« 鬼強化 | トップページ | インジェクション・カブの癖 »

2018年9月14日 (金)

映画『響』

興奮したわぁ。

愉快だったよ。

世の中、腹の立つことは幾らでもあるが、それを心の赴くままに晴らすと俺みたいになる。

現実風ファンタジーは面白かった。

怒りを我慢しなくていいなんて、人間の世界には存在しない。

我慢、我慢、我慢。

それが現実。

それが人生。

せめて映画だけでも、こんな人生を疑似体感できたら良いですね。

昔を思い出しました。

作品について言うと、

小栗旬良かったわぁ。

主役の子良かったわぁ。

北川景子は役そのまま。

全然チープじゃない日本映画。

原作を恐ろしく大事にしている作品でした。

監督は誰か知らんが、素晴らしく有能な方だとお見受けしました。

後で調べておこうっと。

これもDVDが欲しい作品です。

面白かったぁ。(しつこい。)

|

« 鬼強化 | トップページ | インジェクション・カブの癖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/74210869

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『響』:

« 鬼強化 | トップページ | インジェクション・カブの癖 »