあった。

パロディがメチャクチャ多いアニメでさ、中でも話題になったのが、峠の走り屋達のバイブルとも言えるアニメ『イニシャルD 』のパロディシーンがあって、峠でクルマ2台かバトルする際にバックに流れていた曲が面白い。

イニシャルDのアニメで数多く曲作りを担当していた『m.o.v.e』というグループがあって、そのグループを真似て、『らきすた』のスタッフが『m.o.e.v』というグループを作った。

その『m.o.e.v 』の曲が『Gravity』で、らきすたのバトルシーンで使われる。

これがまた、完成度が高い良い曲でね。

アニメが放送された当時には神曲とか言われていた。(中には本家よりも好きって人も。)

なんと、そのm.o.e.v の歌った『Gravity』を本家のm.o.v.eがカバーしてCDが販売されています。

この作品を期に、本家m.o.v.eはアニメソングのカバーをする様になったとか。

何これ?

本家を真似した偽物の曲を本家がカバーって?

なんか笑えるわぁ。

てな訳で、『Gravity』をスマホをダウンロードしたので、峠を走る時には聴きながら走りたいと思います。

「安全運転は任せたまえーっ!」

こんな感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯖の味噌煮さんへ

鯖の味噌煮さん、コメントありがとうございます。

大元の裁判(道路工事の不備で俺がバイクで転倒した損害賠償請求訴訟。)では、俺の訴えは棄却されました。

ですが、内容的には俺の勝ちでした。

まず始めに、裁判所の判決には地位格差があります。

全国全て同一ではありません。

それどころか、これが公平な裁判かと疑問に思うことも多々あります。

秋田地方裁判所では、秋田県庁の力が強くて長年に亘って秋田県内で発生した道路管理の不備による事故の裁判は全て棄却(原告となる被害者の訴えを認めない。)となっていました。

この裁判の裁判長が、俺の主張を認めて和解勧告を出します。

その和解勧告とは?

俺には損害賠償請求を諦めろ。

秋田県庁には、「管理道路での事故防止に努めよ。」という命令書を受け取れというもの。

この和解勧告が成立すれば、今後に秋田県庁が管理する道路の不備による事故の裁判があった場合、「秋田県庁は事故防止の注意を怠った。」と判断されて棄却以外の判決が出せると裁判長から直接説明されました。

つまり、裁判長は秋田の裁判所はおかしいと判断して、それを是正しようとした。

しかし、秋田県庁は裁判長の度重なる説得には応じず和解勧告を蹴った。

そうなると秋田の裁判所の独自ルールとも言える、「秋田県内の秋田県庁が管理する道路での事故で秋田県庁の責任は一切認めない。」という慣例が発動し、俺の訴えは棄却です。

これまで、秋田県で秋田県庁が管理する道路の不備による事故で沢山の人が裁判所に訴えを起こしましたが、誰一人棄却以外の判決をもらっていません。

俺が訴えた裁判が、それを是正する最大のチャンスでした。

そして、この和解勧告を蹴られた裁判長は、後に行政訴訟で行政側の責任を認める判決をバンバン出す様になります。

相当頭に来たんでしょうね。

そのせいで、大館市の不正行為や暴走運転で女子中学生を轢かれて亡くなった事件の損害賠償請求訴訟では運転者に損害賠償命令が下されています。

警察の取り調べでは女子中学生の飛び出しとされ、運転者は不起訴でした。

刑事と民事で逆転判決です。

運転者の家族に警察関係者がいたのか、それとも地元有力者の家系だったのか。

事故の目撃者が存在したにも関わらず不起訴という不自然な処分でした。

それ以外の行政訴訟でも原告勝訴の判決を幾つも下しています。

この裁判長は、和解勧告の際に、「世の中にはわざと白黒つけないこともよくあることです。」と言ってたんですよ。

それが俺の裁判を期に、相手が行政でも、刑事で不起訴が決定していても、「悪いものは悪い。おかしいものはおかしい。」とハッキリ判断される様になりました。

俺のおかげとは言いませんが、俺の努力もまんざら無駄ではなかったと思っています。

ちなみに、俺が今回勝訴した裁判の原審の勝訴判決も、この裁判長が下しています。

県民の税金で暮らしている県庁職員が、まるで県民との間に主従関係があるかの様に振る舞うのはおかしいと感じるべきです。

転倒事故の示談交渉では、秋田県庁の説明は全て嘘と捏造でした。

俺が独自で行った後の調査で、本当のことは何も無かったことが確認された。(調査には丸三年掛かりました。)

何一つ本当のことは無かった。

本当にこれっぽっちも無かったんだ!

明らかに県民をバカにしています。

これから俺がそれを戒める。

頑張ります!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

攻撃開始

郵送されてきた判決文を3部コピーしています。

どの様にして、この判決が出されたのか経緯を分かり易くするためにバイク雑誌に掲載された記事もコピーしました。

届ける相手は言えません。

秋田県庁のバカ野郎が警戒して先手を打ってくる場合がありますので。

まぁ、じっくりいたぶってやりますよ。

昨晩は興奮して寝付かれずにいました。

なもんで、特許取得書類を書きましたよ。

途中、強風が心配になって、山ん中の工場を見に行きましたが。(屋根を飛ばされるのが怖い。)

『発明の実施の形態』って項目で、従来品を如何に簡単に改造して発明を実施するかの説明から始まって、実施例を何点か書いています。

特許書類は、分かり易く長く書かなくてはいけないとか。

特許庁の人も特許のプロとはいえ、必ずしもメカニックの専門家ではないようなので、この様にしなくてはいけないみたいです。

何より苦労して発明したと訴えることが大事だとか。(弁理士さん曰く。)

裁判所に提出する書類を書くのも大変ですが、特許の書類を書くのも大変です。

なんてたって、俺は裁判の素人で、只の走り屋ですからねぇ。

自分なりに精一杯頑張ってるだけで、それ以上でも、それ以下でもない。

勢いに任せて、愚直に進むのみ。

それも、できることなら、「悪魔のように繊細に、天使のように大胆に。」ね。

俺みたいな人間は、何に付けてもインパクトですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

名無しさんよぉ、

名無しのバカが、人が良い気分でいる時に。

判決見たろ、秋田県庁の控訴を棄却。

慰謝料は原審と同じ。

但し、控訴費用は控訴した秋田県庁が払え。

慰謝料が10000円なのは、情報公開請求に対する国家賠償を認めないって判例(最高裁の判決)が存在するから誰が訴えても、それくらいにしか認められない。

ちなみに千葉県の判決例だと20万円だった。(秋田県人の知る権利安い。)

判決文に、俺の情報公開請求対する秋田県庁の判断は違法って書いてる。

秋田県庁の違法行為を認め慰謝料を支払えと命令が出てて、「本当に勝訴なの?」だとかバカかお前は。

裁判所が原告だった俺に配慮して慰謝料10000円の実質敗訴だろとか、町内会の問題解決じゃないんたぞ。

違法行為がなければ原審で俺の訴えは棄却されて終わり。

頭が大丈夫かお前。

裁判所の判決はそんなに安くないぞカス。

そんなに俺の勝訴が悔しいのかな?

裁判で負けた方が控訴するのが普通だろ。

俺は原審の判決に満足してる。

秋田地方裁判所が秋田県庁の違法行為を認め、秋田県庁はそれではまずいと控訴した。

そして、仙台高等裁判所の判決は控訴棄却。

いい加減現実を認めろ屑。

大体、お前らだろが、「勝訴したのに訴訟費用を払うのはおかしい。」とか言ったのは。

秋田の裁判じゃ、秋田県庁の力が大きくて、秋田県庁の違法行為を認めたのに訴訟費用のほとんどを原告が支払う様な歪な判決を出すしか、原告の俺を勝たせられなかったんだよ。

今回の裁判は仙台高等裁判所で、秋田県庁の力なんかに左右されなかったんだクソが。

明日、朝日新聞社に勝訴の報告して、また記事にしてもらう。

「仙台高等裁判所、秋田県庁の違法行為を認め、秋田県庁の控訴棄却。」って、記事になるから。

秋田魁新報社は、秋田とつくだけあって秋田県庁自体に不利益のあるニュースは絶対に書かない。

朝日新聞に書かれてる裁判所が認めた秋田県庁の違法行為を秋田魁新聞にはなーんも書かれてない。

この現実に気付く人が多いほど、秋田県の実情が分かるってもんだろ。

再度言うが、判決文には秋田県庁の行為は違法って書いてるの。

じゃあな、自分の思い通りにならなくて地団駄踏んでるアホ君。

本当に名無しはバカしかいねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お祝いだぜぇー!

秋田県庁の追い討ちは明日からやるとして、(段取りは進めてる。)今夜はお祝いだぜぇー!

ビール飲んじゃうよー!

ノンアルコールじゃないよー!

鯛のお刺身食べちゃうよー!!

大潟村のAコープでお高い鯛の刺身を買っちゃったよー!

ウニも食べちゃうよー!

ビザ味のポテチも食べるよー!

大好きなピーナッツも食べるよー!

今まで応援してくれた方々に感謝します。m(__)m

今まで散々貶してくれたアンチピーキーの方々にも感謝します。

あなた方の批判や誹謗中傷に負けまいと頑張れることができました。

ありがとうございました。m(__)m

そして、知ってください。

泣き寝入りを絶対にしない男が存在することを。

やられたら、やり返す。

皆殺しだ!(ハイテンションなんでご勘弁を。m(__)m)

実は超緊張して、昼飯が喉を通りませんでした。

今日だけは思いっきり酔っぱらいます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お待たせしました。

お待たせしました。

仙台高等裁判所の判決は、

1 本件控訴を棄却する。(控訴人は秋田県庁。)

2 控訴費用は控訴人の負担とする。

つまり、俺の勝訴です。

しかも、秋田地方裁判所とは違い、秋田県庁の力が及ばないため原審(秋田地方裁判所の裁判)では訴訟費用のほとんどが勝訴した原告の俺が負担とする判決でしたが、それはおかしいと今回の控訴費用は秋田県庁に払わせることとなりました。

さてと、

どう追い討ちを掛けるかな。

これからが楽しみですね。

秋田県庁に言わせると俺はクレージークレーマーらしいから、そのクレージークレーマーの恐ろしさを思い知らせてやろうかい。

待ってろ佐竹。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結果は午後3時。

秋田県庁が俺が請求した文書を隠蔽したことに対する裁判の判決文が午前中に配達されましたが、あいにく仕事で俺が不在。

受け取りには俺の署名や判子が必要なので、判決文は配達員が持ったまま。

郵便局に留めておいてくれる様に頼みました。

なので結果は午後3時に分かります。

俺の勝訴か、それとも不当判決か。

秋田県庁の虚偽と捏造が法廷で全部バレて原審(秋田地方裁判所)では俺の勝訴でした。

これを覆す理由は見当たりません。

もし、そんな理由があったら、でっち上げってヤツですね。

ちょっとドキドキしてます。

仕事で埃だらけになったので風呂に入ってから昼飯です。

はたして、仙台高等裁判所の裁判官には誇りはあるのか?

裁判官がアホでないことを祈ります。

それも午後3時に分かります。

あーっ、胃がキリキリする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒッチメンバー

ラティオでバイクトレーラーを牽引する為にヒッチメンバーを取り付けしなきゃいけない。

取り引きのあるクルマ屋さんに付けてもらわなきゃ。

昼前に相談しに行こう。

仕事の方も佳境に入ってる。

天気と気温が勝負の仕事なんで晴れたら仕事、雨なら休み。

今日は1日仕事です。

明日から休み。

あと少し、あと少し。

頑張れ俺!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

6合目

まず始めに、秋田県庁との裁判の判決文がまだ届いてません。

明日辺りかな。

午前中にちょっと仕事して、午後から秋田県庁第二庁舎に行ってきました。

バランサー・フライホイールの特許取得の相談です。

俺が書いた申請書類についての指導をしてもらいました。

請求項(発明の権利)については褒められましたよ。

分かり易く、良く書けてるそうです。

但し、請求項の一番最後の項目を一番最初に持ってきた方が良いと言われました。

こんなバランサーは、「見たことも聞いたこともない。」ので一番最初に権利にしようという事でした。

その後は、結構な指摘の嵐でした。orz

発明の実施の形態についての内容が薄過ぎて、思い付きだけで実際には作っていない様に見えるそうです。

「実際にやった場合のウエイトの重さはどれぐらいなんですか?」との弁理士さんの問いに、「最初にやった時の錘は50円玉でした。」と俺が答えたら、「そんなもんですか!」と驚いていました。

その程度のもんで劇的に変わるから特許にしょうと思ったと告げると、「それは凄い、是非特許にした方が良いですね。」と弁理士さん。

何と言っても、ローテク、ローコスト、ハイパフォーマンスの発明ですからねぇ。

弁理士さんから、「実施例全て文書にして、その実施例の図を書いてください。」と言われましたが、県庁の担当者からは、「いっそのこと、先生(弁理士)に(特許取得を)お願いしたらどうですか?」と言われた。

ちなみに特許取得を最後までお願いしたら、50万円くらいだそうです。

その金額を聞いて、「自分でやる!」と深く心に誓いました。

貧乏のバカ。

まぁ、今日の相談で、6合目辺りまで来ていて骨組みは出来たから、後は肉付けですね。

まだまだ大変だわ。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やめようと思う。

トランプ大統領が韓国を訪問して、慰安婦だった婆さんと会わせたり、独島(日本領)の海老をこれ見よがしに食べさせようとして、トランプさんブチ切れた。

トランプさんは、韓国政府が用意したホテルには泊まらずに大統領専用旅客機で機中泊。

韓国大統領との会談は実質10分程度で終わったらしい。

そのニュースを知って俺は思った。

「韓国はいずれ自滅する。 俺が朝鮮人の批判をすればするほど俺自身に悪影響が及ぶ。 これからは一切バカどものことは口に出さない。 それほど屑な国だ。」

この記事を最後に俺が朝鮮人について、あれこれ言うことは今後あり得ない。

これからは韓国のことを、「あれは、」とか、「あそこは、」とかで表現する。

ハッキリ言おう。

「お前らのおかげで俺の口が腐ることに気が付いた。 今度のオリンピックがお前らのトドメとなる。 まぁ、せいぜい頑張れや。」

お見苦しいところをお見せしてスミマセンでした。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

トライアル動画を見て驚いた。

日曜日のトライアル練習動画を見て驚いた。

俺、一切スタンディングしてない。

ステアケースもシートに座ったままやってる。

無茶だわ。

今度から、ちゃんとスタンディングを練習します。

トライアルはスタンディングが基本姿勢だもんな。

トライアル練習は皆で楽しく。

難しいセクションは補助もしてもらいたいし。

明日はドライブスプロケット15Tをダイリン(カー&バイク&自転車用品店)から買ってこなきゃ。

秋田県庁に行った帰りに。

手元にあったスプロケットに15Tが無くて、雪百の整備はキャブレターガードのビビり止めしか出来なかったよ。

キャブレター・セッティングもしようかなと思ったが、日曜日の練習でエンジンの始動性が良好で走りも良かったからセッティングはそのままにした。

雪が降れば一番困るのは始動性の悪さだものね。

調子が良いが安心です。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特許で新たな戦いに発展するかも。

注射針や携帯電話の乾電池を開発した人曰く、「特許は一人で取ると大企業と何年も裁判することになる。 だから俺は大企業と協同で特許を取る。」だそうだ。

そりゃあ、中小企業とはいえ、日本では技術力に定評のある社長さんなら大企業も協同で特許を取ろうとするでしょ。

でもね、俺はただの走り屋だよ。

しかも、エンジンとは全然関係ない業種の人間だ。

ピーキーレバーを開発した時みたいに、騙されて終わるよ。

そうなると、裁判を覚悟して特許を取得しないとな。

さっき、バランサー・フライホイールの特許取得書類の下書きが完成した。

あくまで下書きだ。

弁理士からokを貰わないと清書できないからね。

注射針と携帯電話の乾電池を作った社長さんは、「ハイテクはローテクを見直すことで生まれる。」とか。

俺の発明は、俺の頭が大したことないから最初からローテクだよ。

でも、雪百(XR100R)を俺の発明で改造して大企業が作ったモトクロスマシンと同等に走れたよ。

ライダーのテクニックだけじゃ、それは絶対に無理。

大企業の人、俺とは裁判せずに俺の発明を買ってくれよ。

お互いに良い夢見ようぜ。

秋田県庁と判決はどうなってるかな。

明日、判決文が郵送されてきます。

大企業との裁判は避けたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツルバラ

風が強い中、黄色いツルバラの花が3つ綺麗に咲いてる。

今年植えた新参者のツルバラ3本が風でゆらゆら揺れていた。

誘引用の針金を買って、こいつらも縛ってやらないとな。

来年は賑やかに花を咲かすことだろう。

花は良い。

観てるだけで心が安らぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1週間に1度

桜華さん、コメントありがとうございます。

太平のトライアル場での練習で、転倒した際に木の切り株に膵臓を思いきり打ってしまい、湿布してます。

膵臓撃ちは堪えるわぁ。

トランポ問題もラティオを乗り続けることになって、バイクトレーラーという形になりました。

結構大きなトレーラーに雪百(XR100R)を1台だけ乗せると妙な目立ち方をしそうて怖いですね。

あと、日々、「日本人に生まれて良かった。」と思って過ごしてます。

キムチや冷麺や焼き肉が大好きな俺ですけどね。

トライアル車はホンダエンジンの車体が外車みたいです。 トライアル車はよく分かりません。

バイク漬けの人生も今が一番面白い時期になりました。

毎日バイクに乗るのも楽しいが、日曜日にモトクロスの練習や整備をするのが丁度良い。

夢中になり過ぎる癖があるので、悲壮感が漂うまで頑張っちゃうんだよね。

ライディングの才能がないだけに、体がボロボロになっちゃう。

俺の場合、頭で考えて、それが合ってるか分からないとダメなタイプ。

理詰めのライディングです。

バイクスタントとかトライアルって体幹を鍛えるのとかは、俺みたいなタイプは大変だよね。

まぁ、現代ではYouTubeっていう先生があるから、見習いには事欠かない。

習うより慣れろも大事かも知れないが、手本があると無しでは上達に掛かる時間が違うから。

今の俺の1週間に1度だけ思いっきりバイクに乗るってスタイルだと、乗ってる時の楽しさと倍だ。

基本的に俺は出不精みたいだし。

今日の午後に秋田県庁との裁判の判決が出る。

明日の午後はバランサー・フライホイールの特許取得の相談をしに秋田県庁へ。

秋田県庁に縁がある?

裁判の勝訴を信じて、秋田県庁(建設部と佐竹)を追い討ちを掛ける段取りをして、同時に特許取得の書類を見直ししておこう。

もし、敗訴だったら最高裁に上告しないといけないし。

仙台高等裁判所もバカじゃないから、秋田県庁のやらかした不法行為が法廷のみならず、雑誌を通じて全国にバレてる状況で俺を敗訴にすることはないと思いたい。

特許取得には、特許申請の他に特許の審査が必要です。

昔は特許出願中とかって堂々と製品に書いてましたが、最近は見なくなりました。

出願中ではなく、取得が大変なそうですから。

自分が創造した物を丸パクりされた時の制裁に絶対必要なのが特許。

裁判所に提出する証拠と同じです。

証拠が無ければ裁判所は相手にしません。

秋田県庁との裁判で俺のミスから大事な証拠(証拠映像)を消失させてしまい、苦しい裁判をする羽目になりました。

3度目の裁判では、秋田県庁の隙をついて証拠を得られた。

そして、3度目にして秋田県庁の違法がやっと認められた。

裁判の素人が3年頑張ってやり遂げたことです。

この結果が覆されないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

楽しいトライアル動画 ラスト

 
 
 
 
またやりたいねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

楽しいトライアル動画 その3

 
 
 
 
ド根性でも乗り越えられないものがあるとさ。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しいトライアル動画 その2

 
 
 
 
動画を見て気が付いたけど、フロントアップの仕方が違うんだよね。
 
俺のやり方はハンドルを押した反動で上げる。
 
マルジさんやneriさんは膝を入れた反動で上げる。
 
次から真似しよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しいトライアル動画 その1

 
 
 
 
マルジさんのお兄さん撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納得という言葉

明日、仙台高等裁判所秋田支部で俺と秋田県庁との裁判の判決が下されます。

原審(秋田地方裁判所の裁判)の判決は俺の勝訴でした。

法廷で被告(秋田県庁)の虚偽と捏造の主張が全てバレた末の判決です。

俺の提出した証拠から見ても、納得の判決と言えます。

さて、明日の判決はどうなるでしょうか。

秋田地方裁判所では、秋田県庁の力が強かった時代からの慣例で勝訴とはいえ、秋田県庁を訴えた原告の俺にはメリットが無い内容でした。

裁判長が俺を勝たせる為に苦労して出した判決と思います。

そうまでしないと秋田県では秋田県庁自体が被告の裁判には勝てない。

さて、明日はどうなりますかね。

裁判所には行きません。

高等裁判所の裁判長が、「無理して来なくても良いですよ。判決文を郵送しますので。」と言ってくれたので大人しく従うつもりです。

納得とは、全てにおいて頷ける事を言う。

聖飢魔IIのデーモン閣下が、今から30年前に『エルドラド』という曲を歌った。

コンサートで、この曲を紹介する際に予言の様なことを言った。

「エルドラドという黄金郷は、実は他の国の人から見たらこの世界(日本)のことを言うのかも知れない。」

今現在、YouTubeの動画で震災後の日本の復興には日本人の民度の高さと社会の完成度の高さが素晴らしいとの内容の物が沢山出てる。

日本を持ち上げている動画は、俺的には恥ずかしい面もあるが事実だから納得ができる。

阪神大震災の時とは違って、レイプや略奪も少なかったからね。

戦後から警察署が暴徒に襲われる事件があったのは日本広しといえど大阪だけ。

やっぱり朝鮮人が多い地域は治安が悪いわ。

朝鮮人は日本のガン細胞。

パチンコを公営ギャンブルしてみろ、日本政府の借金なんか、あっという間に無くなる。

来日したトランプさんも似た様なことを言ってるらしいが。(俺は数年前からブログで主張してる。)

話は変わるが、昨日、秋田市のバイク屋に行ってバイク仲間のクマさんから言われた言葉が素晴らしかった。

クマさんが、「バイクで死なない様に気を付けてね。」と言ったのに対して、俺が、「その為に(日頃)訓練してる。」と答えた。

その答えにクマさんが、

「訓練中の事故もよくある話だから。」

なるほどと納得したよ。

素直にクマさんの言葉を聞いて感謝した。

バイクのみならず、色んな世界で絶対は無い。

ただ理想があるだけ。

エルドラドに辿り着ける日が来るか来ないかは、誰も分からない。

「早く行け、速い行け、消えて仕舞わない内に辿り着け。」

エルドラドの歌詞のサビの言葉だか、今の俺には、

「若くして目指せ、急いでやれ、死なない内に目標を達成しろ!」

そう聴こえる。

夢にまで見たエルドラド。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ビビり対策

水本マフラーに取り付けたキャブヒーティング兼キャブレターガード。

アルミ板で製作したのは良いが、ビビり音が酷い。

そこでビビり音止めにラバーシートを裏側に貼ることにした。

あとは針金でもう1ヶ所くらい固定しようかな。

スプリングで引っ張るのも良い。

色々試してみます。

雪百(XR100R)遊べるわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

物は試し

昨日のトライアル練習で、雪百のギア比ではショート気味ということが分かった。

スリッピーな坂道で、1速だと低く、2速だと高い。

雪百のギア比は、ノーマルよりもドリブン(リア)スプロケットが1T大きい。

そこで、ドライブ(フロント)スプロケットを1T上げてみたらどうだろう。

林道とかなら最高速も上がって楽に移動できるだろう。

モトクロスコースだと、トップギア(5速)は使わなくなるな。

昔にね、似た様なことしたことがある。

タイトなコーナーを必ず1速で走る様にした。

結果的に、「これは誤魔化しのセッティングだ。」と気付いてノーマルに戻したんだよね。

でも、今はどうかなぁ。

試しにやってみます。

トライアル練習場、林道、モトクロスコース、それぞれを走って、ニュアンスを確かめなきゃ。

今までみたいにショートなギア比で、ギアの繋がりをクロス気味にするか。

それとも、ロングなギア比で、1速のタイヤの食い付きを良くして走れる幅を広くするか。

意外に面白いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悩んだ末

ステップワゴンKタイプを見に行こうと、ラティオに乗ろうとした。

ラティオのキュートなテール回りを見た瞬間に、「ダメだ!俺にはラティオしかない。」と強く思った。

実は、モトクロスのお世話になってるバイク屋から、「バイクトレーラーならあるよ。」と言われていた。

ラティオでバイクトレーラーを牽引することに決めました。

俺に、これほどピッタリくるクルマはこの先ないだろうと思う。

今乗ってるラティオが壊れたら、またラティオを買うよ。

俺にこれ以上のクルマはない。

バイクトレーラーでのバックが心配ですが、走ってる内に慣れるでしょう。

これも良い経験です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

味噌汁作り中。

桜華さん、Zepさん、コメントありがとうございます。

桜華さん、楽しかったですよ。

一人でバイクスタントの練習だと、ふと辛くなります。

スタント仲間と練習すると、自分の練習に集中できない。

だから、また一人でやる。→辛くなるのループ。

俺も少しは考えて、「別にプロじゃないんだから、一人で練習する時は短時間で。皆で練習する時は楽しむこと。」と変えました。

すると、比較的に辛くなくて成長は早いみたいです。

楽しさが成長の添加剤みたいだなと。

Zepさん、2.4リッターのステップワゴンは速過ぎ。

2リッターでも、助手席に人を乗せて峠でインテグラのタイプRと本気バトルして勝ったことがあります。(フルノーマルです。)

2.4リッターなら、どうなるんだか。(ワクワク。)

雪国秋田だと、最低地上高が高い方が使い勝手が宜しい。

ステップワゴンのシャコタン化で、雪国秋田では車高の高いステップワゴンKタイプが俺には最強ステップワゴンに思えちゃう。

歳を取ったら、派手じゃなく、地味で実は凄いってのが、「最高に格好いい!」という風になりました。

Kタイプは良い。

でも、ラティオも良い。

まだ決めかねてます。

仕事サボったぁー!

仕事サボって、味噌汁を大鍋で作ってるー!

ナメコと野菜のごった煮味噌汁だぁー!

今日は1日これを食べるんだー!

今日は午後から仕事関係の用事を済ませて、ステップワゴンを見てくるよー。

実車見て、どうするか決めるんだー!

ラティオには最高のバトルの思い出が沢山あるよー!

全然普通のクルマに見えるのに、コーナーバカ速い。

タイヤサイズを上げたら、もっと速くなった。

友人や知り合いに、「あの速さは尋常じゃない。」とか言われてます。

でも、タイヤサイズ以外はノーマルだよー!

俺、クルマは基本的にノーマルで、バイクはフルチューンがモットーなんで。

ああ、どうしよう。

ラティオか、ステップワゴンか。

悩むぅ~!      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

悩んでます。

トランポ(運搬車)を買おうかなと悩んでます。

遠くでやってるレースを参加するにはトランポは必要です。

いつも実家から軽トラを借りてますが、気が引ける。

買うと、愛しのラティオ君と別れなくてはなりません。

妾(バイク)が増え過ぎたので、本妻(乗用車)を増やす訳にはいきませんので。

俺ね、ステップワゴンのKってタイプが好きなのよ。

四駆で速くて、車高があって、ルックスが好き。

もう、15年も前のクルマなのに俺にはまだ魅力的だ。

実はラティオの前に乗ってたのがステップワゴンのK。

レースやイベントでマシンを運ぶならトランポは絶対に必要です。

ラティオは速いクルマなんだよなぁ。

ステップワゴンは速いトランポ。

俺は、速い(速そうに見えないけど実は速い。)クルマやバイクじゃないと嫌なんだ。

あーっ、悩むわぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

リアサスの反動

モトクロスでは、フロントサスの反動を利用してジャンプする。

リアサスの反動は高く飛ぶ場合に使う。

今日のトライアル練習では、ステアケース(切り立った土手)を飛び越える際に、フロントサスの反動でフロントタイヤを上げ、リアサスの反動を使って上がったフロントを前に押し出しながらリアタイヤを上げる。

リアサスの反動を使うにはステップへの瞬間的荷重。

ステップをへし折るくらいの気持ちで踏むとか。

マジックジャンプ(平坦な所にある大きな溝をなんの切っ掛け無しにジャンプする。)と同じ動作が必要なんだそうだ。(マルジさん談。)

イメージトレーニングしなきゃ。

バイクスタントも練習が終わった後にイメージトレーニング。

睡眠中に脳が情報を整理して、必要な情報だけを残します。

成功した時の達成感(喜び)があれば、脳の整理がスムーズに進む。

同じ事を何度も練習している内に、成功する感覚が突然身に付く様になる。

何度も経験したことです。

何でも上手くなるポイントは楽しむこと。

しかし、楽しさだけを追求して難しいことを避ける様では、いつまで経っても成長はありません。

まだできない。

でも、やりたい。

だったら練習だ。

今日は面白かったぁ。

BBRのスキッドプレートが無かったら、エンジンケースを何度も割っていたと思う。

高かったけど、結果的に安い買い物だった。

良かったわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の動画 つづき

https://www.youtube.com/watch?v=Y_EKFqUEaQM&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めてのトライアル

若い頃、TLM50を買って、トライアルの真似事はしたことありますが、トライアル練習場で走ったことはありませんでした。
 
neriさんとマルジさんのカブ・トライアル練習に雪百(XR100R)で混ぜてもらいました。
 
初心者向けのコースで余裕だなと思ったのもつかの間。
 
雨で濡れた坂道でローギアが低くて、2速だと高いので苦労しました。
 
その苦労してるとこの動画です。
 
 
最初はこんなもんですが、一日練習したらひっくり返った側溝のステアケース(50㎝)を乗り越えられる様になりましたよ。
 
今日は何十回ひっくり返ったかな。
 
マルジさんからは、「神風アタック!」と言われ、neriさんから、「トライアル練習は上手い人(マルジさん)と無茶する人(俺)がいると最高に面白い。」と言われましたよ。
 
俺のトライは大変面白かったみたいです。
 
マルジさんのお兄さんがニコニコしながら動画撮影。
 
今日の俺は根性だけしかありません。
 
良いトレーニングになりました。
 
今日のチャレンジが再来週の林道アタックでは役に立つことでしょう。
 
帰宅後、全身バッキバキ。
 
 
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

雪百整備

今日は生憎の雨模様。

晴れた日にだけ仕事する俺はお休みです。

なので、午後から雪百(XR100R)の整備&チューンナップをするつもり。

純正スキッドプレートを外し、オイル交換。

BBRの頑強なアルミ製スキッドプレートに交換。

リアホイールのスポークが1本折れてたので交換。

エアクリーナーボックスの吸気口をシリンダー後方に増設して暖かい空気を吸入する様に変更。(後から蓋ができる仕様にします。)

エアクリーナーカバーの吸気口をガムテープで塞ぐ。

シリンダー左側後方をアルミ板でカバー。

キャブヒーターに配線。(ヘッドライトの上向きで稼動。)

モトクロスで世話になっているバイク屋さんから、「アイシング対策は何重にやっていた方が良い。」とのアドバイスでしたのでキッチリやりますよ。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツルバラ縛り

自分で建てた電柱車庫に這わせているツルバラが伸び放題になっていた。

ツルバラの弦を誘導させる針金にタイラップで縛って固定。

完成すれば、車庫の入り口と横の壁一面がツルバラ一色になる予定。

今年新しく植えたツルバラはもう少し伸びないと、先に植えたツルバラと絡ませられないので放置。

来年の春には一緒に縛れるかな。

寒くなったのにピンクの花が咲いて、すぐに散った。

そしたら、また黄色い花が咲きそうです。

何種類ものツルバラを植えているので、どんな花が咲くか楽しみです。

来年の春にはアジサイの苗を沢山植えます。

山から採ってきた野生種のアジサイの苗が育ってます。

自宅に植えたら、ちょっと珍しいかも。

綺麗な浴衣みたいなアジサイなんだよね。

アジサイだけが集中して生えてる花壇を作ろう。

ニラ畑を潰してアジサイの花壇だな。

田舎の家らしい我が家です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

ごっつぉ(御馳走)

桜華さん、コメントありがとうございます。

結婚どころか、彼女もいない様な使えないバカが、何を思ったか俺にコメント入れた様ですね。

この程度の奴に彼女がいたら、同様の低レベルな女でしょうね。

良いんです、良いんです。

バカは恥をかきながら経験を積むしかない。

でも、こいつは救えないバカだからなぁ。

これで勉強ができる奴なら、かえって滑稽ですね。


野菜の無人販売で美味そうなナメコが売ってました。

今晩はナメコの味噌汁と、昨晩作ったワカサギのカリカリ唐揚げ(トースターで更にカリカリ。)で晩酌です。

自分で調理するご飯は余計に美味しく感じる。

しかも、俺は貧乏舌だから特別に美味しく感じるのかも。

最高だなぁ。

明日は何を作ろうか。

教えて、クックパッド先生!

ネットは便利ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にわかアンチピーキーのコメント

名無しのバカが何も知らずにコメント入れた。

「雪が降って(バイクに)乗れないからって鬱にならないでね。 ロープなんか出さないでね。」

だとよ。

はーはっは。

こいつ、俺が雪道大好きなライダーだって知らねぇんでやがんの。

確かに、俺がYouTubeに雪道爆走動画をアップするまでは、一般常識じゃ、「バイクは雪道を走れません。」だった。

俺が雪道爆走動画を公開してからは、「雪道用の装備と訓練をしたら普通に走れるらしい。」に変わったんだよ。

雪道走行の動画と言えば年越し宗谷岬キャンプの動画が有名だが、俺の仲間が宗谷岬のキャンプに参加して、何だか凄い奴が参加したとか言われたそうだ。

その凄い奴は俺の仲間内では普通レベルだから。

その仲間曰く、「全国の雪道を走ったが秋田県の雪道が一番難しい。」だと。

そんな面白い道を俺が走らない訳ないだろ。

伊達に何年も真冬に田沢湖カブ・ミーティングを主催してねぇよ。

知ったかぶりって怖いねぇ。

雪道をブッ飛ばすのが俺様だ。

アホ丸出しだな。

しかも、俺が熊食われて危険を証明しろだとよ。

よし、俺が食われてやるから熊を連れて来てくれ。

お前が食われずに連れてこれたらな。

バカは本当に救えねぇ。

今日からお前の名は、ノーレスキューバカな。

ベテランのアンチピーキーがお前のことをどう思ってるか教えてやろうか。

「何にも知らねぇバカがまた一人生け贄になったわw 」

間違いなくそう思ってる。

このブログがアクセス数のわりにコメントが少ない理由はそれ。

俺のことを理解してなきゃコメントなんかできないから。

良かったな、後学のためになったろ。

失敗から学ぶのは凡才の証拠。

同じ失敗を繰り返すのは凡才の凡才。

三度繰り返すのはカス。

お前はどれだ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

同級生とのバトル

昨日、近所(とは言っても5キロは離れてる。)のスーパーで買い物したら同級生(♂)がいた。

帰りに同級生の乗るCR -Zを俺のラティオ君で抜く。

そして、今日の昼。

コンビニ(地元で1軒。)で買い物をした帰り道で、偶然に同級生のCR -Zの後ろに付いた。

俺に気が付いたのか、CR -Zが良い加速で離れる。

「ゴメンなマイフレンド。今の俺は他のクルマは動くパイロンにしか見えないんだよ。」

狭い県道で10秒で抜いて、10秒で視界から消えてやった。

ランディー・ホーキンス先生のブレーキングでコーナーリング速度が約10キロ上がってる。

また少し速くなりました。

ライディングやドライビングは知識と経験の積み重ねだと思う。(俺の持論。)

センスは肉体の衰えで消えて行く。

知識は違う。

ボケずにいたら、増えるだけ。

あと10年生きられたら、俺はどうなってるんだろう。

ちょっと分からん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずっと手前で

最近、ライディングに疑問があった。

外国人ライダーが速い訳はライディングセンスだけじゃないと思えるからだ。

何だろ?

困った時のYouTube先生。

色んなライディング動画を見た。

その中で、『ランディー・ホーキンスのオフロード・ライディング』って動画があった。

ランディー・ホーキンスは、ちょっと前(俺的に)のアメリカ・エンディーロ王者。

そのランディーが、「日本人はコーナー突っ込み過ぎで加速が下手だ。」と動画の中で語ってた。

じゃあ、試しにコーナーリング進入のブレーキングをずっと手前でやってみた。

クルマで。(クルマで使えるテクニックはバイクで使える。バイクで使えるテクニックはクルマで使えるは俺の持論。)

コーナー立ち上がりが速い!

めちゃめちゃアクセルを開けられる時間が長い。

安心してアクセル開けられる。

これ使えるわ!

日本人の神風精神がコーナーを遅くしている様です。

まぁ、競り合いなれば、それも絶対に必要なんですけどね。

ありがとう、ランディー・ホーキンス!

ありがとう、YouTube先生!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが日本

秋田県と山形県の境にある山が鳥海山。

秋田県では秋田富士と呼ばれる。

山形県では庄内富士と呼ばれる。

東北地方では出羽富士と呼んでる。

今年、その鳥海山を祀る神様が秋田県から山形県に20年ぶりにお引っ越し。

これさぁ、日本人だから、「ふ~ん。」で済んでるが、海外だったら戦争だよ。

俺んとこの神様だって、絶対に譲らないからね。

外国人には、絶対無二が神様の条件。

俺んとこの神様以外は認めない。

俺んとこの神様が一番。

ここの神様は俺んとこの神様。

これで凄い争いが始まる。

「20年毎に神様を引っ越しさせましょう。」

そんな考え方は日本人にしかできない。

何故か?

約束は守るもの。

約束を守らない奴は屑。

そんな奴が神様の恩恵を受けられるはずがない。

約束を守る→そんな人間を神様は見守ってくれる。

だから20年後にはまた引っ越しさせてね。

これが日本。

約束なんて、前の大統領がしたこと。

今の大統領じゃないから知らねぇよ。

そんな糞虫が神様から見守られる筈がない。

神様よりも先に他国の人が見限るよ。

寄生虫。

ウジ虫。

売春婦輸出世界一国家。

金を貰っておいて、「姓奴隷だった。」とかアホ丸出し。

死ねば良いのに。(あえて、その国の名は言わない。口が腐るわ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

鏡を見て

仕事を終えて自宅のトイレで用を足し、手洗いで鏡を見たハッとした。

髪を伸ばした俺の顔がナマハゲに見えた。

乱れた髪の具合がまさにナマハゲ。

笑う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お届け物

晩飯兼オヤツにワカサギのカリカリ唐揚げを揚げている最中に電話が鳴った。

宅配便の届け物だ。

届いたのは雪百用に注文したBBRのスキッドプレート。

エンジン下を守るアンダーガード兼サブフレームです。

これでガレ場走行も幾分安心かな。

滅多に行かないけど。

今週中に装着したいですね。

ついでにオイル交換もしよう。

半クラをバンバン使うのでクラッチの消耗が激しい分、オイルフィルターのないXR100R系エンジンはオイル交換をマメにしないとダメみたい。

最低限のメンテナンスです。

次のオイル交換時にはクラッチ交換もやらないとね。

今月中には、YSSのリアサスも届くから組む時には、リア足回りのグリスアップも同時にやろう。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警告

秋田県庁および男鹿市役所に警告する。

男鹿半島に渡った熊は、冬眠が上手くできるか分からない。

冬眠を失敗した熊は人を襲う。

男鹿半島内で10件の熊目撃例がある。

単体ではなく、複数の熊が存在する可能性がある。

今のうちにハンターによる熊狩りを要請した方が良い。

熊が人を食べる時には、女性や子供を狙う。

それは北海道での熊による被害で既に分かってる。

できれば、小学生に父兄同伴で登下校。

父兄はスキーのストックの様な尖った物を携帯した方が良い。

子供には笛を持たせよう。

笛を吹いたら熊がビックリして逃げるかも知れない。

熊に遭遇したら、大人がストックの先を熊に突きだして、子供達は一斉に笛を吹いて威嚇する。

あとは、クルマでの送り迎え。

これしか方法はない。

数年前に秋田市内の県道で小熊を見たことがある。

小熊でも大型犬並みに大きい。

襲われたら武器無しでは立ち向かうことすら無理。

熊は舐めたらダメ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バルス・スイッチ

ココログでブログを初めて今年で11年目。

あっという間に11年が経ちました。

最近、気が付いたのですが、ココログのブログ管理ページにある項目が増えました。

「このブログを削除する。」

ココログのバルス・スイッチですね。

以前には、ココログの無料ブログは1年間更新しないと自動的に削除されるとの説明。

何かの理由で更新しないと削除されるシステム。

ところが、「このブログを削除する。」はどんな理由かは分からないですが早急にブログをネットから消し去りたい人の要望に応えたのでしょうか?

まぁ、俺なんかは恥をかきながら強く生きようとしてるので、ネットに平気で恥ずかしいこと書き込んでますからね。

ただ、嘘だけは書かないというマイルールで。

人生で何が一番恥ずかしいって、ついた嘘がバレることでしょう。

これだけは堪えられない。

だから最初からバカみたいに本当にあったことだけ書いてる。

嘘みたいな本当の話は山ほど書いてるけど。

秋田県庁の代理人である湊弁護士(秋田県法テラス所長)は、法廷で捏造した主張が全て嘘だとバレました。

法廷はある意味、公でありながら密室とも言える。

俺がバイク雑誌の誌面を使って、湊弁護士の虚偽や捏造を全て公にした。

全国の湊弁護士の悪行記事を見た人に、湊弁護士は嘘つき糞野郎の卑怯者と知らしめることができました。

後は11月8日の高等裁判所の判決を待って、俺がまた勝訴したら秋田県弁護士会に懲戒請求するだけです。

これもバルス・スイッチ。

そのスイッチを押せるのは俺だけです。

秋田県庁にもバルス・スイッチを設置しますよ。

バルス!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後から仕事

やっと発電機が直り、天気も晴れたので午後から仕事。

雪百(XR100R)のエアクリーナーボックスを加工して温かい空気取り込む仕様にするのは明日します。

先月の林道ツーリングでナンバープレート落として再発行したのと、保安部品を完全に直したい。

テールランプがモトクロスをやった震動で内部で破損。

LEDランプのテールランプ(XRタイプ)に交換です。

これから冬になり、練習ができないことが想定できるので、なるべく雪百に乗って培った感覚を無くさない様にしないと。

自ら考えた発明で雪百を速くして、発明の効果を証明したいですね。

頑張らなくっちゃ。

さて、ブランチ食べたら仕事するか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

土鍋で味噌汁

ここ数ヶ月、インスタントの味噌汁しか食べてません。

味噌汁ってすぐに悪くなるので、独り身だとインスタントが都合が良い。

でもね、たまにはちゃんとした味噌汁が飲みたいのよ。

なもんで、味噌汁をオカズと考えて、土鍋で作ることにしました。

味噌汁をオカズに新米ご飯を食べます。

ひとり猫まんまパーティーです。

高級煮干しで出汁を取り、実家の文字通り自家製味噌で、実家の畑から採った新鮮野菜を土鍋で煮込みます。

夏目漱石が大の味噌汁好きだったそうです。

猫まんまで食べて、「吾輩は猫である。」ですか?

最初に土鍋の味噌汁の野菜を食べて、後からご飯を投入。

土鍋で猫まんま。

美味そうだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家に籠ってます。

昨日、工場の発電機のセルモーターが何故か焼けた。

交換してから3日くらいしか稼働してないのに。

セルモーターの修理が完了するまで、生産を中止して原料の運搬を終わらせる。

この原料を製品にしたら今年の仕事は終わり。

発電機と俺の年齢はほぼ一緒。

何度も修理を重ねて騙し騙し使ってきた。

ここ数年の故障が多くて、電線を引いて機械を動かすことに決定。

しかし、工事が諸事情でストップしている。

来年からは電線の電気で稼働します。

今日の俺は、生産ができないのでバランサー・フライホイールの特許申請書類の見直しをしています。

何度も何度も見直して、特許取得ができる様な文章に書き直してますよ。

特許出願中に、エンジンメーカーから特許潰しされない様に念には念を入れて書いてます。

バランサー・フライホイールの様な内燃機のバランサー装置は見たことも聞いたこともありません。

通常のバランサー装置は、クランクシャフトの発生する一次慣性力に対抗する向きにバランサーが一次慣性力を発生させて折り合いを着けます。

バランサー・フライホイールは、一次慣性力を発生させず、クランクシャフトの発生する一次慣性力を減らす方法で震動を軽減するシクテムです。

画期的システムです。

「何かを発明した奴は皆そう言うんだよ。」

日立の技術者だった叔父がそう言ってました。

しかし、俺は反論した。

「叔父さん、本物の発明ってね、構造が単純で欠点が無くて、メリット(効果)だけがある物を言うそうですよ。メリットがあっても複雑で、幾つか欠点があってもメリットが大きいからokではないでしょう。」

俺の発明は、常にこの3つ(構造が単純、欠点が無い、メリットのみある。)を守っています。

使った人しか認めないですけどね。

多くの人が使おうとしないので、自分で使って効果を証明するしかありません。

昔、ピーキーレバーを考案した時も、バイクメーカー、パーツメーカーからは無視されました。

オフロードバイク雑誌『ガルル』に頼み込んで誌面を使ってテストしてもらったら、バカにしていたテストライダーが、テストを終えてから絶賛です。

俺の発明は見た目では、効果を想像できません。

完全に舐められてる。

だから、舐めてる奴を俺はバイクでぶっちぎる。

排気量も馬力差も3倍も4倍もあるようなマシンを抜いてやる。

それがバランサー・フライホイールだけじゃなく、俺の発明の凄さだよ。

重箱の隅を突いて突いて突きまくった俺の発明だ。

いつか世界に認めさせてやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波乙に

波乙(WAVE110AT)の方にそろそろ手を掛けなきゃ。

今度の冬から雪道走行は波乙で走ります。

最高速は時速90キロ。

いつもの波怪(WAVE110i)に比べて30キロ落ち。

でも90キロまでは、おそらく波怪の同等の速さになると思う。

これは駆動ロスが大きい波乙には仕方がない。

こうしないとマトモに走らないからなぁ。

一番良い走りができる仕様だとの判断からです。

波乙もバランサー・フライホイール化しますよ。

燃費が約2割アップしますからね。

震動軽減、エンジン回転の高回転化、操縦安定性アップ。

これで最高速が足りない分をカバーできないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »