« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月31日 (土)

バランサー・カムスプロケットが届いた。

ブラドルさん、コメントありがとうございます。

只今、ビックフィン・キットを新型にして販売しようと思ったのですが、取り付けボルトに良いボルトが無くて困ってます。

これなら、無理して新型にせずに現行型でも良いかなと考え直している次第です。

もうちょっとお待ちください。

ちなみにブラドルさんの必要なパーツは次で良いですか?

ビックフィン・キット、ピーキーレバー、トルクアップ・ガスケット(ノーマルピストン、エンデュランス・ボアアップキット専用)、クランク内圧調整バルブ。

宜しくお願いします。m(__)m


JA07とJA10用のバランサー・カムスプロケットが届いた。

荷物はまだ開けてない。

仕事で疲れて、まずは風呂に入ってからだ。

できれば明日の朝に見よう。

とにかく、ハンバーグカレーが食べたい。

さっき、甘いものが食べたくなってソフトクリームを食べて糖分補給した。

疲れた。

風呂が沸くまでブロクの更新だ。

とりあえず、クランク内圧調整バルブ用のワンウェイバルブとバランサー・フライホイール用のパーツが来るまでは販売はしない。

セットで組むことで劇的な効果を堪能できるから。

先にバランサー・フライホイールを購入した方には、バランサー・カムスプロケットとクランク内圧調整バルブのセットも用意します。

ではまた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

隠語

昔話だから時効ってことで。

10年くらい前に、バイクスタント仲間(以後、友人という。)が日本を代表して全米バイクスタント選手権『XDL』に出場している木下真輔選手の応援に行った。

アメリカライダーに混じって練習する木下選手と話をしている友人に、「お前一体誰か?」と質問する地元ライダー。

「俺は木下選手のバイクスタント仲間だ。」と言うと、「お前がか!」と驚く。

まぁ、恵比寿顔の男を見たらそう言うかも。

そして彼は、「俺はパイプマン(仕事が水道屋なんでニックネーム)だ。」と言うと、「お前がか!嘘だろ!」と更に驚く。

アメリカの隠語でパイプマンとは超巨根という意味らしい。

後で意味を教えてもらって恐縮したとか。

そんな昔話でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

マジック

へのへのもへじさん、コメントありがとうございます。

へっへーっ、既に術中にハマってますねぇ。

オフロード用バランサー・フライホイールはスタビリティー(操縦安定性)がかなり向上します。

なので、普段の体感スピードのつもりでもアクセルはいつもより開けてます。

それを感じさせないのが難しい。

自分では、「これくらいだなぁ。」と思っても、速く感じないだけで実は速い。

これこそ、俺が目指したチューンナップですよ。

一流のメカニックが作り出すフィーリングをライトチューンで可能にしました。

しばらく走って、PGM - FIがフィードバックしたら、もっと走り易くなって、排気音も静かになりますよ。

くれぐれも速度違反には気を付けてくださいね。

レポートありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冥土の土産

毎年来てくれるお客さんが、高齢のお母さんを連れてきた。

「こんな良い品物をどんな人が作ってるのか、冥土の土産に見てみたくって。」

嬉しい言葉ですね。

なんか、救われます。

理想的な商品とは?

そう考えて作り出した製品は、俺にとっては最高傑作ですよ。

毎年、毎年、製造方法に工夫を加えて理想を追求します。

でもねぇ、不景気で安い製品を提供する業者のとこにお客が流れちゃう。

残ってくれたお客さんは、「他と比べるまでもないでしょ。こんなのここしか手に入らないもの。」と、これまた嬉しい言葉。

頑張りまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

バランサー・カムスプロケットは明日発送。

機械屋さんから、「バランサー・カムスプロケット明日発送します。」の連絡があった。

あとは、バランサー・フライホイール用のパーツの手配とクランク内圧調整バルブ用のワンウェイバルブの手配だな。

なんか、どきどきするぅ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

モデル

モデルと言っても、スタイルの良い人ではない。

映画や噂の元となった事件のこと。

昔、杉沢村って殺人事件で廃村になった地域の噂があった。

テレビ番組のスタッフが、その杉沢村を探しても見つからなかったと発表したが、実は見つからなかった訳ではなかった。

モデルとなった廃村はあった。

青森県のある地方に、たった3年間で4つの殺人事件が起こり、10人以上が亡くなった村が存在した。

地元の平穏を乱してはいけないとの配慮から公開しなかったのだ。

でもさぁ、3年間で4つの殺人事件で10人以上が死んでるって怖過ぎるだろ。

流石は青森県。

半端ねぇ。

俺の地元じゃ、心霊現象の話しか出てこない。

まぁ、秋田県は自殺率が高いからなぁ。

俺なんか怖くて絶対に自殺なんかできんわ。

死にたくなったら、地の果てまで逃げる方が一万倍マシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陳情書と請願書

俺が佐竹知事に宛てた請願書は、実は請願書とは言えない。

なぜなら、請願書とは議会に提出する際に文書で、議員の署名捺印が必要だからだ。

では、何で請願書なのか?

最初に県議会に請願書を出して議題にしようとして、地元選出の議員(秋田県庁出身)に、「この議題が出ると誰が真の県民の味方で、誰が口だけか試金石になるよ。」と予め教えてから署名を求めたらビビっちゃってねぇ。

俺のブロクがどうのこうのと理由をつけて結局逃げちゃった。

「俺に任せろ。」と言っておきながら。(やっぱ、口だけ。)

なので、請願書をそのまま知事に宛てた。(つまり流用した。)

本当なら陳情書と書くのが妥当です。

陳情書は、請願書と違って署名はいらない。(あくまでお願いだから。)

議会が困るから署名できないとさ。

糞の役にも立たない秋田県議会。

県議会議員には何人も秋田県庁の不正についてのファックスを送ってきた。

何人と電話を掛けて秋田県庁の不正を何とかしてほしいと願ってきた。

結局、秋田県庁を相手にするのは困るとよ。

特に共産党の議員は酷かった。

「何が目的だ?」だとさ。

秋田県を良くする為だろ。(バカか。)

知事は相変わらずバカ殿様だ。

なーんも知らん。

前に1度だけ、一番最初に地方送った公開質問状を見た知事が建設部を怒ったらしい。(裁判長から聞いた。)

どういう意味で怒ったかは知らないが。

まぁ、それからだよね検閲が始まったのは。

裁判で、「これは請願書ではない。請願書とは議会に出すもんだ。」と嘘の天才である湊弁護士は言うだろう。

そしたら、これまでの経緯を話して、「陳情書と書くべきところをそのまま流用したので請願書となっていただけ。これは検閲とは別問題。」と答えるよ。

検閲とは、俺の知事に対しての発表を妨害することだから。

しょうがないだろ、県議会議員は秋田県庁にビビって何も言えない。

行政不服審査会は情報公開審査会同様にただの御用学者で秋田県庁の擁護しかしない屑。

総務省の行政監理局は、名前だけ監理局で監理なんかしてませ~ん。

「地方のことは全て地方に任せてある。」だそうです。

つまり、日本に地方行政の不正を取り締まる機関は存在しませ~ん。

マスコミも国レベルのスクープには興味があるが、秋田県庁だと無視無視無視。

地元マスコミは秋田県庁の太鼓持ち状態で、秋田県庁に不利益のあるニュースは絶対に出しませ~ん。

1度はニュースにした朝日新聞も秋田県庁から圧力が掛かった様です。

秋田県庁の控訴棄却のニュースは編集長止めでお蔵入り。

つまりだ、今の日本でたった一つ頼りになるかも知れないのが民事裁判のみ。

検閲を合法として、ヘタレ判決と言われるか。

新たな検閲の定義を作り出して無理矢理合法とするか。

余計な政治家の邪魔が無ければ良いが。

納得いくまでやるしかない。

くそったれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにダカールに乗ろう。

サモさん、コメントありがとうございます。

これ、まだ余裕のある人だから言えるセリフで、大人のドロドロした修羅場だとこうはなりませんね。

例えば浮気とかのなら、「裏切りビッチは自決しろ!」と叫ぶことになる。

つーことは、「リア充爆発しろ!」も青春の1ページってことですね。


ダカールに乗りたい。

たしか、1月の雪のない日に1度走ったんだよな。

映画観に行ったはず。

リアタイヤをチューブレス化したけど、リムがチューブレス用じゃないからエアが少しずつ抜ける。

タイヤにエアを入れて洗車して、チェーンに注油して、軽く流したい。

販売機うどんが食べたい気分。

食べに行くなら明日かな。

ダカールも改造するする言いながら、結局は基本的にノーマルのまま。

弄ってあるのはピーキーレバーとリアタイヤのチェーンレス化。

あとは、前後のタイヤをロード用にしてる。

フロントタイヤはアメリカンバイク用のDUNLOPカブキ。

リアタイヤは同じくDUNLOPのカブキにタイヤパターンがそっくりなツーリングタイヤ。


このバイクだけはクルマみたいにエンジンはフルノーマルの方が安心できて良いと思うことにした。

だって、ツアラーだもの。

チューンナップは原付きだから良いのかも。

さて、昼飯食うか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老害とは?

タレントのおぎやはきの小木さんが、路上でのテレビ撮影でわざと邪魔したり、苦情を言うのは良いが言ってることがめちゃくちゃな老人を老害と呼んで批判されたという。

最近、俺も老害について考えせられた。

昔から知っている人が突然理屈の通らないことを言い出す。

例えば、ダンプカーの荷台が錆びていて、それに俺が荷物を積んだとしよう。

「荷台が錆びてるからこの荷物を下ろさせてくれ。」

俺は錆の入った様な荷物はもう売り物にならないから下ろされても困ると言うと、「大したことないから良いだろう。」とそれが正解みたいに言う。

「大したことないなら、何故持っていかない。」

結局、俺の判断でその荷物は廃棄した。

老害とは、理屈の通らないことを言う老人。

筋の通らないことを絶対に譲らない精神を指す。

俺の父親は若い頃から老害みたいなところがあった。

「こうしたら困るから、絶対にやっちゃダメ。」

俺がそう言うと100%やる。

その度に俺がブチ切れる。

何度ぶん殴られようが、何度気絶させようがやる。

そんな父親が昔から大嫌いだった。

これまで、何度迷惑が掛かったことか。

早く死ねといつも思ってたよ。

いっそ、「長生きしてね。」って俺が言ったら翌日に死ぬんじゃないかと思ってる。

そんな父親が昨日、一瞬だけ愛おしく見えた。

俺も、それだけ歳を取ったということか。

俺も老害と呼ばれない様に、筋だけは通そう。

元気な老人になって、若者から目障りに見えても筋だけは通そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

バランサー・フライホイール改良計画

二種類のウェイトを使ったバランサー・フライホイールで、もっと慣性モーメントの高いフライホイールを作れないか実験しようと思っています。

雪百(XR100R)は現在、オフロード用バランサー・フライホイールになってますが、今よりも重いウェイトを用意して、二種類のウェイトで走ってみます。

昨年はオンロード向きのエンジン特性でモトクロスコースを走ってました。

今年はオフロード向きのエンジン特性で、大地に噛みつきながら走ります。

その為には、もっと重いフライホイールをガンガン回さないと。

成功したら、製品に反映させるつもりです。

チューンナップにこれで終わりはありません。

いつまで経っても終わりなんか見えてこない。

面白いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目がぐるぐる。(@_@)

お客さんが来るのは落ち着いたが、仕事の手間は倍になった。

面倒な仕事が続く。

ただ一つだけ良いことが。

自宅で昼飯が食える。

昨晩作ったホタテの味噌汁で猫まんまを食べたい。

かっ込んで、昼寝してリフレッシュ。

さて、昼飯食べるか。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

スーパーカブ125のエンジン

桜華さん、サモさん、コメントありがとうございます。

桜華さん、グリーンランド裏の林道が通行止めですか?

若い頃、白バイとパトカーから逃げる時によく使ったのに。

サモさん、お楽しみに。

「これが俺のカブ?」と思うこと間違いなし。

バイク版劇的ビフォーアフターです。

綾瀬はるかさんもびっくり。(知らないかぁ。)


スーパーカブ125ってさ、グロムベースのエンジンなんだよね。

そしたらグロムエンジン用のハイレスポンス・キットを作れば、グロム、モンキー125、スーパーカブ125の3台に使える。

カムスプロケットが同じならなぁ。

発売されたら要チェックだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだ、口だけかよ。

森友文書問題で揉めに揉めてる自民党。

道端に貼ってある自民党のポスター。

安部総理の顔面アップで、『責任を果たす。』と書いてある。

早く責任を果たせ。

どうせ口だけ。

いふりこき(いい格好しいの秋田弁)だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

からかい上手の高木さん(ネタバレ)

アニメ『からかい上手の高木さん』が最終回に。

うん、最後まで甘酸っぱい青春ストーリーで終わった。

ここから顰蹙のネタバレ。

高木さんと西方君は結婚。

高木さんは西方姓に。

西方君は毎日高木さんにからかわれた回数の3倍の回数を腕立て伏せするのが日課。

そのせいかは分からないが体育教師になる。

そして、二人には娘ができる。

この娘が西方君のからかわれる方のタイプ。

顔は母親似だが、性格は父親似。

中学生になると両親と同じ様に、からかい上手な男子同級生と甘酸っぱい学校生活が始まる。

俺の中学の同級生にも、同級生同士で結婚した夫婦がいるが、こんな風に甘酸っぱいかは分からない。

あるとこには有りそうな物語。

魔法とか、ロボットとか、異世界とか、そんなのに比べたらリアルに近いはずなのに一番遠く感じたのは俺だけ?

さぁ、皆さんご一緒に。

「リア充爆発しろ!」

ご静聴ありがとう御座いました。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

世界一長い民事・行政訴訟

ギネスブックに、「世界一長い民事・行政訴訟」と認定されている裁判は日本の検閲についての裁判で、『家永教科書裁判』と呼ばれています。

なんと1965~1997年まで32年間続いた裁判でした。

この裁判は、「教科書検定は検閲ではないのか。」と家永さんという『新日本史』の著者が訴えた裁判でした。

32年間も争ったおかげで、検閲の定義の大半が決定した。(かなり定義が限定的だと批判もありましたが。)

その限定的な検閲の定義に秋田県庁の行為が合致します。

言い逃れができないくらい。

これぞ裁量権濫用といった具合ですよ。

これを合法とする裁判官がいたら、何らかの圧力が働いたと言えますね。(それこそヘタレ判決と言われかねない。裁判官として一生の汚点となる。)

法曹界(司法)では、法曹界の人間の力よりも政治家の力の方が優先されるそうです。(法曹界の人からの話。)

政治家に倫理を求める国民がバカなのかの世界になります。

流石に32年も裁判する元気は俺にはありませんが、決着がつかないなら続けるだろうなぁ。

自分でやれば裁判なんて安いもんだから。

タケガワのボアアップキットとハイカムを買うくらいの訴訟費用ですよ。

まぁ、相手(秋田県庁)は弁護士を雇いますが、保険で賄うか、問題を起こしてる建設部道路課は秋田県庁でもお金持ちの部署だから。

自分達のやった不始末を隠す為なら幾らでも払うでしょうね。

元は地方税だが。

県民からお金を集めて、県民の生活を充実させる為に使わず、自分達の不正を隠す為に使う。

これが税金泥棒の正体だ。

怒りで32年も裁判やりたくなったわ。

準備書面から幾らでも書いてやるよ。

秋田県庁が謝るまでな。

しかし、奴等は絶対に謝らない。

長くなるのも無理ないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

行政訴訟の弁護士料金

ある弁護士事務所のホームページで、弁護士が行政訴訟の原告側につく場合についての説明が紹介されていた。

行政訴訟で弁護士が原告側について勝訴する確率は10%程度だそうです。

なので、弁護士もあまり乗る気がない。

それでも依頼を受けてくれと願われる時に一言あるという。

「弁護士料金は300万円です。勝てる保証はありませんが、それでも依頼しますか? 」

それくらい厳しい裁判になるという意味です。

素人が行政訴訟で勝つなんて奇跡と言われる訳ですな。

はい、俺は奇跡を起こしました。

今度も起こします。

秋田県庁被告代理人を務めた湊弁護士から電話をもらって初めて話した時に、「こんな奴に負ける訳にはいかない!」と思いました。(この時は、秋田県庁と契約してる保険会社に電話して調べるなとのことでした。)

そこで電話口で高笑い。

湊弁護士 「何が可笑しいんですか?」

俺 「裁判してみたら分かりますよ。」

その通りになりました。

しかも現在、秋田県弁護士会で湊弁護士の懲戒請求の審議がされています。(4月5日午後4時から秋田県弁護士会で俺に対する尋問がある。)

まぁ、3回目にして、やっと勝訴ですけどね。

人間、経験を積めば何とかなるもんです。

何よりも、やる気のない弁護士に大金を払うことが信じられない。

自分でやれば訴訟費用数万円とパソコンとプリンターの電気代とプリント用紙代だけ。

あとは、裁判所への交通費か。

奇跡を再び起こるか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樹木希林さんの境地

手相占いで有名な芸能人、島田秀平さんが樹木希林さんの手相を見て言った。

「波乱の人生の手相ですね。」

生命線を横切る線が多いほど、人生の波乱が多いとのこと。

俺の手相を見たら、樹木希林さんの倍の数の横切る線があったorz

俺は静かに余生を送れないらしい。

俺は、その樹木希林さんが片目を失明した時に言った言葉か忘れられない。

「何とかなりますよ。」

ああっ、これが前向きってことかと思った。

昨年の夏辺りから俺も前向きに考えることが少しできる様になった。

自分的に物凄い進歩だ。

俺の性格は、まるでムーンウォーク。

前に進む感じで後ろに後退。

これが直っちゃいました。

俺の人生は退屈しないで良いやぁ。

樹木希林さんの境地に近づきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリートチューンの理想

スーパーカブの改造としては、ライトチューンがベストだと俺は思ってる。

フルチューンは確かに凄いが、エンジンはレーサーそのものでクランクは消耗品でしかない。

なので、パワーを増加するのではなく、エンジンの負担を減らしてパワーにするのが良い。

そうすれば、ライトチューンでフルチューンと対等に戦える可能性が出てくる。

俺が目指してるチューンナップはそれ。

壊れ難くて速い。

しかも、乗り易い。

でもなぁ、それが受け入れらるかは分からない。

俺は本業でも、peaky_partsのパーツでも、いつも理想的な最高のものを発売してる。

だけど、売れるとは限らない。

これが現実。

いつか理解できる(してもらえる)時代が来れば良いな。

できれば生きてる内に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カムシャフト・バランサーとの出会い。

たまぁに、真面目にバイクの話でもしょうか。(お客さんも来ないことだし。)

たしか、5年くらい前にMFJ(日本モーターサイクル・スポーツ協会)のルールブック(レギュレーション・ブック)の市販車改造クラスのレギュレーションで、あるレースチームが市販したカムシャフト・バランサーなるパーツの使用禁止が記載されていた。

「カムシャフト・バランサー?」

俺は以前からカムシャフトはバイブレータだよなと思っていた。

それのバランスを取ると速くなる。

しかも、レギュレーション禁止がされるくらいに。

何故か、「俺も開発しなくては。」と思った。

それがバランサー・カムスプロケットを製作する切っ掛けとなった。

マルチ(3気筒エンジン以上)のカムシャフトは難しいが、シングルエンジンのカムシャフトなら楽勝でしょうと、カムシャフトの延長上にあるカムスプロケットの1部を肉抜きしてカム山のある方に軽くしてバランスを取る。

バランサー・フライホイールの原形となったフライホイールのバランス変更テクニックの応用だった。

完全なバランスではないが、偏芯による応力を減らせることで回転力が増す。

完成したバランサー・カムスプロケットは素晴らしいレスポンスを発揮した。

昨年、バランサー・フライホイールを発明して、シングルエンジンを高回転が良く回るエンジンにすることに成功。

XR100Rでモトクロスマシンをぶっちぎるほどに。

しかし、北海道の雪上レースで、そのエンジン特性のピーキーさ故にタイヤがグリップせずに苦しむ。

帰りのフェリーでオフロード用バランサー・フライホイールを発案。(雪上レース用のフライホイールは別に製作予定。ちょっとコース路面が特殊過ぎる。)

テストすると、低速トルクと扱い易さ、リアタイヤのトラクションが向上した。

これは使える。

ストリート(公道)走りならオフロード用バランサー・フライホイールの方が圧倒的に利点がある。

バランサー・フライホイールの公道バージョンはオフロード用に決定した。

バランサー・カムスプロケットにバランサー・フライホイール。

それに内圧調整バルブが加われば、ピストンスピードは上がりまくりでしょうねっていうのが、来月発売予定の『ハイレスポンス・キット』です。

またまた宣伝みたいになりました。

ごめんなさい。m(__)m

昨日、凄く良い内圧調整バルブ用のワンウェイ・バルブが見つかりました。

あとは、良く分かる取説を作らないと。

あ、それとバランサー・カムスプロケットはホンダ純正部品の改造品です。

理由は純正部品が一番丈夫だからです。

特にホンダは丈夫です。

( `・ω・´)ノ ヨロシクー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

必要なのに余計なもの

人生には必要なのに余計なものがある。

それは焦り。

危険を察知した時の緊迫感。

これは、その時に自分がこれから行わなければならない事の優先順位を決めるのに必要が感情。

但し、それが冷静な判断の妨げにもなる。

ここで人生のおいてトラブルに巻き込まれた経験の多さ(経験値)とか、性格が問われる。

例えば、花粉症。

健康でなければ、正常の状態に戻らなくては、こういった強迫観念に囚われてしまうと焦りで症状を重く見る故に悪化させてしまう。

俺は、花粉症は40歳を過ぎて初めてなった。

しかし、あまり焦らなかった。

実は、慢性結膜炎があって若い頃は焦ったが、 「ほっといても我慢できないものでもない。」と思っていたら症状が緩和した。

なので、花粉症も「鼻水さえ何とかできたら我慢できそう。」と考える様にした。

問題は、頭痛。

就寝時に軽い頭痛が目の痛みと共に襲ってくる。

濡れタオルで目と頭を覆って寝ています。

俺は幼い頃は体が弱かったが、バイクに出会ってモトクロスを始めるようになったら丈夫になった。

ウェイトトレーニングもした。

バイクには役に立たないが、体は丈夫に。

テクニックがないと、体力があっても役に立たないからね。

バイクはテクニックあっての体力です。

今は、日々の肉体労働と週一のモトクロスで健康を維持してます。

今年からモトクロスでもっと速く走る為にランニングを行うつもりです。

以前、町内運動会の練習でランニングをしたら、若い頃の様に体が動ける様になった。

「やっぱり、ランニングは運動の基本だなぁ。」と深く感じた次第でした。

なので、水曜日辺りにランニングの日を設けて走ります。

軽くで良いんです。

焦らない、焦らない。

焦りは禁物。

じっくりと自分の体と付き合っていきましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

ちっきしょー!

とうとうやって来た。

鼻水とくしゃみが止まらない。( ゜д゜)、;'.・

花粉症だよ、ちっきしょー!

鼻水だらだら流しながら仕事してます。

周りは松林もある場所だけに逃げ場なし。

辛いッス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクの音

今日は日曜日なんで若美モトクロスパークからバイクの音が聞こえてきます。

走りたいが工場から離れられない。

でも、工場の近くだから顔出しだけしてくるかな。

来月は乗るぞう!

怪我しない程度に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

濡れタオル

仕事が終わって、風呂を入って、晩飯食べて、ウトウト寝ちゃって、慌てて歯を磨いて顔を洗って寝直すと、色んなこと考えて頭が痛くなる。

軽い知恵熱だな。

秋田県庁との裁判、湊弁護士の懲戒請求、佐竹知事の証人申請、仕事のこと、バイクのこと、人生のこと、自分の未来のこと。

こんなに頭を使うことも珍しい。

疲れると考えが堂々巡り。

ただ、ふと思うことは生きてることに感謝してることだ。

生きてる、生きてるよ俺。

これだけで何か素晴らしいと思えてくる。

まぁ、今度の裁判秋田県庁との裁判で、検閲の裁判は必ず貴重な資料として検閲とはどういうものかの指針にされる。

それだけ、検閲の裁判は珍しい。

なんか、図らずしも世に残ることになった。

その点では秋田県庁に感謝だわ。

『秋田県庁事件』と言えば、秋田県庁の不正が裁判で認められたにも関わらず、事態の収束を狙って個人に検閲を掛けた悪質な事件として残る筈だ。

泉谷しげるの『褐色のセールスマン』って曲が一時期大好きだった俺。

「世に残らない生き方は奴は嫌だった。」ってフレーズがお気に入りでね。

何だかんだ、自分のしたことが記録として残るって面白いもんですね。

頑張って、秋田県庁の悪質さを裁判所に認めさせなきゃ。

頑張るッス。


追記。

ちなみに、もし俺が勝訴した場合は慰謝料は数万円程度になる筈です。

憲法9条についてを皮肉った俳句が検閲により、行政が発行する機関紙に掲載されなかったのは違法と最高裁で逆転判決した裁判は、慰謝料が6万円でした。

刑務所で囚人が新聞社へ送ろうとした手紙に許可がでなかったのは検閲であると認められた裁判は、慰謝料が1万円。

俺はね、金が目的じゃないの。

俺に唾を吐いた奴を、とことん追い込みたいだけ。

公務員がそんなに偉いのかと言いたいだけ。

俺ら一般人は自分のやったことは自分で責任を取るのが当たり前。

公務員は誰も責任を取らない。

ヤバくなると、必ず配置替えしてとんずらだ。

虚偽の公文書を書いた秋田県庁の讃岐佑樹も、嘘の証言をした岩出翔太も、既に他の部署に移動してる。

そして、帰ってきたら出世するのだ。

示談交渉で嘘八百の説明をした藤本正人がそうだったからな。

納税者を騙して出世する、こんな奴等を許せるか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横切る

朝に帳簿をつけてから、工場へ向かう。

工場で機械の暖気運転をしてる間にコンビニへ。

朝御飯と昼御飯を買いに行くのだ。

梨畑から昨日は黒猫が横切った。

「今日1日は気を付けよう。(ありがとう黒猫。)」

今日はエゾリスか横切った。

癒されるー。

「今日も気を付けよう。(浮かれてると危ない。)」

何時だって気を付けてないと、怪我するどころか命を持っていかれる。

さて、作業すっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

セックス依存症

最近、体重が80キロを超えた。

試しに長くなった髪を後ろに束ねてみた。

小さいスティーブン・セガールみたいな感じ。

まぁ、あんな格好よくはないが。

スティーブン・セガールと言えば、強姦された女性に訴えられてたねぇ。


事件直後なら証拠も採取できたろうが、何年も後からだと起訴は無理でしょ。

スティーブン・セガールってセックス依存症って話があったよね。

元FBI捜査官とかで、合気道を学びに日本に来たら、道場主の娘に手を出して子供(娘)が生まれたね。

結婚はしてない。

娘は日本で女優になった筈だが最近はさっぱり見ない。

タイガー・ウッズもセックス依存症だったよな。

あと、Xファイルのモルダー役の俳優もセックス依存症で治療したとか。

モテる男の持病ですかぁ。

ルックスが良くて、お金があって、有名ならなれる病気ですね。

それが無ければ強姦魔か。

じゃあさ、有って強姦したスティーブン・セガールって、どんだけ我が儘って話だな。

チン黙のセガール。

いや、間違った。

チン黙してないから訴えられたんだった。

チン暴れる君だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変な夢

久しぶりに寝ていて夢を見た。

何か知らんが俺が日本刀持って暴れたらしい。

らしいというのは、暴れた場面ではなく、暴れた後に日本刀をクロネコヤマトのトラックの荷台の中に捨てるシーンから始まったから。

しかも、SNSに暴れた犯行が自分の知らない内にアップされてて、俺が慌ててそれを削除しようとしたがスマホが上手く起動しないという変な夢でした。

コンビニで『右翼と左翼が分かる本』とかいう本を買って読んでみた影響でしょうか。

もう一人の自分の犯行のびっくりする俺がいる。

深層心理で秋田県庁にかなりの鬱憤が堪ってるんでしょうね。

でも、勝手に暴れた自分に慌ててるから、現実には無理な話。

「夢で良かったぁ。」と目が覚めてホッとした次第です。

まぁ、二度寝したら、鈴木亮平さんの『せごどん』の撮影現場を見学して、鈴木亮平さんを本番撮影中で笑わせてしまった夢を見ました。

夢は楽しくなきゃ。

血生臭いのはダメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

裁判脳

毎日、毎日、ネットで憲法と法律を調べてます。

「裁判の判決はこういう理由で判断されるんだよ。」みたいな話が主です。

昨日、見付けたのが、『比較衡量論(ひかくこうりょうろん)』です。

簡単に説明すると、人権と規制を秤に掛けて、不利益が重い方を優先する考え方。

人権よりも規制か。

それとも、規制よりも人権か。

今回の裁判は、秋田県庁の不正の異議を唱えることを、不正をした秋田県庁が規制している訳で、これが検閲にならないと俺だけじゃなく、全国で行政の不正に異議を唱える全ての人が行政に検閲されても良いことに成りかねない。

人権の不利益が重いです。

普通に考えればね。

さて、秋田地方裁判所はどう判断するでしょうか。

早く、バイクのことばっかり考えてるバイク脳に戻りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湊弁護士の尋問に対しての回答

4月5日に秋田県弁護士会館で、秋田県庁被告代理人を務めた湊弁護士の懲戒請求の審尋(しんじん)が行われます。

この日は仕事を早めに切り上げて行きますよ。

当日は湊弁護士からの尋問もあるそうで、その時の回答はもう考えています。

「どういう理由が有ろうが、裁判で架空の情報公開システムを捏造して良い訳ではない。」

もしくは、

「俺がそうだからって、なんでお前が架空の情報公開システムをでっち上げて良いことになるんだ?」

どんな理由をつけようが、裁判で嘘の主張をしたことに変わりありません。

皆さん、ひまわりのバッチ(弁護士バッチ)はペテン師の証しですよ。

死刑囚を弁護してる弁護士を見たら分かるでしょう。

「んな訳あるかぁ~!」

そう言いたくなる荒唐無稽な言い訳。

秋田県庁職員と同じく糞野郎です。

違うなら湊弁護士をしっかり懲戒処分にして証明してみせろ。

そしたら、弁護士もペテン師ばかりじゃないと訂正と謝罪をしてやるよ。

できるもんならな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熟成

最近になって、海外のロックファン達から注目されている青森県出身のロックバンド、『人間椅子』が数年前に発表した『なまはげ』を聴いてます。

YouTubeの動画で、『なまはげ』を海外のコアなロック愛好家が絶賛してましたね。

オールドスタイルのハードロックを30年前から続けてきた人間椅子。

江戸川乱歩とかの世界観で、おどろおどろしい感じが評価されてるみたいです。

このバンド、30年前のテレビ番組『いかすバンド天国』で登場し、会場の見てる女の子達からは、「なにあれ~!」と笑われてたのに、審査員の評価が異常に高かったバンドでした。

それが30年の時を掛けて熟成するなんて、誰が想像できたでしょうか?

おそらく、本人達も思わなかったでしょう。

途中、ドラムのメンバーが変わり、ねずみ男の格好をしていたメインボーカルが袈裟を着てskinへっどでサブボーカルに。(俳優の古田新太みたいでイカす。)

なんか知らんがギターがメインボーカルになってた。

まぁ、3人のバンドで3人とも歌ってるから関係ないかぁ。

何でも、「好きこそものの上手なれ。」と言ったところだね。

俺もバイクで頑張っていきたいです。

Peaky_partsのスーパーカブ110 (JA07 、JA10各種)ハイレスポンスキットは来月発売予定。

乗り易さ、パワー、気持ち良さを兼ね備えた新しいエンジンパーツです。

走り屋が30年以上掛けて作りあげた理想のエンジンを体験してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

尊敬する人

犬屋敷壱郎(架空の人物)

あんな風に優しくなりたい。

神の様な力を手に入れても変わらない優しさ。

俺があんな力を手に入れたら鬼神になるだろうなぁ。

優しくなりたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

罪が有るのに誰も罪を問われない?

森友文書の改ざん事件で、虚偽の公文書が作成された。

これは、このブログでも何度か紹介した重罪です。

憲法で罪は存在する。

でも、逮捕者が誰もいない。

改ざんを命じられた職員は責任を感じて自殺した。

本当に生真面目な人間だったのでしょう。

自分の命を引き換えに罪を償ったのですから。(でも、改ざんを命じた幹部職員は逮捕されてもいいはずだ。)

同じ虚偽公文書を作成した秋田県庁建設部道路課(当時)の讃岐佑樹とは全然気構えが違うわ。

今、思い出しても腹が立つ。

堂々と法廷の証言台で嘘をつきやがって。

まぁ、裁判長から発言がおかしいと指摘されて黙り込んだがな。

何年か後に、こいつの子供がネットで父親の名前を検索した時に、親父が何をやった、どうしょうもない糞かが分かるように残しておこう。

「お前は恥知らずな嘘つきの子供だ。」

安部総理の嫁は国会に引き摺り出すべきだ。

天然ぽいから、バンバン言っちゃならんこと言いそうだな。

野党、頑張って引き摺り出せ!

何が罪を憎んで人を憎まずだ、アホか。

罪はあるけど、人は捕まらず。

これが役人だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田県弁護士からの通知

秋田県弁護士から通知が届いた。

中身を見て驚く。

「マジか!」

秋田県弁護士が俺に、4月の2日、もしくは5日に、審尋(しんじん)を要請するとの通知だった。

審尋とは?

調べてみた。

民事手続きで、当事者、または一方が、あるいは利害関係者が、紛争に関して意見や主張を裁判所に提出する訴訟行為。

なんだぁ、弁護士が裁判所の真似事かぁ。

まぁね、この件で秋田県庁の湊弁護士の違法行為が認められたら、湊弁護士は懲戒処分を受けるだけじゃなく、秋田県法テラスの所長をクビになる。(後釜狙ってる弁護士にはチャンスだよ。新年度で継続して、すぐにクビになったら大恥だ。)

ちなみに湊弁護士は俺に尋問できるんだとさ。

お前の嘘をどう誤魔化そうか、躍起になって考えてることだろう。

嘘の天才・湊弁護士が。

でもな、あんたが書いて裁判所に提出した準備書面には、現実に存在しない架空の情報公開システムが記載されていて、秋田県庁広報公聴課担当職員(当時)・岩出翔太が、「(そんなシステムは)ありません。」と法廷の証言台で証言している。

誤魔化せるもんなら誤魔化してみい!

俺はなぁ、天災なんだよ。

天の災いだぁ。

俺が若い頃になんて呼ばれてるか知ってるかぁ。(知る訳ねぇけど。)

地震、雷、○○○○○(俺の本名)って言われてたんだよ。

俺はね、恩にも、仇にも、3倍返しだ。

今度の裁判でもう一度お前に勝って、「湊弁護士は素人に負ける無能弁護士。」の烙印を押してやるよ。

まずは秋田県弁護士会館で首を洗って待ってろ。

このペテン弁護士が。(ブチ切れてすみません。お見苦しいところをお見せしました。深くお詫び申し上げます。m(__)m )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マークシート

よくさぁ、マークシート方式のテストで1つ解答欄をずらして書いて0点になったって話を聞くよね。

請求書を書き終えたと思ったら、書き忘れを発見。(゚〇゚)

あーっ、全部書き直しだ。orz

何やってんだろ俺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

請求書

雨が降ってお客さんが来ない。
 
自宅で請求書を書いてます。
 
こんな日にでもやらないとできません。
 
雨の日に製品を袋詰めすると出来が良くないので、お客さんの了解を取って作業中止してます。
 
無理して作ってダメにしたら最悪ですからね。
 
真剣に仕事してます。
 
最高の物を最高の状態で提供する。
 
商売人の良心でしょ。
 
儲かるかは別として。
 
俺は自分の作り出す製品を愛してる。(お客さんに喜んでもらえと心を込めて作ってます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田県庁を表す言葉

昨日の夕方に風呂に入りながら色々考える。

秋田県庁の様に自分の不始末を隠蔽する為に嘘に嘘を重ねて、裁判でそれがバレても尚も態度を改めない糞野郎な奴等にピッタリな言葉はないものかと。

ありました。

『愚行(ぐこう)』です。

考えの足りない、愚かな行い。

そんな奴等に俺らの地方税が食われてると思うと情けないですね。

秋田県庁みたいな嘘つきを表す言葉はないかな?

「嘘つきは泥棒のはじまり。」

これだな。

つまりだ、秋田県庁は税金泥棒ということ。

この4年ちかく争った秋田県庁と俺の裁判で、秋田県庁の説明や主張に本当のことは何も無かった。

もう、秋田県庁を表す言葉は『税金泥棒』で良いですね。

許すな税金泥棒!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

ちょっと(実はかなり)ビビった。

サラマンダーカブさんがYouTubeにアップした動画で、まるじさん、neriさん、サラマンダーカブさん、タクヤさんが改造カブ(基本横型エジソン)で若美モトクロスパークを走ってるのを観てびっくりした。

マジで速いかも知んない。

ヤベーぞ、これは。

自分の動画を観てスピードをチェック。

ホッ、まだ俺の方がかなり速い。

でも、この先は分からない。

皆、今回2回目の走行で(前に雨の日に走ったっけ。) これだからなぁ。

よし、新兵器出すか。

忘れかけてたYSSのガスショック(リアサス)。

なんと、ダンパー調整付きだ。

これでフープスをもっと速く走れるかも。

何より、今の俺にはオフロード用バランサー・フライホイールがある。

これはコーナーが速い。

昨年の比ではない。

なんたって低速のトルクがモリモリある。

しかも、それを意識させない懐の深さもある。

もうピーキーじゃないぞ。

超フラットパワーだ。

キャブのセッティングも変えよう。

今年は、昨年のラップタイムを4秒更新が目標。

このタイムはレーサー125ccクラスと同等。

馬力差10数馬力対40馬力。

できるかなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

何度も繰り返す

俺みたいな不器用な人間は、何をするにもしつこく繰り返すしかない。

文章を書く時も、忘れない内に骨組みとなる言葉を繋げて、後から肉付け。

そして、何度も何度も訂正。

まぁ、それでも誤字脱字があるのはご愛嬌。

発明王エジソンだって、上手くいった発明よりも、失敗した発明の方が多い。

特に有名なのが直流電流の電気椅子。

上手く死なないもんだから、殺人犯の死刑執行で生焼けになっただけで死刑囚が生きてる。

酷い拷問になって、被害者遺族は満足したとか、しないとか。(アメリカの死刑は被害者遺族に公開される。)

あと、有名なのが霊界ラジオ。

大好きな母親が亡くなったことで、「お母さんの声が聴きたい!」と考えたのが霊界ラジオ。

噂によると、謎の宇宙電波を受信したとか、しないとか。

失敗は成功の母。

でも、失敗の方多くて、成功はほんの一握り。

俺なんか人生に失敗してるよ!(逆ギレ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クールダウン

やっと仕事が終わった。orz

毎年のことだが、目が回る。

モトクロスのスタート直後が延々と続く感じ。

これでも、いくらかマシになった方。

仕事が終わったら、痛みだした足腰を癒す為に入浴剤の入った熱い風呂(半身浴)に入る。

その後は、ちょっと横になって寝る。

暖房はちょっと弱めにして、温まった体をクールダウン。

そして、目が覚めたら晩御飯。

今夜はハンバーグカレーを食べるつもり。

体を休めて、明日に備えなきゃ。

出荷はまだ半分しか終わってない。

しかも、面倒な仕事が後半から増える。

要領良く、スムーズな作業を心掛けなきゃ。

邪魔する奴は誰もいない。

頭を使って、動き続けろ。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝から修理

配達前に製品作り。

出来た製品をダンプカーに乗せる前に、荷台を上げて余計な土を落とす。

「あれ?ダンプ装置が下がらない。」

ダンプ装置の操作レバーの根元のあるワイヤーの調整ネジが折れてる。

急遽、自宅で長いナットを見付けて応急修理用に加工して、工事で修理。

折れたネジを長いナットで繋げて調整。

直りました。

配達先で壊れなくて良かったです。

ラッキー、ついてました。

続いて製品を作って昼前に出荷です。

春だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

佐竹県政は江戸時代のまま

準備書面に記載する話のタイトルです。

『佐竹県政は江戸時代のまま(繰り返される検閲の歴史)』

ウケるー!

骨組みは書いたから、あとは肉付けだな。

バカ殿様の子孫もバカ殿様。

カツラを脱げハゲが。

追記。

冷静になったら、流石に恥ずかしくなったので、『佐竹県政は江戸時代と同じ(繰り返される愚行の歴史)』に変えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

e-ドライブ

俺の乗ってる日産ラティオ・ティーダはe - 4WDといってスイッチオンで出足だけ4WDになる。

バイクも出足だけ2WDにならないかなぁ。

フロントホイールにハブモーターで出足だけ駆動したら、オフロードや雪道でもっと楽に走れる。

中国の香港で中古のスーパーカブをベースとした電動バイクが発売させました。

中国製のハブモーターは日本でも販売されています。

日産ラティオ・ティーダのe - 4 WDは時速40キロに達するとモーターの回転がカットされる仕組み。

バイクなら時速20キロに達してカットしても、勢い付いてからなら後輪がグイグイ押すから問題ない。

ホンダのPCXエレクトリックやPCXハイブリットが販売されたみたいだから、その気になればいつでも作れるよね。

スーパーカブをe - 2WDにできたら良いなぁ。

自分で作れないかな。

いつかやってみたいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基本的人権の値段

日本国憲法の大三原則の基本的人権の尊重。

これの値段って知ってる?

検閲で違法と認められた判例がないか探したらありました。

刑務所の囚人が新聞社に宛てた手紙をついて、そこの刑務所の所長が新聞社に送るのを許可しなかった。

それに対して最高裁は違法と判断し、慰謝料一万円の賠償を認めた。

あれ?俺が秋田県庁に情報公開請求して、文書があるのに、「そんなのない。」って言って違法が認められた時も一万円だったなぁ。

俺は国民の知る権利が一万円と思っていたら、基本的人権が一万円だから一万円な訳ね。

つまりだ、違法行為を訴えても最高で一万円しか貰えないんだよってことだ。

頭がまともなら、「そんな裁判はやるだけ無駄。」と思うだろうが、この囚人や俺みたいなマッドライダーは損得じゃない。

アンチ権力だからね。

人権、人権、一万円。

やっす。

ちなみに、訴訟費用は三万円です。

俺は金の為にやってるんじゃない。

佐竹知事が無能で、秋田県庁が糞で、その糞野郎達を容認してる国がもっと糞ってのを全国民に知ってほしいだけ。

それだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世の中の仕組み

桜華さん、コメントありがとうございます。

返事が遅くなってすみません。m(__)m

俺んちの神様は俺の味方なんで、お供え物を1品プラスしたら、喜ぶと思います。

おそらく、「塩ご飯ウマー。( ゚Д゚)ウマー」となるはずです。

俺もたまに塩ご飯が食べたくなって、「塩ご飯ウマー。( ゚Д゚)ウマー」となってますから。(笑)


秋田県庁との戦いも4年目です。

行政の不正と戦うにも、行政の不正を取り締まろうする機関は存在しません。

あることはあるんですよ。

でも、名前だけ。

第三者機関は、監査をせずに擁護して終わり。

秋田県情報公開審査会、秋田県行政不服審査会はそうでした。

税金泥棒です。

行政の大小の関わらず、不正を取り締まろうする機関はありません。

ただ、1つだけ取り締まれるのが横領事件だけです。

これは、如何に行政がダメでも懲戒免職にしますね。

行政は金に厳しい。

秋田県県議会も秋田県庁の味方でした。

違法行為が裁判で認められても、誰もそれについて批判しません。

むしろ、擁護する議員が多くて、俺が議会に請願書を提出して問題にするのを拒否しました。

県議会に請願書を提出するには議員の署名か捺印が必要です。

誰が県民の味方で、誰が秋田県庁擁護派か、白黒ハッキリと議事録に残るのヤバいってことでした。

頼りは裁判所だけです。

しかし、裁判とは試合なんです。

審判する裁判官は中立の立場なので、「原告がこう主張したら勝てるのになぁ。」と思っていても口にはできません。

裁判官はどちらが本当のことを言ってて、どちらが嘘を言っているか分かってる。

ただ、法廷でそれを証明するのが裁判。

法廷はバトルフィールドです。

相手の嘘を証明できるか。

自分の正当性を証明できるか。

まぁ、その裁判所にも悪い慣例があって、「このパターンの事件はこうせよ。」という、その裁判所独自のルールが存在して、例えそれが間違いだとしても従わないといけない。

そのルールに従いたくない裁判官が和解勧告を出す。

俺が何を言いたいかと言うと、今の行政や司法は前の時代の政治家や役人が自分達に都合よく作った世界。

名ばかりの基本的人権の尊重、名ばかりの国民主権、名ばかりの平和主義。

全部、昔の政治家、公務員の決めたことでした。

裁判所で最近問題になってるのが、裁判員制度の矛盾です。

裁判員制度を採用した当初は、判決の厳罰化を予想できてなかった。

やってみたら、裁判員の死刑判決が増えて、それを裁判官がひっくり返す。

何の為の裁判員制度。

結局は、死刑判決による裁判官の負担を減らそうとしたら、かえって負担が増えてどうしようもなくなったバカ制度です。

中途半端にアメリカの真似するからだよ。

真似するなら、しっかり真似しろ。

世の中の仕組みは、一部の限られた人間に快適で、他の人間には不利益がある。

しかも、それを感じさせない様に出来てる。

それに文句を言うのには裁判しかないのよ。

裁判所の命令だけが、この世で絶対だもの。

裁判はバトルフィールド。

そして、人生ゲームの一幕。

生まれた家が凄ければ、最初からボーナス満載で、そうでなければハンデマッチ。

生きるって不公平がなんですよ。

仕方がないですけどね。

頑張るしかない。

追記。

毎朝、準備書面ばっかり書いてると、頭が裁判のことでいっぱいになっちゃうよ。

すいません。m(__)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

怒りを抑えきれない原因はコンプレックス。

貴乃花部屋の双子力士の兄の方が付き人に暴行して謹慎となった。

これさぁ、怒りをコントロールできない原因はね、コンプレックスの大きさです。

コンプレックスが強いと心の余裕とか、柔軟さが無くなっちゃう。

双子の弟が先に幕内力士になって、遅れて兄が幕内力士に。

俺なんか、コンプレックスの塊だったから毎日ブチ切れてた。

自分の感情が全くコントロールできたなかった。

歳取って落ち着いたというよりも、自分に実績による自信ができて、怒りという感情が収束した感じです。

若さ故にコンプレックスがあるのは当たり前。

自分のコンプレックスが許せない、認めたくない、そうなると怒りに直結して手が出ちゃう。

自分に別の自分がいるみたいになっちゃうのよ。

やっちまったものは取り返しがつかない。

反省して2度と繰り返さなければ良しとするしかない。

俺なんか何度失敗したか。

両手でも足りないよ。

ハッキリ言って、十から先は覚えちゃいない。

バカ丸出しです。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラフラ

昼飯食べたらフラフラです。

お客さんか来るまで少し昼寝をします。

いつもの雨音をヘッドホンで聴いて、目覚ましをセット。

は~っ、疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備書面に追加

昨日の江戸時代から変わらない秋田県のお役人様体質の話が俺的に面白かったので、準備書面に追加しました。

俺の準備書面は通常の準備書面とは違い、俺の主張のプレゼンテーションです。

プレゼンテーションには、商品の歴史なんかを紹介されて、「この商品はこんな風に完成した。」とプロジェクトXみたいなドラマを作り紹介します。

実際にあった逸話を商品の価値を上げるために使う感じですね。

なので、秋田県庁の隠蔽体質は江戸時代から何も変わっていないとの主張ですよ。

プロの弁護士は、準備書面らしい準備書面を書けば良い。

素人の俺は、自分の思いを如何に裁判官に伝えるかを重視しました。

相手の土俵でマトモに勝負しても勝てる訳がない。

俺の準備書面を例えるなら、白鵬のかち上げモドキのエルボースマッシュと同じですね。

誰がマトモな勝負するか。

被告の秋田県庁がどんなに卑劣で悪い奴かを証拠を突き付けながら、淡々と証明してやるだけです。

秋田県庁って、行政としては最低の地域と裁判官に分かってもらえたら良いなぁ。

そして、佐竹バカ具合は関ヶ原の合戦から何にも変わっていないと。

優秀な部下を持てば栄え、卑劣な部下を持てばどんどん腐ってゆく。

いっそ、滅べばいいのに。

昨年の大雨事件の時みたいに、プライベートで宮城にゴルフに行って秋田県内が大雨災害で大騒ぎになったら、一緒にゴルフに行ったメンバーが秋田県庁の部長二人だってんで公務だったと嘘ついた佐竹知事。

途中でバレて、「間違えました。実はプライベートでした。」とテレビで謝罪会見したのは記憶に新しい。

つまり、佐竹知事は腐った役人に漬かってる漬物みたいな状態。

今度の裁判の証人尋問でも絶対に嘘をつく。

その嘘を証明するために反対尋問を今からしっかり考えて準備してます。

トラップは既に仕掛けています。

あとはその罠にはまるのを待つだけ。

法廷での嘘は裁判記録に残ります。

その法廷で佐竹知事が嘘をついた裁判記録を持って、次回の知事選の対抗馬に進呈します。

バカ野郎な知事はもうたくさんです。

死ねばいいのに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

秋田県は今も江戸時代(マジで)

歴史は繰り返されるなんて言うけど、本当だよね。

これから書くことは秋田の黒歴史です。

今、俺がそれを実際に体験してる。

なまはげで有名な秋田県男鹿市。

実は秋田のなまはげには男鹿半島のなまはげと旧・若美町のなまはげがあって、菅江真澄(江戸時代の旅人で著書が沢山ある。)が全国に初めて紹介したのが若美町のなまはげ。

その若美町の端に五明光って場所がある。

若美町は以前琴浜村と呼ばれていて、その前は潟西村だった。

ここは八墓村みたいな惨い歴史がある。

江戸時代、幕府御用達船が材木を積んで嵐に巻き込まれ難破した。

材木は五明光に流れ着いた。

その当事、五明光は隣村の八竜(現・三種町)の土地だった。

その材木を八竜の奴等が全部持っていった。

そしたら、幕府からの命令で役人が調べに来たよ。

初めに八竜の人間に役人は聞いた。

役人 「材木が五明光に流れ着いたと報告があったが知らないか。」

八竜の村人 「(やべーよ、)五明光は潟西村だから、潟西村の奴等が全部持ってった。」

八竜の人々 「んだ(そうだ)、んだ(そうだ)、潟西村の奴等が持ってったんだ。」

役人はしっかりとした確認もせずに潟西村の代表者五名を斬首しましたとさ。

この時、久保田潘(秋田県)で佐竹知事のご先祖の殿様が治めており、潟西村の者達は代表者を救おうと佐竹の殿様に直訴しようとした。

しかし、それが間に合わず、処刑されてしまった。

後でミスに気付いた役人はどうしたか?

「今後、五明光は潟西村とする。」

それで納得できるはずかない。

残された遺族が、「無実の罪で家族が処刑された。」と佐竹の殿様に訴えようとしたが、役人からボッコボッコにされて終わる。

なっ、今も同じだろ。

秋田県庁建設部道路課が管理する県道の不備で俺が事故って怪我をした。

建設部道路課は、その責任を取りたくないから示談交渉で嘘八百。

本当のことなんか1つも無かったから、怪しさ満点で示談なんかできやしない。

交渉決裂で裁判に。

裁判する前に何が本当で、何が嘘を調べようとしたら、妨害工作。

情報公開制度を使って示談交渉時に説明してた保険会社の文書を出せと請求したら、「そんな文書は存在しない。」と嘘。(後の調査で示談交渉の説明は全部嘘だったと分かる。)

これは裁判で嘘とバレて違法と認められた。

肝心の事故の責任を問う裁判は、裁判所の悪い慣例で誰が裁判しても秋田県庁が管理する道路での事故は運転者が全て悪いと訴えを棄却されることになっている。(今まで全ての裁判で。)

「そんな文書は存在しない。」としたことが違法と認められたから、俺が建設部道路課に、「2度と違法行為をしない証しに謝れ!」って言ったら返事は、「絶対に謝らない。」だとさ。

そりゃあおかしいだろと佐竹知事に建設部道路課の不正のついて書いた書籍や、「違法行為をやめさせろ。」と書いた信書(請願書)を送ったら、建設部道路課が勝手に中身を読んで、「あれは裁判で終わったことだ。」と黙らせようとする。

まさに、絵に描いた様な検閲。

これぞ検閲って検閲だ。

要するに、秋田県は今も江戸時代と何ら変わっていないって話です。

ここまでの話は全部実話ですよ。

マジで佐竹の下の役人は糞。

こんなことが現代で許されて良いのか?

良い訳ねぇじゃん。

また裁判だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しいッス。

今日も地獄へようこそで仕事してます。

お客さんの波は落ち着きましたが、やらなければならない仕事はいっぱい。

しかし、日が落ちると製品の質も落ちる。

時間制限があるッスよ。

なんか疲れてるけど、さっきから脳内麻薬吹きっぱなしで変なテンション。

発電機をやめて、電化したから工場の中が静かです。

静かになったら、今まで発電機の音で聞こえなかったラジオから変なラップが聴こえてきて、またまた変なテンションに弾みをつける。

今夜の晩めしは贅沢しよう。

自宅の風呂にも入浴剤を入れるぞ。

ヤバい、なんか変だ俺。

足下明るい内に帰るぞ。

あーっ、腰痛い。

長靴の中敷きの柔いのが欲しくなる。

あーっ、ラップうるさい!

あっ、お客さんが来た。

もう一踏ん張り。

あっ、思い出した。

お客さんからケーキを一箱貰ったんだっけ。

やったー!

今夜は晩めしの後にケーキでビール飲んでパーティーだ。

イヤッホー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブ軍団襲来!

俺が仕事で忙しい中、チームAKITAの連中が若美モトクロスパークに襲来。

若美モトクロスパークの管理者がびっくりしていたよ。

改造が半端ないって。

リアサスのレイダウンなんか当たり前。

まるじ号なんてモノサス(1本サス)だからね。

neriさんなんかジュン・インターナショナルのステンレスマフラー(高級品)を惜し気もなく着けてジャンプ飛んでるし。

サラマンダー・カブさんなんか、親の仇みたいにコーナー攻めてるしで、常連のモトクロスライダーはちょっと引き気味になってる。

これが、カブクロス(スーパーカブベースのマシンでやるモトクロスレース)を毎年開催してる山形の銀山モトクロス場だと日常的な光景なんだろうが、秋田の人にはセンセーショナルかも。

これが、60~70代くらいのライダーだと懐かしいんだろうけどね。

モトクロス専用マシンが発売される前からモトクロスやってるもの。

俺が初めて買ったバイクは、とっくの昔にモノサスで水冷エンジンだったよ。

その内、2サイクルエンジンが珍しくなるだろうが。

もしかしたら、エンジン自体が珍しくなってる?

電動モトクロスマシンが既に発売されてる時代だからなぁ。

おっと、話を戻して、俺は仕事が忙しいから顔出しだけして工場に戻りました。(工場は近くにあります。)

カブ軍団は午後からも走るでしょうね。

今月はバイクに乗れそうもないなぁ俺は。

来月から俺も雪百(XR100R)でモトクロスやります。

打倒レーサー85ccクラスだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝一で

昨晩、仕事で疲れてしまい、ステーキ食べながらビール飲んでバタンキュー。
 
朝、目覚めてから佐竹知事の証人申請書を作成。
 
尋問内容も別紙に記載。
 
裁判所と自分用で2部印刷。(提出は4月予定。)
 
コーヒー淹れながら帳簿をつけて、銭勘定。
 
さて、コーヒー飲みながら35年ぶりに食べるブルボン・ルマンドを楽しんだら仕事に行くか。
 
今日も頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

クレーム

代理店からクレームがきた。

製品がいつもよりも良くないとの話。

原因を追求する。

原因は、俺の驕り。

例年よりも格段上の品質の良さに、出荷する際の手間を1つ省いた。

良い製品を作ろうとして、作ったは良いが出荷する時に悪くしていた。orz

ダメじゃん俺。

お客さんの電話番号を探して電話する。

そうなった原因、そして対策、反省を込めての謝罪。

お客さんも、「うん、大丈夫。来年から気を付けて。」のありがたい言葉。

ただ、ただ、感謝です。

言われないと分かりません。

本当に感謝です。

言ってくれたことで自分の非が理解できます。

俺は秋田県庁のバカ野郎達とは違う。

あんな外道と同じにはなりたくない。

嘘しか言わない、反省しない、あんな外道には。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐竹知事の証人申請書を書くぞ。

準備書面に書くことがあり過ぎて、佐竹知事の証人申請書をまだ書けないでいます。

今夜は優先して何とか書き上げます。

秋田県庁の検閲を証明するについては佐竹知事からの証言が必要です。

証人の出廷拒否は一応できないことになってます。

まぁ、出廷しなければ何か都合が悪いことがあるって証拠ですよね。

また、裁判所が証人申請を却下したら、秋田地方裁判所に秋田県庁の力が働いてる証拠です。

三権分立は幻と証明されます。

佐竹知事が出廷したくない理由も分かります。

秋田県庁の人権侵害、公務員職権濫用を放置してますから。

その責任の行方が裁判記録に残りますからねぇ。

バカ殿様が。

法廷の証言台に立つ知事。

話題になりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

証拠がなくっちゃ。

パワハラ、セクハラで騒動になるのはいいが、言った、言わない、やった、やられた、の世界になるから証拠が必要です。

ICレコーダーで録音は必須。

無いなら、「諦めな 。」なのよ。

2ちゃんの浮気サイト見てみな。

どうやったら言質取れるか、証拠がいくつあったら日常的に行われていると証明できるか、証拠の取り方を教えてくれる。

俺と秋田県庁との裁判でも、この浮気サイトの情報が無ければ勝てなかったよ。

裁判は証拠があって、六法全書(ネットでもいい)で法律を調べれば素人でも勝てる。

日本の裁判は、証言よりも書面で審査される。

だから、事実を作文にする必要があるから、分からないことはネットで調べればいい。

問題は、被告側の弁護士がどれだけ嘘が上手いか。

奴らは荒唐無稽なでっち上げを、本当のことの様に思わせるプロ。

証拠が無ければ絶対に勝てません。

証拠は最低3つ必要です。

1つだと、たまたま扱い。

2つだと、まだ弱い。

3つだと、「ああ、これは間違いなくやってるな。」となる。

ビデオ、レコーダー、診断書、日記(ブログのプリントも可。)は裁判の武器です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと納得できた。

毎年、この季節にお客さんに製品を積み込みするんだけど、やっと納得できる仕事ができた。

思えば、小学校5年生からホイールローダーに乗ってるが、これが理想って積み込みができたのは今回が初めて。

40年掛かりました。

どんだけ不器用なんだ俺。orz

まぁ、納得できる様になっただけマシか。

この調子だと、「俺、バイク上手くなったなぁ。」と感じるのは60歳ちかくか。

なれたら良いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お供え

昨日の母親のお告げによってビビりまくりの俺。

だってさ、マジに当たるんだよ。

でも、100%じゃない。

大人しくやり過ごせば、何も起こらない事もある。

なので、俺にしてみたら警報と同じ扱い。

よくさぁ、黒猫が前を横切ると不吉とか言うじゃん。

あれってさ、よく考えてみれば危険喚起だよね。(ありがたいです。)

つまり、道路工事の看板とかと同じ。

「あぶのおまっせ!」の看板。

まぁ、危険を教えても、あまりに危ないなら迂回させるか、通行止めにするのが当然だが。

秋田県庁の建設部道路課みたいにピッカピカの新品敷鉄板キツい坂道に敷いて、「スリップ注意。」の看板だけじゃ全然ダメだけどな。

おかげで4年も裁判することになったわ。

話は元に戻って、やっぱり心配なので、「困った時の神頼み。」つー訳で神棚にお供えをしてみました。

前日にご飯とお水をお供えしていましたが、ネットで調べたら、それだけじゃ足りないってことが分かりました。

お水、ご飯、酒、塩がフルセットで、一般家庭の通常セットは、お水、ご飯、塩で十分とか。

お水とご飯を交換し、小皿に天然塩を載せて神棚へお供え。

いつもよりもしつこく祈ってみました。

「また秋田県庁との裁判に勝つまでは死ねません。見守っててください!」

人権侵害当たり前の秋田県庁とバカ知事を野放しにはできません。

今やらないと、次の世代も人権侵害が続きます。

秋田県の行政は超閉鎖的のままではダメです。

『何が開かれた行政』だよ、嘘ばっか。

腐れ外道が。

頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

準備書面書き直し

2日前に書いた準備書面(1)に文章を追加で書き直し。
 
ついでに証拠書類も追加して証拠説明文(2)も書き直し。
 
佐竹知事の証人申請書は後日に書くことに。
 
頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

請願権

この歳になって、まさか憲法なんかを勉強することになるとは。

憲法には三大原則ってあって、その中でもよく知られるのか基本的人権。

勉強なんかしなかった俺でも名前だけは知ってる。

その基本的人権も何種類かあって、請求権ってのがある。

その請求権の中に請願権ってのがあって、それが今回の題材。

請願権とは?

ぶっちゃけて言うと、行政のお願いする権利。

そのお願いを必ず行政が叶える訳ではなく、できることならやってくれってレベルの話。

ところが秋田県庁は、そのお願いすることも許さない。

それ以前の問題。

建設部道路課はお話にならないので、佐竹知事に、「これっておかしない?」と公開質問状を郵送すると勝手に中を検査して、「こりゃあ、ヤバいから知事に見せられない。」と勝手に回答文書を送ってきて事態の収束を強要する。

俺が、「これはおかしいから、こうしてください。」と請願書を知事宛に郵送しても同様。

まるで、「もう、終ってんだよ。空気読め!」と言わんばかり。

これが検閲でなく、何が検閲ってんだ。

人権侵害上等の秋田県庁。

何も知らないバカ殿様の佐竹知事。

「善きに計らえ。」で業務を丸投げってのが分かるな。

建設部道路課は知事印をバンバン押して、「これは知事の判断。」と大安売りだ。

俺が知事に、「建設部道路課の違法行為をやめされてくれ。」と書いた請願書を違法行為をした建設部道路課が処理することが行政の規範(手本)から外れてるだろが。

つまり、請願権は行政に意見や苦情を言う権利で、それを苦情の原因が妨害するなんて論外。

まぁ、これから法廷でお前がどれだけアホかを思い知らせてやるよ。

楽しみに待ってろボケ。


追記。

上記のぶーたれ文章を裁判所に提出する準備書面用に丁寧語に直して書面にします。

「楽しみに待ってろボケ。」は、「こうご期待、痴呆知事。」とか。(冗談です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御告げ

俺の母から電話があった。

「夢見が悪いから気を付けろ。天井の鼠も運動会してる。」

母がおかしな夢を見ると高い確率でトラブルが起こる。

まぁ、その大半が俺が暴れたり、事故ったり、自業自得みたいなんだけどね。

他は親父がバカやって俺を怒らせるケース。

ちなみに前回の御告げの時は、親父が注意を聞かずに山で作業してチェーンソーで足を切った。

しばらくは、自宅で大人しくしてます。

大人しくやり過ごせば何も起こらない時も。

俺も予知夢を見たりするけど、遺伝かなぁ。

まぁ、俺の予知夢は地元のどこどこに、こんな建物が建つとか、こんな施設ができるってもの程度だけど。

くわばら、くわばら。

昨日、神棚にご飯を上げたばかりだけど、お菓子も上げようかな。

お供えものを調べよう。

くわばら、くわばら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイク乗りてぇー!

桜華さん、コメントありがとうございます。

俺は俺、人は人で良いですよね。

ホーキング博士もそうしていたし。

何でも前向きに考えましょう。

そう思わないと秋田県庁と裁判なんてできません。

次も勝つ!

気合いだぁー!


バイク乗りてぇー!

波乙はスパイクタイヤのままだし、波怪はエンジン不調だし、雪百はレース仕様だし、ダカールを出そう。

リアタイヤの空気を入れてガソリン給油して、そこら辺をぷらぷらっと走りたい。

問題は天気だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心が強い男を見た。

俺は勘違いをしていた。

俳優の梅宮辰夫さんのことだ。(以後、辰兄ぃと呼ぶ。)

親友で同じく俳優の松方弘樹さんが亡くなって、葬儀の時にシルバーカー(乳母車みたいな補助器具)を押して葬儀に出席した辰兄ぃ。

病気で歩く事さえままならない状態での出席だ。

俺は正直、「天下の梅宮辰夫も落ちたもんだな。」と思った。

芸能界の不良番長とか言われていた人が、この様かよ。

俺なら恥ずかしくて表を歩けないなと。

しかし、それは大きな間違いだった。

その後、体調を持ち直した辰兄ぃ。

テレビでもちょくちょく見る機会が増えてきた。

俳優・梅宮辰夫芸能生活60周年を祝うパーティーの直前に辰兄ぃが足がもつれて転倒。

額を30針縫う大怪我だ。

でも、辰兄いはパーティー会場で新曲を披露して、祝ってくれる関係者、ファンに感謝の気持ちを伝える。

友情のために、たとえ自分が蔑まれることになろうがお構い無し。

自分の感謝を伝えるために、できる限りのことをやる。

男だわぁ。

強い、本当に心が強い。

流石は辰兄ぃ。

「感謝をけして忘れてはならない。」

分かったよ、辰兄ぃ。

俺も見習わなくちゃ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

国民栄誉賞の定義

国民栄誉賞ってさ、元々日本人ではない元ジャイアンツの王貞治さんが世界記録を超えた時に、勲章に代わる賞をあげるために作られた。

そう考えると、国民栄誉賞の定義は、「国民を喜ばせたスポーツ選手大賞」なんだよ。

誰が相応しくて、誰が貰ってるならこの人が貰わないのはおかしいとか。

あんまり難しく考えちゃいけない賞だ。

貰わない選手は、それなりの理由があると思うよ。

要は人気が有るか、無いかだから。

頑張れスポーツ選手。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備書面を前倒し

4月に準秋田地方裁判所に提出する備書面を前倒しで書きました。

あとは、佐竹知事の証人申請書を書くだけです。

佐竹知事の血管が切れてぶっ倒れる様な尋問を考えますよ。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JA10用バランサー・カムスプロケット発注しました。

機械屋さんにJA10用バランサー・カムスプロケットを発注しました。

早ければJA07用バランサー・カムスプロケットと同時発売です。

ハイレスポンス・キットとしての発売はそれよりも後になります。

宜しくお願いします。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文春砲

女子レスリングのパワハラ問題で文春砲が発射されました。

パワハラだけじゃなく、セクハラもあったみたいで、過去の暴行事件もあるって話です。

終わったな女子レスリング。

コンビニ行ったら文春買ってこよ。

ハゲの最初の嫁さんがハゲの正体を語ってる動画もあるみたいだし、あとは被害者の誰かが損害賠償請求すればリーチ。

本当に悪い奴かは、これから調べられたら全部分かる。

問題は調べられたら困る奴等が邪魔すること。

既に内閣府の調査が入ってて、レスリング協会の第三者委員会も調査を開始する。

相撲協会みたいに、警察の取り調べと協会の調査結果が全然違ったら笑うな。

行政もそうだけど第三者機関って組織の擁護しかしない『御用学者』だから。

監査になってない。

飾りだよ、飾り。

さて、どうなりますか。

おら、ワクワクしてきたぞう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

混乱

JA10の純正カムスプロケットの部品番号で混乱してます。

機械屋さんが確認した番号では、14321- KYY-900になってるのに、ネットでJA10の純正カムスプロケットを検索すると、14321- KWB-600と出てしまう。

この番号はJA07純正カムスプロケットの部品番号。

楽天市場でJA10のカムスプロケットを購入すると、JA07のカムスプロケットが届くことになる。

同じ楽天市場で14321-KYY-900を検索するとCRF110とCRF125と出る。

困ったので、武川のJA10用スポーツカムシャフトの取説で見ると14321-KYY-900が正解みたい。

怖くなって、他のバイク屋さんにも問い合わせたら14321-KYY-900で良いと言われて一安心しました。

あーっ、焦ったわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JA10バランサー・カムスプロケット

昨晩、機械屋さんとスーパーカブ110(JA10)のバランサー・カムスプロケット製作について打ち合わせしました。

JA10のカムスプロケットはセンターボルトで取り付けされてるので、位置決めの変な切り欠きがある。

これがねぇ、カムシャフトの回転を邪魔してる。

カムシャフトのカム山の方ばっかりが重くなって、回転バランスを悪くしてるんだよ。

なので、バランサー・カムスプロケットに加工すると、かなり改善されます。

今のところ製作の見積もりを取ってから製作依頼です。

ハイレスポンス・キットとして、セット販売を考えてますが、単品販売もします。

でもね、相乗効果ってあるからセットで買うことをお勧めしますよ。

ハイレスポンス・キットは、バランサー・カムスプロケット、クランク内圧調整バルブ、バランサー・フライホイールのセットです。(前にも書きましたが。)

昔、チューニングのプロが製作したバイク(試乗車)を乗りました。(マシンはXR600R。)

まるで新幹線でした。

鈴鹿サーキットで、尊敬するシングルレース(単気筒バイクのレース)のライダーに、マシン(XR630R)を試乗されてもらったことがありましたが、やはり同じ感じ。

その感覚が忘れられず、「あれを自分で作ってみたい。」と思って20年。

やっと出来ました。

しかも、取り付けるだけの簡単なキットで。

キャブレターのバイクは、キャブレターの調整がキモでしたが、バイクのエンジンがインジェクション化されたおかげで燃料調整はコンピューターに任せておいて、エンジンの余計な抵抗を減らしてやれば、電気モーターみたいにエンジンが回ります。

速く感じないのに実は速い。

これですよ、これ。

購入した方は、初めの内は速度計とにらめっこしてください。

ゆっくり走ってるつもりで速度違反はシャレにならないですから。

ではまた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

ちょっと頭痛

毎度のことですが、秋田地方裁判所に提出する準備書面を書いてたら知恵熱が出てきた。

でも、ブログに下書きして、それをプリントアウトしたものを見ながら書いたから、いつもよりは痛くないで済んでます。

あとは清書して、証拠書面と証拠説明文書いて、佐竹知事の証人申請書と尋問内容を書面にするだけです。

こう書くと結構大変ですね。

仕事が終わってから書くから尚更大変。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーキング博士永眠

ホーキング博士がアバロン(英雄達の島)へ旅立ちました。

アインシュタインの誕生日であるπ(円周率)の日、3月14日に亡くなった。

死を恐れず、新たな発見を最後まで夢見た人です。

彼の偉業といえば、宇宙がビックバンから始まったと発見したことですね。

それが事実かどうかは俺の安い頭では分かりません。

でも、彼がいなかったらホンダのモトGPマシンのエンジンがビックバンエンジン(4気筒で2気筒同爆。)とは言われずに、『宇宙の始まりエンジン』となっていたかも知れない。

男性K-popアイドルグループもビックバンではなく、『宇宙の起源は韓国。』となっていたかも知れない。

とにかく、凄い人です。

人一倍不自由な体で、誰もが想像もつかない宇宙の仕組みを解き明かす。

色んな女と変な交尾してる場合じゃねぇぞ、乙武。

体は不自由だが、女には不自由してねぇってか。

今度、江戸川乱歩原作の『芋虫』で主役を演じてくれよ。

すみません、あまりのリア充ぶりに嫉妬しておりました。m(__)m

(怒られたら、即削除記事決定!)

ホーキング博士のご冥福をお祈りします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

世界一高性能なレバーをお送りします。

スーパーカブ110PRO(JA10)用の純正レバーが入荷した。

仕事が終わってからピーキーレバーに改造して、明日注文先に郵送します。

ピーキーレバーを取り付けたバイクは、ブレーキレバーを握った瞬間に手とハンドルが一体になった感覚が襲います。

でも、それは一瞬で、すぐにそれが当たり前になる。

ピーキーレバーを使ったことのない人は損をしてるよ。

ブレーキングの本当の気持ち良さを知らずに生涯を終えるんですから。

購入した方、楽しみに待っててください。

これでピーキーレバー童貞は卒業です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本って

日本ってさ、監査機関が名前だけで何も機能してないんだよな。

そりゃあ、相撲協会、レスリング協会みたいに最終的に内閣府に判断を委ねるみたいになれば、注目されてるだけにヘタな判断はできない。

でもね、地方行政の不正や腐敗を取り締まる機関が無いに等しい。

だって強制力が全くないんだぜ。

アメリカなんかだと、強制力のある監査機関がバンバン取り調べる。

日本の諮問機関や監査機関は、ただの税金泥棒。

秋田県庁と戦って今年で4年目。

嫌でもそれが分かるよ。

色んな肩書きがあって、その肩書きの分だけ給与があるけど実質は役立たず。

ただ、誰も騒がなければ問題はなしとなってるだけ。

悔しい思いをして諦めた人は沢山いるだろうなぁ。

ここに最後まで諦めずに騒ぐ奴が一人いるがな。

俺は朝鮮人じゃないから、金嬉老みたいに猟銃で朝鮮人を虐める刑事を撃ち殺して温泉旅館に立て籠ったりはしない。

こいつは刑務所を出てから祖国韓国の帰って英雄扱いされたが、元がヤバい男だったから韓国でも猟銃持ってビルに立て籠って逮捕されたんだよね。

流石は朝鮮人の英雄だ。

あっぱれ、あっぱれ。

何とか、すました顔で嘘をつく秋田県庁職員を合法的に制裁したい。

ただそれだけ。

最近、「お前、趣味が(秋田県庁との)裁判になったろう。」と知り合いからよく言われる。

俺も慣れてきたから、「そだねー。」と答えてるよ。

挫けそうになったら、デビルマンにでもなったつもりで頑張るだけです。

まぁ、俺のデビルマンな能力は『地獄耳』だけですけどね。(DEVILMAN crybaby のサントラに入ってる『Devilman No Uta 』はお気に入り。 )

あーっ、天気が悪いせいか、お客が来ないや。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

被告(秋田県庁)にコンプライアンスはない。

本件裁判に直接関係はないが、被告が如何に法令遵守に対しての認識が甘いかを示す事実を報告させていただきます。

先の裁判で非公開は違法と判断されたことで原告(俺)は被告に対して改善(知事の謝罪、職員の処罰、情報公開審査会の解任)を要望したが、被告はそれを拒否した。

全ての要望が通るとは思わなかったが、謝罪すらしないという被告の態度に、今後も被告の違法行為が続くことを確信した原告は行政不服審査会に審査請求を行った。

しかし、ここでも被告の不正が行われる。

秋田県庁では第三者委員会(情報公開審査会、行政不服審査会)に審査請求すると、審査対象となる問題があった部署に審査請求書を提出しなければならない独自ルールが存在する。

これを例えるなら、「あなた方の問題行動は全てこの書類に記されてある。これをあなた方に一番最初に渡しておきます。」という状態である。

総務省行政監理局では、この様な審査請求のやり方は中立性に問題があるとして認めてはいないが、「地方のことは地方に全て任せている。」とするだけであった。

また、原告が情報公開審査会に審査請求をした際には、被告から審査請求の内容を変更しろとの命令があり、原告がそれに従った結果、請求内容のニュアンスが変わってしまい、情報公開審査会が正しい判断ができずに原告の請求は棄却された。

これと同様に行政不服審査請求でも被告は前回と同じく、被告から原告の審査請求書に不備があると難癖をつけて請求内容の変更を求められた。

原告は、行政不服審査会に被告が改善要望を拒否したことに不服を申し立てたが、被告の提案する請求内容に変更すると、秋田県庁ホームページ『知事への手紙』に原告が送った、「知事は謝罪する気はあるのか?」というメールに対して被告が出した回答文書に異議が申し立てたことになってしまう。

これは悪質な誘導であった。

その回答文書は業務として当然のことであるため何ら問題はなく、誘導に従うと原告が本来請求した内容は審査会されずに終わることになる。

原告は、またしても行われた請求内容の変更には従わずに審査請求を行った。

数日後、行政不服審査会から審査請求の棄却通知が原告に届いたが、「秋田県庁の判断に問題はない。」という判断であった。

上記の様に、被告と秋田県の第三者委員会は中立な審議が行えなくなっており、被告(秋田県庁)にコンプライアンスは存在しない。

先の裁判で被告が実際に請求内容の変更を行った裁判記録がある以上、被告の隠蔽体質は明らかであり、憲法違反である検閲を行うことに何ら躊躇がないのも頷ける。

被告はこうした公務員の信用を失墜させる行為を日頃から繰り返していると主張します。

またまた、準備書面の下書きでした。

お見苦しいとこ見せてしまい、すみません。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検閲裁判がもたらすもの

何度も同じことを書きますので申し訳ない。

裁判前に準備書面を書くのですが、パソコンのワードを開いて文章を書くよりもブログでパパッと書く方が良い文章を書ける気がするので、インターネットに書き込むのもどうかと思うが良いよね。

始めにパパッと書いて、後から何度も訂正と加筆で肉付けして、準備書面らしく見せます。

まぁ、被告側も見るので大丈夫と勝手に思うことにします。

本件裁判(秋田県庁の検閲に対する損害賠償請求事件。)のもたらすものは、今後の行政の在り方や法律家を志す人にとって大きな意味を持つことになると考えます。(こんな言い方すると、『幼女戦記』のターナ・デグレチャフみたいだな。)

ご存知の通り、憲法21条で定められる検閲についての記載が大雑把なこともあり、その定義についてを判例に頼ることが多いことから、本件裁判もいずれは『秋田県庁事件』と名付けられ取り扱われることになるでしょう。

それだけに、行政権を持つ地方公務員が一個人に対して行った検閲の非常に珍しい実例として、後世まで残ることになるのは容易に想像できます。

その取り扱いを間違えれば、国民が行政の不正に対して異議を唱えるができなくなる恐れもあるだけに慎重な審議をお願いしたい。

てな感じで書き始めます。

高卒の書く文章なので、頭の良い人から見たら笑われるのは分かってますよ。

これ、マジに大事になります。

マスコミが無視しても、後に検閲の貴重な実例になるのは絶対です。

本当にこの裁判で俺がもし負けたなら、行政の不正に国民が文句を言おうとして行政の首長に信書を送ることが実質難しくなります。

地方公務員が、「この申請書は都合が悪い。」とポイしても、それが許されることになるからです。

そうなると俺はそれが許される原因となった人物ですよ。

マジ卍。

怖いっす。

あんまり怖いんで、ウルトラマンダイナの主題歌を聞いて自分を勇気づけてます。

俺、大罪人になるのかなぁ。

ここは開き直って裁判を楽しみますよ。

だって俺、クレージーだも~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

スーパーカブ(JA07)バランサー・カムスプロケット発注

機械屋さんにJA07用バランサー・カムスプロケットを20個発注しました。

JA10用バランサー・カムスプロケットは見積もりを取ってもらってます。(50個発注予定。 )

ヤフオクに出品しますので、バランサー・フライホイールの購入した方で、まだバランサー・カムスプロケットを組んでない人にお勧めします。

荷物が届いたらブログに貼りますね。

宜しくお願いします。m(__)m

あと、今後は売れない商品は製造しないことに決めました。

残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜

今夜、仕事が終わったら裁判所に提出する準備書面を頑張って書きます。

下書きを書いて、後から訂正して提出です。

この裁判は絶対に負けられない。

負けたら、地方行政の検閲が合法になってしまう。

そんなことは許されない。

勝つために何でもやります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わらないものがあって良いじゃないか。

時の流れはとても早い。

それでも、「変わらないものがあって良いじゃないか。」と思う俺です。

このブログも最初の形から何ら変わってません。

ブログよりツイッターとか、他のSNSに時代が移行してもブログが存在してて良いでしょ。

黒電話が無くなっても、黒電話を使い続けている人がいます。

その人は不便を感じてません。

「これで良い。」

スマホが普及してもガラケーを愛用してる人もいる。

いずれ自動車が電気自動車になっても、レシプロエンジンの愛好者はいる。(F-1レースも電気モーターになるのかなぁ。)

バイクも2サイクルエンジンを大事に乗ってる人も多い。

クラシックと言われようが構わない。

俺は俺です。

ポケベルみたいにサービス自体が無くなると困りますが。(;-Д-)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

良いこと聞いた。

「人に何かを教える時は、何も知らない人に教える様に分かり易く伝えることが大事です。」

YouTubeで見た動画の中で誰かが言ったことです。

なんか、「なるほど!」と思った。

「そんなこと知ってるわ!」と怒るかも知れないがあえて噛み砕いて話す。

意外に忘れてることもあるからね。

人間だもの。

勉強になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地獄間近

桜華さん、サモさん、名無しですみませんさん、コメントありがとうございます。

桜華さん、馴れない内は事故が発生することが予想できますが、死亡事故はやるせないですね。

沖縄が日本に返還される際に、右側通行から左側通行に直されました。

いきなり、「これから左側通行です。」と言われて、事故が多発。

しかし、沖縄の県民性で事故が起きても、「仕方がない。」で済ませたみたいです。

本州の人間なら事故処理でしばらくは交通が麻痺して終わったことでしょうね。

東名高速を走る時は俺も気を付けなくちゃ。

サモさん、来月にJA07を20個ほど発売してから、再来月にJA10を50個発売する予定です。

加工に治具を製作する必要があるので機械屋さんと相談です。(製造は委託。)

首を長くして待っててください。

名無しですみませんさん、今はパソコンやワープロがあるので助かります。

手書きは大変です。

才能には理論で対抗するしかありません。

おかげでライトチューンナップが得意になったり、バイクの走り方も単純化できました。

とにかく、天才と言われる人間は擬音が多い。

凡人の俺には、「何言ってるか分かんねぇよ!」です。

才能のある人で、「これはな、こういう理屈でこうなんだ。」って説明できる人はあんまりいないですね。

才能のある人で説明がしっかりできる人は教えない人もいますが。

まぁ、学校の先生じゃないから仕方がないかぁ。


今年も天候不順でお客さんの出足が遅いです。

天気が良くなると一気に来ます。

俺は通常何人かでやることを一人でやります。

地獄です。

目が回る。

昨年はそんな中でダンプカー運転中、真横に軽乗用車から衝突されて横転しました。

その後が本当に大変だった。

衝突した軽乗用車も俺も保険会社が農協で、農協が保険金を出し惜しみして、不本意ながら弁護士を使った。

その弁護士が契約金をつり上げするんで、秋田県庁との裁判で勝ったことを教えてやったよ。

慌てて訂正したがね。

今年は、また秋田県庁との裁判がある。

特許関係もまだやることがある。

Peaky_partsでパーツも販売しなきゃ。

俺はただの頑張り屋さん。

才能があったら、こんなことしてない。

貧乏暇なし金なし才能なしです。

でも、頑張ります!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

業務の委託か、そうでないか。

来月の秋田県庁との第一回口頭弁論で被告(秋田県庁建設部道路課)はおそらく、「知事から業務を委託されている。」と主張するだろう。

しかしながら、行政における委託の趣旨は法令上の責任を負うものであり、先の裁判で違法行為が認められた時点でその趣旨から外れている。

問題が起こった原因を丁寧に分析しないまま一方的に事態の収束を強要する被告の行為は、社会的規範や倫理に反しており、法令遵守の観点からも自由裁量を逸脱していると言える。

その様な被告の行為が、「業務を委託されている。」とは認められない。

何より、被告は知事に対して何ら報告をしていない。

秋田県庁の業務において、全て被告の独断が許されるならば、知事自身が首長としての責任を果たしていないことになる。

また、知事が地方公務員法33条で禁止された信用失墜行為を繰り返す被告を容認してはならない。
 
判例は、検閲の定義を、「行政権が主体となり思想内容などの表現物を対象とし、その全部または一部の発表の禁止を目的として、対象とされる一定の表現物につき網羅的に一般的に、発表前にその内容を審査した上、不適当と認めるものの発表を禁止する事をその特質と備えるもの」としている。(狭義説)
 

よって、原告(俺)が知事宛に送った書籍を知事への発表前に被告が隠蔽したことは検閲に該当し、原告が知事に宛てた被告の行為に対して是正を求める信書を勝手に検分し、返事を出すことは業務ではなく、被告の不始末を隠蔽するものであり、信書による通信の秘密を侵す検閲と言える。

もし、これが本件裁判で何ら問題はないとされるならば、行政の不正に対して是正を求めることが日本国内で一切できなくなる恐れがある。

裁判所が行政の検閲を合法と認めることがあってはならない。

はい、ここまでが裁判所に提出する準備書面で主張する俺の意見です。

覚え書きとしてブログ記事にしました。

後で印刷して、準備書面を書く時に使います。

頭悪いから残しとかないと書き忘れちゃうんで。

すみません。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

スポーツの才能を見分け方

これ、マジな話ですから。

何のスポーツでも才能のある選手の共通点が1つ。

字がとっても綺麗。

これなぁ、脳の調整力がすぐに分かる。

何のスポーツでも調整力が大事です。

ちなみに俺は最悪です。

小学生以下の字です。

だから、調整力ではなくて理論でやるしかない。

ですが、理論が分かるから人には教えれる。

つまり、俺のコーチで俺程度にならすぐになれる。

昔から才能ある後輩にコツを教えるとあっという間に追い越された。

その度に、「俺は丹下団平かよ。」と思っちゃう。

そろそろ真面目に丹下団平するかな。

地元にモトクロスでなかなか勝てない少年がいるから、今年は少しコーチしてやろう。

来年にはブチ抜かれるかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

自分は違うは思い上がりです。

ネットで浮気の話が沢山転がってるけど、1つだけ疑問がある。

例えばさ、略奪愛とは言われてる不倫して、既婚者を配偶者と別れさせて結婚したとしよう。

そんな既婚者と結婚して、そいつが浮気しないと思う?

もっと自分好みの相手が現れたら、さっさと鞍替えするかもしれない。

「俺(私)は大丈夫。」なんてあり得ない。

なんですなぁ、人も所詮は獣の一種ってことですかね。

色欲はどうしょうもない人には本当にどうしょうもないみたいですから。

まぁ、頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貴乃花部屋へのハラスメント

大企業で内部告発があると、内通者への報復が必ずある。

またも貴乃花親方はピンチになってる。

貴乃花親方が内閣府に告発状を提出した。

これで貴ノ岩の復帰を喜ぶも、以前はモンゴル力士からのハラスメントに気を付ければ良かったのが、今度は相撲協会寄りの相撲部屋力士からのハラスメントも気を付けないといけなくなった。

今現在もマスコミは貴乃花部屋のトラブルを待ち望んでいる。

貴乃花親方の擁護する報道陣は自然解体。

残っているのは相撲協会寄りの報道。

あの騒ぎは一体何だったのか?

相撲協会のハラスメントから目を離すな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良いアイデア

雪上レースでまともに走れなかったのは、エンジンの性格をピーキーにしたせい。

とにかく、レスポンスが凄くて高回転で元気が良過ぎた。

なので、氷の上でスリップの連続。

そこで雪上レース用のフライホイールを作ろうと思うんだけど、オフロード用バランサー・フライホイールの良さも残したい。

波乙(wave110at)でオートマCVTのウェイトローラーに重さの異なる二種類を組み合わせて、変速のタイミングを変えたりしてた。

それと同じ様に、異なる二種類の重さのウェイトを組み合わせて、バランサー・フライホイールの良さはそのままに、氷の上でのリアタイヤのグリップを確保したい。

これは、梅雨時期のレースにも使えそうです。

上手く行けば、また雪百(XR100R)が速くなっちゃうな。

頑張れ俺。

今年のライバルは若手の現役ライダーだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張れ貴ノ岩!

モンゴル先輩力士のハラスメントで土俵から遠ざかっていた貴ノ岩が帰ってきた。

しかも、白星スタート。

頑張れ貴ノ岩!

大手を振って祖国に凱旋する為にも横綱になってくれ。

外国人でもしっかりした親方に教育されたら、正々堂々と戦う力士になれるってことを証明してくれ。

そうでないと相撲を見る度に日本人は辛くなって、誰も見なくなるよ。

頑張ってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハラスメント

ハラスメントとは、嫌がらせ、人を困らせる行為を言う。

細かく分類すると現在では33種類のハラスメントがあるという。(ちなみに、俺が戦ってるのは、秋田県庁が行う行政のモラルハラスメント。)

女子レスリングで今騒がれてるけど、あれは限りなくクロっぽく見える理由がある。

あのハラスメントしてるっていう人は教え子に2回手をだして責任を取って結婚。

前の嫁さんも、今の嫁さんも教え子。

おまけに、自宅の隣にALSOKで有名な選手が住んでて、一般人の俺から見ると男女間で内弟子とかはあり得ない。

ハゲは男性ホルモンが強いから?

技を教えるのに組み合ってムラムラ?

ハラスメントを受けた女子選手は、このハゲを色んな意味で受け入れなかったからハラスメントを受けたんじゃないのかと邪推してしまう。

お顔も美人に入るしね。(アヒル口すると眞子さまみたいな感じで可愛い。(*≧з≦))

あまりにもハゲが怪しすぎる。

釈明もなく早々に体調が悪くなったとマスコミの前から消えてるしな。

調査も入ってるみたいだが、ハラスメントを受けた本人の告発ではないから、どうして良いか分からない様だ。

告発者のフライングなのか。

須藤元気さんも言っていたが、事態をハッキリさせずに終わらせた方が良いかも。

ハッキリさせると女子選手が引退することになるからね。

一般企業に例えたら、社長のハラスメントに困った女子社員が業界に詳しい知り合いに相談したら、その知り合いが余りの酷さに同情して女子社員に断らずに株主総会で告発したみたいな感じ。

株主達は会社の評判が落ちると利益に関わるから大事にしたくないが、放置すると世間の批判を浴びかねない。

正直、「参ったなぁ。」な状態。

揉み消すには、女子社員の業界での功績が大き過ぎた。

膠着したまま、時間だけが過ぎる。

ここは、世間の注目が収まるのを待つしかない。

まともに取り引きしなさい。

公に今後の選手活動を約束するから、裏で「何も言わないでくれ。」とお願いしな。

それなら、どちらも損しない。

ハラスメントを改善して環境を良くすると約束して、その言葉の通りにすれば世間の批判も免れる。

まぁ、頭のお偉い人はこれができないんだよなぁ。

謝ったら負けとマジに思ってる。

プライドって面倒くさい。

だから事態は悪くなるばかり。

これさぁ、女子選手がパワハラだけじゃなく、セクハラについても話したらレスリング協会も、この女子選手と共倒れ間違いなし。

難しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

発売予定のハイレスポンス・キットについて

カムシャフトの回転を良くするバランサー・カムスプロケットに、クランク内圧調整バルブとフライホイールの慣性モーメントを増幅させるバランサー・フライホイールをセットにして販売するつもりです。

燃料調整必要無し、取り付けて走るだけで、加速と最高速と操縦安定性が向上します。

この組み合わせが別次元の乗り易さを生み出します。

定価は一万円を切るくらい。

しかし、効果の度合いはその何倍もあると思いますよ。

ワークスマシンの様な洗練されたパフォーマンスを一万円以下で提供できます。

これが日本で売れなきゃ台湾で売ってくるわ。

昔、ケンソーのバクダンキットってチューンナップパーツがあったよね。

あれは燃料から得られるパワーを増やして速くしていた。(要キャブ・セッティング)

ハイレスポンス・キットは、エンジンの抵抗を簡単な方法で大幅に減らしてパワーを得ます。

抵抗を減らすので、エンジンの負担が減って耐久性は落ちません。

発売後には、是非とも試してくださいね。

その時はホームページ作ろうっと。

おっと、その前に。

売ったら買う?


| | コメント (1) | トラックバック (0)

懐メロ

デビルマンのサントラをダウンロードしたらボーナスポイントがついて、3月中に使わないと無効になるっていうから使うことにした。

ダウンロードした曲は、懐メロとアニメソングです。

ウルトラマンダイナ(OP曲)

ポール・ディビスのクールナイト

アニメ『怪物王女』のOP曲、『BLOOD QUEEN 』

アニメ『オーバーロードⅡ』のOP曲、 『GO CRY GO 』

アニメ『DEVILMAN crybaby』のOP曲を2曲(オリジナルとテレビバージョン。)

そして、注目なのは、筋肉少女帯の『私だけの十字架』です。

これは二谷英明さん主演のテレビドラマ『特捜最前線(1977)』のエンディングテーマ曲『私だけの十字架』のカバー曲。

思わず懐かしくてダウンロードしました。

小学生の頃に大好きな曲でした。(ネクラでした。)

この歌を唄っていた歌手ってマジにイタリア人なんですね。

ハーフの人かと思ってた。

筋少の大槻ケンヂさん独特の歌い回しはありますが楽しめます。

ポール・ディビスのクールナイトを見つけた時も嬉しかったが、これは別格。

まさかあるとは。

オリジナルも探せばあるかな?

流石に無理だろうなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

うわぁ、最悪じゃん。(((^_^;)

静岡県掛川の東名高速道路で行われている制限速度110キロ試行区間で、トラックと乗用車の事故で車体が炎上して死亡者が出た。

うわぁ、最悪じゃん。

まだ、制限速度110キロにするタイミングが早過ぎた感じはしないけど、これから試行前と後で死者が増えたら止めるべき。

巻き添えの事故もあるからね。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

郵便局員に聞いてみた。

今朝、郵便局に秋田地方裁判所からの通知を取りに行った時に郵便局員に聞いてみた。

俺 「あのさぁ、例えば知事に宛てた文書を他の人間が勝手に見て、勝手に返事を書いて、文書を処分してたらどう思う?」

郵便局員 「我々にしてみたら絶対にあってはならないことです。」

俺 「だよねぇ、秋秋田県庁はこれを平気でやるんだよ。」

郵便局員 「へっ?最悪ですね。」

郵便局員には郵便法があって、人に宛てた文書を宛名の人物以外が勝手に見ることを禁じている。

特に、文書にも宛名が明記されていた場合は即アウト。

刑事罰もある。(懲役と罰金刑。)

秋田県庁はそれを当然の事の様に行う。

これを知って、まだ秋田県庁の悪質さに気づけない人は公務員だろ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事件番号

昨日、秋田地方裁判所からの通知が来てたんだけど、不在で受け取れず。

朝に郵便局に受け取りに行った。

事件番号は、平成30年(ワ)第30号損害賠償請求事件となりました。(なんか、通称サンマル・ワ・サンマル事件とか、秋田県庁事件とか呼ばれそう。)

第一回口頭弁論は、先日の電話での希望通り4月20日午前10時からです。

また被告代理人が湊弁護士なら良いなぁ。

なんてったって、法廷で嘘バレ弁護士ですから。

4月20日までに準備書面(1)と証拠書面を付けて、佐竹知事の証人申請書と一緒に裁判所に提出します。

もう、知らぬ内に国民全体の問題までなりました。

この裁判に負けたら、日本中の地方行政の検閲が許されます。

行政に対しての異議申し立てに検閲しても合法となる。

責任重大です。

これ負けたら日本から逃げないとダメかも。(台湾辺りに逃げるかな。(((^_^;) )

くーっ、このギリギリ感が堪りませんね。

マスコミが無視しても気にしません。

その代わり、自由にやらせてもらいます。

後で文句言っても知りません。

今まで無視してるお前らが悪い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

検閲について更に調べてみた。

佐竹知事に送ったバイク誌『道楽』を知事に見せずに勝手に回答文書を返すことは検閲に該当するか調べてみました。

これは事後抑制の検閲に当たりそうです。

事後抑制とは?

書籍等を行政が回収したりして発表を規制する行為です。

俺が、知事に発表しようとする、秋田県庁建設部道路課が中身を見て知事に渡さずに隠蔽。

もろ、事後抑制ですね。

業務を依託されていたというのは理由になりません。

何故なら、知事に建設部は怒られている。(最初の裁判の和解勧告で裁判長から教えられた。)

つまり、知事の意思に反した行動なのは明白です。

『道楽』で俺が知事に建設部道路課の不正を告発するのを恐れて検閲した。(事後抑制。)

そして、信書(公開質問状及び請願書)を検閲して、勝手に回答文書を送ってくる。(信書の秘密を犯す。)

ダブルで検閲。

これ、後で準備書面(裁判で主張を書面化した文書)に記載して裁判所に提出します。

裁判中は、「係争中につき、お答えできません。」とし、裁判で違法行為が認められたら、「裁判で終わったこと。」と事態の収束を強要。

秋田県庁は最悪の地方行政です。

己の失敗を詫びることも知らず、詫びることが悪いこととする認識。

お前らは小学生以下だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンのその後(ネタバレ)

デビルマンこと不動明(ふどうあきら)が死んでバイオレンス・ジャック(本体、女性、少年に分身。)に生まれ変わる。

そして、サタンはスラムキングと、その奴隷で手足を切られて人犬となった飛鳥了(あすかりょう)に分身する。

関東スラム街を背景に戦い合うバイオレンス・ジャックとスラムキング。

原作者の永井豪先生がバイオレンス・ジャックを月刊少年マガジンで連載し休載。

それから、かなり後になって青年誌で連載を再開。

バイオレンス・ジャック連載開始時に子供だった俺。

再開時は、既に成人になって数年を経過していた。

永井豪先生は話が進むにつれ、バイオレンス・ジャックの正体をどうするか悩んだ。

しかし、話が佳境に入ると不思議な力に導かれるかの様に、バイオレンス・ジャックをデビルマンに、スラムキングと飛鳥了をサタンにすることを思い付く。

当時、これにはファン達は驚いたのなんのって。

収拾がつくのかと不安の声があった作品が、見事に納得のラストを迎えた。

永井豪先生をよく『鬼才』と編集者達は呼んだ。

永井豪先生の作品には、鬼の話も多い。

手塚治虫先生がマンガの神様なら、永井豪先生はマンガの鬼ですね。

作品がほぼ神話だ。

久しぶりにマンガで胸が踊った。

思わず、デビルマンのサントラをダウンロードしたよ。

オタクの大御所が新作アニメのデビルマンを批評していたけど、「それはあくまで、お前の観想だろ。」と言いたい。

永井豪先生のデビルマンをよく知る人達の作品にケチを付けんな。

良いだろ、喜んでるファンかいるんだから。

張本勲みたいな老害になるなよ。

みっともねぇ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

デビルマンのラストシーン

デビルマンという作品は何を言いたいのか?

まさか、この歳になって分かるとは。

あれはね、天罰の物語。

かつて、神に一人で挑んだサタンに対して心優しい少年を愛する様に仕向け、また神に仇なそうとする時に愛する少年を失う悲しみと苦しみを与える。

「ああ、そういうことか。」

やっと分かった。


追記。

つまりだ、神は愛を知らぬ者に愛を与え、その愛を奪い戒める。

見覚えあるわ、これ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪上レース用フライホイール

来年の雪上レースに向けて、重くて回らないフライホイールを作ります。

氷の上でアクセル全開しても一気に吹けないモッサリしたフライホイール。

モトクロスでは、オフロード用フライホイールでエンジンをギンギン回して走ります。

アクセルオフからのトルクは今までで最高です。

見てろよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来月からバイク三昧

モトクロス、ツーリング、峠、今年も4月からバイク三昧の予定。

裁判所にもバイクで行くかな。

もう、勝手知ったる裁判所だし。

流石に格好は襟つきのシャツで行くけどね。

早く波怪(WAVE110i)直さないと。

ノーハンド走行で峠流したいし。

ダカール(BMW F650GS)はリアタイヤが限界。

もっと暖かくなったらダカールで仕事に行こう。

雪百(XR100R)はオフロード用バランサー・フライホイールで更に速くなったし、今年からレーサー85ccクラスで頑張ります。

10馬力ちょっとのバイクで30馬力のレーサーマシンに対抗できるか?

頑張りますよぉ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あー、食べたい。

昨日の昼飯は若葉食堂でかけうどんを3杯食べた。

「キャベツが高くて焼そばが作れない。」

ならばと、かけうどん3杯。

美味かったわぁ。

今日の昼飯は、カツカレーが食べたい。

思いっきり食べたい。

腹へったなぁ。

まだ、朝の10時だぞ。

腹へる時は腹が立つから不思議だ。

メリケンサックで思いきり誰かをぶん殴りたい。

しないけど。

怒りに任せてバットで頭をカチ割りたい。

しないけど。

頭の中で想像して、やった後に急に冷静になって焦る俺がいる。

若い頃の教訓で、「人を殺せば殺される。」と知ってるからね。

昨日の昼のニュースで、ペルー人が強盗で一家六人を殺害して死刑が裁判で言い渡された。

一人殺して無期懲役、二人殺して死刑確実、六人殺しても同じく死刑。

三人目から死刑の仕方を変えて欲しい。

二人までは一気に死ねるギロチンで、三人からは絞死刑、四人からは殺された人と同じやり方で。

死刑反対は腐れ弁護士の戯れごと。

俺は小学生から死刑賛成派。

そう思わないと自分が人を殺しそうで。

俺、キレると訳分からんくなるから。

常に自制心を持たないと。

年取って、かなり大人しくなったけどね。

もっと年取って大人しくなりたいです。

まぁ、秋田県庁の奴等をよく拐わないと自分でも思いますよ。

埋める土地は腐るだけあるのに。

思うだけなら問題なしですもん。

前に心配になって、こんなの俺だけかなと友人に相談したら、

「俺なんか毎日頭の中で殺してるよ。」とか。

サラリーマンは辛いよね。

良かった、良かった、俺だけじゃなくて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーカブ

俺やneriさんやまるじさんが何故スーパーカブに夢中なのか?

答えは簡単。

スーパーカブは本当にスーパーだったから。

「えっ、あのトロくさいバイクが?」

そう思うかも知れない。

現に俺もそう思ってた。

でも、違ったんだ。

エンジンパワーが上がった瞬間に、まるで別物に生まれ変わる。

俺が以前にスーパーカブ110(JA07)用に販売したパーツは、ピーキーレバー、ビックフィンキット、バランサー・カムスプロケット、トルクアップガスケット、エンジンブレーキ教化キット(これの改良版がバランサー・フライホイール。)です。

これ、全部組むとフルチューン(125cc)の鉄カブと同等に走ります。

しかも、メチャクチャ乗り易い。

別次元と言われたこともあります。


昨日、ピーキーレバーを販売しましたが、JA10PRO用ピーキーレバーが2本売れました。

用意したのがPRO用ではないレバーなので、在庫は残ったままです。

つまり、用意した商品は1個も売れてない。orz

スーパーカブ110のオーナーはブレーキングの大切さをあんまり理解してないんだなぁ。

ブレーキはマイナス側のアクセル。

コーナーのスピード調整はブレーキで行う。

そのブレーキが良くなれば、コーナーの立ち上がりも速くなるのが当然。

スーパーカブに速さを求める人がそれだけ少ないのかな。

まぁ、スーパーカブのオーナーでスピードを求める人は、移動を楽にしたいからエンジンチューンだけに拘るのかもね。

ブレーキが良くなると、もっと楽になるのにな。

「レバー1つでそんなに変わるかよ。」

かつて、ガルルってオフロード雑誌のテストライダーが誌面でそう言った。

しかし、ピーキーレバーを装着してテスト走行後に一言。

「こんなに違うなんて、頭が下がる思いです。」

絶賛されました。

スーパーカブとハンドルレバーを舐めちゃダメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

証人申請書

佐竹知事の証人申請をしたいのですか、書き方を忘れました。

以前に証人申請したのは、一昨年の裁判でしたね。

秋田県庁との示談交渉で嘘八百並べられて、本当のことが1つもなかった。

それに対する損害賠償請求事件訴訟で、秋田地方検察庁の神田検事を証人申請しましたが、裁判長から却下されました。

却下された理由は裁判長から話されませんでしたが、状況的に決定的な証拠無しのままで終わらせたかったのかも知れません。

決定的な証拠(嘘八百並べる映像)を俺のミスから消失させて、秋田県庁が有利に進んでるのに検事が取り調べで秋田県庁職員の嘘八百が事実と分かれば非常に面倒くさくなるからです。

あんまり良い裁判官ではなかったですね。

ネットで証人申請の書き方を見て、「あー、あー、これこれ。」と思い出しましたよ。

仕事が一段落したら、さっさと証人申請書を裁判所に提出します。

マスコミにもリークしなきゃ。

相手するかは知らんけど。

今のマスコミは不倫とかスキャンダルだけしか取り上げません。

売れる記事を書くのが良い雑誌となってる。

小難しい話は嫌われます。

新聞社も同様になってる。

国会レベルの話は書きますが。

まぁ、いいや。

一人ボッチ戦争は続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

図書館戦争

マンガ、アニメ、実写映画となった作品で、表現の自由の規制に対抗する為に組織された『図書隊』の物語。

この作品では、検閲されるのは書籍。

俺と秋田県庁との裁判では、佐竹知事に当てた信書を建設部道路課か勝手に読み、返事を書いて送る行為が検閲に当たるかが問題。

前回の裁判で違法行為が認められて、俺が改善を求めた。

そしたら、「何もしない事に決定した。」と建設部道路課の判断。

それについて佐竹知事に公開質問状を出すと、建設部道路課が勝手に開けて、「裁判で終わったこと。」として返事をする。

これを、佐竹知事から業務を依託されているからとの理由で合法とするなら、前回の違法行為も佐竹知事の指事(意思)と言うことになる。(今までも経緯から、それはありえない。)

佐竹知事が、「そんなことは言ってないし、命じてない。」となれば業務を依託してないってことになる。

行政の違法行為に異議を申して、行政は問題なしとした。

そこで、その判断を裁判所にしてもらうと、「それは違法。」となり、「2度とやるな。」と俺が要求すると、「何もしない。(改善しない。)」とされた。

そして、検閲。

これが合法となれば、行政に対してどんな異議を申すことも無駄であると裁判所は判断することとなり、裁判所が行政の判断に仇なす者は反社会的と言ってるのと同じになる。

国会で議論されるような話になるよ、これは。

大変な裁判となるはずだし、しなきゃ国民の知る権利、表現の自由、行政の不正に異議を申す権利が日本では全く無いも同然となる。

日本のマスコミがこの裁判を無視して検閲に目を瞑る様なら、この国の民主主義は名ばかり。

民主主義のふりした共産主義そのもの。

まぁ、嫌でも佐竹知事には法廷に来てもらう。

人間の権利、人間の尊厳、人間の自由を守る戦いです。

この話を三行で言うと、

秋田県庁が不正して裁判所の判断は違法。

秋田県庁、「慰謝料払ったから謝らない。(これからも不正は続ける。)」

知事にチクったれ➡検閲➡また裁判。

糞ったれが。

俺は絶対に許さない。

検閲があってはならない。

これは、俺の一人戦争だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうとう

とうとう北朝鮮の将軍様が描いた筋書きの通りになりそうだ。

韓国のバカ野郎が。

北朝鮮のミサイルパフォーマンスはビジネスライクでやってる。

陰で麻薬や兵器を売って儲けたが、テロ支援と言われ経済制裁。

それを解除する為に駄々を捏ねまくり、とうとう要求を飲ませる段階までたどり着いた北朝鮮。

余計なことしやがって。

韓国こそテロ支援国家。

誰が敵で、誰が味方がハッキリしたろ。

朝鮮人なんか信じるな。

奴等は必ず最後に裏切る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

う~ん。

ピーキーレバーは簡単に売れんね。

それだけバイクの運転で操作性とかって拘る人が少ないってことか。

う~ん。

売れない物作っても仕方がないからなぁ。

売れそうなチューンナップはエンジンパーツだけみたいだな。

マーケティングって大事だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピーキーレバー

(JA07)用ピーキーレバー
 
(JA10)用ピーキーレバー ※売れました。
 
売れたらまた貼ります。
 
JA07用が6本、JA10用が2本の在庫があります。
 
(JA10)用ピーキーレバー ※売れました。
 
(JA10)用ピーキーレバー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お客さんが来ない。(-_-)

雨がどしゃ降りまではいかないが、結構降っててお客さんが来ない。

電話で問い合わせした方が一人来ましたが。

昼間まで来なかったら、今日は午後から休業だ。

午後からピーキーレバー作ります。

しかし、腹へったなぁ。

満福ラーメンで醤油チャーシューと餃子とライス大盛り食べたいな。

それとも若葉食堂で焼そば大盛りにかけうどんか。

悩むわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピーキーレバー再販

ピーキーレバー(JA07、JA10)を再販します。

加工前のノーマルレバーが何本か残っているので売ります。

世界で最も人の手に合ったハンドルレバーです。

大潟村カブ・ミーティングでピーキーレバーを装着したカブ110(JA07)の人が来てて、「全然違う。手とハンドルが直結してるみたいだ。」と言ってました。

そういう風に作ったですけどね。

パーツをセットにして売るのは、ちょっと難儀なので単品で出品します。

5月にJA07用ハイレスポンス・キット(バランサー・カムスプロケット、クランク内圧調整バルブ、バランサー・フライホイールのセット。)を発売したいし、6月にはJA10用ハイレスポンス・キットも発売したい。

夏には、新型カブ110のハイレスポンス・キットも発売したい。

何の調整も要らずに、速く気持ち良く走れるキットだよ。(速くなるより速く走れるって感じです。)

こんなの作れる(考える)の世界中探しても俺だけ。

これをフィッティング(合わせる)カスタムと名付けてます。

フルチューンは面倒で、リスクも大きい。

ライトチューンでフルチューンみたいに走れたら文句ないでしょ。

俺はそれができる。

よく頭おかしいと言われるけどな。

違う、違う、見てる先が違うだけ。

凡才が天才みたいになれる訳はない。

凡才が天才に勝てる方法を考える。

それと同じ。

ピーキーレバーをヤフオクで出品したら、またブログに貼りますので宜しく。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくりしてる

朝から雨でお客さんが来ないと思うからゆっくりしてます。

作りおきのコーヒーを電子レンジで温めて、ミルクと砂糖を入れて飲むのが朝の習慣になってる俺。

コーヒー飲むと便通が良い。

医学では、それは気のせいって事になったと聞いてますが、習慣化することで脳のスイッチが入るので、一概に嘘とは言えません。

大怪我した人が雨で傷痕が痛むのも気のせいって事になったみたいですが、俺の肋骨骨折箇所と10針縫った左足裏はやっぱり痛い。

大分マシになりましたけどね。

俺の体は全身傷だらけ。

傷の数だけならゴルゴ13にも負けません。

ただ、縫い傷は少ないので、それほど目立ちません。

体にちょっとした柄がついてるみたいな感じです。

昨日、ネットのマンガサイトの試し読みで柄にもなく泣いちゃいました。

ペットショップで売れ残った猫を、「可愛い。」と購入して自宅に飼った男性の話でした。

俺はペットは飼いません。

俺より先に死んで悲しむのが嫌だからです。

愛って何だろな?

俺には必要を感じません。

植物が良いです。

枯れてもショックが小さいから。

自分に弱点を作らない。

まるでゴルゴだな。

老後(既になってると思う。)は草花で囲まれたい。

今年は昨年に育てた野生種の紫陽花の苗を自宅裏の手作り花壇に植えます。

できるだけ大きくしてから植えたいですね。

紫陽花には肥料はあまり良くない。

世話といったら水やりだけです。

焼く世話が少ないほど愛情は少なくて済む。

もし、枯れても、「あっ、枯れた。」と思うだけ。

失敗とも思いません。

俺には、これくらいが丁度良い。

今年は庭に何を作ろうかな。

キャンプごっこするのにテントを張るのは面倒だから、単菅パイプで高床式の木屋でも作るかな。

春は活動的になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

イベント発動

桜華さん、平社員さん、コメントありがとうございます。

桜華さん、歳を取ると経験で上手い塩梅を探しながら走る様になりますね。

乗り続けてきた者へのご褒美みたいなもんですね。

長生きして、いっぱい、沢山、どっさり、バイクに乗りたいです。

平社員さん、実は、訴状の請求額を間違えて5000万円と書いてしまい、裁判所で慌てて訂正印を押して訂正しました。

無意識にそうしたのかな?

まぁ、裁判に勝てれば、また一万円でも良いつもりでいます。

しかし、その金額の低さ故に自分達のした事を軽く見る奴等がいます。

腹が立ちますね。ヽ(`Д´)ノプンプン

佐竹敬久様

昨年の6月に秋田県庁建設部道路課との裁判で勝訴し、その後も違法行為が続くことから、この度、建設部道路課と4度目の裁判を行うこととなりました。
今回は建設部道路課の検閲に対する損害賠償請求です。
行政の検閲の対する裁判は、例外なく非常に注目される裁判となります。(来月に全国誌で記事が掲載されます。)
訴状は3月5日に受理されました。
佐竹知事の証人申請も来月20日の第一回口頭弁論前に申請するつもりです。
ただ、裁判を前に佐竹知事だけが建設部道路課の人権侵害について事実を知らないというのは大変に不本意ですので、以前に知事に送ったはずの建設部道路課の不正について掲載された雑誌記事をファックスでお送りします。
どうぞ、ご鑑賞ください。

ピーキー

てな訳で、佐竹知事の事務所に建設部道路課から検閲されて届かなかった『道楽』の記事コピーをファックスしました。

知事が見るかは知りません。

単なる気紛れと暇潰しで送ったファックスですから。

今夜の晩飯はラーメンにビールとカラムーチョ。

明日も仕事頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんで思い付かなかったんだろ。

検閲されるなら佐竹知事に信書を直接渡せばよかったんだよな。

バカだな俺。

まぁ、いいや。

後の祭だ。

秋田県庁に対する俺の抗いは終わらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ波怪を復活させなきゃ。

昨年の9月から放置してる波怪(WAVE110i)を復活させなきゃ。

原因不明の不調で長いことほっぽってましたからねぇ。

バランサー・フライホイールも手直ししたいし。

快調の頃は、「これ以上に気持ち良く走れる原付きは存在しない。」って思ってましたよ。

新型バランサー・フライホイールを組み合わせたら、一体どうなるだろ?

簡単に直れば良いなぁ。

波乙(wave110at)はスパイクタイヤのまま冬まで出番なし。

待てよ、オフロードタイヤを履かせておくのも良いかも。

後で考えます。

そろそろアスファルトが恋しいシーズンになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐竹知事事務所にメールした。

バカ殿様の佐竹知事。

何にも知らないみたいだから、「検閲裁判するよ。」と事務所にメールしました。

さて、どんな反応するかな。

無視なら無視で良いよ。

検閲裁判は注目されるから。

実はね、検閲って憲法では大雑把にしか書かれてなくて、その定義を判断するために裁判記録と判決が司法書士の教科書になるのよ。

楽しみだね。

歴史的な裁判になったら良いなぁ。

頑張ります!


追記。

まぁ、佐竹知事は昨年の大雨ゴルフ事件で、秋田県庁の部長二人とゴルフに行ったらしいから、事をなぁなぁにするだろね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

検閲

検閲とは、憲法21条1項で禁じられていることで、この憲法は別名、『事前抑制禁止の法理』を定めた規定であると表現されるそうです。

行政が自らの不始末が発覚する前に何らかの規制をする行為も該当します。

人権侵害です。

なので、佐竹知事に公開質問状という形で告発したり、請願書で、「違法行為が裁判で認められても謝らない、違法行為をした職員も処分しない、役に立ってない監査役も解任しないはおかしい。」と異議を申すことも違法行為をした建設部道路課からの妨害は完全な検閲。

これが検閲でなく、何が検閲なのか。

俺が公益を図るものでないなら兎も角、公益に反してるのは建設部道路課の方だ。

しかも、全て真実です。

厳密に言うなら、新聞社にニュースにするなと強要するのも検閲。

朝日新聞秋田支部に仙台高等裁判所で秋田県庁の控訴が棄却されたニュースが、デスク止め(編集長が掲載を止める。)にされたのだって建設部道路課の仕業かも知れない。

秋田地方裁判所での俺の勝訴はニュースになったのにな。

憲法違反関係なしの秋田県庁は、もっと批判されるべきだ。

これからも検閲について勉強します。

下手すれば真面目に最高裁まで行きそうです。

過去の検閲裁判はほぼ最高裁まで行ってるみたいだし。

もしかしたら、この裁判は弁護士の教科書に載るかも知れんな。

俺が勝訴して載ったら、秋田県庁の恥は歴史的に語り継がれる。

それも面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検閲と信書

秋田県庁との裁判を前に、検閲と信書の定義について調べてみた。

雑誌は信書に該当しないとか。

なので、俺が送ったバイク雑誌『道楽』を道路課が勝手に処分しても問題ない。

しかし、公開質問状と請願書は信書に当たる。

これを宛名の人物以外が中を見たり、処分することは違法と禁じられている。

検閲は例外なく、一切を禁止。

但し、刑務所の手紙のやり取りは検査とかいって、ちょっとはあるみたい。

犯罪に関しては捜査上で色々あるみたいだね。

知事宛に公開質問状を1通、請願書を2通送ってどちらも知事印は押されているものの道路課が回答文書を返してきた。(知事印は課長クラスの人間の指示でいくらでも押せる。)

今回の裁判では、請求額を五百万円にしてます。

勿論、満額取れるとかは全然思ってない。

むしろ、前回の勝訴のケースみたいに国家賠償法で認められないとか言われかねないものね。

判決で慰謝料一万円を貰ったけどね。

五百万円は、俺の怒りの度合いを表してる。

「俺は怒ってる!」

湊弁護士は前回の裁判で嘘バレで敗訴して、裁判官の信用を無くしている。

また捏造したら、俺がそれを暴いてトドメを刺してやる。

まぁ、素人に行政裁判で2度負けたら、無能のレッテルを貼られるよ。

是非とも貼ってやりたいですね。

地獄を見せてやる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

俺の預言

福島第一原発は、遠くない未来に核の廃棄場になる。

放射能の無い地区に核廃棄物を置くよりも、立入禁止地区に置く方が無理がないから。

福島の人は怒るかも知れないが、民主主義は最後は多数決。

反対派のリーダーに大金握らせて黙らせる。

原発作る時と一緒。

いずれそうなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生き残るには理由がある。

今週発売の週刊現代で95歳の現役パイロットの話が掲載されていた。

戦時中から戦闘機に乗って、今も空を飛んでる。

息子も孫もパイロットだそうです。

俺が驚いたのは、飛行前の点検を2度行うということ。

おそらく、トラブルが起こる可能性をゼロにするために、普段から気を付けているんだろうね。

故障をしたら、勿論原因究明も必ず行うのだろう。

こうでなければ、生き残れないんだと思った。

俺は、「壊れたら、壊れたでその時だ。」と思ってバイクに乗る。

これはパイロットから見たら単なる甘えだわ。

パイロットは、トラブルが墜落に直結する可能性が大だもの。

流石は95歳まで現役。

頭が下がります。m(__)m

まぁ、チューナーってチューンナップの限界を知るためにギリギリのセッティングをするもんだけどね。

限界が分かれば、そのずっと手前のチューンナップを製品化する。

そうでないと、製品購入者に迷惑が掛かるもの。

これはチューナーの良心。

俺がJA10のスーパーカブ110のパーツを作らなかったのは 、ただでさえ中国製で壊れ易いエンジンがパワーアップで簡単に壊れるのが怖かったから。

今も走ってるJA10は対策部品が組まれてるか、エンジン丸ごと対策部品が組まれてるエンジンに交換されてる車両。

そろそろJA10用のパーツも販売したいです。(新型も。)

話は戻るが、危険予知は何するにしても絶対に必要です。

その重要性を分からない奴は、運が良いだけ。

生き残るには訳がある。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第一回口頭弁論日時決定(仮)

俺が知事宛に送った文書を全て検閲して告発を妨害した損害賠償請求事件訴訟で、第一回口頭弁論の日時が決まりました。

4月20日(金)午前10時からです。

口頭弁論の後に佐竹知事の証人申請をします。

佐竹知事が文書を受け取ったか、それとも被告の建設部道路課に丸投げしてやらせたのかを確認するためです。

道路課は、俺が佐竹知事に告発文を送ったせいで佐竹知事が道路課を怒って以来、日常的に 検閲(この場合は信書の規制。)を行っています。

日常的を行われていることを証明するために3回分の証拠を取りました。

検閲は憲法違反です。

今回の裁判は、俺が秋田県庁の違法行為に対して謝罪を求めたのを拒否したことではなく、「これはおかしい。」として知事宛に送った抗議文を検閲したことに対しての損害賠償請求です。

ちなみに、拒否したことは行政事件訴訟になります。

今回は普通の損害賠償請求訴訟です。

裁判官が誰になるかが気になりますね。

秋田地方裁判所では、裁判長は二人しかいませんが。

今までの事情を知っている齊藤裁判官なら良いのですがね。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣り銭ラリー

お客さんにお返しするお釣りを確保するために、朝からコンビニ三軒ほど回って各店で一万円出してます。

一軒目でコーヒー関係の商品を買い、二軒目でワサビとカラシを買い、三軒目で朝飯を買いました。

朝から何やってるんだろ。orz

まだ路面が凍ってるのでお客さんは来るか分かりません。

ゆっくり工場で待ってます。

今年は発電機ではなく、電線から電気が来るのでラジオが聞ける。

いつもは発電機の騒音で何も聞こえません。

ただ、山奥に一人なんで、仕事中に人の声が聞こえないと気分がダウンしちゃう。

だからラジオを掛けっぱなしにしてますよ。

でも、基本的にヘッドホンで音楽聴いてるから関係ないっちゃ、関係ないかも。

何でも一人、裁判も一人、喧嘩も一人、バイクに乗るのも一人、生きるも死ぬも一人。

割りきって生きてます。

人間何でも慣れるもんですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

コメントをくださった皆様へ。

コメントくださった皆さん、ありがとうございます。

桜華さん、パワーのあるマシンは確かに速いですが、自分の運転で速く走らせている自覚がありません。

俺らベテランライダーは、その自覚が欲しいんですよね。

気が付くと、小さな排気量のマシンで、デカイ排気量のマシンに挑んでる。

悪趣味です。

へのへのもへじさん、余計なお世話かも知れませんがWAVE110i でのブレーキングの利かせ方をお教えします。

ブレーキングは、リアブレーキが一瞬先。

フロントブレーキは、少し握ったらちょっと待ち、また少し握ったらちょっと待ち、またまた少し握ったらちょっと待ちを繰り返すと3回目の握り込みから鬼の様に利きます。

しかも、ロックしません。

夏場で4回に分けて握り、雪道では路面の凍結に合わせて握る回数を多くしてます。

フロントブレーキは、フロントフォークの縮みが止まった時点で初めて利く性質があるからです。

こんなこと言ってる奴は俺だけですが真実です。

試しにやってみてください。

ブラドルさん、嬉しいコメントをもらい思わず男泣きしました。

バランサー・フライホイールは、その後の研究で追加したウェイトがフライホイールの半径よりも中心軸に近い距離で遠心力が働くことが分かりました。

フライホイールは、重くなると遠心応力によって回転速度が落ちますが、バランサー・フライホイールは落ちません。

むしろ、クランク軸の上下どちらかが重くなることで回転力が上がります。

重いフライホイールが勢い良く回れば回転モーメントは大きくなってパワーが出る仕組みです。

他のパーツ再販売はちょっと時間が掛かるかも。

なるべく急ぎますので宜しくお願いします。m(__)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バランサー・フライホイール購入者の方のインプレッション。

バランサー  フライホイール取り付けしました。
100キロほど走ってコンピュータのフィードバックが完了すると、エンジンが劇的に回るようになり、向かい風のなかでも
90〜100キロで走れようになりました。
とても感動しています。
このような部品を販売してくださりありがとうこざいました。
他の、パーツの販売も楽しみしています。

 

投稿: ブラドル | 2018年3月 6日 (火) 15時18分

| | コメント (1) | トラックバック (0)

俺のスタイル

このブログは、思い付くままにバァーッと書いて、後から俺の変な日本語を訂正するスタイルとなっています。

完全に直されるまで見苦しいと思いますが、勘弁してください。m(__)m

このスタイルで10年以上やってきました。

お粗末。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三権分立が嘘の証拠

秋田県庁との裁判を前に、三権分立は大小に関わらず無いってことを書きたい。

今はおおっぴらにやると批判の的になるが、それでも最後には発動される。

三権分立は、政府(行政)、国会(立法)、裁判所(司法)がそれぞれの職権濫用を防ぐ為に作られている制度。

でもね、光市親子殺人事件で最高裁が1度無期懲役の判決を下したにも関わらず、再審が認められて死刑になった。

再審で検察が犯人の少年に反省がないことを証明するために、証人尋問で一芝居打って少年を証言台でブチ切れさせた。

「そうじゃねぇって言ってるだろうがぁー!」

それを見た裁判官が後々に死刑判決を出す。

では、最高裁の判決が下されてしまえば終結となるのに、何故再審が認められたのか?

被害者の夫であり、父でもあった遺族の男性が、総理大臣に会って強く懇願したからだ。

総理大臣の口添えがあって、再審が行われる。

えっ、三権分立じゃなかったの?

それもそのはず、最高裁判所の裁判官は総理大臣が任命する。

最高裁で裁判官になれるか、なれないかは総理大臣の腹一つだ。

つまり、総理大臣の力が裁判所に働いてる証拠。

なもんで、国が困る様な裁判の判決はいつもギリギリの状態で裁決される。

だから時間が掛かる。

政府、国会に問題があって、それが裁判になれば当然責任を問われる人物がいる。

その当事者が引退、または死ぬまで、なかなか国民が納得できる判決が下されないのはそのためだ。

政府、国会、裁判所の偉い人には、それぞれの立場があって、それを保とうと暗躍してる訳です。

刑事事件の審判員制度も、裁判官の責任逃れの為に国会で成立されたもの。

それが最近になってマスコミにバレた。

三権分立はみんなグルって話。

日本でもこれです。

美しい日本は所詮は幻想ですよ。

他国に比べたら、ずっと(かなり)マシ程度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪掻き

今日から本業の開始予定だったが、昨日からの雪が積もって雪掻きしないとダメです。

お客さんのクルマは夏タイヤがほとんどなので、雪があると来客しません。

結構な量の雪です。orz

雪掻きの後で、工場の雪囲いを外さなきゃ。

新設したマイ電柱の電線に気を付けて作業します。

今朝、自宅の庭にある椿が大きくなってるのに気が付きました。

この椿、3年物の苗を植えてから10年経ってますが全然大きくならない。

ある程度大きくならないと成長が悪いのか?

それでも確実に大きくなってる。

歩みが遅くとも前に進むことが成長なんだと考えさせられました。

見習わなきゃ。

肉体は衰えても、心の成長を。

肉体と心の両方が衰えて、エゴばっかり目につく様になると、他人から老害とか言われます。

筋が通っていればエゴじゃない。

筋が通らないことに眼を瞑らない。

そんな老人になりたいですね。

そして、死の瞬間に、「イエーイ!」ってダブルピースして死ねたら良いな。

無理かも知れないが。

さて、重機のエンジンが暖まったし、雪掻きするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

腐れ弁護士の仕業

埼玉少女誘拐事件の公判で被告の寺内カブ(漢字は知らん。)は職業を聴かれ、「森の妖精です。」と答えた。

弁護士が統合失調症で減刑をする作戦でいるのは間違いない。

昨日の記事にも書いたけど、弁護士は全てを知ってて嘘をつく。

荒唐無稽の様な話をそれらしい筋書きをつけて、捏造した状況証拠を作り減刑させる。

これで分かったろ、弁護士に正義はないってことを

依頼人が有利になるように仕組んで、それを裁判所に認めさせる。

反省している、犯行当事に心身を喪失している、として逃げ道を作る。

真実と異なっても問題なしの精神だ。

何度もこのブログに書くけど、弁護士の仕事は依頼人に裁判で勝たせる為に嘘をつくこと。

最低の職業だ。

被害者を守るための弁護士もいるが、ほとんどが嘘つき弁護士。

今日、裁判所に行って、何人か弁護士とすれ違った。

俺は弁護士だからって臆しない。

だって、こいつら嘘つきだもの。

軽蔑しか俺は持ってない。

昨年、農協の保険問題で弁護士使ったけど、弁護士は農協みたいな保険の素人には効果的。

ただそれだけ。

農協が権威に弱いだけ。

こんな時にしか役に立たん。

しかも、この弁護士も俺を騙して契約金を上げようとしたから、俺が秋田県庁と裁判して勝ったことを話したら急に、「さっきのことは訂正します。忘れてください。」だと。

大事なことだから、もう一度書くけど、弁護士に正義はない。

最低の職業だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男の慰めアニメ

最近人気のアニメの傾向。

異世界に行った主人公(男)が何でか知らんが若い女の子に囲まれて活躍するって安易なストーリー。

異世界に行くに当たって、主人公の能力が凄くなってるケースも多い。

まぁ、男から見たら夢の様なウハウハな世界。

見てて面白いと思う人はリア充ではない。

つー訳で、俺もリア充ではない。

俺はメカフェチだから、好きなバイクやクルマに囲まれて生活をしてるって面から見たら変態リア充だな。

バイクやクルマのマフラーにチ○チ○突っ込んでエッチする奴もいるらしいが、それは流石に勘弁してくれ。

話は元に戻るが、男の慰めアニメはエッチなシーンがない方が、かえって人気が出るのも不思議な話。

その方が想像力を掻き立てるのかな。

二次元恐るべし。(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訴状提出

訴状を秋田地方裁判所に提出しました。

第一回口頭弁論は4月の中旬頃が助かりますと裁判所の職員にお願いしておきます。

3月から仕事で地獄、4月からは裁判でまた地獄。

地獄巡りです。

じゃあ、なんでやるのか?

俺しか作れない製品があって、それをお客が待ってる。(大した量じゃあないが。)

俺しか秋田県庁の不正を怒る奴がいないからだ。

俺しかいないんじゃ、しょうがない。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

やっと終わった。

何度も何度も直した訴状。

鬼の様な枚数の証拠書面。

その証拠書面が何を意味するかを説明する証拠説明文。

やっと最後の証拠説明文を書き終えて完成。

何回書いても難儀だわ。

これで最後にしてほしい。

まぁ、無理だろな秋田県庁は不正の温床だもの。

まるで糞溜め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速度違反

なんか、クルマで時速235キロの速度で走って、速度違反で捕まったドライバーを過去最悪の違反とか言ってますが、スモーキーって愛称の某カーショップの社長なんか、海外で時速300キロオーバーで捕まってるからね。

実際の話、時速300キロオーバーはゼロ発進から数秒後の世界になってる。

要は捕まってないだけ。

マンガ『湾岸ミッドナイト』が連載を終えた理由は、時速300キロオーバーで走れるクルマが販売される時代になったから。

あっという間に300キロ。

俺の求める世界とは違うけどね。

バイクやクルマに乗って一番楽しいは、「今日は乗れてる。(コントロールできてる。)」と思える瞬間。

パワーのあるバイクやクルマほど、そう思える機会は減ってゆく。

それなら、そういう瞬間をできるだけ増やせるマシンを作ろうじゃないの。

これがpeaky_partsの思想です。

そう思うでしょ、へのへのもへじさん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだ終わらない。

明日、裁判所に提出する訴状がまだ終わらない。

訴状、証拠書面は何とか揃った。

残すは証拠説明文のみ。

被告弁護士とかって大変だよな。

被告を勝たせる為に、嘘の準備書面書いて、偽の証拠書面を作って、証人に嘘の証言をさせる。

これ、俺が実際にやられた話。

もうね、お前はSF作家かよって言うくらい本当のことが一切ない。

俺には絶対に真似できないわ。

本当のこと書いて、これだけ苦労するのに、更に嘘の話を作るなんて俺には無理です。

弁護士の弁とは、物事を十分に理解すること。

その上で嘘をつく。

最低の人間だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諦めた

名無しさん、へのへのもへじさん、コメントありがとうございます。

名無しさん、とても助かる情報感謝致します。

Yahoo(親会社SoftBank)には困った時の相談窓口がネットしかありません。

しかも、とても不親切です。

時代に着いていけてないのかなぁ俺は。orz

本当にありがとうございました。m(__)m

へのへのもへじさん、エンジンブレーキ教化キットのフライホイールに装着したワッシャーは全て外してください。

あと、ブログで連絡した通りに取説の逆パターンでウェイトを配置してください。

クランク内圧調整バルブはそのままでお願いします。

Peaky_partsのフルキットを組んで、乗り易くなったバイクが、更に乗り易く速くなるのでびっくりしますよ。

宜しくお願いします


俺、雪百(XR100R)で今まで手に入れたバイクが69台目。

しかも、全車ではないが、ほとんどがフルチューン。

「これが最後の1台。」

いつも、そう思って買ってたら、気がついたら69台。

もう、諦めました。

死ぬまで、欲しいバイクを手に入れてやる。

記念すべき70台目はどんなバイクかな。

俺が欲しいバイクは、『速いバイク』ではない。

俺が欲しいバイクとは、『俺が速く走れるバイク』だ。

主役は乗ってるバイクじゃない、俺。

今は、自分で弄って速く走れるバイクを作ってます。

もっと速く。

もっと上手く。

懲りないねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

緊急処置だろ、これ。

近所のスーパーで週刊少年ジャンプの『日の丸相撲』を観て笑った。

大相撲で暴力による指導が問題となり、それで大相撲を題材にしたマンガの人気落ちを気にした作者が、独自の解釈なのか、それとも弁明なのか、作品中で暴力での指導を、「ある程度は必要。」みたいな見解を書いた。

あーっ、やっちまったなぁ。

少年マンガでこれは描くべきではなかった。

雰囲気だけでも嫌になる。

まぁ、社会勉強にはなるかも知れないが、もはや子供の娯楽ではない。

大人も観るけどな。

そういうのは青年誌マンガでやってくれ。

ボクシングマンガ『はじめの一歩』みたいに暴力はギャグで押し通せばいいのにと俺は感じたよ。

それとも、暴力を使って指導する力士や親方を悪役にして、『いいもん』の主人公が立ち上がるとかにするとか。

あれはまずい。(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤフオクで売ったけど

バランサー・フライホイールをヤフオクで売ったけど、1名(marukorin727)しか入金になってない。
 
簡単決算は、落札者からの荷物が届いた連絡が取引ナビにないと入金されないシステム。
 
俺、出品記録消しちゃったよ。
 
もうヤフオクやめた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

もうすぐ訴状書き終わる。

秋田県庁の検閲に対する損害賠償請求訴訟の訴状がもうすぐ書き終わる。

でもね、証拠書面をコピーしなきゃ。

しかも、このブログの裁判に関わる過去の記事も証拠書面になるのだが、1冊の本みたいな厚さ。

今夜中には作業を終わらせるつもりです。

この後で、仕事関係の書類も書かなきゃ。

頑張ります!


追記。

ちょっと気になって、このブログの記事数って全部で幾つあるのだろうとチェックしてみな。

7556記事あるそうです。

よくもまぁ、書いたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

業務連絡

ヤフオクでバランサー・フライホイールを購入した皆様へ。

お手数ですが、ウェイトの配置を逆パターンに組み直してください。

宜しくお願いします。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星座の動画

YouTubeで星座の動画を見てると落ち着く。

本物の星空が一番ですが。

自宅の庭にぽつんと立って、夜空を見上げると星のことなんか全然知らん俺が、現実に宇宙に存在しているのを感じます。

生きてる、生きてるよ俺。

そんな感じ。

冬は星が見れない日が多いが、今年は意外に見れました。

昨晩は満月が綺麗だったわ。

普段、自宅で一人キャンプみたいな生活をしています。

寝るのはベットですけどね。

春が来ます。

自宅裏の桜も咲くでしょう。

今年は自宅で花見だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

皆に言われた。

3年前、秋田県庁を訴える時に俺よりも年配の人達に言われたよ。

「訴えたってどうにもならない。」

「何も変わらない。」

「嫌な思いをするだけ。」

俺はねぇ、やって後悔するタイプ。

進め俺!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懲戒請求

秋田県弁護士会に湊弁護士の懲戒請求をしたのは今回で2度目。

1回目の懲戒請求は、裁判自体が俺の敗訴だったために所謂、『負け犬の遠吠え』扱いされちゃった。

でもね、今回の懲戒請求では俺が勝訴している。

しかも、勝訴を決定付けたのは、湊弁護士の架空の情報公開システムの捏造が裁判でバレちゃったせい。

裁判記録にも正式に残ってる。

言い訳できません。

秋田県弁護士会では、只今絶賛言い訳考え中!

偉い頭を抱えて雁首揃えて考えください。

懲戒処分にしなかったら日本弁護士に異議申し立てするよ。

だって弁護士法に違犯してるもの。

まぁ、今までは裁判所を騙し続けてこれたみたいだが、俺を3年も相手したのが運の尽き。

俺みたいな奴は勉強はできないが、知恵はそこそこあるんだぜ。

まさか、架空の情報公開システムが存在するのか、ビデオカメラ持って県庁職員に直接聞きに行くとは思わなかったみたいだな。

法廷で、その県庁職員が証言台に立って、「その様な情報公開システムは存在するのか?」って俺の尋問に、「ありません。」と返事した時の湊弁護士の顔がおかしかったこと。

これから始まる裁判では、一体どんな嘘をつくんだか。

お前みたいな弁護士が裁判で殺人鬼をのさばらせるんだよ。

この、嘘つき弁護士が!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スノーモービルのクローラ

最近のスノーモービルってさ、クローラ(キャタピラ)が長くなって、しかも後ろに伸びていってる。

クローラが長くなったのは、雪をクローラが掴んでいる時間を長くした方が進むから。

後ろに伸びてるのは、排気量やパワーが上がってフロントが浮いたり、クローラが空回りするのを防ぐため。

ハンドルなんかは、グリップの先がへの字型に曲がって、体重移動時にハンドルから手が滑らない様になってる。

これがライディングに対するフィッティング。

バイクとは違い、ライダーのことを真剣に考えてる。

バイクはね、ハッキリ言って大学出のインテリさんがメカにしか興味がなく、現場のライダーの話を全く聞かないって噂も入ってくる。

偉い人が最初から決めて掛かるから、ライダーの意見が通り難いんだと。

乗り難さは電子制御で誤魔化し。(まるでフェラーリ。)

未熟なライダーか勘違いして一番死ぬパターンのバイク。

俺がバイクの世界を変えてやりたいね。

オフロード用バランサー・フライホイールは物凄く乗り易くなる。(ロード用バランサー・フライホイールはピーキーな特性。)

予想の十倍乗り易かった。

もうね、「これ、ハイブリットでしょ。エンジンで発電して電気モーターで動いてるよね?」と言われても不思議じゃない。

それくらい乗り易い。

新型スーパーカブ125が発売されたら、peaky_partsでボアアップ以外のフルキットを販売したいな。

あれは歴史に残る名車になる。

頑張るしかないかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慣れたとは言えど

慣れたとは言えど、訴状の様なきっちりした文書を書くと頭が痛くなります。

4年近くやってもこうですからねぇ。

呆れる安頭だわ。

疲れたのでインターバルにコーヒータイムを入れました。

コーヒーフィルターで煎れるコーヒーに慣れると、インスタントコーヒーには戻れません。

訴状もこんな風になれば良いのに。

「訴状を慣れたらブログなんて簡単過ぎて物足りない。」

そんなの絶対無理!

俺は基本的に単純作業が好きなのよ。

そして、体が勝手に動く様になったら好きなことを考えて物思いに耽る。

かしこまった文章を書くのは本当に苦手だ。

ブログは10年以上、好き勝手な事しか書いてないから、幾らでも書けるのにね。

訴状は好き勝手は書けないもんなぁ。

法律に照らし合わせて、相手の違法性を証明しないと。

結構キツいですが頑張ります。

俺が訴状をスイスイ書ける様になるには、10年以上やらなきゃダメでしょうね。

そしたら、もうベテランのプロクレーマーだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田県弁護士会に行ってきます。

秋田県庁を訴える訴状を見直していたら、秋田県弁護士会からの書面が届いた。

秋田県庁の被告代理人を務めた湊弁護士が、架空の情報公開システムをでっち上げて、それが裁判でバレて秋田県庁が敗訴。

そのでっち上げ行為に対しての懲戒請求についての書面だ。

どうせ、「湊弁護士の行為に問題はない。」とかの通知だろうと思ったら違った。

判決文に記載されている証拠書面『見解書(保険会社からの事故に対する見解が書かれた文書)』を提出してくれとの要請だった。

なんだ、真面目に審議するのか?

どうせ、ポーズだろ。

つー訳で秋田県弁護士に行くことになりました。

今行かないと忙しくて行けなくなるからね。

もし、湊弁護士が懲戒処分を受けたら、今やってる秋田県法テラスの所長はクビになる。

何としてでも擁護したい秋田県弁護士会。

でもね、秋田県弁護士会が湊弁護士を擁護する判断を下したら、「弁護士の仕事は法廷で嘘をつくことでーす!」って認めることになるって話を先日に投稿した原稿に書いてるのよ。

後から、ピーキーレポート第4弾、道楽4月号を追加提出してやる。

全国に知れ渡ってから泣け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英雄

冬季オリンピックの男子フィギアスケートで2連続金メダルを獲った羽生結弦さんに国民栄誉賞を受賞する調整をしているニュースがあった。

調整って何?

簡単なことです。

受賞までの身辺調査ですよ。

ある程度は終わってると思うが。

これまで国民栄誉賞を受賞してもいいスポーツ選手は沢山います。

例えばヤ○ラちゃんとか。

他にもいるけど言えないよ。

家族にヤバい関係の人がいる段階で受賞は無理です。

本人は偉業を成してるですけどね。

つまり、日本の英雄は家柄もしっかりしてないとダメってことです。

お隣のキムチ国は、ロシアに唆されて日本の初代総理大臣伊藤博文を暗殺した男を、「母国を守った英雄。」とか言っているが、実はそいつの持ってた銃の弾丸には先端に十字の切り込みが入ってて、ボディーガードには当たったが、伊藤博文には全く当たってないことが判明してる。

つまり、その間抜けなキムチ国の英雄がヤクザで言うところの『鉄砲玉』をしている隙に、ロシアの暗殺者が隠れて伊藤博文と残りのボディーガードを射殺している。

おまけに、この間抜けな英雄が間違ってボディーガードを撃った理由は、伊藤博文の顔を知らなかったからだ。

この暗殺事件は、間抜けな英雄の銃の弾丸の数よりも多くの弾丸が使われていることから複数の犯行なのは明らか。

だが、キムチ国はスタンドプレーが大好きなお国柄だから、「我らの英雄が、たった一人で憎き日本の総理大臣を退治した。」とほざいてる。(暗殺されたハルピン駅には銅像が建ってるよ。)

アホか。

英雄に求められる条件も国によって全然違うって話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

今年のモットー

俺の今年のモットーが決定した。

『進め俺!』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社長のベスパ

排雪の元請け社長がバイク好きで、ベスパを2台とカワサキのZ2を持ってる。

これが、ノーマルのベスパでビックバイクをぶっちぎるのが大好きなオヤジときてる。

今年は、イタリア製のレーシングパーツを組んでベスパを速くするそうです。

チャンスがあれば俺の波怪(WAVE110i)でバトルしたいなぁ。

俺、腕に覚えがあるおっさんと走るのが大好物です。

おそらく、社長もそうだろう。

早く俺も波怪を直さなきゃ。(不調のまま放置してます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訴状

ピーキーレポートを書き終えたんで、今度は秋田県庁の検閲行為に対する損害賠償訴訟の訴状を書きます。

前回の勝訴で、今まで県の擁護しかしなかった情報公開審査会は初めて県に対して、「隠してる文書を出せ!」と命令をする様になりました。

御用学者が襟を正した訳です。

たった一人の抵抗ですが、世の中に変化を与えることはできました。

でも、まだまだです。

佐竹知事が俺に詫びるまで続けます。

「部下の暴走を止められなかった自分の責任です。」

そう、言うまで。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピーキーレポートの原稿送信

バイク雑誌『道楽』にちょくちょく掲載してもらってる俺と秋田県庁との戦いを書いた『ピーキーレポート』の原稿を編集部にメールで送信しました。

下手くそな文章を上手く編集部で添削してくれるでしょう。

過激に書いてるつもりはありませんが、全部事実を書いてます。

俺は作家ではないからね。

空想を書くなんて面倒だ。

実際にあったことならいくらでも書けるよ。

そのまんま文字にするだけだから。

でも、頭痛かったぁ。

どんな内容か意訳すると、日本は役人の不正を取り締まる行政機関が実質的に存在しないって話。

本当だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »