« とうとう | トップページ | 証人申請書 »

2018年3月 9日 (金)

図書館戦争

マンガ、アニメ、実写映画となった作品で、表現の自由の規制に対抗する為に組織された『図書隊』の物語。

この作品では、検閲されるのは書籍。

俺と秋田県庁との裁判では、佐竹知事に当てた信書を建設部道路課か勝手に読み、返事を書いて送る行為が検閲に当たるかが問題。

前回の裁判で違法行為が認められて、俺が改善を求めた。

そしたら、「何もしない事に決定した。」と建設部道路課の判断。

それについて佐竹知事に公開質問状を出すと、建設部道路課が勝手に開けて、「裁判で終わったこと。」として返事をする。

これを、佐竹知事から業務を依託されているからとの理由で合法とするなら、前回の違法行為も佐竹知事の指事(意思)と言うことになる。(今までも経緯から、それはありえない。)

佐竹知事が、「そんなことは言ってないし、命じてない。」となれば業務を依託してないってことになる。

行政の違法行為に異議を申して、行政は問題なしとした。

そこで、その判断を裁判所にしてもらうと、「それは違法。」となり、「2度とやるな。」と俺が要求すると、「何もしない。(改善しない。)」とされた。

そして、検閲。

これが合法となれば、行政に対してどんな異議を申すことも無駄であると裁判所は判断することとなり、裁判所が行政の判断に仇なす者は反社会的と言ってるのと同じになる。

国会で議論されるような話になるよ、これは。

大変な裁判となるはずだし、しなきゃ国民の知る権利、表現の自由、行政の不正に異議を申す権利が日本では全く無いも同然となる。

日本のマスコミがこの裁判を無視して検閲に目を瞑る様なら、この国の民主主義は名ばかり。

民主主義のふりした共産主義そのもの。

まぁ、嫌でも佐竹知事には法廷に来てもらう。

人間の権利、人間の尊厳、人間の自由を守る戦いです。

この話を三行で言うと、

秋田県庁が不正して裁判所の判断は違法。

秋田県庁、「慰謝料払ったから謝らない。(これからも不正は続ける。)」

知事にチクったれ➡検閲➡また裁判。

糞ったれが。

俺は絶対に許さない。

検閲があってはならない。

これは、俺の一人戦争だ。

|

« とうとう | トップページ | 証人申請書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/73075619

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館戦争:

« とうとう | トップページ | 証人申請書 »