« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月28日 (水)

テスト走行しました。

オフロード用バランサー・フライホイールを試してみた。

初めは高回転が回らなかったが、PGM - FIのフィードバック機能で燃調が変わると、ロード用バランサー・フライホイールと変わらないくらい回る様に。

好みもありますが、こちらの方が扱い易い。

一番良いところは、コーナーで楽にアクセルが開けられる。

エンジンレスポンスはロード用の方が圧倒的に良いですけどね。

本当に好みです。

例えるなら、ロード用が悪魔のZ みたいなエンジンで、オフロード用がレイナGTRのエンジンみたいな。

これからはこの仕様のままで行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バランサー・フライホイール購入者様へ

ヤフオクでスーパーカブ110 (JA07)用バランサー・フライホイールを購入してくださった皆様へお願いがあります。

大変ご面倒をお掛けしますが、バランサー・フライホイールのウェイト配置を取説の逆パターンで組み直してください。

その方がもっと調子が上がります。

仕様変更と思ってください。

宜しくお願いします。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オフロード用バランサー・フライホイール

ベルトドライブとチェーンドライブの二丁掛けで馬力損失の大きい波乙(wave110at)。

失う分、パワーを上げてやれとバランサー・フライホイールを使って速くした。

全世界のwave110atオーナーが驚くほどに速くなっていると思う。(それほど遅かった。)

最高速は相変わらずだが、それは仕方がない。

雪道に合わせてるからね。

先日、雪上レースの反省から氷の上でもトラクションするオフロード用バランサー・フライホイールのセッティングを考えて成功した。

但し、今までみたいに高回転ではエンジンは回らない。

モトクロスコースの様な狭い空間なら問題はないが、波乙は雪道メインの街乗り用バイクだ。

そこで、オフロード用バランサー・フライホイールにして、回らなくなった分をCVTのウェイトローラーを軽くして補おうと思ってる。

とんでもなく遅かったら元に戻します。

これからは、新しいバランサー・フライホイールのセッティングをオフロード用バランサー・フライホイールと呼び、今までのバランサー・フライホイールのセッティングをロード用バランサー・フライホイールと呼ぶことにします。

パワーか、トラクションか、で選択ができる様になった訳です。

進化ですね。

波乙オフロード用バランサー・フライホイールの結果は後のお楽しみ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

下書き終わった。

ピーキーレポートの下書きが終わった。

指定された文字数で何とか収まった感じ。

後から何度も見直して訂正、訂正、訂正。

安い頭だから、こうするしかない。orz

まぁ、俺は何をやっても単なる頑張り屋さんだからね。

才能無い分、頑張るだけです。

今書いてる文章を見た人は、「なんで、こいつはここまでやるの?」と思う筈。

それはね、俺が変態だからだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半年待ったリアサス

YSS社製XR100R用リアサスペンションが夕方に届きます。

昨年の8月に注文して半年待ちでした。

現行で販売しているXR100R用のリアサスで、伸び縮みのダンパーが付いているのはこれしかありません。

フープス(昔はウォッシュボードと呼んでました。)を速く走る為には、俺のテクニックではちょっと無理があったので少しでも良くなればと注文したリアサスでした。

販売元から、「タイから荷物が来るまで時間が掛かりそうなのでキャンセルしますか?」とメールが届きましたが、「いや、必要なので、そのまま注文を継続してください。」と願った次第です。

値段もちょっとお高めですけど。

今年は雪百(XR100R)でもっと速く走りたいから、必要経費ですよ。

新しいバランサー・フライホイールのセッティング(今後更に重くする予定。)の次いで、YSS社製のリアサス。

これで現役の若い子相手に対等に走れたら良いなぁ。

雪上レースの鬱憤を是非とも晴らしたいですね。

さて、また飯食ってから原稿を書くか。

頭痛がしてきた。(本当に安い頭です。orz )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知恵熱全開!

ピーキーレポートを書いて知恵熱が出てきます。

頭が痛いです。

相変わらず安い頭です。

30分書いただけで休憩する俺。

そう、ブログに逃げて休んでます。

流石に雑誌に掲載する文章はブログみたいに気軽に書ける精神はないよ。

文字数を指定されてるしね。

始めに思い付いたことをバッと書いて、後から要らないとこを削るしかない。

本当言うとさぁ、秋田県庁の違法行為が多過ぎて、全部書くと頁数が間に合わない。

どんだけ腐ってんだよ秋田県庁。

まぁ、佐竹知事なんて全く怖くないって言う奴らだから、そんなことができるんでしょうね。

嘘だと思うけど。

本当に怖くないなら、とっくの昔に事実を伝えてる筈だもの。

ただ、秋田県を運営しているのは秋田県庁で、知事は単なる御輿に過ぎないって思っているのは俺にも分かし、伝わってくる。

知事が本気で怒ればどうなるかは知らんけど。

さてと、もう少し休んだら、また書くか。

書いた文章を手直しするのは簡単だが、始めに書くのは大変なんだよなぁ。

生みの苦しみ?

また後で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰が為の世界なのか?

おはようございます、ピーキーでっす。
 
雪上レース用セッティングが見つかって機嫌が良い俺です。
 
今週一週間でやらなくてはならないことが沢山あります。
 
俺と秋田県庁との戦いをバイク雑誌『道楽』に何度も掲載してもらい、俺が秋田県庁の不正行為を裁判で認めさせた結果、今の日本は役人だけが住み易く都合よいシステムになっている現実を思い知らされました。
 
俺のやったことに意味はあったのか?
 
一体、ここ日本は誰が為の世界なのか?
 
自問自答を繰り返す毎日です。
 
冬のオリンピックで過去最高のメダル獲得が喜ばれていますが、その陰には役人主導の行政故に国民が行政に対して異議を申すことを握り潰すシステムががっしり形成されています。
 
確かに異議申し立てができる行政の組織はあります。
 
俺が今まで苦情申請したところだけで、秋田県行政相談室、秋田県情報公開審査会、秋田県人権擁護センター、秋田地方検察庁、秋田県検察審査会、秋田県地方裁判所刑事部、秋田県県議会、行政不服審査会、全て秋田県庁の不正に対して役に立たないか、秋田県庁の不正を擁護だけするだけでした。
 
秋田地方裁判所民事部だけは秋田県庁の不正に対して、その違法行為を認める判決を下した。
 
だがしかし、それも一人の裁判官の正義感に支えられただけの判決です。
 
不正を無かったことにするために俺の証人申請を却下して、さっさと裁判を切り上げた裁判官もいました。(決定的な証拠を無くすという俺のミスのせいもありますが。)
 
これから『道楽』に掲載する記事『ピーキーレポート』の原稿を執筆します。(執筆なんて書くと作家さんみたいでこっぱずかしい。)
 
過去のこのブログに書いた俺の勝訴後に秋田県庁が取った態度をもう一度確認してから原稿を書こうと思います。
 
役人全てが不正をする訳ではない。
 
しかし、上司の命令、会議での決定は絶対です。
 
命令があれば、裁判所に嘘の陳述書も提出するし、証言台に立って平気で嘘もつきます。
 
つまり、役人全員が不正、違法行為予備軍です。
 
いつでも変われる。(変わるしかない。)
 
捏造なんて当たり前。
 
所詮、俺たち国民をお金を集める鵜飼いの鵜程度にしか考えていません。
 
「黙って大人しく、我々の言う事を聞いていろ。」
 
これが行政の正体です。
 
国を運営していくには行政が必要で、行政を維持する為に多少の不始末は隠蔽や握り潰しもしなければならないのかも知れません。
 
だが、世間にバレたら改善するべきです。
 
秋田県庁は恥知らずな組織です。
 
バレないのならまだしも、バレたら素直に謝るべきです。(つーか、謝れよ。)
 
俺はまだ戦います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

悔しくて

さっき、無性に不甲斐ない走りの自分を悔いて、雪百(XR100R)のバランサー・フライホイールのセッティングを変更しました。

変更したら、したでテスト走行したくなり、自宅裏の雪の積もった田んぼ道を走行して具合を見た。

メチャクチャ良いです。

今回のセッティングは高回転で回らない仕様なのでパワーは出ませんが、低回転のトルクがあってトラクションがかなり向上して運転し易い。

ナーバスなところがない。

これだよこれ。

今までのエンジン特性がピーキー過ぎた。(俺だって俺みたいな性格の奴とは仲良くはなれんな。)

雪上レースはフラットなエンジン特性で良いとして、モトクロスではどうなのだろうか?

春になったら、モトクロスコースでラップタイムを計測してみてからだな。

楽しみだ!

本当に楽しみだ!

北海道行って良かったぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人納豆ご飯

遅い昼飯を食べようと冷蔵庫の中を見る。

納豆が食べたい。

イカの塩辛も食べたい。

この2つを一緒に食べたら美味くね?

生まれて初めてやってみた。

普通に美味かった。

いや、かなり美味かった。

何て言うの、納豆と塩辛がお互いの嫌なところを消している感じ。

ご飯を大盛りにする分、天然塩で濃い味にした。

コンビニにこれの巻物があれば人気が出るかも。

但し、買うのは大人だけだと思うが。

納豆塩辛ご飯って、俺の他にもやってる人はいるだろうなぁ。

ググってみるか。

明日も明後日も食べたい味です。

毎食は無理ですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やることがいっぱい。

まっくすさん、コメントありがとうございます。

焼そば弁当が気に入って、レース後にまた食べました。

スタンダードとお好み焼き味、それと焼きとうもろこし風味しか店頭にありませんでした。

なので、お好み焼き味を美味しく頂きましたよ。

レース後の移動でノンアルコールビールしか飲めませんでしたが、焼そばともよく合います。

北海道に行くと、「いつ上陸したの?」って聞かれますが、上陸という言葉は戦争で敵地に上陸するイメージしかないので、本州出身の俺は毎回ドキッとしてます。

俺も歳が歳なんで、もっと雪と氷を楽に走れるマシン作りを考えなきゃ。

頑張ります!


残念な結果に終わった雪上レース。

雪と氷がスパイクピン無しでこれほど滑るのかと思い知らされた感じですね。

その代わり、得るものも大きかった。

新たなチューンナップのアイデアが生まれました。

さて、レースが終わって、3月から本業の方が始まります。

今年に出荷する製品は昨年に出荷した物より良いです。

毎年毎にチューンナップ(改良)してますから。

出荷の準備の他にやらなくてはならないことが結構ある。

ほとんどが書き物なんですけどね。

出荷開始日より先に製品が欲しいってお客もいるので、大変ですが。

ここに来て、排雪の仕事があるかも知れないとか連絡が来るし。

メモにやらなくてはいけないことを書いて、終わり次第線を引いて消してますよ。

今日はとりあえず2つやりました。

書き物は1日では無理なので明日から書き始めて、締め切りまでに終わらせます。

俺のポリシーで、「無理を通せば道理が引っ込むと言うが、無理をしなけりゃ俺みたいなバカは道理が分からない。」ってのがある。

理屈が分かるまで無理をしてみる。

これが面白い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒いボンネット

よく、走り屋っぽいクルマが黒いボンネットにしてるよね。

あれは、最近ではボンネットをカーボンにして軽量化が目的と言われてます。

しかし、実際にはカーボン素材が普及する以前から黒いボンネットのスポーツカーは存在しました。

公道では、頭文字Dってマンガの影響で一気に増えた感じですね。

それ以前では、イスズ・ベレットのラリー仕様も有名です。

Photo_2 (イスズ・ベレット)

元々は、ボンネットからの光の乱反射を嫌ってそうしていたって話もあります。

まぁ、誰かがやって、その人がバカみたいに速くて格好よく見えたのでしょうね。

その元祖は、伝説のレーサー浮谷東次郎さんです。

浮谷さんは、ボンネットからの光を嫌って、鈴鹿サーキットで行われた第2回クラブマンススカレースに出場したマシン(ホンダS600ベースのオリジナル形状ボディ。)を全部黒板の塗料で塗って真っ黒にしました。(現在の黒板は緑色ですが、最初は黒かった。)

このマシンは日本のスポーツカーの基礎になったとも言われています。

初めてみる本格的スポーツカーを奇異な目で見る観客逹。

しかし、このマシンがぶっちぎりでレースに優勝すると、「何かあれ、格好いい!」と評価が変わります。

このマシンには後に、『カラス』の愛称で呼ばれました。

浮谷さんは、目があまり良くなくて、眼鏡をして走るレーサーとしても知られています。

この方は、物凄い観察力の持ち主で、状況判断にとても長けていて、それだけに邪魔な乱反射が気になったのとかも知れません。

この優れた状況判断が仇となり、サーキットの中に入ってきた人を避けて照明灯の鋼鉄の電柱にぶつかって亡くなりました。

避けると電柱に当たるのは、おそらく分かってやった筈です。

何故なら、鈴鹿サーキットの隅から隅まで観察し、ブレーキングやコーナーリングする際の目印として、これらの設備を全部メモして、『鈴鹿サーキットの走り方』という記事までクルマ雑誌に掲載していたからです。

黒いボンネットの原点は、こんな悲しい歴史から始まった訳です。

浮谷東治郎さんの物語は、マンガ『栄光なき天才たち』でも紹介されました。

黒いボンネットを見たら、浮谷東治郎さんという天才ドライバーが元祖だと思ってください。m(__)m

Photo

浮谷東次郎さんとカラス(S600改)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋肉痛

自宅警備隊から雪上レースで三時間一人走行。

転倒を恐れては全然走れない過酷な状況でのレースてした。

何が笑うって、前回も同一周回数で最後の最後に抜かれて順位が1つ落ちたが、今回も最後の最後に後続のバイクの接触して転けてる間に抜かれました。

まぁ、今の実力から見れば妥当な順位です。

来年のレースに向けて、今日からまた準備ですね。

頑張ります!

体痛い。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嗚呼トラクション

波乙(wave110at)にはスパイクタイヤを履かせていて、バランサー・フライホイールで計36gのウェイトを装着してマス(質量)調整している。

最高のトラクションだ。

駆動輪が如何にも路面を掴んでいる実感がある。

しかし、雪百(XR100R)は自作スタッドレスタイヤ仕様のモトクロスタイヤを履かせていて、バランサー・フライホイールで計54gのウェイトを装着している。

物凄くハイレスポンスです。

氷の路面にスタッドレスタイヤ、それにハイレスポンスが相まって縦スリップが酷くなってる。

同じバランサー・フライホイールでこの差は何なのか?

その原因を調べていきます。

とりあえず、かったるい回転しかしないフライホイールもテストしてみます。

パワーを上げても速さに繋がらないのは、ダートの世界ではよくある話です。

例えば、同じ形式のエンジンを持つヤマハTZR250RとTDR250とでは、フライホイールや電装系が全く違いました。

ホンダNSR50RとCRM50も同様でした。

どちらもオフロードバイクはロードバイクに比べてエンジンレスポンスかもっさりしている感じだ。

俺は雪百をロードバイクの様な味付けにしてしまったみたいです。

波乙は雪道で全く滑らないんですけどね。

バイクは難しい。

だが、それが良い。

頑張ります!      

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

速く走れない。

どう考えても雪百(XR100R)のアクセルを開けた時のトラクションが悪い。

反対にアクセルを閉じると途端にグリップする。

原因は、ハイレスポンス過ぎるエンジン。

サグザクした雪では納得の速さを見せる。

ある程度、路面の抵抗が大きいとポテンシャルを発揮するエンジンだ。

しかし、氷や融けた雪になると縦スリップする。

タイヤが雪を掴む前にエンジンが吹け上がるせいだと思う。

今度はエンジンが吹けない、レスポンスが悪い、物凄くトラクションするフライホイールを作るよ。

それに合わせてキャブレターもセッティングし直し。

雪上レースだと、アクセルは半分しか開けれないしね。

良いアイデアが浮かんだし、得るものはあったと思います。

来年は見てろよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷との戦い

経験不足の苦しみながら、何とか走ってみました。

雪上レース?

ノンノン、氷と雪レースです。

今回は慣れないピンボール走行もやりましたが、パッとしません。

地元ライダーはかなり練習したという話でしたが、総合9位、クラス8位。

八剣山のチャンプはマシントラブルでリタイアでしたが、ベストラップが一周2分36秒。

俺のベストラップが3分丁度なので24秒も速いんでやがんの。orz

まぁ、色んなことが勉強になりました。

氷の上では、ギアチェンしてからアクセル開けるとか、雪バンクはアクセル開けた方が安定するとか。

そういや、モトクロスでもバンクが苦手だったな俺。

2回の経験を積んだので、少しはマシになったでしょう。

また来年挑戦します。

ちょっとマシンセッティングも考えてみます。

では、また来年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レース日和

北海道札幌で行われるモトプロダクツ主催の雪上レース。

朝一にコースコンディションを下見しました。

氷に雪が被さってる状態です。

コース幅が少し広かった感じですが、コーナーのイン側が逆バンクになってます。

天候が良いので、雪が融けたらツルツルになるでしょう。

混戦になるだろうなぁ。

「今日はドラマが起こりますよ。」と、モトプロダクツ社長。

俺、ピンボール走行はできないんですが、余裕があったら挑戦します。

まぁ、前回同様に淡々と走りますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

ピーキーレポート

バイク雑誌『道楽』でピーキーレポートの続きを掲載することになりました。

裁判で秋田県庁の違法行為が認められても全く意味が無かった。

違法行為が繰り返されない様に要望すると完全無視。

首長である佐竹知事に文書や申請書を送ると、検閲で勝手に返事をして、事態の収拾を強要しました。

検閲は憲法違法です。

法律は、国民全員のルール。

憲法は、役人のルール。

役人が憲法守らないなんて最悪です。

酷い話を分かり易く記事にします。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌到着

さっき、札幌に到着。

晩飯を食べます。

飯屋探すまで我慢できずにコンビニへ。

北海道だけで売ってるらしい焼そば(ビックサイズ)とおにぎり2個にコーラ。

実は、風邪気味でフェリーの中でウンウン唸ってました。

濡れタオルで頭を冷やして。

ほとんど寝てましたね。

明日は大丈夫かな。

何とかなるでしょ。

食欲はあるみたいだし。

レースで思いっきり汗かくぞ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なーんだ。

木村拓哉さんが主演した映画『武士の一分』で気になるセリフがあった。
 
「倶に(ともに)死するを以て(もって)心となす、必死すなわち生くるなり。」
 
どういう意味?
 
分からないので自分なりに勝手に解釈することにした。
 
この作品が公開されてから、ずっと謎だったので間違ってても自分が考える意味を持とうと。
 
今の段階での答え(解釈)は、
 
「人間誰でも死ぬと思えば、それが生きるという事なんだ。」
 
つまり、常に死ぬ覚悟を持つべきと。
 
こんな風に思ってます。
 
こういうの得意な人からみたら笑われるかも知れないけど。
 
こち亀の両津さんが健康食主義の部長に対して、「人間何喰ってもいずれ死ぬ。」の言ったセリフを観た瞬間、「ああ、これだ。」と気付いた次第です。
 
両さんは同僚から、「頭の悪いゴルゴ13。」と思われてます。
 
ゴルゴ13の様に人の生き死にを描いた漫画でも、生き残れる人間は常に死を意識している。
 
漫画家って、自分の作ったキャラクターにとっては神様です。
 
その神様は、キャラクターの人生を描く訳です。
 
神様が考える生き残れる人間『ダイハード(なかなか死なない奴)』は死を覚悟してる人間。
 
俺ら人間を創造した神様はどう考えているのでしょうか?
 
分かりません。
 
ゼッケン13番の俺の独り言でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

俺の発明ってさ、

5個だけ売ったスーパーカブ110(JA07)用バランサー・フライホイールが、購入者からどう評価されるか楽しみな俺です。
 
波怪(WAVE110i)や波乙(WAVE110AT)では、実験で効果が確認されて特許出願、販売となりました。
 
俺はハイレベルなことは苦手です。
 
パソコンも苦手です。
 
元々、大嫌いでした。
 
最初の嫁との離婚調停で、裁判所に文書を提出するために仕方なく買ったくらいです。
 
今考えると、俺のパソコンは裁判するためにある様な道具ですね。orz
 
電気回路も分かりません。
 
バイクのメンテナンスも仕方なくやってる感じです。
 
チューンナップも同様で、腕が悪いのを少しでも補うためにやってます。
 
そんな俺ですからハイテクなチューンナップはできません。
 
当然、ローテクです。
 
コンピューターなんて弄れないから、インジェクターの噴射量を裏技で調整してエンジンの合わせたりします。
 
使う材料も基本的にホームセンターか、モノタロウ、もしくは純正部品改です。(ビックフィン・キット等はプロに依頼。)
 
しかしながら、俺のチューンナップには常人では思い付かない着眼があります。
 
そればっかり考えられる人のアイデアは、簡単だけど凄いものです。
 
特許なんか取らなけりゃ、何十年も仕掛けがバレません。
 
でも、商売にすると、嫌でも表に出すことになるので発明者の権利を持つためには特許出願も仕方がない。
 
俺の発明はね、マジックのタネ同様の自作の裏技ですよ。
 
その程度の品です。
 
買った人は驚きますがね。(マジックだもの。)
 
俺のチューンナップは全てライトチューン。
 
フルチューンみたいに走れるライトチューンです。
 
俺には、それしかできないので。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツ用ヘッドホン

昨年に愛用していたワイヤレスヘッドホンが壊れた。

気に入っていたが、もっと良いヘッドホンがないかとK'sデンキへ。

俺の要望としては、音楽だけでなく外の音もある程度聞こえるヘッドホンが欲しかったのだ。

ありました。

しかも、安い。

ワイヤレスではないが、スポーツ用ヘッドホンがそれです。

すぐに購入。

良い感じです。

嬉しいので、オジー・オズボーンのクレイジートレインをダウンロードして一日中聴いてましたよ。

さて、リアル馬鹿列車の俺はレース前に会社の支払いを済ませに行きます。

昼飯何にするかなぁ。(支払い日は、月に1度の贅沢飯の日です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントをくださった皆様へ。

サモさん、たけなおさん、超長さん、コメントありがとうございます。

サモさん、夏までには販売したいなぁと思っています。

バランサー・フライホイールもJA07用と共通できると調査で分かりました。

楽しみにしてください。


たけなおさん、困りました。

実は購入希望者が他にもいて、バランサー・フライホイールを購入した方から、「ピーキーセット復活希望!」と言われてストックのパーツを調べた次第です。

ヤフオクに出品する形は崩したくないので、奥様にお願いして買ってもらう形にしてはどうでしょうか。

理由は分かりませんが、奥様の目が届かないところでの取り引きが禁止されていると思うので、奥様に落札してもらい、奥様に代金を払って譲ってもらうのはどうでしょう。

ご検討ください。m(__)m


超長さん、何て言いますか、モトクロスマシンが4サイクルになって、トラクションがメチャクチャ良くなりました。

トラクションが希薄な状態で、ライダー自らがトラクションを掛ける走りが得意な俺は、全然上手く乗れませんでした。

なので、上手く乗れるマシンは本格的ではないマシンとなります。

才能が欲しかった。orz

CRF150R欲しいなぁ。

あれを雪上レース仕様にガッチリ改造してみたい。

買うなら初期型だな。

コメント、どうもありがとうございました。

これからもGO!GO!マッドライダーを宜しくお願いします。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

メンテナンス

雪百のシリンダーヘッドからオイルの滲み発見!

カムシャフトホルダーの増し締めだ。

マフラーのエキパイとサイレンサーのジョイントに隙間発見!

マフラーステーを改良して、スプリングで隙間が開かない様にテンション掛けておく。

エアクリーナーボックスを開けたら、ボックスの4分の1が氷でした。

増設した吸気口から雪が入って溜まって凍ったんだな。

氷を取り除いて、スペアのエアフィルターに交換だ。

エンジンオイルが真っ黒。

オイル交換で、ホンダのバイクにヤマハのオイルを入れたら最強さ。

ヤマルーブ・プレミアムを1リットル入れるぜ!

メンテナンス完了。

明日はレースの準備だ!

緊張してきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XR100R用ビックフィンキット改良

雪百(XR100R)には、ビックフィンキット(負圧式空冷フィン8枚)がついています。

雪百の購入当初に、モトクロスコースを本気で走ると3周で熱ダレしてエンジンストップするからです。

4枚のビックフィンでも熱ダレは止まったのですが、チューンナップしたので8枚にしています。

Peaky_partsから発売したスーパーカブ110用ビックフィンキットを無理して流用してますので、 ひび割れが発生しました。

そこで、ひび割れ対策を施して、ビックフィンの枚数もメンテナンスの容易さも考えて6枚に変更。

これで夏場に熱ダレ等が無ければ、そのままでいきます。

オイルクーラーなんて無駄なことと思えるほど、夏場にパワーの落ち込みを感じないビックフィンキット。

本田宗一郎が、「水冷だって結局は空気で冷やしてるんだから空冷でいく。」と空冷エンジンに拘りました。

F -1レーサーカーまで空冷で作ってドライバーが冷却のトラブルで亡くなってしまい、それを切っ掛けに本田宗一郎はレースに一切口を出さなくなりました。

空冷だって、バイクの様な小排気量なら工夫次第で水冷と遜色ない。

問題はどれだけ大きな冷却フィンをコンパクトにするか。

俺は発明しました。

特許は取ってないけど。

バイクの周りは負圧がいっぱいなんで、これを利用しない手はない。

負圧式なので、フィンの向き、設置場所は関係ない。

しかも、とってもコンパクト。

ビックフィンキットのフィンが8枚で400ccの空冷2サイクルエンジンのフィンと同等の放熱面積です。

6枚なら空冷2サイクル250ccエンジン相当かなぁ。

要は、経験って大事で、それからアイデアが浮かんでくる。

バイクの周りが負圧だらけって分かったのも、トラブルからの経験です。

「亀の甲より年の功。」

まさにこれ。

俺も半世紀も生きたからなぁ。

よく、生きてたなぁ。

無茶苦茶やって走ってたのに。

きっと、怖がりだからだな。

最後の最後で引き返すもの。

これも経験から覚えた、「迷ったら止める。」からできたこと。

もう30年はバイクに乗りたいですね。

頑張ります!   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つい、買ってしまった。

昼に菓子パンが食べたくなって、ローソンでフレンチトーストとあんドーナツと牛乳を買おうとレジに並んだ。

するとレジの右側に、かつての『ビックリマンチョコ』を模して作られた『進撃の巨人マンチョコ』が置かれてる。

悩んだ、「買うべきか、買わないべきか。俺は大人だぞ。」そう自分に言い聞かせた。

しかし、店員さんが会計を始めると、俺の右手が勝手に進撃の巨人マンチョコをコンビニの籠の中にパスしていた。

「買ってしまった。」

でもなぁ、大人じゃなきゃ、こんなチョコに心踊らされることはない。

大人だからこそ買ったんだと自分を無理矢理納得させる。

バカだ。orz

おまけのアルミン・アルレルトのシールはスマホの裏に貼っておきます。

バカだ。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァイオレット・エヴァガーデンというアニメ。

ヴァイオレット・エヴァガーデンというアニメがある。

俺は別にこのアニメが好きではない。

でも、嫌いでもない。

ただ、「狼少女の物語だな。」と思った。

狼少女とは、野生の狼に育てられてしまった人間の少女のこと。

世界にも何例かある。

発見され、家族の狼から離され、人間の世界で暮らす様になると、ほとんどが大人になる前に亡くなる。

言葉もろくに話せないままに。

昔、実在する殺人鬼の話でソニー・ビーンという人物がいた。

ソニー・ビーンは働くのが嫌で、妻と洞穴に暮らして子供を作った。

ソニー・ビーンは旅人を襲い、金品を奪い、襲った旅人を食べた。

家族は増え、チームで旅人を襲った。

そのソニー・ビーンの家族全員が捕まり、裁判で死刑が確定する。

ソニー・ビーンの家族にとって、旅人を襲い食べることは生活の糧であり、特にソニー・ビーンの子供達は何故自分達が処刑されるのか最後まで理解できなかったそうだ。

ヴァイオレット・エヴァガーデンは、戦争で兵器として扱われ、敵を殺すことが当たり前の人間だった。

自分に唯一優しかった上官を慕い、敵を殺すことは自分にとって任務であり、当然のことであったために罪の意識など皆無であった。

そう、まるでソニー・ビーンの一家と同じだ。

それが退役後に、タイプライターで他人の気持ちを文章に綴る仕事に就くと、少しずつ人間の情緒が理解できる様になる。

同時に自分の罪深さを感じる様に。

俺は思った。

「兵器として何の感情もなく暮らすことと、その過去を背負い人間として暮らすこととは、どちらが幸せなのかと。」

人間と獣との違いは沢山ある。

一番の違いは、お金を使い、戦争をすること。

戦争で兵器だった少女は、生きるために仕事でお金を稼ぎ、人間の感情を取り戻す度に、「愛とは?死とは?そして生きることとは?」と当たり前の人間なら感じる悩ましさを得た。

このアニメは、俺に教えてくれる。

人は、人として悩み苦しむのが真の人間の姿だと。

大いに苦しんで良いんだよ。

死なない(セルフあぼーんしない)程度に。

そして悟るべきだ。

苦しいのは自分だけじゃないと。

ヴァイオレット・エヴァガーデン。

不思議な作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

近日発売

Peaky_partsのストックを見たら、スーパーカブ110(JA07)ビックフィンキットが2個作れる。

作るとしたら新型になります。

以前のビックフィン・キットよりも薄型高性能になります。

雪百(XR100R)用のビックフィンキットを製作した際に、薄型にしても熱伝導を良くする方法を見付けたからです。

完成次第、またヤフオクで販売します。

以前に購入した方の大半が沖縄、九州、四国の方で大好評でした。

この次の再販はいつに分かりませんので、お見逃しなく。


追記。ストックのパーツをよく見たら、ピーキーセットを1個だけ作れそうです。

なので、ピーキーセット1個に、ビックフィンキットを1個販売します。

少々お待ちください。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

お買い上げありがとうございました。

バランサー・フライホイールを購入してくださった皆さん、ありがとうございました。

ほとんどの方が以前にpeaky_partsからパーツを購入した人でしたね。

毎度ありがとうございます。m(__)m

ピーキーセット(スーパーカブ110フルチューン・キット )の復活も検討中です。

先にハイレスポンス・キットを販売してから、徐々に他のパーツを製作販売していこうかなと思ってます。

バランサー・フライホイールは、ピーキーセットの中にあった『エンジンブレーキ強化キット』の進化版です。

開発に約10年掛かってます。

面白いパーツですよぉ。

お楽しみください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バランサー・フライホイール出品

平社員さん、コメントありがとうございます。
 
この時期の俺の仕事ですか?
 
自宅警備員です!(笑)
 
 
 
 
スーパーカブ110(JA07)用バランサー・フライホイールをヤフオクに2個出品しました。
 
落札した方は、商品の秘密保持のためにインターネット等で紹介しないでくださいね。
 
組んだ後の感想のコメントは大歓迎です。
 
宜しくお願い致します。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やっと帰った。

午前中に、銀行のATMでお金を降ろして、秋田市中央郵便局に行って特許印紙を買って特許審査請求書を郵送しました。

その後に税理士さんとこへ一年に一回の報告を受けに行きましたよ。

昼は、女優の杉咲花さんにそっくりな店員さんがいるラーメン屋で昼食。

午後から工場の電化で説明を受けに工場へ。

まだ、雪百(XR100R)の整備が終わってないから、明日は絶対やらなきゃ。

頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

ハイレスポンス・キット

へのへのもへじさん、コメントありがとうございます。

宜しくお願いします。

凡人が長年に亘って研究して発見したことを特許にしたので、何とか自分の権利にしたいです。

予定では、今月末に出願審査請求書を特許庁に提出するつもりでしたが、明日審査請求します。

本気でエンジンをチューンナップするキットの販売を考えてます。

お手軽で安いのに高性能、そんなキットです。

なぁーに、以前に販売していたバランサー・カムスプロケットとバランサー・フライホイールにクランク内圧調整バルブをセットにして、『ハイレスポンス・キット』として販売しようかなと。

バランサー・カムスプロケットのレスポンスの良さに、高回転までトルクフルに回るバランサー・フライホイールを組み合わせれば、まるでDOHCみたいにエンジンが回ります。

良いと思いませんか?

沢山の車種のキットを販売すれば、少しは利益になるかなぁと。

最初はホンダから。

ご意見ご希望ありましたら、コメントでお教えください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モトクロスをやめて良かったと思った瞬間。

今から25年前、レース中にジャンプの着地姿勢が悪くで急性ヘルニアになって引退した。

そして、モトクロスをやめてからオフロードバイクのチューンナップに夢中になった。

ヘルニアが完治するまでには3年掛かって、モトクロスをやめてから10年後に後輩のモトクロスマシンを少し借りて乗ってみた。

マシンは販売されて間もないホンダCRF250R。

反対にその時の俺の愛車は改造したスズキのジェベル250XC。

バイクスタントで毎日練習していたから楽に乗れるだろうと思っていた。

しかし、俺がかつて乗ったどのマシンよりも速かった。

排気量を660ccに上げたXR630アルベーカーよりも、KTM300TVCよりも、排気量を630cc(当時にこの排気量のマシンはKTMには存在しない。)上げたKTMデューク620よりも。

鬼の様なトラクション。

加速すると、マシンと体の後方に意識がある。

同じホンダのCR250Rよりも速く感じた。

とてもじゃないが俺には乗れないと思った。

同時にモトクロスをやめて良かったとも思った。

この後、悔しいから後輩の乗るCRF250Rをジェベルでぶっちぎった。(この後輩は国際B級。)

ジェベルなら走れる。

でも、CRFは俺には速過ぎて満足に走れない。

そして、一昨年から雪百(XR100R)でモトクロスをまた始めた。

おそらく、CRF150Rでも速過ぎて満足に乗れないと思う。

今年の地元レースでは、雪百でレーサークラス(レーサー85ccクラス。)で走ることになった。

昨年末のレースでトレール&ビギナークラス、レジェンドクラスで走って優勝しちゃったからだ。

俺は遅いマシンを速く走らせるのは得意だが、速いマシンを速く走らせるのは得意じゃないみたいです。orz

頑張って優勝目指します。

勝てる気はしないけど。

俺だけ男前のハンディキャップレース。

また新たなチューンナップ方法を考えて速くしてやるよ。

できるかなぁ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

冬季オリンピックについて

オリンピックってさ、ある意味各国の力を表すもので、それはオリンピックが誕生してから何も変わっていない。

戦争の戦闘での強さに関わる競技も少なくない。

じゃあ、冬季オリンピックもそうかと言うと、その様な競技はバイアロスだけ。

スキーで滑って指定の場所で射撃。

他の競技は遊びから発展した競技。

スキー、スケート、ボブスレー。

ところが、ちょっと変わってるのがスキージャンプ。

これは諸説あるが、ある処刑からできたスポーツなんだとか。

ノルウェーで罪人をスキーを履かせて、雪の崖に上から滑らせて落としてやる処刑方法があった。

ところが、ある罪人がそのままジャンプして上手く降りたのを見て、それからスキージャンプが始まったとか。(無事に降りた罪人はこの後に無罪となった。)

まぁ、素人目から見ても、何であんな怖いことするのか分からないもんね。

反対に夏季オリンピックの飛び込みは、世界中で行われてきた度胸試しが競技になったみたいだから分からなくもない。

今回のオリンピックは過酷だよね。

アメリカテレビ局の放送時間に合わせて、午前0時からも続けられたスキージャンプ。

寒さと強風で完全に冷えきった体で滑って飛ばなくてはいけないなんて。

スピードスケートでは、日本人選手が不利になる様な競技運営もあり、勝って金メダルを獲ったら獲ったでドーピング疑惑を掛けられる。

何なんだこれ。

俺はこのオリンピックを韓国の墓穴オリンピックと思ってる。

勝手に自滅してくれ。

今大会に参加した世界の代表選手が、自国に戻ってから韓国の酷さを口々に言うことだろう。

世界中の国で歴代大統領が何人も逮捕されて囚人になる国は韓国以外で滅多にない。

その末路も悲惨だ。

死刑、懲役刑、自殺。

韓国大統領になると必ず最後に後悔するとまで言われている。

今の大統領もきっとヘマやって逮捕されるよ。

そしたら、今の大統領に死刑判決が出たら、スキー履かせて平昌のジャンプ台から飛ばしたらいいよ。

ジャンプ台はそのままで、着地地点は取り壊して更地にしてさ。

施設の再利用に良いでしょ。

韓国の人も大喜びだ。

せいぜい北と仲良くしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

怒られた。

へのへのもへじさん、コメントありがとうございます。

お願いがあります。

ヤフオクで既にバランサー・フライホイールを購入した方にもお願いです。

バランサー・フライホイールの画像や仕組みをインターネット等で紹介はしないでもらいたい。

実はその事で怒られました。


知り合いで、過去に大企業の知的財産部門にいた方がいて、その方から最低でも発明が特許庁から公開されるまでは秘密にしておくべきだと注意されました。

大企業には、先に出した特許に対して、後から特許申請して先に自分の権利にすることが簡単にできる人間が揃っているからだそうです。(俺もうっかりしてた。)

知的財産なんて、そんなことをするのが当たり前の世界だから注意するに越したことない言われました。

そんな訳で、4月に雑誌に掲載が決まっていたバランサー・フライホイールの記事ですが、急遽、掲載をやめてもらいました。

ちょっと残念ですが。

ブログで既に見た方も忘れてください。

ヤフオクには残り2個だけ販売しますが、どんな製品かは内密にお願い致します。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

出願審査請求

バランサー・フライホイールの特許出願後に出願審査請求をしなくてはなりません。

今月末に審査請求します。

書類に特許印紙を134,000円分貼って特許庁長官宛に送るだけです。

その後も権利維持のお金が掛かります。

発明を世の中に残すのは難しいんです。

良い発明でも売れないことがあります。

問題は、世の中の人がそれを必要とするか。

「今のままで十分。」と思われたらそれまで。

企業に発明を使ってもらうのが良いのですが、コネ無しでは不可能です。

部外者のアイデアを採用したら自分達の存在が脅かされますから。

よっぽどのネームバリューがないと。

それは、ピーキーレバーを発明した時に経験しました。

話を聞く人はまぁいません。

聞いても、売り込んだ企業からピーキーレバーの権利が失効した後でパクられましたしね。

世界中に流通してても、俺には1円も入ってきません。

一番手っ取り早いのは、自分で発明して、制作して、販売するのが良いのですが、それだと経費もかなり掛かる。

商売の才能が必要になってくる。

やっぱりpeaky_partsとしてネット販売していくしかないのかなぁ。

まぁ、地道にやっていきます。

頑張ります!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追加販売

へのへのもへじさん、コメントありがとうございます。

へのへのもへじさんの要望で、あと2個だけ追加販売することにしました。

ウェイトが入荷したらすぐにヤフオクに出品します。

少しお待ちください。

宜しくお願いします。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

下書き書いた。

今日は、アクティブになれなくてリビングに籠ってます。

3月5日に秋田地方裁判所に出す訴状の下書きを書き終えました。

証拠書類は、また後日に準備します。

音声や映像のDVD化と反訳文にするのが大変ですね。

証拠は全部で16あります。

月刊オートバイくらいの厚みになる筈です。

それを俺と裁判所と被告(秋田県庁)の分だけ用意しないといけません。

もう、慣れましたけど。

また湊弁護士を法廷でボコボコにしてやりますよ。

頑張ります!

ところで秋田県弁護士会から湊弁護士の懲戒請求の回答がまだ届きません。

法廷で架空の情報公開システムを捏造したのがバレた湊弁護士を、秋田県弁護士会はどう弁護するんでしょうかねぇ。

また、勝手な理屈で誤魔化すんでしょうね。

嘘だけは天才な弁護士軍団ですから。

ひまわりのバッチは嘘つきの証拠ですかぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書かなきゃ。

そろそろ、3月に裁判所に提出する訴状を書かなきゃ。

それが最後の裁判にします。

バランサー・フライホイールの売り込みもしたいし。

まだまだ内燃機(エンジン)の時代は続きます。

子供の頃、「あと30年で化石燃料が枯渇する。」と言われてましたが、それから30年以上が経ちました。

クルマの電化も進みません。

草刈り機械やチェーンソーはエンジンじゃないと話にならない。

エンジンで最も使われているのが、単気筒エンジンです。

バランサー・フライホイールは、その単気筒エンジンの性能を上げます。

是非とも、世の中の人に使ってもらいたいですね。

その前に、秋田県庁との決着をつける。

不正を不正と思わない役人を許すほど俺は人間ができてない。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国美人の法則

平昌オリンピックで日本の選手が注目されて、中でも女性選手が美人だよねっと話題になってる。

最近、「これは美人だなぁ。」と思ったK- popアイドルが日本人だったのに笑った。

韓国は整形手術が当たり前と言われてます。

実は、韓国の整形手術に基礎を作った人が高須クリニックの院長。

そう、「イエス、高須クリニック!」の人だ。

もう何十年も前のことらしい。

そんな改造手術を受けた人達を押し退けて、「美人だ!」と言われるのが天然物の強み。

弄ってるか、弄ってないかは見る人が見たらすぐ分かるらしいし、一般人でも弄ってる顔を見る機会が増えたら目が肥えてだんだん分かってくるよ。

でもね、日本人は日本人で2次元みたいな綺麗な顔が好みになってる。

これから韓国で求められるのは、天然物に見える整形ですよ。

自然で極端な所が一切感じられない顔。

まぁね、高須院長なら簡単にやれるだろう。

韓国の女性で、同じ韓国女性に差をつけたいと思うなら日本に来て高須クリニックで手術を受けてください。

なりたい女性の写真を持って。

これが確実。

韓国の整形美人ってさ、何かに雰囲気が似てると思ったらウーパールーパーなんだよ。

なんて言うの、成長したのに未成熟な独特の感じ。

好きな人は、好きなんだろうけどさ。

ちなみに俺は美的感覚がかなり狂ってきて、ゆりあんレトリィーバーが妙に可愛く見える。

大相撲の稀勢の里も可愛く見える。

頭おかしいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【限定3個】バランサー・フライホイール完売しました。

スーパーカブ110(JA07)用バランサー・フライホイールが完売しました。
 
実は利益目的の販売ではなく、特許を企業に売り込むために使用した方の感想が必要だったので儲けは全くありません。
 
使ってくれた方の評判が良ければ、利益が少し出る様にお値段据え置きで資材を大量に仕入れて販売再開ですよ。
 
購入者の方にお願いですが、装着後の感想をコメントして頂ければ助かります。
 
あと、業務連絡ですが、こちらの手違いで荷物の郵送先が分からない購入者の方がおります。
 
大変にご迷惑をお掛けしますが取引ナビに郵送先を連絡してください。m(__)m
 
超久しぶりにヤフオクに出品したら、システムが変わってて販売設定を間違えました。
 
申し訳ございません。m(__)m
 
要望が多ければ再販も早くします。
 
宜しくお願い致します。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

バランサー・フライホイールの力

昨日、バランサー・フライホイールの効果を確かめるために地元の真山へ波乙(wave110at)で走りに行きました。

動画をYouTubeにアップロードして驚いた。

上りと下りがほぼ同じ時間で走ってる。

真山には若い頃に御百度参りと称して、仕事が終わったら毎日走りに行っていた。

雨の日も、風の日も、霧の日も。

雪が降るまでね。

だから分かる。

上りが下りと同じタイムなんて考えられない。

動画で途中から道が雪深くなります。

その地点から坂の傾斜かキツくなり、いつもなら後輪のスリップが大きくなります。

実際に、まだバランサー・フライホイールを発明してない昨年までの真山走行動画から比べると格段に速度が上がっています。

通常は、上りと下りで3分ほどタイム差が出る筈なんですが。

「下りが怖いからでしょ。」なんて言わないでください。

オフロードの上級者は、上りよりも下りの方が遥かに速いんです。

なんてったって、一番驚いてるのが俺ですから。

波乙のバランサー・フライホイールに装着したウェイトを最大値まで重くしたことで、トルク感が250ccみたいです。

後輪のスリップも皆無に近かった。

傾斜キツい上り坂では、リアタイヤに縦のスリップが発生します。

反対に下りでは横のスリップが発生します。

それが上り下りでどちらも発生しなかった。

びっくりですよ。

ちなみに全く滑らない訳ではありません。

帰り道の寒風山の頂上付近では路面がガチガチに凍って、スパイクタイヤのピンが全く歯が立たずに前後のタイヤがゆっくり滑って転けちゃいましたから。(怪我、破損無しです。)

あくまで雪の場合です。

話は元に戻りますが、上りと下りでどれだけタイムが変わるか具体例を言うと、若い頃に計測したタイムで、KTM300TVC(2サイクル60馬力)の上りのタイムと、ホンダCRM50の下りのタイムが同じ10分30秒でした。

上りは馬力のあるバイクでも苦労して、下りだと非力な軽いバイクで同じタイムが出せる。

同時に、同じバイクで上りと下りが同タイムなんてアンビリーバブルな世界です。

信じられません。

ただただ驚くばかりです。

カブ110(JA07)のオーナーで興味のある方は、バランサー・フライホイールの効果を試してみてください。

我ながら凄いもん考えたわ。

自画自賛ですみせん。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インスタントやめました。

1ヶ月前、インスタントコーヒーが切れたので、スーパーで買うのが面倒臭くてコンビニで購入。

しかし、インスタントコーヒーではなく、レギュラーコーヒーでした。

間違って2袋も買ったので、仕方なく後からコーヒーフィルターを買って飲むことに。

「いちいち煎れるの面倒臭いなぁ。」と思いながらも何か楽しい。

先日、レギュラーコーヒーが切れたのでコンビニへ。

コンビニにインスタントコーヒーもありましたが、目もくれずレギュラーコーヒーを買いました。

コンビニで買ったコーヒーは、コーヒー特有の苦さが少なく飲み易い。

不思議に胃に来ない。

まぁ、これ以上のことはしません。

コーヒー豆に拘ったり、ドリップコーヒーにしたりとかは俺的に無理。

1回煎れて3杯分作れるのも良い。

多くを求めるのはバイクだけで十分です。

さて、雪百弄るかな。(寒いので後回しにしてます。)

コーヒー飲んだらやりますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週中に販売します。

芝の隆さん、コメントありがとうございます。

うまい!山田くん、座蒲団1枚持ってきて。

願わくば、貴ノ岩が復帰後に頑張って横綱になってくれたらなぁと思うだけです。

そうすれば、貴乃花親方への恩返し、晴れてモンゴルに凱旋帰国できます。

大相撲のプロレス化にゲンナリです。

プロレスはプロレスだから良い。

相撲は相撲だから良い。


昨日、やっと販売用バランサー・フライホイールのウェイトが届きました。

スーパーカブ110系エンジン(JA07用)のバランサー・フライホイールをヤフオクで販売します。

価格は3000円です。

市販の製品を使ってますが、自分で買って送料を考えれば、かなりお買い得だと思います。

そう考えると、特許のアイデア料はサービスみたいなもんです。

たった3000円で別次元の気持ち良さとパフォーマンスが手に入りますよ。

ヤフオクに出品したら報告しますので宜しくお願いします。

バランサー・フライホイールの効果は、

エンジンの振動軽減

エンジンのトルクアップ

エンジンブレーキが自然な感じになる(遠心ブレーキ化)

エンジンレスポンスが良くなる

エンジンが高回転で回る

リアタイヤのトラクション(グリップ感)が向上

省燃費化

などなど。

今回販売する仕様はストリート用です。

オフロード用も用意できますが、価格は高くなります。(ウェイトの枚数等の違いから。)

以前に販売したピーキー・キットに追加すれば、世界で最も走って気持ちいいスーパーカブの出来上がり。

「世界で最も気持ちいいなんて嘘だろ。」と思う人もいるでしょうが、嘘ではありません。

こんなカブは世界でたった一つ。

俺の作ったパーツを組んだカブだけです。

キチガイ扱いでも結構ですよ。

俺の作ったカブに乗れば、それが誤解だと理解できるのですから。

とりあえず3セット販売します。

購入した方からのレビューが頂ければ参考になります。

宜しくお願いします。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪百メンテ

雪百(XR100R)のシリンダーからオイルの滲みを発見。

自作したビックフィン・キットのフィンに亀裂も入ってたので、亀裂対策して修理します。

カブ110系エンジン用のビックフィンを加工して、XR100Rに使用してるので、弱い所ができたのでしょうね。

取り付け方から違いますから。

ついでにフィンの枚数を8枚から7枚に変更。

過剰がそうでないかの見極めのためです。

最後にオイル交換して、来週のレースに備えます。

なんかドキドキしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

試走(下り)

https://www.youtube.com/watch?v=AcSp9XkEnsE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試走(上り)

https://www.youtube.com/watch?v=_57Mc7C36zY&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト走行

波乙に装着したバランサー・フライホイールのウェイトを更に重くしました。

油ねんどでウェイトと点火コイルのクリアランスをチェックしたら、あと銅ワッシャーを1枚追加できそうです。

CVT変速のウェイトローラーは、0.5g軽くしておきました。

早速、テスト走行です。

男鹿半島で最も高い山である真山へ。

トラクションは最高なんですが、真山に来るのが久しぶりでアクセルの開け具合が遠慮がちになりました。

真山には自衛隊基地があるので、基地からの帰宅するクルマとすれ違うので注意が必要です。

つまり、本気で走るとマジ卍ですよ。

ですが、上手く走れたし、波乙も良い感じでした。

何よりも、エンジンのトルク感が250cc並みに。(トルク感だけね。)

抜群のトルクとトラクションを確認できました。

動画も撮ったので、後からアップします。

夕暮れ時に走りましたが、昼だったらもっとアクセルを開けれましたね。

でも、夕暮れ時は夕暮れ時で面白く走れた。

バランサー・フライホイール最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランプさん黙り。

学校での銃乱射が相次ぐアメリカですが、トランプ大統領は全米ライフル協会から献金を貰ってるので、銃規制については黙りです。

これが貰って無かったら、口から泡吹くくらいに攻撃するんだろうな。

反対に全米ライフル協会が更に献金を送ったら、「俺達アメリカ人は元々ガンマンだ。自分の身は自分で守る。良いかお前ら、全員銃を取れ!」とか言いそう。

世界で武器を完全に規制できたのは日本人だけです。

そう、皆さんも社会科で勉強したでしょ。

刀狩りですよ。

つまり、国の一番偉い人の一声で本来できることなんです。

それができないのは、国の偉い人の力が足りない、偉い人なるために他人の力が必要だからです。

民主主義の一番駄目なところでもあり、一番の良いところでもある。

偉い人の暴走は基本的に食い止められるからね。

つくづく、日本に生まれて良かったと改めて思う俺でした。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪不足を科学してみた。

秋田県だけ雪不足という事態が起こってる。

知事がバカだと雪にまで嫌われるみたいだ。

では、なんで秋田県だけ雪不足なのか調べてみた。

海水温度が上がってる?

地元鵜ノ崎海岸の海水温度計測では、昭和から平成になってから海水温度が2度上がってる。

しかし、大雪だった年も、そうでなかった年も、ほぼ海水温度は一緒。

降水量が少ない?

雪は降らないが雨は降ってる。

気温が高い?

日本海には暖流と呼ばれる温かい海流が日本海に流れてきます。

反対に岩手県では寒流という冷たい海流が太平洋に流れます。

では、大雪の山形県とはどこが違う?

色々と可能性を考えると、風向きが怪しい。

真冬にバイクに乗る俺だけど、例年なら北風に押されて最高速が伸びるのに、今年は西風で最高速が出る。

秋田県は山脈に囲まれている地域で太平洋からの冷たい空気をシャットアウト。

いつもなら北風が吹くのに、海からの西風が吹いて温かい風が秋田平野に籠ってる。

海側(西側)以外は全部山脈の壁で囲まれてるからね。

つまり、今年の秋田はちょっとした温室状態だ。

おかげで、例年なら雪に成るはずだった雨が降り注ぐ。

雨で融ける積もった雪。

秋田県の雪不足は、風向きの変化が原因というのが俺の見解。

素人の見解だから本気にしないでね。

あくまで素人の見解。

今年の冬は自宅の雪掻きは1回だけで済みました。

しかも、やらなきゃやらなくて良い感じ。

昨日、ウチの工場を見に行ったらマイ電柱がしっかり建ってました。

あとは道路の電柱に電線を張り巡らして繋げるだけです。

半世紀ちかくなって、やっと電化します。

嬉しいです。

雪不足のおかげで工事がスムーズに進んだかは分かりませんがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリギリセッティング

今日は、波乙(wave110at)のバランサー・フライホイールを弄ります。

ギリギリのセッティングです。

点火コイルのクリアランスをギリギリまで追い込みます。

例によって、油ねんどでクリアランスを確認してから走行します。

これでバランサー・フライホイールのウェイトは11gになります。

雪百(XR100R)には18gのウェイトを使ってますので、まだ重くできますが、カブ110系エンジンでもっと重くするにはタングステンみたいな比重の重い金属が必要になります。

俺のチューンナップはお手軽なことが大事なので、これが限界ですね。

反対にバランサー・フライホイールのウェイトが重くなることで、CVTのウェイトローラーがどれだけ軽くなるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

キャブレター・テスト

雪百のエンジンの調子が悪くて、コーナーでカブる様な、息つきする様な、変な感じ。
 
「ジェットニードルを薄くしたからかな?」
 
点検したらスライドバルブのスプリングがトラブってた。
 
対策してから組み直して試走。
 
 
きれいにエンジンが回りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サスペンション・テスト

夕方に雪百(XR100R)の試走。
 
 
良い感じですが、マシンを今一つ信じられない俺がいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーティーンか、ジンクスか。

競技環境が最悪と言われている平昌五輪で、女子スキージャンプの高梨沙羅選手が銅メダルを獲得した。

しかし、高梨沙羅選手はベストな状態でオリンピックに挑んでないそうです。

新任のワックスマン(スキーのメンテナンスやチューニングをする専属の人。)との相性が良くないと言われています。

高梨沙羅選手は、前任のワックスマンに変えてくれと要望したそうですが、それは聞き入れられなかったそうです。

何故なら、オリンピックに参加するに当たり、競技に協力できる人の人数が決まっているとかで、何よりも新任のワックスマンに変わってから他の選手の成績が上がっているからです。

似たような話を俺は知っています。

俺のモトクロスの師匠は元ヤマハのライダーで、全日本チャンピオンにもなった人でした。(ちなみに俺は才能が無かったので外弟子です。)

その師匠が、全日本のタイトルを獲った時のメカニックが他の部門に配属になった。

「俺はあいつでないと戦えない!」とヤマハの上層部に掛け合ったそうですが、「決まったことだから。」と一蹴されてしまい、怒った師匠はヤマハを出てしまう。

そして、何故かバイクのレースとは全然関係なかった無限(本田宗一郎の息子の会社)にモトクロスをやらせた。

師匠が無限にモトクロスをやらせたおかげで、モトクロスマシンの水冷化とロングサスペンション化が一気に加速した。

話は逸れたが、アスリートってルーティーンじゃないが、それが例え験担ぎ(ジンクス)だとしたも勝てる気になる条件ってあるんだよね。

「準備万端、これでやれる!」ってのが。

これは今現在のスポーツでは否定できない。

ボクシングの元チャンピオン・具志堅用高さんのルーティーンは、タイトルマッチの試合寸前に控え室で棒アイスを食べることだったとか。

タイトルマッチで負けた試合は、ジムの付き人が「おい、試合がもう始まるぞ。」と呼びに来て棒アイスを食べれなかったのが原因だったと、真顔で語る具志堅用高さん。

もしかして、試合中に棒アイスの糖分が有ると無しでは、パフォーマンスに差が出るのかも。

選手の要望に出来る限り応えるのが勝利の条件って、日本オリンピック協会は考えてないんだろうな。

昨年、プロ野球で日本一に輝いたソフトバンク・ホークスでは、オーナーの孫さんの鶴の一声、「選手要望には出来る限り応えよ。」で設備がこの上なく充実しているとか。

それから見たら、日本オリンピック協会は今でも根性論だよ。(資金面で違うもんな。)

でも、高梨沙羅選手がメダルを獲って良かったね。

次回のオリンピックには、相性の良いワックスマンを頼める可能性がありますから。

高梨沙羅選手、銅メダルおめでとうございました。( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白鵬の必殺技を科学する。

禁じ手ではないにしても、世論から禁止することになった大相撲の白鵬が繰り出す張り手とカチアゲ。

この必殺技とも言える張り手の後に襲ってくるカチアゲが、如何に危険かを科学します。

この技は一般人なら1発でノックアウトになる非常に危険な技です。

まず、白鵬の左から出す張り手で相手力士の顔面を反対側に向かわせます。

そこにカウンターでエルボースマッシュ。

白鵬のカチアゲがエルボーか、そうでないかが議論されますが、カチアゲ本来の意味から言えば、前腕が内から外に向かう。

しかし、白鵬のカチアゲは外から内に向かってます。

明らかにエルボーです。

しかも、カウンターの攻撃ですから通常よりも強烈です。

白鵬の肘には、分厚いサポーターが付けられている。

サポーターは怪我したところを保護するために使いますが、このサポーターは打撃力を増すために使われています。

このサポーターは、攻撃力を倍増するための細工がされた特注品です。(まるでグラディネーターだな。)

打撃が逃げない様に、相手力士の顔面にぶつかる側には滑らない処理が施されているそうです。

もう武器ですよ、武器。

肘は人間の体で痛みに一番鈍感で硬い部分です。

サポーター無しでエルボーを決めると顔面が裂けます。

裂けて流血になる様な打撃は相撲では顰蹙です。

相手力士の脳にダメージを与えるなら、ボクシングのグローブと同じでクッションがあった方がダメージは大きい。

昔、プロレスでハルク・ホーガンがアックスボンバーという腕を直角に曲げたエルボーをしていましたが、アックスボンバーが肘の内側で行うのに対して、白鵬のエルボーは肘の外側で行うアックスボンバーですよ。

白鵬の強さに陰りが見え始めた5年前辺りから改良に改良を重ねて編み出されたのが現在の形態です。

ハッキリ言いましょう。

悪質です。

もう日本の相撲じゃない。

モンゴル式相撲です。

地下プロレスならぬ地下大相撲がテレビで拝見できる異常な事態です。

日本じゃなかったら、とっくに政治的問題になってる。

上手く誤魔化してきた白鵬の策士としての存在が恐ろしい。(貴ノ岩の件も含めて。)

だんだん白鵬が、現実に存在するストリートファイターのベガ様や北斗の拳のジャギ様みたいに思えてきた。

くわばら、くわばら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日、投稿。

桜華さん、コメントありがとうございます。

毎日、自宅に籠って仕事待ちの状態なので体がおかしくなるのも無理はありません。

逆に、「ニートの人は体が丈夫だなぁ。」と思う次第です。

色々考え過ぎて疲れてるのかも知れませんね。

麻薬の様なラーメンを食べて気分転換します。

てな訳で、昼は萬福ラーメンに決定!


ここ数日、雑誌に投稿する『バランサー・フライホイール』の原稿を手直ししてます。

俺の場合、文系の人みたいにスラスラ書けないので、思い付いたことをズラズラ書いて、何度も何度もしつこいくらいに訂正に訂正を重ねて、やっと完成です。

おそらく、普通の人の10倍書くのが遅いと思います。

まぁ、それは仕方がない。

今日の夜までに、原稿、特許書類、図面、写真を揃えて雑誌社に投稿します。

編集部の方に前もって相談していますが、採用されるかはまだ分かりません。

前向きに検討してもらえたら良いのですが。

さっき、原稿の清書が終わりました。

最後に、バランサー・フライホイールの実際の施工例を写真に撮れば全部揃います。

夜にメールで送信して完了です。

ブログで何度も言いますが 頭の良い人が見ると、「物理的にその様な効果はあり得ない。」と言うと思います。

しかし、現実には効果がハッキリしてる。

安い言葉ですが、「嘘だと思ったら、自分で試してみろ!」としか言えません。

実際に試したら、すぐに効果がありますから。

俺は、波怪(WAVE110i)、波乙(WAVE110AT)、雪百(XR100R )と3台に実際に試して、3台とも同様に効果が確認できました。

だから自信を持って言えます。

凄い発明だと。

世の中が必要とするかは別として。

上手くいけば、雑誌掲載は4月の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

練習中止

中国製チェーンガイドを加工して雪百に取り付けた。

その間に体調がおかしい。

大事を取って練習をやめました。

明日までに良くなれば良いなぁ。

頭が熱っぽい。

フーッ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

平昌五輪について

競技会場の強風で選手が本領発揮できないと騒がれている。

それでも優勝した選手は強いのか?

それとも強風が止んだ瞬間に運良く競技できたのか?

フィギュアスケートでは、日本人選手だけが採点が厳しいと世界中から指摘されている。

ゲレンデの競技会場が強風なのは、「そんな時もあるさ。」で済ませられる問題じゃない。

日本人選手に採点が厳しいのも、韓国開催では予想できた。

つまり、参加する前から予想はできたが、「まさか、こんなに酷いとは…」で慌てている。

でもね、それだって一言で片付けられる話なのよ。

「だって、韓国だもの。」

韓国で開催したスポーツの祭典(モータースポーツも含む)で、他国の協力無しにマトモにやれたことはない。

他国の協力(技術的、資金力的)があってこそ成し得たことを韓国の国民は、「それは韓国人が優秀だからできたこと。」と認識していまう。

これは歴史が語ってる。

韓国が近代化する際に、提携や協力をした企業は全ては恩を仇で返されてるんだよ。

あの本田宗一郎でさえ、「韓国に関わることは許さん。こらは俺の遺言だ!」と言ってる。

あの浅田真央ちゃんだって、「引退したキム・ヨナと二人でスケート会場で滑ってよ。」と韓国政府から要請されて、「冗談じゃない。」と断ってる。

1度でも韓国と関わった人なら当然だ。

韓国人と真の友情なんて夢のまた夢。(俺の体験談も含む。)

このオリンピック失敗は誰の責任か?

韓国に買収されて開催地に選んだIOCが全部悪い。

世界中のオリンピック選手を泥船に乗せたIOCが全て悪い。

オリンピックを韓国大統領の政治ショーにしたIOCに責任を取らせるべきだ。

こんな腹の立つオリンピックはIOCのせい。

断言しよう。

今のIOC会長は録な死に方しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国製チェーンガイド

数週間前、XR100RにCRF50Rのチェーンガイドが装着できると聞いて注文しました。

昨日、船便で来たチェーンガイドを見てみると、中国クオリティ。

少し加工して、ちゃんとさせてから雪百(XR100R)に装着します。

まぁ、一番の問題はスンナリ付くかですけどね。

今日は寒いからキャブヒーターがバンバン作動しそうだ。(サーモスイッチ付きです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

まだ重くする。

波乙(wave110at)に取り付けたバランサー・フライホイールのウェイトがまだ重くできることに気が付いた。

取り付けボルトを延長し、銅ワッシャーを1枚追加。

2gは重くできる。

重くしたらCVT変速用ウェイトローラーは軽くしないと。

10gから9.5gに変更だ。

これでもっとトルクが上がって、トラクションも良くなる。

これで更にウェイトを重くするには、銅製のカラーを製作しないと無理だね。

タングステンのワッシャーが簡単に手に入れば良いのだが、なかなかこれが手に入らない。

まぁ、現在手に入る物でチューンナップしますよ。

これでまた、気持ちよく走れたら良いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習しよう。

日曜日に雨で練習ができませんでした。

月曜日も同じです。

今日は、銀行、税理士、クルマ屋と用を足したので明日は練習できるかな。

体が動くかなぁ。

その内、雪百(XR100R)に強化チェーンガイド、ノンスリップシートを装着します。

これで雪百は完全レース仕様になります。

今年はエンデューロにも参加します。

全ては雪上レースで優勝するためです。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木村拓哉さんはカッコいい!

GEOに行って中古DVDを購入。

木村拓哉さん主演の『武士の一分』です。

何度かブログで紹介した作品ですが、手頃の値段だったので迷わず購入した次第です。

何かと話題になった木村拓哉さん主演の『無限の住人』も中古DVDで売られたら購入します。

これも以前にブログで書きましたが、「木村拓哉さん主演の時代劇にハズレ無し。」ですよ。

元SMAPのメンバーは良い俳優揃い。

稲垣吾郎さんを敵役にして木村拓哉さんを主人公にしたら、凄い時代劇が出来そうですね。(稲垣吾郎さんは、『十三人の刺客』で世界の悪役トップ100にランクインしています。)

昼過ぎからビールをキメて『武士の一分』を観覧です。

何回観ても良いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのラティオ

税理士さんへ用を足しにラティオで行きます。

ラティオを乗るのは2ヶ月ぶりかな。

クルマ屋でスタッドレスタイヤに交換されてるから、いつものビシッとした走りは味わえないだろうが、それでもポテンシャルは高い。

見た目とは違って。

何気に楽しい。

さて、コーヒー飲んだら行きますか。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

やっぱり安い頭だ。

俺の新発明であるバランサー・フライホイールを雑誌に掲載してもらうために原稿を書いてます。

限られた頁数で、どれだけ俺の言いたい事が伝わるかが勝負なので、何度も訂正を繰り返すしかない現状です。

やっぱり俺の頭は安いわ。

頭から湯気が出そうです。

当然、いつもの知恵熱も。(毎回言ってますが、大人は通常知恵熱は出ません。)

これだもの単純作業が得意な訳だわ。

原稿は一応書き終えたのですが、何度も見直します。

構造が単純だけにバカにされないで面白い文章に仕上げないと。

分かり易く、面白く。

安い頭には荷が重いわ。

でも頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲間はずれ?

秋田県は雪が積もりません。

全国的に大雪なんて嘘でしょ状態です。

北海道では気温が高くて札幌雪まつりの雪像が崩れる危険性が出たとかで、いくつか雪像をわざと崩したそうです。

道も雪がないから波乙(wave110at)のスパイクタイヤが減るんで走りたくない。

排雪の仕事もない。

嫌な感じだなぁ。

気を付けて頑張ろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペシャリスト養成

スペインには娼婦の養成学校がある。

しかも、政府公認らしい。

国が管理することで、ある程度の治安維持の意味もあるのか。

学校では、マインドコントロールとも思える、男を手玉にとる術を教えるとのこと。

国が変われば考え方も変わるねぇ。

日本はギャンブルを公営競技と名付けて国が管理している。

競馬、オートレース、ボートレース、競輪。

主にスピード競技だね。

養成学校で訓練生が頑張ってプロとして活躍する。

何の世界でもプロは凄い。

頭が下がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

俺の勝訴が軽く扱われた訳。

秋田県庁との裁判で、賠償金の金額が一万円でした。

情報公開請求に対する損害賠償が判例で認められてきません。

つまり、国家賠償の対象外となってる。

そこで秋田地方裁判所の判断は精神的賠償として慰謝料一万円となった。

裁判でさ、慰謝料が安ければ大した違法行為じゃないと思って奴が沢山いるのよ。

秋田県庁の職員、知事、県議会議員、新聞記者。

刑事裁判で死刑とか懲役何十年と判決が出るのと同じ様に、民事裁判の場合は賠償額で違法行為の重さと見られてしまう。

国の都合で情報公開請求が国家賠償の対象外なのを知らずに、「なんだ、大したことないじゃない。」と思われることの腹立たしさと苛立ち。

次の裁判が、国家賠償の対象外にならないことを祈ります。

俺は執念深いよ。

親兄弟から、「蛇みたい。」と言われてるからね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻の番組

今、50代の男性なら懐かしさで咽る様な映像をYouTubeで見付けました。
 
日本テレビ木曜スペシャルのUFO特番の中でも最高傑作と言われているものです。(投稿者に感謝。)
 
今見ても面白い。
 
 
時々、UFOを見ることがある俺には他人事ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バランサー・フライホイール売り込み開始。

桜華さん、コメントありがとうございます。

そうですねぇ、バイクトレーラーはフェリー代が高くつきそうですねぇ。

一時の贅沢ってことで無理しちゃいますかね。


売り込みって言うと語弊がありますが、折角の発明を世の中の人に知ってもらおうと雑誌の掲載を考えています。

只今原稿を執筆中。

堅苦しくない記事を書きたいと思ってます。

面白く書けたら良いなぁ。

頑張ります!(雨で練習できないしね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

波怪148ccリターンズ

波怪(WAVE110i)を低圧縮仕様の148ccにしようという計画を先日に立てました。

そこで思い付いたのが、「あれ?148ccならビックボア(Φ32)インジェクションを使えるかも。」でした。

波乙(wave110at)に使って、ビックボア過ぎて持て甘してお蔵入りしたインジェクションを組み合わせたら良いかもってことです。

計画では、低圧縮仕様でもビックボアエンジンで、ビックボアのインジェクションを付けて、重くしたバランサー・フライホイールを回して速く走らせるつもりです。

どれくらい低圧縮にしたら良いかは、やってみててですね。(測定面倒クサ。)

とりあえずは、シリンダー・ベースパッキン2枚でアルミスペーサーをサンドしてみます。

ピストンは新品にしますよ。

トラブルが起きたピストンは使えません。

やるのは4月からだな。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪百チューンナップ

雪百(XR100R)のチューンナップをしました。

内容は、

アクセルのハイスロットル化、

キャブレター・セッティング、

リアサスペンションのスプリング交換。

アクセルのハイスロットル化は、PD24にキャブレターを交換した結果、アクセル全開をするために手首をかなり捻らないと全開にならなくなったので、CR85Rのスロットルに交換しました。

アクセルワイヤーは、先にCR85Rにしていたので大した調整もなく、すぐに使える状態になりました。

キャブレター・セッティングですが、先々週の日曜日にneriさん、まるじさんとトライアル練習をやった際に、エンストする場面が多々あり、アイドリング調整で治らなかったことから、「ジェットニードルがまだ濃い状態なのでは?」と思ったからです。

しかし、セッティングもかなり煮詰まって来ているので、いきなりニードル段数を1段薄くするのはやり過ぎと判断して、ニードル段数を1段薄くしてからワッシャーを入れて0.5段薄くするセッティングにしてみました。

結果は、上々です。

始動性も、エンジンレスポンスと良くなって、エンジンの回転も軽い感じです。

リアサスペンションのスプリング交換ですが、交換しようと思ったXR100モタードのスプリングがタケガワのリアサスのスプリングと太さが同じで巻き数が多いことが判りました。

このまま交換すると柔らかくならずに硬くなります。

そこで、タケガワのスプリングをサグ調整して、動き始めを早くしました。

お茶を濁した感じですが、これもパーツ流用でチューンナップする際には、よくある話です。

勉学代として諦めます。

必要な時もあるかも知れませんからね。

さて、あとはリアタイヤのチューブがすぐにエア抜けを起こすのでチューブ交換して終わりです。

パンクではないと思うのですが、心配なので交換します。

今の雪百は、どんどん良くなる法華の太鼓ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく考えてみると、

オカルト的な話をする訳ではない。

行事として失敗だという話。

何のことか?

大相撲ってさ、神事として五穀豊穣を願う儀式が現在まで続く日本の伝統です。

外国人力士が神事の前に事件を起こし、それを隠して土俵で相撲を取った。

これって例えるなら、神社で厄払いしてもらいに行って、拝んでもらったら拝んだ神主が前日に犯罪を犯してたと同じ。

ありがたみもあったもんじゃない。

全国的な神事は失敗したも同然。

今年は凶作になったり、災害になったら、「相撲が悪かったからか。」と言われてもおかしくない。

まぁ、そんなことないとは思いたいが、日本の伝統って何かある気がするんだよね。

日本の伝統を守るは、日本の平穏を祈ること。

ハッキリ言って、今の相撲協会は日本の敵だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

精神的負担が伴う。

今やってるテレビアニメは2つに分かれる。
 
ゆるふわ系とダウン系。
 
観ていてほのぼのするアニメと精神的負担が伴うアニメだ。
 
まさに『飴と鞭』になってる。
 
なのでゆるふわ系を観て、徐々に精神的負担が大きいものを見る様にしてるよ。
 
「一番精神的負担が大きいのは?」
 
伊藤潤二コレクションです。
 
疲れてる時には絶対観たくない。
 
大ファンなのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

バイクトレーラー

愛車の日産ラティオにバイクトレーラーが付きました。

やっと、トレーラーの車検が終わって納車です。

これで遠くのモトクロス場に遠征できますね。

今月の雪上レースは軽トラで行きますが。

フェリーの中で上手くトレーラーを駐車できる自信は無いので。

来年の雪上レースにはラティオで行きますよ。

ラティオは良いクルマです。

中身に惚れて、次第にデザインに惚れたパターンのクルマでした。

それにバイクトレーラーが更に付いて素晴らしい。

午後から雪百のリアサスを弄る予定でしたが、午後から庭の雪掻きに追われた。

雪掻きしないとラティオが入ってこれない。

日曜日までに雪百を整備して日曜日は私設モトクロス場で練習します。

今度走る札幌のコースとは全然違うコースレイアウトですが、体力はつくと思います。

明日は本気で整備しないと。

あと、バランサー・フライホイールの売り込みも開始します。

バランサー・フライホイールの簡素な仕組みで大爆笑する人もいると思います。

しかしながら、結果論ではないですが実際に効果が認められる発明です。

結果の凄さから特許出願となった発明ですので、「バカにする前にやってみろ!」と言いたい。

この発明がどれほど凄いことなのか、使ってみれば分かります。

排気量を上げなくても、ちょっとした変更でパワー、燃費、トラクションが向上し、エンジンの振動が軽減する。

オカルトなものではありません。

オートレースのチューンナップテクニックを応用し、進化させたのがバランサー・フライホイールです。

構造を見ただけでは、絶対に効果は想像もつきません。

これが俺のモットーである、『間違った常識に宣戦布告』ですよ。

ローテク、ローコスト、ハイパフォーマンス体験してもらう為にも製品化しないと。

とりあえずはヤフオクでの販売から。

頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日こそ

昨日の半島ツーリングで疲れてしまって雪百(XR100R)のセッティングをやってない。

「今日こそやるぞ。」と思ってますが、尻が重い、足に根が生えてる、リビングが天国で動きたくない。

やる気がどっかへ。

午後からやることにして、午前中はまったりと。

ああ、コーヒー美味い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

カウンター

カウンター。
 
正確な名称は『カウンターステア』。
 
つまり、逆ハンってやつです。
 
今日のツーリングで、路面の雪がジャブジャブのところが結構あって、それがコーナーだったりするとリアタイヤが必然的に滑り出す。
 
俺も転倒を避ける為に自然にカウンターを当てる。
 
今までなら滑る前に速度を落としていたが、札幌の雪上レースに参加して以来からカウンターで対処している。
 
でも、基本的に滑らせる走りも、滑る走りも嫌いです。
 
雪道を夏の道の様に走らせるのが俺の理想。
 
走り方も一年同様が理想形。
 
そういう走りって見ててもつまらないんだよね。
 
そういうのが凄いと俺自体が思ってるから良いんだよ。
 
好みの問題だ。
 
地味に凄い走りがしたいんだ。
 
ギンギラギンにさりげなくですかぁ?(歳バレ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもの動画

いつもの、ただ単に飛ばすだけの動画です。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアサスのスプリング交換

今日は、雪百(XR100R)のリアサスのスプリングを交換します。

XR100モタードの純正スプリングをタケガワの強化サスペンションに組み込みです。。

これでフワッフワッなサスペンションになる予定です。

あと、キャブレターのジェットニードル段数を薄い方向にセッティングし直します。

雪百でトライアルやってる時にエンストする傾向があるので、「ちょっとガスが濃いのかなぁ。」と感じました。

アイドリング調整も同時に行いますよ。

あと、久しぶりに波乙(wave110at)で男鹿半島を回りたいな。

速くなった波乙を堪能しますよ。

楽しみだぁ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

タイヤの空気圧を抜くと

オフロード走行でタイヤの空気圧を抜くと接地面が増えるからグリップが良くなると言われているが、俺は違う気がする。

タイヤの空気圧を抜くとタイヤが潰れた分だけタイヤブロックが路面を掴んでる時間が長くなるのだと思う。

クローラー(キャタピラ)とかって、クローラーのブロックがクローラーの長さ分だけ路面を掴んでる時間が長い。

タイヤとクローラーとでは、1つのブロックが路面を掴んでる時間が比較にならないくらいに違う。

タイヤで路面掴んでる時間をもっと長くする方法はないものだろうか。

ない頭を絞って考えます。

う~ん。

| | コメント (0)

マイ電柱

ウチの工場にマイ電柱を立ててもらえる様に、工場の奥からストックしていたコンクリート電柱を設置場所にワイヤーで引っ張ってきました。

引っ張ってくるにはパワーショベルを使います。

3本引っ張って、2本がハズレ。(折れ、短い。)

マイ電柱って良いなぁ。

俺も自宅にマイ電柱立てようかな。

木の電柱にクラシカルな電灯付けて。

今日見たら、丁度良さそうなのが1本あったんだよね。

考えとくか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レース経験者は運転上手?

今年、珍しく排雪のヘルプがあった。

雪不足で、いつも世話になってる会社以外に仕事が来るのは珍しくなってる。

一応、作業は時間給になってるので、ゆっくり仕事してる。

「今年はダンプカーの燃料が減らなくて良いわ。」と思ってたら、ヘルプした会社の社員から、「あんたは稼ぐねぇ。」と言われたよ。

「何のこと?」と聞くと、他のダンプカーが1回走る間に俺は2回来ると言う。

「??????」

俺、今年は相当ゆっくり走ってるのだが。

ただ、毎回同じ様に走ってるだけ。

効率良く走る術はレース経験者なら誰でも持ってる筈。

それだけ、レース未経験者との差が大きいって事か?

まぁ、以前は普通に走ってるつもりでも、「異常に早く帰ってくる。」と排雪ダンプカーの中で話題になってたらしいが。

だって、走り屋やっても長いから、信号の変わるタイミング、渋滞時間帯の対処、他のクルマとの 駆け引きとか全部分かるからね。

クルマの流れを読む訓練は俺にとって日常化してるし。

おまけにダンプカーは、小学生から母親の助手席に乗って作業を手伝ってた。(格納庫での荷降ろしがあったので、確認作業が俺の仕事だ。)

そう考えると経験値は最強じゃん俺。

次の仕事で召集が掛かったら、アイドリングで走るわ。

それは流石に無理か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

延期で縁切り

宮内庁から、眞子さまの婚約行事が延期と発表された。

皇族に不幸があったり、国民に大災害があったりしたら分かるが、「これは時間稼ぎで縁切りが進行中なのか?」と勘ぐってしまう。

現に、この件に関してのネット記事が削除されてる様だし。

俺は何も言いません。

皇族は民間人とは違うから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

風呂場

風呂場で物思いに耽る俺です。

風呂場は俺にとって作戦会議室。

血行が良くなって良いアイデアが浮かんだりします。

お金儲けのアイデアが浮かべば良いのですが、あんまりお金儲けに興味がないのか、そちらは全然ダメですね。

基本的に只の道楽者なんでしょう。

そろそろバランサー・フライホイールをヤフオクで販売しなきゃ。

再注文した部品は届いて、先に注文したウェイトが届きません。orz

ちなみに、販売の際に商品の秘密保持のために画像はありません。

でも、しっかりした効果のある商品です。

その代わり、装着して良い結果が出なかったら返品可とします。

何てったって10年の研究結果ですから。

結果で勝負ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭痛い。

風邪をひいたのか、頭が痛い。

喉の痛み、熱、頭痛がする。

午前中にフェリーの予約をしに秋田港へ。

秋田発の苫小牧行きはチケットを取ったが、翌日に苫小牧発の秋田行きはないとのこと。

「この季節、昨年までは毎日往復便がありましたが、今年から週に3便だけとなりました。」

そこで、函館発の青森行きのフェリーをネットで予約。

帰りは青森から地元秋田まで走ります。

フェリー予約の帰り道に、電気工事会社に工場の電化工事が今月中に完了するか聞きました。

「無理にでも終わらせます。」とのこと。

安心しました。

午後から工場の電化工事の段取りをするつもりでしたが、明日にします。

とりあえず、薬を飲んで寝ますよ。

頭に濡れタオルを巻いて。

疲れてるんだな、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

今までで一番の波乙

晩酌セット(ビール、つまみ、おかず。)を買いにコンビニへ。
 
ついでにレンタルDVDを借りて、銀行ATMで用足し。
 
バランサー・フライホイールの重いウェイトと、変速CVTの軽いウェイトローラーは相性がバッチリ。
 
これぞスノーモービルだろって加速見せます。(※波乙はタイヤで走るスノーモービルを目指して製作しています。)
 
時速90キロまでならマニュアル車と加速は良い勝負。
 
コーナリング性能ならこっちが上と思えました。
 
また道路に雪が積もったら動画を撮りたいな。
 
楽しいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まったり

今日はゆったり、まったりしてます。

午前中に用事を済ませて、あとはネットで動画鑑賞。

一番好きな動画は、自分の走ってる時の動画。

バイク乗りなら分かるでしょ。

夕方には一日の〆に必要な晩酌セットを買いにコンビニへ。(一番近くのコンビニまで3㎞。)

ついでに、波乙(wave110at)の変速セッティングを調子見です。

明日は、工場の製品の検査の段取りと工場の電化工事の為のマイ電柱設置場所の段取りをします。

近い内に苫小牧行きのフェリーの予約をしないと。

雪百(XR100R)のサスペンション・セッティングをやり直します。

リアサスペンションのスプリングをXR100モタードの純正スプリングに交換です。

今使ってるタケガワの強化サスは、スプリング交換が簡単にできるので助かりますね。(XR100Rは油圧を使ったりと大変。)

フワッフワッのスプリングを作ります。

雪上レース専用のサスペンション・セッティングです。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピーキーレバーの正当性

ピーキーレバーは、俺が20年以上前に開発して実用新案を取得したレバーです。

シマノに売り込んだら情報だけパクって、俺の実用新案が期限切れしたらロードバイク用レバーとして世界に流通しています。

まぁ、そういうこともあったなぁと今では思い出です。

俺のバイク仲間でピーキーレバーを自作して使っている人が結構います。

元整備士から本職のバイク屋さんまで。

最近では、カブ&ピースのneriさんも作ったみたいです。

熔接で盛る方法でスペシャルレバーの製作した様です。

俺もやりました。

熔接はプロにお任せですが。

それから削り出したり、最終的には曲げ加工を簡単に行う方法を考えて、あっという間に作ってますよ。(作り方は内緒。)

バイクの世界は間違ったまま進化したパーツが沢山あります。

ハンドルレバーもそれです。

ステップもそうです。

シートもそう。

最近はサスペンションもそうじゃないのかと疑ってます。

バイクを個人で研究するって面白いよ。

人間の体に合わせるの人馬一体の大前提。

それが間違いな筈はありません。

一生掛かって納得のいくバイクを作って乗りたいです。

でも、作っても作っても、その先がある。

死ぬまで楽しめるってことですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

この歳になって気が付いた。

マジンガーZのパイルダーって、パイルダーオンする時に左右のプロペラを立てるんだけど、それだとマジンガーZから飛び立つことは絶対に不可能なんだよね。

さっき、気が付いたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか知らんが。

仕事が予想よりも早く終わって、マックに行って晩飯に食べるビックマックを買ってきました。

どこのハンバーガーよりもビックマックが美味いと思う俺です。

なんか知らんが、今朝揉めた相手が俺に敬語を使ってきます。

何でだろ?

謝る時に、「鼻を殴らないでくれてありがとうな。俺さぁ、昔に鼻を殴られてバラバラになってるのをワイヤーでくくってるから鼻を殴られたら大変だったよ。本当にありがとう。(と、言って握手。)」

それから態度がガラッと変わった。

まぁ、良いや。

俺は仕事が上手く運べばそれで良い。

今晩は脱水症状で裸にならないようにビール以外にコーラも買ってきた。

何かを食ってる時が一番大人しい俺でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揉め事

仕事の揉め事で殴り合い。

俺の方がやり過ぎたので相手の、「最後に一発殴らせてくれ。」の一言で決着。

俺ノックダウン。

すぐに起きたけど頭くらくら。

いつの時代だよ。

まぁ、最後は仲良くなったけどな。

俺は一体幾つだよ。

大人になれ俺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これ、ヤバいやつやん。

深夜12時に仕事が終わり、ダンプカーで帰宅する途中で近道してみたのが間違いだった。

雨で溶けた雪道の農道に入った時には、既に遅かった。

「これ、ヤバいやつやん。止まったらスタックして出られなくなる。」

戻ることも許されない。

とにかくアクセル全開で勢いを殺さない様に走り切るしかない。

四駆のクルマでも止まったらスタックする様なジャブジャブの雪道。

絶えずリアタイヤが横に滑りカウンター合戦。

それでもギアは4速のままでレッドゾーン付近を維持しないと失速する。

時々、アクセルを煽りながらタイヤのグリップを調整。

約3㎞のジャブジャブの雪道を何とか通過して帰宅することができました。

安心したのも束の間、帰宅して寝る前にコンビニのお寿司をツマミにビールを飲んだ。

気が付いたら寝ていたよ。(疲れてたんだなぁ。)

全身の熱さにトランク一丁になる。

熱い、とにかく熱い。

雪の積もる庭に飛び出したくなる熱さ。

「これ、ヤバいやつやん。外に出たら尾崎豊みたいに死ぬ。」

とりあえず、トイレで小便をしてから水をがぶ飲み。

原因は脱水症状なのは確実なので、体温が元に戻るまで水分補給して横になってるしかない。

そういう時に限って、股間の火縄銃がいきり立つ。(本能って凄い。)

すぐにトイレで用を足して落ち着かせた。

目覚めてから二時間てようやく落ち着いたよ。

今日も仕事があるのでダンプカーの暖気運転をしに外に出た。

トランク一丁で。

気持ちいいが感覚が戻ってきたので少し寒い。

これなら大丈夫だと確信して、朝のコーヒーを飲むことにした。

よく、真冬の雪山で遭難した人が真っ裸で走り回るとか言うが、それがどういう状態なのか知った気がする。

何とか元に戻れて良かったぁ。

コーヒー飲んだら仕事に行かなきゃ。

もう、近道も、寝る前のビールもやめる。

焦ったわぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

デブ化対策として

毎年、毎年、デブ化の一途を辿る俺。

横から見たらゴリラ体形です。

原付きバイク乗りとしては非常に厳しい。

そこで、1度はお蔵入りになったWAVE110iの148ccボアアップを復活させようかなと思ってます。

148cc化の失敗は高い圧縮か原因と思われます。

圧縮比を落として再挑戦です。

カブ110系エンジンは回転リミッターが付いてて10000回転までしか回りません。

圧縮を落として回る様にして、落ちたトルクと回転をバランサー・フライホイールで補助したら良いんじゃないかと。

148cc化した上手く走ってる人は、エンジンのチューンナップ自体はそんなに過激じゃない仕様なんだよね。

吸排気系までバッチリとチューンナップすると、実際の圧縮は上がる傾向があるから、それを見込んで圧縮を思いっきり落としておこうかと思います。

120ccもフィーリングは最高でした。

でも、俺が重過ぎた。

それだったら、黙ってオフロードバイクか、ビックバイクに乗れってことなんですが、原付きバイクが面白いんだよ。

ビックバイクはたまに乗るから良い。

いつもは原付きバイクが良い。

バイク三昧な生活はこれくらいが丁度良い。

日曜日は、モトクロスの練習か、トライアルに挑戦で楽しむ。

今年もバイクを速くすっぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市販バージョン

へのへのもへじさん、コメントありがとうございます。

市販バージョンの仕様をどうするか悩んでます。

過激バージョン、無難バージョンなど色々考えた結果、過激バージョンになる直前がパフォーマンスを気軽に楽しめると判断して部品を再注文しました。

先に注文した部品はストックへ。

これでバランサー・フライホイールの実力を実感できると思います。

オートレーサーの裏技セッティングの応用から始まって、エンジンブレーキ強化キットとして販売し、それが進化してバランサー・フライホイールとなりました。

一番最初の実験から10年くらい経ってるのかな。

まさか、エンジンバランサーと弾み車(フライホイール)の常識を覆す発明になろうとは誰が想像したでしょうか。

エンジンバランサーは基本的にエンジンクランクの発生する一次慣性力に対抗する慣性力を発生しています。

一次慣性力を発生しないバランサーは今までにありません。

弾み車を重くしたら確実にエンジンレスポンスは落ちますが、重くしてもレスポンスが悪くならない弾み車を作りました。

そんなエンジンバランサーと弾み車は存在しませんでしが、今はあります。

販売まで、もう少しお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

フランケン・シュタイン

昔からフランケン・シュタインの映画が大好きな俺です。

フランケン・シュタインはイギリスのメアリー・シェリーの小説が原作です。

夢で見たことを小説したとか、友人数人でオカルト小説を書こうとして最後まで書き上げたのがメアリー・シェリーだけだったとか、諸説あるようですが、そんなことはどうでもいい。

新しい力を生み出す狂気に魅力を感じるのは俺だけだろうか。

子供の頃、マジンガーZを初めて見た時の衝撃と同じだ。

まぁ、俺の頭じゃバイクのパーツを考えるくらいしかできないけどね。

でも、それは自分が望んだことだから。

フランケン・シュタイン映画は科学者の夢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野屋の超割引き

牛丼の吉野屋で超割引きセールをやると、ライバル会社のすき屋にクルームが出るそうです。

「なんで、割引きできねぇんだよ!」

それは会社が違うからだと説明しても理解できないのか、本社にクルームの電話をするらしい。

狂ってる。

って言うか、悲しい話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人で良かったと感じること。

譲り合いを受け入れられること。

コンビニの食べ物が美味しいと感じること。

自分を勇気づけてくる音楽が溢れてること。

永遠という言葉が好きだった少年時代。

楽しいだけが人生じゃない。

辛いことが永遠だと寒気がする。

適当なとこで終わりがあるのも悪くないと感じる歳になりました。

日本人には日本人の美学がある。

そりゃあ不正だって山ほどあるさ。

腐ってると思うこともある。

でも、日本人に生まれて良かったよ。

他の国にあって、日本に無いものって圧倒的に少ない。

幸せが金で買えるのも日本。

それも良し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Peaky_partsが目指したもの。

スーパーカブ(JA07)用チューンナップパーツを一時期ヤフオクで販売してました。

秋田県庁と裁判したら、キチガイなクレーターと思われたみたいでパーツがさっぱり売れなくなったので販売を中止。

何より裁判で神経をすり減らしてネット販売してる余力がなかった。

裁判は最終的に勝訴で終わったが、秋田県庁の不誠実な態度は何も変わらない。

まぁ、また裁判します。

Peaky_partsは俺が気持ち良く走れる様に作った作品。

ワークス(メーカー直属)マシンみたいに一般には流通していないワークス独自の技術が有るように、俺はメーカーにもない新しい観点からバイクがどうすれば速く気持ちいい走りができるかを追求した。

売った製品は自信を持って販売したよ。

俺のパーツを付けたバイクは走るテンガになる。

ワークスマシンみたいな洗練されたエンジンフィーリングをライトチューンナップで体験するのだ。

今度販売する予定のバランサー・フライホイールは仕様を悩んでます。

どのレベルで販売するか。

既に、パーツとなる部品を注文してますが、また注文し直すかも。

気持ち良さへの追求は、バイクを楽しむ娯楽の原点です。

頑張って良い仕様を選ぶぞ。

その前に仕事に行かなきゃ。

3日ぶりに風呂に入ってさっぱりした俺でした。

よし、行くぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

寝る暇ない。

寝る暇無くて、仕事中に飯食って休憩時間は全部仮眠。

50過ぎると睡眠不足が一番体に悪い。

休憩になったから、安眠の為に雨音をスマホで流して仮眠します。

目覚まし時計は必須だ。

では、頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »