« 尾花沢のレースに参加します。 | トップページ | 発売中 »

2018年5月 2日 (水)

ハイレスポンス・キットについて。

スーパーカブ110用ハイレスポンス・キットの発売について一言。

バランサー・フライホイールはウェイトの銅ワッシャーと専用ボルトだけです。

これにクランク内圧調整バルブと肉抜きしたカムスプロケットでハイレスポンス・キットは構成されます。

「これで定価8500円?」

これが高いと感じるなら購入をやめてください。

俺がぼったくりをしてると思うのなら、それも良い。

但し、購入した方には後悔させません。

ハイレスポンス・キットを組み込んだ時の性能を得るために、通常の方法では部品代・工賃だけでも費用がかなり掛かります。

セッティングも含めれば気が遠くなる様な時間が必要です。

これをライトチューンで可能にするのが発明の恐ろしさ。

一流のメカニックがチューニングした電動モーターの様に回る単気筒エンジン。

それがハイレスポンス・キットで同様になるのですから。

「こんなもんで、そんな効果が得られるのか?」

はい、得られます。

発明は複雑な構造で効果を得るよりも、簡単な構造で同じ効果を得られる方が素晴らしいのです。

何でかって?

壊れないからですよ。

常識なんかクソくらえ!

俺はミラクルメーカーだ。

どうぞ、宜しく。

 

|

« 尾花沢のレースに参加します。 | トップページ | 発売中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/73410978

この記事へのトラックバック一覧です: ハイレスポンス・キットについて。:

« 尾花沢のレースに参加します。 | トップページ | 発売中 »