« 完全うまる化 | トップページ | 星になっちまったね。 »

2018年5月17日 (木)

日大アメフトの監督

人間ってのは、よく観察すると色んなことが判る。

前に甲子園で一塁手の足をランナーが蹴った事件があった。

俺の見解は事故。

理由はこれ。

まず、ランナーの視線が前方から外れてない。

人間は何かを蹴る時に、その対象に目線が動く。

減速時にがに股で足が開く。

マラソンとか短距離とか、減速時にがに股で尚且つ足を開く癖の人がいる。

アウトで無意識に足が開く人もいる。

以前にも同じことがあった。

そういうと、前にもやってるからわざとだと言う人もいると思うが、癖でなかなか直せないという見方もある。

蹴った後に転倒してる。

よく考えてくれ、目線を反らさずに人の足を蹴って、わざと転倒するってどんな優秀なスタントマンですか?

この意見には賛同した人も多かった。

何故なら、故意だと言う人にかぎって故意と証明する理由を一切言えない。

ただ怒ってるだけ。

そんなんじゃ、話にならないよ。

話は本題へ。

日大アメフト部の監督は、「自分はタックルについての指示を出してない。」と否定している。

それなら何故、当初に雲隠れしたのか。

簡単だよ、これからどう言い訳するか考えてたから。

悪質プレーで退場になった選手に怒ることもなく、平然としていたのがビデオ映像から確認出来ている。

つもり、これくらいは当たり前という考え方だった。

選手は、特に日大みたいな超体育系だと先輩や指導者の雰囲気で行動する。

それが習慣になってる。

今風の言葉でいったら忖度ですね。

忖度ってさぁ、分かり易く言ったら、「空気読んで動け。」ってことだよね。

だから、指示をしようがしまいが選手に悪質なタックルも必要だと思わせる。

普段の指導が成せる業。

責任は監督にある。

「私がそういう雰囲気にしてしまったのかも知れない。申し訳なかった。」

裁判で捏造と虚偽が得意な秋田県法テラス所長の湊弁護士なら、きっとそういう答えを用意するよ。

日大アメフト部の監督は言い訳も下手な糞野郎ってことですね。

まぁ、秋田県庁も同じ。

先輩や上司の命令、会議での決定は絶対。

裁判だって偽証するよ。

嘘の陳述書も提出するよ。

なんだってやる。

だって、縦社会だも~ん。

日大の部活もほぼこれでしょうねぇ。

これが日大アメフト部に対する俺の見解。

|

« 完全うまる化 | トップページ | 星になっちまったね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/73502656

この記事へのトラックバック一覧です: 日大アメフトの監督:

« 完全うまる化 | トップページ | 星になっちまったね。 »