« 波乙魚釣り仕様 | トップページ | 理解できないか。 »

2018年5月18日 (金)

検察庁またもや役人の味方

森友文書改ざんで改ざんを指示した元佐川国税庁長官を大阪地方検察庁は不起訴にした。

虚偽公文書作成罪での告訴だった。

秋田県庁も虚偽公文書作成罪で告訴しても秋田地方検察庁は不起訴。

裁判所が違法を認めたので再度捜査をさせても不起訴。

しかも、捜査は一切行われていない。

俺が担当検事に、何という職員に調べたか、どんなことを捜査したかを質問しても、全く答えれない。

「ああ、得意の捜査したふりですね。」すぐ判る。

虚偽公文書作成罪は重い罪だが、役人は逮捕しないのが検察庁。

役人は役人の味方。

糞の味方も糞だ。

つまり、検察庁も糞。

|

« 波乙魚釣り仕様 | トップページ | 理解できないか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/73510381

この記事へのトラックバック一覧です: 検察庁またもや役人の味方:

« 波乙魚釣り仕様 | トップページ | 理解できないか。 »