« 無駄に終わった。 | トップページ | マス(質量)調整 »

2017年12月 8日 (金)

雪道との相性

雪百(XR100R)をバランサー・フライホイール化したら、振動が減るのは勿論だが、トルクアップしてリアタイヤのトラクションが上がる。

つまり、通常よりも滑り易い路面で前に進む。

波乙もめでたくバランサー・フライホイール化しましたが、雪百よりもフライホイールの質量増加はかなり少なめ。

どちらかと言うと、高回転域で調子が上がってるのが分かる感じ。

トラクションもおそらく向上していると思う。

トラクションが上がると雪道でのコントロール性が良くなる。

波乙は直線路では遅いが、コーナーはとにかく楽しい。

何て言うか、雪道だとスノーモービルに乗ってるみたい。

波乙にも雪百と同じマッド&サンド(泥地と砂地用)のモトクロスタイヤが履かせられたらなぁ。

やってみるか!

|

« 無駄に終わった。 | トップページ | マス(質量)調整 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/72411369

この記事へのトラックバック一覧です: 雪道との相性:

« 無駄に終わった。 | トップページ | マス(質量)調整 »