« 貴乃花親方の革命 | トップページ | 相撲ギャング »

2017年11月15日 (水)

大虎

桜華さん、まるじさん、(^-^)さん、コメントありがとうございます。

桜華さん、トライアルコースと言うよりは、トライアル的なハードエンデューロといった感じにしたいと思ってます。

鳥海町のエンデューロにも丸太がジャンジャン使われてるみたいなので、その練習も兼ねてです。

完成したら走りに来てください。

まるじさん、始めに簡単なものから作ってみて、徐々に大物と思ってます。

今度、色々セクションについて教えてください。

(^-^)さん、全然かっこよくないです。

3回秋田県庁を訴えて、やっと最後の最後に勝訴しました。

裁判所の仕組みは役人に都合よく出来てますが、裁判官個人の人間性で少し判決が変わる様です。

公平性のある裁判官と出会えて運が良かったとしか思えません。

ラッキーでした。


ここからが本題。

日馬富士の暴力事件。

刑事事件になってるので、あえて事件と言わせてもらいます。

日本人は不思議に酒の上での犯罪を甘く見ます。

日本の裁判は性犯罪と飲酒して起こした犯罪に対して寛容でした。

戦前は夜這いの風習がある地域が多かったことからか、レイプ被害女性と加害者が夫婦になれば解決じゃんみたいな判決もありました。

飲酒しての犯罪も、シラフではなかったと判決が甘くなりました。

被害者にしてみれば、飲酒しようが、しまいが、やられたことは変わりません。

先日、軽い交通違反で逃げたクルマが、逃走途中に当て逃げして事件となりました。

当て逃げがなければ、追跡したパトカーも、「これ以上追えば、事故防止の観点で危険。」と判断して追跡を止めますが、追跡してすぐに事故を起こしたら事件として扱わなくてはいけなくなります。

あと、しつこいくらいの、「前のクルマ止まりなさい。」のマイクでの呼び掛けは日本特有のものです。

決まり事というのもありますが、「お前に言ってるだ。」という意思表示をすることで、「俺だと思わなかった。」という言い訳防止もあります。

この事件では運転者の逮捕後に、薬物か飲酒がなかったかが注目されました。

シラフの様でしたね。

薬物なら罪は重くなりますが、飲酒なら罪が軽くなるのか?

いいえ!クルマの運転者の飲酒は悪質と判断されて、罪が重くなる時代です。

それならば、酒の上での暴行事件も同様に扱われるべきです。

飲酒で人が変わるのは、精神病です。

アルコールで隠れている人格が表れて別人格になる多重人格です。

しかも、何かのスイッチで大暴れします。

そして、何かのスイッチで急にシラフに戻ることも可能な人も存在する。

酒を飲むととことん自分に甘くなる人間が、酒癖が悪いと言われる人の本性です。

俺は酔っぱらうとセクハラおやじになるそうです。(肉体的接触は無し。)

あと、物を壊すこともありました。(旅館の壁に頭突きをして大穴を開けたそうです。(-_-;))

なので、正体が無くなる飲酒はしません。

最近は、体質の変化からノンアルコールの方が良いです。

「幾ら飲んでも酔わないビールなんて最高!」と思ってます。

自分が酒癖悪いと分かって尚飲酒をするのは、その先の結果を甘く見ている証拠です。

酒を飲まなきゃ良い人なら飲まなきゃ良い。

結局飲むなら、それはただの屑野郎なだけです。

日馬富士の事件は、やられた相手も強い力士だから全治2週間で済みましたが、一般人なら集中治療室からまだ出れません。

下手すればとっくに死んでます。

力士がビール瓶で頭をフルスイングですよ。

映画みたいに、「パン!」とは割れずに、「ゴン!」って音が響いたとか。

日馬富士の事件について俺は批判できる人間ではない。

しかし、意味も度合いが違い過ぎるでしょ。

さて、日本大相撲協会は、どう収拾をつけるのか?

鳥取地方検察庁は日馬富士を起訴するのか?

見物ですね。

|

« 貴乃花親方の革命 | トップページ | 相撲ギャング »

コメント

それは洒落にならないですね。
今後がどうなるか見物ですね。

投稿: 桜華 | 2017年11月15日 (水) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/72221030

この記事へのトラックバック一覧です: 大虎:

« 貴乃花親方の革命 | トップページ | 相撲ギャング »