« 検閲裁判の賠償額 | トップページ | 仕事ッス »

2018年8月12日 (日)

バイクなんか比較にならん

バイクなんか比較にならんくらいに危険な世界がある。

ライトプレーン(軽飛行機)だ。

バイクよりも何世代も古いエンジン設計で、バイクやクルマのエンジンに明るい人間なら、「何じゃこりゃ!」の設計なんだとか。

もしもの事を全然考えてない物が多いそうだ。

俺の知り合いがバイクからライトプレーンの世界に飛び込んだ。

ところが、どう考えても危険な設計なのに、それを購入する人に限って、機体に絶対の信頼を持ってしまう。

ちなみに知り合いは、古い機体をレストアして、自分で製作した。

特に値段の高い機体を現金でポンと買った人ほど、その傾向があるという話だ。

ライトプレーンは凧に動力がついた程度の乗り物で、風の強いと離陸も着陸もできない。

そんな乗り物だから、エンジントラブルは即ち死に繋がる。

俺の知り合いは過去に二人、「この機体はヤバい。」と警告したが聞き入れてもらえなかったとか。

しつこく言うと人間関係にヒビが入るとかで強くは言わなかったそうだが、二人とも警告してから短期間で亡くなった。

一人は墜落死。

もう一人は空中爆発。

しかし、ライトプレーンの世界では暗黙の了解があり、誰かが亡くなると見ていた仲間は事故現場から一目散に逃げる。

そうしないと、以後の飛行が全面禁止になり、許可が一切下りなくなる。

言い方は悪いが、「無許可で勝手に飛んで、勝手に死んだ。」ことにしないといけない。

恐ろしい世界だ。

名前はライトでも現実はそうじゃなく、とってもヘビーな世界です。

俺は高所恐怖症だから話を聞くだけでお腹いっぱい。

くわばら、くわばら。


|

« 検閲裁判の賠償額 | トップページ | 仕事ッス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/74022425

この記事へのトラックバック一覧です: バイクなんか比較にならん:

« 検閲裁判の賠償額 | トップページ | 仕事ッス »