« 元に戻す。 | トップページ | 背中を押す言葉 »

2018年5月21日 (月)

折れ対策

コメントをくださった皆さん、ありがとうございます。

Banaさん、末長くpeaky_partsをご愛好ください。

新しいパーツが出たらお知らせします。

エボルさん、理想のバイク・チューンナップを突き詰めたらパワーロスを減らすことにたどり着きました。

まぁ、秋田にいると強烈なライバルが多いので、生半可なチューンナップでは大変ですけどね。

でも、それが良い。

桜華さん、コメント沢山ありがとうさんです。

物事はなんでも簡単で済ませられるなら簡単な方が良い。

それができないから、俺みたいな重箱の隅をつつくのが得意な奴が気付くんですけね。

アメフトの件は自業自得。

今時、ヤバいと思ったら、さっさと謝った方が良いです。

それができないからバカなんです。

ここからが本題。

エンジンマウントのボルトが折れるのは、ナットが絞まってる所からポキッ。

そこで、ボルトが反ネジ(途中からネジ山)なので、ネジが切ってない方を使います。

つまり、ボルトを逆方向から入れてやる。

折れる箇所は、エンジンとフレームの間にクラッチのホルダーが入っていて強度的に弱い。

なので、ネジ山を切ってない方を使えば強度は必然的に上がります。

直径10㎜のボルトでは、ネジ山の方は実際の有効直径は8㎜。

直径10㎜と直径8㎜では、強度が全然違いますから。

おそらく、これで大丈夫かと。

でも、一応スペアのボルトは用意します。

これでポキポキが治まれば良いが。

|

« 元に戻す。 | トップページ | 背中を押す言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/73529411

この記事へのトラックバック一覧です: 折れ対策:

« 元に戻す。 | トップページ | 背中を押す言葉 »